横浜FM、GK飯倉大樹とDF金井貢史ら4選手と契約更新2018.01.13 13:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは13日、GK飯倉大樹(31)とGK杉本大地(24)、DF下平匠(29)、DF金井貢史(27)との契約を更新したことを発表した。

▽横浜FM下部組織出身の飯倉は2005年にトップチーム昇格。昨シーズンは明治安田生命J1リーグに34試合、天皇杯に4試合出場した。

▽杉本は2007年に京都サンガF.C.から加入。昨シーズンはYBCルヴァンカップに6試合、天皇杯に2試合出場した。

▽下平は2014年に大宮アルディージャから加入。昨シーズンはJ1リーグに5試合、ルヴァンカップに3試合、天皇杯に5試合出場した。

▽金井は2016年にジェフユナイテッド千葉から加入。昨シーズンはJ1リーグで21試合2ゴールを記録した。また、天皇杯には1試合出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FMもミロシュ・デゲネクのレッドスター移籍を発表 「またいつの日か」

▽横浜F・マリノスは6日、オーストラリア代表DFミロシュ・デゲネク(24)のレッドスター・ベオグラード(セルビア)移籍を発表した。 ▽空中戦に無類の強さを誇るミロシュ・デゲネクは、セルビア人として生まれ、幼少期にオーストラリアに移住。シュツットガルトII、1860ミュンヘンを経て、2017年から横浜FMに加わり、引き続き主力を務めた今シーズンも明治安田生命J1リーグ12試合2得点を記録した。 ▽5日にレッドスター・ベオグラードから加入が発表されたミロシュ・デゲネク。ロシア・ワールドカップにも出場したオーストラリア代表センターバックは翌6日、横浜FMの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「まずはじめに、横浜F・マリノスで過ごした一年半に感謝したいと思います。最高のファン・サポーター、素早らしいスタッフを擁する日本の偉大なクラブに所属したことは、私にとって非常に誇りであると同時に喜びでもあります。 素晴らしいファン・サポーターの前でプレーできたことは、私にとって大きな喜びであり、全ての試合においてファン・サポーターの熱い応援が力となりプレーを助けてくれました。 この事は決して忘れる事はありませんし、またいつか帰って来たいです!」 「チームメイト、監督、コーチングスタッフ、社長、スポーティングダイレクター、そして全てのスタッフの皆さんがマリノスファミリーの一員として受け入れてくれたことで、選手として、一人の人間として成長することが出来ました。また、僕を横浜に連れてきてくれ、なにかといつも面倒をみてくれたとアイザックSDに感謝を述べたいと思います。クラブのこれからの活躍を楽しみにしています。これはサヨナラではありません。またいつの日か会いましょう!」 2018.07.06 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMの豪代表DFミロシュ・デゲネクがレッドスターへ完全移籍

▽レッドスター・ベオグラードは5日、横浜F・マリノスのオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネク(24)を完全移籍で獲得することを発表した。契約期間は3年間となる。 ▽デゲネクは、シュツットガルトの下部組織で育ち、2015年7月からは1860ミュンヘンでプレー。2017年1月に横浜FMへと完全移籍で加入していた。 ▽横浜FMでは、明治安田生命J1リーグで37試合に出場し2ゴール1アシストを記録。センターバックのレギュラーとして元日本代表DF中澤佑二とコンビを組んでいた。 ▽世代別のセルビア代表経験もあるデゲネクは、2016年5月からオーストラリア代表としてプレー。ロシア・ワールドカップに臨むオーストラリア代表にも選ばれていたが、出場機会はなかった。 ▽レッドスターでは、右サイドバックのモンテネグロ代表DFフィリップ・ストイコビッチと1860ミュンヘン時代に共にプレーしたことがある。また、横浜FMのチームメイトだったFWウーゴ・ヴィエイラ(2015-17)、MFダビド・バブンスキー(2015-17)もレッドスターでのプレー経験がある。 ▽なお、セルビア『Mondo』によると、デゲネクの獲得には違約金20万ユーロ(約2570万円)がかかったとのことだが、公式には発表されていない。 2018.07.05 22:46 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMのルーキー、DF生駒仁とMF堀研太がノルウェー1部のヴォレレンガ・フォトバルへ短期留学

▽横浜F・マリノスは30日、DF生駒仁(18)とMF堀研太がノルウェーのヴォレレンガ・フォトバルへ短期留学することを発表した。留学期間は7月1日から9日まで。 ▽生駒は2018年に鹿児島城西高校から入団。今シーズンはここまで公式戦での出場はない。横浜FM下部組織出身の堀は、2018年にトップチーム昇格。2017年には2種登録されていた。堀もここまで公式戦での出場はない。 ▽今回留学するヴォレレンガ・フォトバルは、ノルウェーの首都・オスロをホームタウンとするノルウェー1部リーグのクラブ。今シーズンはここまで16クラブ中8位に位置しているが、これまで5度のリーグ優勝、カップ戦優勝を成し遂げている。 ▽留学する両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆生駒仁 「今回、ノルウェーに短期留学することになりました。短い期間ですが日本を離れ違った環境に身を置く事は、少しでも成長出来るチャンスだと思うので積極的にトライして頑張りたいとおもいます」 ◆堀研太 「今回ノルウェーに短期留学することになりました。短い日数でありますが成長するチャンスをもらったからには自分の手で掴みとりたいと思っています。必ずレベルアップしてチームで試合に絡めるよう頑張ります」 ▽また、今回の件についてアイザック・ドルスポーティングダイレクターは、以下のようにコメントしている。 「若い選手たちのための育成プログラムを確立し、発展させることは、 短期的にも長期的にもクラブの最重要課題の一つです。若い選手たちはプロフェッショナルな環境に身をおくことで、プロ選手としての成功に必要なリーダーシップ、創造性、決断力、リスク・マネージメントなどを学び、自信を深めることができます」 「海外での経験は、選手たちにとってかけがえのない機会となり、彼らのオン・ザ・ピッチ、オフ・ザ・ピッチ双方で選手として、また人間としての成長を加速させてくれるでしょう。この機会を実現するにあたり、シティ・フットボール・グループからのサポートに感謝したいと思います」 2018.06.30 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ミロシュ・デゲネク、W杯後に横浜FM退団か 移籍先はセルビアの強豪レッドスター

▽横浜F・マリノスに所属するオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネク(24)にセルビアの強豪レッドスター・ベオグラード移籍の可能性が高まっている。 ▽セルビア『KURIR』によれば、ミロシュ・デゲネクの代理人は、レッドスターと最終交渉へ。レッドスターのゼネラルマネージャーを務めるズヴェズダン・テルジッチ氏は、フランス人DFダミアン・ル・タレク(28)の後釜として、横浜FMの主力センターバックを注視ているという。 ▽レッドスターは、以前から触手を伸ばすミロシュ・デゲネクの移籍金において、横浜FMとの契約が半年間しか残っていないことから比較的安価な額での獲得に期待。オーストラリア代表として参戦中のロシア・ワールドカップ終了後にも契約締結の可能性があるとみられている。 ▽セルビア人として生まれ、幼少期にオーストラリアに移住したミロシュ・デゲネクは、シュツットガルトII、1860ミュンヘンを経て、2017年から横浜FMでプレー。初年度からレギュラーを張り、今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグ12試合2得点を記録している。 2018.06.22 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

第1戦のアドバンテージを生かした横浜FMが神戸を退け準々決勝進出!《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦、ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスが9日にエビアスタジアム神戸で行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、2戦合計スコア3-5とした横浜FMが準々決勝進出を決めている。 ▽第1戦では大津やウーゴ・ヴィエイラのゴールなどで、横浜FMがホームで4-2で勝利。2点のアドバンテージを得て第2戦に繋げた。 ▽ホームでの逆転突破を目指して戦う神戸は、第1戦から2選手を変更。北本と郷家を代えて、高橋と大槻を先発に起用した。 ▽対する横浜FMの変更は1点のみ。オリヴィエ・ブマルに代えてユン・イルロクを起用した。 ▽先に試合を動かしたのは神戸。13分、相手のパスミスを敵陣で奪った大槻がドリブルで前線へ運び、右に展開する渡邉にパス。見事なトラップでシュートに繋げると、これが左ポストに直撃。跳ね返りを藤田がダイレクトで押し込んで、神戸が2戦合計スコア3-4とし、1点差に詰め寄った。 ▽その後は、細かくパスを繋ぐ横浜FMとその横浜FMのミスを誘って、奪っては縦に速いカウンターを仕掛ける神戸という構図に。34分には、ボックス左の田中のクロスを渡邉が頭で合わせるが惜しくも枠を捉えられず、神戸の同点ゴールとはならなかった。 ▽後半立ち上がちにチャンスを迎えたのは横浜FM。左サイドバック山中の攻め上がりから、クロスをファーサイドで仲川が合わせるがGK前川のファインセーブに阻まれる。その後、横浜FMはユン・イルロクを下げて、前回途中出場からゴールをているウーゴ・ヴィエイラを投入。 ▽すると67分、ボックス左でパスを受けた大津のグラウンダーのクロスを、DFと競り合いながらも先につま先で触ったウーゴ・ヴィエイラが押し込んで横浜FMが追加点。2戦連続で途中出場からのゴールを奪った。 ▽勝ち抜けにはあと2点が必要になった神戸。80分過ぎに、自陣からのクリアボールを相手の最終ラインで奪った三田が、GK飯倉のポジションを見てループシュートを狙うが、精度が低く枠に飛ばせない。逆に85分にはウーゴ・ヴィエイラにゴールに迫られるなど、攻撃に時間を割くことが出来ない。 ▽試合はここで終了。第2戦を1-1で乗り切った横浜FMが2戦合計3-5とし、準々決勝進出を決めた。 2018.06.09 17:00 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース