アトレティコが乾フル出場のエイバルにガメイロ弾で辛勝《リーガエスパニョーラ》2018.01.14 04:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第19節、エイバルvsアトレティコ・マドリーが13日に行われ、0-1でアトレティコが辛勝した。エイバルのMF乾貴士はフル出場している。

▽前節ラス・パルマス戦を2-1と逆転勝利して3連勝とした7位エイバル(勝ち点27)は、乾が[4-4-2]の左MFで11試合連続スタメンとなった。

▽一方、ジエゴ・コスタのリーガ復帰戦ゴールなどでヘタフェに勝利した2位アトレティコ(勝ち点39)は、4日前に行われたリェイダとのコパ・デル・レイ5回戦2ndレグを3-0と勝利して準々決勝進出を決めた。そのリェイダ戦のスタメンからリュカ以外の10選手を変更。出場停止のジエゴ・コスタ、ガビ、サビッチを除いた主力が先発に戻った。

▽積極的な入りを見せたエイバルに対し、アトレティコは4分にグリーズマンのダイレクトパスでボックス右のスペースを突いたコレアがシュート。しかし、枠の左に外れた。

▽その後も前がかるエイバルの背後を突くアトレティコは、11分に決定機。カウンターに転じて中央を持ち上がったグリーズマンのパスをボックス右のヴルサリコが折り返し、ファーサイドのコケがシュート。しかし、惜しくも枠を捉えきれなかった。

▽それでも27分、コケのスルーパスに反応してボックス右のスペースを突いたグリーズマンの折り返しを、ファーサイドのガメイロが受けてGKとの一対一を制した。

▽順当に先制したアトレティコは、ハーフタイムにかけてもエイバルに隙を見せず、磐石の試合運びで1点をリードしたまま前半を終えた。

▽後半からアレホに代えてオレジャーナを投入したエイバルが押し込む展開としたものの、自陣に引くアトレティコを崩すには至らない。

▽守備を固めて時間を消化するアトレティコは、69分にガメイロに代えてA・フェルナンデスを投入し、逃げ切りを図った。

▽そんな中、78分にエイバルは左CKからようやくパウロ・オリベイラがヘディングシュートで初のオンターゲットを記録。しかし、シュートはGKオブラクの正面を突いた。

▽さらに85分、左サイドの乾がカットインから枠内シュートを浴びせたが、GKオブラクの好守に阻まれてしまう。終盤、猛攻を見せたエイバルはペーニャのヘディングシュートやオレジャーナのボレーシュートでゴールに迫ったが、最後まで得点を奪うには至らず0-1で敗戦。

▽アトレティコが辛勝して2連勝とした一方、敗れたエイバルは8試合ぶりの黒星を喫している。

コメント

関連ニュース

thumb

スペイン主要メディア、マラガ戦の乾貴士に辛口評価「ほとんど試合に参加していなかった」

22日に行われたリーガエスパニョーラ第20節マラガ戦(1-1)で先発出場したエイバルMF乾貴士だが、スペイン主要メディアからは厳しい評価を受けている。<br><br>エイバルは17分にマラガFWエン・ネシリにゴールを許して先制点を献上。ホセ・ルイス・メンディリバル監督は72分に乾を下げてMFベベを投入し、すると76分にそのベベのクロスからFWキケ・ガルシアがシュートを放って同点に追い付いた。<br><br>23日付のスペイン紙『マルカ』は、評価採点で乾に1点を付けた(最高点は3点)。寸評には、「日本人ウィングはほとんど試合に参加していなかった」と記されている。<br><br>両チーム通じての最高点はマラガGKロベルト・ヒメネス(3点)に与えられた。エイバルではMFファビアン・オレジャーナ(2点)、キケ・ガルシア(2点)がベストプレーヤーとなっている。<br><br>提供:goal.com 2018.01.23 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

7戦連続先発の乾貴士、スペインメディアの評価はチーム最低タイと厳しいものに

リーガ・エスパニョーラは22日に第20節が行われ、エイバルはマラガと1-1で引き分けた。先発出場したMF乾貴士だが、スペインメディアの評価は厳しいものになった。<br><br>ホームにマラガを迎えたエイバルは、16分にパスミスから先制を許す苦しい展開に。76分に同点に追いつくも、逆転までは至らず。引き分けに終わり、公式戦2試合未勝利となった。<br><br>7試合連続の先発出場となった乾は、いつも通り左サイドで積極的なプレーを見せたが、大きな見せ場はなく、73分に途中交代となっている。<br><br>スペイン『アス』の日本代表MFの評価は「1」。エイバルの選手は、交代選手含め13人中9人が「1」と、チーム全体として良いパフォーマンスができなかったとしている。<br><br>また、『マルカ』の採点でも、乾の評価は「1」。こちらは、先発メンバー10人が星1つとなっており、最下位に沈むマラガ相手にエイバルが苦しめられたとしている。<br><br>エイバルは、1ポイントの上積みにとどまり、勝ち点は28に。欧州カップ戦出場圏内のセビージャとは、4ポイント差となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 12:21 Tue
twitterfacebook
thumb

乾途中交代のエイバルが下位相手に痛恨のドロー… マラガはホセ・ゴンサレス新監督の初陣を勝利で飾れず《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表FW乾貴士の所属するエイバルは22日、リーガエスパニョーラ第20節でマラガと対戦し、1-1の引き分けに終わった。乾は72分までプレーしている。 ▽8位エイバル(勝ち点27)が、14日にホセ・ゴンサレス新監督を招へいした19位のマラガ(勝ち点11)をホームに迎えた一戦。前節のアトレティコ・マドリー戦でリーグ戦8試合ぶりの黒星を喫したエイバルは、その試合から先発を2人変更。セルジ・エンリクとラミスに代えてキケ・ガルシアとアルビージャを先発で起用した。 ▽雨の降りしきる中でスタートした一戦は、立ち上がりからホームのエイバルが押し込む展開に。すると5分、相手DFのクリアをボックス手前で拾ったホセ・アンヘルがワントラップからボレーシュートで狙ったが、ドライブ回転がかかったボールはわずかにクロスバーの上に外れた。 ▽対するマラガは16分、中盤でカパのバックパスをカットしたネスティリがドリブルでカウンターを仕掛ける。大きなストライドのドリブルでボックス左まで侵攻したネスティリは、飛び出したGKドミトロビッチの脇を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 ▽先制を許したエイバルの反撃は30分。ホセ・アンヘルのクロスがボックス手前でバウンドすると、このボールがゴール前へ。これに反応したシャルレスがダイレクトシュートで押し込むも、これは飛び出したGKロベルトの体を張ったブロックに阻まれた。 ▽マラガリードで迎えた後半、エイバルは51分にアクシデント。右ハムストリングを痛めたパウロ・オリベイラが自ら交代を要求。ラミスをスクランブル投入する事態となった。すると56分、最終ラインのラミスが横パスをカットされると、ゴール前まで持ち込んだアドリアンにシュートを許したが、GKドミトロビッチの好セーブで難を逃れた。 ▽ピンチを凌いだエイバルは、直後にアレホを下げてオレジャーナを投入。さらに72分には、乾を下げてベベをピッチに送り出し、3枚の交代カードを使いきった。すると76分、左サイド深くでボールを受けたベベが高速クロスを供給。これをゴール前のキケ・ガルシアが流し込み、試合を振り出しに戻した。 ▽同点弾で勢いづく86分、スルーパスからゴールエリア左横に抜け出したシャルレスが右足を振り抜くも、これはGKロベルトがファインセーブで防ぐ。結局、試合はそのまま1-1で試合終了。エイバルは下位相手に痛恨の取りこぼし。一方のマラガは、リーグ戦連敗を止めたがホセ・ゴンサレス新監督の初陣を白星で飾ることができなかった。 2018.01.23 06:58 Tue
twitterfacebook
thumb

エイバル乾貴士、12月のリーガ月間MVP候補に

▽エイバルの日本代表MF乾貴士が12月度におけるリーガエスパニョーラの最優秀選手候補に名を連ねた。リーグの公式ツイッター(@LaLiga)が伝えた。 ▽乾は、12月に行われたリーガ全4試合に先発し、そのうち3試合にフル出場。3ゴールと活躍し、その間のチームも3勝1分けと好調を続けた。 ▽乾のほか、バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレス、アラベスでプレーするスペイン人FWイバイ・ゴメスがノミネートされている 2018.01.16 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

エイバルに辛勝のアトレティコ、シメオネは「勝敗の正当性は求めない。あるのは結果のみ」

13日のリーガエスパニョーラ第19節、アトレティコ・マドリーは敵地イプルアでのエイバル戦に1-0で勝利した。ディエゴ・シメオネ監督は試合後、1点リードして迎えた後半にエイバルの勢いに呑まれたことを認めている。<br><br>スペイン『マルカ』がアルゼンチン人指揮官の試合後会見でのコメントを伝えた。<br><br>「前半の私たちはエイバルよりも優勢だった。ゴールを奪い、さらなるリードを得てハーフタイムを迎える状況を生み出していた。見事なトランジションでもって、危険な場面を生み出すことに成功していたね」<br><br>「一方で後半は、厳しく、難しいチームを相手にするときに起こるべくことが起こった。エイバルは時間が経つにつれて勢いを強めていき、私たちは後退を強いられたんだ。よって守備を固めることを決断し、エイバルの勢いを削ぐことに注力した」<br><br>また決勝点を記録したFWケヴィン・ガメイロについては、次のように述べている。<br><br>「私たちにとって、とても重要な選手であり、ゴール前最後の数メートルで凄まじいスピードを発揮してくれる」<br><br>GKヤン・オブラクが好セーブを連発したことで、何とか1点を守り切ったという印象のアトレティコ。正当な勝利であったのかを問われたシメオネ監督は、こう返している。<br><br>「勝っても負けても、正当かどうかという話はしない。そこにあるのは結果だけだ。チームの状態は、ゴールを決める状況をつくり出せているかどうかで判断できる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.15 01:23 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース