エバートン一蹴のスパーズ、ケイン&ソン・フンミンが偉業達成!2018.01.14 06:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムは13日、ウェンブリー・スタジアムで行われたエバートン戦を4-0で快勝した。この試合で共にゴールを記録したFWハリー・ケインとFWソン・フンミンが偉大な記録を成し遂げた。データ会社『OPTA』が伝えている。

▽今節、エバートンをホームに迎えたトッテナムは、26分にDFセルジュ・オーリエのアシストからソン・フンミンが先制点を奪う。そして、1点リードで迎えた後半は立ち上がりの47分にソン・フンミンのアシストからケインが追加点を奪うと、59分にもDFエリック・ダイアーのお膳立てからケイン、試合終盤の81分にはロングカウンターからMFクリスティアン・エリクセンがゴールを記録し、4-0の快勝を収めた。

▽この試合で2ゴールを記録したケインは、今季のリーグ戦の得点数を20ゴールの大台に乗せた。これまで3年連続で20ゴール以上を記録してきたケインは、歴代最多5シーズン連続の記録を持つティエリ・アンリ氏、プレミア歴代最多得点者のアラン・シアラー氏に続き歴代3人目の4シーズン連続20ゴールの偉業を達成した。

▽また、前節終了時点でプレミアリーグ通算96点のケインは、この試合の2ゴールによってテディ・シェリンガム氏が持っていたトッテナムでのプレミアリーグ通算得点記録の97点を抜き、わずか24歳にクラブのプレミアリーグ最多得点記録者となった。

▽なお、現在トッテナムで公式戦通算129点のケインは歴代9位に位置しており、ジミー・グリーブス氏が持つ最多得点記録の266点にはまだまだ及ばないが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が望むようにワンクラブマンとしてのキャリアを選べば、間違いなく更新可能な数字だ。

▽一方、2試合連続のゴールを記録したソン・フンミンは、リーグ戦でのホームゲームで5試合連続ゴールを記録。これは2004年の11月と12月にFWジャーメイン・デフォー(現ボーンマス)が記録して以来、トッテナム史上2人目の偉業となる。

▽なお、同試合でトッテナム通算40点を達成したソン・フンミンは、今月31日に予定されるマンチェスター・ユナイテッド戦でホーム6試合連続ゴールの新記録に挑む。

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリーがW杯で株急騰のトリッピアーをマーク?

▽トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(27)にレアル・マドリー移籍の可能性が急浮上した。イギリス『サン』が報じた。 ▽2015年からトッテナムでプレーするトリッピアーは、今夏のロシア・ワールドカップでベスト4入りしたイングランド代表の一員として、抜群のキック精度を披露。グループステージ最終節のベルギー代表戦を除く6試合に出場し、準々決勝のクロアチア代表戦で直接FKから得点もマークした。 ▽今夏にレアル・ソシエダからスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラを獲得したレアル・マドリーだが、トリッピアーにも興味を示している様子。トッテナムは、2022年まで残すトリッピアーを手放すとなれば、移籍金5000万ポンド(約73億1000万円)を求めるとみられる。 2018.07.22 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズが来週中に逸材グリーリッシュ獲得決定へ! 今夏1人目の補強選手に

▽トッテナムがアストン・ビラに所属するイングランド人MFジャック・グリーリッシュ(22)の獲得を決定的なものとしたようだ。イギリス『ミラー』は、来週中に移籍が完了する見通しであると主張している。 ▽アストン・ビラのアカデミー出身である攻撃的MFのグリーリッシュは、16歳でトップチーム昇格を果たした将来を嘱望されるタレント。ピッチ外での問題行為が目立つ一方、ピッチ内では卓越したテクニックと創造性を発揮するイングランドでは珍しいファンタジスタタイプのチャンスメーカーだ。昨季は腎臓の問題でシーズン序盤戦を棒に振るも、チャンピオンシップ(イングランド2部)で27試合に出場し3ゴール5アシストを記録した。 ▽『ミラー』が伝えるところによれば、トッテナムはアメリカでのプレシーズンツアーを前に交渉を完了したかったものの、チームがアメリカに出発する22日を前に成立する可能性は低いという。それでも、来週中に3000万ポンド(約43億8000万円)前後の金額での移籍成立が決定的なようだ。 ▽なお、毎年移籍市場でスロースタートのトッテナムにとってグリーリッシュは今夏1人目の補強選手になる模様だ。 2018.07.21 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナムがラメラと2022年まで契約延長

▽トッテナムは20日、元アルゼンチン代表MFエリク・ラメラ(26)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 ▽2013年8月にローマからトッテナムに加入したレフティーのドリブラーであるラメラは、これまでトッテナムで公式戦154試合に出場して23ゴール38アシストを記録。2017-18シーズンは負傷で出遅れながらもプレミアリーグで25試合に出場して2ゴール4アシスト、FAカップで6試合に出場して2ゴール3アシストと準主力として活躍していた。 ▽また、2011年5月にデビューを飾ったアルゼンチン代表としてはこれまで23試合に出場して3ゴールを記録。ただ、2016年10月を最後に代表には選出されていない。 ▽トッテナムでは同日、韓国代表FWソン・フンミンとも2023年まで契約を延長していた。 2018.07.21 01:19 Sat
twitterfacebook
thumb

韓国代表ソン・フンミンがトッテナムと2023年まで契約延長

▽トッテナムは20日、韓国代表FWソン・フンミン(26)と2023年まで契約延長したことを発表した。 ▽2015年にレバークーゼンから加入したソン・フンミンは、これまで公式戦140試合に出場し47ゴールを記録。3度の韓国サッカー協会年間最優秀選手に選出されるなど、同国史上最高傑作の呼び声も高い。 ▽韓国代表でのデビューは2010年12月のシリア代表戦。通算キャップ数は70を数え23ゴールを奪っている。今回のロシア・ワールドカップでは全3試合に出場し、メキシコ代表戦とドイツ代表戦でゴールを挙げた。 ▽ソン・フンミンは現在、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)参加のためにアメリカツアーに帯同中。来月11日にプレミアリーグ開幕節のニューカッスル戦を戦った後、インドネシアで行われるアジア競技大会のため、韓国代表に合流する予定となっている。 2018.07.20 21:21 Fri
twitterfacebook
thumb

文句なしでイングランドのベストプレーヤー! トリッピアーが今大会出場選手最多の決定機演出

▽イングランド代表は14日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)3位決定戦でベルギー代表に0-2で敗れ、今大会を4位でフィニッシュした。下馬評はそこまで高くなかったイングランドの健闘の中でトッテナムDFキーラン・トリッピアーの貢献度は非常に高かった。 ▽今大会右ウイングバックのレギュラーとしてプレーしたトリッピアーは、グループリーグ最終節のベルギー戦を除く6試合に出場。豊富な運動量と安定した守備に加え、ビルドアップの局面では正確なパスを散らした。さらに、チュニジア代表との開幕戦では先制点をアシストし、準決勝のクロアチア代表戦では見事な直接FKで今大会初ゴールを記録した。 ▽さらにイギリス『BBC』のサッカー番組『Match of the Day』の伝えるところによれば、トリッピアーは今大会を通じて24回の決定機を演出しており、これは今大会出場選手中最多の記録となったという。 ▽今回のW杯では得点ランキングトップの6ゴールを記録したエースでキャプテンのトッテナムFWハリー・ケイン、再三の好守を連発した若き守護神のエバートンGKジョーダン・ピックフォードの活躍も見事だったが、攻守両面で異次元の働きぶりを見せたトリッピアーこそスリーライオンズのベストプレーヤーに相応しいのかもしれない。 2018.07.15 14:49 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース