ゲッツェ、美人彼女とゴールインへ2017.12.28 10:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが美し過ぎる彼女として知られるアン・カトリン・ブレンメルさんとゴールインを果たしたようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

▽2014年のブラジル・ワールドカップ中に熱いキスをする姿がキャッチされたゲッツェとブレンメルさん。ゲッツェはウィンターブレークをブレンメルさんと過ごす時間に使い、クリスマス当日に婚約指輪をプレゼントしたという。

▽そのゲッツェは、25日に自身のインスタグラム(mariogotze)にブレンメルさんと身体を寄せ合う2ショット写真をアップ。ブレンメルさんの左手薬指には、エンゲージリングとみられる指輪がはめられている。

コメント

関連ニュース

thumb

イングランド第一号はレスターFWイヘアナチョ! カップ戦で導入開始のVARゴールを記録

▽今シーズンからセリエAやブンデスリーガでも導入されているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だが、イングランドでもVARでのゴール第一号が誕生した。 ▽記念すべきイングランドのVARゴール第一号を決めたのは、マンチェスター・シティからレスター・シティに今シーズン加入したナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョ(21)。イングランドではプレミアリーグではVARを導入していないものの、2018年1月からのFAカップ、カラバオ・カップ(EFLカップ)で導入を開始していた。 ▽レスターは16日、キング・パワー・スタジアムでFAカップ3回戦の再試合に臨み、リーグ1(イングランド3部)のフリートウッド・タウンと対戦。1-0で迎えた77分、イヘアナチョが2点目を奪う。しかし、オフサイドの判定となったものの、VARによる検証で判定が覆り、見事第一号となった。試合は、2-0でレスターが勝利している。 2018.01.17 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

クセがすごい! 炎のフェンスに逆さ吊り、自転車使用とアルゼンチン4部のGK練習がヤバい!

▽サッカー界において独特なトレーニングを行うクラブは数多くあるが、アルゼンチン4部のスポルティバ・ドック・スッドのGK練習の“クセがすごい”ことが大きな話題になっている。『dirtytackle.net』が伝えている。 ▽足を使ってプレーするサッカーという競技において、唯一手を使うことができるGKは、以前から変わり者の宝庫とされる。それだけに、これまでも多くの特殊なトレーニングが開発されてきたが、アルゼンチン4部に所属するスポルティバ・ドック・スッドのGK練習はあまりに“クセがすごい”。 ▽『dirtytackle.net』は、『You tube』に投稿されたスポルティバ・ドック・スッドのあまりに常軌を逸したGK練習の一部を紹介した。 ▽この動画で初めに紹介されたのは、GKコーチと思しき男性が150cmほどのフェンスを挟んで準備しているGKに対して、ボールを左右に投げてキャッチさせる練習だった。ただ、一つ異なるのはそのフェンスを覆う布に火が付けられていたことだった。ただ、フェンスと後ろにいるGKとの間にはかなり距離があり、この炎がGKに危険を及ぼす可能性は低く、煙いという以外に何らかの意図があるとは思えないものだった。 ▽続いて紹介された練習では、足に縄を結び付けられたGKがゴールポストから逆さ吊りにされた状態でボールをキャッチするという、またしても独特な様子が紹介された。 ▽その後は小型の自転車に乗って短い距離を走った後、自転車を降りた直後に横っ飛びでボールをキャッチするという練習、弾力のあるドラム缶のようなモノにヒザ立ちで座り、バランスを取りながらボールを弾く練習、ヒザまで浸かってしまう泥水の水溜まりでのセービング練習、ボールに木の板を反射させて行う練習と、“クセがすごい”練習のオンパレードだった。 ▽極め付けはもう使用していない貨物列車のドア部分からいきなり外に飛び出して浮いたボールをキャッチするという、スタントマン養成講座のような危険な練習の様子も映されていた。 ▽練習効果のほどは不明だが、間違いなくGK陣の負傷は多いと思われる。 ※写真はイメージ ◆“クセがすごい”GK練習 https://www.youtube.com/watch?time_continue=75&v=gK6-fSCUElQ 2018.01.17 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

フランスサッカー連盟が、選手を蹴り、イエローカードを提示したチャプロン主審を次節の担当から外すと発表

▽フランスサッカー連盟(FFF)は15日、渦中のトニー・チャプロン主審の処分を発表した。公式サイトで発表した。 ▽チャプロン主審は、14日に行われたリーグ・アン第20節のナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)で主審を務めていた。0-1でPSGがリードして迎えた後半アディショナルタイムに事件が発生。ナントのブラジル人DFディエゴ・カルロスが守備に戻る際にチャプロン氏と交錯。倒れこんだチャプロン氏は、そのままカルロスの足を蹴り、さらにはイエローカードを提示。カルロスは2枚目のイエローカードを受けて退場となっていた。 ▽FFFは、主審の愚行に対してすぐさま処分を発表。チャプロン氏は、17日に行われるアンジェvsトロワの主審を務める予定だったが、担当から外すことを決定。また、懲戒委員会にすぐさま召集する予定とのこと。聴取を受けた後に、追加の処分も発表される可能性は高そうだ。 2018.01.15 21:51 Mon
twitterfacebook
thumb

闘病中アビダルに辛辣“塩対応”のメッシ…仕打ち受けたアビダルが後に弁明

▽元フランス代表のエリック・アビダル氏が、バルセロナ所属時代の闘病期間中にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシから受けた“塩対応”について説明した。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アビダル氏は、2007年夏~2013年夏までの6年間バルセロナに在籍。史上最高のチームとも評されたバルセロナの左サイドを支え、公式戦193試合に出場し、リーガエスパニョーラ4回、チャンピオンズリーグ(CL)2回を含む計15回ものタイトル獲得に貢献したが、2011年に肝臓が腫瘍に蝕まれていることが発覚した。 ▽その後、移植手術が成功してバルセロナで無事に復帰を遂げ、復帰試合ではチームメイトがアビダル氏を胴上げ。さらに、同氏は闘病中で痩せていた時期にチームへの応援メッセージを送っており、心温まるエピソードとして語られている。 ▽しかし、アビダル氏がフランス『Canal +』のインタビューで語ったところでは、そのハートフルな物語の背景でエースによる心無い仕打ちを受けていたようだ。 「俺がすごく痩せていたとき、試合前に選手たちを応援してサポートするためのビデオを作って送ったんだ」 「(リオネル・)メッシが俺に言ったことを知っている? 『僕らが傷つくからこれ以上こんなものを送らないで』って言ったんだ。俺はそれが気に入らなかったよ。彼らを励まそうとしていたのに、『死体のように見える』と言ったんだ。それが彼らを気分悪くさせていたんだね」 ▽上記のコメントの内容はかなり辛辣なものとなっているが、アビダル氏はすぐにSNS上で訂正。実際はそれほど非情なやり取りではなかったと伝えた。 「チームを応援するためのビデオを送った時、レオ(リオネル)・メッシは『これ以上送るな』とは言わなかった。それか、何も知りたくなかったんだ」 「レオは、『あのような状態の君を見たくない』と言ったんだ。それでもすぐに、言い方が悪かったと弁明した」 2018.01.12 15:22 Fri
twitterfacebook
thumb

謙虚さの表れ!? 事故に遭ったカンテの車は中古車!?

▽謙虚さは私生活にも表れているようだ。イギリス『サン』が事故に遭ったチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが乗っていた車を紹介している。 ▽報道によるとカンテは10日、EFLカップ準決勝1stレグのアーセナル戦が行われたスタンフォード・ブリッジに向かう途中、衝突事故に遭ったようだ。カンテが乗っていたミニクーパーは前輪の左側がへこんでしまったものの、カンテ自身にケガはなく試合にはフル出場を果たした。 ▽事故が起こった後、ファンと写真を撮るなど余裕を見せたカンテ。さらに驚くべきことが、カンテが乗っていたミニクーパーは中古車両だったという。 ▽サッカー選手と言えば高級車を複数台所持するなど華やかなイメージがある。カンテも週給11万ユーロ(約1500万円)を稼いでいると言われているが、「僕は車を愛したことはない。若いころに乗りたいと思った車なんてないよ」と、車への興味がないことを強調している。 ▽昨シーズンのPFA年間最優秀選手賞を受賞したカンテは、その時のインタビューで「他にこの賞に相応しい選手はたくさんいる。チェルシーならジエゴ・コスタやアザールだ」と謙虚なコメントをしていたが、私生活でも本当に謙虚なようだ。 2018.01.12 09:05 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース