10人のアタランタに敗れたローマが公式戦4戦勝利なし…宿敵ラツィオに抜かれて5位転落…《セリエA》2018.01.07 03:59 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第20節、ローマvsアタランタが6日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのアタランタが2-1で勝利した。

▽2017年最終戦となったサッスオーロ戦を1-1のドローで終え、公式戦3戦未勝利で年を越すことになった4位のローマ(勝ち点39)。新年最初のリーグ戦であり、後半戦初戦となる今節は2日のコッパ・イタリア準々決勝でナポリを撃破した9位のアタランタ(勝ち点27)と対戦した。

▽ディ・フランチェスコ監督は、前節から先発3人を変更。ケガのデ・ロッシと規律違反のペナルティでナインゴランがメンバー外となり、ゴナロンとストロートマンが先発入り。さらにシックに変わってエル・シャーラウィがゼコ、ペロッティと共に3トップを務めた。

▽前回対戦と同様に立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、6分にペッレグリーニ、12分にエル・シャーラウィとミドルレンジのシュートで相手ゴールに迫るローマ。しかし、徐々にガスペリーニ仕込みのマンツーマンマークに手を焼き、中盤で引っ掛けられる場面が目立ち始める。

▽すると14分、ペッレグリーニの縦パスを引っ掛けられてショートカウンターを許すと、イリチッチのスルーパスに抜け出したコーネリウスにボックス左でキープされる。対面のDFファシオは何とかシュートコースを切るも、短いカットインでシュートコースを作ったコーネリウスに左足のシュートをゴール左隅の絶妙なコースに決められる。

▽さらに19分にはボックス左ライン際でキープしたアレハンドロ・ゴメスにマイナスで折り返されると、3列目から攻撃参加してきたデ・ルーンにダイレクトシュートを許す。GKアリソンは反応していたものの、目前のDFマノラスにディフレクトしたボールが逆を突く形でネットに吸い込まれ、瞬く間の連続失点で早くも2点のビハインドを負った。

▽何とか立て直したいローマだが、全体の距離感や動き出しの質が悪く無理に縦パスを狙っては相手ボールになる悪循環が続く。それでも、31分にはボックス手前で得たFKの場面でコラロフのシュートがゼコに当たって右ポストを掠めるチャンスを創出。さらに41分にはストロートマンのボール奪取からボックス内に抜け出したゼコに決定機も、シュートはわずかに枠の右に外れる。しかし、前半終了間際にはコラロフの突破をファウルで止めたデ・ルーンに2枚目のカードが掲示され、数的優位を手にして前半を終えた。

▽迎えた後半、イリチッチを下げてクリスタンテを投入する守備的な交代カードを切ったアタランタに対して、ローマは52分にペッレグリーニを下げてシックを投入。[4-4-2]の攻撃的な布陣でゴールをこじ開けにかかる。

▽すると55分、左サイドでのエル・シャーラウィからボックス内に走り込むゼコはグラウンダーのスルーパスが通る。ここで冷静にDFをブロックしたゼコが左足のシュートを右隅に流し込み、リーグ戦5試合ぶりとなる今季9点目を奪った。

▽エースの久々のゴールで反撃の狼煙を上げたローマは、ここから一気に攻撃のギアを上げていく。コラロフとフロレンツィの積極的な攻撃参加でピッチの幅を使いつつ、中央ではゼコを起点にダイレクトプレーを増やしていく。だが、61分のコラロフの強烈なミドル、71分のゼコのヘディングシュートはいずれも枠を捉え切れない。

▽後半半ばを過ぎてキャプテンのアレハンドロ・ゴメスを下げてセンターバックのマッジエッロを投入し逃げ切り態勢に入るアタランタに対し、ローマは76分にストロートマンを下げてジェンギズ、83分にはフロレンツィに代えてブルーノ・ペレスを投入する。

▽形振り構わぬ猛攻を見せるローマは84分、右サイド深くに侵入したブルーノ・ペレスのクロスから中央のエル・シャーラウィがヘディングと右足のシュートを立て続けに放つが、いずれも相手の決死のブロックに遭う。その後、長身DFファシオを前線に上げてパワープレーを敢行したローマだったが、試合終了間際に左サイドでコラロフが入れた際どい高速クロスを誰も触れることができず。試合はこのままタイムアップ。10人のアタランタ相手にホームで痛恨の敗戦を喫したローマは、公式戦4試合勝利なし。宿敵ラツィオに抜かれてチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に転落した。

コメント

関連ニュース

thumb

19歳クライファートJrがローマで意気込み「父の足跡をたどる。イタリアで成長を」

元オランダ代表パトリック・クライファート氏を実父に持つFWユースティン・クライファートがローマで記者会見に応じ、意気込みを語った。ローマが19日、公式ウェブサイトで伝えている。<br><br>父をたどり、セリエA挑戦に意欲ジャスティンはまだ19歳ながら2017-18シーズンにアヤックスで活躍し、オランダ代表としてもすでにデビューを飾るなど将来が期待される。今夏、父と同様にアヤックスからセリエA挑戦を決め、意気込みを語った。<br><br>「僕の持ち味はスピードと1対1。それに常にゴールを狙っている。見ての通り、僕は若いので、すべてにおいて改善しなければならないと思う。特に守備面を磨きたい。自分の実力を見せることができればと思う。僕はまだ若いし、学べることはたくさんある。開幕が待ちきれない。このチームなら偉業を見せることができるはずだ」<br><br>「父とは話をしたけど、彼はイタリアでプレーしたことがあり、このリーグをよく知っている。だが話はセリエAについてだけではない。成長し、最高レベルへ到達するために、何が必要なのかも教えてくれた。父は経験しているわけだから、彼のアドバイスを聞き、足跡をたどりたい」<br><br>続いてジャスティンは、ローマ移籍を決めた理由を明かした。<br><br>「僕のキャリアにとって重要な場所だと思った。サッカーだけではなく、僕個人にとってもね。アヤックスからローマのようなイタリアのビッグクラブへの移籍は、僕にとって大きな前進だ。クラブと同じように僕も成長できることを願っている。ずっとここに残るのか、チームを変えるのかどうかは分からない。現時点においては、当然誰も分からないことだよ」<br><br>またフランチェスコ・トッティ氏が所属したクラブへ来た意味を問われると、自身の意見を述べた。<br><br>「トッティは偉大な模範であり、クラブのレジェンドだ。だから当然、彼のことは意識するし、彼のようなレベルに到達したいと思うものだ。僕だけでなく、ローマへ来た選手なら誰もが彼を目標とするだろう。だが皆からのリスペクトは、ピッチで勝ち取らなければならない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 20:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ加入パストーレ、過去セリエAでユーヴェに全勝も「C・ロナウドがいたら変わる」

今夏の移籍市場において、パリ・サンジェルマンからローマに加入したアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレが、ローマ公式チャンネル『ローマTV』のインタビューに応じ、意気込みなどを語った。<br><br>パストーレは今夏、7年間にわたり所属したPSGを退団し、ローマに加入した。2010-11シーズンにパレルモでプレーして以来のセリエA復帰となった。<br><br>「ローマを選んだのは、ここへ来るチャンスがあったからだ。ローマというクラブがどんなチームであるかは皆、知っている。このような強豪クラブへ来るチャンスがあり、優秀な指揮官がいたことも動機の一つだ。パリでやっていたのとは違い、ウィングハーフは別物だが、それでも適応できている。監督が要求していることができるようにハードにトレーニングしている」<br><br>■C・ロナウド擁するユーベを警戒また同じく今夏、セリエAへ加入したユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドとの対戦を警戒した。<br><br>「ユーベとは、パレルモ時代に対戦し、4回とも勝っている。彼がやって来たことで、かなり変わるだろう。だがインテルもトップレベルの選手を獲得している。セリエAはどんどん成長するだろう」<br><br>続いてパストーレは、古巣であるPSGでの体験を振り返り、チャンピオンズリーグを制覇することができなかったことを悔やんだ。<br><br>「運も足りなかった。重要な試合で失敗してしまった。バルセロナやレアル・マドリーに敗れた。倒すことは非常に難しいかもしれないが、不可能ではなかったはず。選手全員が100%の状態で試合に臨むことが重要であり、優勝するためには、控え選手も充実していなければならない。PSGではとても居心地が良かった。だが7年間も偉大な選手たちとともにプレーしてきて、誰かとポジションを争う意欲をもうなくしていた。チームを変え、新たな刺激を感じたかった。パリに残り続けることは簡単ではなかったけど、あそこでプレーできて幸運だった。多くのトロフィーを獲得したし、キャリアにおける自分の選択に満足している」<br><br>提供:goal.com 2018.07.20 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール補強着々 ブラジル代表GKアリソンをGK史上最高額で獲得

▽リバプールは19日、ローマに所属するブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)の加入を発表した。イギリス『BBC』によれば、契約期間は6年。ローマの発表によれば、移籍金として6250万ユーロ+出来高1000万ユーロの総額7250万ユーロ(約94億9000万円)が支払われ、GK史上最高額となる。 ▽アリソンは、2013年にインテルナシオナウでデビュー後、2016年夏からローマに加わり、2017-18シーズンから守護神に。公式戦49試合に出場し、ローマのチャンピオンズリーグ4強進出に貢献した。また、ロシア・ワールドカップにも出場。5試合で守護神を務めた。 ▽正式にリバプール入りを果たしたアリソンは、クラブ公式サイトで「すごく嬉しいよ。常勝が求められる大きなクラブでプレーすることは夢だった。僕にとって、大きなステップだ。全力を尽くすよ」とコメントしている。 ▽チャンピオンズリーグ決勝進出を果たした昨シーズン以上の躍進が期待されるリバプール。ギニア代表MFナビ・ケイタや、ブラジル代表MFファビーニョ、スイス代表ジェルダン・シャキリらに加えて、泣きどころとされてきた待望の守護神をも獲得した格好となる。 2018.07.20 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

AEKアテネがローマから逸材FWポンセをレンタルで獲得

▽AEKアテネは19日、ローマからアルゼンチン人FWエセキエル・ポンセ(21)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2015年にアルゼンチンのニューウェルス・オールドボーイズからローマに加入したポンセは、アルゼンチン国内で“テベスの後継者”と称される有望な若手アタッカー。ローマではトップチーム定着には至らず、2016-17シーズンはグラナダへ、昨季はリールへ買取オプション付きのレンタル移籍で加入。 ▽リールでは、リーグ戦28試合を含む公式戦32試合に出場し、3ゴール1アシストをマークしたが、買取オプションは行使されなかった。 2018.07.20 04:16 Fri
twitterfacebook
thumb

世界最高額GKアリソンの後釜は? アレオラ、オルセン、シュマイケル…

▽ローマは今夏の移籍市場でブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)をGKの歴代最高額となる7500万ユーロ(約98億2000万円)でリバプールに売却することが決定的な状況だ。そこで注目されるのが、世界最高額GKの後釜だ。 ▽加入2年目のアリソンは卓越した身体能力と的確なポジショニング、キャッチング技術といったGKに求められる守備的能力に加え、ブラジル人らしい足下の技術を生かしてビルドアップやスイーパーとしての役割までこなす圧巻の活躍を披露し、ローマのセリエA3位フィニッシュとチャンピオンズリーグ(CL)・ベスト4進出の立役者となった。 ▽その絶対的守護神の穴が簡単に埋まり切らないのは当然のことだが、共に今夏加入の第2GKアントニオ・ミランテ、第3GKダニエウ・フザートの実力は未知数だけに、正GKの獲得は急務だ。 ▽そこで現在有力な獲得候補に挙がっているのが、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(25)だ。PSGの下部組織出身のアレオラは2015-16シーズンにレンタル加入したビジャレアルで頭角を表すと、昨季はPSGでもドイツ代表GKケビン・トラップを抑えて守護神の座を確保。だが、今夏元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンというビッグネームが加入したことで、今夏にチームを離れる可能性は高い。 ▽ヨーロッパ屈指の著名ジャーナリスト、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏も『gianlucadimarzio.com』で、アレオラが最も有力な候補と伝えている。 ▽また、アレオラの対抗に挙がるのは、コペンハーゲンの守護神にして今夏のロシア・ワールドカップでスウェーデン代表の躍進に貢献したGKロビン・オルセン(28)だ。アレオラに比べて伸びしろは少ないものの、堅実さが売りの同選手に関しては、イタリア『Il Tempo』が代理人との接触を報じた他、18日の公式会見でローマのモンチSD(スポーツ・ディレクター)が「獲得候補の1人」であると語った。 ▽さらにオルセンと同様にロシアW杯で活躍したレスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケル(31)も候補の1人に挙がっており、足下の技術や守備範囲に難はあるものの、驚異的なショットストップとパーソナリティーの強さはローマ向きと言える。 ▽その他では移籍金やサラリー面で大きな障害があるものの、バルセロナのオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(29)、ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(19)の名前も挙がっている。 ▽現役時代にGKとしてプレーしていたモンチSDは前述の候補から果たしてどの選手を選ぶのか…。 2018.07.19 22:54 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース