スペイン代表、W杯に向けた秘密兵器はリヨンFWマリアーノ? ロペテギが招集示唆2018.01.01 05:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペイン代表はロシア・ワールドカップ(W杯)本大会に向けた秘密兵器としてリヨンに所属するFWマリアーノ・ディアス(24)の招集を考えているようだ。フレン・ロペテギ監督がスペイン『アス』で招集を示唆した。

▽スペイン人の父親とドミニカ人の母親の元、バルセロナで生まれ育ったマリアーノは、2011年にレアル・マドリーの下部組織に加入。2016年にはレアル・マドリー・カスティージャでも指導を受けていたジネディーヌ・ジダン監督の下でトップチームデビューを飾った。

▽その後、トップチーム定着を果たしたマリアーノだが、今夏出場機会を求めてリヨンに完全移籍。今シーズンここまではリーグ戦19試合に出場し13ゴールを挙げるなど、印象的な活躍を披露している。

▽2013年にドミニカ共和国代表としてハイチ代表との国際親善試合に出場しているマリアーノだが、以降はスペイン代表への国籍変更を考慮しドミニカ共和国代表でプレーしていないため、招集は可能な状況だ。

▽ロペテギ監督は『アス』のインタビューでマリアーノ招集の可能性を示唆している。

「マリアーノと(アトレティコのU-21フランス代表DF)リュカの招集? マリアーノに関してはイエスだ。彼はスペイン人であり、選択の対象だ。我々はすでに彼の視察に行っているし、彼のことを学んでいる」

「中南米の国々では二重国籍を持てる。ただ、リュカのようなプレーヤーに関しては招集可能かどうかわからない」

「フランス人、スペイン人、イタリア人、スペイン人には同時になれない。彼らはそのうちの1つを選ぶ必要がある。それはEUが言っていることだからね」

▽現在、スペイン代表ではMFダビド・シルバやMFイスコが“ファルソ・ヌエベ(偽9番)”としてプレーする一方、本職のセンターフォワードではFWアルバロ・モラタ、FWロドリゴ・モレーノ、FWジエゴ・コスタの3選手が定期的に招集を受けている。ここにリヨンで覚醒中のマリアーノがポジション争いに加われば、より盤石なスカッドを構築できるはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

L・エンリケ監督、イングランドに敗戦も「ハーフタイムの私は素晴らしかった」

▽スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、敗戦を受け止めつつも一定の満足感を示している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽スペインは15日、UEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4のイングランド代表戦に臨み、2-3で敗北。勝てばグループ突破が決まる重要な一戦だったが、前半だけで3失点を喫し後半の猛攻も2点を返すに留まった。 ▽とはいえ、ハーフタイム中にチームを引き締め直し、あと一歩のところまで追い上げたL・エンリケ監督は、それほどネガティブにはなっていないようだ。試合後の会見で語った。 「前半は非常に悪かった。私たちはそれを受け止めなければならない」 「私たちは出遅れ、プレッシャーに対処せず、彼ら(イングランド代表)の最初の得点にやられた」 「個人レベルで多くのミスを犯した」 「私が言うのは間違っているが、ハーフタイムの私は素晴らしかった。プレーヤーたちを打ちのめすのは私にとって普通のことだ」 「私は何も変更せず、偉大なチームは全て苦しんでいると彼らに語った」 「彼らの態度から、蹴り飛ばすことや批判、3枚替えがこのチームには必要ないと理解したんだ」 2018.10.16 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

サウスゲイト、スペイン撃破の若きチームを絶賛「選手たちの勇敢さに満足している」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は、スペイン代表を撃破した選手たちを「勇敢だった」と称賛した。<br><br>15日に行われたUEFAネーションズリーグでイングランド代表は敵地でスペイン代表と対戦。前半のうちにラヒーム・スターリングが2ゴール、マーカス・ラッシュフォードが1ゴールを挙げて3点のリードを奪う。後半には反撃に遭い、2ゴールを許すもイングランド代表が3-2で勝利した。<br><br>試合後、サウスゲイト監督はイギリス『スカイスポーツ』のインタビューでチームを称賛している。<br><br>「選手たちは自らのパフォーマンスに誇りを持つべきだ。特に前線の選手たちは最高のプレーを見せ、相手に多くの脅威を与えた。そしてその頑張りがチーム全体に勇気を与えてくれた。我々は本当によくやった」<br><br>「相手にポゼッションを握られた中でも、若い選手たちは本当に成熟したパフォーマンスを見せてくれた。大きなプレッシャーにもよく耐えていた。今日のプレーを選手たちには誇らしく思ってほしい」<br><br>過去59年間で、平均年齢が最年少のチームでスペイン代表戦に挑んだイングランド代表。ボールポゼッションはわずか27%で、シュート数でも5対23とスタッツの上では大きな差がついたが、サウスゲイト監督は勇敢に戦えたことが勝利につながったと話した。<br><br>「90分間ディフェンスに徹していればこのような結果を得られなかった。だから我々はボールに対して勇敢にプレーする必要があった。前線の3人は脅威となってくれた。スペインのプレスに対処することは難しかったが、上手く切り抜けた後に大きなカウンターのチャンスにつながった。プレーの質と選手の勇敢さに私は非常に満足している」<br><br>提供:goal.com 2018.10.16 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

イングランド、スターリングの2Gなどでスペインから3得点!後半猛攻食らうも逃げ切って今大会初勝利!《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4、スペイン代表vsイングランド代表が15日にベニト・ビジャマリンで行われ、3-2でイングランドが勝利した。 ▽ここまで2勝のスペインは勝てばグループ突破が決まる一戦。初戦のイングランド戦を2-1で勝利すると、次のクロアチア代表戦では6-0と大勝。その後のウェールズ代表との親善試合も含めると、公式戦3連勝中とエンリケ監督のもと全勝をキープしている。突破が懸かる今回は、GKデ・ヘアやセルヒオ・ラモス、ブスケッツ、チアゴ、アセンシオなど主力を起用した。 ▽一方、1分け1敗のイングランドは引き分け以下でリーグ突破の可能性は潰える。そのためにも勝利が絶対条件のこの一戦に向けて、GKピックフォード、マグワイア、バークリー、スターリング、ケインなどこちらも主力を固めた。 ▽まずは4分、ジョニーが味方とのパス交換でボックス右に侵入。シュートはDFにブロックされるものの、スペイン代表が攻撃の形を作る。するとその攻撃から得たCKの場面、右CKをマルコス・アロンソが左足で入れると、これがゴールのファーサイドへ。もう少しでゴールという場面だったがGKピックフォードが寸前のところで掻きだしイングランドは事なきを得た。 ▽ピンチを凌いだイングランド。徐々にリズムを作れるようになって迎えた16分、GKピックオードのフィードをピッチ中央で収めたケインが左サイドに展開。パスを受けたラッシュフォードはそこから絶妙なスルーパスをゴール前に通すと、オフサイドギリギリで抜け出しGKと一対一になったスターリングが豪快にネットに突き刺してイングランドが先制した。 ▽さらにイングランドは30分、相手のシュートをキャッチしたGKピックフォードが素早くロングフィードで前線のケインに繋ぐと、ケインは敵陣中央右寄りの位置から、猛然と駆け上がってきたラッシュフォードを見つけてスルーパス。ラッシュフォードはこれをワントラップで上手く収め、ゴール左隅に流し込んだ。 ▽簡単に2点を奪ってしまったイングランドだが、今日のスリーライオンズは一味違った。38分、相手をゴール前に釘付けにするイングランドは、ボックス右に走り込んだケインにバークリーから見事な浮き球スルーパスが送られる。これで相手の最終ラインの裏を取ったケインは、ゴール前に走り込んだスターリングにプレゼントパス。スターリングのこの試合2点目で、イングランドは前半だけで3点のリードを得た。 ▽後半立ち上がり、スペインはアセンシオがボックス左からシュートを試みるが、ブロックに入ったJ・ゴメスに阻まれて枠の外へ。その後、サウールとアスパスを下げてアルカセルとダニ・セバージョスを同時投入。すると直後、この交代が功を奏す。 ▽GKピックフォードのキャッチミスっからCKを得たスペインは、右CKをマルコス・アロンソが供給。このクロスにニアで合わせたアルカセルが頭で流し込み1点を返した。 ▽このゴールでスペインも勢いに乗り試合のボルテージが上昇していく中、63分に物議を醸すプレーが。バックパスを受けたGKピックフォードが処理を誤りボールをロドリゴに奪われてしまう。ピックフォードはすぐに踵を返しスライディングでクリアしたのだが、その際に腕を使ってロドリゴを倒したのではないかとスペインは猛抗議。だが結局判定はCKとなり、スペインにPKは与えられなかった。 ▽スペインは72分にロドリゴを下げてモラタを投入し3つの交代枠をすべて使い切る。一方イングランドは巧みに交代枠を使い時間を消費。 ▽ピックフォードの件でしばらく試合が止まっていたため、後半アディショナルタイムは7分に設定。すると試合終了間際の53分、セットプレーの流れからボックス右端のダニ・セバージョスのクロスにセルヒオ・ラモスが頭で合わせ1点差に詰め寄った。 ▽しかし、時すでに遅し。ゴール後すぐに試合終了の笛が鳴りイングランドが3-2で逃げ切り。今大会初勝利を手にした。 2018.10.16 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

スソ「僕は遺伝子レベルでスペイン代表」

▽ミランのスペイン代表MFスソが、ミランやスペイン代表での今を語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽今季快調なスタートを切っているスソは、ミランではリーグ戦7試合で2ゴール6アシスト、10ヶ月ぶりに招集を受けたスペイン代表では、先日のウェールズ代表戦で2アシストを記録した。自身に満ち溢れる24歳のアタッカーは、スペイン代表でも好調であることを強調した。 「毎試合プレーしたい。カーディフではプレーしたんだけど(ウェールズ戦)、監督は誰を使っても満足するだろうね。このチームのレベルはいつも本当に高いんだ」 「ここでプレーするのはより簡単だ。なんだってボールはいつも速く正確に回ってくるからね」 ▽また、スペイン代表とミランでの役割の違いについて以下のように語っている。 「そんなに違いはないよ。かなり似ているね」 「ミランはポゼッションを志向しているけど、ウインガーは中に切り込むのが仕事だからね」 ▽そんなスソはスペイン代表についてこのようにもコメントしている。 「僕はあらゆる観点からスペイン人なんだ。プレーも試合を見るのもね」 「僕はスペイン代表のDNAを持っている。若い頃からチームにいるし、だから何をどうすればいいのかよくわかってるんだ」 2018.10.15 06:50 Mon
twitterfacebook
thumb

まだ小手調べだから…/原ゆみこのマドリッド

▽「本大会を除けば強いのは昔からよね」そんな風に私が納得していたのは土曜日、ウェールズとの親善試合に勝ったスペインがこれで27試合、無敗を続けているという記事を読んだ時のことでした。いえ、ロシア・ワールドカップ(W杯)では彼ら、開催国ロシアの前にベスト16で敗退しているんですが、PK戦による負けは国際サッカー連盟(FIFA)によると、敗戦にカウントされず。従って、最後の黒星が2016年ユーロのベスト16、イタリア戦になるため、こういう数字が出てきたようですけどね。大体がして、予選では無敗に近い成績で本大会に出場するのが、近年のスペインのデフォルトとなれば、ロペテギ監督(現レアル・マドリー)、イエロ監督を経て、W杯後から受け継いだルイス・エンリケ監督が3連勝で好発進と言っても本当に強いチームが戻ってきたと手放しで喜ぶには早すぎる? ▽え、それでもウェールズ戦はいい内容だったんだろうって? そうですね、元々、イスコやカルバハル(マドリー)ら、負傷で招集されなかった選手がいたのに加えて、来週月曜にUEFAネーションズリーグの公式戦を控え、かなりのメンバーをチェンジしたスペインでしたが、やはりリーグAとBの格の差というのもあったんでしょうね。ずっと苦手にしていた5人DF体制を敷かれたにも関わらず、序盤から積極的に攻めていったところ、前半8分には早くも先制点をゲットすることに。そう、ガヤ(バレンシア)のシュートは間が悪く、サウール(アトレティコ)に当たってしまったんですが、こぼれ球をパコ・アルカセル(ドルトムント)が見事なgolazo(ゴラソ/スーパーゴール)にしているんですから、大したもんじゃないですか。 ▽おまけに19分にはスソ(ミラン)が蹴ったCKをノーマークでセルヒオ・ラモス(マドリー)がヘッドして追加点を取ると、29分にも今度は敵がエリア内でクリアミスしたボールを撃ち込んで、パコ・アルカセルが自身2本目のゴールを入れているって…はい、思い出しました。実は彼、バレンシアからバルサに移籍して、メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの控えとなる前にはユーロ2016予選など、いいところでゴールを決めていて、この日の2点で代表14試合で8得点。プレー時間を増やすため、今季、レンタルで移ったドルトムントでも7得点と当たっていたため、24日のチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ3節ではアトレティコも今季は出場機会が減っている香川真司選手より、彼の方に気をつけないといけないと思ってはいたんですけどね。 ▽まさかここまでゴールづいていたとは恐ろしい。同様にマドリーでの出番の少なさから昨季、チェルシーに行ったモラタもこの日はCFとして先発していましたが、残念ながら、こちらにはあまりチャンスが回らず。ええ、後半28分にもスソのCKからヘッドでのゴールがあったんですけど、ラモスから代わったバルトラ(ベティス)が決めていますからね。実際、他にもFWは途中出場したイアゴ・アスパス(セルタ)やロドリゴ(バレンシア)がいるため、今回は招集リスト発表直前のCLクラブ・ブルージュ戦で負傷したジエゴ・コスタ(アトレティコ)も含め、毎試合、ルイス・エンリケ監督は誰を起用するかで大いに頭を悩ますことになりそうな。 ▽その後、ベイル(マドリー)はパルコ(貴賓席)で見学していたものの、終盤にはウェールズがヴォークス(バーンリー)のゴールで1点を返したため、スコアは1-4となりましたが、何より良かったのは、「Con 0-3 hemos seguido haciendo lo mismo/コン・セロ・トレス・エモス・セギードー・アシエンドー・ロ・ミスモ(0-3になってもウチは同じように続けた)」とルイス・エンリケ監督も言っていたように、前半で勝負を決めたスペインが後半になってもダレなかったこと。いえ、ところどころでは、基本が「En la seleccion la idea es la de descansar con la pelota y buscar los espacios/エン・ラ・セレクシオン・ラ・イデア・エス・ラ・デ・デスカンサール・コン・ラ・ペロータ・イ・ブスカル・ロス・エスパシオス(代表ではボールを持って休みながら、スペースを探すというのがアイデア)」(サウール)なせいか、W杯でのようにパスを外縁で回しているだけの退屈な時間もあったりはしたんですけどね。 ▽それでも明らかに縦パスを通そうという試みは以前より増えていましたし、攻撃陣もボールが敵方にある時はしっかりプレスをかけたりと、あのロシア戦にあった倦怠感がなくなっていたのは新監督の功績かと。え、その日はブスケッツ(バルサ)の代役を立派に務めたロドリ(アトレティコ)も「Para nosotros no era un amistoso, sino un examen importante/パラ・ノソトロス・ノー・エラ・ウン・アミストーソ、シノ・ウン・エクサメン・インポルタンテ(ボクらにとっては親善ではなくて、大事な試験だった)」と言っていたように、まだ今のサイクルに入ってメンバーが固定していないのもいい緊張感を保つ原因になったんじゃないかって? ▽そうですね、何よりルイス・エンリケ監督になって顕著なのは、9月の最初の招集リストからして、かつて黄金期のスペイン代表では主流だったバルサ勢がブスケッツとセルジ・ロベルトの2人だけに激減。加えてこの日は後者が負傷で呼ばれず、ブスケッツも温存されため、カーディフのプリンシパリティ・スタジアムのピッチにはバルサの選手が1人も登場しなかったのは特筆すべきかと。だってえ、ただの背番号とはいえ、この日はイニエスタ(ヴィッセル神戸)の着けていた6番をサウールが、チャビ(アル・サッド)の8番をコケが着けていたんですよ。よりによって、アトレティコのカンテラーノ(ユース組織出身選手)コンビがスペイン代表伝説のMFコンビの後釜になるなんて、私もちょっと時代の変化についていけない気がしたものの…。 ▽まあ、今はそれでもいいです。翌金曜にマドリッドに戻ったチームはラス・ロサス(マドリッド近郊)のサッカー協会施設で2回の非公開セッションを行った後、土曜の午後はフリータイムに。どうやら前回、ルイス・エンリケ監督に連れられて行ったエスケープルーム(謎解きをしてバーチャル空間を抜け出すゲーム施設)が癖になってしまったか、ブスケッツ、ガヤ、バルトラ、チアゴ(バイエルン)、アスピリクエタ(アーセナル)らがセントロ(市内中心部)のラ・カサ・デ・パペルで目撃されたなんて話もありましたが、チームは日曜にイングランド戦の行われるセビージャ(スペイン南部)に向かい、午後7時からはベニト・ビジャマリン(ベティス)でファンも見られる前日練習をする予定となっています。 ▽うーん、ルイス・エンリケ監督は「スタメンのヒントは今日、出なかった選手とも言えるが、当たるのは4人か5人だろうね」とウェールズ戦の後、記者たちを煙に巻いていましたが、その方向で行くと、ブスケッツ、アセンシオ、ナチョ(マドリー)、マルコス・アロンソ(チェルシー)などが確定。気になるのは好調、パコ・アルカセルがリピートするのかといった辺りですが、何せ、金曜にはクロアチアとイングランドがスコアレスドローだったため、ここでスペインが引き分け以上だと、ほぼ来年6月に開かれるファイナルフォー(ネーションズリーグ、グループA王者を決める準決勝と決勝)出場が確実になるみたいですからね。この3試合で計12得点したgoleada(ゴエアダ/ゴールラッシュ)体質のスペインが今度は何点取ってくれるのかも楽しみなんですが…どうにも今年から始まったこの大会の位置づけがまだ中途半端なため、ファンとしてもこの快進撃にどこまで喜んでいいのか、微妙なんですよね。 ▽そしてそこここで代表戦が開かれている今週、マドリッドの5チームはどうしていたかというと。いやあ、このparon(パロン/リーガの停止期間)に一番、巻き返しが必要とされているのはここ4試合、勝ち星がなく、次のレバンテ戦、CLビクトリア・プルゼニ(チェコ)戦の結果次第ではクラシコ(伝統の一戦、バルサ戦のこと)前にロペテギ監督解任もありうると言われているマドリーなんですが、ビッグクラブというのはかくも辛いもの。今回も各国代表に大量14人が出向しているため、バルデベバス(バラハス空港の近く)でのセッションには、RMカスティージャ(マドリーのBチーム)の選手たちがヘルプとして駆けつけることに。 ▽ただ朗報もあって、この成績不振が始まる前に急性盲腸炎の手術を受けたイスコ、0-3と大敗したセビージャ戦でケガをしたマルセロが着々と回復、来週土曜のレバンテ戦に間に合いそうなことですが、まだ様子がわからないのはベンゼマとベイル。うーん、前節アラベス戦のハーフで交代した前者には全治10日間という意見と2、3週間という意見があるため、早くてクラシコに間に合うかといったところでしょうが、アトレティコとのマドリーダービーで筋肉疲労を起こし、CLのモスクワ遠征を休んだベイルはアラベス戦で復帰したものの、再び途中でギブアップしていますからね。代表には行ったものの、ウェールズのライアン・ギグズ監督によると、火曜の公式戦、アイルランド戦出場も難しいようです。 ▽それでもただの筋肉疲労と言い張られてしまうと、もうクラシコまで温存しない限り、頼りになる戦力になってくれないんじゃないかと悲観してしまいますが、さて。とりあえず、マリアーノやルーカス・バスケスは残って練習に励んでいるため、ロペテギ監督も後はアセンシオやセバージョスがケガしないで戻って来ることを祈るばかりといったところでしょうか。ちなみにカルバハルは全治1カ月の重傷のため、当分、リハビリが続くことになります。 ▽一方、前節にはお隣さんに勝ち点差1をつけ、バルサと同じ勝ち点となって3位に上がったアトレティコとはいうと。いやあ、こちらも11人が代表に行っているため、マハダオンダ(マドリッド近郊)のセッションもこじんまりとしたものになっていたんですが、何せ今週はシメオネ監督まで、手術を受けた父親に付き添いに母国のアルゼンチンへ帰ってしまっていませんでしたからね。加えてジエゴ・コスタ、ヒメネスはリハビリ中、9月のモンテネグロ代表の試合でケガして帰って来て以来、グラウンドに姿を現していないサビッチ、リーガ開幕戦で痛めたヒザを鍛え直しているビトロと、何とも寂しい状況だったようですが、大丈夫。 ▽週が明ければ、選手たちもだんだん増えていくはずですし、コスタやヒメネス、ビトロは来週土曜のビジャレアル戦までにはプレーできるようになるはずとあって、やはりこちらも怖いのは代表戦でケガをする選手が出ないかどうか。とりわけグリーズマン、リュカ、レマルの3人が参加しているフランスなど、火曜にドイツとのネーションズリーグの試合があるため、用心が必要かと思いますが、同日、埼玉で日本代表との親善試合があるウルグアイ代表のゴディンも長旅の疲れが心配ですよね。 ▽え、そんな中、3、4名しか各国代表に呼ばれていない弟分チームたちはさぞかし、いい練習ができたんじゃないかって? そうなんですが、エン・ナシリ(モロッコ)、オメロウ(ナイジェリア)、ルニン(ウクライナ)が欠けたメンバーで木曜、エイバルと親善試合を行ったレガネスは3-2で負けてしまうという残念な結果に。ペジェグリーノ監督はこの金土日とチームに3連休を与え、月曜から再び、降格圏の18位を抜け出すため、土曜のバレンシア戦に向かってシュダッド・デポルティバ・レガネスでのセッションを始めることになります。 ▽そのレガネスに前節負け、19位になってしまったラージョはカクタ(コンゴ)、アドビンクラ(ペルー)、ラス(ギニア)、ディミトリビッチ(マケドニア)が留守なんですが、こちらは日曜にヘタフェとの連続ミニダービーに挑むのに加え、エスタディオ・バジェカスのスタンド閉鎖のため、延期された3節アスレティック戦の開催が24日(水)午後7時に決定。ミチェル監督はこちらも見据えて準備を進めないといけないことに。うーん、本来、ホーム2連戦というのは稼ぎどころなんですが、まだ今季、1部に戻って来てから、バジェカスのファンは勝利を祝えていませんからね。この2週間がいい気分転換となってほしいものですが…。 ▽そう、相手のヘタフェもマドリッド勢なだけに私もどっちを応援したらいいか、内心複雑なんですよ。一応、彼らだけは13位と危険地帯にいないとはいえ、ここ4試合、白星から見放されているのが辛いところ。今週は毎日、きっちり午前10時半から練習していたチームからは柴崎岳選手、ジェネ(トーゴ)、マキシモビッチ(セルビア)、アマト(セネガル)が各国代表に出向いています。週中には協議委員会の審理も出て、前節レバンテ戦で退場となったポルティージョが2試合、累積警告となったジェネが1試合の出場停止処分となってしまったのもが逆境ですが、ここはボルダラス監督に頭を捻ってもらうしかないですかね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.10.14 13:30 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース