【セリエA前半戦総括】超WS選出の最優秀選手はシュクリニアル!2018.01.01 12:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
★ミラン期待外れも5強が順当に上位を占める
▽7連覇を目指すユベントス、ナポリ、インテル、ローマ、ラツィオの5強が順当に上位を占めている。そんな中、前半戦を終えた段階で首位に立ったのはナポリ。サッリ体制3季目の今季は熟成路線を採り、持ち前の攻撃力をコンスタントに発揮。DFグラムの負傷とチャンピオンズリーグ(CL)の兼ね合いで、徐々にチーム状態は下降したが、それでも15勝3分け1敗と素晴らしい結果を残している。

▽そのナポリを1ポイント差で追うのはユベントス。守備の要だったDFボヌッチ流出でシーズン序盤は軽率な失点が目立ったが、DFベナティアの台頭で昨季までの堅守を取り戻した。CLバルセロナ戦以降、公式戦8試合連続無失点と鉄壁の守備を取り戻した。一方で攻撃面はFWドグラス・コスタとMFマテュイディの加入で昨季以上の攻撃力を手にしている。

▽直近のここ3試合で1分け2敗と失速したことによって3位に転落したものの、不本意だった昨季に比べ、格段に良いシーズンを過ごしているのがインテルだ。名将スパレッティ監督を迎えたチームは、持ち前の攻撃力を維持しつつ、DFシュクリニアルの加入によって守備が強固となった。攻守に隙の少ないチームに仕上がり、ナポリやユベントスに対抗できる存在となっている。

▽4位のローマも消化試合が一つ少ない中、上位に食らいついている。年末に行われたユベントスとの大一番を落としてしまったが、リーグ最少の12失点とGKアリソンを軸に守備陣が奮闘している。FWサラーの穴が埋まっていないのが痛いところだが、後半戦に向けて穴を埋めるような存在が現れれば、昨季のような攻撃力を取り戻すことができるはずだ。

▽5位のラツィオもローマ同様、消化試合が一つ少ない中、4位ローマを2ポイント差で追い、上々のシーズンを過ごしている。とりわけインモービレが絶好調で16ゴール8アシストと躍動。今季から相棒となったL・アルベルトとも好相性でユベントスに次ぐ得点力を誇っている。

▽強豪が順当に上位5チームを占めた中、期待外れのシーズンとなっているのがミラン。大型補強を敢行しながらボヌッチを筆頭に期待されたパフォーマンスを発揮できていない中、モンテッラ監督が11月に首を切られた。しかし、後任のガットゥーゾ監督も結果を出せず、復調の気配がない状況だ。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆DFミラン・シュクリニアル(インテル)
Getty Images
▽FWイカルディと並ぶインテル躍進の立役者。サンプドリアから移籍してきた22歳スロバキア代表センターバックの評価は、うなぎのぼりだ。実際、ここまでハイレベルなセンターバックだとは思っていなかった。圧倒的な対人の強さをベースに、空中戦の強さ、足下の技術も正確で得点力も兼備と、魅力満載のDFだ。相棒のDFミランダと形成する守備ブロックはセリエA屈指の強固さを誇るにまで進化を遂げた。

★最優秀監督
◆ルチアーノ・スパレッティ(インテル)
Getty Images
▽ローマで好結果を残し続けてきた名将の招へいでインテルが長いトンネルを抜け出しそうな気配だ。3冠を成し遂げたモウリーニョ監督が去って以降のインテルは、不振が続いて監督の首をすげ替え続けてきた。しかし、今季は第17節終了時まで無敗を維持し、優勝争いにしっかり絡んでいる。後半戦に向けては、少数精鋭のチームをいかにうまく回していくかがポイントとなりそうだ。

【期待以上】
★チーム
◆インテル
Getty Images
▽監督選びで苦しんだ昨季を考えれば、今季は順風満帆なシーズンを送っていると言っていいだろう。もともと戦力はセリエAトップクラスだったが、組織力に欠けることからなかなか上位に食らいつくことができていなかった。そこにスパレッティ監督が規律をもたらし、攻守に隙の少ないチームに仕上げた印象だ。ユベントスとのイタリア・ダービーではしぶとく勝ち点1をもぎ取り、チーム力を上げていることを証明した。

★選手
◆DFアレクサンダル・コラロフ(ローマ)
Getty Images
▽マンチェスター・シティの余剰人員的な立場でローマにやってきたセルビア代表左サイドバックだが、依然として世界最高レベルの左足を持っていることを見せ付けた。元々ラツィオで台頭したコラロフにとっては、ライバルクラブの加入ということもあってロマニスタからは厳しい目で見られていたはずだが、プレッシャーに感じることなくひょうひょうとプレーしている。課題の守備もそつなくこなし、攻守に質の高いプレーを披露し続けている。

【期待外れ】
★チーム
◆ミラン
Getty Images
▽総額2億ユーロ(約265億円)以上をつぎ込んで好選手を多数補強したものの、多くの選手がフィットしていない状況だ。戦力となっているのは皮肉にも全く期待されていなかったFWボリーニというのが辛いところ。選手の特性を見て試行錯誤していたモンテッラ監督もお手上げの状態となり、11月終盤に解任の運びとなった。しかし、クラブのレジェンドでもある後任のガットゥーゾ監督も状況を好転できず、ノルマのCL出場権獲得はほぼ絶望的な状況となっている。

★選手
◆DFレオナルド・ボヌッチ(ミラン)
Getty Images
▽ミランの新10番を背負うMFチャルハノールも期待に応えられていないが、守備の要となることが期待されながらも散々なパフォーマンスに終始しているボヌッチを選出。ユベントスの6連覇に大きく貢献し、近年不振が続くミランに勝者のメンタリティーをもたらすかに思われたが、自身が失点に絡むシーンが多発し、ミラニスタの信頼を得られていない状況だ。

【後半戦展望】
★ナポリとユーベ軸にスクデット争い
▽例年、ユベントスが余裕を持って優勝していたセリエAだが、今季はナポリを筆頭にインテル、ローマが優勝しても何ら不思議ではないスクデット争いを展開している。とりわけナポリはCLから敗退したことで主力をリーグ戦に集中させられる環境となったのは、プラス材料。グラムの代役をこの冬に補強できれば、1989-90シーズン以来の優勝も現実味を帯びる。

▽ナポリを追うユベントスは12月に入ってナポリを下し、インテルを圧倒して引き分け、ローマを撃破と、尻上がりにチーム力を上げている。CLを残しているが、現状ではディバラを控えに置くなど選手層も十分。アッレグリ監督の巧みな手腕によって今季のハイレベルなスクデット争いを制すことも十分に可能なチームに仕上がってきている。

▽インテルに関してはやや息切れの感が否めない。無敗を維持しながら、直近の3試合で2連1分けと躓いた。リーグ戦一本に集中できるメリットはあるものの、選手層に難を抱えており、後半戦も好調を維持できるかは微妙なところかもしれない。

▽ローマに関しては攻撃力の復活が欠かせない。サラーを失ったことでFWゼコやMFナインゴランのパフォーマンスが昨季のレベルに達しておらず、攻撃が単調になっている。ここを改善できなければ、今後も格下相手に勝ち点を落とす試合が散見されることになるだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリがファビアン・ルイス&ザルツブルクDF獲得に迫る 会長が主力2選手の退団の可能性についても言及

▽ナポリが2人の若手逸材の獲得に近づいているようだ。同クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長がイタリア『Corriere dello Sport』で語った。 ▽新シーズンからカルロ・アンチェロッティ監督が指揮を執るナポリでは、バンディエラであるスロバキア代表MFマレク・ハムシク(30)とイタリア代表MFジョルジーニョ(26)の2選手の今夏退団が濃厚に。とりわけ、ジョルジーニョのマンチェスター・シティへの移籍が迫っている。 ▽この状況を受けて、クラブはベティスで今季ブレイクを果たしたスペイン人MFファビアン・ルイス(22)と、RBザルツブルクでプレーするオーストリア代表DFシュテファン・ライナー(25)の獲得に迫っているようだ。 ▽デ・ラウレンティス会長は2選手の獲得が近づいていることを認めている。 「我々はファビアン・ルイスに関してすべての詳細が詰め終わるのを待っているだけだ。また、ミラノでライナーと会ったことを否定するつもりはない。現時点で話し合いの最中だ」 ▽なお、ファビアン・ルイスはアトレティコ・マドリーMFサウール・ニゲスを彷彿とさせる189cmの大型レフティ。今季はリーグ戦34試合に出場し3ゴールを記録。優れたパスセンスと球際の強さ、運動量を武器とするインテリオールだ。ナポリはジョルジーニョの後釜として同選手の契約解除金を支払う構えだ。 ▽一方、日本代表MF南野拓実の同僚であるライナーは今季の公式戦55試合に出場し2ゴール11アシストを記録。本職はサイドバックながらも右サイドの全ポジション、セントラルMFでも起用可能なクレバーな選手。とりわけ、右足のキック精度には定評がある。移籍金に関してはザルツブルク側が1000万ユーロ(約12億8000万円)を要求している模様だ。 ▽また、デ・ラウレンティス会長は中盤の主力2選手の去就や今夏の補強プランに関しても言及している。 「我々には2人のゴールキーパーと守れるサイドバックが必要だ。さらにジョルジーニョとマレク・ハムシクが退団すると、我々は2人の新たなミッドフィルダーも必要になる」 「ハムシクに関しては先日に代理人を伴って私の自宅でディナーを共にし、その場で彼らは中国のクラブとコンタクトを取っていることを伝えてきた。ただ、以降いかなるオファーも受けていない」 「ジョルジーニョに関してはマンチェスター・シティの首脳陣と話し合いを行った。我々は合意に達する必要があるが、交渉は一歩ずつ進んでいる。まもなく合意に達すると言って問題はないだろう」 2018.06.16 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

名将アンチェロッティがW杯優勝国を予想「大抵同じ顔ぶれだが、本命は…」

ナポリの指揮官に就任したカルロ・アンチェロッティが、&ldquo;ワールドカップ・アンド・エコノミックス2018&rdquo;のイベントに出席し、ロシアW杯の優勝国を予想した。イタリア『メディアセット』など複数メディアが11日、報じている。<br><br>W杯には選手として2度、アシスタントマネージャーとして1度、参加しているイタリア人の名将は、今年の大会優勝国を予想した。<br><br>「優勝国は、大抵同じ顔触れだ。スペインとブラジルが有力だが、私はブラジルの可能性が高いと考える。新監督のチッチが、非常に強固な守備を築いた。それが持ち前の素晴らしい攻撃能力に加わることを考慮すれば、本命の優勝候補であると言える。その後ろは、フランス、ドイツ、アルゼンチンあたりになるだろう。ただ今年、イタリアがいないのは残念だ」<br><br>続いてアンチェロッティは、ロシアW杯のダークホースを予想している。ただEUROのように、ダークホースが優勝を果たす可能性は低いと主張する。<br><br>「サプライズ? ダークホースになりうるのは2チーム。プレミアリーグでプレーする選手が多いベルギー、そして経験とクオリティがうまくミックスされたクロアチアになるだろう。ただ決勝では、サプライズは起こらないと思う。EUROと比較すると、W杯では大抵有力候補が優勝している。ギリシャ(EURO2004)やポルトガル(EURO2016)のように、ダークホースが優勝するのを見届けることは難しいだろう」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.13 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、伊代表FWヴェルディと5年契約…推定移籍金32億円

▽ナポリは11日、ボローニャに所属するイタリア代表FWシモーネ・ヴェルディ(25)の加入を発表した。契約期間は5年。『フットボール・イタリア』によれば、移籍金は2500万ユーロ(約32億4000万円)程度とみられる。 ▽ミラン下部組織出身のヴェルディは、これまでトリノやユーベ・スタビア、エイバル、カルピでプレー。2015-16シーズンにミラン復帰を果たしたが、アピールならず、2016年夏からボローニャに活躍の場を求めた。 ▽すると、そのボローニャでブレイク。今シーズンは昨年11月4日に行われたセリエA第12節のクロトーネ戦で両足からFKをゴールを決める離れ業を披露するなど、リーグ戦34試合10得点10アシストをマークした。 2018.06.12 08:10 Tue
twitterfacebook
thumb

カンナバーロ監督、ハムシク獲得を否定「ナポリの妨げにはならない」

▽ナポリMFマレク・ハムシクが、広州恒大へ移籍することはなさそうだ。ファビオ・カンナバーロ監督が、同選手の獲得を否定した。『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽カンナバーロ監督は、「ハムシクは偉大な選手だが、ロマンチックで感傷的な側面がある。ナポリから選手を獲ることはないね。彼らの妨げになることはない」と断言。ハムシクの獲得を否定した。 ▽31歳のハムシクに対しては、中国から高額オファーが届いていると言われている。選手も中国行きに前向きとみられているが、カンナバーロ監督はナポリ出身でナポリは心のクラブ。ナポリとの関係悪化は望んでいないそうだ。 2018.06.12 04:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ会長、ジョルジーニョ移籍は「もうすぐ決まる」

▽ナポリのイタリア代表MFジョルジーニョ(26)のマンチェスター・シティ移籍は近いようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽シティの熱烈なオファーにもかかわらず、両クラブが要求する移籍金の隔たりから、なかなか進展しなかったジョルジーニョ移籍問題。だが、ようやく終結の時が来たようだ。 ▽移籍金3000万ユーロ(約38億8000万円)から始まった今回のオファー。現在はボーナスを含めて5500万ユーロ(約71億1000万円)までシティは引き上げたようで、両クラブが納得するポイントまで近づいているという。ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長も認めている。 「我々は金銭の面でまだ決定的な合意には達していないが、まもなく終了するだろう。数日のうちに契約をまとめることは可能だ。交渉の余地はあるが、我々はシティのリーダーたちと良い関係を築けているよ」 2018.06.11 14:20 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース