【セリエA前半戦総括】超WS選出の最優秀選手はシュクリニアル!2018.01.01 12:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
★ミラン期待外れも5強が順当に上位を占める
▽7連覇を目指すユベントス、ナポリ、インテル、ローマ、ラツィオの5強が順当に上位を占めている。そんな中、前半戦を終えた段階で首位に立ったのはナポリ。サッリ体制3季目の今季は熟成路線を採り、持ち前の攻撃力をコンスタントに発揮。DFグラムの負傷とチャンピオンズリーグ(CL)の兼ね合いで、徐々にチーム状態は下降したが、それでも15勝3分け1敗と素晴らしい結果を残している。

▽そのナポリを1ポイント差で追うのはユベントス。守備の要だったDFボヌッチ流出でシーズン序盤は軽率な失点が目立ったが、DFベナティアの台頭で昨季までの堅守を取り戻した。CLバルセロナ戦以降、公式戦8試合連続無失点と鉄壁の守備を取り戻した。一方で攻撃面はFWドグラス・コスタとMFマテュイディの加入で昨季以上の攻撃力を手にしている。

▽直近のここ3試合で1分け2敗と失速したことによって3位に転落したものの、不本意だった昨季に比べ、格段に良いシーズンを過ごしているのがインテルだ。名将スパレッティ監督を迎えたチームは、持ち前の攻撃力を維持しつつ、DFシュクリニアルの加入によって守備が強固となった。攻守に隙の少ないチームに仕上がり、ナポリやユベントスに対抗できる存在となっている。

▽4位のローマも消化試合が一つ少ない中、上位に食らいついている。年末に行われたユベントスとの大一番を落としてしまったが、リーグ最少の12失点とGKアリソンを軸に守備陣が奮闘している。FWサラーの穴が埋まっていないのが痛いところだが、後半戦に向けて穴を埋めるような存在が現れれば、昨季のような攻撃力を取り戻すことができるはずだ。

▽5位のラツィオもローマ同様、消化試合が一つ少ない中、4位ローマを2ポイント差で追い、上々のシーズンを過ごしている。とりわけインモービレが絶好調で16ゴール8アシストと躍動。今季から相棒となったL・アルベルトとも好相性でユベントスに次ぐ得点力を誇っている。

▽強豪が順当に上位5チームを占めた中、期待外れのシーズンとなっているのがミラン。大型補強を敢行しながらボヌッチを筆頭に期待されたパフォーマンスを発揮できていない中、モンテッラ監督が11月に首を切られた。しかし、後任のガットゥーゾ監督も結果を出せず、復調の気配がない状況だ。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆DFミラン・シュクリニアル(インテル)
Getty Images
▽FWイカルディと並ぶインテル躍進の立役者。サンプドリアから移籍してきた22歳スロバキア代表センターバックの評価は、うなぎのぼりだ。実際、ここまでハイレベルなセンターバックだとは思っていなかった。圧倒的な対人の強さをベースに、空中戦の強さ、足下の技術も正確で得点力も兼備と、魅力満載のDFだ。相棒のDFミランダと形成する守備ブロックはセリエA屈指の強固さを誇るにまで進化を遂げた。

★最優秀監督
◆ルチアーノ・スパレッティ(インテル)
Getty Images
▽ローマで好結果を残し続けてきた名将の招へいでインテルが長いトンネルを抜け出しそうな気配だ。3冠を成し遂げたモウリーニョ監督が去って以降のインテルは、不振が続いて監督の首をすげ替え続けてきた。しかし、今季は第17節終了時まで無敗を維持し、優勝争いにしっかり絡んでいる。後半戦に向けては、少数精鋭のチームをいかにうまく回していくかがポイントとなりそうだ。

【期待以上】
★チーム
◆インテル
Getty Images
▽監督選びで苦しんだ昨季を考えれば、今季は順風満帆なシーズンを送っていると言っていいだろう。もともと戦力はセリエAトップクラスだったが、組織力に欠けることからなかなか上位に食らいつくことができていなかった。そこにスパレッティ監督が規律をもたらし、攻守に隙の少ないチームに仕上げた印象だ。ユベントスとのイタリア・ダービーではしぶとく勝ち点1をもぎ取り、チーム力を上げていることを証明した。

★選手
◆DFアレクサンダル・コラロフ(ローマ)
Getty Images
▽マンチェスター・シティの余剰人員的な立場でローマにやってきたセルビア代表左サイドバックだが、依然として世界最高レベルの左足を持っていることを見せ付けた。元々ラツィオで台頭したコラロフにとっては、ライバルクラブの加入ということもあってロマニスタからは厳しい目で見られていたはずだが、プレッシャーに感じることなくひょうひょうとプレーしている。課題の守備もそつなくこなし、攻守に質の高いプレーを披露し続けている。

【期待外れ】
★チーム
◆ミラン
Getty Images
▽総額2億ユーロ(約265億円)以上をつぎ込んで好選手を多数補強したものの、多くの選手がフィットしていない状況だ。戦力となっているのは皮肉にも全く期待されていなかったFWボリーニというのが辛いところ。選手の特性を見て試行錯誤していたモンテッラ監督もお手上げの状態となり、11月終盤に解任の運びとなった。しかし、クラブのレジェンドでもある後任のガットゥーゾ監督も状況を好転できず、ノルマのCL出場権獲得はほぼ絶望的な状況となっている。

★選手
◆DFレオナルド・ボヌッチ(ミラン)
Getty Images
▽ミランの新10番を背負うMFチャルハノールも期待に応えられていないが、守備の要となることが期待されながらも散々なパフォーマンスに終始しているボヌッチを選出。ユベントスの6連覇に大きく貢献し、近年不振が続くミランに勝者のメンタリティーをもたらすかに思われたが、自身が失点に絡むシーンが多発し、ミラニスタの信頼を得られていない状況だ。

【後半戦展望】
★ナポリとユーベ軸にスクデット争い
▽例年、ユベントスが余裕を持って優勝していたセリエAだが、今季はナポリを筆頭にインテル、ローマが優勝しても何ら不思議ではないスクデット争いを展開している。とりわけナポリはCLから敗退したことで主力をリーグ戦に集中させられる環境となったのは、プラス材料。グラムの代役をこの冬に補強できれば、1989-90シーズン以来の優勝も現実味を帯びる。

▽ナポリを追うユベントスは12月に入ってナポリを下し、インテルを圧倒して引き分け、ローマを撃破と、尻上がりにチーム力を上げている。CLを残しているが、現状ではディバラを控えに置くなど選手層も十分。アッレグリ監督の巧みな手腕によって今季のハイレベルなスクデット争いを制すことも十分に可能なチームに仕上がってきている。

▽インテルに関してはやや息切れの感が否めない。無敗を維持しながら、直近の3試合で2連1分けと躓いた。リーグ戦一本に集中できるメリットはあるものの、選手層に難を抱えており、後半戦も好調を維持できるかは微妙なところかもしれない。

▽ローマに関しては攻撃力の復活が欠かせない。サラーを失ったことでFWゼコやMFナインゴランのパフォーマンスが昨季のレベルに達しておらず、攻撃が単調になっている。ここを改善できなければ、今後も格下相手に勝ち点を落とす試合が散見されることになるだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリ会長、サッリを暗に批判「今は楽しく時が流れる。ナポリは昨季よりも強い」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が23日、トリノ戦終了後にイタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、指揮官のカルロ・アンチェロッティを称えた。<br><br>ナポリは23日、セリエA第5節において敵地でトリノと対戦。イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェがドッピエッタ(1試合2得点)を決める活躍を見せ、3-1で勝利した。ナポリは今シーズン、4勝1敗となっており、全勝の首位ユヴェントスを3ポイント差で追う。デ・ラウレンティス会長は、前任のマウリツィオ・サッリと比較し、満足げに語った。<br><br>「昨シーズンよりも強い。アンチェロッティがサッリのサッカー哲学を引き継ぐとは考えられなかったが、彼はこれまで数々のタイトルを獲得し、素晴らしいプレーを見せてきたので、何も証明してもらう必要はなかった。だから安心していられるように彼を招へいした」<br><br>「カルロの戦い方は模範的だよ。それぞれが役割を果たしているが、必要不可欠な者は誰もいない。合宿でも360度違うスタイルに気付いた。サッカーは、あくまでも情熱、規律、スポーツマンシップに則り、楽しめるゲームでなくてはならない」<br><br>またナポリ会長は、『DAZN』のインタビューでも現チェルシー指揮官を遠回しに批判している。<br><br>「人生とは、流れが常に一定でないからこそ美しい。アンチェロッティと一緒にいると、時が楽しく流れていく。(ドリース)メルテンスのプレーを見直してみた。サッリの頃は狭いスペースで暗記したようなプレーをしていたが、今はもっとバリエーションがある。アンチェロッティは経験のある監督だから安心していられる。今シーズンはスタートからずっと安心していられたよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.24 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

インシーニェ、代理人をミノ・ライオラ氏に変更か

▽ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(27)が、来年6月に代理人をミノ・ライオラ氏に変更する可能性が高いようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。 ▽ミノ・ライオラ氏は、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバや、ベルギー代表FWロメル・ルカク、ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ、ミランに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマといった有力タレントを顧客に持つ大物代理人だ。 ▽伝えられるところによると、インシーニェはライオラ氏への代理人変更に合意。これに伴い、契約解除金を2億ユーロ(約264億円)に設定する予定のようだ。 ▽ライオラ氏は契約選手を定期的に他クラブへ移籍させる傾向があるが、同メディアはインシーニェをナポリを退団させることはしないという。また、自身もユース時代から過ごすナポリ一筋を貫く考えを抱いており、「残りの人生をこのクラブで過ごしたい」と語っていた。 2018.09.24 14:40 Mon
twitterfacebook
thumb

インシーニェの2Gにヴェルディ移籍後初ゴールのナポリがトリノに完勝!ハムシクセリエA400試合目を勝利で飾る!《セリエA》

▽ナポリは23日、セリエA第5節でトリノとアウェイで対戦し、3-1で勝利した。 ▽第4節終了時点で3勝1敗の4位ナポリと、1勝2分け1敗の12位トリノの対戦。前節、強敵フィオレンティーナを相手に1-0で逃げ切ったナポリは、その勢いのままチャンピオンズリーグ開幕節に臨んだ。しかし、死の組といわれる中で最も楽な相手と考えられていたツルヴェナ・ズヴェズダの堅い守備を崩せず、ゴールレスドロー。その苦みを払拭したい今節は、クリバリやハムシク、メルテンス、インシーニェなどの主力がスタメンに名を連ねた。ハムシクはセリエA通算400試合目の出場となった。 ▽試合は早々に動く。4分、敵陣でのFKから再開したナポリは左サイドのルペルトに展開。深くまで上がったルペルトはグラウンダーのクロスを上げると、相手に当たってボールはインシーニェの下へ。ボックス左のインシーニェはそこからGKの頭上を破る豪快なシュートを突き刺し、ナポリが先制した。 ▽さらにナポリは7分、今度はカウンターからチャンスを演出。後方からのスルーパスを受けたインシーニェはヴェルディにラストパスを送るも、GKが絶妙な飛び出しで距離を詰め、ヴェルディのシュートは阻まれた。攻勢続くナポリはさらに10分には、右に流れたメルテンスのクロスが、クリアを試みた相手DFに当たりあわやオウンゴールというシーンも。 ▽15分にはセットプレーの流れからゴール前に残っていたクリバリがヘディングで強烈なシュートを見舞うがGKの正面に。先制後も攻撃の手を緩めないナポリ。追加点はすぐに生まれた。20分、敵陣中央でヴェルディが左のメルテンスに預け自身はゴール前へ。すかさずメルテンスはクロスを供給。ドンピシャで入ってきたヴェルディは難しいハーフボレーを上手く沈めて、移籍後初ゴールを記録した。 ▽これで2点のリードを得たナポリ。守っては22分、バゼッリにゴール前からシュートを打たれるがオスピナがファインセーブ。その後はナポリの迫力も徐々に薄まっていったものの、危なげない試合運びでリードを守ったまま試合を折り返した。 ▽後半は前半とは違う形で試合が動く。51分、ナポリはボックス左に侵入を許したベレンゲルを止めに行ったルペルトが正面からぶつかりに行ってしまいPKを献上。これをベロッティに決められ、1点差に詰め寄られてしまった。 ▽それでもすぐに突き放す。59分、カウンターからボックス右でパスを受けたカジェホンがシュート。これは左ポストに弾かれたが、そのボールがゴール前のインシーニェへ繋がり、またラッキーな形でインシーニェはゴールを奪った。 ▽再び2点差としたナポリはそこからトーンダウン。相手の攻撃をいなしつつカウンターで応戦していく。だが65分にリンコンに決定機を迎えられるなどピンチの場面も。 ▽終盤には何度もカウンターでいとも簡単にトリノゴール前へ攻め込むがついアk店は奪えず試合終了。鑑賞のナポリが今季4勝目を手にした。 2018.09.23 21:33 Sun
twitterfacebook
thumb

【CLグループC展望】PSG、リバプール、ナポリ… 死の組を抜け出すのは

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。グループCでは今大会屈指の激戦の組が生まれた。パリ・サンジェルマン(PSG)、リバプール、ナポリの3クラブによる決勝トーナメント進出を懸けたハイレベルな争いが繰り広げられること間違いなしだ。ただ、世界屈指のアタッカーを擁するリバプールとPSGが突破候補と予想。ナポリが割って入れるかが焦点となる。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span> ◎本命:リバプール ○対抗:パリ・サンジェルマン △連下:ナポリ ☆大穴:ツルヴェナ・ズヴェズダ <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆昨季ファイナリストがパワーアップ~リバプール~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_35_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季CLファイナリストのリバプールが、死の組の首位突破本命と予想した。FWサラー、FWマネ、FWフィルミノのPSGに引けを取らない世界最高の3トップを擁す上、ウィークポイントとなっていたGKにブラジル代表正GKのアリソンを補強し、穴のない布陣が完成した。アリソン以外にもMFナビ・ケイヤにMFファビーニョ、MFシャキリと好タレントを補強し、プレミアリーグとの両立を十分に図れるスカッドとなっている。 <span style="font-weight:700;">◆トゥヘル新体制で挑む欧州の頂~パリ・サンジェルマン~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_36_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽エメリ体制下での2年はいずれもベスト16敗退と不本意な結果に終わっていたPSG。悲願の初優勝に向けてクラブはドルトムントを指揮していたトゥヘル監督を招へい。多様な戦術を駆使する指揮官の下、FWネイマール、FWムバッペ、FWカバーニの世界最強3トップがどのような機能性を見せるのかに注目だ。仮にトゥヘル監督が主張の強い彼らをコントロールしきれない事態に陥れば、まさかの結果が待っているかもしれない。人格者であるGKブッフォンがチームにもたらす好影響に期待したい。 <span style="font-weight:700;">◆クジ運の悪さを跳ね返せるか~ナポリ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_37_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽他のグループであれば十分にグループステージを突破できるだけの戦力を持つナポリだが、ポット3最強のリバプールを引いてしまったのが痛恨だった。サッリ監督が3年をかけて作り上げてきたポゼッションスタイルのチームを引き継いだ百戦錬磨のアンチェロッティ監督の手綱捌きに注目が集まる。バイエルンでは持ち前の人心掌握術が発揮されなかったが、母国イタリアでの指揮であれば勝手は違うだろう。戦術の要であったMFジョルジーニョと守護神のGKレイナが抜けて戦力ダウンしている中、リバプールとPSGを出し抜くことはできるか。 <span style="font-weight:700;">◆セルビアの名門が初出場~ツルヴェナ・ズヴェズダ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_38_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ザルツブルクとのプレーオフをアウェイゴール差で劇的に制したセルビアの名門がCL移行後、初の本戦初出場を果たした。1990-91シーズンにMFストイコビッチやFWサビチェビッチらを擁してCLの前身であるチャンピオンズカップを制覇した経験を持つツルヴェナ・ズヴェズダは、前横浜FマリノスのDFデゲネクの活躍もあって予選1回戦から勝ち上がって見せた。CL本戦出場を決めたチームはFWマリンやFWボアキエといった実力者を移籍期限最終日に迎え入れたが、如何せん他3クラブとの実力差があり過ぎ、最下位が必至の情勢だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

インシーニェの終盤弾でナポリがヴィオラに辛勝《セリエA》

▽ナポリは15日、セリエA第4節でフィオレンティーナをホームに迎え、1-0で辛勝した。 ▽難所ルイジ・フェラリスでの前節サンプドリア戦を0-3と完敗して今季初黒星を喫したナポリは、パリ・サンジェルマン、リバプールが同居しているチャンピオンズリーグ(CL)初戦では必勝のツルベナ・ズベズダ戦を翌火曜に控える中、代表戦を戦ってきたアルビオルやGKオスピナがベンチスタートとなった一方、メルテンスが今季初スタメンとなった。 ▽2連勝スタートのフィオレンティーナに対し、3トップに右からカジェホン、メルテンス、インシーニェと並べたナポリがボールを持つ展開で立ち上がっていくも、10分にエイセリックのミドルシュートでGKカルネジスを強襲される。 ▽24分にカジェホンがボレーシュートでようやくゴールに近づいたナポリは、38分にはボックス右に抜け出したインシーニェがループシュートを狙うも枠の上に外れてしまった。 ▽後半も押し込むナポリは50分、インシーニェの直接FKでゴールに迫ったが、徐々に攻撃が停滞したため57分にメルテンスに代えてミリクを投入。 ▽さらに70分にはカジェホンに代えてウナスを投入してアクセントを付けると、終盤の79分に均衡を破った。ミリクのパスをボックス右で受けたインシーニェがDFに対応されながらもゴール左にシュートを流し込んだ。 ▽失点を受けてピアツァを投入したフィオレンティーナに対し、終盤の90分、ジエリンスキがGKとの一対一を決め切れなかったナポリだったが、1-0で逃げ切り。勝利を取り戻し、今季3勝目としている。 2018.09.16 03:02 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース