ラツィオがインモービレの4発で圧勝、インモービレはシーズン20Gに到達《セリエA》2018.01.07 01:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ラツィオは6日、セリエA第20節でSPALとのアウェイ戦に臨み、5-2で圧勝した。▽前節インテルに引き分けた5位ラツィオ(勝ち点37/未消化1試合)が、17位SPAL(勝ち点15)のホームに乗り込んだ一戦。

▽試合は開始5分にラツィオが先制する。左クロスの浮いたルーズボールをL・アルベルトが絶妙なトラップで処理してボックス中央に侵入。ゴール右へシュートを流し込んだ。

▽しかし直後の6分、ボックス内のバスタが相手のボレーシュートを手で止めてしまい、PKを献上。これをアンテヌッチに決められ、試合を振り出しに戻された。

▽それでも19分、L・アルベルトのダイレクトパスに反応してボックス左に侵入したインモービレが、ゴール右にシュートを流し込んでラツィオが勝ち越しに成功すると、26分にはミリンコビッチ=サビッチのスルーパスでボックス中央に侵入したインモービレがGKとの一対一を制して3-1と突き放した。

▽その後、30分に右クロスのルーズボールをボックス中央のアンテヌッチにシュートを流し込まれ、1点差に詰め寄られたラツィオだったが、41分に右サイドからのバスタの左足クロスをニアサイドのインモービレがヘッドで合わせてネットを揺らし、前半だけでトリプレッタを達成。ラツィオが4-2で前半を終えた。

▽迎えた後半開始5分、CKの流れからインモービレがこの試合4点目を奪ったラツィオは、ミリンコビッチ=サビッチとラドゥをお役御免とし、フェリペ・アンデルソンを投入する。

▽そのラツィオはヴィヴィアーニの直接FKが左ポストを直撃してひやりとするも、J・ルカクがGKを強襲するシュートを浴びせるなど牽制。主導権を渡さずに時間を消化し、5-2で試合を終わらせた。なお、この試合で4ゴールを奪ったインモービレはシーズン20ゴールに到達している。

コメント

関連ニュース

thumb

ラツィオ、クロアチア代表MFバデリがトレーニングに負傷…週末のパルマ戦は欠場か

▽ラツィオに所属するクロアチア代表MFミラン・バデリが、21日に行われるセリエA第9節のパルマ戦を欠場するようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『Tuttomercatoweb』を引用して伝えている。 ▽『フットボール・イタリア』によると、クロアチア代表から帰還したバデリは、17日のトレーニング中にMFルーカス・レイバのタックルを受けて負傷したとのこと。 ▽トレーニングから離脱したバデリは18日の午後にローマのパイデイア・クリニックで検査を実施する予定となっているが、今週末に行われるパルマ戦の欠場はほぼ確実と同紙は伝えている。 2018.10.19 00:55 Fri
twitterfacebook
thumb

SMSがモウリーニョ視察を喜ぶ 「僕はラツィオの選手だけど光栄」

▽ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(23)が11日に行われたモンテネグロ代表戦にマンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が視察に訪れたことに対してリアクションした。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽昨夏からユナイテッドの補強候補に挙がるミリンコビッチ=サビッチ。とりわけ、今冬あるいは来夏の移籍市場でフランス代表MFポール・ポグバに退団の可能性が浮上しており、仮に同選手が流出した場合、23歳の偉丈夫が後釜に座る可能性が高いと思われている。 ▽そんな中、ユナイテッドを率いるモウリーニョ監督は11日に行われたUEFAネイションズリーグのモンテネグロvsセルビアを現地で視察した。今回の視察に関してはフィオレンティーナで活躍する長身センターバックのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(21)のチェックという説がある一方、やはり視察の本命はミリンコビッチ=サビッチという見方が強い。ただ、肝心のミリンコビッチ=サビッチは79分からの途中出場となり、ポルトガル人指揮官はやや肩透かしを食ったかもしれない。 ▽同試合後、モウリーニョ監督の視察に関して質問を受けたミリンコビッチ=サビッチは自身があくまでラツィオの選手であることを強調しながらも偉大な指揮官の訪問を喜んでいる。 「僕はラツィオのプレーヤーだ。その一方で、彼(モウリーニョ)のようなレベルの監督が試合を視察に訪れてくれたことを光栄に思うよ」 「もしかしたら彼が今日のスタメンに不満があるかもしれないけど、それは僕のせいではないよ。たぶん、彼は僕のためにもその他のプレーヤーのためにここに来たわけではないと思う」 「僕は彼が自分を見るためにここに来るという記事を見たけど、それは何も意味していない」 2018.10.13 14:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、ミリンコビッチ=サビッチ獲得に再チャレンジか

▽ミランが、ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(23)の来シーズンの獲得を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽今夏にもミリンコビッチ=サビッチ獲得に動いていたとされるミラン。今冬の移籍市場ではなく来夏の獲得を再びチャレンジするという。 ▽しかし、多くのビッククラブから関心を寄られていたミリンコビッチ=サビッチは、1日にラツィオとの契約を2023年まで延長。その際、契約解除金は1億ユーロ(約130億円)に設定されている。 ▽ミリンコビッチ=サビッチは2015年夏にヘンクからラツィオに加入した。初年度はセリエA25試合の出場に留まったが、2016-17シーズンから主力に定着しリーグ戦34試合で4ゴール9アシストを記録。さらに、昨シーズンにはリーグ戦35試合で12ゴール4アシストの成績でブレイクを果たしていた。 2018.10.09 17:33 Tue
twitterfacebook
thumb

インモービレ弾を守り抜いたラツィオがヴィオラにウノゼロで勝利《セリエA》

▽ラツィオは7日、セリエA第8節でフィオレンティーナをホームに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節ローマとのダービーに競り負けてリーグ戦での連勝が4で止まったラツィオは、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のフランクフルト戦では9人となった中、1-4で惨敗した。そのフランクフルト戦のスタメンから6選手を変更。ルリッチやマルシッチ、GKストラコシャら主力がスタメンに戻った。 ▽4勝2敗スタートと若い力が躍動しているフィオレンティーナに対し、インモービレとカイセドが2トップを形成したラツィオは、開始1分にパローロのミドルシュートでゴールに迫った。さらに12分、パローロがミドルシュートでGKを強襲すれば、24分にはカイセドがヘディングシュートでフィオレンティーナを脅かしていく。 ▽その後も押し込んでいたラツィオだったが、27分に自らのミスからピンチを招く。ワラセが自陣ボックス内でのミスパスをベナッシにカットされて決定的なシュートを許してしまう。だが、GKストラコシャがセーブして難を逃れた。31分にもシメオネに枠内シュートを打たれ、やや流れが悪くなっていたラツィオだったが、37分に先制した。 ▽右CKからニアのラドゥがヘッドで逸らし、ファーサイドのインモービレが右足ボレーで押し込んだ。 ▽ラツィオが1点をリードして迎えた後半、52分にカイセドに代えてコレアを投入し、追加点を狙いに行く。 ▽しかし55分、ビラギにGKストラコシャを強襲されるシュートを打たれるなど、押し込まれる展開を強いられる。 ▽それでも自陣に引いて水際で守り、シュートは打たせず1点のリードを保っていった。終盤にかけても劣勢が続いたものの、何とかフィオレンティーナの攻勢を凌いで逃げ切り。公式戦3試合ぶりの勝利を飾っている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.08 00:10 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部がリベロでフル出場のフランクフルト、9人のラツィオに4発快勝で2連勝スタート《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループH第2節、フランクフルトvsラツィオが4日に行われ、4-1で快勝した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽10人になりながらもマルセイユに2-1と勝利したフランクフルトと、アポロン・リマソルに2-1と勝利したラツィオの一戦。 ▽長谷部が3バックの中央で先発したフランクフルトは開始4分に幸先良く先制する。左CKからフリーとなったダ・コスタがボレーで合わせてネットを揺らした。 ▽失点を受けて前がかるラツィオは10分にインモービレがミドルシュートを浴びせるも、17分にアクシデント。ドゥルミジが腕を負傷してルリッチとの交代を強いられた。 ▽それでも23分、ショートカウンターから同点に追いつく。左サイドのスペースを突いたコレアのクロスからパローロが蹴り込んだ。 ▽しかし28分、フランクフルトがすかさず勝ち越しに成功する。スローインの流れからボックス右のアラー、ガシノビッチと繋いで最後はマイナスクロスをコスティッチが押し込んだ。 ▽ハーフタイムにかけては長谷部が堅実な守備を見せるフランクフルトがラツィオの攻撃を跳ね返していく。そして追加タイム3分にはカウンターをファウルで止めたバスタに2枚目のイエローカードが出て、フランクフルトが数的優位も得て前半を終えた。 ▽後半から前がかるラツィオに対して49分にフランクフルトが3点目に迫る。ショートカウンターからヨビッチが決定的なシュートを浴びせたが、わずかに枠を捉えきれなかった。 ▽それでも52分、再びカウンターに転じると、アラーのラストパスを受けたボックス左のヨビッチがループシュートを流し込んでフランクフルトが決定的な3点目を奪った。 ▽そして58分にデ・グズマンをスライディングタックルで削ったコレアが一発退場となって9人となったラツィオに対し、フランクフルトがいなしながら時間を消化。追加タイムにはダ・コスタがこの試合2点目を決めて4-1とし、2連勝スタートとしている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.05 05:56 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース