ラツィオがインモービレの4発で圧勝、インモービレはシーズン20Gに到達《セリエA》2018.01.07 01:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ラツィオは6日、セリエA第20節でSPALとのアウェイ戦に臨み、5-2で圧勝した。

▽前節インテルに引き分けた5位ラツィオ(勝ち点37/未消化1試合)が、17位SPAL(勝ち点15)のホームに乗り込んだ一戦。

▽試合は開始5分にラツィオが先制する。左クロスの浮いたルーズボールをL・アルベルトが絶妙なトラップで処理してボックス中央に侵入。ゴール右へシュートを流し込んだ。

▽しかし直後の6分、ボックス内のバスタが相手のボレーシュートを手で止めてしまい、PKを献上。これをアンテヌッチに決められ、試合を振り出しに戻された。

▽それでも19分、L・アルベルトのダイレクトパスに反応してボックス左に侵入したインモービレが、ゴール右にシュートを流し込んでラツィオが勝ち越しに成功すると、26分にはミリンコビッチ=サビッチのスルーパスでボックス中央に侵入したインモービレがGKとの一対一を制して3-1と突き放した。

▽その後、30分に右クロスのルーズボールをボックス中央のアンテヌッチにシュートを流し込まれ、1点差に詰め寄られたラツィオだったが、41分に右サイドからのバスタの左足クロスをニアサイドのインモービレがヘッドで合わせてネットを揺らし、前半だけでトリプレッタを達成。ラツィオが4-2で前半を終えた。

▽迎えた後半開始5分、CKの流れからインモービレがこの試合4点目を奪ったラツィオは、ミリンコビッチ=サビッチとラドゥをお役御免とし、フェリペ・アンデルソンを投入する。

▽そのラツィオはヴィヴィアーニの直接FKが左ポストを直撃してひやりとするも、J・ルカクがGKを強襲するシュートを浴びせるなど牽制。主導権を渡さずに時間を消化し、5-2で試合を終わらせた。なお、この試合で4ゴールを奪ったインモービレはシーズン20ゴールに到達している。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、ピャニッチ売却の移籍金でミリンコビッチ=サビッチ獲得を画策

▽ユベントスは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(28)を売却し、ラツィオからセルビア代表MFミリンコビッチ=サビッチ(23)の獲得を画策しているようだ。『プレミアムスポーツ』が報じている。 ▽セリエA屈指のプレーメーカーであり、FKの名手として知られるピャニッチには、現在バルセロナやチェルシー、マンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマンなど多くのビッグクラブが関心を寄せている。 ▽『プレミアムスポーツ』によれば、当初はピャニッチの引き留めを考えていたユベントスだが、獲得希望クラブから1億ユーロ(約130億円)の打診があった場合、交渉に応じる様子で現在は同選手との契約延長交渉をストップしているとのこと。 ▽また同紙は、ユベントスがピャニッチ売却の移籍金をセルビア代表MFミリンコビッチ=サビッチの獲得に充てると予想しており、ユベントスのジュゼッペ・マロッタGMがミリンコビッチ=サビッチについての会談を行うため、ラツィオのクラウディオ・ロティート会長に連絡を取ったことを伝えている。 2018.07.24 00:01 Tue
twitterfacebook
thumb

ラツィオがフェリペ・アンデルソンの後釜にペドロをリストアップか

▽ラツィオがウェストハムに移籍したブラジル代表MFフェリペ・アンデルソン(25)の後釜としてチェルシーのスペイン代表FWペドロ・ロドリゲス(30)の獲得を目指しているようだ。イタリア『CalcioNews24』や『Laziopress.it』などが報じている。 ▽ラツィオは15日、ブラジル代表MFフェリペ・アンデルソンが4200万ポンド(約62億4000万円)と伝えられる高額な移籍金でマヌエル・ペジェグリーニ監督が新指揮官に就任したウェストハムに旅立った。 ▽『CalcioNews24』や『Laziopress.it』によれば、すでにラツィオはフェリペ・アンデルソンの後釜としてバイエルンの元オランダ代表MFアリエン・ロッベンやアーセナルのコスタリカFWジョエル・キャンベル、レスター・シティのU-21イングランド代表FWデマライ・グレイらをリストアップ。その中で最優先となっているのが、チェルシーで出場機会に恵まれていないペドロだ。 ▽なお、ペドロとの契約を2019年まで残しているチェルシーは、移籍金2500万ユーロ(約33億円)を要求しており、ウェストハムの提示額と開きがあるようだ。 ▽2015年8月にバルセロナからチェルシーに、移籍金3000万ユーロ(当時のレートで約41億5000万円)で加入したペドロ。チェルシーでは在籍2シーズンで公式戦131試合に出場しているが、得点はわずか28ゴールに留まるなど、プレミアリーグで力を発揮できずにいた。 2018.07.20 05:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオのクロアチア人DFプルセがキプロスへ移籍

▽キプロスのオモニア・ニコシアは17日、ラツィオのクロアチア人DFフランジョ・プルセ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽ハイデュク・スプリト出身のセンターバックであるプルセは、2014年8月にラツィオへ移籍。しかし、ラツィオでは出場機会を得られず、ブレシアなどへレンタルに出されていた。2018年1月には母国クロアチアのイストラへレンタル移籍し、クロアチアリーグで16試合に出場していた。クロアチア代表としてはこれまでU-16からU-21まで選出されてきた経歴を持っている。 2018.07.18 05:43 Wed
twitterfacebook
thumb

F・アンデルソンに続いてミリンコビッチ=サビッチもロンドンへ?

▽MFフェリペ・アンデルソンをウェストハムに放出したラツィオは、さらに主力をイングランドに売却する可能性がある。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』は、MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチがチェルシーに行くかもしれないと伝えた。 ▽23歳のミリンコビッチ=サビッチは、複数のビッグクラブが関心を持っている有望株。マンチェスター・ユナイテッドなども興味を持っているが、ここまで具体的なオファーの話はあまりなかった。だが、チェルシーが獲得に動いているという。 ▽セルビア代表の同選手は、2022年までラツィオとの契約がある。シモーネ・インザーギ監督は、DFステファン・デ・フライが移籍し、フェリペ・アンデルソンまで失った今、ミリンコビッチ=サビッチには残ってほしいと願っているものの、クラウディオ・ロティート会長は違う決断をするかもしれない。 ▽2017-18シーズンのセリエAで最後にチャンピオンズリーグ出場権を逃したラツィオ。戦力の維持は難しくなっている。 2018.07.15 22:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェストハムが止まらない! F・アンデルソンをクラブ最高額で獲得

▽ウェストハムは15日、ラツィオに所属するブラジル代表MFフェリペ・アンデルソン(25)の獲得を発表した。契約期間は4年。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、移籍金は4200万ポンド(約62億4000万円)で、今夏にトゥールーズから加入したフランス人DFイッサ・ディオプ(21)の2200万ポンド(約32億5000万円)を上回るクラブ最高額となる。 ▽F・アンデルソンは、かつてマンチェスター・ユナイテッドの関心も取り沙汰されたアタッカー。2013年夏にサントスからラツィオに加入した。2017-18シーズンは公式戦31試合7得点9アシストを記録。公式戦通算で177試合に出場して34得点42アシストの成績を収めた。 ▽マヌエル・ペジェグリーニ新体制のウェストハムは今夏、アーセナルを退団したイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(26)や、ドルトムントのウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコ(28)ら実力者を獲得。新シーズンに向けた積極的な補強が際立っている。 2018.07.15 18:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース