【ブンデス第18節プレビュー】後半戦スタート! 金曜にレバークーゼンvsバイエルン開催2018.01.12 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017年最終戦となった前半戦ラストマッチでは首位バイエルンが勝利した一方で2位シャルケが引き分け、両チームの勝ち点差は「11」に広がった。前半戦を終えた段階で優勝争いがほぼ決した中、チャンピオンズリーグ出場権争いは大混戦となっている。シュティーガー体制となって2連勝とした3位ドルトムント、4位レバークーゼン、5位ライプツィヒ、6位ボルシアMGの4チームが勝ち点28で並んでいる状況だ。迎える後半戦のスタートとなる第18節では、金曜日にレバークーゼンvsバイエルンの好カードが開催される。

▽前節シュツットガルト戦を途中出場のミュラー弾で1-0と辛勝して4連勝とした首位バイエルン(勝ち点41)は、レヴァンドフスキがヒザ痛の影響により欠場が濃厚とのことだ。前半戦のMVP的存在であるエースを欠く中、代役にはこの冬ホッフェンハイムから獲得し、10年ぶりに古巣復帰となったワグナーが先発予想となっている。早速得たチャンスをワグナーが生かせるかにも注目だ。

▽一方、打ち合いとなった前節ハノーファー戦を4-4で引き分け、12試合負けなしとした4位レバークーゼン(勝ち点28)は、ケガ人はおらずベストメンバーで臨める状況だ。ウインターブレイク前の好調なチーム状態を王者相手にも見せ付けることを期待したい。

▽後半戦スタートとなる今節、5位ライプツィヒ(勝ち点28)と2位シャルケ(勝ち点30)による上位対決も注目だ。ライプツィヒは前節10人となったヘルタ・ベルリンに2-3と敗戦。なかなか波に乗れないシーズンを過ごしているが、冬でのN・ケイタ流出を否定し、後半戦での巻き返しを狙う。引き続きフォルスベリが負傷により欠場が続くが、好調な相手を下して上位に留まりたい。

▽対するシャルケは前節フランクフルト戦をナウドのラストプレー弾で2-2と引き分けに持ち込み、11試合負けなしとした。この冬、ユベントスから獲得したピアツァが早速スタメン予想となっているが、活躍となるか。CL出場権争いで優位に立つためにもライプツィヒには負けられない。

▽香川のPK獲得と決勝アシストで2017年を2連勝締めとした3位ドルトムント(勝ち点28)は、12位ヴォルフスブルク(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。ウインターブレイク中に復帰したゲッツェとピシュチェクが先発予想で、選手層に厚みを増している中、香川も先発予想となっている。ケガ明けの選手たちと共に、シュティーガー体制となって復調している香川のプレーに注目したい。

▽今節の日本人対決ではシュツットガルトvsヘルタ・ベルリンが開催される。得意のホームでバイエルンに善戦しながらも0-1と惜敗して4連敗となった14位シュツットガルト(勝ち点17)は、8年半ぶりに復帰となったゴメスが先発予想。浅野もスタメン予想となっており、ゴメスとの共演に注目だ。一方、移籍先を模索している原口は引き続きベンチ外が濃厚となっている。

▽背中の負傷が癒え、5試合ぶりに先発した武藤の15位マインツ(勝ち点17)は、11位ハノーファー(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。スタメン予想となっている武藤としてはゴールに絡む活躍を見せてチームを降格圏から引き離したい。この冬獲得したデ・ヨングのいぶし銀のプレーにも注目したい。

▽その他、3試合ぶりに先発となった酒井高が引き続きスタメン予想の17位ハンブルガーSV(勝ち点15)は、アウグスブルク(勝ち点24)とのアウェイ戦に臨み、風邪で欠場が続いていたもののスタメン予想となっている長谷部の8位フランクフルト(勝ち点26)は、13位フライブルク(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。そして、肺炎にかかった大迫の最下位ケルン(勝ち点6)のは6位ボルシアMG(勝ち点28)とのホーム戦に臨む。なお、すでに肺炎が癒えている大迫だが欠場予想となっている。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照

◆ブンデスリーガ第18節
▽1/12(金)
《28:30》
レバークーゼン vs バイエルン

▽1/13(土)
《23:30》
シュツットガルト vs ヘルタ・ベルリン
ハノーファー vs マインツ
ブレーメン vs ホッフェンハイム
フランクフルト vs フライブルク
アウグスブルク vs ハンブルガーSV
《26:30》
ライプツィヒ vs シャルケ

▽1/14(日)
《23:30》
ケルン vs ボルシアMG
《26:00》
ドルトムント vs ヴォルフスブルク

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウドを警戒するバイエルン...ボアテングは「彼より完全なFWは存在しない」

バイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに警戒心を示している。<br><br>バイエルンはチャンピオンズリーグ準決勝でレアル・マドリーと対戦。第1戦は現t時間25日にバイエルンの本拠地アリアンツ・アレナで行われるが、バイエルンが注視すべきはC・ロナウドだろう。C・ロナウドは今季公式戦34試合で42得点を挙げており、マドリーの得点源となっている。<br><br>ボアテングはドイツ『キッカー』で「クリスティアーノ・ロナウドより完全なFWは存在しないよ。右足、左足、頭...。どんな形でもゴールを奪える。彼はまるで機械のようだ」と語り、マドリーのエースを称賛した。バイエルンとしては、チームとしてC・ロナウドを止められるかが鍵を握りそうだ。<br><br>一方、マドリーとバイエルンでプレーした経験があるシャビ・アロンソ氏は次のように話している。スペイン『アス』がコメントを伝えた。<br><br>「レアル・マドリーは少しのチャンスでゴールを取ってしまう。特に、クリスティアーノだ。彼は素晴らしい状態にある。だがバイエルンはホームで緊張感の高い試合をする。1試合目が重要になるだろうね。マドリーはそこで苦しむことになる」<br><br>提供:goal.com 2018.04.24 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

“マドリーキラー”が集中! 「優勝候補だからといって僕らに勝てるわけじゃない」

▽バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、レアル・マドリーとの対戦について語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽バイエルンは、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝で25日にマドリーをホームに迎える。クラブの得点源であり、今シーズンもここまで公式戦43試合39ゴールを記録しているレヴァンドフスキは、マドリーのミスを見逃さないことが必須だと考えているようだ。 「チャンピオンズリーグを連覇したし、明らかに優勝候補だ。でも、だからといってそれが僕らを倒せるという意味にはならないよ」 「最近の試合では、僕らは良い状態であることを示していると思う。今こそ、レアル・マドリーのことを考える時なんだ」 「僕らは完璧に集中しなくてはならない。もしレアル・マドリーがミスを犯したら、その問題を利用しなければならない」 「今年は彼(クリスティアーノ・ロナウド)が得点しないことを願っている。でも、マドリーはロナウドだけじゃないんだ」 ▽レヴァンドフスキは、ドルトムント所属当時の2013-14シーズンにCL準決勝でマドリーと対戦し、1stレグで4ゴールを決めた。マドリディスタの脳裏にその時の姿が焼き付いていることは間違いなく、今回の対戦でも厳しいマークに晒されることは予想に難くない。王者マドリーを悪夢に誘い、敗退に追い込むことはできるのだろうか。 2018.04.24 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ジダンに一発食らわせろ! 燃える復讐者ハメス・ロドリゲス

▽バイエルンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、レアル・マドリーにリベンジを果たすことができるのだろうか。スペイン『マルカ』が注目している。 ▽ハメス・ロドリゲスは、2014年夏にマドリーに移籍。10番を背負い、在籍3シーズンで公式戦111試合36ゴール41アシストと上々の成績を残したが、2016年1月から指揮官に就任したジネディーヌ・ジダン監督の信頼を勝ち取ることはできず。スペイン代表MFイスコらとのポジション争いに敗れ、今シーズンから2年間のレンタルでバイエルンに放出となった。 ▽バイエルンでのハメス・ロドリゲスは、幾度か負傷離脱に泣かされたものの公式戦34試合6ゴール12アシストを記録。クラブの高評価を得ており、4200万ユーロ(約55億8000万円)に設定されている買取オプションが行使される見込みだと、各紙に伝えられている。 ▽しかし、セビージャを下してチャンピオンズリーグ準決勝に進出したバイエルンは、連覇中の王者マドリーと激突。現所属クラブで幸せを得ているハメス・ロドリゲスに、またしても白い巨人が立ちはだかった。 ▽この組み合わせに関して、ハメス・ロドリゲスは「レアル・マドリーは全てのポジションに偉大な選手が揃っている」と警戒。しかしながら、今回の対戦は自らを退団に追いやる当事者となったジダン監督をノックアウトするチャンスであり、重要な役目を果たすに違いない、と『マルカ』は予測している。 ▽バイエルンとマドリーが対戦するCL準決勝1stレグは、25日27時45分にアリアンツ・アレナでキックオフを迎える。 2018.04.24 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンゼマに辛辣なマカーイ氏「いろいろしてるらしいが、ソファーから見る限りゴールは決めてない」

元オランダ代表FWロイ・マカーイ氏が、古巣バイエルンとチャンピオンズリーグ準決勝で対戦するレアル・マドリーについてコメントした。<br><br>現在フェイエノールトで、下部組織の監督及びトップチームのFWコーチを務めているマカーイ氏。スペイン『アス』とのインタビューに応じた同氏は、バイエルンとレアル・マドリーのどちらが強いかとの問いに対して、次のようにコメントしている。<br><br>「突破の確率は50%ずつだね。マドリーはリーガで強さを発揮し、バイエルンはすべてで強さを示している。バイエルンはとても万能で、ハインケスは中盤で6~7選手を起用できる。ジダンのマドリーもそうだけど」<br><br>その一方でマカーイ氏は、今季公式戦9得点とゴール欠乏症に悩まされるFWカリム・ベンゼマについて、辛辣な意見を述べる。「ベンゼマのことはどう思いますか?」との質問に「私にとって最高のストライカーはレヴァンドフスキだ」と答え、こう続けた。<br><br>「レヴァンドフスキはゴールを決め、チームのプレーを活性化させ、アシストも記録している&hellip;&hellip;。ドルトムントで重要な存在だったし、バイエルンでもそうだ。マドリーが実際に彼に興味を示しているとしても、驚きはないね」<br><br>「ベンゼマ? 彼は重要な存在だった。けれども、過去数年のようなレベルにはない。今季、一体何点決めたんだ? ほんのちょっとだ。ストライカーにとって最も重要な仕事は、ゴールを決めることじゃないのか。マドリーが幸運だったのは、それができる選手、クリスティアーノがいることだ。一方ベンゼマはこの2~3年間、以前のようなレベルにない」<br><br>「ジダンはゴール以外の様々なことをしていると、ベンゼマを擁護しています」との問いに対しては、このように返答する。<br><br>「自分はソファーから意見を言うだけだ。しかし、テレビで見ている限り、ゴールは少ししか決めていない」<br><br>マカーイ氏はまた、自身が所属していた頃のバイエルンを仕切っていたのがオリバー・カーン氏であった語り、その姿をDFセルヒオ・ラモスと重ねている。<br><br>「カーンは勝者だった。素晴らしいキャプテンだったよ。練習の姿勢が試合と変わらず、ほかの選手の面倒も見ていた&hellip;&hellip;。すべてを勝ち取ることを望み、凄まじい影響力があったんだ。今はラモスのことも同じように見ている。クリスティアーノもいつだって勝利を望んでいる。が、セルヒオ・ラモスはセルヒオ・ラモスってことだ」<br><br>「私がスペインにいた頃の彼は、セビージャでプレーし始めたばかりの若造だった。それがマドリーのキャプテンにまで上り詰めたのならば、何かを持っていたということだろう」<br><br>提供:goal.com 2018.04.24 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ノイアー、約7カ月ぶりに全体練習へ参加…部分合流もハインケスは「回復具合にはとても満足している」

▽バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは20日、約7カ月ぶりにチーム練習へ参加したようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽“世界最高GK"として名高いノイアーは、昨年9月18日のトレーニング中に中足骨を骨折した。そんな中、自身の32歳の誕生日である3月27日に負傷して以来初めて練習場に復帰して、リハビリトレーナーの付き添いの下で、10分間のジョギングを2度実施。今月5日にはキーパー練習を行い、負傷して以来初めてボールを使ったトレーニングを開始していた。 ▽今回伝えられるところによると、ノイアーはチームトレーニングに部分合流。指揮官のユップ・ハインケス監督は「彼の回復具合にはとても満足している」とコメントした。ノイアー自身も「ゆっくりとGK練習を行っていく」と慎重な姿勢を見せた。 2018.04.21 10:25 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース