ブラジルW杯での負傷を回想するネイマール「両脚が動かせなかった」2017.12.28 00:07 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)での負傷を回想した。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽ネイマールは2014年に母国で開催されたW杯に臨み、準々決勝コロンビア代表戦で相手DFフアン・スニガの後方からの激しいタックルを受けて、腰椎を骨折。エースの離脱を余儀なくされると、ブラジルは続く準決勝のドイツ代表戦で1-7と大敗し、悲劇的な大会となった。

▽ネイマールは、フットボールキャリアが終わる可能性もあった前述の負傷に関して、自身を含め家族全員が悲しみに暮れていたと振り返っている。

「あの負傷は最悪だった。あの週は泣かされたよ。僕の母と父が泣いているのを見たし、友達や家族の全員が悲しんでいた」

「あの後は脚を持ち上げることができなかった。両脚が動かせなかったんだ。ドクターに連れ出されて、僕は泣き出したよ。とても痛かったし、何も感じることができなかったからね。脚(の存在)を感じることができなかった。彼らは僕をスタジアムの病院に連れて行って、『良いニュースは、あなたが歩けるということ。(傷が)もう2cmずれていたら、フットボールのキャリアは終わっていたでしょう』と言ったんだ」

▽幸い、後遺症もなく戦列に復帰したネイマールは、所属するPSGやブラジル代表で輝かしいキャリアを継続しており、来年6月に開催されるロシアW杯では母国開催で果たせなかった通算6度目のW杯制覇を目指す。

コメント

関連ニュース

thumb

歴史上で8人! メッシ&C・ロナウドも未達成…カカ以外にW杯、CL、バロンドールを獲った選手

▽元ブラジル代表MFカカ(35)が17日、現役引退を発表した。カカはそのキャリアの中で数々の栄光を手にしてきたが、ワールドカップ(W杯)、チャンピオンズリーグ(CL)、そしてバロンドールを受賞した選手は、フットボール史上でわずか8選手となっている。『B/R Football』が伝えている。 ▽サンパウロやミラン、レアル・マドリーなどでプレーし、オーランド・シティとの契約が満了した今シーズンの現役引退を先日に発表したカカ。同選手は2002年の日韓W杯で優勝を経験し、2006-07シーズンにはミランでCLを制覇。2007年にバロンドールを達成した。この3タイトルの獲得は、W杯優勝を経験していないFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドも未達成だ。 ▽カカ以外に3つのタイトルを獲得した選手は以下のとおり。 <B>FWボビー・チャールトン(イングランド)</B> ・W杯(1966年) ・CL(1967-68) ・バロンドール(1966年) <B>FWパオロ・ロッシ(イタリア)</B> ・W杯(1982年) ・CL(1984-85) ・バロンドール(1982年) <B>FWゲルト・ミュラー(ドイツ)</B> ・W杯(1974年) ・CL(1973-74、1974-75、1975-76) ・バロンドール(1970年) <B>DFフランツ・ベッケンバウアー(ドイツ)</B> ・W杯(1974年) ・CL(1973-74、1974-75、1975-76) ・バロンドール(1972年、1976年) <B>MFジネディーヌ・ジダン(フランス)</B> ・W杯(1998年) ・CL(2001-02) ・バロンドール(1998年) <B>FWリバウド(ブラジル)</B> ・W杯(2002年) ・CL(2002-03) ・バロンドール(1999年) <B>FWロナウジーニョ(ブラジル)</B> ・W杯(2002年) ・CL(2005-06) ・バロンドール(2005年) 2017.12.20 10:57 Wed
twitterfacebook
thumb

カカが現役引退を公式発表! 「次の旅の準備をしている」

▽元ブラジル代表MFカカ(35)が17日、現役引退を発表した。同選手が自身の公式『ツイッター』を通じて明かした。 ▽先日、今シーズン限りでメジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティを退団することを発表していたカカに関しては、母国や国外での現役続行か、このまま現役引退を決断するとの報道が飛び交っていた。 ▽そしてカカは17日、公式『ツイッター』で神に祈りを捧げる自身の写真と共に、「自分が思い描いていたよりも、より多くの素晴らしい経験をすることができたと思う。ありがとう、僕はいま、次の旅の準備をしている。イエスの名のもとに、アーメン」と、スパイクを脱ぐ決断をしたことを明かした。 ▽また、カカはブラジル『グローボ・エスポルチ』で現役引退を決断した理由に関して以下のように説明している。 「プロフットボーラーとしての僕のキャリアはここで終わる。落ち着いて考えて自分の決断を下すために少し時間が必要だったんだ。両親や兄弟、ガールフレンド、兄弟の奥さんと親しい間柄の人たちと話し合ってきた。それは僕にとって祈りの時間でもあったんだ」 「非常に意識的なやり方で、僕は自分自身で今こそプロフットボーラーを辞める時期にいるという決断を下した」 ▽また、カカは自身の今後に関して、フットボール界での仕事に携わっていくつもりであると語っている。 「いま、フットボール界で仕事を続けるための準備を進めているんだ。ただ、これまでとは異なる役割だ」 「僕はマネージャーやスポーツ・ディレクターか、ピッチ内とクラブ双方の役割を兼務した仕事に就きたいと思っている」 ▽さらに、先日にオーナーグループとの接触が報じられた古巣ミランへの復帰の可能性に関しても言及。「最近、ミランがオファーしてきたことは事実だ。今後の状況を見守ってみよう」と、クラブ幹部としての復帰に前向きな姿勢を見せた。 ▽2001年に母国屈指の名門、サンパウロでプロキャリアをスタートしたカカは、2003年にミランに完全移籍で加入。卓越したアスリート能力に加え、溢れるばかりの攻撃センス、得点力を兼ね備えた完全無欠の攻撃的MFは、セリエAやチャンピオンズリーグ(CL)、FIFAクラブ・ワールドカップのタイトル獲得に貢献。2007年にはバロンドールを獲得するなど、キャリア最高の時期を過ごした。 ▽その後、2009年にミランの財政悪化を受けて、6800万ユーロの高額移籍金で加入したレアル・マドリーでは、リーガエスパニョーラやコパ・デル・レイのタイトルを獲得するも、度重なるケガの影響で思うような活躍をできず、2013年にミランに復帰することになった。 ▽その後、古巣サンパウロへのレンタル移籍を経て、2015年からMLSに新規参入したオーランド・シティへ新天地を求めると、在籍3年間で公式戦77試合に出場し25ゴール19アシストを記録するなど、主力として活躍。そして、今シーズン終了後に退団を発表していた。 ▽また、2002年にデビューを飾ったブラジル代表では、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)でいきなり優勝を経験。その後、2006年ドイツW杯、2010年の南アフリカW杯の3大会に出場するなど、通算92キャップ29ゴールという成績を残していた。 2017.12.18 03:00 Mon
twitterfacebook
thumb

資金洗浄疑惑のブラジルサッカー連盟会長に90日間のサッカー活動停止処分

▽ブラジルサッカー連盟(CBF)のマルコ・ポーロ・デル・ネロ会長が、国際サッカー連盟(FIFA)による倫理調査中に90日間の活動停止処分を受けたことが判明した。15日にイギリス『BBC』が報じている。 ▽デル・ネロ会長は、アメリカ当局からマネーロンダリング疑惑で追及を受けていたにも拘らず、2015年にCBFの会長に就任。同年にそれまで務めていたFIFAの執行役員を退いたが、ブラジルからアメリカに身柄が引き渡されることはなかった。 ▽FIFAは15日、デル・ネロ会長の活動禁止期間が45日間延長される可能性を孕んでいることを明かしつつ、「期間中、ポーロ・デル・ネロ氏の国内外での全てのサッカー活動を禁止する。この処分は、ただちに有効となる」との声明を発表。また、今回の処分との因果関係は定かではないが、FIFAで幹部を務めていた南米人3名が、脅迫、詐欺、マネーロンダリングの疑いでニューヨークの法廷に出廷する、という情報も記事は伝えている。 2017.12.16 03:27 Sat
twitterfacebook
thumb

ガブリエウ・ジェズスの無敗記録に終止符! 個人として403日ぶりの敗戦…

▽マンチェスター・シティに所属するブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの偉大な記録に終止符が打たれた。『ESPN』が伝えている。 ▽シティは6日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループF最終節のシャフタール戦を戦い、1-2で敗戦した。この敗戦によって、シティは公式戦の連勝が「20」でストップすると共に、無敗記録が28試合でストップした。また、今回の敗戦はジェズスの偉大な記録をストップさせるものになったという。 ▽『ESPN』が伝えるところによれば、今回の敗戦はジェズスにとってパルメイラス時代の2016年10月29日に行われたサントス戦以来、個人として403日ぶりの敗戦となったという。 ▽ジェズスは前述のサントス戦の敗戦以降、シティで公式戦32試合(27勝5分け)、ブラジル代表で公式戦6試合(4勝2分け)、パルメイラスで公式戦4試合(3勝1分け)に出場し、出場した42試合で無敗を続けていた。しかし、今回のシャフタール戦でシティ移籍後初の敗戦と共に無敗記録がストップすることになった。 2017.12.07 23:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ロナウジーニョが2018年に“正式”引退へ

▽かつてバルセロナなどで活躍した元ブラジル代表FWロナウジーニョ(37)が、2018年に引退することを“正式に”発表した。『SPORTING NEWS』が伝えている。 ▽2015年に母国のフルミネンセでプレーにして以降はフリーとなっていたロナウジーニョ。2017年にはバルセロナの大使を務めるなど、現役引退こそ明言していなかったがフットボールから離れた日々を送っていた。 ▽そんな中、同選手は記者会見を開き、2018年に現役を引退することを明かした。 「来年にフットボールに別れを告げることになると思う。これまでプレーしてきたチームで、引退試合を行うかもしれないね。そのことについてはすぐに考えたい」 ▽またロナウジーニョは引退後のセカンドキャリアについても言及。自身は今年3月に音楽業界に進出しており、ソロミュージシャンとしてデビューしている。 「これからは音楽に関するプロジェクトやサッカースクールを立ち上げたいね。僕にとっては新しい挑戦だ。この世界に適応しないといけない」 ▽1998年にグレミオでプロデビューを果たしたロナウジーニョは、2001-02シーズンにパリ・サンジェルマンに移籍。さらに2003-04シーズンからはバルセロナに加入すると、リーガエスパニョーラ2回、チャンピオンズリーグ1回とタイトルを獲得。自身も2005年のバロンドールを受賞するなどキャリアの全盛期を過ごした。 ▽その後は2008-09シーズンからミランに加入し、2012年からはフラメンゴ、アトレチコ・ミネイロといったブラジルのクラブや、メキシコのケレタロでプレー。2015年にフルミネンセでもプレーしていた。 ▽また、1996年にはU-17ブラジル代表でプレーしU-17選手権で優勝。その後も各年代別の代表に選ばれると1999年にはフル代表に招集。2002年に行われた日韓ワールドカップでは、FWロナウド、FWリバウドと形成する“3R”が躍動。ドイツ代表を下して優勝を果たしている。 2017.12.06 08:29 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース