エバートン一蹴のスパーズ、ケイン&ソン・フンミンが偉業達成!2018.01.14 06:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムは13日、ウェンブリー・スタジアムで行われたエバートン戦を4-0で快勝した。この試合で共にゴールを記録したFWハリー・ケインとFWソン・フンミンが偉大な記録を成し遂げた。データ会社『OPTA』が伝えている。▽今節、エバートンをホームに迎えたトッテナムは、26分にDFセルジュ・オーリエのアシストからソン・フンミンが先制点を奪う。そして、1点リードで迎えた後半は立ち上がりの47分にソン・フンミンのアシストからケインが追加点を奪うと、59分にもDFエリック・ダイアーのお膳立てからケイン、試合終盤の81分にはロングカウンターからMFクリスティアン・エリクセンがゴールを記録し、4-0の快勝を収めた。

▽この試合で2ゴールを記録したケインは、今季のリーグ戦の得点数を20ゴールの大台に乗せた。これまで3年連続で20ゴール以上を記録してきたケインは、歴代最多5シーズン連続の記録を持つティエリ・アンリ氏、プレミア歴代最多得点者のアラン・シアラー氏に続き歴代3人目の4シーズン連続20ゴールの偉業を達成した。

▽また、前節終了時点でプレミアリーグ通算96点のケインは、この試合の2ゴールによってテディ・シェリンガム氏が持っていたトッテナムでのプレミアリーグ通算得点記録の97点を抜き、わずか24歳にクラブのプレミアリーグ最多得点記録者となった。

▽なお、現在トッテナムで公式戦通算129点のケインは歴代9位に位置しており、ジミー・グリーブス氏が持つ最多得点記録の266点にはまだまだ及ばないが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が望むようにワンクラブマンとしてのキャリアを選べば、間違いなく更新可能な数字だ。

▽一方、2試合連続のゴールを記録したソン・フンミンは、リーグ戦でのホームゲームで5試合連続ゴールを記録。これは2004年の11月と12月にFWジャーメイン・デフォー(現ボーンマス)が記録して以来、トッテナム史上2人目の偉業となる。

▽なお、同試合でトッテナム通算40点を達成したソン・フンミンは、今月31日に予定されるマンチェスター・ユナイテッド戦でホーム6試合連続ゴールの新記録に挑む。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズ、ミランの2選手に関心 今節にスカウトを派遣か

トッテナムが、ミランに所属するスペイン代表FWスソ(25)とコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(22)に関心を寄せているようだ。イタリア『メディア・セット』が伝えている。 トッテナムは両選手の調査に向けて、16日に行われるセリエA第24節のアタランタとミランの一戦にスカウトを派遣するようだ。ミランは放出に否定的な姿勢を見せているが、スソには契約解除金が4000万ユーロ(約50億円)に設定されており、慰留は簡単ではないと見られている。 スソは2015年1月にリバプールからミランへ加入。加入直後は元日本代表MF本田圭佑とのスタメン争いに後れを取りベンチを温める日々が続いた。しかし、2016年1月のジェノアへの期限付き移籍を経てミランへ復帰すると、本田からスタメンの座を奪取。今シーズンはここまでリーグ戦22試合で5ゴール8アシストを記録している。 一方のケシエは2017年6月に、アタランタから買取りオプション付きの2年間のレンタル移籍でミランへ加入。加入初年度から公式戦54試合に出場し、5ゴール6アシストの数字を残した。今シーズンもここまで公式戦27試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。 2019.02.16 23:12 Sat
twitterfacebook
thumb

韓国代表&トッテナムでフル稼働でも躍動…ソン・フンミンが語る「走り続けることができる理由」

トッテナムで活躍する韓国代表FWソン・フンミンが、自身の原動力について語った。<br><br>ソン・フンミンは昨年の夏、ロシア・ワールドカップを戦った後にU-23韓国代表のオーバーエイジ枠としてアジア競技大会に主将として参戦。金メダルに貢献すると、シーズン開幕後はトッテナムでも変わらず主力として活躍している。<br><br>さらに、今冬には韓国代表としてアジアカップ2019を戦い、敗退のわずか5日後となる1月30日にはイングランドに戻ってプレミアリーグに出場。そこから公式戦4試合連続で先発し、すべての試合でゴールを記録している。<br><br>トッテナムで出場した直近の公式戦16試合において13ゴール7アシストと躍動するソン・フンミンは「僕は全ての瞬間を楽しもうとしている。フットボールをしている時が一番幸せなんだ」とコメント。ハードな日程を強いられてきたことに対するストレスはないことを明かした。<br><br>「本当にストレスはほとんどないよ。フットボールをすることで、それに対処するんだ。なぜ僕が頑張り続けることができるのかと言われれば、それが理由だと思うね」<br><br>「フィットネスに関しても、現時点で問題は何もない。自分にとって困難な状況が時々あっても、僕はフットボールのことを考え続けることができる。プレーできるチャンスがあることに、常に感謝しているんだ」<br><br>ソン・フンミンは、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16ファーストレグ、ボルシア・ドルトムントとのホーム戦でも先制点を記録し、3-0の勝利に貢献。CLでの躍進とともに、プレミアリーグ逆転優勝も狙えるトッテナムにとって不可欠な存在となっており、イングランド国内からも称賛の声が挙がっている。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.16 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

エース級に輝くソン・フンミン、2100万円の週給ゲットか

トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミン(26)に契約延長の話が飛び出した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ソン・フンミンは2018年10月以降、トットナムで公式戦23試合に出場して16ゴールを記録。イングランド代表FWハリー・ケインらをケガで欠くチームにおいて、エース級の輝きを放っている。13日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1stレグのドルトムント戦でも1得点をマーク。公式戦4試合連発と絶好調だ。 そうした活躍をトットナム会長のダニエル・レヴィ氏も評価。昨年7月に5年契約を結んだばかりのソン・フンミンと今シーズン終了後にも再び新契約の交渉に入る模様だ。その際、ソン・フンミンの給与を現在の週給11万ポンド(約1500万円)から15万ポンド(約2100万円)に。レヴィ氏もソン・フンミンのために財布の紐を緩めるという。 2019.02.16 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

久々のCLベスト8に前進のトッテナム…ポチェッティーノがチームを称賛「後半はファンタスティックだった」

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、&ldquo;ファンタスティック&rdquo;とドルトムント戦のパフォーマンスを称えた。<br><br>13日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでトッテナムはホームでドルトムントと対戦。ハリー・ケインやデレ・アリが不在という不安を抱えて臨んだ一戦だったが、47分にソン・フンミンのゴールで先制すると、83分にヤン・フェルトンゲン、86分にフェルナンド・ジョレンテが得点を挙げて、3-0で勝利した。<br><br>試合後、ポチェッティーノ監督は『BTスポーツ』で、特に後半にドルトムントを圧倒したトッテナムの選手たちのプレーを大いに称賛した。「ファンタスティックな後半だった。前半、特に立ち上がりは我々にとって難しい試合で、ベストなポジション取りに手間取ってしまった」<br><br>「ボールを持っていても思うようにプレーできなかったが、徐々に心地良くプレーできるようになり、1点目が入った。そしてチームは自信を高めていった。前半はナーバスと言うわけではないが、自信がなさそうだった。しかし、後半になると本当に良いプレーだった」<br><br>「この大会でドルトムントのような良いチームを相手にするとき、試合はいつだって難しくなる。まだまだやるべきことはある。ただ、我々は多くの良い選手を擁し、素晴らしいスカッドがある。私は全ての選手に満足している」<br><br>そして、3月5日のセカンドレグへ向けて「今日はファンタスティックな試合だったが、まだやるべきことが残っている。3-0は良い結果だけれど、我々はこの仕事を終わらせる必要がある」と9シーズンぶりのCLベスト8進出を見据えた。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.14 15:08 Thu
twitterfacebook
thumb

「みんなと一緒にプレーできて光栄だ」1ゴールのソン・フンミンがトッテナムの完勝に歓喜

トッテナムのソン・フンミンは、ドルトムント戦の勝利とチームメイトの活躍を手放しで喜んだ。<br><br>13日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでトッテナムはホームでドルトムントと対戦。0-0で迎えた47分、ソン・フンミンがクロスをボレーで合わせてトッテナムに先制点をもたらす。さらに、83分にヤン・フェルトンゲン、86分にフェルナンド・ジョレンテが得点を挙げて、3-0でドルトムントを下した。<br><br>エースのハリー・ケインやデレ・アリらが不在の中、ホームでのドルトムント戦完勝の立役者となったソン・フンミンは、試合後に『UEFA.com』でファーストレグでの勝利を喜んだ。<br><br>「ハリー・ケインとデレ・アリは僕たちにとってとても大切な選手だけれど、他の選手たちも同じようにチームにとって欠かせない存在だ。フェルナンドは途中からピッチに立って、直後に貴重な得点を挙げた。これは本当に大きな勝利だ。僕はハリーや他のみんなと一緒にプレーできることを光栄に感じている」<br><br>また、韓国代表FWはこの試合で1ゴール1アシストを記録したフェルトンゲンへ賛辞を送った。「彼は本当に素晴らしい選手だ。どのポジションでもプレーできるし、ゴールとアシストを記録するだけのプレーをした。特に最初のゴールのクロスは信じられないものだった」<br><br>セカンドレグは3月5日にドルトムントのホームで開催される。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.14 13:23 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース