アトレティコが乾フル出場のエイバルにガメイロ弾で辛勝《リーガエスパニョーラ》2018.01.14 04:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第19節、エイバルvsアトレティコ・マドリーが13日に行われ、0-1でアトレティコが辛勝した。エイバルのMF乾貴士はフル出場している。

▽前節ラス・パルマス戦を2-1と逆転勝利して3連勝とした7位エイバル(勝ち点27)は、乾が[4-4-2]の左MFで11試合連続スタメンとなった。

▽一方、ジエゴ・コスタのリーガ復帰戦ゴールなどでヘタフェに勝利した2位アトレティコ(勝ち点39)は、4日前に行われたリェイダとのコパ・デル・レイ5回戦2ndレグを3-0と勝利して準々決勝進出を決めた。そのリェイダ戦のスタメンからリュカ以外の10選手を変更。出場停止のジエゴ・コスタ、ガビ、サビッチを除いた主力が先発に戻った。

▽積極的な入りを見せたエイバルに対し、アトレティコは4分にグリーズマンのダイレクトパスでボックス右のスペースを突いたコレアがシュート。しかし、枠の左に外れた。

▽その後も前がかるエイバルの背後を突くアトレティコは、11分に決定機。カウンターに転じて中央を持ち上がったグリーズマンのパスをボックス右のヴルサリコが折り返し、ファーサイドのコケがシュート。しかし、惜しくも枠を捉えきれなかった。

▽それでも27分、コケのスルーパスに反応してボックス右のスペースを突いたグリーズマンの折り返しを、ファーサイドのガメイロが受けてGKとの一対一を制した。

▽順当に先制したアトレティコは、ハーフタイムにかけてもエイバルに隙を見せず、磐石の試合運びで1点をリードしたまま前半を終えた。

▽後半からアレホに代えてオレジャーナを投入したエイバルが押し込む展開としたものの、自陣に引くアトレティコを崩すには至らない。

▽守備を固めて時間を消化するアトレティコは、69分にガメイロに代えてA・フェルナンデスを投入し、逃げ切りを図った。

▽そんな中、78分にエイバルは左CKからようやくパウロ・オリベイラがヘディングシュートで初のオンターゲットを記録。しかし、シュートはGKオブラクの正面を突いた。

▽さらに85分、左サイドの乾がカットインから枠内シュートを浴びせたが、GKオブラクの好守に阻まれてしまう。終盤、猛攻を見せたエイバルはペーニャのヘディングシュートやオレジャーナのボレーシュートでゴールに迫ったが、最後まで得点を奪うには至らず0-1で敗戦。

▽アトレティコが辛勝して2連勝とした一方、敗れたエイバルは8試合ぶりの黒星を喫している。

コメント

関連ニュース

thumb

エイバルがMFルベン・ペーニャと2021年まで契約延長

▽エイバルは23日、MFルベン・ペーニャ(26)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。現行の契約から2年更新した格好だ。 ▽2016年にレガネスからエイバルに3年契約で加入したペーニャは、在籍2シーズンで公式戦60試合に出場。今季は主戦場の右MFのほかに右サイドバックでプレーをこなし、リーガエスパニョーラ24試合に出場していた。 2018.04.24 03:45 Tue
twitterfacebook
thumb

乾&柴崎共にベンチ入りも出場機会なしで日本人対決ならず…競り勝ったヘタフェが3連勝達成!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第34節、エイバルvsヘタフェが21日にエスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアで行われ、アウェイのヘタフェが1-0で勝利した。なお、エイバルのMF乾貴士とヘタフェのMF柴崎岳は、共にベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽11位エイバル(勝ち点43)と8位ヘタフェ(勝ち点45)による中位対決にして、乾と柴崎の史上初となる日本人対決が期待された一戦。前節、4試合無得点中のエスパニョールとの不調対決を1-0で制したエイバルは待望の7試合ぶりの勝利を手にした。連勝を目指す今節は先発4人を変更。キケ・ガルシアが最前線に入った一方、前節体調不良の影響で遠征メンバー外となり、連続試合出場が24試合でストップした乾はベンチスタートとなった。 ▽一方、柴崎が2試合連続出場機会なしに終わったヘタフェは前々節でエスパニョール、前節は4位バレンシア相手に競り勝って2連勝。3連勝を目指す今節に向けては先発3人を変更。前節2ゴールも負傷のレミと出場停止のモリーナの不在でアマトとアンヘルが2トップに入り、マティアス・オリベイラが左サイドハーフで今季初先発を飾った。柴崎は引き続きベンチスタートとなった。 ▽堅守速攻を志向する両チームの一戦は立ち上がりから堅い試合展開に。互いに中盤での潰し合いが目立ち、なかなか決定機を作れない。 ▽それでも、勢いで勝るアウェイのヘタフェがワンチャンスを生かして先制に成功する。23分、右サイドのファイルが精度の高いクロスを入れると、ファーサイドに走り込んでいたマティアス・オリベイラが頭でファーポストに流し込み、今季初出場で初ゴールと見事に指揮官の起用に応えた。 ▽一方、先制点を許したエイバルも35分に決定機。ボックス手前右でパスを受けたペドロ・レオンが強烈な左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKグアイタのビッグセーブに阻まれた。 ▽結局、ヘタフェの1点リードで折り返した試合は後半も拮抗した展開に。ビハインドを追うエイバルはハーフタイム明けにキケ・ガルシアを下げてシャルレスを投入。一方、ヘタフェは立ち上がりの50分にアクシデント。裏へのボールに反応したアンヘルがGKドミトロビッチと交錯した際に相手の肘を顔面にもらってしまう。この接触で脳震とうを起こしたアンヘルの状況にすぐに気が付いたドミトロビッチがキーパーグローブを外して気道確保を行う場面もあったが、アンヘルは無事にプレーに復帰した。 ▽その後も前半同様のクローズな試合展開が続く中、両チームのベンチは選手交代で流れを変えにかかる。エイバルはホルダン、アレホと75分までに交代枠を使い切るも乾に出番は訪れず。対して逃げ切りを図るヘタフェはバッリ、モリネーロ、アントゥネスと守備的な選手を続けて投入し、乾同様に柴崎にも出場機会は訪れなかった。 ▽そして、前半以上にゴールチャンスの少ない一戦はこのままタイムアップ。史上初の日本人対決はまたしてもならずも、競り勝ったヘタフェが3連勝でEL出場権獲得に望みをつないだ。 2018.04.21 22:12 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第34節プレビュー】乾vs柴崎の日本人対決なるか!

▽今週ミッドウィークに行われた第33節では首位のバルセロナ(勝ち点83)と、3位のレアル・マドリー(勝ち点68)がいずれもドロー。また、2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点71)がレアル・ソシエダに完敗、4位のバレンシア(勝ち点65)が連敗と上位陣が揃って取りこぼす波乱の結果となった。また、前節レバンテに悲劇的な敗戦を喫した最下位マラガ(勝ち点17)の5節を残しての降格が決定している。 ▽過密日程の中で行われる今節だが、21日にバルセロナとセビージャのコパ・デル・レイ決勝が行われる関係でセビージャvsレアル・マドリー、バルセロナvsビジャレアルの上位対決2カードが来月9日に延期となる。 ▽そのため、今節最大の注目カードは11位エイバル(勝ち点43)と8位ヘタフェ(勝ち点45)による中位対決にして、MF乾貴士とMF柴崎岳の史上初となる日本人対決だ。なお、前回対戦では両選手共にピッチに立ったものの、先発した乾が交代した後に柴崎が途中投入されており、ピッチ上での競演は果たされていなかった。 ▽前節、4試合無得点中のエスパニョールとの不調対決を1-0で制したエイバルは待望の7試合ぶりの勝利を手にした。その一方で乾は体調不良の影響で遠征メンバー外となり、連続試合出場が24試合でストップ。過密日程ということもあり、体調が回復すればメンバー入りは確実だが、先発起用かは微妙なところだ。 ▽一方、柴崎が2試合連続出場機会なしに終わったヘタフェは前々節でエスパニョール、前節は4位バレンシア相手に競り勝って2連勝。6位ビジャレアル(勝ち点51)との勝ち点差は「6」と逆転でのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得は十分に可能だ。なお、チームが連勝中ということもあり、柴崎の先発復帰は微妙なところだ。それでも、堅い試合展開が予想されるだけにビハインドかイーブンの状態で迎えた後半にピボーテやサイドでの投入の可能性はあるはずだ。 ▽また、もう1つの注目カードは2位アトレティコと5位ベティス(勝ち点55)による上位対決だ。ミッドウィークに行われたソシエダ戦でまさかの0-3の完敗したアトレティコは4試合ぶりの敗戦を喫すると共にバルセロナとの勝ち点差が「12」に広がり、3位レアル・マドリーとの勝ち点差も「3」に縮まった。ただ、来週ミッドウィークにはEL準決勝初戦のアーセナル戦を控えており、今節ではある程度の主力温存が濃厚とみられている。 ▽対するベティスは前節、降格圏に沈むラス・パルマスに勝利して破竹の6連勝。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内のバレンシアとの勝ち点差は「10」とさすがにここからの逆転は難しいものの、ELストレートインに向けて好位置に付ける。今節では主力温存が予想される格上に対して、最低でも勝ち点1を持ち帰りたいところだ。 ▽その他では残り2つの降格枠を巡る残留争いに注目。19位のラス・パルマス(勝ち点21)は15位アラベス(勝ち点38)との対戦で勝ち点3獲得が必須。さらに、17位のレバンテ(勝ち点34)と16位のエスパニョール(勝ち点36)が負けない限り、奇跡の残留は難しい。一方、18位のデポルティボ(勝ち点27)は今節での降格はないものの、14位レガネス(勝ち点39)との試合で勝利が求められる。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第34節》 ▽4/20(金) 《28:00》 レガネス vs デポルティボ ▽4/21(土) 《20:00》 エイバル vs ヘタフェ 《23:15》 セルタ vs バレンシア ▽4/22(日) 《19:00》 ジローナ vs エスパニョール 《23:15》 マラガ vs レアル・ソシエダ 《25:30》 ラス・パルマス vs アラベス 《27:45》 アトレティコ・マドリー vs ベティス ▽4/23(月) 《28:00》 ビルバオ vs レバンテ ▽5/9(水) セビージャ vs レアル・マドリー バルセロナ vs ビジャレアル</div> 2018.04.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「イヌイの最初の営業」...乾貴士の移籍先候補ベティスへの力添えに地元メディアが期待

エイバルMF乾貴士の、シーズン終盤のパフォーマンスに注目が集まっている。スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が伝えている。<br><br>今季終了時にエイバルとの契約が満了する乾だが、スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長が先日「我々はエイバル、レバンテ、レガネスのようなクラブがいくつかの国を象徴する選手たちを擁するよう試みている。エイバルにはイヌイがいるね。まあ、彼は来季ベティスに行くのだがね」と口を滑らせるなど、スペインではまるでベティス移籍がすでに決まったかのように報じられている。<br><br>乾は当初、エイバルとの契約延長に前向きな姿勢を示していた。しかしながらベティスが3月12日のリーガ第28節でアラベスと対戦した際、この遠征に普段であれば帯同しないスポーツ部門副会長セラ・フェレール氏、ゼネラルディレクターのフェデリコ・マルティネス氏、弁護士のホセ・ルイス氏が加わり、乾の代理人と接触したといわれており、ここで風向きが変わる。ベティスがフリーで獲得できる乾に好条件(3年契約+高年俸)を用意していることも大きいとされる。<br><br>ベティスは乾がシーズン終盤の試合で、クラブの目標達成に「力添え」してくれることを期待しているという。エイバルはリーガ第34節ヘタフェで、リーガ第36節でジローナと対戦するが、この2チームは現在ベティスと欧州カップ戦出場権獲得を争っている。乾がエイバルを勝利に導く決定的な仕事をすれば、ベティスは御の字というわけだ。<br><br>乾は今季、リーガで30試合に出場。そのうち22試合で先発して、3得点をマークしている。ただ、直近のリーガ第33節エスパニョール戦(1-0)では招集外となっていた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

エイバル、ペドロ・レオンと2020年まで契約延長

▽エイバルは16日、スペイン人MFペドロ・レオン(31)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽レアル・マドリーに在籍経験もある右サイドのスペシャリストであるペドロ・レオンは、2016年7月にヘタフェからエイバルに加入。昨季はフル稼働し、リーグ戦37試合に出場して10ゴール6アシストと大活躍して、MF乾貴士と共にチームの残留に大きく貢献していた。今季はヒザのケガで出遅れたが、2月に復帰して以降はリーグ戦8試合全てに出場し、健在ぶりを発揮していた。 2018.04.17 02:22 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース