セビージャFWラッソがオサスナへレンタル移籍2018.01.11 02:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ2部のオサスナは10日、セビージャのスペイン人FWボルハ・ラッソ(24)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。

▽セビージャのカンテラ出身で左ウイングを主戦場とするラッソは、これまでセビージャのBチームであるセビージャ・アトレティコで公式戦111試合に出場して10ゴール11アシストを記録。2016年11月にトップチームデビューを飾り、これまで5試合に出場。今季の開幕戦でリーガデビューを飾ったが、それ以降リーガで出場機会を得ることはできずにいた。

▽移籍先のオサスナは現在リーガ2部で8位に付け、昇格プレーオフに回れる6位のグラナダとは2ポイント差としている。

コメント

関連ニュース

thumb

インテルの10番はイングランド行き? それともスペイン?

▽インテルのポルトガル代表MFジョアン・マリオ(25)は、イングランドではなくスペインへ向かうかもしれない。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ユーロ2016の優勝メンバーでもあったジョアン・マリオは、スポルティング・リスボンから2016年夏に4000万ユーロ(約54億1500万円)の移籍金でインテルへと加入。しかし、セリエAではインパクトを残せていない。 ▽そんなジョアン・マリオに対し、ウェストハムがオファー。そこに、セビージャも参戦したようだ。ウェストハムは、半年間のレンタル移籍を希望しており、150万ユーロ(約2億円)のオファーを提示。しかし、ジョアン・マリオはセビージャ行きを望む可能性があるようだ。 ▽ジョアン・マリオは2016-17シーズンはセリエAで30試合に出場し3ゴール5アシストを記録。今シーズンはここまでセリエAで14試合に出場し5アシストを記録している。果たして、冬の移籍は実現するのだろうか。 2018.01.20 19:42 Sat
twitterfacebook
thumb

バチュアイのセビージャ移籍はキャロル次第?チェルシーは代役確保まで放出を保留か

チェルシーに所属するベルギー代表FWミヒー・バチュアイのセビージャへのレンタル移籍は、ウェスト・ハムFWアンディ・キャロルの獲得が決定するまでは保留されるようだ。<br><br>セビージャとチェルシーは、移籍金150万ユーロ(約2億円)とセビージャ側がバチュアイの給料を一部負担することでレンタル移籍について仮合意している。<br><br>しかし、チェルシーはキャロルの獲得が正式に決定するまではバチュアイを手放したくないようだ。レンタルでのキャロル獲得をウェスト・ハムに拒否されたチェルシーは、完全移籍での獲得に切り替えているが、いまだ合意には至っていない。<br><br>セビージャはバチュアイの移籍が実現しなかった場合に備え、エバートンのサンドロ・ラミレスや、ダニエル・スタリッジにも興味を抱いているようだが、あくまでも第一希望はバチュアイと見られている。<br><br>バチュアイ自身も、ロシア・ワールドカップにベルギー代表として出場するために、プレー機会を求めてセビージャへのレンタルを望んでいる。キャロルの去就がこのベルギー出身FWの今後を大きく左右しそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 13:03 Thu
twitterfacebook
thumb

D・コスタ弾で先制もアトレティコがホームでセビージャに先勝を許す… バレンシアも先勝!《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ準々決勝1stレグのアトレティコ・マドリーvsセビージャが17日に行われ、1-2でセビージャが先勝した。 ▽5回戦で3部所属のリェイダに大勝(AGG:7-0)したアトレティコが、2部所属のカディスに快勝(AGG:4-1)したセビージャをホームに迎えた1stレグ。直近のリーグ戦でエイバルに辛勝したアトレティコは、その試合からスタメンを6人変更。ガメイロやアンヘル・コレア、トーマス、GKオブラクらに代えて古巣対決となるビトロやジエゴ・コスタ、ガビ、GKモジャらをスタメンで起用した。 ▽一方、直近のリーグ戦で降格圏に沈むアラベスに惜敗したセビージャは、その試合からスタメンを7人変更。イェデルやノリート、ヘスス・ナバス、ケアーらに代えてムリエル、フランコ・バスケス、エンゾンジ、ホアキン・コレアらをスタメンで起用した。 ▽2009-10シーズンの決勝で優勝を争った両者の一戦は、立ち上がりから一進一退の攻防が続く。すると10分、セビージャはフランコ・バスケスからの横パスをボックス手前で受けたサラビアが反転からふらりと浮かせたシュートでゴール右隅を狙ったが、これはわずかに右へ外れた。 ▽ピンチを凌いだアトレティコの反撃は13分、コケの右CKをジエゴ・コスタがヘディングで流し込むも、主審はポジション争いでファウルの判定を下しゴールは取り消された。19分には、中盤で獲得したFKからガビがボックス内へロングパスを供給すると、ボックス左のリュカが頭で折り返し、最後はジエゴ・コスタが頭で合わせたが、これはGKセルヒオ・リコの好守に阻まれた。 ▽セビージャは27分、自陣でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、右サイドを持ち上がったサラビアのラストパスをボックス右で受けたJ・コレアがシュート。さらに41分には、エスクデロがバイタルエリア手前からロングシュートでゴール左上を狙ったが、共にシュートはGKモジャのセーブに防がれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、アトレティコはビトロを下げてA・コレアを投入する。膠着状態が続く中、アトレティコは68分にもグリーズマンを下げてカラスコをピッチに送り出した。 ▽すると73分、右サイド深くで獲得したFKからコケがクロスを供給すると、相手DFのクリアをボックス手前で拾ったカラスコがシュート。これは相手DFに阻まれるもこぼれ球をボックス左のジエゴ・コスタがダイレクトでゴール右隅に流し込み、アトレティコが先制した。 ▽先制を許したセビージャは75分、フランコ・バスケスを下げてヘスス・ナバスを投入。すると80分、右サイドから仕掛けたヘスス・ナバスがクロスを上げると、ブロックに入ったリュカに当たったボールがゴールに向かう。これにGKモジャは反応し切れず、弾いたボールはそのままゴールに吸い込まれた。 ▽勝ち越しを狙うアトレティコは、83分にコケを下げてトーレスを投入。対するセビージャは、84分にムリエルを下げてイェデルを投入した。すると、この交代が功を奏したのはセビージャ。 ▽88分、相手のクリアボールを中盤でバネガが前線に繋ぐと、前線のイェデルが頭で流しボールに反応したJ・コレアがゴール前まで持ち込み右足アウトサイドでボールを流し込んだ。結局、このゴールが決勝点となり、セビージャが敵地で先勝を飾った。 ▽また、同時刻開催となったもう一試合のバレンシアvsアラベスは、2-1でバレンシアが勝利した。試合が動いたのは、ゴールレスで向かえた後半。66分、バイタルエリア中央手前でボールを受けたソブリーノが豪快に右足を振り抜くと、このシュートがゴール左に突き刺さり、アラベスが先制した。 ▽先制を許したバレンシアは、71分にビエットに代えてサンティ・ミナを投入。すると73分、ボックス右付近でパスを受けたゴンサロ・ゲデスがクロスと見せかけ直接ゴールを狙うと、GKシヴェラの弾いたボールがそのままゴールに吸い込まれた。 ▽振り出しに戻った一戦は、77分に動きを見せる。右サイドから仕掛けたゴンサロ・ゲデスを倒したアドリアン・ディエゲスにこの試合2枚目のイエローカードが提示され退場となる。 ▽数的優位となったバレンシアは82分、サンティ・ミナのスルーパスをボックス左で受けたロドリゴ・モレノが左足のダイレクトシュートをニアサイドに突き刺し、勝ち越しに成功した。結局、試合はそのまま2-1で終了。逆転勝利のバレンシアがホームで先勝を飾った。 2018.01.18 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコを破ったセビージャ、モンテッラは「思っていた以上にリスクを冒した」

セビージャは17日のコパ・デル・レイ準々決勝第1戦、敵地ワンダ・メトロポリターノでアトレティコ・マドリーと対戦して2-1と勝利した。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、勝利に喜びをあらわにしている。<br><br>相手FWジエゴ・コスタに先制ゴールを許したセビージャだが、オウンゴールを誘発して追い付くと、88分にFWホアキン・コレアが決勝点を挙げてアトレティコに先勝している。<br><br>アトレティコは今季からホームスタジアムを前本拠地ビセンテ・カルデロンからメトロポリターノに移行した。これまでエルチェ、レアル・ソシエダ、アラベス、ジェイダ、ヘタフェ、ビジャレアル、バルセロナ、レアル・マドリーを相手に負けなしだったが、スペインのチームで初めてセビージャがメトロポリターノでの勝利を手にした。<br><br>モンテッラ監督は試合後、「この勝利は我々に自信を与えてくれる」と述べ、次のように続けている。<br><br>「難しいスタジアムの試合で、困難が予想された。私が思っていた以上のリスクを、チーム全体でとった。セビージャには時間が必要だ。監督交代がある時は、常にコンセプトが変わるものだからね」<br><br>「これは働き続ける上で指標となるベースだ。しかし、(ホームでの)次の試合は簡単なものにはならないだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 00:19 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ、モンテッラ体制後リーガ2連敗で5戦勝利なし《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは14日、リーガエスパニョーラ第19節でアラベスとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽前節ベティスとのセビージャ・ダービーを3-5と敗れた5位セビージャ(勝ち点29)は、モンテッラ体制下でのリーガ初勝利を目指す中、3日前に行われ2-1で勝利したコパ・デル・レイ5回戦2ndレグのカディス戦のスタメンから4選手を変更。エンゾンジやコレア、サラビア、コルシアがベンチスタートとなってヘスス・ナバスやノリート、ピサーロ、ケアーがスタメンとなった。 ▽18位アラベス(勝ち点15)に対し、[4-2-3-1]を採用したセビージャは1トップにイェデル、2列目に右からヘスス・ナバス、バネガ、ノリートを据えた。そのセビージャは4分にバネガが左足ミドルでゴールに迫ったが、その後は自陣に引くアラベスを崩せず苦戦が続く。 ▽全くシュートシーンを作れないセビージャは、前半半ばから終盤にかけてはアラベスにやや押し込まれると、43分にはグイデッティにボックス左から決定的なシュートを浴びてしまった中、前半を0-0で終えた。 ▽迎えた後半、良い流れで前半を終えていたアラベスが52分に先制する。CKの流れからムニルの浮き球パスをボックス左のマヌ・ガルシアが正確なトラップで処理し、シュートをゴール右に流し込んだ。 ▽失点を受けてガイスを下げ、サラビアを投入したセビージャが圧力をかける流れとなるも、やはりチャンスを作れず73分にはヘスス・ナバスに代えてムリエルを投入した。 ▽すると81分にようやく決定機。メルカドの右サイドからのクロスにノリートが左足でプッシュ。しかし、わずかに枠の右に外れた。そして83分にはドゥアルテに2枚目のイエローカードが提示されて退場となり、数的優位となったセビージャだったが、イェデルの直接FKはわずかに枠を外れ、0-1のままタイムアップ。モンテッラ体制後リーガ2連敗となって、5戦勝利から見放されている。 2018.01.15 02:36 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース