ブラジルW杯での負傷を回想するネイマール「両脚が動かせなかった」2017.12.28 00:07 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)での負傷を回想した。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽ネイマールは2014年に母国で開催されたW杯に臨み、準々決勝コロンビア代表戦で相手DFフアン・スニガの後方からの激しいタックルを受けて、腰椎を骨折。エースの離脱を余儀なくされると、ブラジルは続く準決勝のドイツ代表戦で1-7と大敗し、悲劇的な大会となった。

▽ネイマールは、フットボールキャリアが終わる可能性もあった前述の負傷に関して、自身を含め家族全員が悲しみに暮れていたと振り返っている。

「あの負傷は最悪だった。あの週は泣かされたよ。僕の母と父が泣いているのを見たし、友達や家族の全員が悲しんでいた」

「あの後は脚を持ち上げることができなかった。両脚が動かせなかったんだ。ドクターに連れ出されて、僕は泣き出したよ。とても痛かったし、何も感じることができなかったからね。脚(の存在)を感じることができなかった。彼らは僕をスタジアムの病院に連れて行って、『良いニュースは、あなたが歩けるということ。(傷が)もう2cmずれていたら、フットボールのキャリアは終わっていたでしょう』と言ったんだ」

▽幸い、後遺症もなく戦列に復帰したネイマールは、所属するPSGやブラジル代表で輝かしいキャリアを継続しており、来年6月に開催されるロシアW杯では母国開催で果たせなかった通算6度目のW杯制覇を目指す。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ新加入アルトゥール「僕はシャビでもイニエスタでもない」

▽バルセロナ入団が発表されたブラジル代表MFアルトゥールが、意気込みを語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽バルセロナは9日、グレミオに所属するMFアルトゥールとの6年契約を発表。移籍金が3100万ユーロ(約40億円)+ボーナス900万ユーロ(約12億円)で、バイアウト条項金は4億ユーロ(約521億円)に設定されていることも発表となった。 ▽クラブの大きな期待を背負い、バルセロナのレジェンドであるMFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)やMFチャビ・エルナンデス(アル・サッド)に似ていると評されるアルトゥール。しかし、当人は自身がオリジナルの選手だと主張している。 「ここに居られてとても幸せだ。バルセロナに来ることが、子供の頃からずっと僕の夢だった。だから今日は非常に重要な一日だよ」 「シャビでもイニエスタでもない。僕はアルトゥールだ」 「あの2選手と僕が比較されることはファンタスティックだね。憧れを隠すことはできないし、いつも彼らを賞賛しているよ」 「なぜ僕がここに居るのか、みんなに証明しなくてはならない」 「彼らが何をしてきたか知っているし、僕は彼らをこのクラブの基準点としている。そして、目標だ。可能な限り彼らのレベルに近づくようにハードワークするよ」 ▽2016年にグレミオでトップチームデビューを飾ったアルトゥールは、セントラルMFのポジションを本職としており、昇格2年目となった昨シーズンに公式戦39試合に出場するなど主力に定着。コパ・リベルタドーレス優勝にも大きく貢献した。 2018.07.13 14:10 Fri
twitterfacebook
thumb

元ブラジル代表MF、“俳優”と揶揄されるネイマールを擁護「彼は何度も蹴られてもいる」

元ブラジル代表MFジュリオ・バチスタは、ロシア・ワールドカップで非難の的になった、ネイマールによる大げさなアピールについて言及した。<br><br>ロシアW杯のブラジルは優勝が期待されていたものの、ベルギー代表に敗れベスト8で敗退。チームのエースであるネイマールは2ゴールを挙げるなどの活躍を見せたが、審判への過剰なアピールにより、多くの批判を浴びた。<br><br>バチスタは、問題となったネイマールの行動について「時々やり過ぎてしまうのは事実」と認めつつも、「しかし、彼が何度も蹴られていることを忘れてはいけない」と語り、実際に多くのファウルを受けていたと主張。特に大きな批判を呼んだ、メキシコ戦における過剰な反応については、メキシコ代表DFミゲル・ラユンによって足首を踏まれていたと指摘する。<br><br>「彼が地面に横たわってファウルをアピールしているシーンでは、リプレーでこの選手がネイマールの痛がっていた足首を踏んづけているのが映っていた。サッカーでは多くのことが誇張されるんだ」<br><br>セレソンのエースのダイブには苦言を呈しつつも、本当にファウルを受けている事実も忘れてはいけないと述べた。<br><br>「彼が時々ダイブするのは本当だ。それはサッカーにとって良いことではない。でも彼は何度も蹴られてもいることも忘れてはいけない」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.12 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「ほとんどの国民は君の味方だ」誹謗中傷に苦しむブラジル代表MFを古巣が激励

ブラジルのアトレティコ・パラナエンセは、人種差別や脅迫に苦しむブラジル代表フェルナンジーニョへ向けたメッセージを発表した。『グローボ』が報じている。<br><br>フェルナンジーニョはロシア・ワールドカップ準々決勝ベルギー戦に出場。クリアミスからオウンゴールを献上してしまい、チームも1-2で敗戦。まさかのベスト8敗退となった。<br><br>試合後、フェルナンジーニョに対してSNS上で人種差別的発言や殺害予告、脅迫など相次いだ。さらにその対象は家族にも向けられ、妻のガルシアさんは自身のSNSのアカウントを閉鎖に追いやられた。<br><br>この状況に、現在マンチェスター・シティで活躍するフェルナンジーニョがプロデビューを果たしたアトレティコ・パラナエンセは、公式ホームページ上にメッセージを発表。元所属選手への誹謗中傷を強く非難した。<br><br>「フェルナンジーニョ、私たちはお互いをよく知っている。君は素晴らしい能力を練習や試合で見せ、私たちの赤と黒のユニフォームの誇りを守ってくれていた。だから私たちは君を尊敬している。謙虚さ、献身性、実直さと言った君の性格を知っている私たちは、多くのブラジル人と同じように悲しみと恥ずかしさを感じている」<br><br>「それはブラジルが敗退したからではない。これはサッカーでは普通のことで、よく知っているはずだ。負けたことは受け入れられる。しかし、君や君の家族が受けている偏見や人種差別を受け入れることはできない。それはいろいろな面でブラジル全体に恥をかかせている。でもフェルナンジーニョ、信じてほしい。彼らは少数派だ。ほとんどのブラジル国民は君の味方だ」<br><br>さらにクラブは泣き寝入りするのではなく、それらの行為を撲滅する機会にするべきだと提案。そのための協力を惜しまないと述べている。<br><br>「『気にするな』とも言うことはできるが、君は声を上げなければならない。いや、それ以上だ。サポートとともに戦わなければならない。ブラジルという国として、これらの行為を撲滅しなくてはならない」<br><br>「アトレティコは君と君の家族の味方だ。私たちは君がここから世界に羽ばたいて行ったことを誇りに思っている」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.11 23:31 Wed
twitterfacebook
thumb

ロナウド氏「受け入れるべき」SNS上に様々な動画が拡散するネイマールに助言

元ブラジル代表のロナウド氏は、ロシア・ワールドカップでの審判への過剰なアピールが世間から笑いの対象にされているネイマールにアドバイスを送った。『グローボ』が報じている。<br><br>ブラジルは今大会、まさかのベスト8敗退。エースとして期待されたネイマールは2得点2アシストとまずまずの記録を残したものの、審判へのアピールのために大袈裟に痛がるシーンが多かったことが批判の的になっている。<br><br>特にSNS上ではネイマールがピッチの上を何度も転げ回っている映像をネタにしたミームと呼ばれる動画が拡散。現役時代に『カセット・アンド・プラネット』というお笑い番組に何度もネタにされていた元ブラジル代表ストライカーは、それらの嘲笑を受け入れるべきだと助言した。<br><br>「ミームは新しいものではないさ。『カセット・アンド・プラネット』は私のプレーを常にネタにしていて、私はそれを受け入れるしかなかった。私の人生は常にターゲットにされていたんだ。でもそれは素晴らしいことさ」<br><br>「初めは好きではなかったけど、彼らと敵対することが最悪のことだということに気づいたんだ。そして僕はそれをジョークにしたよ」<br><br>そして、ネイマールはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)などの導入により、判定の精度が向上している現状を受け入れる必要があるとロナウド氏は語った。<br><br>「彼は新たな状況に対処する術を学ぶ必要がある。試合中の感情をもっとコントロールできるようにならないといけない。なぜなら多くのイエローカードを受ける必要があるからね」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.11 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

一切の“同情”なし…帰国したブラジル代表、チームバスに卵を投げつけられる

ロシア・ワールドカップで失意のベスト8敗退となったブラジル代表に、国民の怒りは収まらないようだ。<br><br>ブラジルはロシアW杯ラウンド8でベルギー代表と対戦。フェルナンジーニョのオウンゴールで先制を許すと、その後もケヴィン・デ・ブライネにミドルを叩き込まれ、1-2で敗戦。無念のベスト8敗退が決まった。チッチ監督となってから南米予選などで無類の強さを誇り、2002年の日韓大会以来4大会ぶりの優勝を視野に入れていたセレソンだったが、ベルギーの堅守速攻を前に王国復権の夢は打ち砕かれた。<br><br>敗退後にインスタグラムを更新したネイマールは「キャリアの最も悲しい瞬間だ。僕らは頂点にたどり着き、歴史を作ることができるとわかっていたので、痛みは本当に大きい」と悲しみのコメントを寄せていた。<br><br>エースの悲しみに同情する者がいてもおかしくないが、ブラジル国民は同情どころか怒りしかないようだ。イギリス『FourFourTwo』によると、「ファンがブラジルに帰国したチームバスに対して、複数の卵を投げつけた」と報じた。<br><br>4年前の自国開催のW杯でもドイツ相手に7失点を喫して優勝を逃していたブラジル。国民の信頼を取り戻すために臨んだロシア大会だったが、結果的には代表に対するさらなる失望を増やしてしまったのかもしれない。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.10 22:30 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース