リーガ復帰弾&退場のジエゴ・コスタ劇場! アトレティコが柴崎途中出場のヘタフェに完勝《リーガエスパニョーラ》2018.01.06 23:03 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第18節、アトレティコ・マドリーvsヘタフェが6日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳は64分からプレーしている。

▽2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点36)と8位のヘタフェ(勝ち点23)による“オトラ・マドリッド・ダービー”。

▽前節、格下エスパニョール相手に0-1で競り負け、2017年最終戦で今季のリーガ初黒星を喫したアトレティコ。それでも、2018年に入ってFIFAから科された補強禁止処分が解除されると、新年最初の公式戦となったコパ・デル・レイ5回戦1stレグのリェイダ戦ではジエゴ・コスタ、ビトロという2人の新戦力が早速デビューを飾り、チームはジエゴ・コスタの復帰弾を含め4-0の大勝。同じマドリッドに本拠を置くヘタフェを相手に新年リーガ初勝利を目指したこの一戦では、サウールを出場停止で欠いたものの、それ以外はベストメンバーを起用。前線はジエゴ・コスタが1トップに入り、2列目に右からグリーズマン、コレア、カラスコと並んだ。

▽対するヘタフェは昇格プレーオフを制した“20番目”のチームながら堅守速攻を武器に年内8位フィニッシュと大健闘。2018年最初の公式戦となる今節に向けては先発復帰が濃厚とされた柴崎はベンチスタートとなった。

▽立ち上がりから球際で激しい攻防が繰り広げられる中、4分にはカウンターから右サイドに抜け出したアンヘルがGKオブラクの前目のポジショニングを見てロングシュートも正面を突く。続く7分には再びヘタフェのカウンターからモリーナの絶妙な右クロスをファーでフリーのアマスが狙うが、ここはミートし切れずGKオブラクにセーブされる。

▽一方、ジエゴ・コスタにきっちりクサビが収まるアトレティコは徐々に攻勢を強めると、18分に先制点を奪う。バイタルエリアでコケから足元にパスを受けたグリーズマンが中央で3人のDFを引き付けてボックス右でフリーのコレアに短いラストパス。これをコレアが右足アウトを使ったダイレクトシュートでゴール左隅に流し込んだ。

▽その後はダービーらしいカードが飛び交う荒れ模様の展開の中、アトレティコが試合の主導権を握る。だが、堅守のヘタフェも簡単に決定機を許さない。逆に、ヘタフェは21分にアマス、35分にアンヘルと枠内シュートを浴びせていくが、ここはGKオブラクが危なげなくセーブ。前半はアトレティコの1点リードで終了した。

▽前半に7枚のイエローカードが出た白熱のダービーは、後半も拮抗した展開が続く。58分には浮き球のスルーパスに抜け出したジエゴ・コスタがシュートを狙うが、わずかに枠の上に外れる。

▽一方、攻勢を強めたいヘタフェは64分、ポルティージョとセルヒオ・モラを下げて柴崎とアルバロを同時投入。トップ下に入った柴崎はいきなり好位置でのFKを獲得するが、これは決定機に繋がらず。

▽すると68分にはこの試合の主役ジエゴ・コスタが魅せる。右サイドを突破したヴルサリコが絶妙なグラウンダーのクロスを供給。これをタイミング良くゴール前に走り込んだジエゴ・コスタが右足ダイレクトで流し込み、公式戦2試合連続ゴールを達成。しかし、このゴールセレブレーションでゴール裏スタンドまで上がったジエゴ・コスタに対して、主審は遅延行為と判断しこの試合2枚目の警告を掲示。スペイン代表FWは歓喜から一転、リーガ再デビュー戦で退場処分となった。

▽数的優位を生かして追いつきたいヘタフェはリスクを冒して前に出る。中盤でボールを引き出して捌く柴崎を起点にアタッキングサードまでボールを運ぶものの、専守防衛に入ったアトレティコを崩し切ることができない。

▽結局、試合はこのまま2-0でタイムアップ。リーガ復帰弾に退場とジエゴ・コスタ劇場を演じたアトレティコが、新年最初のリーガを快勝で飾った。一方、敗れたヘタフェは2018年黒星スタートとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

今季最多3発で圧勝のアトレティコが今季初連勝で次節ダービーに弾み《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第6節のアトレティコ・マドリーvsウエスカが25日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが3-0で勝利した。 ▽前節、ヘタフェとの自治州ダービーを新戦力レマルの移籍後初ゴールを含む2点に絡む活躍で快勝したアトレティコはリーグ3戦ぶりの白星。今季初の連勝を目指す今節は昇格組ウエスカをホームで迎え撃った。 ▽今週末に敵地で戦う今季リーガ最初のマドリード・ダービーを控えるシメオネ監督だが、ゴディンやコケ、ジエゴ・コスタ、グリーズマンと主力を揃って起用。その一方で、選手層に不安を抱える右サイドバックに20歳のカンテラーノ、カルロス・イサークを抜擢した。 ▽クラブOBのレオ・フランコ監督率いる昇格組相手に立ち上がりから攻勢を仕掛けるアトレティコは立ち上がりの16分に先制点を奪う。トーマスの縦パスをコレアが巧みなポストワークで自身を追い越してボックス右に走り込むジエゴ・コスタに繋ぐ。最後はスペイン代表FWからのマイナスの折り返しをグリーズマンが左足で流し込んだ。 ▽見事な4人の連係で先手を奪ったアトレティコはここから畳みかける攻めを見せる。29分にはボックス手前でボールを持ったトーマスが右足を一閃。地を這う低い弾道のシュートがゴール左隅を射抜き2点目を奪取。さらに33分にはボックス手前でボールを持ったコケがゴール前に飛び込むコレアへ浮き球のパスを送る。コレアはボールに触れなかったもののこのパスがそのままゴールネットを揺らす。ウエスカサイドはオフサイドを主張するも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ゴールが認められた。 ▽その後、前半終盤にホセ・ヒメネスが負傷しリュカの投入を余儀なくされたアトレティコだが、後半も余裕の試合運びを見せる。53分にはグリーズマンを下げてカリニッチ、65分にはジエゴ・コスタを下げてジェウソン・マルティンスを続けて投入。週末のダービーに向けて主力を休ませつつ、新戦力に調整の場を与える。 ▽後半は完全に省エネモードに入ったアトレティコはアピールしたいジェルソン・マルティンスやカリニッチが散発ながらチャンスに絡んだものの、後半にゴールを挙げることはできず。それでも、持ち味の堅守で前半のリードをきっちり守り切って3-0の快勝。今季初の連勝を飾ったシメオネ監督率いるチームが最高の形で敵地サンティアゴ・ベルナベウに乗り込むことになった。 2018.09.26 07:14 Wed
twitterfacebook
thumb

イスコ、急性虫垂炎で離脱…マドリッド・ダービー欠場の可能性も

▽レアル・マドリーは25日、スペイン代表MFイスコが急性虫垂炎と診断されたことを発表した。公式サイトでは離脱期間は明かされていないものの、スペイン『マルカ』は“マドリッド・ダービー”欠場の可能性を伝えている。 ▽『マルカ』によると、レアル・マドリーはリーガエスパニョーラ第6節セビージャ戦の前日練習を25日に行ったものの、イスコは室内で過ごした。これにより、26日のセビージャ戦欠場が濃厚とされており、29日の第7節アトレティコ・マドリー戦も回避する可能性が指摘されている。 ▽今シーズン開幕当初、イスコは上がり切らないパフォーマンスからリーガ第3節、第4節とベンチスタートを味わっていたが、19日のチャンピオンズリーグ(CL)ローマ戦では3-0の勝利の皮切りとなる先制点を直接FKから記録。コンディションを上げていた中での負傷となった。 2018.09.25 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シメオネ、リーガ3強として扱われる現状に…「私たちはバルサでもマドリーでもない。アトレティコに対する要求をしてくれ」

アトレティコ・マドリーは25日にリーガ・エスパニョーラ第6節、本拠地ワンダ・メトロポリターノでのウエスカ戦に臨む。この試合の前日会見に出席したディエゴ・シメオネ監督は、自チームに対して過剰な期待がかけられているとの考えを述べている。<br><br>史上最高の陣容を揃えたと持て囃されながら、それに応じるようなシーズンスタートを切れず、批判を浴びたアトレティコ。シメオネ監督は、自チームがレアル・マドリーやバルセロナのような常勝軍団とは違うことを強調した。<br><br>「人々にはアトレティコに対する要求をしてほしい。私たちはバルサやマドリーではないし、もちろんヘタフェやジローナでもない。私たちはアトレティコであり、私たちなりの責任を背負っている。私たちが抱える目標は明確だ」<br><br>「チームは成長を続けているよ。私たちは攻撃を成り立たせるための改善を続けている。それはボールとともに攻めるということではなく、守備から始まることだ。私たちは自ゴールからより離れたところにポジションを取ろうとしている。ヘタフェ戦の後半は、よりコンパクトになることができたね」<br><br>「ただ批判は当たり前のことだと言わせてもらう。批判を歓迎するし、私たち見たく競争に臨むチームにはそれが必要なんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.25 00:19 Tue
twitterfacebook
thumb

グリーズマンが「キャリアで最も難しい決断」と認めたこと「夜中の3時に起きて話し合った」

アトレティコ・マドリーへの残留を決断したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは「キャリアで最も難しい決断」だったことを認めている。<br><br>グリーズマンはかねてよりバルセロナへの移籍が取り沙汰されてきたが、6月に残留を宣言。終わらない憶測の報道に終止符を打った。グリーズマンはフランス『テレフット』に「すでに話したように愛を感じた」と残留を決めた要因を挙げつつ、このように続ける。<br><br>「全員が、僕がどうするかを知りたがっていた。キャリアで最も難しい決断だったよ。夜中の3時に起きて妻と話し合ったこともあった」<br><br>アトレティコに残留したグリーズマンが見据えるはチャンピオンズリーグのタイトルだ。昨シーズンはグループステージで敗退を余儀なくされただけに、鼻息は荒い。<br><br>「チャンピオンズリーグでは、昨シーズンより良いものにしたい。ノックアウトステージにもたどり着けなかったからね。僕の失敗の大部分はメンタル面による影響だった」<br><br>提供:goal.com 2018.09.24 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ重鎮フアンフラン、声を上げる「2週間前は絶望的で今は世界最高…落ち着いてくれ」

アトレティコ・マドリーDFフアンフラン・トーレスが、ここ数週間の批判に対して声を上げた。<br><br>アトレティコ史上最高の陣容を揃えたとの意見もありながら、シーズン序盤につまずいたことで批判を浴びせられているアトレティコ。22日のリーガ・エスパニョーラ第5節、敵地コリセウム・アルフォンソ・ペレスでのヘタフェ戦を2&minus;0で制した後には、チームの重鎮の一人フアンフランが、ファンに落ち着くよう促している。<br><br>「2週間前から批判が出始めたが、自分はナーバスにならなかった。まるで2週間前の僕たちは絶望的な状況で、勝利を収めた今は世界最高になったようだ。とにかく落ち着いてほしい。僕たちが行っている仕事を信じてもらいたい」<br><br>「僕たちのファンには、アトレティコ・マドリーがいつも全力を尽くしていることを知っていてほしいんだ。結果が出ようが出まいが、僕たちはそうしているし、今は少しずつ結果が出始めている」<br><br>「批判する大部分の人々は、アトレティコのことをあまり分かっていない。困難があるのは、毎シーズンのことだ。僕たちの競争相手にはマドリーとバルサがいるんだし、簡単なことなんて何もないんだよ。アトレティコに厳しい要求を課しているのは、チーム自身にほかならない。僕たちは日々、努力をしている。これから、絶対にうまくいくはずなんだ」<br><br>ヘタフェ戦勝利で今季リーガの成績を2勝2分け1敗としたアトレティコは、25日に本拠地ワンダ・メトロポリターノにウエスカを迎え、そして29日には敵地サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリーとのダービーに臨む。<br><br>提供:goal.com 2018.09.23 23:58 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース