【セリエA前半戦総括】超WS選出の最優秀選手はシュクリニアル!2018.01.01 12:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
★ミラン期待外れも5強が順当に上位を占める
▽7連覇を目指すユベントス、ナポリ、インテル、ローマ、ラツィオの5強が順当に上位を占めている。そんな中、前半戦を終えた段階で首位に立ったのはナポリ。サッリ体制3季目の今季は熟成路線を採り、持ち前の攻撃力をコンスタントに発揮。DFグラムの負傷とチャンピオンズリーグ(CL)の兼ね合いで、徐々にチーム状態は下降したが、それでも15勝3分け1敗と素晴らしい結果を残している。▽そのナポリを1ポイント差で追うのはユベントス。守備の要だったDFボヌッチ流出でシーズン序盤は軽率な失点が目立ったが、DFベナティアの台頭で昨季までの堅守を取り戻した。CLバルセロナ戦以降、公式戦8試合連続無失点と鉄壁の守備を取り戻した。一方で攻撃面はFWドグラス・コスタとMFマテュイディの加入で昨季以上の攻撃力を手にしている。

▽直近のここ3試合で1分け2敗と失速したことによって3位に転落したものの、不本意だった昨季に比べ、格段に良いシーズンを過ごしているのがインテルだ。名将スパレッティ監督を迎えたチームは、持ち前の攻撃力を維持しつつ、DFシュクリニアルの加入によって守備が強固となった。攻守に隙の少ないチームに仕上がり、ナポリやユベントスに対抗できる存在となっている。

▽4位のローマも消化試合が一つ少ない中、上位に食らいついている。年末に行われたユベントスとの大一番を落としてしまったが、リーグ最少の12失点とGKアリソンを軸に守備陣が奮闘している。FWサラーの穴が埋まっていないのが痛いところだが、後半戦に向けて穴を埋めるような存在が現れれば、昨季のような攻撃力を取り戻すことができるはずだ。

▽5位のラツィオもローマ同様、消化試合が一つ少ない中、4位ローマを2ポイント差で追い、上々のシーズンを過ごしている。とりわけインモービレが絶好調で16ゴール8アシストと躍動。今季から相棒となったL・アルベルトとも好相性でユベントスに次ぐ得点力を誇っている。

▽強豪が順当に上位5チームを占めた中、期待外れのシーズンとなっているのがミラン。大型補強を敢行しながらボヌッチを筆頭に期待されたパフォーマンスを発揮できていない中、モンテッラ監督が11月に首を切られた。しかし、後任のガットゥーゾ監督も結果を出せず、復調の気配がない状況だ。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆DFミラン・シュクリニアル(インテル)
Getty Images
▽FWイカルディと並ぶインテル躍進の立役者。サンプドリアから移籍してきた22歳スロバキア代表センターバックの評価は、うなぎのぼりだ。実際、ここまでハイレベルなセンターバックだとは思っていなかった。圧倒的な対人の強さをベースに、空中戦の強さ、足下の技術も正確で得点力も兼備と、魅力満載のDFだ。相棒のDFミランダと形成する守備ブロックはセリエA屈指の強固さを誇るにまで進化を遂げた。

★最優秀監督
◆ルチアーノ・スパレッティ(インテル)
Getty Images
▽ローマで好結果を残し続けてきた名将の招へいでインテルが長いトンネルを抜け出しそうな気配だ。3冠を成し遂げたモウリーニョ監督が去って以降のインテルは、不振が続いて監督の首をすげ替え続けてきた。しかし、今季は第17節終了時まで無敗を維持し、優勝争いにしっかり絡んでいる。後半戦に向けては、少数精鋭のチームをいかにうまく回していくかがポイントとなりそうだ。

【期待以上】
★チーム
◆インテル
Getty Images
▽監督選びで苦しんだ昨季を考えれば、今季は順風満帆なシーズンを送っていると言っていいだろう。もともと戦力はセリエAトップクラスだったが、組織力に欠けることからなかなか上位に食らいつくことができていなかった。そこにスパレッティ監督が規律をもたらし、攻守に隙の少ないチームに仕上げた印象だ。ユベントスとのイタリア・ダービーではしぶとく勝ち点1をもぎ取り、チーム力を上げていることを証明した。

★選手
◆DFアレクサンダル・コラロフ(ローマ)
Getty Images
▽マンチェスター・シティの余剰人員的な立場でローマにやってきたセルビア代表左サイドバックだが、依然として世界最高レベルの左足を持っていることを見せ付けた。元々ラツィオで台頭したコラロフにとっては、ライバルクラブの加入ということもあってロマニスタからは厳しい目で見られていたはずだが、プレッシャーに感じることなくひょうひょうとプレーしている。課題の守備もそつなくこなし、攻守に質の高いプレーを披露し続けている。

【期待外れ】
★チーム
◆ミラン
Getty Images
▽総額2億ユーロ(約265億円)以上をつぎ込んで好選手を多数補強したものの、多くの選手がフィットしていない状況だ。戦力となっているのは皮肉にも全く期待されていなかったFWボリーニというのが辛いところ。選手の特性を見て試行錯誤していたモンテッラ監督もお手上げの状態となり、11月終盤に解任の運びとなった。しかし、クラブのレジェンドでもある後任のガットゥーゾ監督も状況を好転できず、ノルマのCL出場権獲得はほぼ絶望的な状況となっている。

★選手
◆DFレオナルド・ボヌッチ(ミラン)
Getty Images
▽ミランの新10番を背負うMFチャルハノールも期待に応えられていないが、守備の要となることが期待されながらも散々なパフォーマンスに終始しているボヌッチを選出。ユベントスの6連覇に大きく貢献し、近年不振が続くミランに勝者のメンタリティーをもたらすかに思われたが、自身が失点に絡むシーンが多発し、ミラニスタの信頼を得られていない状況だ。

【後半戦展望】
★ナポリとユーベ軸にスクデット争い
▽例年、ユベントスが余裕を持って優勝していたセリエAだが、今季はナポリを筆頭にインテル、ローマが優勝しても何ら不思議ではないスクデット争いを展開している。とりわけナポリはCLから敗退したことで主力をリーグ戦に集中させられる環境となったのは、プラス材料。グラムの代役をこの冬に補強できれば、1989-90シーズン以来の優勝も現実味を帯びる。

▽ナポリを追うユベントスは12月に入ってナポリを下し、インテルを圧倒して引き分け、ローマを撃破と、尻上がりにチーム力を上げている。CLを残しているが、現状ではディバラを控えに置くなど選手層も十分。アッレグリ監督の巧みな手腕によって今季のハイレベルなスクデット争いを制すことも十分に可能なチームに仕上がってきている。

▽インテルに関してはやや息切れの感が否めない。無敗を維持しながら、直近の3試合で2連1分けと躓いた。リーグ戦一本に集中できるメリットはあるものの、選手層に難を抱えており、後半戦も好調を維持できるかは微妙なところかもしれない。

▽ローマに関しては攻撃力の復活が欠かせない。サラーを失ったことでFWゼコやMFナインゴランのパフォーマンスが昨季のレベルに達しておらず、攻撃が単調になっている。ここを改善できなければ、今後も格下相手に勝ち点を落とす試合が散見されることになるだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

アンチェロッティ、ファン・ダイクの危険タックルに「ビデオを見ればレッド」

▽ナポリを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、11日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループC最終節リバプール戦での判定に不満を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が指揮官のコメントを伝えた。 ▽決勝トーナメント進出を懸けた3位のリバプール(勝ち点6)、首位のナポリ(勝ち点9)によるグループC最大の大一番。試合は前半34分にFWモハメド・サラーのゴールで先制に成功したリバプールが、試合終盤のナポリの猛攻をGKアリソン・ベッカーのビッグセーブで凌ぎ、1-0で勝利。この結果、同時刻開催で勝利したパリ・サンジェルマンが首位通過、リバプールが2位通過を果たし、ナポリは3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)に回ることになった。 ▽ただ、同試合では前半立ち上がりの13分にリバプールDFヴィルヒル・ファン・ダイクがナポリFWドリエス・メルテンスに見舞ったハードチャージに関する判定がひとつのターニングポイントになった。 ▽同場面ではルーズボールに反応したファン・ダイクがスライディングでクリアを試みた際、先にボールに触ったものの、後方で反応していたメルテンスの左脛の内側に足裏を見せたハードチャージを見舞った。幸い、メルテンスに大きなケガはなかったが脛の骨折やヒザ、足首のじん帯を損傷する可能性もある非常に危険なプレーだったと言わざるを得なかった。 ▽結局、主審はファン・ダイクが先にボールを触っていたとの判断からイエローカードの掲示に留まったが、試合後の公式会見に出席したアンチェロッティ監督はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が用いられれば、退場の可能性が高かったとの持論を展開した。 「ビデオで確認すれば、レッドカードだった」 「VARに関する大きくの議論があるが、VARがチャンピオンズリーグに来るのはあまりに遅すぎた」 ▽一方、ファウルの当事者となったファン・ダイクは自身のプレーの正当性を主張している。イギリス『インデペンデント』がオランダ代表DFのコメントを伝えた。 「それは全く悪いチャレンジだったとは思っていない。不運なことに私は彼と接触してしまったが、自分に彼を傷つける意図やあのような接触を意図していなかった」 「僕はボールにチャレンジしていたし、スリッピーなピッチで滑った結果、彼に接触してしまった。ただ、それもフットボールのひとつの側面だ」 ▽今回のプレーに関しては識者の間でも意見が分かれる難しい判断だったが、ナポリ側とすれば、同選手の退場か否かで試合の流れが大きく変わっていたと考えており、VARの有無を含めて少し不公平な判定と感じたようだ。 ▽なお、欧州サッカー連盟(UEFA)は先日にCL決勝トーナメントからのVAR導入を発表している。 ◆危険なプレーに間違いはないが… https://twitter.com/tancredipalmeri/status/1072818266563862528 2018.12.12 23:17 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ撃破で逆転決勝T進出!興奮冷めやらぬクロップ「アドレナリンがまだ出続けている」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、興奮した様子でナポリ戦に勝利した喜びを語った。<br><br>11日に行われたチャンピオンズリーググループC最終節で、リバプールはホームでナポリと対戦。この試合で勝利が絶対に必要なリバプールは、34分にモハメド・サラーが奪ったゴールを守り切り、1-0でナポリを下した。この結果、勝ち点でナポリと並んだが総得点で上回り、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。<br><br>試合後、クロップ監督はグループリーグ突破を受け、興奮冷めやらぬ様子で試合を振り返った。<br><br>「まだアドレナリンが出続けている。この試合はただただアメージングで、アンビリーバブルだった。選手たちは気持ちを前面に出してピッチに立ち、ゲームにのめり込んでいた。オフェンスからの守備やプレスは今まで見た中でベストだった」<br><br>「1-0になってからの時間帯が最も難しかった。ナポリはすぐに取り返そうとしていて、これにより試合はさらに激しいものになった。後半も前半と同じような戦いが必要だった。そして65分が過ぎた辺りからカウンターの応酬になった」<br><br>さらに、決勝点を奪ったサラーと終了間際にアルカディウシュ・ミリクのシュートを防いだアリソンへ賛辞を送った。<br><br>「モーのゴールは、素晴らしかった。アリソンが見せたセーブに関しては言葉がない。あれは命の恩人だった。今夜、選手たちがやったことを誇りに思う」<br><br>また、数名の負傷者が出たものの、いずれも深刻なものではないだろうと話したクロップ監督は、ベスト16でレアル・マドリーにリベンジしたいかとの質問にも回答した。<br><br>「私が知っている限りでは多くのファンがパリ・サンジェルマンへのリベンジの機会を欲しているということだ。その質問に関して言うことはない。今は抽選会を待つだけだ。しかし、今夜の7時55分(試合開始の5分前)まではその抽選会に我々の名前があるか確信を持てなかったが、グループ2位に滑り込んだ」<br><br>「だから、我々が対戦するのはかなり手強い相手だけだ。それ以上に言うことはない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング: リバプール 1-0 ナポリ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC最終節、リバプールvsナポリが11日に行われ、1-0でリバプールが勝利した。この結果、リバプールが2位での決勝トーナメント進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 アリソン 6.0 最後のミリクのゴール至近距離からのシュートをストップ DF 66 アーノルド 6.0 高い位置を取って圧力をかけ続けた (→ロブレン -) 32 マティプ 6.0 的確なカバーリングを続けた 4 ファン・ダイク 6.5 インシーニェとメルテンスを潰した 26 ロバートソン 6.5 アーノルドと共に高い位置を維持して攻撃に厚みを加えた MF 5 ワイナルドゥム 6.0 球際で負けることがなかった 14 ヘンダーソン 6.0 中盤をコントロール。ミドルシュートでゴールにも迫る 7 ミルナー 6.5 先制点アシスト。豊富な運動量で攻守に顔を出した (→ファビーニョ -) FW 11 サラー 6.5 さすがの打開力で先制点奪取 9 フィルミノ 6.0 前線で起点となり、守備でも貢献 (→N・ケイタ -) 10 マネ 6.0 決定機を幾つも外したが、脅威は与えていた 監督 クロップ 6.5 スコア以上にナポリを圧倒して逆転での決勝トーナメント進出 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 オスピナ 5.5 防げるシュートは止めていた DF 19 マクシモビッチ 5.0 守備に重点もマネに翻弄された 33 アルビオル 5.5 大崩れせず耐えていた 26 クリバリ 5.5 失点場面はサラーにやられたが、それ以外はソリッドだった 6 マリオ・ルイ 4.5 非常に軽い対応でサラーに交わされ1失点目に関与 (→グラム 5.5) マリオ・ルイよりは効果的に攻撃に絡んだ MF 7 カジェホン 5.0 守備に追われた。79分のチャンスを決めたかった 5 アラン 5.0 珍しく球際で負けていた 17 ハムシク 5.0 相手の中盤に押され続けた 8 ファビアン・ルイス 5.0 攻撃面でもっと仕事をしたかった (→ジエリンスキ 5.0) 違いを生めなかった FW 24 インシーニェ 5.0 守備を献身的にしていたが、ボールが来なかった 14 メルテンス 5.0 ファン・ダイクのタックルを足首に受けた影響か、ほぼ何もできず (→ミリク 5.5) 最後のチャンスを決めていれば… 監督 アンチェロッティ 5.5 完敗の内容。ただ、厳しいグループで最後まで可能性を残したことを評価 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サラー(リバプール) ▽ハードワークを続けたミルナーも素晴らしかったが、決勝点を決めたサラーを選出。直近の試合でハットトリックした勢いを持ちこんだ。 リバプール 1-0 ナポリ 【リバプール】 サラー(前34) 2018.12.12 07:07 Wed
twitterfacebook
thumb

サラー弾のリバプール、ナポリを圧倒して逆転での2位通過!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC最終節、リバプールvsナポリが11日に行われ、1-0でリバプールが勝利した。この結果、リバプールが2位での決勝トーナメント進出を決めている。 ▽前節パリ・サンジェルマン戦を1-2と落として2連敗となり3位転落となったリバプール(勝ち点6)は、逆転での決勝トーナメント進出のためには1-0の勝利か、2点差以上での勝利が必要な状況。そのリバプールは4-0と快勝した3日前のボーンマス戦のスタメンから3選手を変更。マネやヘンダーソン、アーノルドらがスタメンに戻った。 ▽一方、前節ツルヴェナ・ズヴェズダ戦を3-1と快勝した首位ナポリ(勝ち点9)は、0-1以外の1点差での敗戦でも突破できる中、4-0と圧勝した直近のフロジノーネ戦のスタメンから7選手を変更。温存されたメルテンスやカジェホン、GKオスピナらがスタメンに戻った。 ▽オープンな展開で立ち上がっていった一戦。リバプールは7分にサラーが、ナポリは8分にハムシクがそれぞれ決定的なシーンを迎えるも決めきれない。それでも、9分にミルナーのヘディングシュートでゴールに迫ったリバプールが攻勢を強めていく。 ▽22分にはアーノルドの右クロスをマネがボレーで合わせてネットを揺らすも、わずかにオフサイド。それでも34分、ミルナーのスルーパスを受けたサラーがマリオ・ルイとクリバリを立て続けに交わしてボックス右深くまで進入。右足でGKオスピナの股間を抜くシュートを決めきって先制した。 ▽1-0のまま終われば勝ち抜けとなるリバプールは、ハーフタイムにかけてもナポリに何もさせず、前半を終えた。 ▽迎えた後半開始6分、リバプールはショートカウンターからサラーがボックス右に侵入してシュートに持ち込む決定機を演出。そのリバプールが引き続きナポリを圧倒していくと、57分にフィルミノがヘディングシュートで、61分にヘンダーソンがミドルシュートで追加点に迫っていく。 ▽防戦一方のナポリは67分にメルテンスを諦めてミリクを、さらにマリオ・ルイに代えてグラムを投入。1-0での逃げ切りを狙って自陣に引き始めたリバプールに対し、ナポリが圧力をかけていく展開となる。 ▽しかし、リバプールは74分にサラーがスルーパスに抜け出してGKと一対一となれば、77分にもロングカウンターの流れからマネがシュートと牽制。 ▽いずれもGKオスピナのファインセーブで凌いだナポリは、79分にビッグチャンス。インシーニェの左クロスをファーサイドのカジェホンがシュート。しかし、枠の上に外してしまった。そして追加タイム2分のミリクのシュートをGKアリソンが防いで1-0で試合を締めたリバプールが逆転での2位通過を決めている。一方、敗れたナポリはPSGがツルヴェナに勝利したため3位に転落し、ヨーロッパリーグへ回ることとなった。 2018.12.12 07:06 Wed
twitterfacebook
thumb

コッパ・イタリア・ラウンド16の対戦カード! 前回王者ユベントスはボローニャと対戦

▽イタリアサッカー協会(FIGC)は11日、コッパ・イタリア・ラウンド16の対戦カードを発表した。 ▽2017-18シーズンのセリエA上位クラブがが登場するラウンド16では、セリエA同士の対戦が5カード実現。前回王者のユベントスは、敵地でボローニャと対戦。 ▽また、前回準優勝のミランは敵地でサンプドリアと対戦。その他のセリエA同士の対戦は、ナポリvsサッスオーロ、トリノvsフィオレンティーナ、カリアリvsアタランタが決定した。 ▽また、インテル、ローマ、ラツィオは下位リーグ所属クラブとの対戦が決まった。なお、コッパ・イタリア・ラウンド16は2019年1月12~14日に行われる予定だ。今回決定した対戦カードは以下の通り。 ◆コッパ・イタリア・ラウンド16 ボローニャ vs ユベントス ラツィオ vs ノヴァーラ サンプドリア vs ミラン インテル vs ベネヴェント ナポリ vs サッスオーロ トリノ vs フィオレンティーナ カリアリ vs アタランタ ローマ vs ヴィルトゥス 2018.12.12 01:05 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース