リーズ移籍の井手口陽介、幼さ残る笑顔と共に英語で挨拶2018.01.05 08:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のリーズ・ユナイテッド移籍が決定した日本代表MF井手口陽介がさっそく同クラブのファンに自己紹介した。

▽リーズとガンバ大阪は日本時間4日、井手口の完全移籍加入合意を発表。その井手口は今週、リーズのメディカルを受けた後、イギリスの労働ビザ発給手続きの結果を問わず、スペイン2部のクルトゥラル・レオネサに期限付き移籍する。

▽夢だった海外挑戦の一歩を踏み出す井手口は、たどたどしさが残るものの、幼さ残る笑顔と共にクラブ公式ツイッター(@LUFC)で英語を駆使して挨拶。クラブのアンセムにもなる『Marching on together』の言葉を用い、ファンに挨拶した。

「Hi, I'm Yosuke Ideguchi.(こんにちは、井手口陽介です)」

「I'll see you soon.(近いうちに会いましょう)」

「Marching on together.(ともに前進しよう)」

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 8月23日は、今夏ドイツに新天地を求めたG大阪育ちの傑作MF

◆井手口陽介 【Profile】 国籍:日本 クラブ:グロイター・フュルト 誕生日:1996年8月23日 ポジション:MF 身長:171㎝ 体重:71㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 8月23日は、日本代表MF井手口陽介だ。 ▽幼少期から兄の影響でサッカーとふれあいを持っていたという井手口は、中学時代に故郷の福岡を離れガンバ大阪の下部組織に入団。2015年4月の松本山雅FC戦でトップチームデビューを果たし、同年の天皇杯決勝戦では途中出場から優勝に貢献した。 ▽G大阪での活躍から、2017年6月のシリア代表戦で日本代表デビューを果たす。8月のオーストラリア代表とのワールドカップ予選では代表初ゴールを記録。さらに12月の北朝鮮代表戦でも得点した。 ▽そして2018年1月、国内で評価を高めた井手口はリーズ・ユナイテッドに移籍し、満を持して欧州移籍を果たした。移籍金は50万ポンド(当時のレートで7500万円)だった。 ▽労働ビザの関係から、移籍後はすぐにスペイン2部のクルトゥラル・レオネサにレンタルされたが、出場は5試合のみ。さらに今夏にはドイツ2部のグロイター・フュルトへのレンタル移籍が発表された。 ※誕生日が同じ主な著名人 ジュゼッペ・メアッツァ(元サッカー選手) 森保一(サッカー日本代表監督) 岡江久美子(女優) 高橋ひとみ(女優) 山咲トオル(漫画家) 雷句誠(漫画家) コービー・ブライアント(元バスケットボール選手) AKIRA(EXILE) グレン・ジョンソン(サッカー選手/ストーク・シティ) 中島翔哉(サッカー選手/ポルティモネンセ) ファビアン・バルブエナ(サッカー選手/ウェストハム) アシュリー・ウィリアムズ(サッカー選手/ストーク・シティ) 2018.08.23 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

井手口がブンデス2部のグロイター・フュルトに買い取りOP付きレンタル移籍

▽ブンデス2部のグロイター・フュルトは21日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズに所属する日本代表MF井手口陽介(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽今年1月にガンバ大阪からリーズに完全移籍した井手口は、労働ビザの問題で即スペイン2部のレオネサへレンタル移籍していた。新シーズンはリーズに復帰してプレシーズンを送っていたが、奇才マルセロ・ビエルサ新監督の構想外となり、ベルギーのオイペンなどへの移籍が報じられていた。 ▽2012-13シーズンに1部に在籍していたグロイター・フュルトは昨季2部で15位に終わっていた。 2018.08.21 23:51 Tue
twitterfacebook
thumb

鬼才ビエルサが井手口陽介に戦力外通告 問題は言語か

▽リーズ・ユナイテッドを率いるマルセロ・ビエルサ監督が日本代表MF井手口陽介(21)の構想外を明かした。イギリス『Leeds Live』が報じた。 ▽井手口は2017年夏、ガンバ大阪からリーズ・ユナイテッドに移籍。労働許可書の不取得により、昨シーズンをスペインのクルトゥラル・レオネサで過ごした後、今シーズンからリーズ復帰を果たした。 ▽今シーズンからようやくイングランドでのキャリアが始まった井手口だが、5日に行われたチャンピオンシップ開幕戦のストーク・シティ戦はベンチ外。鬼才として知られるビエルサ監督の下、早くも厳しい状況を強いられている。 ▽ビエルサ監督はストーク・シティ後、その井手口について次のように言及。プレーを評価する以前に言語の壁があると激辛コメントを残した。 「彼は6週間のプレシーズンを通じて、練習をよく頑張ってくれた。進歩も感じたよ。私の方針として、1つのポジションに2人の選手を持っておきたい。だが、彼がこの先、我々と一緒にいるかどうかわからない。彼はプロフェッショナル。私自身も深く尊敬する日本という国を代表する素晴らしい選手だ」 「ただ、正直に言おう。彼はどこのポジションでも上位2名の中に入っていない。私自身、彼に十分な時間を与えられないから、残留を求めるアンフェアな発言はできない。彼が残るのであれば、引き続きできる限りのサポートをしたい。とはいえ、彼には言語の壁がある。英語もスペイン語も喋れない」 「だから、我々が彼とやりとりする場合、スカイプを使って日本の友人を介して日本語に訳してもらう。そうすると、彼は我々が伝えようとしていることが理解できる。それこそ今の彼に相応しい解決策だ」 2018.08.07 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、井手口所属のリーズからU-21イングランド代表MFを獲得

▽サンプドリアは1日、チャンピオンシップ(イングランド2部)所属のリーズ・ユナイテッドからU-21イングランド代表MFロナルド・ヴィエイラ(20)を完全移籍で獲得した。リーズの公式サイトによると、契約期間は2023年まで5年間となる。 ▽2015年にリーズの下部組織に入団したヴィエイラは、翌年5月にトップチームデビュー。これまでトップチーム在籍3シーズンで公式戦71試合に出場し2ゴール4アシストをマーク。昨シーズンもリーグ戦28試合を含む公式戦32試合に出場していた。 ▽また、飛び級でU-21イングランド代表に選出されているヴィエイラは、今年6月に行われたU-19カタール代表戦でデビュー戦を飾ると、ここまで3試合に出場し1ゴールを記録している。 2018.08.02 04:35 Thu
twitterfacebook
thumb

井手口のリーズがミドルズブラFWバンフォードを約10億円で獲得

▽日本代表MF井手口陽介が所属するリーズは7月31日、ミドルズブラのイングランド人FWパトリック・バンフォード(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間。移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によれば700万ポンド(約10億3000万円)で、出来高で1000万ポンド(約14億7000万円)まで上昇するとのことだ。 ▽2012年から5年間、チェルシーに在籍した経歴を持つストライカーのバンフォードは、チェルシーでのトップチーム出場歴がないまま、2017年1月にチェルシーからミドルズブラへ完全移籍。2017-18シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で39試合に出場して11ゴールを挙げていた。 2018.08.01 00:49 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース