【ブンデス第18節プレビュー】後半戦スタート! 金曜にレバークーゼンvsバイエルン開催2018.01.12 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017年最終戦となった前半戦ラストマッチでは首位バイエルンが勝利した一方で2位シャルケが引き分け、両チームの勝ち点差は「11」に広がった。前半戦を終えた段階で優勝争いがほぼ決した中、チャンピオンズリーグ出場権争いは大混戦となっている。シュティーガー体制となって2連勝とした3位ドルトムント、4位レバークーゼン、5位ライプツィヒ、6位ボルシアMGの4チームが勝ち点28で並んでいる状況だ。迎える後半戦のスタートとなる第18節では、金曜日にレバークーゼンvsバイエルンの好カードが開催される。

▽前節シュツットガルト戦を途中出場のミュラー弾で1-0と辛勝して4連勝とした首位バイエルン(勝ち点41)は、レヴァンドフスキがヒザ痛の影響により欠場が濃厚とのことだ。前半戦のMVP的存在であるエースを欠く中、代役にはこの冬ホッフェンハイムから獲得し、10年ぶりに古巣復帰となったワグナーが先発予想となっている。早速得たチャンスをワグナーが生かせるかにも注目だ。

▽一方、打ち合いとなった前節ハノーファー戦を4-4で引き分け、12試合負けなしとした4位レバークーゼン(勝ち点28)は、ケガ人はおらずベストメンバーで臨める状況だ。ウインターブレイク前の好調なチーム状態を王者相手にも見せ付けることを期待したい。

▽後半戦スタートとなる今節、5位ライプツィヒ(勝ち点28)と2位シャルケ(勝ち点30)による上位対決も注目だ。ライプツィヒは前節10人となったヘルタ・ベルリンに2-3と敗戦。なかなか波に乗れないシーズンを過ごしているが、冬でのN・ケイタ流出を否定し、後半戦での巻き返しを狙う。引き続きフォルスベリが負傷により欠場が続くが、好調な相手を下して上位に留まりたい。

▽対するシャルケは前節フランクフルト戦をナウドのラストプレー弾で2-2と引き分けに持ち込み、11試合負けなしとした。この冬、ユベントスから獲得したピアツァが早速スタメン予想となっているが、活躍となるか。CL出場権争いで優位に立つためにもライプツィヒには負けられない。

▽香川のPK獲得と決勝アシストで2017年を2連勝締めとした3位ドルトムント(勝ち点28)は、12位ヴォルフスブルク(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。ウインターブレイク中に復帰したゲッツェとピシュチェクが先発予想で、選手層に厚みを増している中、香川も先発予想となっている。ケガ明けの選手たちと共に、シュティーガー体制となって復調している香川のプレーに注目したい。

▽今節の日本人対決ではシュツットガルトvsヘルタ・ベルリンが開催される。得意のホームでバイエルンに善戦しながらも0-1と惜敗して4連敗となった14位シュツットガルト(勝ち点17)は、8年半ぶりに復帰となったゴメスが先発予想。浅野もスタメン予想となっており、ゴメスとの共演に注目だ。一方、移籍先を模索している原口は引き続きベンチ外が濃厚となっている。

▽背中の負傷が癒え、5試合ぶりに先発した武藤の15位マインツ(勝ち点17)は、11位ハノーファー(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。スタメン予想となっている武藤としてはゴールに絡む活躍を見せてチームを降格圏から引き離したい。この冬獲得したデ・ヨングのいぶし銀のプレーにも注目したい。

▽その他、3試合ぶりに先発となった酒井高が引き続きスタメン予想の17位ハンブルガーSV(勝ち点15)は、アウグスブルク(勝ち点24)とのアウェイ戦に臨み、風邪で欠場が続いていたもののスタメン予想となっている長谷部の8位フランクフルト(勝ち点26)は、13位フライブルク(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。そして、肺炎にかかった大迫の最下位ケルン(勝ち点6)のは6位ボルシアMG(勝ち点28)とのホーム戦に臨む。なお、すでに肺炎が癒えている大迫だが欠場予想となっている。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照

◆ブンデスリーガ第18節
▽1/12(金)
《28:30》
レバークーゼン vs バイエルン

▽1/13(土)
《23:30》
シュツットガルト vs ヘルタ・ベルリン
ハノーファー vs マインツ
ブレーメン vs ホッフェンハイム
フランクフルト vs フライブルク
アウグスブルク vs ハンブルガーSV
《26:30》
ライプツィヒ vs シャルケ

▽1/14(日)
《23:30》
ケルン vs ボルシアMG
《26:00》
ドルトムント vs ヴォルフスブルク

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン、フランス代表DFパヴァール獲得間近か…ロシアW杯優勝に大きく貢献

バイエルンはシュツットガルトに所属するフランス代表DFバンジャマン・パヴァール獲得に迫っているようだ。ドイツ『SWRスポーツ』が報じた。<br><br>パヴァールはフランス代表の一員としてロシア・ワールドカップに参加。当初はバックアッパーと見られていたが、右サイドバックとして6試合に出場するなど躍進に貢献し、優勝の立役者の一人となった。大会前からバイエルンはパヴァールに興味を示していると報じられていたが、ついに獲得に至ったという。<br><br>同メディアによると、パヴァールはW杯期間中に2019年夏から加入することで、バイエルンと合意に至ったようだ。さらに、バイエルンとシュツットガルトは交渉を続けており、来夏の加入を今夏からにできないか進めていると伝えられる。<br><br>一方で、ドイツ『スカイ』は、まだ契約には至っていないと報じ、その要因としてパヴァールが出場機会を確保できるかを懸念していることが挙げられた。<br><br>なお、19日の記者会見でバイエルンのニコ・コバチ監督がパヴァールのうわさについて言及。直接的に何かを断定するような言葉は避けている。<br><br>「パヴァールに関して私は何も言えない。ブラッツォ(ハサン・サリハミジッチSD)に聞いてくれ。ただ、彼はとても良い選手で、W杯でそれを証明した。ただ、我々には22人の選手がいて、全員がプレーしたいと思っている。だから今は他の選手について話す必要はない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン新指揮官、ハメスの残留を明言「2019年までのレンタルだ」

バイエルンのニコ・コバチ監督が、記者会見でコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは新シーズンもバイエルンでプレーすることになると認めている。<br><br>ハメスは昨夏、レアル・マドリーから2年のレンタルで加入。バイエルン側に買い取りオプションも付随した状態でチームに加わった。しかし今夏、古巣レアルのジネディーヌ・ジダン監督、クリスティアーノ・ロナウドが去ったため、再び重要な役割を担うことが可能と考え、復帰を望んでいると、スペイン紙『マルカ』によって伝えられた。一方で、ドイツ『シュポルト1』では、今季の残留を決めたとも報じられ、情報が錯綜している状態だ。<br><br>そんな中、コバチ監督はハメスの去就に言及。少なくとも新シーズンはバイエルンの選手として迎えると話す。<br><br>「ハメスは2019年までのレンタルだ。それ以降も彼を残したいのなら決めないといけない。しかし、まだ話し合いはない。新シーズンも彼はバイエルンでプレーするよ」<br><br>なお、バイエルンはコバチ監督の初陣としてトーマス・トゥヘル率いるパリ・サンジェルマンとICC(インターナショナル・チャンピオンズカップ)で21日に対戦する。<br><br>提供:goal.com 2018.07.20 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、補強6人目はバイエルンFWコマンか

▽アーセナルが、バイエルンに所属するフランス代表FWキングスレイ・コマン(22)獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽ウナイ・エメリ新体制を迎えるアーセナルはこれまで、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナー、ドイツ代表GKベルント・レノ、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイ、U-20フランス代表MFマッテオ・グエンドウジと次々と新戦力を獲得している。そんなガナーズが次なる補強に向けて注目しているのが、コマンだという。 ▽2017年にユベントスからバイエルンに完全移籍したコマンは、2017-18シーズンで公式戦33試合7ゴール8アシストを記録。アーセナルはそんな同選手獲得に向けて4400万ポンド(約64億円)を準備しているとのこと。 ▽同選手の補強については、アーセナルサポーターたちが運営するYouTubeチャンネル「Arsenal Fan TV」でも支持されており、同チャンネルの創設者であるロビーライル氏は、「アーセナルにとって完璧な選手だと」評価されているようだ。 2018.07.19 10:48 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー復帰により現実味? バイエルン、ハメス後釜探しへ

▽バイエルンが、既にコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)の後釜探しの準備を始めているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽今夏、レアル・マドリーへのレンタルバックが噂されているハメス。バイエルンは、昨年の夏に買取オプション付きのレンタルで同選手と2年契約しているため、マドリーの動向に関わらず残留、完全移籍させることができる。しかし、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは選手本人の意向を尊重する方針を示しており、マドリー復帰が現実味を帯びていた。 ▽伝えられているところでは、バイエルンが昨シーズンの公式戦39試合8ゴール14アシストの成績を残したハメスが退団した場合に備え、近い能力を持った選手を既に探しているという。今夏はこれまで、FWドグラス・コスタを移籍金4000万ユーロ(現在のレートで約52億6000万円)でユベントスに売却し、MFレオン・ゴレツカをシャルケからフリートランスファーで獲得。そのため、資金にはまだ余裕があると推測されている。 ▽具体的な名前は挙がっていないものの、ハメスが退団するよりも前の後釜確保を計画していることが伝えられている。さらに、未だ去就が定まらないエースFWロベルト・レヴァンドフスキに関しても同様の考えを持っているようで、こちらに関しては万が一に備えてチェルシーFWアルバロ・モラタの動きを注視しているようだ。 2018.07.18 13:40 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーorバイエルン、決定権はハメスにあり?

▽バイエルンに、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に付けられている買い取りオプションを行使しない可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽ジネディーヌ・ジダン体制下のマドリーで準主力に甘んじていたハメスは昨夏、当時指揮を執っていた恩師カルロ・アンチェロッティ監督の求めに応じてバイエルンへ2年間のレンタル移籍。シーズン途中のユップ・ハインケス監督就任後から徐々に調子を上げると、昨季の公式戦39試合で8ゴール14アシストときっちり結果を残している。 ▽このパフォーマンスを受けて、バイエルンが今夏の段階で4200万ユーロ(約55億1000万円)の移籍金を支払い、完全保有する意向をマドリーに伝えているとも報じられていた。 ▽しかし、昨シーズン終了後にジダン監督が退任を電撃発表。これを受け、ハメスはマドリーへの復帰を希望するようになったという。さらに、マドリー側もFWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス移籍で生じた穴を補うため、同選手を必要としていると伝えられている。 ▽あくまで、ハメスが復帰するためには第一にバイエルンの納得が必要だ。同選手とバイエルンは2019年6月までレンタル契約を結んでおり、買い取りオプションも存在する。そのため、マドリー側が自力で達成可能な交渉ではない。 ▽それでも、マドリーとバイエルンはこれまでに友好的な関係を築いており、マドリー側は取り付く島もないという状況に陥るとは考えていないという。バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOも、選手の意思こそが最重要との考えを持っており、マドリー復帰は現実的なプランとして考慮されている、と『マルカ』は伝えている。 ▽バイエルンとマドリーという屈指のビッグクラブから誘いを受けるハメスは、いずれにしても華やかな将来を自身の一存で決定することになりそうだ。 2018.07.15 22:10 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース