【リーガエスパニョーラ第19節プレビュー】前半戦無敗締め狙うバルサは鬼門アノエタへ!2018.01.12 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽先週末に行われた2018年初戦となった第18節では、バルセロナとアトレティコ・マドリー、バレンシアの上位3チームが幸先良く勝利した一方、レアル・マドリー、セビージャ、ビジャレアルの第2グループ3チームがいずれも勝ち点を取りこぼす結果となった。また、エイバルのMF乾貴士、ヘタフェのMF柴崎岳はいずれも新年初出場を果たしていた。

▽前半戦最終戦となる今節では、ここまで15勝3分けの無敗を継続する首位のバルセロナ(勝ち点48)と、12位のレアル・ソシエダ(勝ち点23)の一戦に注目が集まる。バルベルデ新監督の下で開幕から進撃が続くバルセロナだが、今回の試合会場であるアノエタでは、直近のリーグ戦で7戦未勝利(5敗2分け)と極端に苦手とする鬼門中の鬼門だ。現在、2位のアトレティコに9ポイント差を付けていることを考えれば、最悪引き分けでも問題はないが、開幕からの良い流れを途切れさせないためにもアノエタでの悪いジンクスを払しょくしたいところだ。ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ5回戦2ndレグではカンプ・ノウでセルタを破り、ベスト8進出を決定。ただ、主力数名を同試合で起用しており、ややコンディション面に不安を残す。また、先日に加入が決定したMFコウチーニョは太もものケガで3週間の離脱を強いられており、デビューはお預けとなっている。

▽鬼門アノエタでのバルセロナの取りこぼしを期待しつつ、勝ち点差を縮めたい2位のアトレティコは、現在3連勝中で7戦無敗(6勝1分け)と絶好調の7位エイバル(勝ち点27)との難しいアウェイゲームに臨む。前節、再デビューを飾ったFWジエゴ・コスタの復帰弾などでヘタフェに快勝を収めたアトレティコは、ミッドウィークのコパでも格下リェイダ相手に同じく今冬加入のMFビトロの初ゴールなどで勝ち切って公式戦2連勝中だ。しかし、エイバル戦に向けてはヘタフェ戦で退場したジエゴ・コスタのほか、DFサビッチ、MFガビと3人の主力を出場停止で欠く。そのため、代役を担う控え選手の活躍と共に、新年リーガ初ゴールを目指すエースFWグリーズマンの活躍に期待したいところだ。

▽一方、乾の3試合連続ゴールは実現しなかったものの、最下位ラス・パルマスに2-1で競り勝ったエイバル。ここ最近では持ち味の粘り強い守備に加え、乾やMFアレホの個人技を生かしたカウンターの精度も高まっており、今回のアトレティコ戦に向けては0-0の時間をできるだけ長くキープし、焦れて前に出てきた相手をカウンターで仕留めたいところだ。

▽前節、セルタ相手に痛恨のドローを喫したレアル・マドリー(勝ち点32)は、バルセロナとの暫定勝ち点差が「16」に開き、逆転での連覇は絶望的に。さらに、ミッドウィークのコパではベスト8進出を決めたが、格下ヌマンシア相手にホームで引き分け、公式戦2試合連続ドローとなった。ジダン監督と選手たちが緊急会合を開くなど、後半戦に向けて立て直しを図るチームは今節、6位のビジャレアル(勝ち点28)との上位対決に臨む。対戦相手のビジャレアルはチーム得点王のFWバカンブが中国に旅立ったものの、タレント揃いの好チーム。その難しい相手に対して、苦境に立たされる現チームはどんな戦いを見せるか。

▽その他では11位のヘタフェ(勝ち点23)と19位のマラガ(勝ち点11)の一戦と、3位のバレンシア(勝ち点37)や5位のセビージャ(勝ち点29)の上位陣2チームの戦いに注目したい。前節、アトレティコとのダービーに敗れたものの、途中出場で上々のパフォーマンスを見せた柴崎にはマラガ戦での先発復帰が期待される。また、17位のデポルティボ(勝ち点16)のホームに乗り込むバレンシアは連勝を、前節セビージャ・ダービーに大敗したセビージャは、18位のアラベス(勝ち点15)を相手にモンテッラ新体制で初のリーガ勝利を目指す。

《リーガエスパニョーラ第19節》

▽1/12(金)
《29:00》
ヘタフェ vs マラガ

▽1/13(土)
《21:00》
ジローナ vs ラス・パルマス
《24:15》
レアル・マドリー vs ビジャレアル
《26:30》
エイバル vs アトレティコ・マドリー
《28:45》
デポルティボ vs バレンシア

▽1/14(日)
《20:00》
レバンテ vs セルタ
《24:15》
アラベス vs セビージャ
《26:30》
エスパニョール vs ビルバオ
《28:45》
レアル・ソシエダ vs バルセロナ

▽1/15(月)
《29:00》
ベティス vs レガネス

コメント

関連ニュース

thumb

今季No1収入フットボーラーは167億円のメッシ! 124億円のCR7は2位

▽『フランス・フットボール』は23日、賃金、ボーナス、広告収入の集計結果として、2017-18シーズンの高収入選手トップ5を紹介した。 ▽1位は、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。1億2600万ユーロを稼ぎ、9400万ユーロで2位にランクインしたレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを大きく引き離した。 ▽また、昨夏に史上最高額の移籍金でバルセロナからパリ・サンジェルマンに加入したブラジル代表FWネイマールは、昨シーズンの4350万ユーロから約2倍となる8150万ユーロで3位という結果となっている。 ◆2017-18シーズンの高収入選手トップ5 1.FWリオネル・メッシ(バルセロナ) [1億2600万ユーロ(約167億2000万円)] 2.FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー) [9400万ユーロ(約124億8000万円)] 3.FWネイマール(パリ・サンジェルマン) [8150万ユーロ(約108億2000万円)] 4.MFガレス・ベイル(レアル・マドリー) [4400万ユーロ(約58億4000万円)] 5.DFジェラール・ピケ(バルセロナ) [2900万ユーロ(約38億5000万円)] 2018.04.24 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バルベルデ、今季限りでバルセロナ監督辞任か…クラブ首脳陣との関係が悪化と報道

スペインのスポーツ新聞『アス』は23日、バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、今季限りでの同クラブ退団を検討していることを報じた。<br><br>昨夏にバルセロナと1年の契約オプション付きの2年契約を結んだバルベルデ監督。しかし、来季以降もチームを率い続けることには迷いがある模様だ。<br><br>その理由は、クラブ首脳陣との関係悪化にあるという。先のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、ローマ戦で0-3の敗北を喫し、同大会敗退により三冠達成の可能性が潰えたバルセロナだが、クラブ首脳陣のバルベルデ監督への信頼は、その一件によって大きく揺らいだともされる。<br><br>スペイン『ムンド・デポルティボ』はバルセロナのCL敗退の際、もし同チームがコパ・デル・レイ決勝セビージャ戦にも敗れた場合、クラブ首脳陣がバルベルデ監督解任に動く考えがあることを報じていた。それでもバルベルデ監督率いるチームは、セビージャに5-0で勝利し、リーガ・エスパニョーラではあと勝ち点1で優勝と、二冠をほぼ手中に収めている。<br><br>だが『アス』曰く、バルベルデ監督は自身の解任の可能性も考慮したクラブ首脳陣に対する疑念を払拭できておらず、近しい人間に対して辞任を検討していることを伝えたという。<br><br>なおバルセロナの選手たちはバルベルデ監督を支持しており、今後も支え続ける意志を同指揮官に示した模様。だがしかし、バルベルデ監督の選択肢には、今季限りでの辞任も含まれてしまったようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.24 00:31 Tue
twitterfacebook
thumb

重慶力帆がイニエスタ獲得に自信! 「彼の獲得を確信」

▽中国スーパーリーグに所属する重慶当代力帆は、バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(33)の獲得自信を見せている。スペイン『スポルト』が伝えている。 ▽昨年10月にバルセロナとの生涯契約にサインしたイニエスタだが、今年に入って退団の可能性を示唆し始めた同選手は今週中にも中国移籍を発表するとみられている。 ▽そのイニエスタには中国スーパーリーグの4クラブからオファーを受け取っており、一部では天津権健が年棒3700万ユーロ(約49億円)の3年+1年間の延長オプションで合意しているとも報じていた。 ▽その中で重慶力帆のジャン・リチャン会長はイニエスタ獲得に楽観的な姿勢を見せている。 「私は我々のクラブがアンドレス・イニエスタの到着を発表できると確信している」 「彼は重慶力帆にとって大きな財産となり、クラブのブランドをより高めてくれるはずだ」 ▽なお、重慶力帆は今季の中国スーパーリーグで6位に位置しており、指揮官はポルトガル代表を率いた経験を持つパウロ・ベント監督が務めている。 2018.04.23 14:57 Mon
twitterfacebook
thumb

止まらないメッシ、9シーズン連続40ゴールを達成

▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、偉大な記録を打ち立てた。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽メッシは、21日に行われたコパ・デル・レイ決勝のセビージャ戦に先発出場。0-1で迎えた31分に、チーム2点目となるゴールを奪った。試合は0-5でバルセロナが勝利し、4連覇を達成するとともに、30回目のコパ・デル・レイ優勝を達成した。 ▽このゴールにより、今シーズンのメッシのゴール数が40に到達。内訳は、リーガエスパニョーラで29ゴール、チャンピオンズリーグで6ゴール、コパ・デル・レイで4ゴール、スーペルコパ・デ・エスパーニャで1ゴールとなっている。 ▽また、このゴールにより、2009-10シーズンから9シーズン連続でシーズン40ゴールを達成。今シーズンはリーグ戦5試合を残すのみとなっているが、果たして記録はどこまで伸びるだろうか。 ◆リオネル・メッシ歴代ゴール数 2009-10:47ゴール 2010-11:53ゴール 2011-12:72ゴール 2012-13:60ゴール 2013-14:41ゴール 2014-15:58ゴール 2015-16:41ゴール 2016-17:54ゴール 2017-18:40ゴール 2018.04.23 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

F・トーレス、バルセロナ退団濃厚のイニエスタについて「リーガ、バルサで見られないのは大きな損失」

アトレティコ・マドリーFWフェルナンド・トーレスが、今季限りでのバルセロナ退団が濃厚とされるMFアンドレス・イニエスタについて語った。<br><br>今季限りでアトレティコを退団するF・トーレス。22日のリーガ・エスパニョーラ第34節、本拠地ワンダ・メトロポリターノでのベティス戦(1&minus;1)後に会見に出席した同選手は、自身と同様に心のクラブを退団する可能性があるスペイン代表の元チームメートについて問われ、次のように述べている。<br><br>「アンドレスはまだ何も発表をしていない。でも、雰囲気的にはそういう感じだね。彼は決断を下す権利を獲得した選手だ。その決断を、誰もが尊重するだろう」<br><br>「ただアンドレスをリーガ、バルサで見られるなくなるのは、僕らスペイン人にとって大きな損失だ。彼という存在を誇らしく思っている。が、もし退団するならば、それは悲しいことだね。お互い、これまで描いてきた軌跡には満足しなければならない。でも僕たちには、まだ戦うべき試合が残っている」<br><br>スペイン代表でチームメートだったF・トーレスとイニエスタだが、F・トーレスはEURO2008決勝ドイツ戦、イニエスタは南アフリカ・ワールドカップ決勝オランダ戦で、チームを優勝に導くゴールを決めている。<br><br>提供:goal.com 2018.04.23 09:05 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース