エバートン一蹴のスパーズ、ケイン&ソン・フンミンが偉業達成!2018.01.14 06:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムは13日、ウェンブリー・スタジアムで行われたエバートン戦を4-0で快勝した。この試合で共にゴールを記録したFWハリー・ケインとFWソン・フンミンが偉大な記録を成し遂げた。データ会社『OPTA』が伝えている。▽今節、エバートンをホームに迎えたトッテナムは、26分にDFセルジュ・オーリエのアシストからソン・フンミンが先制点を奪う。そして、1点リードで迎えた後半は立ち上がりの47分にソン・フンミンのアシストからケインが追加点を奪うと、59分にもDFエリック・ダイアーのお膳立てからケイン、試合終盤の81分にはロングカウンターからMFクリスティアン・エリクセンがゴールを記録し、4-0の快勝を収めた。

▽この試合で2ゴールを記録したケインは、今季のリーグ戦の得点数を20ゴールの大台に乗せた。これまで3年連続で20ゴール以上を記録してきたケインは、歴代最多5シーズン連続の記録を持つティエリ・アンリ氏、プレミア歴代最多得点者のアラン・シアラー氏に続き歴代3人目の4シーズン連続20ゴールの偉業を達成した。

▽また、前節終了時点でプレミアリーグ通算96点のケインは、この試合の2ゴールによってテディ・シェリンガム氏が持っていたトッテナムでのプレミアリーグ通算得点記録の97点を抜き、わずか24歳にクラブのプレミアリーグ最多得点記録者となった。

▽なお、現在トッテナムで公式戦通算129点のケインは歴代9位に位置しており、ジミー・グリーブス氏が持つ最多得点記録の266点にはまだまだ及ばないが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が望むようにワンクラブマンとしてのキャリアを選べば、間違いなく更新可能な数字だ。

▽一方、2試合連続のゴールを記録したソン・フンミンは、リーグ戦でのホームゲームで5試合連続ゴールを記録。これは2004年の11月と12月にFWジャーメイン・デフォー(現ボーンマス)が記録して以来、トッテナム史上2人目の偉業となる。

▽なお、同試合でトッテナム通算40点を達成したソン・フンミンは、今月31日に予定されるマンチェスター・ユナイテッド戦でホーム6試合連続ゴールの新記録に挑む。
コメント
関連ニュース
thumb

トッテナムに朗報? バルサ、CLトッテナム戦はスアレス欠場濃厚、メッシは…

▽バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦に向けたコメントを残している。『フットボール・ロンドン』が伝えた。 ▽バルセロナは11日、CL・グループB最終節でホームにトッテナムを迎える。グループBではすでに決勝トーナメント進出を決めているバルセロナに続いて、トッテナムとインテルが同じ勝ち点で並んでおり、勝ち上がり残り一枠を懸けて最終節を戦う。当該成績でインテルを上回っているトッテナムは、バルセロナ戦に勝利すれば自力突破が決まる。 ▽そんな状況の中、バルベルデ監督はトッテナム戦に向けたヒントを残した。主力温存という見方もある中で、以下のようにコメントした。 「明日(11日)は変化があるだろう。ルイス・スアレスは2試合連続で出られるほどフィットできていない」 「ラインナップをみれば、(リオネル・)メッシがいるかどうかわかるだろう。だが重要なのはモチベーションを持ってフィールドに出るということだ」 「インテルは心配する必要はない。我々は勝利に集中している。だが、トッテナムに勝っていればこのような状況にならなかっただろうけどね」 ▽トッテナムにとって、メッシが出るか出ないかは試合の行方を左右し得る重要な要素。また、PSVと対戦するインテルからしてみても、バルセロナにはどうにか勝利してほしいところ。果たして、バルベルデ監督はどのような陣容で臨むのだろうか。 2018.12.11 03:49 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズがDFカイル・ウォーカー=ピータースと2023年まで契約延長

▽トッテナムは10日、U-21イングランド代表DFカイル・ウォーカー=ピータース(21)との契約延長を発表した。新契約は2023年までとなる。 ▽ウォーカー=ピータースは、トッテナムの下部組織出身で、2017年7月にトップチームに昇格。2017-18シーズンはプレミアリーグで3試合に出場し2アシスト、FAカップで4試合に出場し1ゴール、チャンピオンズリーグでも1試合に出場していた。 ▽今シーズンはここまでプレミアリーグで1試合に出場。チャンピオンズリーグでもベンチ入りを果たすなど、将来が期待されている若手右サイドバックだ。 ▽世代別のイングランド代表を経験し、2017年にはU-20ワールドカップの優勝に貢献していた。 2018.12.10 21:33 Mon
twitterfacebook
thumb

デレ・アリがスパーズでの通算50ゴール達成! 初ゴールのレスターから再び節目のゴールを奪取

▽トッテナムは8日に行われたプレミアリーグ第16節でレスター・シティとのアウェイゲームを2-0で勝利した。同試合でチーム2点目を記録したイングランド代表MFデレ・アリがトッテナムでの通算50ゴールを達成した。 ▽前節、サウサンプトン相手に快勝したトッテナムは6戦無敗のレスターのホームに乗り込んだ。エースFWハリー・ケイン、司令塔のMFクリスティアン・エリクセンらをベンチスタートにした中、前半終了間際のFWソン・フンミンの見事な左足のミドルシュートで先制に成功。迎えた後半の58分にはソン・フンミンからの左クロスをデレ・アリがダイビングヘッドで合わせ、2点目を奪取。その後、FW岡崎慎司らを投入したレスターの反撃を無失点で凌ぎ、リーグ2連勝を飾った。 ▽なお、2015-16シーズンにMKドンズからトッテナムに加入したデレ・アリは、在籍3シーズン半で公式戦160試合に出場し49ゴールを記録。そして、161試合目となったこの試合では奇しくもトッテナムでの初ゴールを記録したレスターを相手に節目の50ゴールを挙げた。 2018.12.09 14:38 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎途中出場のレスター、トッテナムに敗れ7戦ぶり黒星《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、レスター・シティvsトッテナムが8日に行われ、2-0でトッテナムが勝利した。レスターの岡崎は79分から途中出場した。 ▽現在9位のレスター(勝ち点22)はここ6試合無敗を継続。ラニエリ監督との古巣対戦となった前節のフルアム戦は、マディソンのゴールで追いついてドロー決着となった。今節は、前節からスタメンを4選手選手変更。エバンスやグレイ、イボーラ、リカルド・ペレイラが先発に名を連ねた。岡崎はベンチスタートとなっている。 ▽対して3位のトッテナム(勝ち点33)は前々節のアーセナル戦の敗戦から、前節のサウサンプトン戦の勝利で見事にバウンスバック。連勝を目指す今節は、3日後に控えるチャンピオンズリーグのバルセロナ戦を睨みつつ、前節のスタメンから5選手変更。ヴェルトンゲンやオーリエ、B・デイビス、デレ・アリらが起用された。 ▽序盤は互角の戦いが続く。まずは7分にレスターのエンディディがボックスの外からシュートを試みる。トッテナムも幾度か深い位置まで攻め込むものの、レスターの堅い守備を崩しきれない場面が増えていく。 ▽前半も終盤に入り、ここまで両チーム合わせて3本しかシュートがない試合はアディショナルタイムに動く。ボックス手前左でオーリエからパスを受けたソン・フンミンが中央に切り込んで左足一閃。強烈なシュートがゴール左隅に突き刺さりトッテナムが先制した。 ▽前半は前線が停滞していたトッテナムだが、後半は早々にソン・フンミンが2本のシュートを放つなど、追加点の匂いを漂わせる展開に。対してレスターも53分、グレイが右サイドからカットインし、左足でシュート。ゴール左下を突いたが、GKロリスがセーブ。 ▽レスターは56分、イヘアナチョとイボーラを下げて、ゲザルとオルブライトンを同時投入。システムを変えて打開を試みる。 ▽しかし、それから2分後の58分、トッテナムは攻撃に出ようとしたレスターにカウンターを発動。左サイドに開いたソン・フンミンにボールが渡り、ボックス左から右足でクロスが上がる。これにオフサイドラインギリギリで飛び出したデレ・アリがダイビングヘッドで押し込みトッテナムに追加点が生まれた。 ▽デレ・アリのトッテナムでの50ゴール目が決まったその後は、ルーカス・モウラに代えてエリクセン、ソン・フンミンに代えてケインを投入。さらに78分には、オーリエが足を痛めてウォーカー=ピータースと交代。レスターも81分にメンディを下げて岡崎をピッチへ送り出した。 ▽試合終盤にかけてレスターがボールを持つ時間帯が続く。88分に、岡崎はマディソンのクロスに飛び込むが惜しくも合わず。89分にはカウンターからゲザルがシュートに持ち込むがGKロリスの正面に。 ▽試合はここで終了。敗れたレスターはリーグ戦7試合ぶり黒星となった。トッテナムはリーグ戦2連勝でバルセロナ戦に臨む。 2018.12.09 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、ユナイテッド行きの噂に即言及「知らない」

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督(46)が、マンチェスター・ユナイテッドからの関心を斬り捨てている。イギリス『メトロ』が伝えた。 ▽2014年からトッテナムで指揮を執り、今ではタイトルを狙える位置にまでクラブを押し上げたポチェッティーノ監督。今シーズンもプレミアリーグ第15節終了時点で3位に付けており、同じロンドンのアーセナルやチェルシーに勝るとも劣らない優勝候補だ。 ▽当然ながら、ポチェッティーノ監督の手腕は各所で高く評価されており、今夏にはレアル・マドリー行きも噂された。先日には、不振に喘ぐマンチェスター・ユナイテッド指揮官、ジョゼ・モウリーニョ監督の後釜候補筆頭とも報じられたが、そのことを問われたポチェッティーノ監督当人は「トッテナムで幸せだ」と強調している。 「(その動きは)知らない」 「最も重要なことは、私がここでとても幸せだということだ。トッテナムが私に価値を与えてくれているんだと思う」 「答えは分からないが、トッテナムでは私たちの仕事が評価されていると感じるし、ここで幸せだ」 「ダニエル・レヴィ(会長)が契約を5年間延長したのは、彼がこの船を、このクラブを管理するのに私たちが最適な人物だと信じたからだ。その認識は私たちにとって大きい」 「周囲の人々が語ることに耳を傾ける必要はない。私たちはナイスガイだし、(戦術を批判されようと)フットボールに関するアイデアだって多分いくつか持ってる」 2018.12.08 20:55 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース