リーズ移籍の井手口陽介、幼さ残る笑顔と共に英語で挨拶2018.01.05 08:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のリーズ・ユナイテッド移籍が決定した日本代表MF井手口陽介がさっそく同クラブのファンに自己紹介した。

▽リーズとガンバ大阪は日本時間4日、井手口の完全移籍加入合意を発表。その井手口は今週、リーズのメディカルを受けた後、イギリスの労働ビザ発給手続きの結果を問わず、スペイン2部のクルトゥラル・レオネサに期限付き移籍する。

▽夢だった海外挑戦の一歩を踏み出す井手口は、たどたどしさが残るものの、幼さ残る笑顔と共にクラブ公式ツイッター(@LUFC)で英語を駆使して挨拶。クラブのアンセムにもなる『Marching on together』の言葉を用い、ファンに挨拶した。

「Hi, I'm Yosuke Ideguchi.(こんにちは、井手口陽介です)」

「I'll see you soon.(近いうちに会いましょう)」

「Marching on together.(ともに前進しよう)」

コメント

関連ニュース

thumb

井手口陽介、鬼才の信頼掴めるか…リーズがビエルサの新指揮官就任を発表

▽日本代表MF井手口陽介が所属するリーズ・ユナイテッドは15日、新指揮官として、マルセロ・ビエルサ氏(62)の招へいを発表した。 ▽リーズは今シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)を13位で終了。その責任が問われる形でポール・ヘッキンボトム前監督が解任され、アルゼンチン人指導者のビエルサ氏が後任筆頭として囁かれてきた。 ▽イングランド初上陸となるビエルサ氏。クラブ公式サイトを通じて、「リーズの指揮を執ることになり、嬉しく思う。断りがたいオファーだった。この挑戦にワクワクしている」とコメントしている。 ▽ビエルサ氏は、母国アルゼンチンの名門ニューウェルズ・オールドボーイズを皮切りに、アルゼンチン代表やチリ代表、アスレティック・ビルバオ、マルセイユの指揮官を歴任してきた。 ▽ショートパス、マンツーマンディフェンスをベースに攻守両面でハイインテンシティを志向するそのスタイルは、ジョゼップ・グアルディオラ監督ら多くの指導者に影響を与えてきたことでも有名な世界屈指の智将だ。 ▽その一方で、“エル・ロコ(変人)”の異名を持つ完璧主義者は、マルセイユ、ラツィオ、リールと直近で指導した3クラブでいずれも物議を醸す形で退団。フットボール界屈指の扱いづらい指揮官としても知られている。 ▽豊富な運動量と球際の強さが求められるビエルサ氏のスタイルと、井手口の親和性は高いと思われる。果たして、鬼才の信頼を勝ち取ることはできるのだろうか。 2018.06.15 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

バックアップメンバーの井手口陽介、リーズ合流のため帰国

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場する日本代表にバックアップメンバーとして参加していたリーズ・ユナイテッドのMF井手口陽介が所属クラブに合流するため、帰国することが決定したことを発表した。 ▽井手口は1月にガンバ大阪からリーズに完全移籍した後、スペイン2部のクルトゥラル・レオネサにレンタル移籍。5月18日に発表された日本代表メンバー27名には名を連ねたが、同月30日に発表されたロシアW杯に臨む23名に残ることはできなかった。 ▽ロシアW杯で日本は、グループHに所属。日本時間19日にコロンビア代表、24日にセネガル代表、28日にポーランド代表と対戦する。 2018.06.13 08:15 Wed
twitterfacebook
thumb

井手口所属のリーズ、鬼才ビエルサ招へいに興味か

▽日本代表MF井手口陽介の所属するリーズ・ユナイテッドがマルセロ・ビエルサ氏(62)の招へいを考えているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ▽今シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)を13位で終えたリーズはポール・ヘッキンボトム監督の解任を発表。そして、同クラブのオーナーを務めるアンドレア・ラドリッツァーニ氏はその後任としてビエルサ氏の招へいを考慮しているようだ。 ▽母国アルゼンチンの名門ニューウェルズ・オールドボーイズを皮切りにアルゼンチン代表やチリ代表、アスレティック・ビルバオ、マルセイユの指揮官を歴任してきた世界屈指の智将であるビエルサ氏。ショートパス、マンツーマンディフェンスをベースに攻守両面でハイインテンシティを志向するそのスタイルはジョゼップ・グアルディオラ監督ら多くの指導者に影響を与えてきた。 ▽その一方で“エル・ロコ(変人)”の異名を持つ完璧主義者は、マルセイユ、ラツィオ、リールと直近で指導した3クラブでいずれも物議を醸す形で退団しており、フットボール界屈指の扱いづらい指揮官としても知られている。 ▽豊富な運動量と球際の強さが求められるビエルサ氏のスタイルと、井手口の親和性は高いと思われるが、果たして来季リーズで指揮を執ることはあるのか。 2018.06.02 14:29 Sat
twitterfacebook
thumb

井手口陽介の代表落選はクラブの責任?リーズファンから相次ぐ同情の声

2018FIFAワールドカップ・ロシアに挑む日本代表のメンバー23人から落選した井手口陽介に対する、リーズサポーターからの反応をイギリス『HITC』が伝えた。<br><br>昨年のW杯アジア予選で、日本を本戦出場に導くゴールを奪った井手口は数カ月前までロシア行きを確実視されていた。しかし今冬、同選手は海外挑戦を決意し、リーズに移籍するもビザや出場機会の関係でスペイン2部のクルトゥラル・レオネサにレンタルで加入すると雲行きが一変した。<br><br>プレー時間の確保がリーズよりもたやすいと考えられていたが、井手口はスペインで期待されていたような出番を得られず。先発出場1試合の計5試合とプレー時間も制限され、2月以降ピッチにすら立てていない。すると、3月には日本代表から漏れ、先日のガーナ戦を戦った27名には選出されるもW杯最終登録メンバー23名入りを逃した。<br><br>この一報を受け、所属先のリーズサポーターはツイッター上で井手口へ同情と、同選手をレンタルで放出したクラブに対し、批判の声を上げた。<br><br>「リーズとレオネサは彼のキャリアに大きなダメージを与えた。唯一ポジティブな点はW杯に行かないからプレシーズンを全うできることだ」<br><br>「リーズが下した恥ずべき決断だ」<br><br>「かわいそうな選手だ。彼に同情するよ」<br><br>「リーズと(オーナーの)アンドレア・ラドリザーニは恥を知れ。彼はファーストチームでプレーするだけの力があって、W杯に出場できたのに」<br><br>一方、リーズは1日にポール・ヘッキンボトム監督を解任。後任は決まっていないものの、井手口の去就にも影響を与えそうだ。<br><br>提供:goal.com 2018.06.02 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

井手口が復帰濃厚のリーズがヘッキンボトム監督の解任を発表

▽日本代表MF井手口陽介が今冬に加入したチャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズ・ユナイテッドは6月1日、ポール・ヘッキンボトム監督(40)を解任したことを発表した。 ▽トーマス・クリスチャンセン前監督のもとで、2017-18シーズンを迎えたリーズは、開幕から7試合無敗を続けるなど、シーズン序盤はリーグを席巻した。しかし、徐々に黒星が目立つようになると12月から2月にかけてリーグ戦9試合未勝利を経験するなど調子を下げ、クラブは今年2月4日にクリスチャンセン前監督を解任。 ▽10位まで落ちたチームの立て直しを期待されたヘッキンボトム監督だが、就任後はリーグ戦16試合でわずか4勝と結果を残せず。最終的に17勝20敗9分けの13位でシーズンを終えていた。 2018.06.02 00:00 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース