ホッフェンハイム、U-19ドイツ代表MFガイガーと2022年まで契約延長2018.01.11 00:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホッフェンハイムは10日、U-19ドイツ代表MFデニス・ガイガー(19)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽ホッフェンハイムの下部組織出身であるガイガーは、U-15から各世代のドイツ代表に選出されてきた将来を嘱望されるセントラルMF。今季の開幕戦でスタメンでトップチームデビューを飾ったガイガーは、ここまでブンデスリーガで13試合に出場して2ゴール、ヨーロッパリーグで4試合、DFBポカールで1試合に出場し、主力として活躍している。

▽そのガイガーは契約延長について次のように語っている。

「自分がまだキャリアのスタートラインに立っているということはよくわかっているし、これからもハードに取り組んで、アピールしていかなくてはならない」

コメント

関連ニュース

thumb

ベイリー躍動のレバークーゼンが暫定2位浮上《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第19節、ホッフェンハイムvsレバークーゼンが20日に行われ、1-4でレバークーゼンが勝利した。 ▽8位ホッフェンハイム(勝ち点27)と5位レバークーゼン(勝ち点28)の上位を窺う両チームの一戦。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が続いた中、徐々に流れを引き寄せたレバークーゼンは前半終盤の42分に試合を動かす。ブラントの右サイドからのクロスを受けたボックス中央のベイリーが意表を突いたヒールシュートでネットを揺らした。 ▽レバークーゼンが1点をリードして迎えた後半、開始30秒にルップのミドルシュートが右ポストに直撃してゴールを脅かされたレバークーゼンは、ホッフェンハイムに押し込まれる展開を強いられる。 ▽しかし51分に突き放した。左サイドからのベイリーのクロスがファーに流れると、ブラントが丁寧に横に出したパスをペナルティアーク右のバウムガルトリンガーがダイレクトでゴール左に蹴り込んだ。 ▽2点を追う展開となったホッフェンハイムがクラマリッチ、ウート、アミリと立て続けに投入していったのに対し、レバークーゼンは70分に勝負を決定付ける。ベイリーが中央をドリブルで持ち上がりスルーパス。これをボックス左で受けたアラリオがGKとの一対一を制した。 ▽その後、両チームが1点ずつ加えた中、4-1で試合は終了。レバークーゼンが勝利し、ライプツィヒやドルトムントをかわして暫定2位に浮上している。 2018.01.21 05:15 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケがホッフェンハイムのエースFWウートをフリーで獲得…来シーズンから加入

▽シャルケは9日、ホッフェンハイムのFWマルク・ウート(26)をフリートランスファーで獲得することを発表した。ウートは、2018-19シーズンから加入する。 ▽ウートは、ケルンの下部組織で育ち、2011年7月にトップチームへ昇格。2012年7月にはヘーレンフェーンへと移籍すると、2013年9月からはヘラクレスへレンタル移籍。ホッフェンハイムには2015年7月に加入した。 ▽今シーズンはブンデスリーガでここまで16試合に出場し9ゴール2アシスト、ヨーロッパリーグで3試合に出場し1ゴール1アシストを記録。シャルケは2022年6月30日までの4年契約を結んだとのことだ。 ▽スポーツディレクターをつとめるクリスチャン・ハイデル氏は、「マルク・ウートは、ブンデスリーガで最も危険なドイツ人ストライカーであり、夏からは我々の攻撃を大幅に改善してくれるだろう。彼を獲得できて本当に嬉しい」とコメントしている。 2018.01.09 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムのU-20ドイツ代表MFオクスが2部のボーフムへレンタル移籍

▽ホッフェンハイムは5日、U-20ドイツ代表MFフィリップ・オクス(20)がブンデス2部のボーフムへレンタル移籍することを発表した。レンタル期間は今季終了までとなっている。 ▽ホッフェンハイムの下部組織出身であるオクスは、U-15以降の各年代のドイツ代表に選出されてきた攻撃的MF。昨年行われたU-20ワールドカップでは10番を背負っていた。 ▽ホッフェンハイムで2015年8月にトップチームデビューし、これまで公式戦26試合に出場して1ゴールを記録している。しかし、今季はリーグ戦3試合の途中出場に留まり、出場機会を得られていない状況にあった。 ▽レンタル先のボーフムは、18試合を消化した時点で12位と中位に留まっている。 2018.01.06 00:58 Sat
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表FWワグナーがバイエルン復帰! 「長い旅が終わり、家に帰ることができる」

▽バイエルンは21日、ホッフェンハイムに所属するドイツ代表FWサンドロ・ワグナー(30)を獲得したことを発表した。正式加入は2018年1月1日となる。 ▽バイエルン下部組織出身のワグナーは、2007年にトップチーム昇格を果たしプロキャリアをスタート。その後は、デュイスブルク、ブレーメン、ヘルタ・ベルリンなどを渡り歩き、2015年にダルムシュタットに加入するとブンデスリーガで14ゴールを挙げる活躍を見せてブレイクを果たした。2016年6月にはホッフェンハイムに加入し、今シーズンはここまで公式戦17試合で6ゴール4アシストを記録している。 ▽バイエルン復帰が決定したワグナーは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕にとって長い旅が終わり、家に帰ることができる。それが実現してとても嬉しいよ。バイエルンはドイツで最高のクラブ、世界でも最高のクラブの一つだ。オファーが来たときは、長く悩む必要なんてなかったよ」 ▽バイエルンのスポーツディレクターを務めるハサン・サリハミジッチ氏は、ワグナーの加入について以下のようにコメントしている。 「サンドロ・ワグナーというドイツ代表選手がもう一人バイエルンに加わった。我々は、ワグナーが自身の能力と経験でチームを強化してくれることを確信している」 2017.12.21 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムがドイツ人DFアクポグマと2021年まで契約延長

▽ホッフェンハイムは18日、ドイツ人DFケビン・アクポグマ(22)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽ナイジェリアにルーツを持つドイツ出身のアクポグマは、192cmのセンターバック。2013年夏にカールスルーエからホッフェンハイムに移籍し、2015-16、2016-17シーズンはデュッセルドルフにレンタルで移籍していた。そして今季、ホッフェンハイムに復帰したアクポグマはブンデスリーガで8試合に出場している。 ▽アンダー世代では2015年に開催されたU-20ワールドカップでドイツ代表のキャプテンを務めていた。 2017.12.19 04:27 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース