ブラジルW杯での負傷を回想するネイマール「両脚が動かせなかった」2017.12.28 00:07 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)での負傷を回想した。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽ネイマールは2014年に母国で開催されたW杯に臨み、準々決勝コロンビア代表戦で相手DFフアン・スニガの後方からの激しいタックルを受けて、腰椎を骨折。エースの離脱を余儀なくされると、ブラジルは続く準決勝のドイツ代表戦で1-7と大敗し、悲劇的な大会となった。

▽ネイマールは、フットボールキャリアが終わる可能性もあった前述の負傷に関して、自身を含め家族全員が悲しみに暮れていたと振り返っている。

「あの負傷は最悪だった。あの週は泣かされたよ。僕の母と父が泣いているのを見たし、友達や家族の全員が悲しんでいた」

「あの後は脚を持ち上げることができなかった。両脚が動かせなかったんだ。ドクターに連れ出されて、僕は泣き出したよ。とても痛かったし、何も感じることができなかったからね。脚(の存在)を感じることができなかった。彼らは僕をスタジアムの病院に連れて行って、『良いニュースは、あなたが歩けるということ。(傷が)もう2cmずれていたら、フットボールのキャリアは終わっていたでしょう』と言ったんだ」

▽幸い、後遺症もなく戦列に復帰したネイマールは、所属するPSGやブラジル代表で輝かしいキャリアを継続しており、来年6月に開催されるロシアW杯では母国開催で果たせなかった通算6度目のW杯制覇を目指す。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール2Aのブラジルがサウジアラビアに勝利《国際親善試合》

▽ブラジル代表は12日、国際親善試合でサウジアラビア代表とアウェイで対戦し、2-0で勝利した。 ▽4日後にアルゼンチン代表との国際親善試合を控えるブラジルは、[4-3-3]のシステムを採用。3トップは右からコウチーニョ、ガブリエウ・ジェズス、ネイマールと並べ、中盤アンカーにカゼミロ、インサイドにフレッジとR・アウグストを配した。 ▽ゆったりと立ち上がった中、徐々に圧力を強めたブラジルは、ネイマールが個人技でシュートを浴びせてサウジアラビアをけん制していく。 ▽26分には左サイド低い位置からのFKをニアサイドのG・ジェズスが頭で合わせたシュートが枠を捉えたが、GKのファインセーブに阻まれた。 ▽その後もネイマールを起点に押し込んだブラジルは43分に先制する。ネイマールのスルーパスをボックス右で受けたG・ジェズスが、冷静にチップキックシュートで飛び出したGKを外してゴールに流し込んだ。 ▽後半からフレッジに代えてルーカス・モウラを右ウイングに投入し、コウチーニョをインサイドに下げたブラジルは、52分にネイマールのスルーパスをボックス右で受けたルーカス・モウラがシュートに持ち込むもGKの好守に阻まれる。 ▽さらに55分、ネイマールの左足コントロールシュートが左ポストを直撃。追加点に迫ったが、その後はコウチーニョやG・ジェズスを下げたこともあってなかなかチャンスを生み出せない。 ▽それでも終盤の85分に飛び出したサウジアラビアGKがボックスの外でハンドを犯して退場となると、追加タイム6分にネイマールの右CKからアレックス・サンドロがヘディングシュートを流し込んで2-0。ネイマールの2アシストで勝利している。 2018.10.13 05:47 Sat
twitterfacebook
thumb

エデルソンが同胞のアリソンと比較「彼は一歩先にいる」

▽マンチェスター・シティのブラジル代表GKエデルソンが、同胞のリバプールGKアリソン・ベッカーについて「一歩先にいる」とコメントしている。ブラジル『Globo Esporte』のインタビューを、イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽GKにも足元の技術が求められるモダン・フットボールにおいて、エデルソンやアリソンはその先駆けともいえる存在だ。ともにブラジル代表の2人は、それぞれシティとリバプール、同じプレミアリーグで鎬を削りあっている。 ▽そんな中、エデルソンがライバル・アリソンについて言及。今夏、ローマから6700万ポンド(約99億円)の移籍金でリバプールに移籍したアリソンは、先のロシア・ワールドカップで全5試合に出場。エデルソンは自身と比較し「彼は一歩先にいる」との見解を示した。 「僕らには似たようなところがいくつもあると思う。彼はリバプールで素晴らしいスタートを切ったね」 「GKというポジションは残酷だ。プレーできるのはたった1人だからね。だけど僕らはともにイングランドでよくやっていると思う。今は彼が一歩先にいるけどね。彼はワールドカップでレギュラーだった。だけどそれは僕が怠けていたということじゃないよ」 ▽また、今月行われるサウジアラビア代表戦(12日)とアルゼンチン代表戦(16日)に関して、エデルソンは以下のことを明かしている。 「昨日のトレーニングでチッチ(アデノール・レオナルド・バッチ監督)が僕ら2人を読んで、僕を最初の試合(サウジアラビア戦)、アリソンを次の試合(アルゼンチン戦)で使うことを教えてくれた」 「僕はブラジル代表でプレーする機会を貰えてとてもハッピーだよ」 2018.10.10 15:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ルーカス・モウラが追加招集、2年半ぶりのブラジル代表《国際親善試合》

▽ブラジルサッカー連盟(CBF)は8日、国際親善試合に臨むブラジル代表メンバーからグレミオFWエヴェルトンが負傷により外れ、トッテナムFWルーカス・モウラを追加招集したことを発表した。 ▽8月のプレミアリーグ月間最優秀選手に選出されるなど、トッテナムで主力として活躍しているルーカス・モウラは2016年5月以来、約2年半ぶりの代表招集となった。 ▽ブラジルは12日にサウジアラビア代表と、同16日にアルゼンチン代表との国際親善試合に臨む。 2018.10.09 02:13 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールのさらなる躍進を! FWフィルミノはタイトルを渇望

▽リバプールに所属するブラジル代表FWロベルト・フィルミノが、指揮官への信頼を口にしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽フィルミノは、2015年の夏にホッフェンハイムからリバプールに移籍。同年の10月に招へいされたユルゲン・クロップ監督は初シーズンからフィルミノを重用しており、現在では欠かせない選手の1人となっている。 ▽FWモハメド・サラーがローマから加入して大ブレイクした昨シーズン、フィルミノはFWサディオ・マネも加えた3人で欧州最高峰の3トップを形成し、公式戦54試合27ゴール17アシストを記録した。 ▽更なる躍進を目指すフィルミノは、クロップ監督への恩を語っている。 「僕らは良くやっているし、彼(ユルゲン・クロップ監督)の下で良いスタートが切れた。大きな夢を抱いているんだ。ハードワークを続けて、トロフィーを勝ち取りたい」 「僕ら(クロップ監督とフィルミノ)は3年間一緒に仕事をしているけど、もっと長い気がしてくる」 「彼の下でとても幸せなんだ。信じられないような監督だよ。彼から多くを学んだし、それは僕だけじゃなくチーム全体も同じだ。彼は秀でていると思う」 「クロップが到着して以来、僕を多くを彼から学んでいる。彼は持てるもの総動員してチームに授けた。僕らは今ではそれ(クロップ監督から授かったプレー)をうまくやっているよ」 「僕は今よりもとても凄くシャイだったんだ。これに関して改善したことは素晴らしい。毎日、少しずつ良くなっているんだ…照れてしまうけど」 ▽リバプールは今シーズン、ここまでのプレミアリーグ7試合で6勝1分けと無敗。優勝候補筆頭にも挙げられている。チャンピオンズリーグ(CL)決勝まで到達しながらも、無冠に終わった昨シーズンの雪辱を果たすべく、好調を保つことはできるのだろうか。7日にはプレミア第8節でマンチェスター・シティを本拠地アン・フィールドに迎える。 2018.10.06 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表、負傷マルセロに代わりフィリペ・ルイスを追加招集《国際親善試合》

▽ブラジルサッカー連盟(CBF)は4日、負傷によりブラジル代表を離脱したレアル・マドリーDFマルセロに代わり、アトレティコ・マドリーDFフィリペ・ルイスを追加招集したことを発表した。 ▽CBFは先月21日に、今月12日にサウジアラビア代表と、同16日にアルゼンチン代表とのフレンドリーマッチに臨むブラジル代表メンバーを発表していた。しかし、先月26日に行われたリーガエスパニョーラ第6節のセビージャ戦で、マルセロガ右足ヒラメ筋を負傷したことにより、BFは今月3日にマルセロの代表離脱を伝えていた。 ▽フィリペ・ルイスは2009年10月のベネズエラ代表戦でブラジル代表デビュー。これまでに公式戦36試合に出場し2ゴール5アシストを記録している。 2018.10.05 01:27 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース