ファン・ペルシ、古巣フェイエノールトと個人合意か2018.01.13 09:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オランダ『VoetbalPrimeur.nl』は、フェネルバフチェに所属するオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシ(34)に古巣復帰の瞬間が迫っていると報じた。

▽ファン・ペルシとフェイエノールトは、2019年6月までの1年半契約で個人合意。あとは、フェネルバフチェとのクラブ間で詳細を詰めるのみで、週末中にも話し合いがまとまる可能性があるという。

▽長らくオランダ代表のエースに君臨したファン・ペルシは、フェイエノールト下部組織で育ち、2001年から2004年までトップチームでプレー。MF小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)と同僚だったことでも知られる。

▽その後、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドで活躍。2度のプレミアリーグ得点王などを数々の個人タイトルを獲得する中、ユナイテッド在籍の2012-13シーズンに自身初のリーグ優勝も経験した。

▽2015年夏からフェネルバフチェに移籍。今シーズンはここまでケガの影響などでピッチから遠ざかっており、最近になって14シーズンぶりとなる古巣フェイエノールトへの復帰説が浮上していた。

コメント

関連ニュース

thumb

FWファン・ペルシの14年ぶりのフェイエノールト復帰が完了…1年半契約にサイン

▽フェイエノールトは22日、フェネルバフチェのオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシ(34)と正式に契約したことを発表した。契約期間は1年半とのことだ。 ▽ファン・ペルシは、フェイエノールトの下部組織出身で、2001年にトップチームへと昇格。元日本代表MF小野伸二(現北海道コンサドーレ札幌)ともチームメイトとしてプレー。2004年7月にアーセナルへと移籍した。 ▽アーセナルではエースとして一時代を築くと2012年8月にマンチェスター・ユナイテッドへと移籍。2015年7月にフェネルバフチェへと移籍していた。 ▽フェネルバフチェでは、今シーズンのトルコ・スーパーリーグで2試合に出場。14年ぶりに古巣へと復帰することが決定した。 ▽ファン・ペルシは育ったクラブへの復帰について「14年間の旅を終え、フェイエノールトへ戻ってくることは素晴らしいことだ」とコメントしている。 2018.01.22 22:06 Mon
twitterfacebook
thumb

ファン・ペルシが古巣フェイエノールトに復帰決定!

▽フェイエノールトは19日、フェネルバフチェに所属するオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシ(34)が復帰で合意したことを発表。正式な契約は22日に交わされることも伝えている。 ▽ファン・ペルシとフェイエノールトは早い段階で口頭での合意に達しており、現所属クラブとの契約解消について合意に至ったため、復帰が決定となった。オランダ『VoetbalPrimeur.nl』の以前の報道によると、契約期間は2019年6月までの1年半となっている。 ▽長らくオランダ代表のエースに君臨したファン・ペルシは、フェイエノールト下部組織で育ち、2001年から2004年までトップチームでプレー。MF小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)と同僚だったことでも知られる。 ▽その後、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドで活躍。2度のプレミアリーグ得点王などを数々の個人タイトルを獲得する中、ユナイテッド在籍の2012-13シーズンに自身初のリーグ優勝も経験した。 ▽2015年夏にフェネルバフチェへ移籍後、今シーズンはここまでケガの影響などでピッチから遠ざかっており、最近になって14シーズンぶりとなる古巣フェイエノールトへの復帰説が浮上していた。 2018.01.20 03:33 Sat
twitterfacebook
thumb

ファン・ペルシ、古巣フェイエノールトへの移籍を希望か

▽フェネルバフチェのオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシが、古巣のフェイエノールトへの移籍を希望しているようだ。『90min』がフランス『レキップ』のレポートをもとに伝えている。 ▽2015年7月にマンチェスター・ユナイテッドから3年契約でフェネルバフチェに加入したファン・ペルシ。アーセナルやユナイテッドで活躍したオランダのレフティーは加入初年度からゴールを重ねたものの、今季はヒザの負傷もあり公式戦の出場は4試合にとどまっている。昨年12月にケガから復帰したファン・ペルシだが、以降はベンチ入りどころかチームにも加わることも出来ず、不遇のシーズンを送っている。 ▽そんな中、『90min』が伝えるところによると、ファン・ペルシは出場機会を求めて古巣であるフェイエノールトへの移籍を考慮。ファン・ペルシの代理人はすでにフェイエノールト移籍に向けて動いているという。 ▽フェイエノールトといえばファン・ペルシがユース時代を過ごしプロキャリアをスタートさせた心のクラブであるが、果たして、およそ13年半ぶりとなる古巣復帰となるのだろうか。 2018.01.05 02:43 Fri
twitterfacebook
thumb

フェイエの18歳FWがプロ初ゴールで偉大なる大伯父の80年前のゴールを“完コピ”!

▽フェイエノールトに所属するU-18オランダ代表FWディラン・フェンテが、17日に行われたエールディビジ第17節のスパルタ・ロッテルダム戦で待望の初ゴールを記録した。そして、このゴールがフェイエノールトOBである偉大なる大伯父の歴史的なゴールに酷似していることが話題となっている。 ▽フェイエノールトの下部組織出身のフェンテは、同クラブ期待の18歳のストライカー。今年9月のチャンピオンズリーグ(CL)、マンチェスター・シティ戦でクラブ史上最年少(18歳と127日)でのヨーロッパデビューを果たした新鋭は、今月17日に行われたスパルタ戦で先発デビューを飾った。 ▽同試合でフェンテは、開始8分にボックス手前左に持ち込んだMFボエティウスからの浮き球のクロスをゴール右に走り込みヘディングシュートで合わせ、クラブ史上2番目に若い18歳と222日で初ゴールを記録。それ以外にも2アシストを記録する大活躍で、自身の先発デビュー戦を7-0の大勝で飾った。 ▽さらに、フェイエノールトの公式サイトが伝えるところによれば、今回のフェンテのゴールは、同選手の祖父の兄で、フェイエノールトとオランダ代表のレジェンドである故レーン・フェンテ氏が、1937年3月に開場された本拠地デ・カイプでの歴史的な初ゴールに酷似しているという。 ▽フェイエノールトの公式ツイッターには、今回のフェンテのゴールと、レーン・フェンテ氏のゴールを比較した短い動画が上げられたが、確かに2人のゴールは酷似しており、両者の血の繋がりを感じさせるものだった。 ▽偉大なる大伯父の歴史的なゴールを自身のプロキャリア初ゴールで“完コピ”したフェンテは、フェイエノールト在籍5年間で82試合に出場し65ゴールを記録した大伯父のような活躍を見せることができるか。 ◆見事な“完コピ”ゴール! https://twitter.com/Feyenoord/status/942687882149552128?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.whoateallthepies.tv%2Fvideos%2F266299%2Ffeyenoord-18-year-old-dylan-vente-marks-full-debut-with-goal-almost-identical-to-one-scored-by-his-great-uncle-in-1937-video.html 2017.12.20 00:24 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、フェイエノールトに敗戦で逆転突破ならず《CL》

▽ナポリは6日、チャンピンオンズリーグ(CL)グループF最終節でフェイエノールトとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。この結果、3位となったナポリはヨーロッパリーグ(EL)に回っている。 ▽前節シャフタール戦を3-0と快勝して決勝トーナメント進出に望みをつないだ3位ナポリ(勝ち点6)は、勝利した上でシャフタールがマンチェスター・シティに敗れれば逆転での決勝トーナメント進出となる。そのナポリは0-1と敗れた直近のユベントス戦のスタメンから3選手を変更。マリオ・ルイ、ジョルジーニョ、負傷したインシーニェに代えてジエリンスキ、A・ディアワラ、マッジョを起用した。 ▽ここまで全敗のフェイエノールト相手に、3トップの左にジエリンスキを据えたナポリは、開始2分に先制する。左サイドからのFKのルーズボールをメルテンスがボレーで合わせにかかる。これはDFにカットされるもルーズボールをジエリンスキが蹴り込んだ。 ▽その後、フェイエノールトの反撃を受け流したナポリは18分に決定機。味方とのワンツーでボックス左に侵入したメルテンスがシュート。GKと一対一だったが、フェルメールにセーブされてしまった。 ▽前半半ば以降もナポリがポゼッションを高めていたが、33分に同点に追いつかれる。右クロスをN・ヨルゲンセンにヘディングシュートで決められた。ハーフタイムにかけてはフェイエノールトの攻勢が強まった中、1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半、ナポリがハーフコートゲームを展開する流れが続くと、52分にハムシクがミドルシュートでゴールに迫る。攻勢を強めたいナポリは60分にアランに代えてログを投入する。 ▽その後もハーフコートゲームを続けたが、フェイエノールト守備陣を崩すような仕掛けは見せられない。 ▽終盤の74分にはカジェホンに代えてウナスを投入したナポリだったが、効果は薄くシュートには持ち込めない。結局、84分にヴィルエナが2枚目のイエローカードを受けて退場となったフェイエノールトに対し、追加タイムにCKからユステのヘディングシュートを浴びて1-2で敗戦。決勝トーナメント進出は果たせず、3位となりELに回ることとなった。 ■グループD順位表■ [勝ち点/得失点] 1.マンチェスター・シティ 15/9 2.シャフタール 12/0 3.ナポリ 6/0 4.フェイエノールト 3/-9 2017.12.07 06:49 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース