リーガ復帰弾&退場のジエゴ・コスタ劇場! アトレティコが柴崎途中出場のヘタフェに完勝《リーガエスパニョーラ》2018.01.06 23:03 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第18節、アトレティコ・マドリーvsヘタフェが6日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳は64分からプレーしている。

▽2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点36)と8位のヘタフェ(勝ち点23)による“オトラ・マドリッド・ダービー”。

▽前節、格下エスパニョール相手に0-1で競り負け、2017年最終戦で今季のリーガ初黒星を喫したアトレティコ。それでも、2018年に入ってFIFAから科された補強禁止処分が解除されると、新年最初の公式戦となったコパ・デル・レイ5回戦1stレグのリェイダ戦ではジエゴ・コスタ、ビトロという2人の新戦力が早速デビューを飾り、チームはジエゴ・コスタの復帰弾を含め4-0の大勝。同じマドリッドに本拠を置くヘタフェを相手に新年リーガ初勝利を目指したこの一戦では、サウールを出場停止で欠いたものの、それ以外はベストメンバーを起用。前線はジエゴ・コスタが1トップに入り、2列目に右からグリーズマン、コレア、カラスコと並んだ。

▽対するヘタフェは昇格プレーオフを制した“20番目”のチームながら堅守速攻を武器に年内8位フィニッシュと大健闘。2018年最初の公式戦となる今節に向けては先発復帰が濃厚とされた柴崎はベンチスタートとなった。

▽立ち上がりから球際で激しい攻防が繰り広げられる中、4分にはカウンターから右サイドに抜け出したアンヘルがGKオブラクの前目のポジショニングを見てロングシュートも正面を突く。続く7分には再びヘタフェのカウンターからモリーナの絶妙な右クロスをファーでフリーのアマスが狙うが、ここはミートし切れずGKオブラクにセーブされる。

▽一方、ジエゴ・コスタにきっちりクサビが収まるアトレティコは徐々に攻勢を強めると、18分に先制点を奪う。バイタルエリアでコケから足元にパスを受けたグリーズマンが中央で3人のDFを引き付けてボックス右でフリーのコレアに短いラストパス。これをコレアが右足アウトを使ったダイレクトシュートでゴール左隅に流し込んだ。

▽その後はダービーらしいカードが飛び交う荒れ模様の展開の中、アトレティコが試合の主導権を握る。だが、堅守のヘタフェも簡単に決定機を許さない。逆に、ヘタフェは21分にアマス、35分にアンヘルと枠内シュートを浴びせていくが、ここはGKオブラクが危なげなくセーブ。前半はアトレティコの1点リードで終了した。

▽前半に7枚のイエローカードが出た白熱のダービーは、後半も拮抗した展開が続く。58分には浮き球のスルーパスに抜け出したジエゴ・コスタがシュートを狙うが、わずかに枠の上に外れる。

▽一方、攻勢を強めたいヘタフェは64分、ポルティージョとセルヒオ・モラを下げて柴崎とアルバロを同時投入。トップ下に入った柴崎はいきなり好位置でのFKを獲得するが、これは決定機に繋がらず。

▽すると68分にはこの試合の主役ジエゴ・コスタが魅せる。右サイドを突破したヴルサリコが絶妙なグラウンダーのクロスを供給。これをタイミング良くゴール前に走り込んだジエゴ・コスタが右足ダイレクトで流し込み、公式戦2試合連続ゴールを達成。しかし、このゴールセレブレーションでゴール裏スタンドまで上がったジエゴ・コスタに対して、主審は遅延行為と判断しこの試合2枚目の警告を掲示。スペイン代表FWは歓喜から一転、リーガ再デビュー戦で退場処分となった。

▽数的優位を生かして追いつきたいヘタフェはリスクを冒して前に出る。中盤でボールを引き出して捌く柴崎を起点にアタッキングサードまでボールを運ぶものの、専守防衛に入ったアトレティコを崩し切ることができない。

▽結局、試合はこのまま2-0でタイムアップ。リーガ復帰弾に退場とジエゴ・コスタ劇場を演じたアトレティコが、新年最初のリーガを快勝で飾った。一方、敗れたヘタフェは2018年黒星スタートとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ、モナコのフランス代表MFトマ・レマル獲得を正式発表

▽アトレティコ・マドリーは19日、モナコに所属するフランス代表MFトマ・レマル(22)のメディカルチェックを終え、正式にサインしたことを発表した。具体的な条件については明かされていない。 ▽2015年にカーンからモナコに加入したレマルは、卓越した左足の技術とパス精度、攻撃センスを武器にリーグ・アン屈指の攻撃的MFに成長。昨夏にはレアル・マドリーやプレミアリーグのビッグクラブからの関心が伝えられた中、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(現マンチェスター・ユナイテッド)の後釜としてアーセナル加入寸前にまで迫ったものの、結局交渉は破談となり、移籍は実現しなかった。 ▽今シーズンも公式戦38試合3ゴール10アシストを記録したレマルにはアトレティコが強い関心を示しており、先日にスペイン『アス』は9000万ユーロ(約115億円)の巨額オファーを掲示する準備があると報道。そんな中、 アトレティコとモナコは12日に条件面で大筋合意に至ったことを発表していた。 ▽なお、フランス『レキップ』の12日の報道によると、具体的な金額に関しては言及していないものの、今回の契約には2年間の買い戻しオプションが組み込まれている模様。また、背番号10を着用する見込みであることも伝えられていた。 2018.06.19 09:20 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、フランス代表のグリーズマン&リュカと契約延長!

▽アトレティコ・マドリーは19日、フランス代表FWアントワーヌ・グリーマン(27)と同国代表DFリュカ・エルナンデス(22)の契約を延長したことを発表した。契約期間はグリーズマンが2023年6月30日、リュカが2024年6月30日まで。 ▽2014年7月にレアル・ソシエダからアトレティコ・マドリーに加入したグリーズマン。これまで公式戦209試合に出場して112ゴール40アシストを記録している。今シーズンも29ゴール15アシストという成績を残し、ヨーロッパリーグ優勝にも貢献。これまでマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナへの移籍が有力となっていた中で、14日にはアトレティコ残留を明言していた。 ▽アトレティコの下部組織出身であるリュカは、2014-15シーズンにトップチームデビュー。今シーズンは公式戦44試合に出場して、フランス代表にも初招集された。現在はグリーズマンと共にロシア・ワールドカップに参戦している。 2018.06.19 08:31 Tue
twitterfacebook
thumb

今夏の去就が注目されたグリーズマンがアトレティコ残留を明言! 「僕はアトレティコに留まることを決めた」

▽フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)は14日、スペインの放送局『Cero』のミニドキュメンタリー『Movistar+』にて、来季もアトレティコ・マドリーに残留することを明言した。 ▽2022年までアトレティコ・マドリーとの契約を残しているグリーズマン。だが、事前の報道でマンチェスター・ユナイテッドの関心も取り沙汰される中で、今夏のバルセロナ移籍が有力的な情勢として、去就に注目が集まっていた。 ▽以前からロシア・ワールドカップを目途に去就を決定すると明かしていたグリーズマンは、14日に自身のツイッターで「14日の21時15分(日本時間:15日4時15分)に自身の去就について語るビデオが公開される」と発表していた。 ▽今回公開されたビデオでグリーズマンは、「僕はアトレティコに留まることを決めた。もう我慢することはない。僕はアトレティコに残留すると多くの人に伝えたいね」と、残留を明言した。 2018.06.15 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、宿敵レアル・マドリーが興味を示していたウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスと2023年まで契約延長!

▽アトレティコ・マドリーは13日、ウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス(23)との契約を2023年まで延長したことを発表した。 ▽今夏の移籍市場でレアル・マドリーやユベントスらが獲得に興味を示していたホセ・ヒメネスは、クラブ公式サイトで今回の契約延長への満足感を示した。 「アトレティコと新たな契約を結べてとても幸せだよ。クラブが僕のことを信用してくれていることを感じているし、感謝しているよ」 「アトレティコに加入してから僕は成長を実感しているし、クラブとしても多くのタイトルも獲得した。僕たちはヨーロッパで地位を確立しているし、素晴らしいスタジアムも立てた。そして、今後もアトレティコの大きなプロジェクトに参加できることは僕にとって名誉なことだよ」 ▽母国のダヌービオFCで17歳の若さにしてプロデビューを果たしたヒメネスは、2013年夏にアトレティコ・マドリーに移籍した。しかし、公式戦17試合のみの出場に終わった昨シーズンには、インテルやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールへの移籍の噂が噴出。それでも今シーズンは公式戦38試合に出場し、チームの堅守に大きく貢献した。 2018.06.14 04:40 Thu
twitterfacebook
thumb

レマルがロヒブランコの新10番に! アトレティコとモナコがプレ合意を発表!

▽アトレティコ・マドリーとモナコは12日、フランス代表MFトマ・レマル(22)の移籍に関して条件面で大筋合意に至ったことを発表した。両クラブは今後数日以内に条件面の細部を詰めて正式発表を行う予定だ。 ▽2015年にカーンからモナコに加入したレマルは、卓越した左足の技術とパス精度、攻撃センスを武器にリーグ・アン屈指の攻撃的MFに成長。昨夏にはレアル・マドリーやプレミアリーグのビッグクラブからの関心が伝えられた中、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(現マンチェスター・ユナイテッド)の後釜としてアーセナル加入寸前にまで迫ったものの、結局交渉は破談となり、移籍は実現しなかった。 ▽今シーズンも公式戦38試合3ゴール10アシストを記録したレマルにはアトレティコが強い関心を示しており、先日にスペイン『アス』は9000万ユーロ(約115億円)の巨額オファーを掲示する準備があると伝えていた。 ▽なお、フランス『レキップ』は12日、具体的な金額に関しては言及していないものの、アトレティコとモナコがレマルの移籍金に関して合意に至ったと主張。なお、今回の契約では2年間の買い戻しオプションが組み込まれているようだ。また、レマルはアトレティコ加入が決定した場合、背番号10を着用することになるようだ。 2018.06.13 04:48 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース