リーガ復帰弾&退場のジエゴ・コスタ劇場! アトレティコが柴崎途中出場のヘタフェに完勝《リーガエスパニョーラ》2018.01.06 23:03 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第18節、アトレティコ・マドリーvsヘタフェが6日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳は64分からプレーしている。

▽2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点36)と8位のヘタフェ(勝ち点23)による“オトラ・マドリッド・ダービー”。

▽前節、格下エスパニョール相手に0-1で競り負け、2017年最終戦で今季のリーガ初黒星を喫したアトレティコ。それでも、2018年に入ってFIFAから科された補強禁止処分が解除されると、新年最初の公式戦となったコパ・デル・レイ5回戦1stレグのリェイダ戦ではジエゴ・コスタ、ビトロという2人の新戦力が早速デビューを飾り、チームはジエゴ・コスタの復帰弾を含め4-0の大勝。同じマドリッドに本拠を置くヘタフェを相手に新年リーガ初勝利を目指したこの一戦では、サウールを出場停止で欠いたものの、それ以外はベストメンバーを起用。前線はジエゴ・コスタが1トップに入り、2列目に右からグリーズマン、コレア、カラスコと並んだ。

▽対するヘタフェは昇格プレーオフを制した“20番目”のチームながら堅守速攻を武器に年内8位フィニッシュと大健闘。2018年最初の公式戦となる今節に向けては先発復帰が濃厚とされた柴崎はベンチスタートとなった。

▽立ち上がりから球際で激しい攻防が繰り広げられる中、4分にはカウンターから右サイドに抜け出したアンヘルがGKオブラクの前目のポジショニングを見てロングシュートも正面を突く。続く7分には再びヘタフェのカウンターからモリーナの絶妙な右クロスをファーでフリーのアマスが狙うが、ここはミートし切れずGKオブラクにセーブされる。

▽一方、ジエゴ・コスタにきっちりクサビが収まるアトレティコは徐々に攻勢を強めると、18分に先制点を奪う。バイタルエリアでコケから足元にパスを受けたグリーズマンが中央で3人のDFを引き付けてボックス右でフリーのコレアに短いラストパス。これをコレアが右足アウトを使ったダイレクトシュートでゴール左隅に流し込んだ。

▽その後はダービーらしいカードが飛び交う荒れ模様の展開の中、アトレティコが試合の主導権を握る。だが、堅守のヘタフェも簡単に決定機を許さない。逆に、ヘタフェは21分にアマス、35分にアンヘルと枠内シュートを浴びせていくが、ここはGKオブラクが危なげなくセーブ。前半はアトレティコの1点リードで終了した。

▽前半に7枚のイエローカードが出た白熱のダービーは、後半も拮抗した展開が続く。58分には浮き球のスルーパスに抜け出したジエゴ・コスタがシュートを狙うが、わずかに枠の上に外れる。

▽一方、攻勢を強めたいヘタフェは64分、ポルティージョとセルヒオ・モラを下げて柴崎とアルバロを同時投入。トップ下に入った柴崎はいきなり好位置でのFKを獲得するが、これは決定機に繋がらず。

▽すると68分にはこの試合の主役ジエゴ・コスタが魅せる。右サイドを突破したヴルサリコが絶妙なグラウンダーのクロスを供給。これをタイミング良くゴール前に走り込んだジエゴ・コスタが右足ダイレクトで流し込み、公式戦2試合連続ゴールを達成。しかし、このゴールセレブレーションでゴール裏スタンドまで上がったジエゴ・コスタに対して、主審は遅延行為と判断しこの試合2枚目の警告を掲示。スペイン代表FWは歓喜から一転、リーガ再デビュー戦で退場処分となった。

▽数的優位を生かして追いつきたいヘタフェはリスクを冒して前に出る。中盤でボールを引き出して捌く柴崎を起点にアタッキングサードまでボールを運ぶものの、専守防衛に入ったアトレティコを崩し切ることができない。

▽結局、試合はこのまま2-0でタイムアップ。リーガ復帰弾に退場とジエゴ・コスタ劇場を演じたアトレティコが、新年最初のリーガを快勝で飾った。一方、敗れたヘタフェは2018年黒星スタートとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

エイバルに辛勝のアトレティコ、シメオネは「勝敗の正当性は求めない。あるのは結果のみ」

13日のリーガエスパニョーラ第19節、アトレティコ・マドリーは敵地イプルアでのエイバル戦に1-0で勝利した。ディエゴ・シメオネ監督は試合後、1点リードして迎えた後半にエイバルの勢いに呑まれたことを認めている。<br><br>スペイン『マルカ』がアルゼンチン人指揮官の試合後会見でのコメントを伝えた。<br><br>「前半の私たちはエイバルよりも優勢だった。ゴールを奪い、さらなるリードを得てハーフタイムを迎える状況を生み出していた。見事なトランジションでもって、危険な場面を生み出すことに成功していたね」<br><br>「一方で後半は、厳しく、難しいチームを相手にするときに起こるべくことが起こった。エイバルは時間が経つにつれて勢いを強めていき、私たちは後退を強いられたんだ。よって守備を固めることを決断し、エイバルの勢いを削ぐことに注力した」<br><br>また決勝点を記録したFWケヴィン・ガメイロについては、次のように述べている。<br><br>「私たちにとって、とても重要な選手であり、ゴール前最後の数メートルで凄まじいスピードを発揮してくれる」<br><br>GKヤン・オブラクが好セーブを連発したことで、何とか1点を守り切ったという印象のアトレティコ。正当な勝利であったのかを問われたシメオネ監督は、こう返している。<br><br>「勝っても負けても、正当かどうかという話はしない。そこにあるのは結果だけだ。チームの状態は、ゴールを決める状況をつくり出せているかどうかで判断できる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.15 01:23 Mon
twitterfacebook
thumb

エイバル乾貴士、アトレティコ戦の現地評価は「断続的だがその存在を感じさせた」

13日のリーガエスパニョーラ第19節、エイバルは本拠地イプルアでのアトレティコ・マドリー戦を0-1で落とした。フル出場を果たしたMF乾貴士は、現地メディアから一定の評価を得ている。<br><br>普段よりもボールに触れる機会こそ少なかったものの、惜しいミドルシュートを放つなど、随所で好プレーを見せた乾。スペイン『マルカ』の採点(3点満点)では、エイバルほか3選手と並びチーム最高タイとなる2点を付けられている(最高点はアトレティコ・マドリーGKヤン・オブラクの3点)。『マルカ』は寸評欄で、同選手について次のように記した。<br><br>「断続的だったが、プレーに関与すると、その存在を感じさせた」<br><br>一方スペイン『アス』の採点(3点満点)で、乾はエイバルのほか6選手と並んで、チーム最高タイとなる2点だった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.14 22:55 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコが乾フル出場のエイバルにガメイロ弾で辛勝《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第19節、エイバルvsアトレティコ・マドリーが13日に行われ、0-1でアトレティコが辛勝した。エイバルのMF乾貴士はフル出場している。 ▽前節ラス・パルマス戦を2-1と逆転勝利して3連勝とした7位エイバル(勝ち点27)は、乾が[4-4-2]の左MFで11試合連続スタメンとなった。 ▽一方、ジエゴ・コスタのリーガ復帰戦ゴールなどでヘタフェに勝利した2位アトレティコ(勝ち点39)は、4日前に行われたリェイダとのコパ・デル・レイ5回戦2ndレグを3-0と勝利して準々決勝進出を決めた。そのリェイダ戦のスタメンからリュカ以外の10選手を変更。出場停止のジエゴ・コスタ、ガビ、サビッチを除いた主力が先発に戻った。 ▽積極的な入りを見せたエイバルに対し、アトレティコは4分にグリーズマンのダイレクトパスでボックス右のスペースを突いたコレアがシュート。しかし、枠の左に外れた。 ▽その後も前がかるエイバルの背後を突くアトレティコは、11分に決定機。カウンターに転じて中央を持ち上がったグリーズマンのパスをボックス右のヴルサリコが折り返し、ファーサイドのコケがシュート。しかし、惜しくも枠を捉えきれなかった。 ▽それでも27分、コケのスルーパスに反応してボックス右のスペースを突いたグリーズマンの折り返しを、ファーサイドのガメイロが受けてGKとの一対一を制した。 ▽順当に先制したアトレティコは、ハーフタイムにかけてもエイバルに隙を見せず、磐石の試合運びで1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽後半からアレホに代えてオレジャーナを投入したエイバルが押し込む展開としたものの、自陣に引くアトレティコを崩すには至らない。 ▽守備を固めて時間を消化するアトレティコは、69分にガメイロに代えてA・フェルナンデスを投入し、逃げ切りを図った。 ▽そんな中、78分にエイバルは左CKからようやくパウロ・オリベイラがヘディングシュートで初のオンターゲットを記録。しかし、シュートはGKオブラクの正面を突いた。 ▽さらに85分、左サイドの乾がカットインから枠内シュートを浴びせたが、GKオブラクの好守に阻まれてしまう。終盤、猛攻を見せたエイバルはペーニャのヘディングシュートやオレジャーナのボレーシュートでゴールに迫ったが、最後まで得点を奪うには至らず0-1で敗戦。 ▽アトレティコが辛勝して2連勝とした一方、敗れたエイバルは8試合ぶりの黒星を喫している。 2018.01.14 04:40 Sun
twitterfacebook
thumb

シメオネ、チーム管理が最も難しかったのは「補強ができなかったとき」

13日のリーガエスパニョーラ第19節、アトレティコ・マドリーは敵地イプルアでのエイバル戦に臨む。前日会見に出席したディエゴ・シメオネ監督は、イプルアのような狭いピッチでは、守備から攻撃のトランジションが鍵を握るとの見解を示している。<br><br>「エイバルは興味深いフットボールを実践しているね。コンパクトにまとまり、良質な2トップと良い飛び出しを見せるサイドの選手がいる。私たちのアイデアは明確で、守備から攻撃のトランジションをうまく扱っていきたい。あそこのピッチでは、それが決定的な要素となる」<br><br>この冬にFIFAの補強禁止処分が解除され、FWジエゴ・コスタ、MFビトロを加えたアトレティコだが、シメオネ監督は処分中のチーム管理が困難なものであったことを告白した。<br><br>「私にとって最も難しかったのは、補強ができなくなり、所属する選手たちを説得しなければならなかったことだった。偉大な選手たちには成長を続けることを促し、若手には訪れるチャンスを逃してはならないと説いたよ。現在は、大切な選手たちをしっかりと扱っていかなければならない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.13 22:48 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第19節プレビュー】前半戦無敗締め狙うバルサは鬼門アノエタへ!

▽先週末に行われた2018年初戦となった第18節では、バルセロナとアトレティコ・マドリー、バレンシアの上位3チームが幸先良く勝利した一方、レアル・マドリー、セビージャ、ビジャレアルの第2グループ3チームがいずれも勝ち点を取りこぼす結果となった。また、エイバルのMF乾貴士、ヘタフェのMF柴崎岳はいずれも新年初出場を果たしていた。 ▽前半戦最終戦となる今節では、ここまで15勝3分けの無敗を継続する首位のバルセロナ(勝ち点48)と、12位のレアル・ソシエダ(勝ち点23)の一戦に注目が集まる。バルベルデ新監督の下で開幕から進撃が続くバルセロナだが、今回の試合会場であるアノエタでは、直近のリーグ戦で7戦未勝利(5敗2分け)と極端に苦手とする鬼門中の鬼門だ。現在、2位のアトレティコに9ポイント差を付けていることを考えれば、最悪引き分けでも問題はないが、開幕からの良い流れを途切れさせないためにもアノエタでの悪いジンクスを払しょくしたいところだ。ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ5回戦2ndレグではカンプ・ノウでセルタを破り、ベスト8進出を決定。ただ、主力数名を同試合で起用しており、ややコンディション面に不安を残す。また、先日に加入が決定したMFコウチーニョは太もものケガで3週間の離脱を強いられており、デビューはお預けとなっている。 ▽鬼門アノエタでのバルセロナの取りこぼしを期待しつつ、勝ち点差を縮めたい2位のアトレティコは、現在3連勝中で7戦無敗(6勝1分け)と絶好調の7位エイバル(勝ち点27)との難しいアウェイゲームに臨む。前節、再デビューを飾ったFWジエゴ・コスタの復帰弾などでヘタフェに快勝を収めたアトレティコは、ミッドウィークのコパでも格下リェイダ相手に同じく今冬加入のMFビトロの初ゴールなどで勝ち切って公式戦2連勝中だ。しかし、エイバル戦に向けてはヘタフェ戦で退場したジエゴ・コスタのほか、DFサビッチ、MFガビと3人の主力を出場停止で欠く。そのため、代役を担う控え選手の活躍と共に、新年リーガ初ゴールを目指すエースFWグリーズマンの活躍に期待したいところだ。 ▽一方、乾の3試合連続ゴールは実現しなかったものの、最下位ラス・パルマスに2-1で競り勝ったエイバル。ここ最近では持ち味の粘り強い守備に加え、乾やMFアレホの個人技を生かしたカウンターの精度も高まっており、今回のアトレティコ戦に向けては0-0の時間をできるだけ長くキープし、焦れて前に出てきた相手をカウンターで仕留めたいところだ。 ▽前節、セルタ相手に痛恨のドローを喫したレアル・マドリー(勝ち点32)は、バルセロナとの暫定勝ち点差が「16」に開き、逆転での連覇は絶望的に。さらに、ミッドウィークのコパではベスト8進出を決めたが、格下ヌマンシア相手にホームで引き分け、公式戦2試合連続ドローとなった。ジダン監督と選手たちが緊急会合を開くなど、後半戦に向けて立て直しを図るチームは今節、6位のビジャレアル(勝ち点28)との上位対決に臨む。対戦相手のビジャレアルはチーム得点王のFWバカンブが中国に旅立ったものの、タレント揃いの好チーム。その難しい相手に対して、苦境に立たされる現チームはどんな戦いを見せるか。 ▽その他では11位のヘタフェ(勝ち点23)と19位のマラガ(勝ち点11)の一戦と、3位のバレンシア(勝ち点37)や5位のセビージャ(勝ち点29)の上位陣2チームの戦いに注目したい。前節、アトレティコとのダービーに敗れたものの、途中出場で上々のパフォーマンスを見せた柴崎にはマラガ戦での先発復帰が期待される。また、17位のデポルティボ(勝ち点16)のホームに乗り込むバレンシアは連勝を、前節セビージャ・ダービーに大敗したセビージャは、18位のアラベス(勝ち点15)を相手にモンテッラ新体制で初のリーガ勝利を目指す。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第19節》 ▽1/12(金) 《29:00》 ヘタフェ vs マラガ ▽1/13(土) 《21:00》 ジローナ vs ラス・パルマス 《24:15》 レアル・マドリー vs ビジャレアル 《26:30》 エイバル vs アトレティコ・マドリー 《28:45》 デポルティボ vs バレンシア ▽1/14(日) 《20:00》 レバンテ vs セルタ 《24:15》 アラベス vs セビージャ 《26:30》 エスパニョール vs ビルバオ 《28:45》 レアル・ソシエダ vs バルセロナ ▽1/15(月) 《29:00》 ベティス vs レガネス</div> 2018.01.12 18:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース