アトレティコが乾フル出場のエイバルにガメイロ弾で辛勝《リーガエスパニョーラ》2018.01.14 04:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第19節、エイバルvsアトレティコ・マドリーが13日に行われ、0-1でアトレティコが辛勝した。エイバルのMF乾貴士はフル出場している。▽前節ラス・パルマス戦を2-1と逆転勝利して3連勝とした7位エイバル(勝ち点27)は、乾が[4-4-2]の左MFで11試合連続スタメンとなった。

▽一方、ジエゴ・コスタのリーガ復帰戦ゴールなどでヘタフェに勝利した2位アトレティコ(勝ち点39)は、4日前に行われたリェイダとのコパ・デル・レイ5回戦2ndレグを3-0と勝利して準々決勝進出を決めた。そのリェイダ戦のスタメンからリュカ以外の10選手を変更。出場停止のジエゴ・コスタ、ガビ、サビッチを除いた主力が先発に戻った。

▽積極的な入りを見せたエイバルに対し、アトレティコは4分にグリーズマンのダイレクトパスでボックス右のスペースを突いたコレアがシュート。しかし、枠の左に外れた。

▽その後も前がかるエイバルの背後を突くアトレティコは、11分に決定機。カウンターに転じて中央を持ち上がったグリーズマンのパスをボックス右のヴルサリコが折り返し、ファーサイドのコケがシュート。しかし、惜しくも枠を捉えきれなかった。

▽それでも27分、コケのスルーパスに反応してボックス右のスペースを突いたグリーズマンの折り返しを、ファーサイドのガメイロが受けてGKとの一対一を制した。

▽順当に先制したアトレティコは、ハーフタイムにかけてもエイバルに隙を見せず、磐石の試合運びで1点をリードしたまま前半を終えた。

▽後半からアレホに代えてオレジャーナを投入したエイバルが押し込む展開としたものの、自陣に引くアトレティコを崩すには至らない。

▽守備を固めて時間を消化するアトレティコは、69分にガメイロに代えてA・フェルナンデスを投入し、逃げ切りを図った。

▽そんな中、78分にエイバルは左CKからようやくパウロ・オリベイラがヘディングシュートで初のオンターゲットを記録。しかし、シュートはGKオブラクの正面を突いた。

▽さらに85分、左サイドの乾がカットインから枠内シュートを浴びせたが、GKオブラクの好守に阻まれてしまう。終盤、猛攻を見せたエイバルはペーニャのヘディングシュートやオレジャーナのボレーシュートでゴールに迫ったが、最後まで得点を奪うには至らず0-1で敗戦。

▽アトレティコが辛勝して2連勝とした一方、敗れたエイバルは8試合ぶりの黒星を喫している。

コメント

関連ニュース

thumb

エイバル、ベテランDFアルビージャと新契約締結! 昨季は直接FKで2ゴール

▽エイバルは18日、スペイン人DFアナイツ・アルビージャ(31)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽エイバルの地元バスク出身のアルビージャはこれまでサラマンカやエルクレス、ラージョと下部カテゴリーのクラブを渡り歩き2014年にはエスパニョールに加入。そして、2016年からエイバルでプレーしている。 ▽エイバルでは右サイドバックやセンターバックを主戦場に読みやポジショニング、粘り強さを生かした守備など堅実なプレーで最終ラインを支える。また、昨シーズンに2つの直接FKを決めるなど、右足のキック精度にも定評がある。今季はここまでリーグ戦全試合に出場し1ゴールを記録している。 2018.10.19 15:57 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャファンがゴールを喜びスタンドから落下…試合は一時中断し8名が病院へ搬送

▽喜びから一転、痛い出来事に変わってしまった。セビージャのサポーターの数人が、ゴールを喜んだ際にスタンドからピッチに落下し負傷した。スペイン『アス』が報じた。 ▽29日、セビージャはリーガエスパニョーラ第7節でエイバルと対戦。アウェイゲームながら1-0とリードして迎えた後半14分に事件は起きた。 ▽セビージャは、エベル・バネガがPKを決めリードを2点に広げると、選手たちはスタンドのサポーターのに集まった。それを歓迎しようとスタンドの前にサポーターが集まった瞬間、手すりが崩壊し、数名のサポーターがピッチへと雪崩れ落ちた。 ▽この影響で、試合は約6分間中断。ドクターの診断を受け、8名のサポーターが病院へと搬送された。なお、エイバルは重傷ではないと発表している。また、選手たちにケガはなかった。 ▽その後、バネガが終盤に2ゴール目を記録。エイバルもホルダンのゴールで1点を返したが、3-1でセビージャが勝利した。 [写真は崩壊したスタンド(ヘタフェ戦)] 2018.09.30 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

好調セビージャが後半の3発でリーグ3連勝!《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは29日、リーガエスパニョーラ第7節でエイバルと対戦し、3-1で勝利した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽リーグ戦連勝中のセビージャが、エイバルの本拠地エスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアに乗り込んだ一戦。ミッドウィークに行われた第6節のレアル・マドリー戦を3-0で快勝したセビージャは、その試合と同じ11人で試合に臨んだ。 ▽立ち上がりから主導権を握るセビージャは、12分に決定機。アンドレ・シウバのパスに抜け出したサラビアがボックス中央からシュートを放ったが、これはGKドミトロビッチの好セーブに防がれた。 ▽さらにセビージャは31分にも、左サイド深くまで駆け上がったアラーナのクロスからサラビアがチャンスを迎えるも、シュートは再びGKドミトロビッチの好守に阻まれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、試合は開始早々に動く。47分、バイタルエリア中央まで持ち上がったアンドレ・シウバが右サイドのスペースへパスを展開。このパスを受けたヘスス・ナバスがボックス右まで侵攻し折り返すと、ダイアゴナルランでニアサイドに飛び出したアンドレ・シウバが倒れながらもヒールでゴールに流し込み、セビージャが先制した。 ▽先制点で主導権を握るセビージャは、58分にヘスス・ナバスのクロスがホセ・アンヘルのハンドを誘いPKを獲得。このPKをバネガがゴール中央に決め、追加点を奪った。すると、このゴールに興奮したセビージャサポーターがピッチを隔てる柵に押し寄せ、柵が崩壊。これにより試合が約8分間中断した。 ▽再開後は一進一退の攻防が続き、試合は終盤に突入。すると、後半アディショナルタイムにセビージャがチャンスを迎える。94分、GKバシリクのロングフィードのこぼれ球を拾ったプロメスが素早くボックス手前のムリエルへパス。これをムリエルがワンタッチで落とすと、バイタルエリア手前のバネガがダイレクトシュート。これがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽その後、エイバルのホルダンに1点を返されたが、最後までリードを守り抜き、3-1で勝利。セビージャがリーグ戦3連勝を飾り、好調を維持している。 2018.09.30 03:45 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコが19歳ボルハ・ガルセスのデビュー弾で劇的ドローも2戦勝利なし…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第4節、アトレティコ・マドリーvsエイバルが15日にワンダ・メトロポリターノで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽今夏積極補強を見せながらも開幕3試合を1勝1敗1分けと出遅れたアトレティコ。さらに、代表ウィーク前に行われた前節はセルタ相手に10人での戦いを強いられて0-2の完敗となった。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)開幕戦のモナコ戦を控える中で戦う今回のエイバル戦に向けては、前節退場のサビッチに代わって負傷明けのフアンフランを起用した以外、主力を揃って起用。その一方で、体調不良のリュカが招集外となるなど、ベンチにはソラーノ、モンテーロ、ボルハ・ガルセスと3人のカンテラーノが入った。 ▽互いに代表ウィーク明けという緩い立ち上がりの中でファーストチャンスはエイバルに訪れる。9分にボックス外のホセ・アンヘルが強烈なミドルシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーの上部を掠める。 ▽このピンチを凌いだアトレティコはここからグリーズマンを起点に押し込み始める。21分にはレマルの左CKをドフリーのサウールが頭で合わすが、これはGKドミトロビッチの好守に遭う。この決定機をキッカケにセットプレーからゴディンやグリーズマンが相手ゴールに迫るが、粘るエイバルの守備を崩し切れない。逆に、アルビージャに強烈なシュートを浴びるなど、流れを掴み切れないままゴールレスで前半を終えることになった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽迎えた後半、闘将から激しい檄を受け取ったホームチームが立ち上がりから攻勢に打って出る。ジエゴ・コスタ、ゴディンと枠内シュートを放っていくが、GKドミトロビッチのビッグセーブに阻まれる。さらに59分にはレマルを下げてより攻撃的なコレアをピッチに送り出すが、アルビージャにバー直撃のミドルシュートを許すなど前半同様にリズムを掴めない。 ▽何とかゴールをこじ開けたいアトレティコは68分にジエゴ・コスタ、70分にグリーズマンと続けてボックス内での一対一の決定機を迎える。しかし、いずれのシュートも相手守護神の圧巻の反応に阻まれる。 ▽その後、19歳FWボルハ・ガルセスを投入して前がかるもゴールが遠いアトレティコは、87分にゴール前の混戦から途中出場のセルジ・エンリクにまさかの先制点を許す。連敗は避けたいホームチームはここから決死の猛攻に出るが。ゴディンのヘディングシュートがクロスバーを叩くなどツキにも見放される。 ▽しかし、諦めずに攻め続けるアトレティコは試合終了間際の94分にボックス右でコレアがマイナスに折り返したボールに対してニアのグリーズマンは空振るも後方で待ち構えたボルハ・ガルセスが豪快な右足のシュートをゴール右隅に突き刺し、最後の最後に追いついた。19歳の劇的なデビュー弾で連敗を阻止したアトレティコだが、2戦未勝利と開幕から低空飛行が続く。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.15 22:20 Sat
twitterfacebook
thumb

エイバル、乾貴士に代わる日本人探したが…「値段を見て断念した。国外の市場は高い」

エイバルは今夏、ベティスへと移籍したMF乾貴士に代わる日本人選手の獲得に動いていた。同クラブのフラン・ガラガルサSD(スポーツ・ディレクター)が明かしている。<br><br>乾は昨季、エイバルと契約延長交渉でほぼ合意に達していたが、結局はフリーでベティスに移籍することを選択。このためにエイバルは、マーケティング戦略なども含めて新たな日本人選手の獲得を目指していたようだ。<br><br>しかしながらガルガルサSDによれば、有能な日本人選手はエイバルにとって高額で、獲得を実現できなかったという。<br><br>「私たちはまず、フベニール(U-18)の日本人選手を2人見た。一人は直接、もう一人はビデオでそのプレーを見たよ。次に欧州でプレーする選手の獲得を試みたが、その値段を見て、あきらめざるを得なかった」<br><br>「現在は国外の市場よりも、国内の市場の方が快適と言える状況になっている」<br><br>なおエイバルは今夏、獲得候補としてニューカッスルFW武藤嘉紀、ポルティモネンセMF中島翔哉、ホルシュタイン・キールMF奥川雅也をリストアップしていたとも報じられた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.10 22:20 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース