アシュリー・コールがLAギャラクシーと契約延長!!2018.01.04 10:16 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAギャラクシーは3日、元イングランド代表DFアシュリー・コール(37)との契約を1年間延長したことを発表した。

▽2016年にローマからLAギャラクシーに加入したA・コールは、在籍した2シーズンでリーグ戦37試合1ゴールをマーク。今シーズンは8試合の出場に留まった。しかしチームはA・コールを必要な戦力と見ているようで、指揮官のジギ・シュミット監督は次のように述べている。

「2018年もアシュリーと共に戦えることを嬉しく思う。彼はこのクラブのリーダーだ。このリーグでも戦えることを証明しているし、来季もその信頼は揺るがない」
コメント
関連ニュース
thumb

イブラがC・ロナウドの“挑戦”発言を斬る!

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの「挑戦」を否定した。イギリス『エクスプレス』が報じた。 昨夏にありとあらゆる栄冠を手にしたレアル・マドリーを去り、ユベントスに活躍の場を移したC・ロナウド。「新たな挑戦」として位置づけたユベントスでも攻撃センスを見せつけており、セリエA前半戦終了時点でチームの首位独走に貢献すると共に、個人としても得点ランキングトップの14得点をマークしている。 だが、イブラヒモビッチが思い描く「挑戦」の意味は違うという。新たな挑戦の真最中であるC・ロナウドに対して次のようにイブラ節を炸裂させ、自身が考える「挑戦」について持論を展開した。 「(ロナウドのユーベ移籍?) 彼はその移籍を『新たな挑戦』だと話した。彼の挑戦とは、常にセリエAで優勝できるクラブに移籍することを意味するみたいだ」 「じゃあ、彼は何故、数年前までセリエBにいた当時のユベントスに行かなかったんだ? セリエBにいるクラブをさらなる高みに導こうとすることこそが挑戦だ」 「そんなの馬鹿馬鹿しいね。ユベントス移籍は挑戦でも何でもない」 2019.01.15 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

LAギャラクシー、新監督にボカを辞任したスケロット氏を招へい

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは2日、新監督にギジェルモ・バロス・スケロット氏(45)を招へいしたことを発表した。 現役時代、ボカ・ジュニアーズで約10年間にわたってプレーし、15個のタイトルを獲得した同クラブのレジェンドであるスケロット監督は、2016年3月にボカの監督に就任。2016-17シーズン、2017-18シーズンと国内リーグを連覇に導いた。 しかし、13試合を消化した今季は首位のラシンと12ポイント差の6位と苦戦。また、昨年12月行われたコパ・リベルタドーレス決勝でもリーベル・プレートに敗戦すると、同月15日に監督を辞任していた。 2019.01.03 03:30 Thu
twitterfacebook
thumb

LAギャラクシー、イブラヒモビッチとの契約延長を発表!

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは18日、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)との契約を1年間延長したことを発表した。 ▽LAギャラクシーのデニス・テ・クローゼGMはイブラヒモビッチとの契約延長に関して以下のようなコメントを残している。 「ズラタンとの新契約を非常に嬉しく思う。これにより彼は2019シーズンに戻ってくる」 「彼は昨シーズンに自分の価値を示してくれた。同時に来年彼が我々のクラブを代表してプレーすることを楽しみにしている」 ▽今年3月にマンチェスター・ユナイテッドからLAギャラクシーに移籍し、活躍の場をアメリカに移したイブラヒモビッチ。1年目でリーグ戦27試合に出場し22ゴールを記録し、30半ばを過ぎてもまだまだその怪物ぶりをアピールした。 ▽この好調さもあり、低迷するミランが獲得に興味を示していると噂され、およそ6年ぶりの古巣復帰の可能性が高まっていたが、イブラヒモビッチはLAギャラクシーとの契約延長に合意。さらに、短期間のレンタル移籍の可能性も否定した。 ▽なお、イブラヒモビッチはクラブからの公式発表に先駆けて自身の公式ツイッターで、「俺はまだ何も成し遂げていない」と残留の意向を示していた。 2018.12.19 04:49 Wed
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ、LAギャラクシー残留を公表「俺はまだ何も成し遂げていない」

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)が、来季も残留することを宣言している。 ▽今年3月にマンチェスター・ユナイテッドからLAギャラクシーに移籍し、活躍の場をアメリカに移したイブラヒモビッチ。1年目でリーグ戦27試合に出場し22ゴールを記録し、30半ばを過ぎてもまだまだその怪物ぶりをアピールした。 ▽この好調さもあり、低迷するミランが獲得に興味を示していると噂され、およそ6年ぶりの古巣復帰の可能性がにわかに高まっていた。しかし、先日にミランでスポーツ・ディレクターを務めるレオナルド氏がこれを否定。 ▽そしてこの度、イブラヒモビッチもツイッターで、「俺はまだ何も成し遂げていない」として残留宣言をしている。同時に公開された1本の動画には、LAギャラクシーのロッカールームに立っているイブラヒモビッチの姿があり、来季のさらなる活躍を予感させている。 2018.12.17 22:03 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラ、ミラン復帰はなし! ミランSDがLAギャラクシー残留を明かす

▽ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)のミラン復帰は破談に終わったようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今シーズンからプレーするメジャーリーグ・サッカー(MLS)でも驚異的な得点力を発揮し、27試合22ゴール10アシストと大活躍したイブラヒモビッチ。年間ベストイレブンや新人賞にも選出され、衰え知らずのゴールゲッターには、古巣ミランが半年間のオファーを準備していることが伝えられていた。 ▽イブラヒモビッチも「興味はある」と語るなど、ミラン復帰への可能性を閉ざさずにいたが、今回同選手は残り1年の契約を残すLAギャラクシーへの残留を決断したようだ。ミランのスポーツディレクターを務めるレオナルド氏が明かした。 「イブラヒモビッチはミランに戻ってこない。彼はLAギャラクシーとの契約を守ることを口にした」 「我々は彼を連れ戻すことを考えていた。彼もそれについて考えてはいたが、契約を守り、MLSに留まることになる」 「彼は最初からLAギャラクシーが自身の状態に満足してくれているなら残ると言っていた。そして、彼らはイブラヒモビッチに満足している」 「素晴らしい物語になりそうで、こちらからも強い意志を示したが、それは叶わなかった」 2018.12.10 11:50 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース