アシュリー・コールがLAギャラクシーと契約延長!!2018.01.04 10:16 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAギャラクシーは3日、元イングランド代表DFアシュリー・コール(37)との契約を1年間延長したことを発表した。

▽2016年にローマからLAギャラクシーに加入したA・コールは、在籍した2シーズンでリーグ戦37試合1ゴールをマーク。今シーズンは8試合の出場に留まった。しかしチームはA・コールを必要な戦力と見ているようで、指揮官のジギ・シュミット監督は次のように述べている。

「2018年もアシュリーと共に戦えることを嬉しく思う。彼はこのクラブのリーダーだ。このリーグでも戦えることを証明しているし、来季もその信頼は揺るがない」

コメント

関連ニュース

thumb

イブラに新たな名言…ミラン復帰説に「世界が俺を欲しがる」

▽ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)がミラン復帰説に言及した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽2010〜2012年までミランでプレーしたイブラヒモビッチ。その後、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッドを経て、今年3月からロサンゼルス・ギャラクシーに活躍の場を移した。 ▽そして、最近になり、古巣ミランがイブラヒモビッチの再獲得を目指しているとの噂も…。渦中のイブラヒモビッチはアメリカ『TMZ』のインタビューで噂を問われると、らしさ溢れるコメントであしらった。 「噂は常につきまとうものさ。世界中のクラブが俺を欲しがっている。俺的にも全然オッケーだ」 2018.10.06 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

急浮上したイブラのミラン復帰説…ライオラが口を開く

▽辣腕代理人としてフットボール界にその名を轟かせるミノ・ライオラ氏が、クライアントの1人である元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)のミラン復帰説に言及した。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽イブラヒモビッチは、2010〜2012年までミランでプレー。その後、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッドを経て、今年3月からロサンゼルス・ギャラクシーに活躍の場を移した。 ▽そのイブラヒモビッチを巡っては最近、ミラン復帰の可能性が急浮上している。ライオラ氏は、イタリア『Rai Sport』でその件について問われると、次のようにコメントしたという。 「今のところ、可能性はない。最近、クラブと話せていないからね。だが、話し合う用意はある」 「いずれにせよ、今のミランは人が入れ替わり、信頼できるオーナーもいる。それに、私も彼らとは何の問題もない」 2018.10.06 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月3日は、勝利を体現する元スウェーデン代表FWのバースデー

◆ズラタン・イブラヒモビッチ 【Profile】 国籍:スウェーデン 誕生日:1981年10月3日 所属クラブ:ロサンゼルス・ギャラクシー ポジション:FW 身長:195㎝ 体重:95kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月3日は、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだ。 ▽母国のマルメで育ったイブラヒモビッチ。本人談によると幼少期は小柄であり、ドリブラーとしてプレーしていたために長身ながら足元にも秀でる現在のスタイルが完成したという。少年時代から、6点ビハインドから途中出場して9得点を奪い勝利をもたらすなど、破格の伝説を残している。 ▽母国リーグで活躍したイブラヒモビッチは、新天地にアヤックスを選びマルコ・ファン・バステン氏やパトリック・クライファート氏らが身に着けた背番号9を継承。入団後は印象的なゴールを多く決め“ファン・バステン2世”と称されるようになったが、2004年にユベントス、2006年にインテルと渡り歩き個人でセリエA5連覇を経験する頃には“ズラタン・イブラヒモビッチ1世”と認識されるようになっていった。 ▽また、バルセロナ時代でプレーした2009-10シーズンには、ジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)の下で不遇を味わったものの、公式戦45試合21ゴール13アシストをマーク。その後、ミラン、パリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッド、LAギャラクシーと転々とする中で、どのクラブでも衝撃的なゴールをサポーターにプレゼントしている。 ※誕生日が同じ主な著名人 クラウディオ・ピサーロ(サッカー選手/ブレーメン) ケパ・アリサバラガ(サッカー選手/チェルシー) ケレチ・イヘアナチョ(サッカー選手/レスター・シティ) ジャクソン・マルティネス(サッカー選手/ポルティモネンセ) エディ・コクラン(ギタリスト) tetsuya(ベーシスト/L'Arc〜en〜Ciel) 蛯原友里(モデル) 高橋朱里(アイドル/AKB48) 2018.10.03 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ソースはイブラヒモビッチ!「マルメからオファーがあった」

▽ロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(36)が、プロデビューを果たした母国のマルメからオファーがあったと語っている。イギリス『サン』が伝えた。 ▽マルメはイブラヒモビッチが1999年にプロデビューを果たしたスウェーデンのクラブ。1910年に創設され、これまでに国内リーグを23回制覇。現在は2連覇している。 ▽そんなマルメにイブラヒモビッチが“逆オファー”をしているようだ。 「マルメからオファーがあった。彼らはそこで俺にキャリアを終わらせてほしいようだ。ドアは開かれている。あそこではトロフィーを獲得できてないからな」 ▽こう語るように、数々のビッグクラブでプレーしてきたイブラヒモビッチはそのほとんどのクラブでリーグタイトルを獲得しているが、1999年から2001年に在籍したマルメではゼロ。サッカー人生の最後に、忘れ物を取りに戻ることを夢見ているのかもしれない。 2018.09.23 16:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ズラタン節炸裂!「俺はスウェーデン史上最高の選手だ」…異論なし

▽元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ節が炸裂している。 ▽20日に自身のインスタグラムを更新したイブラヒモビッチは「オレは絶対に嘘をつかないよう教えられた。だからいつも真実しか言わない」というコメントと共に、一枚の画像を投稿。そこにはこう書かれてあった。 「オレはスウェーデンで最高の選手だ。傲慢か?問題はそこじゃない。オレがベストだ!!」 ▽この投稿には多くの「いいね!」が殺到。フォロワーのコメントの中には「ズラタンがベストプレイヤーなんじゃない。世界のベストプレイヤーがスラタンなんだ」と哲学じみたコメントや、「違う、あなたはスウェーデンの神なんだ」といった崇拝のコメントも。 ▽これまでにも数多くの“名言”を残してきたイブラヒモビッチは、現在のロサンゼルス・ギャラクシーへの移籍が決まった際には、「ロサンゼルス、ズラタンへようこそ」、「親愛なるロサンゼルス、歓迎するよ」と立場が全く逆転したメッセージを残している。また、ロシア・ワールドカップの際には、母国のスウェーデン代表に対し、「オレはアイツらよりも上手い」と豪語。それでも批判の声が少ないのは、実績と実力があってこそ。 ▽これまでアヤックスやインテル、ミラン、バルセロナ、パリ・サンジェルマンといった世界のビッグクラブで活躍してきたイブラヒモビッチはこれまでに35個ものタイトルを獲得。先日にはLAギャラクシーでキャリア通算500得点を達成した。なおこのときにも、対戦相手だったトロントに対し、「トロントに祝辞を送るよ。俺の500ゴール目で奴らは記憶に刻まれるだろう」と、試合には敗れながらも、絶対的勝者のコメントを残している。 2018.09.21 14:25 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース