モハメド・サラーがエジプト人初のアフリカ年間最優秀選手賞2018.01.05 09:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールに所属するエジプト代表MFモハメド・サラー(25)がアフリカサッカー連盟(CAF)選定の2017年度におけるアフリカ最優秀選手賞を初受賞した。エジプト人の受賞も初となる。

▽昨シーズンまでローマでプレーしたサラーは、クラブだけでなく、エジプト代表としても28年ぶりのワールドカップ(W杯)出場に導く原動力に。今シーズンから加わったリバプールでもここまでプレミアリーグ21試合17ゴール5アシストと、群を抜く活躍を披露している。

▽なお、初の栄誉に輝いたサラーは、625ポイントを獲得。リバプールのセネガル代表MFサディオ・マネ(507ポイント)や、ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(311ポイント)を抑えての受賞となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:ロシア 3-1 エジプト《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループA第2節、ロシア代表vsエジプト代表が19日にサンクトペテルブルク・スタジアムで行われ、3-1でロシアが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ロシア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アキンフェエフ 5.5 PKはノーチャンス。その他の場面では難しい仕事はなかった DF 2 マリオ・フェルナンデス 6.0 的確な守備に加えチームの2点目をアシスト 3 クテポフ 6.0 安定した守備力を発揮。クロスをはね返し続けた 4 イグナシェビッチ 5.5 ジルコフと共にサラーのドリブルを封じた 18 ジルコフ 5.5 対面したサラーを封じ込めた。攻撃でもアクセントに (→クドリャショフ -) MF 8 ガジンスキー 5.5 ゾブニンと共にロシアの高いポゼッションを演出 11 ゾブニン 5.5 先制点となったOGを誘発するミドルシュートを放ったが、PK献上のファウルも 19 サメドフ 5.5 今日のロシアの攻撃の起点は右サイド。上下運動を繰り返し何度もチャンスに絡んだ 17 ゴロビン 5.5 トップ下でタクトを振った。ロシアの攻撃にはいつもこの男がいた 6 チェリシェフ 6.5 勝利を手繰り寄せる2点目を決める。ジルコフとの左サイドは相手の脅威だった (→クジャイェフ 5.0) 見せ場は作れなかった FW 22 ジューバ 6.0 2試合連続ゴールでロシアの勝利をより確実なものに。常に前線でボールを引き込む動きをしていた (→スモロフ -) 監督 チェルチェソフ 6.0 第1節で結果を出した選手を起用して見事に試合に勝利してみせた。開幕2連勝でグループステージ突破に大きく前進 ▽エジプト採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 23 エル・シェナウィ 5.0 仕方がないとはいえ3失点は印象が悪い DF 7 ファティ 5.0 それまでよく守っていたが痛恨のOGを献上… 2 ガブル 5.0 3失点目の原因に。ジューバに躱されたシーンは少し軽すぎたか 6 ヘガジ 5.5 攻められる時間が長かったが集中力を切らさず最後まで戦った 13 アブデルシャフィ 5.0 左サイドは後手に回り、攻め上がりも期待できなかった MF 17 エルネニー 5.0 中盤はロシアに制圧されてしまった (→ワルダ 5.0) 投入後は右サイドに入ったが効果的なプレーは見せられず 8 ハメド 5.5 中盤争いは後手に回ったが、衰えない運動量で攻撃にも参加 10 サラー 5.5 ボールを持っても味方のサポートが薄くなかなかチャンスを作れなかった。それでも自ら得たPKで大会初得点を記録した 19 アブドゥラ・サイード 5.0 ややサラーに頼った攻撃に終始。自ら仕掛けていく姿勢がもっと見たかった 21 トレゼゲ 5.5 運動量は見せたが良い攻撃はできなかった (→ソブヒ 5.0) 打開のための交代だったが変化をもたらすことが出来ず FW 9 モフセン 5.0 高さで勝負したが良い結果は得られなかった (→カハラバ -) 監督 クーペル 5.0 ウルグアイ戦に続いて2連敗。交代策も意味をなさず、頼みのサラーをサポートできず ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! デニス・チェリシェフ(ロシア) ▽この日の2点目を決めて開幕2試合連続ゴールを記録。左サイドは完全に制圧した ロシア3-1エジプト 【ロシア】 OG(後2) チェリシェフ(後14) ジューバ(後17) 【エジプト】 サラー(後28[PK]) 2018.06.20 04:59 Wed
twitterfacebook
thumb

チェリシェフ&ジューバの開幕2戦連続ゴールがロシアを勝利に導く!W杯初出場初得点のサラーの奮闘も虚しく…《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループA第2節、ロシア代表vsエジプト代表が19日にサンクトペテルブルク・スタジアムで行われ、3-1でロシアが勝利した。 ▽サウジアラビア代表との初戦を5-0で大勝したロシア。この上ないスタートを切った開催国は、勝てばグループステージ突破がぐっと近づく第2節に向けて前節から2選手変更。負傷したジャゴエフとスモロフを代えて、チェリシェフとジューバを起用。この2選手は途中交代から得点している。 ▽一方のエジプトは、第1節ではウルグアイ代表相手に試合終了間際の被弾で惜敗。負ければ敗退が現実的となるこの一戦に向けて、前節はケガの影響で欠場したサラーがワルダに代わって先発出場。W杯初出場を果たした。 ▽序盤は前節の勢いそのままにロシアがエジプトを攻め立てる。5分、ボックス外からゾブニンがシュートを放つと、これが相手に当たりCKを獲得。その流れから今度はイグナシェビッチが迫るがGKエル・シャナウィに止められる。さらにボールを奪われた後の対応も良く、素早いチェックでサラーの高速カウンターを許さない。 ▽そのサラーがボールをまともに触ったのは10分過ぎ、左サイドからのサイドチェンジを受けてボックス右を攻めるが、経験豊富なジルコフがきっちり締める。エジプトは16分にトレゼゲがボックス左からシュートを狙って初めてチャンスを迎えた。 ▽その後は均衡した試合に。互いに高い集中力を保ち、相手にチャンスを与えない。だが、それでもサラーは気にしない。味方からのパスをゴール前で受けると、相手を背にしながら強引に反転してシュートを打っていた。これは枠には飛ばなかったがサラーのこの試合初シュートとなった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、試合はようやく動きを見せる。47分、右サイドから攻めるロシアはセンタリングを上げる。これはGKエル・シャナウィに弾き返されるが、このボールをゾブニンがダイレクトでシュートすると、ファティに当たってオウンゴール。ラッキーな一撃でロシアが先制に成功した。 ▽さらにロシアは59分、右サイドの攻撃からボックスに侵入したマリオ・フェルナンデスのクロスをチェリシェフが左足で丁寧に合わせ追加点。さらに62分には、自陣からのクテポフのプレースキックをゴール前で抑えたジューバが、ガブルをかわしてゴールに流し込んだ。チェリシェフとジューバは開幕から2試合連続ゴールとなった。 ▽厳しい状況に立たされたエジプトは67分にサラーのパスからトレゼゲが狙うが、惜しくも枠の右に。それでも72分、サラーがボックス内でゾブニンに倒されPKを獲得。これを自ら沈めて2点差に。サラーはW杯初得点を記録した。 ▽その後、少し息を吹き返したエジプトが終盤にかけて相手を押し込むがサラーを中心とした攻撃は悉く跳ね除けられ追加点を奪うことはできず。試合は3-1でロシアが勝利。開幕から2連勝を飾り、グループステージ突破に大きく前進した。 2018.06.20 04:58 Wed
twitterfacebook
thumb

【W杯グループA第2節プレビュー】連勝目指すロシアがサラー復帰濃厚エジプトと対戦、ウルグアイは2連勝必至

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループA第2節が19日にスタートする。27:00から白星スタートを切った開催国のロシアと惜敗スタートのエジプトが対戦し、20日の24:00から劇的勝利を飾ったウルグアイと大敗スタートのサウジアラビアが対戦する。 ◆チーム情報:大勝したロシアとサラー温存エジプト ▽まずは19日開催のロシアvsエジプトから。下馬評の低かったロシアだが、サウジアラビアに5発大勝し、最高のスタートを切った。攻撃の核であるジャゴエフが負傷したものの、次世代のロシアを担うと思われたゴロビンが4ゴールに絡むなど躍動し、希望の星となった。4バックへのシステム変更も奏功しており、エジプト戦に向けて最高のチーム状態となっている。 ▽対するエジプトはサラーをベンチに置きながらも出場させず、グループ突破の本命であるウルグアイに終了間際の被弾を浴びて痛恨の黒星スタートとなった。ウルグアイ戦では組織的な守備でスアレスとカバーニの両ストライカーをうまく封じていたが、最後にセットプレーから失点してしまった。とはいえ、ウルグアイ相手にサラー抜きで善戦できたのはチームに大きな自信を与えたはずだ。 ◆注目選手:新星ゴロビンvs英雄サラー ▽ロシアの注目選手はサウジアラビア戦で輝きを放った新星のゴロビンだ。ジャゴエフ負傷後、トップ下に移ったゴロビンは正確なボールスキルと精度の高いキックでチャンスを創出。先制点と3点目を高精度クロスでアシストし、試合終了間際に直接FKを叩き込んで見せた。1ゴール2アシストの活躍を見せたゴロビンは、サウジアラビアより1ランク上のチームであるエジプトを撃破し、ロシアにとってノルマである決勝トーナメント進出に導くような活躍を引き続き見せられるか。 ▽一方のエジプトは言わずもがなサラーに注目だ。初戦で起用できる状態にあったはずだったが、クーペル監督は試合展開も考慮したのか、大事を取って温存。結果的にチームは負けてしまったが、サラーにとってはより良いコンディションでロシア戦に臨めることとなった。万全のコンディションで挑める中、リバプールで今季見せたようなハイパフォーマンスをW杯の舞台で発揮できるか。 ◆ロシア予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupA2_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆エジプト予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupA2_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupA2_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆チーム情報:結果を手にしたウルグアイと失望のサウジ ▽続いて20日24:00開催のウルグアイvsサウジアラビア。ウルグアイは初戦のエジプト戦ではチグハグな攻撃に終始。強力2トップが機能せず、終了間際のセットプレー弾で辛くも勝利を収めるに留まった。とはいえ、引き分け濃厚かと思われた試合を拾ったことでサウジアラビア戦に向けて気持ちの面で余裕が生まれたはず。格下サウジアラビアに大勝し、勢いに乗りたい。 ▽一方のサウジアラビアは序盤こそロシアと対等に渡り合ったものの、失点以降はロシア相手に何もできなかった。実力差を見せ付けられた中、ロシアより格上のウルグアイ相手に勝機を見いだすことは不可能に近い。 ◆注目選手:不調スアレスに代わってカバーニに期待 ▽ウルグアイの注目選手はカバーニを挙げたい。エジプト戦では期待のスアレスが大ブレーキで苦戦の要因となった。もちろん出し手の問題も大いにあったが、スアレス自身の身体の重さも気がかり。そこで相棒のカバーニに期待を懸けたい。カバーニもエジプト戦では苦しんだが、フィニッシュの局面やポストプレーで何度か本来のプレーを見せており、サウジアラビア戦でゴールラッシュすることでチーム共々勢いに乗りたい。 ▽対するサウジアラビアは勝利が必要なため、攻撃陣に注目したい。その中でカウンター時に脅威を与えられそうなアル・ドサリに期待だ。スピードに乗ったドリブルを得意とする左ウインガーはロシア戦では見せ場を作れなかった。その鬱憤をウルグアイ戦で晴らせるかに注目だ。 ◆ウルグアイ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupA2_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆サウジアラビア予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupA2_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆第2節 ▽6/19 《27:00》 ロシア vs エジプト ▽6/20 《24:00》 ウルグアイ vs サウジアラビア 2018.06.19 18:01 Tue
twitterfacebook
thumb

【超WS美女ワールドカップ】グループA第1節を制したのはロシア!

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)と連動して、超ワールドサッカーで企画がスタートした『超WS美女ワールドカップ』。今回はグループA第1節の結果発表です。 ▽超WSのツイッターアカウントでユーザーの皆様に向けてアンケートを行った結果、全体の56%の票を集めてロシアがトップに輝きました。次点で30%の票を集めたエジプトがならび、ウルグアイ(9%)。サウジアラビア(5%)と続きました。 ▽開催国であるロシアは開幕戦のサウジアラビア戦でも5-0で大勝しており、美女ワールドカップでもそれに倣い大勝を収めた形に。また、本戦ではウルグアイに惜敗したエジプトはグループステージ突破に向けて大きなリードを得ました。一方でウルグアイ、エジプトともに上位2カ国とは大きく水をあけられる結果となりました。 ▽なお、グループステージでは第3節までの合計ポイントで決勝トーナメント進出国を決定します。残り2戦、まだまだどうなるかわかりません。 ◆超WS美女ワールドカップ。グループA第1節結果 1.ロシア 56% 2.エジプト 30% 3.ウルグアイ 9% 4.サウジアラビア 5% 調票数:506 2018.06.17 18:40 Sun
twitterfacebook
thumb

サラー、W杯見参へ…19日次戦はロシア戦

▽リバプールに所属するエジプト代表MFモハメド・サラーにロシア・ワールドカップ(W杯)出場の準備が整ったようだ。 ▽サラーは昨夏、リバプールに加入。公式戦44ゴールのハイパフォーマンスを披露したが、先のレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝で痛めた右肩の影響により、ロシアW杯初戦のウルグアイ代表戦出場が見送られた。 ▽そのウルグアイ代表戦は、0-1で敗戦。エジプト代表のエクトル・クーペル監督は試合後、「ウルグアイ戦でリスクを冒したくなかった。次は出られるだろう」と話している。 ▽その中、イギリス『BBC』によれば、エジプトサッカー協会(EFA)もサラーに次戦出場のメドが立ったことをアナウンス。エジプト代表は19日に行われるグループA第2節でロシア代表と対戦する。 2018.06.17 09:45 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース