チェルシーDFケイヒルが右足ハムストリングを負傷…指揮官は「深刻ではない」2018.01.14 05:01 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのイングランド代表DFギャリー・ケイヒルが、13日のレスター・シティ戦で右足ハムストリングを負傷した模様だ。イギリス『Four Four Two』が伝えている。▽チェルシーは13日、プレミアリーグ第23節でレスターと対戦。試合は、退場者を出し10人となったレスター相手にチェルシーが攻めきれず0-0の引き分けに終わった。その試合で先発出場を果たしたケイヒルは33分、レスターFWジェイミー・ヴァーディとの競り合いの中、右足ハムストリングの痛みを訴えピッチの外に。同選手はプレー続行の意思を示していたが、アントニオ・コンテ監督は大事をとってDFアンドレアス・クリステンセンと交代させた。

▽試合後のコンテ監督のコメントでは、ケガは「深刻なものではない」とのことだが、現在では離脱期間などは明らかにされていない。「選手たちは疲れていた」と同監督が言うように、チェルシーをはじめとするプレミアのビッグクラブは3日~4日の間に1試合を消化するという超過密日程をこなさなければならない。ケイヒルの負傷は疲労も1つの要因だと考えられるが、今後、これ以上の負傷者は避けたいものだ。
コメント
関連ニュース
thumb

モラタがバルサに売り込み⁉

▽チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)が、バルセロナに売り込みをかけているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が、スペインのラジオ局『RAC1』での放送を引用して伝えている。 ▽レアル・マドリー下部組織出身のモラタは2010-12シーズンのサラゴサ戦でトップチームデビューを飾った。しかし、モラタの務めるセンターフォワードには元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、元アルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインが在籍していたため、出場機会に恵まれずにユベントスに移籍。その後、一度はマドリー復帰を果たしたものの、その際もポジションを奪い切ることはできず、2017年夏に推定移籍金6500万ユーロ(現在のレートで約83億円)+ボーナスでチェルシーへ加入していた。 ▽加入初年度となった昨シーズンは、アントニオ・コンテ前監督のもと、公式戦48試合で11ゴールを記録。さらに、マウリツィオ・サッリ新監督になった今シーズンも、プレミアリーグ14試合で5ゴールとまずまずの数字を残している。しかし、大一番でスタメンから外されることもあり、絶対的な信頼は得られていない。 ▽今回伝えられるところによれば、モラタ側がウルグアイ代表FWルイス・スアレス(31)の後継者の獲得を目指しているバルセロナに売り込みをかけた模様。しかし、バルセロナは移籍市場でのフォワードの動向に注意を払っているものの、現時点でのモラタ獲得は最優先事項とならないことも伝えられている。 2018.12.12 20:48 Wed
twitterfacebook
thumb

シルバが右足ハムストリングの負傷で数週間の離脱か

▽マンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバが右足ハムストリングの負傷により数週間離脱するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽シルバは、8日に行われたプレミアリーグ第16節のチェルシー戦に先発出場したが、68分に右足を負傷しMFイルカイ・ギュンドアンと後退していた。 ▽シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、12日に行われるチャンピオンズリーグ・グループF最終節のホッフェンハイム戦に向けた前日会見でシルバについて以下のようにコメントした。 「ケビン(・デブライネ)やダニーロ、アグエロと共にシルバもホッフェンハイム戦には出場しない。シルバは週末の試合で右足のハムストリングを負傷した。そのため彼は2~3週間離脱することになるかもしれない」 2018.12.12 01:40 Wed
twitterfacebook
thumb

アザール、再び語る「レアル・マドリーが大好きだ」

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)が、再びレアル・マドリーへの憧れを口にした。フランスのラジオ放送『ラディオ・モンテ・カルロ』での発言を基に、スペイン『アス』が伝えている。 ▽マウリツィオ・サッリ新監督の下で始まった今シーズンも、公式戦18試合8ゴール8アシストとエースとしての役割を果たしているアザール。その実力はあらゆるクラブが認めるところであり、今夏にはマドリー移籍報道が過熱していた。 ▽また、アザール本人もマドリーへの憧れを度々公言。ジネディーヌ・ジダン元監督が指揮していた頃には「ジダンの下でプレーすることが夢」と語り、同監督が退任して以降も「マドリーは子どもの頃から夢見ていたクラブ」と口にしている。 ▽さらに、『ラディオ・モンテ・カルロ』の中で元フランス代表FWクリストフ・デュガリー氏と対談したアザールは、またしても赤裸々に語った。 「君は知っているけど、(ジネディーヌ・)ジダン以前からいつでも僕はレアル・マドリーが大好きだ。何が起こるか見てみよう」 「(以前も)言ったように、僕は今シーズンをチェルシーで終える。そして、今シーズンが終わってもまだ1年間の契約が残っているんだ。見ていこうじゃないか」 「新しい監督(マウリツィオ・サッリ)は僕がやっているようなフットボールを考案する。家族はロンドンに居るし、(来年1月7日に)28歳になる」 「キャリアの終わりに後悔したくはない。これは僕がする決定だ。いつになるかは分からないけど、決断するだろうね」 2018.12.11 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、スターリングに人種差別行為のサポーター4人を出禁に…声明を発表

▽チェルシーは10日、マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングに対するサポーターの人種差別行為に関する声明を発表した。 ▽チェルシーは8日にプレミアリーグ第16節でシティと対戦した。試合は2-0で勝利したのだが、その試合中に、チェルシーのサポーターからスターリングに対し人種差別的な野次が飛ばされていたことが判明。直後、「必要である最も強い行動を取る」と意思表示をしていたクラブは、今回の声明で以下のような文章を公開した。 「チェルシーFCは、マンチェスター・シティ戦でラヒーム・スターリングに対するサポーターの言動について更なる調査を進める間、4人のサポーターを観戦停止にします」 「現在調査中であり、我々は全身全霊で警察と協力し、集めた情報はすべて警察に預けます」 「チェルシーFCはすべての差別的行為に嫌悪を催します。チケット保持者に何らかの人種差別的行為があった場合、クラブは出禁を含む厳しい制裁を科すことになります。また、刑事告発にも完全にサポートする構えであります」 2018.12.11 03:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、セスク獲得の可能性は? レオナルドSDが言及

▽ミランのスポーツ・ディレクターを務めるレオナルド氏がチェルシーに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)獲得の可能性に言及した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽今冬の移籍市場で補強が取り沙汰されるミラン。その目玉として名前が浮上しているのが、今シーズン限りでチェルシーとの契約が満了を迎えるセスクだ。 ▽レオナルド氏は9日に行われたセリエA第15節のトリノ戦(0-0のドロー)後、セスク獲得の可能性について質問が飛ぶと、次のように返答した。 「我々は可能性を探っているところだ。ただ、全てがうまくいっているわけじゃない。まだ条件を吟味している」 ▽セスクは2014年夏からチェルシーでプレー。マウリツィオ・サッリ新体制発足の今シーズンはここまでプレミアリーグ4試合の出場にとどまるなど出番が限られている。 2018.12.10 16:05 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース