モハメド・サラーがエジプト人初のアフリカ年間最優秀選手賞2018.01.05 09:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールに所属するエジプト代表MFモハメド・サラー(25)がアフリカサッカー連盟(CAF)選定の2017年度におけるアフリカ最優秀選手賞を初受賞した。エジプト人の受賞も初となる。

▽昨シーズンまでローマでプレーしたサラーは、クラブだけでなく、エジプト代表としても28年ぶりのワールドカップ(W杯)出場に導く原動力に。今シーズンから加わったリバプールでもここまでプレミアリーグ21試合17ゴール5アシストと、群を抜く活躍を披露している。

▽なお、初の栄誉に輝いたサラーは、625ポイントを獲得。リバプールのセネガル代表MFサディオ・マネ(507ポイント)や、ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(311ポイント)を抑えての受賞となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

サラーが2年連続BBCアフリカ年間最優秀選手賞を受賞

▽イギリス『BBC』は14日、2018年のBBCアフリカ年間最優秀選手賞にリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーを2年連続で選出したことを発表した。 ▽1992年度からスタートしたアフリカ大陸出身の現役サッカー選手に与えられる同賞は、世界中のサッカーファンによるインターネット投票によってノミネートされた5人の現役選手の中から選ばれる。 ▽候補者に選ばれていたのはサラーの他、リバプールの同僚であるセネガル代表FWサディオ・マネ、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、ユベントスのモロッコ代表DFメディ・ベナティア、アトレティコ・マドリーのガーナ代表MFトーマス・パルティの5選手。 ▽昨年の受賞者でもあるサラーは昨季、プレミアリーグで32ゴールをマークして得点王を獲得。今季のプレミアリーグでも10ゴールを記録し、得点ランキング首位に立っている。ロシア・ワールドカップでは2ゴールを決めたが、エジプトはグループステージ敗退に終わっていた。 2018.12.15 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

余計なお世話…クロップ、サラー移籍説提唱のアギーレに反抗

▽リバプールの指揮を執るユルゲン・クロップ監督がエジプト代表を率いるハビエル・アギーレ監督に反撃した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2017年夏にローマから加入した昨シーズンに圧倒的な輝きを解き放ったエジプト代表FWモハメド・サラー。先日にリバプールと長期の契約延長に合意したが、アギーレ監督が先日、レアル・マドリーの関心が取り巻くサラーの去就に対して「1、2年後にリバプールを去るかもしれない」と語り、周囲を賑わせた。 ▽24日に再開するプレミアリーグ第13節でワトフォードと対戦するクロップ監督。その発言について問われると、次のように突っぱねた。 「じゃあ、彼(アギーレ)はこの2年間でタイトルが獲れなければ、ほかのクラブや国に移籍しなければならない」 「何故、あのような発言が飛び出したのか理解不能だね。私はその意見に同意しない。絶対に」 「ただ、意見は自由さ。そういう世界なのだからね。彼は何だって希望を言うことができる」 2018.11.24 09:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「サラーは1、2年後にリバプールを去るかもしれない」、エジプト代表のアギーレ監督が主張

▽エジプト代表を率いるハビエル・アギーレ監督が、同国代表でエースを担うリバプールFWモハメド・サラー(26)が、1、2年後にリバプールを去る可能性があると主張した。同監督が『ONSport』で語った。 ▽昨夏、ローマからリバプールへの移籍をキッカケに真のワールドクラスに成長したサラーは、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ、ブラジル代表FWネイマールらと共に、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの2強に迫る第2グループを牽引する1人となっている。 ▽そして、将来のバロンドール候補にはレアル・マドリーとバルセロナのスペイン2強を中心にメガクラブが獲得の可能性を窺っている。 ▽そのサラーに関して元日本代表指揮官で今年8月からエジプト代表を率いているアギーレ監督は、リバプールが今季、あるいは来季に何らかのトロフィーを獲得できなければ、タイトルを求めて退団する可能性が高いと主張している。 「サラーはトロフィーを獲得できなければ、1年後、あるいは2年後にリバプールを去るかもしれない」 「リバプールのユルゲン・クロップはそのことをよく理解しているはずだ。したがって、彼らはトロフィーを獲得するために全力を尽くしている」 2018.11.22 14:37 Thu
twitterfacebook
thumb

サラー、6年前にもリバプール行き接近していた! 「チャンスがあった」

▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが、以前にもリバプール移籍のチャンスがあったことを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽サラーは、2012年夏にエジプトのアラブ・コントラクターズSCを退団し、バーゼルで欧州デビュー。その後、チェルシー、フィオレンティーナ、ローマでのプレーを経て、2017年夏にリバプールに入団した。 ▽昨シーズンの公式戦52試合44ゴール16アシストと大ブレイクしたサラーは、今シーズンもここまでの公式戦14試合で7ゴール4アシストを記録。最高の時を過ごしているリバプールへの移籍に、以前も迫っていたと語っている。 「(リバプールは)世界中で有名だし、中東にも多くのサポーターが居る。僕が初めてリバプールのことを耳にしたのは、10歳か11歳の頃だったと思う」 「プレイステーションの中で彼らを使っていたというのは本当だよ。たまには他のチームも使ったけど、ほとんどリバプールだった」 「その頃は、僕がいつかここに来られるなんて想像も出来なかった。でも、いつだって(リバプールでのプレーは)僕の夢だったよ。夢は追いかけてトライしなければね」 「(6年前の)エジプトからバーゼルに行った時、いつかリバプールに行くというプランが僕の中にあった。チャンスがあったけど、その時には両クラブが上手くいかなかったんだ」 「昨年に再び関心が浮かんで、僕はすぐに頭の中がリバプール行きで一杯になったよ。でも、自分としてのプランや、そこでどのようにフィットするかについては考えなければいけない」 2018.11.02 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールに朗報! サラー&ファン・ダイクが練習復帰

▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーとオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、問題なく練習している。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽リバプールでは、代表ウィーク中にサラー、ファン・ダイクが負傷。さらに、セネガル代表FWサディオ・マネ、ギニア代表MFナビ・ケイタがケガを負ったことも伝えられていた。 ▽しかし、18日に『テレグラフ』が報じたところでは、攻撃の要であるサラーと守備の要であるファン・ダイクが通常通りに練習に参加。24日のチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節ツルヴェナ・ズヴェズダ戦に照準を合わせる可能性も考えられるが、20日に行われるプレミアリーグ第9節ハダースフィールド戦に向けても問題なさそうだ。 ▽また、ハムストリングに問題を抱えているナビ・ケイタに関しても悲観的な状況ではなく、ハダースフィールド戦の帯同も議論されているという。さらに、マネは負傷箇所を手術しているが、経過次第で早期復帰の判断もあり得るようだ。 2018.10.19 19:15 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース