【リーガエスパニョーラ第19節プレビュー】前半戦無敗締め狙うバルサは鬼門アノエタへ!2018.01.12 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽先週末に行われた2018年初戦となった第18節では、バルセロナとアトレティコ・マドリー、バレンシアの上位3チームが幸先良く勝利した一方、レアル・マドリー、セビージャ、ビジャレアルの第2グループ3チームがいずれも勝ち点を取りこぼす結果となった。また、エイバルのMF乾貴士、ヘタフェのMF柴崎岳はいずれも新年初出場を果たしていた。

▽前半戦最終戦となる今節では、ここまで15勝3分けの無敗を継続する首位のバルセロナ(勝ち点48)と、12位のレアル・ソシエダ(勝ち点23)の一戦に注目が集まる。バルベルデ新監督の下で開幕から進撃が続くバルセロナだが、今回の試合会場であるアノエタでは、直近のリーグ戦で7戦未勝利(5敗2分け)と極端に苦手とする鬼門中の鬼門だ。現在、2位のアトレティコに9ポイント差を付けていることを考えれば、最悪引き分けでも問題はないが、開幕からの良い流れを途切れさせないためにもアノエタでの悪いジンクスを払しょくしたいところだ。ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ5回戦2ndレグではカンプ・ノウでセルタを破り、ベスト8進出を決定。ただ、主力数名を同試合で起用しており、ややコンディション面に不安を残す。また、先日に加入が決定したMFコウチーニョは太もものケガで3週間の離脱を強いられており、デビューはお預けとなっている。

▽鬼門アノエタでのバルセロナの取りこぼしを期待しつつ、勝ち点差を縮めたい2位のアトレティコは、現在3連勝中で7戦無敗(6勝1分け)と絶好調の7位エイバル(勝ち点27)との難しいアウェイゲームに臨む。前節、再デビューを飾ったFWジエゴ・コスタの復帰弾などでヘタフェに快勝を収めたアトレティコは、ミッドウィークのコパでも格下リェイダ相手に同じく今冬加入のMFビトロの初ゴールなどで勝ち切って公式戦2連勝中だ。しかし、エイバル戦に向けてはヘタフェ戦で退場したジエゴ・コスタのほか、DFサビッチ、MFガビと3人の主力を出場停止で欠く。そのため、代役を担う控え選手の活躍と共に、新年リーガ初ゴールを目指すエースFWグリーズマンの活躍に期待したいところだ。

▽一方、乾の3試合連続ゴールは実現しなかったものの、最下位ラス・パルマスに2-1で競り勝ったエイバル。ここ最近では持ち味の粘り強い守備に加え、乾やMFアレホの個人技を生かしたカウンターの精度も高まっており、今回のアトレティコ戦に向けては0-0の時間をできるだけ長くキープし、焦れて前に出てきた相手をカウンターで仕留めたいところだ。

▽前節、セルタ相手に痛恨のドローを喫したレアル・マドリー(勝ち点32)は、バルセロナとの暫定勝ち点差が「16」に開き、逆転での連覇は絶望的に。さらに、ミッドウィークのコパではベスト8進出を決めたが、格下ヌマンシア相手にホームで引き分け、公式戦2試合連続ドローとなった。ジダン監督と選手たちが緊急会合を開くなど、後半戦に向けて立て直しを図るチームは今節、6位のビジャレアル(勝ち点28)との上位対決に臨む。対戦相手のビジャレアルはチーム得点王のFWバカンブが中国に旅立ったものの、タレント揃いの好チーム。その難しい相手に対して、苦境に立たされる現チームはどんな戦いを見せるか。

▽その他では11位のヘタフェ(勝ち点23)と19位のマラガ(勝ち点11)の一戦と、3位のバレンシア(勝ち点37)や5位のセビージャ(勝ち点29)の上位陣2チームの戦いに注目したい。前節、アトレティコとのダービーに敗れたものの、途中出場で上々のパフォーマンスを見せた柴崎にはマラガ戦での先発復帰が期待される。また、17位のデポルティボ(勝ち点16)のホームに乗り込むバレンシアは連勝を、前節セビージャ・ダービーに大敗したセビージャは、18位のアラベス(勝ち点15)を相手にモンテッラ新体制で初のリーガ勝利を目指す。

《リーガエスパニョーラ第19節》

▽1/12(金)
《29:00》
ヘタフェ vs マラガ

▽1/13(土)
《21:00》
ジローナ vs ラス・パルマス
《24:15》
レアル・マドリー vs ビジャレアル
《26:30》
エイバル vs アトレティコ・マドリー
《28:45》
デポルティボ vs バレンシア

▽1/14(日)
《20:00》
レバンテ vs セルタ
《24:15》
アラベス vs セビージャ
《26:30》
エスパニョール vs ビルバオ
《28:45》
レアル・ソシエダ vs バルセロナ

▽1/15(月)
《29:00》
ベティス vs レガネス

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナがマスチェラーノの退団を発表…7年半の在籍で18のタイトル獲得に貢献

▽バルセロナは23日、アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ(33)が、退団することを発表した。 ▽2010年8月30日にリバプールからバルセロナに加入したマスチェラーノは、当初はスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの控えだったがバルセロナのサッカーに適応できず出場機会を多くは得られなかった。 ▽しかし2010-11シーズンに、チームがセンターバックに多くの負傷者を抱えていたことからセンターバックでの起用が増えると、その後は欠かせない選手となり在籍した7年半で公式戦334試合に出場。また、2017年4月26日に行われたオサスナ戦ではPKを決めて、公式戦319試合目にして移籍後初ゴールをマークした。 ▽在籍中にはリーガエスパニョーラを4回、チャンピオンズリーグを2回、コパ・デル・レイを4回獲得するなど、18のタイトル獲得に貢献してきた。 ▽なお、バルセロナは退団するマスチェラーノのお別れ会を24日に実施すると発表。ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長をはじめ、バルセロナのトップチームに所属する選手も参加。翌25日に行われるコパ・デル・レイのエスパニョール戦で、マスチェラーノはカンプ・ノウのピッチに立ってサポーターを前に最後の挨拶を行う。 2018.01.24 08:25 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 1月24日はサッカー界に“噛み跡”を刻み続けているNo.1野生児ストライカー

◆ルイス・スアレス 【Profile】 国籍:ウルグアイ 誕生日:1987/1/24 クラブ:バルセロナ ポジション:FW 身長:181㎝ 体重:81㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、1月24日はバルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスだ。 ▽この天性のストライカーは、母国ウルグアイでプロデビューを果たした後、フローニンヘンを経てアヤックスで爆発。公式戦通算110試合81ゴールを記録し、ビッグクラブ注目の人気銘柄に。しかし、有名な“野生児”のイメージもここから始まっている。アヤックスでリーグ35ゴールを決めて得点王に輝いた年の翌シーズンである2010-11シーズン、ライバルであるPSVとの試合に出場したスアレスは、終了間際に対戦相手の左肩に噛み付く暴挙に出る。当然ながら7試合の出場停止という重い処分が下ったが、評価には影響を与えず。直後である2011年冬にプレミアリーグの強豪・リバプールへと羽ばたくこととなった。 ▽さほど汚名が尾を引くことなく移籍を完了させたスアレスは、リバプールでも抜群の決定力とポテンシャルを発揮。加入直後から出色の活躍を披露し、通算では公式戦110試合69ゴールをマークした。しかしその派手な活躍の裏で、スアレスは違った話題も提供。2011-12シーズンのマンチェスター・ユナイテッド戦でDFパトリス・エブラに対する人種差別行為で8試合出場停止処分を下されれば、翌2012-13シーズンにはチェルシー戦で自身2度目となる噛み付きをDFブラニスラフ・イバノビッチにお見舞いして10試合の出場停止処分を受けた。 ▽さらにスアレスは、代表レベルでも多々悪癖を露呈。2010年南アフリカW杯準々決勝ガーナ戦では、延長戦後半終了間際に相手の決定的なシュートをハンドで阻止。当然ながらレッドカードを受けて退場したものの、その後のPKを相手選手が外し、挙句の果てにはPK戦までもつれ込んでウルグアイ代表が勝利を手にした。そして2014年ブラジルW杯では、GLイタリア戦でDFジョルジュ・キエッリーニにお馴染みの噛み付き攻撃。自身の歯を抑えて痛がるジェスチャーをしたスアレスだったが、情状酌量はされず4カ月間のサッカー活動禁止処分を受けた。 ▽それでもピッチ上では圧倒的パフォーマンスをみせるスアレスは、ブラジルW杯後にバルセロナに移籍。真偽の程は定かではないが、契約に“噛み付き禁止条項”なるものが盛り込まれたとも噂されており、現在ではその悪癖は鳴りを潜めている。 ※誕生日が同じ主な著名人 キ・ソンヨン(サッカー選手/スウォンジー) ギド・ブッフバルト(サッカー指導者/元浦和レッズ) 明神智和(サッカー選手/AC長野パルセイロ) 杉山浩太(元サッカー選手/清水エスパルス) ジュディ・オング(歌手) 樋口豊(ベーシスト/BUCK-TICK) 渡辺正行(タレント) 入江陵介(水泳選手) 阿部真央(歌手) 2018.01.24 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル加入のラフィーニャ「歴史的なクラブに来た」

▽バルセロナからインテルへのレンタル移籍が決まったMFラフィーニャが、自身のSNSで意気込みを語った。 ▽インテルは22日、ラフィーニャの加入がバルセロナと合意に達したと発表。完全移籍オプションは3500万ユーロ(約47億円)+出来高300万ユーロ(約4億円)と発表された。 ▽ラフィーニャは自身のインスタグラムにインテルのユニフォームを持った写真を掲載。「僕のキャリアの新しい挑戦がスタートだ。歴史的なクラブに来るのは子どものころから願ってきたことで、モチベーションにあふれている。言葉を行動に変える準備はできているよ」と記した。 ▽また、クラブの公式テレビでは、ピッチでの目標についても話している。「できるだけ多くの試合でプレーして、チャンピオンズリーグ出場権獲得というチームの目標達成に貢献したい。右でも左でも、複数のポジションをこなせるよ」とアピールした。 2018.01.24 02:39 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシに脱帽するホアキン「もはや彼を表現する言葉が見つからない」

ベティスMFホアキン・サンチェスが、バルセロナFWリオネル・メッシを絶賛している。<br><br>バルセロナは20日のリーガエスパニョーラ第20節でベティスに5-0と大勝した。メッシはこの試合で2得点1アシストを記録している。<br><br>終盤にはベティスの選手4人に囲まれながらドリブルで突破したメッシに、ベティスの本拠地ベニト・ビジャマリンの観衆はスタンディングオベーションで拍手喝采を浴びせた。ホアキンは敗れた後、メッシについて次のように話した。<br><br>「もはや、メッシを表現する言葉が見つからないよ。負ける可能性は常にあるわけだけど、僕たちはたった10分ですべてを台無しにしてしまった。集中力を欠けば、バルセロナのようなチームは簡単に5点くらい取ってしまう」<br><br>「僕たちの調子は良かった。でも、起こり得ることだ。バルセロナは最小限の力で試合を決めてしまう。高い位置からプレスを掛けても、彼らのようにポゼッションできなければ...。10分で片が付いてしまうよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.24 02:22 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャ、A・ビダル獲得が困難に...移籍金16億円の要求に応えられず

セビージャは、今冬のバルセロナMFアレイシス・ビダル獲得を断念することになりそうだ。<br><br>A・ビダルは2015年夏に固定額1800万ユーロ(約24億円)+ボーナス400万ユーロ(約5億円)の移籍金でセビージャからバルセロナに移籍した。だが今季エルネスト・バルベルデ監督の下で定位置を確保できておらず、1月に退団するのではないかと噂されていた。<br><br>そのA・ビダルに、セビージャが関心を寄せた。セビージャは今季終了時までのレンタルに買い取りオプションを付けての同選手獲得を希望。セビージャがチャンピオンズリーグ出場権を獲得した場合、600万ユーロ(約8億円)+ボーナス200万ユーロ(約2億円)の買い取りOPを行使する考えだった。<br><br>だがバルセロナは、1200万ユーロ(約16億円)+ボーナス300万ユーロ(約4億円)でのA・ビダル売却を望んでいた。セビージャのオファーに納得できず、交渉はほぼ決裂したものとみられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 23:35 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース