内田篤人や山本脩斗がアディダスイベントに登場! 内田「ヒザに気をつけてね」と気遣い2017.12.24 15:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽23日、東京・渋谷でアディダスのフットボールイベント「PREDATOR presents TANGO LEAGUE SHIBUYA vs HARAJYUKU」が開催された。

▽渋谷vs原宿の構図で行われたこのイベント。互いのプライドをかけ、3vs3のフットボールバトルが開催された。

▽このイベントには、ウニオン・ベルリンに所属する元日本代表DF内田篤人や鹿島アントラーズの日本代表DF山本脩斗、京都サンガF.C.のFW岩崎悠人が特別ゲストとして登場。さらに、中田浩二氏、藤田俊哉氏も登場した。
(C)CWS Brains,LTD.
▽本戦の前にはトークショーが開催。海外で戦っていて日本を背負っている感覚を持っているかという質問に対し内田は、「もちろんドイツでやっていますけど、日本人というのは意識しています。今日は原宿と渋谷ですが、ドイツでは自分の地域というのが強いので、そういった面で似ていると思います」とコメントした。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、藤田氏は「原宿と渋谷でサッカーが盛り上がって、ゆくゆくはここにクラブチームができたら良いなと思います。世界的な都市には強いサッカークラブが絶対にある。ない方がおかしい」とコメント。東京23区でのビッグクラブ誕生に期待を寄せた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽内田はサイドバックとしてのポジションとして気をつけていることは、「自分の体力を見ながら、90分の試合を考えてサボれるところはサボってですね(笑)」とコメント。山本は「バランスを考えながら試合をコントロールします。いつ攻撃参加するのか、今は守備をする時なのかというのを考えています。守る時はしっかり守備しています」と語った。
(C)CWS Brains,LTD.
▽岩崎は1vs1の対面の場面について「1vs1は何か考えてプレーするというよりは、一瞬で決まるので、直感や閃きを大事にしています」と語っていた。

▽トークショーの最後にメッセージを求められると、内田は「ヒザには気をつけてね」とコメント。自身が右ヒザの膝蓋腱のケガを負ったことを引き合いに出し、プレーヤーたちにエールを送った。
(C)CWS Brains,LTD.
▽内田、山本、岩崎はエキシビジョンマッチにも登場。キックオフ前には対面した中学1年生プレーヤーを内田が抱擁するシーンも。試合では、内田はゴールを決めるなど、「ヒザ」への負担を感じさせないプレーを披露していた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽エキシビジョン後に対戦相手へのコメントを求められた岩崎は、「僕自身も本気になるぐらい上手かったので負けられないなと思いました」と語り、山本は「2回ほど股を抜かれて悔しいです。また来年、チームでも頑張ります」と語った。

▽また、内田は「いつか同じピッチに立てるように、頑張りましょう。僕も負けないように頑張ります」とエールを送っていた。

▽なお、渋谷vs原宿の対決は、22vs13で渋谷が勝利した。
コメント
関連ニュース
thumb

CL決勝トーナメント公式球は「Finale Madrid」

アディダスは、2月に再開するUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント用の公式試合球を発表した。 アディダスが発表した試合球は「Finale Madrid (フィナーレ マドリード)」。赤とオレンジの鮮やかなグラフィックに、白のスターパネルを合わせたデザインで、これまでの公式試合球とは正反対のカラーリングを採用している。 決勝公式試合球は、UEFAチャンピオンズリーグを象徴するスターが一際目を引くデザインになっています。白のスターパネルが、鮮やかな赤のグラフィックプリントを背景に美しく対比。赤とオレンジを3段階にエフェクトしたグラフィックが、ボールに大胆かつ現代的な印象を与えています。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190121_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 世界最高峰の選手たちがUEFAチャンピオンズリーグの舞台で最高のパフォーマンスを発揮できるよう、ボールにはアディダスの最新テクノロジーが駆使。アディダスが手がけるUEFAチャンピオンズリーグのすべての公式試合球と同様、外側のテクスチャコーティングが優れたグリップとコントロールを実現しつつ、サーマルボンディング製法で接合されたスターパネルのシームレスな表面により、ファーストタッチを向上させる。 本公式試合球は、日本国内ではアディダス社(本社:ドイツ CEO:カスパー・ローステッド)とのライセンス契約に基づき、株式会社モルテン(本社:墨田区横川、代表取締役社長:民秋 清史)が2月中旬よりアディダスオンラインショップをはじめ、全国のスポーツ店で順次販売される。 2019.01.21 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「無敵のフィットで、無双する。」アディダスがプレースタイルに特化したフィットを追求した『EXHIBIT PACK』を発表

アディダスは19日、それぞれのプレースタイルに特化したフィットを追求した「EXHIBIT PACK(イグジビット・パック)」を発表した。 アディダスが展開する「COPA(コパ)」、「PREDETOR(プレデター)」、「X(エックス)」、「NEMEZIZ(ネメシス)」の4つのスパイクの、それぞれのプレースタイルに特化し、フィット感を追求したスパイクは、2019年1月22日(火)よりアディダス オンラインショップ、サッカーショップKAMO原宿店にて先行発売。1月29日(火)より一般発売される。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://shop.adidas.jp/football/" target="_blank">アディダス オンラインショップはこちら</a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20190119_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 「COPA」は「鬼フィット。神タッチ。」のコピーとともに、圧倒的な柔らかさによる素足感覚フィットを追求したモデル。「レザーの概念を変えるフュージョンスキンテクノロジーが生み出すフィット」が体感できる。パウロ・ディバラ、トニ・クロース、宇佐美貴史、酒井高徳、長澤和輝、平川怜が着用予定。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20190119_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 「PREDATOR」は「鬼フィット。神コントロール。」のコピーとともに、ワンピース構造のアッパーによる一体感フィットを追求。「ボールコントロールのみならずオフザボールでも安定性をもたらす包み込むようなフィット」が体感できる。ポール・ポグバ、メスト・エジル、デレ・アリ、内田篤人、権田修一、山本脩斗、扇原貴宏、飯倉大樹が着用予定。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20190119_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 「X」は「鬼フィット。神スピード。」のコピーとともに、極限までこだわった薄さによる軽量フィットを追求。「極薄のアッパーと足首の前後をホールドしスピードに還元するクローカラーのフィット」が体感できる。ガブリエル・ジェズス、ガレス・ベイル、モハメド・サラー、香川真司、槙野智章、武藤嘉紀、植田直通、三好康児、遠藤渓太、岩崎悠人が着用予定。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20190119_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 「NEMEZIZ」は「鬼フィット。神アジリティ。」のコピーとともに高伸縮性バンデージによるブレない安定感を求めたもの。「足首周りを強固にロックし、鋭いターンや細かなステップに貢献するバンデージによるフィット」が体感できる。リオネル・メッシ、ロベルト・フィルミーノ、ジェシー・リンガード、中島翔哉、南野拓実、中村航輔が着用予定。メッシは、ネメシス メッシを着用する。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://shop.adidas.jp/football/" target="_blank">アディダス オンラインショップはこちら</a><hr></div> 2019.01.19 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アディダスが女子W杯公式試合球『CONEXT19』を発表! 2019年の開催国フランスにインスピレーション

▽国際サッカー連盟(FIFA)のオフィシャルパートナーのアディダスは6日、2019年6月7日から7月7日にかけて、フランスで開催される2019 FIFA女子ワールドカップ公式試合球『CONEXT19(コネクト19)』を発表した。 ▽『CONEXT19(コネクト 19)』は"CONNECTION"と"NEXT"から生まれた造語。スポーツを通じてすべての人種、世代、国々が団結する、世界中のつながりを表し、2019FIFA 女子ワールドカップの開催地フランスよりインスピレーションを得ている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181206_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽1998FIFA ワールドカップフランス大会公式試合球トリコロールにインスパイアされたデザインで、伝統的なフランスのシンボルである雄鶏と近代フランスのシンボルである高速列車とタービンを融合し、更にグリッチエフェクトによって現代の革新性を表現している。 ▽カラーリングは、2019FIFA 女子ワールドカップのエンブレムの輝きを表すオレンジと開催国のフランスをイメージするトリコロールカラーが配色されている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181206_16_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽日本国内ではアディダス社(本社:ドイツ CEO:カスパー・ローステッド)とのライセンス契約に基づき、株式会社モルテン(本社:墨田区横川、代表取締役社長:民秋清史)が12月6日(木)よりアディダスオンラインショップはじめ、全国のスポーツ店で順次販売される。 2018.12.06 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「鬼フィット。神タッチ。」アディダス『COPA』がフルモデルチェンジ!

▽アディダスフットボールは、しなやかなボールタッチを求めるプレーヤー向けのレザースパイク『COPA(コパ)』が圧倒的な柔らかさを追求し、フルモデルチェンジした『COPA19(コパ19)』を発表した。また、13日(火)の18時より、アディダスオンラインショップとサッカーショップKAMO原宿店で先行発売することも発表している。 ▽『COPA19』は、アディダスフットボール史上初となる、独自の加工を施したプレミアムカンガルーレザーとプライムニットをシームレスに融合させた新たなテクノロジー「フュージョンスキン」を採用。圧倒的な柔らかさを追及し、足全体を包み込む優れたフィット性を実現している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20181111_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽また、特殊なコーティング加工をアッパー素材に施すことで雨天時のシューズ内の不快感を軽減する撥水性を向上。優れたボールタッチでゲームをコントロールするスパイクとなっている。 ▽今回のリニューアルに伴い、パウロ・ディバラやトニ・クロースなど『COPA』史上初めて欧州の主要リーグで活躍するトップ選手が着用するスパイクとなる。また、日本人では、宇佐美貴史、内田篤人、平川怜が着用予定となっている。ディバラは、この新スパイクについてコメントした。 「私は、常にクラシックなデザインで、すばらしいボールタッチを可能にしてくれる COPA のファンでした。なぜなら、私自身のプレースタイルにふさわしいシューズだからです。そして、進化した COPA は、いくつかの新しい機能を備え、デザインも進化しています。この COPA でよいパフォーマンスをゲームで発揮できることを楽しみにしています」 ▽先行発売は11月13日(火)の18時から。その後、12月5日(木)より、全国のアディダスフットボール取扱店で発売される。 2018.11.11 22:01 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、アディダスと10年で約1420億円の大型新契約合意! スポーツ界で最も高価なユニフォームに!

▽レアル・マドリーとユニフォームサプライヤーである大手スポーツメーカー『アディダス』との新契約が合意に達したようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽1998年からアディダスとユニフォームサプライヤー契約を結んでいるマドリー。現行契約では年間5200万ユーロ(約66億円)の契約料となっているが、同契約の2倍を上回る契約が締結されようとしているようだ。 ▽今回伝えられるところによると、2020年から2030年の新契約が合意に。ボーナス含め1年1億1000万ユーロ(約140億円)、計11億ユーロ(約1420億円)に達する可能性がある大型新契約のようだ。これにより、現時点でサッカー界最高額とされているマンチェスター・ユナイテッドとアディダスが交わしている1年8500万ユーロ(約110億円)、バルセロナとナイキの1年8300万ユーロ(約107億円)を上回り、マドリーのユニフォームはスポーツ界で最も高価なユニフォームになるという。ちなみに、この額は大手スポーツメーカー『ナイキ』がNBAに対して8年間支払う年間の契約料に相当するようだ。 ▽マドリーのマーケティング部は数年間に渡って交渉を継続。契約額で大きな開きがあったようだが、チャンピオンズリーグ3連覇を含めた近年の同大会での活躍などが、今回の大型契約につながった模様だ。 2018.11.05 22:30 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース