モハメド・サラーがエジプト人初のアフリカ年間最優秀選手賞2018.01.05 09:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールに所属するエジプト代表MFモハメド・サラー(25)がアフリカサッカー連盟(CAF)選定の2017年度におけるアフリカ最優秀選手賞を初受賞した。エジプト人の受賞も初となる。

▽昨シーズンまでローマでプレーしたサラーは、クラブだけでなく、エジプト代表としても28年ぶりのワールドカップ(W杯)出場に導く原動力に。今シーズンから加わったリバプールでもここまでプレミアリーグ21試合17ゴール5アシストと、群を抜く活躍を披露している。

▽なお、初の栄誉に輝いたサラーは、625ポイントを獲得。リバプールのセネガル代表MFサディオ・マネ(507ポイント)や、ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(311ポイント)を抑えての受賞となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ミチェル・サルガドがアギーレ監督率いるエジプト代表のアシスタントコーチに就任!

▽エジプトサッカー協会(EFA)は4日、元スペイン代表のミチェル・サルガド氏(42)をアシスタントコーチに任命したことを発表した。 ▽エジプト代表は、ロシア・ワールドカップ後にエクトル・クーペル監督が退任し、後任に日本代表でも指揮を執ったハビエル・アギーレ監督を招へいした。 ▽そしてこの度、現役時代にレアル・マドリーやスペイン代表で活躍したミチェル・サルガド氏をアシスタントコーチに任命。同氏はマドリーで4度のリーグ制覇や2度のチャンピオンズリーグの優勝を経験し、2012年に現役を退いた。引退後はドバイのフットボールアカデミーのディレクターや、スペイン・ガリシア州選抜の監督を務めた。 ▽エジプト代表は9日にニジェール代表と、アフリカネイションズカップ予選のグループステージ第2節を戦う。 2018.09.05 22:36 Wed
twitterfacebook
thumb

肖像権問題に揺れたサラー、再び協会への不信感を露わに

▽リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが、改めてエジプトサッカー協会(EFA)への不信感を綴った。自身のツイッター(@MoSalah)で意見を述べている。 ▽サラーは、2017-18シーズンに加入したリバプールで目覚ましい活躍を見せ、一躍スター選手の仲間入りに。チームもチャンピオンズリーグ決勝に進出するなど、充実したシーズンを過ごしていた。 ▽そんな中、4月に問題が起きる。サラーの写真がエジプト代表チームのオフィシャル飛行機に使用。この飛行機は、エジプト代表の公式スポンサーである通信会社『WE』によって提供されているものだが、サラー自身は競合他社である『ボーダフォン』と契約しており、サラー側が問題視していた。 ▽しかし、EFAとの話し合いは平行線をたどり、一時はサラーのロシア・ワールドカップ出場問題にまで発展。しかし、政府がこの問題を仲裁し、問題は解決。サラーは負傷していたものの、エジプト代表の一員としてワールドカップに出場していた。 ▽一時的に問題は解決したと思われたが、ここに来て再びサラーが侮辱されているとツイッターに投稿。自身と弁護士からの訴えが無視されていると投稿した。 「快適さを提供できるように、サッカー協会が選手の問題を解決しようとすることは普通のことだ。でも、実際僕に見えるものは、まさに正反対だ。僕のメッセージと僕の弁護士の手紙が無視されることは普通ではない…なぜこのことが起こるのか分かりません。彼らには答える時間が無いのでしょうか?」 ▽この件に関しては、サラーの弁護士であるラミー・アッバス氏も訴えており、「代表チームとモハメドの幸福について保証を要求する。画像の権利違反が再びお子ならないことを保証する。彼らはまだ対応していない」とツイートしていた。 ▽なおEFAは27日、「モハメド・サラーに関する偽物の文書は、協会の会長に代わって回覧された」と反応。問題はまだ解決しないようだ。 2018.08.27 21:36 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯最年長出場を記録した45歳のエジプト代表GKエル・ハダリが代表引退を表明

▽ロシア・ワールドカップで最年長出場記録を更新したエジプト代表GKエッサム・エル・ハダリ(45)が、エジプト代表からの引退を発表した。自身のフェイスブック(Essam El-Hadary)で報告した。 ▽エル・ハダリは、1996年3月にエジプト代表デビューを果たすと、通算159試合に出場。アフリカ・ネイションズカップで4度の優勝経験を誇る、エジプトのレジェンド的存在の選手だ。 ▽ロシア・ワールドカップに臨むエジプト代表にも選出されるも、正守護神はGKモハメド・エル・シェナウィが務めていた。しかし、グループステージ第2戦のロシア代表戦を終えた段階で負傷。第3戦目のサウジアラビア代表戦にエル・ハダリが先発した。これにより、コロンビア代表GKファリド・モンドラゴンが持っていた43歳という記録を更新。45歳のエル・ハダリは、PKセーブなど活躍を見せたが、チームを勝利に導くことはできなかった。 ▽エル・ハダリは、自身のフェイスブックで代表引退を表明。これまでのキャリアを振り返り、感謝の気持を述べている。 「今日は、エジプト代表のユニフォームを来た最初の試合から、22年4カ月12日。私のグローブをかけるのに一番良い瞬間だと思いました。神は、私が全てを達成するのを助けてくれた後、私の最愛のチームとともに成し遂げることを夢見ました。そして、エジプト人を喜ばせることができました」 「159試合の国際試合で代表チームとしてプレーしたこと、前例の無い成果を果たしたことを私は非常に誇りに思っています」 「過去数年間、自分のミッションが成功したと願っています。私は自分の人生の困難に耐えた家族に本当に感謝しています。そして、私の父は神の慈悲のため、私に与えたものの、してくれたこと、継続的なサポートに感謝します」 2018.08.07 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

エジプトをW杯に導いたクーペルがウズベキスタン代表監督に就任

▽ウズベキスタン・サッカー連盟(UFF)は2日、アルゼンチン人指揮官のエクトル・クーペル監督(62)を招へいしたことを発表した。契約期間は2022年までとなっている。 ▽2000年と2001年にバレンシアで2度チャンピオンズリーグ準優勝を果たすなど実績を上げたクーペル監督は、その後インテルを指揮。インテルでも堅実な戦いぶりで就任後2シーズンはリーグ上位を維持したが、就任3シーズン目に低迷し解任。その後はマジョルカなどを率いるも目立った成績は残せず、多くのクラブを転々としていた。 ▽しかし、2015年3月に就任したエジプト代表では、リバプールのFWモハメド・サラーなどを擁し、28年ぶりにワールドカップ(W杯)に出場。本大会ではロシア代表、ウルグアイ代表、サウジアラビア代表を相手に3連敗を喫し、退任していた、 ▽ウズベキスタンはロシアW杯最終予選ではグループAで4位に終わり、W杯初出場は持ち越しとなっていた。 2018.08.02 23:51 Thu
twitterfacebook
thumb

エジプト代表新監督に元日本代表指揮官のアギーレ氏が就任

▽エジプトサッカー協会(EFA)は1日、かつて日本代表も指揮したハビエル・アギーレ氏(59)が新監督に就任することを発表した。 ▽現役時代はメキシコ代表として1986年のメキシコ・ワールドカップに出場。現役引退後はメキシコ代表やオサスナ、アトレティコ・マドリー、レアル・サラゴサ、エスパニョールなどのクラブチームを指揮。2014年7月に日本代表監督に就任した。 ▽しかし、同年12月にレアル・サラゴサ時代の八百長疑惑で告発。2015年2月に日本代表監督の契約が解除された。 ▽その後は、UAEのアル・ワフダで監督を務めていたが、2017年6月に契約満了で退任していた。 ▽イギリス『BBC』などによると、アギーレ氏は4年契約を締結。2022年のカタール・ワールドカップを目指すチームを指揮することとなる。 ▽エジプト代表は、リバプールのFWモハメド・サラーなどを擁し、28年ぶりにワールドカップに出場。しかし、グループAではロシア代表、ウルグアイ代表、サウジアラビア代表を相手に3連敗を喫し敗退。エクトル・クーペル監督が退任後は、ヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督が招へいされるとの報道も出ていた。 2018.08.02 13:12 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース