10人のアタランタに敗れたローマが公式戦4戦勝利なし…宿敵ラツィオに抜かれて5位転落…《セリエA》2018.01.07 03:59 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第20節、ローマvsアタランタが6日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのアタランタが2-1で勝利した。

▽2017年最終戦となったサッスオーロ戦を1-1のドローで終え、公式戦3戦未勝利で年を越すことになった4位のローマ(勝ち点39)。新年最初のリーグ戦であり、後半戦初戦となる今節は2日のコッパ・イタリア準々決勝でナポリを撃破した9位のアタランタ(勝ち点27)と対戦した。

▽ディ・フランチェスコ監督は、前節から先発3人を変更。ケガのデ・ロッシと規律違反のペナルティでナインゴランがメンバー外となり、ゴナロンとストロートマンが先発入り。さらにシックに変わってエル・シャーラウィがゼコ、ペロッティと共に3トップを務めた。

▽前回対戦と同様に立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、6分にペッレグリーニ、12分にエル・シャーラウィとミドルレンジのシュートで相手ゴールに迫るローマ。しかし、徐々にガスペリーニ仕込みのマンツーマンマークに手を焼き、中盤で引っ掛けられる場面が目立ち始める。

▽すると14分、ペッレグリーニの縦パスを引っ掛けられてショートカウンターを許すと、イリチッチのスルーパスに抜け出したコーネリウスにボックス左でキープされる。対面のDFファシオは何とかシュートコースを切るも、短いカットインでシュートコースを作ったコーネリウスに左足のシュートをゴール左隅の絶妙なコースに決められる。

▽さらに19分にはボックス左ライン際でキープしたアレハンドロ・ゴメスにマイナスで折り返されると、3列目から攻撃参加してきたデ・ルーンにダイレクトシュートを許す。GKアリソンは反応していたものの、目前のDFマノラスにディフレクトしたボールが逆を突く形でネットに吸い込まれ、瞬く間の連続失点で早くも2点のビハインドを負った。

▽何とか立て直したいローマだが、全体の距離感や動き出しの質が悪く無理に縦パスを狙っては相手ボールになる悪循環が続く。それでも、31分にはボックス手前で得たFKの場面でコラロフのシュートがゼコに当たって右ポストを掠めるチャンスを創出。さらに41分にはストロートマンのボール奪取からボックス内に抜け出したゼコに決定機も、シュートはわずかに枠の右に外れる。しかし、前半終了間際にはコラロフの突破をファウルで止めたデ・ルーンに2枚目のカードが掲示され、数的優位を手にして前半を終えた。

▽迎えた後半、イリチッチを下げてクリスタンテを投入する守備的な交代カードを切ったアタランタに対して、ローマは52分にペッレグリーニを下げてシックを投入。[4-4-2]の攻撃的な布陣でゴールをこじ開けにかかる。

▽すると55分、左サイドでのエル・シャーラウィからボックス内に走り込むゼコはグラウンダーのスルーパスが通る。ここで冷静にDFをブロックしたゼコが左足のシュートを右隅に流し込み、リーグ戦5試合ぶりとなる今季9点目を奪った。

▽エースの久々のゴールで反撃の狼煙を上げたローマは、ここから一気に攻撃のギアを上げていく。コラロフとフロレンツィの積極的な攻撃参加でピッチの幅を使いつつ、中央ではゼコを起点にダイレクトプレーを増やしていく。だが、61分のコラロフの強烈なミドル、71分のゼコのヘディングシュートはいずれも枠を捉え切れない。

▽後半半ばを過ぎてキャプテンのアレハンドロ・ゴメスを下げてセンターバックのマッジエッロを投入し逃げ切り態勢に入るアタランタに対し、ローマは76分にストロートマンを下げてジェンギズ、83分にはフロレンツィに代えてブルーノ・ペレスを投入する。

▽形振り構わぬ猛攻を見せるローマは84分、右サイド深くに侵入したブルーノ・ペレスのクロスから中央のエル・シャーラウィがヘディングと右足のシュートを立て続けに放つが、いずれも相手の決死のブロックに遭う。その後、長身DFファシオを前線に上げてパワープレーを敢行したローマだったが、試合終了間際に左サイドでコラロフが入れた際どい高速クロスを誰も触れることができず。試合はこのままタイムアップ。10人のアタランタ相手にホームで痛恨の敗戦を喫したローマは、公式戦4試合勝利なし。宿敵ラツィオに抜かれてチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に転落した。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、ゼコ退団なら後釜獲得へ…有力候補はスタリッジ?

▽ローマは、退団が噂されるボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(31)の後釜探しに動いているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じている。 ▽チームのエースとして活躍するゼコには現在、ストライカーの獲得を目指すチェルシーから獲得への関心が寄せられている。また、先日にはゼコがチェルシーと個人合意に至ったことがイタリアメディアによって報じられた。 ▽得点源の流失の危機に見舞われているローマだが、すでに後釜を獲得する準備を進めている模様。『デイリー・スター』によると、その有力候補はリバプールに所属するイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(28)のようだ。 ▽スタリッジは、悪癖の故障離脱が相次ぎ、ユルゲン・クロップ監督の信頼を喪失。今シーズンのプレミアリーグでも出場時間がわずか431分に留まっている。これに対してスタリッジも今夏にロシア・ワールドカップを控えるイングランド代表への滑り込みを見据え、出場機会を求めて移籍を希望しているとの見方が強まっているが、同メディアはインテルへの移籍が濃厚と見ているようだ。 ▽ローマのスポーツディレクター(SD)を務めるモンチ氏は、ゼコが退団する場合、新たな選手を獲得することを明言している。 「我々のプレーヤーに代わるのに適している選手を確保するために毎日働く。私の仕事は常にクラブを強化することだ」 「ゼコが退団するのであれば、別の選手を獲得する」 2018.01.23 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 1-1 ローマ《セリエA》

▽セリエA第21節、インテルvsローマが21日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180122_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 5.5 止めるべきシュートはきっちりセーブ。ただ、ビルドアップでもう少しチームを助けたい DF 7 カンセロ 6.0 幾度か良い形でクロスを上げる。守備でも粘り強く対応 37 シュクリニアル 6.0 ビルドアップで苦戦もゼコに決定的な仕事は許さず 25 ミランダ 6.5 負傷明けも安定した守備は健在。要所でフィードを狙った 21 サントン 5.0 緩慢な対応で失点の要因に。ただ、後半は盛り返して意地を見せる (→ダウベルト・エンリケ 5.5) 可もなく不可もない出来 MF 87 カンドレーバ 5.5 幾つか決定機に絡んだが、全体的な仕事量はいまひとつ (→エデル 5.5) フィニッシュに絡んだが、決定力を欠く 11 ヴェシーノ 6.0 相手のハイプレッシャーに晒されてボールを捌けなかったが、最後に値千金の同点ゴールを記録 20 ボルハ・バレロ 5.5 トップ下とアンカーで繋ぎの起点になろうと腐心。後半は無難に捌いた 5 ガリアルディーニ 5.0 相手中盤との肉弾戦で劣勢に。攻守にもの足りない出来 (→ブロゾビッチ 6.0) 後半頭からの投入もインパクトに欠けたが、同点ゴールをアシスト 44 ペリシッチ 6.0 良い形でボールを受けられない中、個人技で幾つかの決定機を創出 FW 9 イカルディ 5.5 前線で孤立しながらも持ち味の動き出しで決定機に絡む。ただ、仕上げの仕事はできず 監督 スパレッティ 5.5 古巣相手にホームで苦戦も、粘り強い攻撃で勝ち点1を拾う ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180122_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 7.0 再三のビッグセーブに加え、先制点をアシスト DF 24 フロレンツィ 5.5 守備ではペリシッチに食らいつき、攻撃では要所で気の利いたプレーを披露 44 マノラス 6.0 前線からの連動した守備によって持ち味の攻撃的な守備が機能 20 ファシオ 6.0 前回対戦で苦杯を舐めたイカルディに対して、冷静に対応し続けた 11 コラロフ 5.5 前半は内に絞る味方を積極的に追い越して攻撃の起点になったが、後半は疲労の影響かやや雑なプレーが目立った MF 7 ペッレグリーニ 5.5 攻撃時のアイデア不足もあったが、前半は圧倒的なインテンシティでチームを支える 6 ストロートマン 6.5 強さと巧さを兼ね備えたプレーで攻守に中盤を制圧 30 ジェルソン 6.0 後半はさすがにバテたが、前半に見せた運動量と気迫は素晴らしかった (→ブルーノ・ペレス 5.0) バイタリティを与えることが期待された中、攻守にいまひとつだった FW 92 エル・シャーラウィ 6.5 かつての宿敵相手に痛快な先制点を奪取。攻守両面でサントンを凌駕 (→ファン・ジェズス 5.0) 相手の流れの時間帯に投入されたことで、なかなか試合に入り切れず 9 ゼコ 5.5 決定的な仕事はできなかったが、献身的なプレーで攻守にチームを助けた (→シック -) 4 ナインゴラン 6.0 自身の持ち味が行き易い戦術プランで攻守に奮闘 監督 ディ・フランチェスコ 5.5 前半のアグレッシブなプランはハマったが、マイボールの時間やカウンターの精度という課題を残す ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! アリソン(ローマ) ▽パリ・サンジェルマンやリバプールも関心を寄せる中、圧巻のゴールキーピングで幾度もチームを救う。さらに定評がある足元の技術を披露し、先制点のアシストやプレス回避で周囲を助けた。 インテル 1-1 ローマ 【インテル】 ヴェシーノ(後41) 【ローマ】 エル・シャーラウィ(前31) 2018.01.22 06:50 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルvsローマの不調上位対決は痛み分け…長友は出場機会なし《セリエA》

▽セリエA第21節、インテルvsローマが21日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、1-1のドローに終わった。なお、インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽リーグ戦5試合未勝利で急失速の3位インテル(勝ち点42)は、前節フィオレンティーナと引き分けてウィンターブレークに突入。短い休暇を経て迎えた今節では強豪ローマをホームに迎えてリーグ6試合ぶりの勝利を目指した。今回のビッグマッチに向けては負傷明けのミランダが復帰し、ダンブロージオの代役にカンセロが起用された以外、現状のベストメンバーが揃った。なお、左サイドバックは引き続きサントンが務め、長友はベンチスタートとなった。 ▽一方、リーグ3戦未勝利でトップ4圏外の5位に転落したローマ(勝ち点39)は、前節アタランタにホームで敗れてウィンターブレークに突入。さらに、今冬の移籍市場ではナインゴラン、ゼコ、エメルソン・パルミエリに相次いで引き抜きの噂が出るなど、チーム状態は芳しくない。難敵インテル撃破で流れを変えたいローマだが、ウィンターブレーク中に負傷したゴナロン、デ・ロッシ、ペロッティの主力3人が招集外となり、ジェルソンとペッレグリーニの若手2選手が代役を担い、チェルシー移籍が噂される主砲ゼコは最前線で起用された。 ▽ウィンターブレーク明けで休養十分の両チームは立ち上がりからハイプレッシャーを掛け合うインテンシティの高い攻防を繰り広げる。左ウイングに入るナインゴラン、左のインサイドハーフに入るジェルソンがファジーなポジショニングで中盤のプレス強度を保ちつつ、攻撃ではうまく浮いてボールを引き出すローマは徐々に主導権を掴む。7分にはナインゴランのサイドチェンジに抜け出した右サイドのエル・シャーラウィが果敢にシュートを狙うが、これは精度を欠く。 ▽一方、密度と強度の高い相手の中盤攻略に手を焼くインテルは後方からの長いボールや要所でプレスをいなしては、3トップをスペースに走り込ませて手数をかけない攻撃を展開。15分にはカンドレーバのミドルシュート、17分には右サイド深くでカンセロが上げたクロスをファーで競り勝ったペリシッチが頭で合わすが、いずれも枠を捉え切れない。 ▽その後は拮抗した展開が続く中、互いになかなか決定機まで持ち込めない。28分にはインテルが右CKの二次攻撃からカンドレーバの右クロスがファーに流れると、これを拾ったペリシッチが冷静にフェイントでDFを外してニアを狙ったシュート。しかし、これはGKアリソンの好守に阻まれる。こぼれ球に反応したボルハ・バレロのシュートもDFのブロックに阻まれた。 ▽すると、直後の31分にローマが意外な形から先制点を奪う。GKアリソンからのロングフィードに反応した右サイドのエル・シャーラウィが最終ライン裏へ抜け出すと、DFサントンの緩慢な対応も重なり、このままボックス内でGKとの一対一に。ややボールコントロールが大きくなったものの飛び出したGKハンダノビッチの直前でチップキック。これが無人のゴールネットを揺らした。最高の時間帯に先制点を奪ったローマはその後もプレスの勢いを緩めず相手をけん制しつつ、イカルディに抜け出された2度のピンチは守備陣の冷静な判断で凌ぎ、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、先に動きを見せたのはビハインドを追うインテル。前半相手のハイプレスに苦戦していたガリアルディーニを下げてブロゾビッチをハーフタイム明けに投入。また、前半終盤から変更していたボルハ・バレロをアンカーに落とす[4-3-3]の布陣を継続した。 ▽前半同様に中盤で潰し合う展開が続く中、徐々にローマの運動量が落ち始めたことでインテルがボールを保持する時間が増える。62分にはセットプレーの二次攻撃からカンドレーバが強烈なミドルシュートを放つが、これはGKアリソンの守備範囲に飛んだ。 ▽何とか流れを変えたいインテルはカンドレーバ、サントンを下げてより攻撃的なエデルとダウベルト・エンリケを続けざまに投入。71分にはミランダのフィードに抜け出したエデル、74分にはボックス左でペリシッチが入れたクロスからイカルディが決定的なボレーシュートを放つが、GKアリソンの好守に遭いボールは左ポストを叩く。 ▽一方、守勢が続くローマは足を痛めたジェルソンに代えてブルーノ・ペレス、疲労の見えたエル・シャーラウィを下げて古巣対戦のファン・ジェズスを投入。この交代で[5-4-1]の守備的な布陣に変更して逃げ切り態勢に入る。 ▽ホームで負けられないインテルは試合終盤にかけてリスクを冒して前に出る。80分には左サイドからのクロスのクリアボールをゴール右のイカルディがボレーシュート。だが、枠の右隅を捉えたシュートはGKアリソンのビッグセーブに阻まれる。それでも、諦めずに攻め続けるホームチームは86分、ボックス手前左でブロゾビッチが浮き球のクロスを供給。これをプルアウェイの動きでDFファシオを剥がしたヴェシーノが頭で右隅に流し込み、土壇場で追いついた。 ▽その後は追いついた勢いを生かすホームチームが果敢に勝ち越しゴールを狙うが、ローマも勝ち点1を持ち帰るために懸命の守備で応戦。最後まで見応えのある攻防を見せた両者だが、試合はこのまま1-1でタイムアップ。不調同士の上位対決は痛み分けの結果に終わり、互いに未勝利が続くことになった。 2018.01.22 06:49 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ、ミラン、ローマ、バレンシア…ダルミアン争奪戦が激化か

▽マンチェスター・ユナイテッドでポジションを失っているイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(28)だが、同選手を求めるクラブは少なくないようだ。 ▽2015年の夏にトリノからユナイテッド入りしたダルミアンは、移籍初年度こそリーグ戦28試合に出場したが、昨シーズンはリーグ戦の出場が18試合に減少。左右のサイドバックをこなせるユーティリティ性が売りでもあるが、右サイドではDFアントニオ・バレンシア、左サイドではDFルーク・ショー、MFアシュリー・ヤングらからポジションを奪うことができず、いずれのポジションでも序列が下がっており、今シーズンのリーグ戦先発は2試合にとどまっている。 ▽そのダルミアンに関しては、ミランとバレンシアが獲得を狙っているようだが、現時点でオファーは提示していない模様。さらにユベントスも同選手の獲得に持っており、最近になってローマも関心を示しているとのことだ。ローマはレンタル移籍での獲得の望んでいるという。 ▽それぞれリーグの強豪だが、ダルミアンは移籍により再起を図ることになるのだろうか。 2018.01.21 17:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ゼコのチェルシー行きはなし? トッティが移籍話でゼコをイジる

▽今冬のチェルシー移籍が報じられるローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(31)だが、移籍の可能性は低いのかもしれない。イタリア『カルチョメルカート』がゼコとクラブ幹部のフランチェスコ・トッティ氏のやり取りを伝えている。 ▽今冬の移籍市場でストライカーの獲得を目指しているといわれるチェルシーは、そのメインターゲットとして昨季セリエA得点王のゼコをリストアップ。先日にはイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が、ゼコと左サイドバックをブラジル人DFエメルソン・パルミエリ(23)のセットでの獲得を目指し、ローマの要求する5000万ユーロ(約67億7000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億5000万円)前後の金額で交渉を進めていると報じていた。さらに、チェルシーとゼコ本人の間ではすでに合意に至っているとも伝えられている。 ▽この緊迫感のある状況で21日のセリエA第21節、インテルとのアウェイゲームに臨むローマ一行は、20日に長距離列車に乗ってミラノへ向かった。ここでチームと共に遠征に同行しているトッティ氏は、テレビカメラを前にして渦中のゼコに対して強烈なイジリを敢行した。 ▽トッティ氏はミラノ行きの列車に乗り込もうとしたゼコに対して、「この列車はロンドン(チェルシー)行きじゃないよな?」とイジリをかますと、ゼコはニヤリと笑いながら「まだね」と返答。チェルシー移籍の噂を冗談に変えた。 ▽現在、幾らエキセントリックな性格のトッティ氏といえど、モンチSD(スポーツ・ディレクター)の右腕を務めている現在の立場で移籍成立間近の選手にかます冗談ではないため、今回のやり取りから判断すれば、ゼコのチェルシー行きの可能性は低いのかもしれない。 ▽なお、今回の移籍交渉の主役を担うモンチSDは同日、ゼコのチェルシー行きを完全否定しなかったものの、「ローマを弱体化させる交渉はしない」と語っていた。 2018.01.21 05:07 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース