まずは目の前の課題! 2018年の抱負を語るドルトムント香川真司、W杯は口にせず「先の事も大事ですが…」2018.01.02 12:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が新年を迎えて、決意を新たにした。

▽2014年にマンチェスター・ユナイテッドからドルトムントに復帰して以降、主力としてプレーし続ける香川。今シーズンはここまで公式戦21試合に出場して、4ゴール7アシストを記録している。今年はロシア・ワールドカップが控えているだけに、クラブでの更なる飛躍と日本代表としての活躍に期待がかかる。

▽そんな香川は2日に自身の公式ブログを更新。日本で過ごしたオフシーズンが充実したものであったことを明かし、新年の抱負を綴った。

「あけましておめでとうございます」

「2018年明日からチームが始動するので今からドイツに帰ります。このOFFはトレーニングが中心でしたが温泉に行ったり、フットサルをしたり、もんじゃを食べたり仲間たちと充実した時間を過ごせました」

「2018年自分にとっては大事な年ではありますが、1日1日を大事に積み重ねていきたいと思います。先の事も大事ですが、まずは目の前の自分の課題をしっかりと着実にこなしていく事で先が見えてくると思っています」

「また集中して明日からチームのキャンプがんばります。選手・スタッフ・関係者・サポーター・メディアの皆様、みんなで同じ目標に向かって2018年いい1年にできるように頑張っていきましょう。今年も応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

オーバメヤンがメンバー外に…ツォルクSD「100%の精神状態ではない」と理由を明かす

アーセナル行きが噂されるドルトムントのピエール=エメリク・オーバメヤンがヘルタ・ベルリン戦の遠征メンバーから外れたことが分かった。<br><br>今冬に中国移籍が近づくとされてきたオーバメヤンだが、ここに来てマンチェスター・ユナイテッド加入が決定的となっているアレクシス・サンチェスの代役としてアーセナルが強い関心を持つと報じられている。また、18日の会見でアーセン・ヴェンゲル監督も「オーバメヤンはアーセナルにフィットする」と発言するなど、イングランドに渡る可能性が日増しに高まってきた。<br><br>しかし、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーティングディレクター)はヴェンゲル監督のこの発言に不快感を示し、同指揮官を&ldquo;無礼者&rdquo;と公然と非難。続けて「オーバはドルトムントでトレーニングをする。オーバメヤンの精神状態は100%ではないと判断した」とカボン代表FWが19日のヘルタ戦のメンバーから外れることを明らかにしている。<br><br>オーバメヤンは、前週に行われた0-0のドローに終わったヴォルクスブルク戦でも、ミーティングに無断欠席したとして欠場。さらに、シーズン序盤にも懲罰的な理由でクラブから出場停止処分を科されていた。<br><br>幾多のトラブルを抱えるも、今シーズンのリーグ戦でチームトップとなる13ゴールを挙げる同選手だが、このまま今冬のドルトムント退団へと加速するのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 08:10 Fri
twitterfacebook
thumb

渦中のオーバメヤン、シュテーガー監督は次節ヘルタ戦に向けてのメンバー入りを示唆

ボルシア・ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンは、どうやら次節からチームに復帰することになりそうだ。ペーター・シュテーガー監督は、選手の振る舞いに理解を示さないものの、関係は悪化していない様子をうかがわせた。<br><br>ドルトムントは、チームミーティングに出席せず、規律違反を犯したとして前節ヴォルフスブルク戦でオーバメヤンに不出場の処分を言い渡した。これまでも制裁処分を科されてきたエースだが、ここにきて退団報道が一気に過熱。アーセナル行きの可能性が盛んに伝えられ、代理人を務める父親がすでに交渉のためにロンドンに向かったとも報じられている。<br><br>またオーバメヤン本人が週明けに火に油を注ぐような行為をとったことが発覚している。チームメートのジェイドン・サンチョがインスタグラムに投稿したファンイベントからの映像で、サンチョに「ロンドンに連れてってくれないかい?アツい街だと聞くじゃないか」と笑いながら話している。映像は削除されたが、自身を取り巻く移籍噂をまるで楽しんでいるような様子を見せたことで、メディアやファンの批判が強まっているところだ。<br><br>しかし、実際にチームでの様子はそれと対照的のようだ。今週のトレーニングには時間通りに現れ、15日と16日のチーム練習後は、自主的に居残り練習に励むなど現地メディアの取材陣を驚かせている。シュテーガー監督はそのオーバメヤンが1人で取り組んだ練習について、罰ではないと強調しながら「そうだったら、私がその横に立っているはずだからね」と説明している。<br><br>また「私は根に持つタイプではない」と語るオーストリア人指揮官は「昨日彼と話した。まったく問題がない。彼は謝っていたよ」と選手との関係は悪くないとコメント。ドイツ誌『シュポルトビルト』に対し、オーバメヤンが残留となる可能性について「そう考えている」と明かす一方で、その振る舞いについては「『失望』という表現は正しくないかもしれない。彼の行動は本当に理解できないので、どちらかと言えば『不可解』だ。私に限ったことではないけどね」とも語った。<br><br>一方、『キッカー』によると、ドルトムント幹部は今回の騒動でオーバメヤンを7000万ユーロ(約95億円)で手放す決断に至ったという。しかしながら、現時点ドルトムントに同選手に対するオファーは、他クラブからも代理人経由でも届いておらず、関心が伝えられるアーセナルも動き出していないと報じられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 22:11 Thu
twitterfacebook
thumb

ベジェリンがインスタグラムでオーバメヤンをフライングフォロー...移籍確実か?

▽アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリンが、自身の公式インスタグラムで、ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンをフォローしたことで、オーバメヤンのアーセナル移籍説が加速している。 ▽オーバメヤンは今冬、アーセナルへの移籍の噂が大きく取り上げられている。チーム練習に遅刻したり、ミーティングに参加しなかったりと、指揮官から「集中していない」と言われるほど、すでに“心ここに在らず”なガボン代表FWは、すでに様々なメディアからアーセナル移籍確実と報じられている。 ▽イギリス『ガーディアン』は推定移籍金額を6000万ユ―ロ(約82億円)と予想。さらに、ドイツ『ビルト』は早速オーバメヤンの後釜候補を予測しているようで、移籍待ったなしの状況が続いている。 ▽そんな中、最近、ベジェリンがインスタグラムでオーバメヤンをフォロー。他にもアーセナル以外の選手もフォローしているベジェリンだが、このタイミングでのフォローは、何かあると推測されてもおかしくはない。 2018.01.18 14:45 Thu
twitterfacebook
thumb

規律違反続くオーバメヤンは移籍すべき?地元記者が放出を推奨「もう我慢の限界だ」

アーセナルからの関心が伝えられるドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンについて、ドイツメディア『Bild』のヘニング・ファイント記者は移籍するのが最善との見解を示している。<br><br>今冬の移籍市場で、アレクシス・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド移籍が濃厚となっているアーセナルは、エースの代役探しに奔走している。その候補の1人として、オーバメヤンをリストアップしていると伝えられており、ドルトムントに6000万ユーロ(約81億円)という移籍金を提示して獲得を目指しているという。<br><br>そんな中、『Bild』のファイント記者は、ドルトムントにとってガボン代表ストライカーを放出することが最善の策だとの見解を示している。<br><br>オーバメヤンは、13日に参加が義務付けられていたチームミーティングを無断欠席し、クラブから規律違反のため制裁処分を受けている。これにより、翌日のヴォルフスブルク戦では欠場となり、ドルトムントは3度目となるオーバメヤンの規律違反を重く考えているという。ファイント記者は、これらの行為で監督やクラブの信頼を失ってしまったと綴っている。<br><br>「ペーター・シュテーガー監督は、オーバを残したいと考えている。しかし、彼は監督らと握手をかわすのではなく、その期待をすべて裏切った。ファンのお気に入りだが、彼はすべての同情を失い、クラブももう我慢の限界だ。&ldquo;エゴメヤン&rdquo;は(昨夏無断で練習を欠席し続けバルセロナへ移籍した)ウスマン・デンベレに続き、クラブがプレー意欲のないスター選手に対しいかに無力であるか示す好例だ」<br><br>そして、「ファンの愛情を獲得できない」とし、高額で売却できるうちに放出するべきだとの見解を示している。<br><br>「可能な限り高額で放出するべきだろう。新天地でオーバが幸せになれるかはわからない。しかし、この移籍で彼はファンの愛情と感謝を得ることはできないだろう。オーバは自身の行いで両方を失ってしまった」<br><br>これまで何度となく移籍希望ともとれる発言をしてきたオーバメヤン。果たして、今冬ついにドルトムントを離れることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 08:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、オーバメヤンの後釜候補はバチュアイ?チェルシーからの獲得に着手か

ドルトムントは、チェルシーに所属するベルギー代表FWミッチー・バチュアイの獲得に動き出しているようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。<br><br>エースのFWピエール=エメリク・オーバメヤンが退団となる可能性が高まっているドルトムント。一部報道ではガボン代表FWがアーセナルに向かうと伝えられている中、クラブはその後釜としてチェルシーで出場機会に恵まれていないバチュアイの獲得に乗り出しているという。<br><br>2016年夏にマルセイユからチェルシーに移籍したバチュアイだが、アントニオ・コンテ監督の下ではほとんど先発起用されることなく、今シーズンもリーグ戦での出場は11試合(合計263分)にとどまっている。そのため、ベルギー代表としてのワールドカップ出場を逃さないためにも、セビージャへのレンタル移籍を望んでいた。<br><br>しかし『ビルト』によれば、ここに来て2016年にも獲得に動いていたとされるドルトムントがバチュアイの新天地となる可能性が浮上しているとのことだ。オーバメヤンの控えとしてでなければ、ベルギー代表FWはシグナル・イドゥナ・パークへ向かうことになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.17 23:04 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース