アシュリー・コールがLAギャラクシーと契約延長!!2018.01.04 10:16 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAギャラクシーは3日、元イングランド代表DFアシュリー・コール(37)との契約を1年間延長したことを発表した。

▽2016年にローマからLAギャラクシーに加入したA・コールは、在籍した2シーズンでリーグ戦37試合1ゴールをマーク。今シーズンは8試合の出場に留まった。しかしチームはA・コールを必要な戦力と見ているようで、指揮官のジギ・シュミット監督は次のように述べている。

「2018年もアシュリーと共に戦えることを嬉しく思う。彼はこのクラブのリーダーだ。このリーグでも戦えることを証明しているし、来季もその信頼は揺るがない」

コメント

関連ニュース

thumb

イブラ、母国を絶賛「俺みたいに世界を征服」

▽ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、ロシア・ワールドカップで戦うスウェーデン代表を称えた。スペイン『アス』がコメントを伝えている。 ▽2001年から2016年までスウェーデン代表として116試合に出場し、歴代最多の62得点を記録したイブラヒモビッチ。スウェーデンサッカー協会(SvFF)による5月中旬のロシア・ワールドカップ(W杯)招集メンバー発表直前には“待望論”も噴出したが、結局呼ばれることはなかった。 ▽しかし、ロシアW杯が開幕すると、スウェーデン代表は上々の戦いぶりを披露。王者ドイツ代表、メキシコ代表、韓国代表と同居したグループFを2勝1分けで切り抜け、堂々の首位突破を果たした。 ▽“神”と称されるような選手はいないものの、チームとしての高さや規律を生かして結果を残す母国代表を、イブラヒモビッチは以下のように賞賛している。 「ワールドカップが始まる前から俺は『彼ら(スウェーデン代表)は遠くまで行くだろうし、恐らくあれを勝ち取る』と言っていた」 「凄く幸せだし、スウェーデン人であることを誇りに思う。国旗も掲げるよ」 「俺も世界を征服したが、今ではスウェーデンが世界を征服している」 ▽心強い人物からの声援を受けるスウェーデンは、7月3日の23:00にスイス代表との決勝トーナメント1回戦を迎える。 2018.06.30 21:40 Sat
twitterfacebook
thumb

イブラの年俸、意外と少ない? 他のMLS選手たちと比較

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーでプレーする元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ。世界のトッププレーヤーの1人に数えられる同選手だが、その年俸は意外と少ないようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽今年3月に、マンチェスター・ユナイテッドからLAギャラクシーに移籍したイブラヒモビッチ。長らくサッカー界のトップに君臨し続けた36歳のストライカーはキャリアの晩年をアメリカで過ごすことを決意した。 ▽今回伝えられたのはその年俸。これまでユベントスやインテル、パリ・サンジェルマンなど数々のビッグクラブで莫大な年俸を貰ってきたであろうイブラヒモビッチだが、『デイリー・メール』によれば、現在クラブから受け取っているのは125万ポンド(約1億8000万円)程度だという。 ▽一方、MLSで最も高給取りとなっているのが2015年にトロントに加入した元イタリア代表MFセバスティアン・ジョビンコだ。MLS選手協会(MLS Players Association)の発表によれば、総額で526万ポンド(約7億7000万円)の報酬を受け取っているようだ。これは昨季までオークランド・シティに所属していた元ブラジル代表MFカカの530万(約7億8000万円)ポンドに近いものだという。 ▽2番目に多いのは、トロントのアメリカ代表MFマイケル・ブラッドリーで、480万ポンド(約7億円)。3番目はロサンゼルスFCのメキシコ代表FWカルロス・ベラで、465万ポンド(約6億8000万円)を受け取っているようだ。そのほか、シカゴ・ファイアーの元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーの450万ポンド(約6億6000万円)、ニューヨーク・シティの元スペイン代表FWダビド・ビジャが410万ポンド(約6億円)で続く。 ▽このように、MLSで活躍するスター選手らと比較してもその年俸はやや低いように思えるイブラヒモビッチ。これまでと比べれば大幅な減俸だろうが、満足しているのだろうか。 2018.05.11 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン右SBアバーテ、LAギャラクシーへ?

▽ミランに所属するイタリア代表DFイグナツィオ・アバーテ(31)にアメリカ行きの可能性があるようだ。 ▽イタリア『トゥットメルカート』によれば、ロサンゼルス・ギャラクシーがアバーテの獲得を希望している模様。そのアバーテとミランの契約は今シーズン限りで失効する。 ▽ミランのアカデミーで育ったアバーテは、2003年にトップチームデビュー。その後、ナポリなどイタリア複数クラブを渡り歩き、2009年から再びミランに戻ってきた。 ▽なお、ロサンゼルス・ギャラクシーには現在、かつてミランでチームメートだった今冬加入の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが在籍している。 2018.05.01 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチの代表復帰はなし! スウェーデンサッカー協会がW杯欠場を明言

▽スウェーデンサッカー協会(SvFF)は26日、ロサンゼルス・ギャラクシーに所属するFWズラタン・イブラヒモビッチ(36)がロシア・ワールドカップ(W杯)に出場しないことを明言した。 ▽SvFFは26日、「ズラタンはワールドカップに出場しない」とのタイトルでラルス・リヒト会長のイブラヒモビッチに関する以下のような声明を発表した。 「私は今週の火曜日にズラタンと話した。その場で彼は代表チームに関して復帰する意思がないという考えを変えていないと語った。つまり彼は(復帰に)“ノー”ということだ」 「彼は5月15日に発表されるワールドカップのメンバーに含まれないということだ」 ▽2001年から2016年までスウェーデン代表として116試合に出場し、歴代最多の62得点を記録したイブラヒモビッチ。先日には「俺のいないW杯はW杯ではない」と公の場で語り、代表復帰の可能性を示唆していた。その一方で、イブラヒモビッチ不在の中でW杯予選を勝ち抜いた代表チームの選手やヤン・アンデション監督は、同選手の復帰に異を唱えていた。 2018.04.26 22:21 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラに触発? モドリッチ、将来MLSでプレーする可能性も?

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、将来メジャーリーグサッカー(MLS)でプレーする日が訪れるかもしれない。イギリス『Four Four Two』がスウェーデン『SVT Sport』でのインタビューを引用して伝えている。 ▽マドリーの絶対的プレーメーカーとして抜群の存在感を示し続けているモドリッチ。2012年にレアル・マドリーに加入し、これまで1度のリーガエスパニョーラ優勝に加え、チャンピオンズリーグとクラブ・ワールドカップを3度制覇するなどマドリーの数々のタイトル獲得に貢献してきた。 ▽そんなモドリッチは昨年12月に「マドリーで引退したい」と明言していたが、それが困難な場合、MLSでプレーする可能性があるかもしれないと明かしている。今冬にロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍し、アメリカで活躍し続ける元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチについて語りながらコメントした。 「時差の関係でなかなか難しいけど、早い時間帯に試合が行われている時には時々ヨーロッパでMLSを観るよ」 「イブラヒモビッチはここ10年、20年ヨーロッパで偉大な選手だった。もう少し長くプレーをして欲しいし、その姿を観ていたいね」 「決して何が起こるか分からない」 「僕はまだレアル・マドリーと2年間の契約があり、すごく幸せだよ。可能ならこのクラブでキャリアを終えたいと言い続けてきた」 「でももしそれができないのであれば、アメリカに身を置くかもしれないね」 2018.04.22 15:35 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース