ライプツィヒがシャルケとの上位対決を制し順位逆転《ブンデスリーガ》2018.01.14 04:52 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第18節、ライプツィヒvsシャルケが13日に行われ、3-1でライプツィヒが勝利した。

▽ウインターブレイク前に行われた前節ヘルタ・ベルリン戦を10人となった相手に2-3と敗戦した5位ライプツィヒ(勝ち点28)は、今冬でのリバプールへの移籍が否定されたN・ケイタが先発となった。

▽対する2位シャルケ(勝ち点30)は前節フランクフルト戦をナウドのラストプレー弾で2-2の引き分けに持ち込み、11試合負けなしとした。そのシャルケはこの冬にユベントスから獲得したピアツァがベンチスタートとなった。

▽5位と2位による上位対決は、時間の経過とともにライプツィヒが押し込む展開としていく。しかし、自陣に引くシャルケを崩しきれずシュートに持ち込むには至らない。

▽そんな中、シャルケは28分にシェプフのミドルシュートでゴールに迫ると、ここから流れを引き寄せていった。

▽しかし36分、ライプツィヒはオギュスタンがボックス内でスタンブリに倒されてPKを獲得。だが、キッカーのオギュスタンの放ったシュートはややコースが甘く、GKフェールマンにセーブされて先制とはならない。

▽それでも41分、ゴール正面の位置からN・ケイタの放ったミドルシュートがDFにディフレクトしてコースが変わり、ネットを揺らしてライプツィヒが先制。前半を1点リードして終えた。

▽迎えた後半、シャルケが前がかる入りとする中、55分にシェプフとディ・サントに代えてピアツァとエンボロを投入。すると直後、右サイドからのFKをナウドがヘディングで流し込み、シャルケが同点に追いついた。

▽追いつかれたライプツィヒはヴェルナーとY・ポウルセンを投入し、勝ち越しを目指す。すると69分、ショートカウンターに転じ、サビツァーの浮き球パスをボックス右のライマーが受けて中へ折り返すと、最後はヴェルナーが押し込んだ。

▽さらに2分後、ヴェルナーのパスをボックス右で受けたブルマがシュートを流し込んで3-1としたライプツィヒが勝利。シャルケとの上位対決を制し、勝ち点で1上回った。

コメント

関連ニュース

thumb

ナビ・ケイタ、今冬のリバプール加入はなし ライプツィヒ公式声明

▽ライプツィヒは14日、来シーズンのリバプール加入が内定しているギニア代表MFナビ・ケイタ(22)に関して、今冬の移籍を公式に否定した。 ▽今冬にブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョをバルセロナに放出したリバプール。これを受けて、昨夏に来シーズン加入で合意したナビ・ケイタの“前倒し加入”に動いているとの見方が加熱していた。 ▽だが、ライプツィヒは渦中のナビ・ケイタについて、「2018年6月30日までライプツィヒの選手である」との声明を発表。スポーツ・ディレクターを務めるラルフ・ラングニック氏も次のように言及している。 「我々が予定よりも早く彼をリバプールに手放すことはない。彼らが今冬の獲得に興味を示しているとしてもだ。誰もがわかっているように、我々は選手を売るクラブではない。莫大な移籍金が追加で支払われない限りはあり得ない」 2018.01.15 09:25 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールに悲報…ナビ・ケイタの1月加入はなし

▽リバプールは今冬の移籍市場で来夏の獲得が内定しているRBライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタ(22)の加入前倒しを画策しているが、ライプツィヒ側が応じる可能性は低いようだ。ライプツィヒを率いるラルフ・ハッセンヒュッテル監督が11日の会見で語った。 ▽今冬の移籍市場でブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)がバルセロナに旅立ったリバプールでは、同選手の後釜の獲得を目指すと共に、来夏の獲得が内定しているケイタの加入前倒しを目指しているといわれている。 ▽先日にはイギリス『ガーディアン』が、リバプールが来夏の獲得時に支払う総額7500万ユーロ(約100億5000万円)の移籍金に加え、2000万ユーロ(約26億8000万円)を追加で支払うことで、今冬の前倒し獲得を画策していると報道していた。 ▽しかし、11日にブンデスリーガ第18節のシャルケ戦に向けた公式会見に出席したハッセンヒュッテル監督は、一連の報道を完全否定した。 「この状況に関して新しいことは何もない。そして、今回の憶測(ケイタの1月リバプール加入)は真実ではない」 「これまでと何も変わっていないし、この移籍に関する我々のスタンスは何も変わっていない」 ▽ハッセンヒュッテル監督のコメントが正しければ、ケイタの今冬の移籍の見込みは低いようだ。 2018.01.12 04:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、一転してN・ケイタ移籍の前倒しを容認? 1月中にリバプールに放出か

RBライプツィヒは、今シーズン終了後のリバプール加入が内定しているギニア代表MFナビ・ケイタが今月中にアンフィールドに向かうことを受け入れるかもしれない。ドイツの『キッカー』や『ビルト』が伝えている。<br><br>コウチーニョをバルセロナへと売却したリバプールだが、イギリスメディアでは先日、ケイタの移籍のタイミングを早める考えでライプツィヒに打診する可能性が伝えられていた。そして、ドイツでの新たな報道によると、これまでケイタの移籍の前倒しを却下する構えをとっていたライプツィヒもそのスタンスを緩めるようだ。<br><br>『キッカー』が報じるところ、ケイタは昨シーズンの好調を維持できず、トレーニングでのパフォーマンスも落ちており、その一方で代役として獲得したMFケヴィン・カンプルが即座にフィットしたことで、ライプツィヒの意見が変わりつつあるとのこと。『ビルト』では、同選手の心はすでに移籍先にあり、現チームで孤立している状態だとも伝えられている。<br><br>また『ビルト』によると、ケイタの移籍を1月中に実現するため、リヴァバプールはライプツィヒに移籍金7500万ユーロ(ボーナス込み、約100億円)に加えて、1500万~2000万ユーロ(約20億~27億円)を上乗せする見込みだという。コウチーニョの放出により高額な移籍金を得たため、足元を見られることを警戒するリヴァプールだが、実際にこのようなオファーを提示するのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.11 23:03 Thu
twitterfacebook
thumb

コウチーニョを失ったリバプール、N・ケイタ移籍を1月に繰り上げへ

リバプールは、今夏の獲得が内定しているMFナビ・ケイタの移籍のタイミングを早めたいようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えた。<br><br>6日、コウチーニョは史上3番目に高額な移籍金1億6000万ユーロ(約217億円)でリバプールからバルセロナへと渡っていった。代役としてレスター・シティのリヤド・マフレズの獲得に迫ると報じられる中、リバプールは4800万ポンド(約68億円)で今シーズン終了後の加入が内定しているRBライプツィヒのケイタを今冬にもアンフィールドへ連れてきたいようだ。<br><br>現段階で実現する可能性は低そうだが、巨額の資金を手に入れたリバプールはさらなるオファーをライプツィヒに提示することも可能だ。また、ライプツィヒがチャンピオンズリーグから姿を消したため、この移籍は一気に進展する可能性も残されている。<br><br>しかし、ユルゲン・クロップ監督はこの移籍金を無駄に浪費することを避けたいようで、アレックス・オックスレイド=チェンバレンがフィットして、アダム・ララナが故障から復帰した今、ケイタの移籍を急がせる必要はないと考えているようだ。さらに、他のクラブは高額移籍金を得たリバプールの足元を見て、移籍金を吊り上げる可能性もあり、クラブは警戒を強めている。<br><br>提供:goal.com 2018.01.08 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

いらないだろ!! 偽造免許で捕まったナビ・ケイタが新車を購入…

▽“ライプツィヒの悪童”ギニア代表MFナビ・ケイタ(22)が、偽造免許提出容疑がかけられている最中に新車を購入したようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ▽ケイタは2016年12月と2017年1月にライプツィヒの地元警察に対して母国であるギニアの運転免許証を提出した。しかし後に、これが偽造免許証であったことが発覚。ケイタに対してライプツィヒの裁判所は41万5000ユーロ(約5600万円)の罰金処分を科している。 ▽しかしケイタはこの判決を不服として、弁護士を通して控訴を行った模様。現在は審議中で、来年3月に判決が出るだろうと言われている。 ▽処分が確定していないものの世間的に厳しい目に晒されているケイタだが、本人は動じず。『ビルト』によると同選手は先日、メルセデス・ベンツの真っ赤なGクラスAMGを購入したようでそのお値段は、14万5000ユーロ(約1900万円)。偽造免許で一度は捕まった同選手だが、新車を運転するときは本物の免許証を携帯しているのだろうか? 2017.12.25 10:59 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース