歴史上で8人! メッシ&C・ロナウドも未達成…カカ以外にW杯、CL、バロンドールを獲った選手2017.12.20 10:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元ブラジル代表MFカカ(35)が17日、現役引退を発表した。カカはそのキャリアの中で数々の栄光を手にしてきたが、ワールドカップ(W杯)、チャンピオンズリーグ(CL)、そしてバロンドールを受賞した選手は、フットボール史上でわずか8選手となっている。『B/R Football』が伝えている。

▽サンパウロやミラン、レアル・マドリーなどでプレーし、オーランド・シティとの契約が満了した今シーズンの現役引退を先日に発表したカカ。同選手は2002年の日韓W杯で優勝を経験し、2006-07シーズンにはミランでCLを制覇。2007年にバロンドールを達成した。この3タイトルの獲得は、W杯優勝を経験していないFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドも未達成だ。

▽カカ以外に3つのタイトルを獲得した選手は以下のとおり。

FWボビー・チャールトン(イングランド)
・W杯(1966年)
・CL(1967-68)
・バロンドール(1966年)

FWパオロ・ロッシ(イタリア)
・W杯(1982年)
・CL(1984-85)
・バロンドール(1982年)

FWゲルト・ミュラー(ドイツ)
・W杯(1974年)
・CL(1973-74、1974-75、1975-76)
・バロンドール(1970年)

DFフランツ・ベッケンバウアー(ドイツ)
・W杯(1974年)
・CL(1973-74、1974-75、1975-76)
・バロンドール(1972年、1976年)

MFジネディーヌ・ジダン(フランス)
・W杯(1998年)
・CL(2001-02)
・バロンドール(1998年)

FWリバウド(ブラジル)
・W杯(2002年)
・CL(2002-03)
・バロンドール(1999年)

FWロナウジーニョ(ブラジル)
・W杯(2002年)
・CL(2005-06)
・バロンドール(2005年)

コメント

関連ニュース

thumb

本田ら指導の元ミラン監督、アジアでの指揮に意欲「イタリアは飽きた。新たな経験を」

過去にミランなどを率いたセルビア人指揮官のシニシャ・ミハイロヴィッチが14日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、アジアなどで指揮を執ることを望んでいると明かした。<br><br>ミハイロヴィッチは現役時代、ローマやラツィオ、インテルなどで活躍。2006年に引退を迎えると、インテルでアシスタントコーチに就任し、その後は指揮官としてサンプドリアやトリノなど主にセリエAを舞台にキャリアを積んできた。カターニアでは元日本代表のFW森本貴幸、ミランではMF本田圭佑を指導した経験も持つ。<br><br>そして今夏、セルビア人指揮官はスポルティング・リスボンと契約に至ったが、クラブ首脳陣の交代により、ポルトガル到着後、わずか9日で解任の憂き目に遭った。それでもミハイロヴィッチは今後も引き続き、イタリア以外のヨーロッパ諸国、もしくはアジアに新天地を求めるようだ。<br><br>「私は別の国で指揮を執りたいと考えているので、イタリアからのオファーは2、3回断った。ヨーロッパか、できたらアジアで新たな経験を積みたいと思っている。イタリアにいることに少し飽きてしまった。だがあと5、6年経ったら戻って来るかもしれない」<br><br>また元ミラン指揮官は、21日に行われるインテルとのミラノダービーにも言及。「いつも変わらず特別な試合だ。そして有利と見られている方がたいてい負けてしまう。だが今回、両チームとも互角のレベルだと思う。満員のスタジアムで素晴らしい試合になることを願っている。2チームとも好きだったので両方を応援するつもりだよ」と語った。<br><br>提供:goal.com 2018.10.16 07:55 Tue
twitterfacebook
thumb

もう限界…ミランがバカヨコを今冬にチェルシーへ突き返す?

▽ミランはチェルシーから1年間のレンタル移籍で加入しているフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(24)をわずか半年でロンドンに送り返すことを決めたようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽昨夏、モナコから鳴り物入りでチェルシーに加入したバカヨコだが、度重なるケガや攻守両面における集中力の欠如が顕著で期待外れの1年目を過ごした。また、マウリツィオ・サッリ新監督の下で今夏にイタリア代表MFジョルジーニョ、クロアチア代表MFマテオ・コバチッチを獲得したクラブは構想外となったフランス代表MFをミランに1年間の武者修行に出した。 ▽しかし、チェルシーのアントニオ・コンテ前監督、サッリ監督とイタリア人戦術家を悩ませてきたバカヨコの戦術理解度の乏しさはジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の下でも健在。ここまで公式戦8試合に出場も度重なるポジショニングミスや判断ミスで低調なパフォーマンスに終始している。 ▽ガットゥーゾ監督は先日、「戦術をまだ頭の中に叩き込むことができていない。それは明らかに私のミスだ。彼はここで2ヶ月プレーしてきたが、我々はまだ彼に動き方を理解させることができていない」と同選手を擁護した。しかし、クラブは厳しいセリエAトップ4争いの中で、手がかかる同選手をこれ以上手厚く指導していくことを放棄するようだ。 2018.10.15 19:53 Mon
twitterfacebook
thumb

マルディーニ氏、イブラヒモビッチのミラン復帰に前向き?「潜在能力を引き出せる選手」

ミランでスポーツ部門の戦略開発ディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏が、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、獲得の可能性が報じられた元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチについて言及している。<br><br>今シーズンからLAギャラクシーでプレーするイブラヒモビッチは、同リーグで25試合に出場して21得点を記録するなど、10月3日に37歳となったが衰え知らずのパフォーマンスを披露している。そんな中、スウェーデン代表FWの古巣であるミランが、来年1月の移籍市場での獲得を狙っているとの報道がなされた。テクニカルスポーツ部門ゼネラルディレクターであるレオナルド氏は、夏の移籍市場での獲得を検討していたことを明かした一方、冬の獲得は否定しているが、マルディーニ氏はイブラヒモビッチの加入に前向きな姿勢を示している。<br><br>「イブラヒモビッチはロッカールームで厄介になる? 個人的に厄介な選手は信じていない。いずれにせよ我々のような強いクラブであれば管理していける。彼は夏の移籍市場のアイディアだった。だが当然、チームにカンピオーネがいることは喜ばしいことだと思う。ズラタンにはパーソナリティがあるし、カンピオーネだ」<br><br>「一般的に言って、上位を目指すチームには、パーソナリティのある選手が必要になる。我々の選手たちも満たしているが、(ゴンサロ)イグアインやイブラヒモビッチのような選手は、他の選手たちの潜在能力をさらに引き出してくれる」<br><br>なおイブラヒモビッチは現在、LAギャラクシーと2020年までの契約を結んでいる。年俸は400万ユーロ(約5.2億円)とされており、ミランの財政的にも実現可能な取引であると分析されている。ただ選手の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は『oracolorn.it』に対し、「イブラのミラン移籍について、1秒たりとも交渉の席についたことはない。複数のクラブと連絡を取り合っているが、ミランとは全くない」と断言。今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.15 17:58 Mon
twitterfacebook
thumb

サッリ監督、愛弟子イグアインへの未練隠さず「彼が恋しい」

▽チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督はナポリ時代の教え子であり、今夏に獲得を逃したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインへの未練を引きずっているようだ。同監督が『コッリエレ・デッロ・スポルト』で語った。 ▽ナポリ時代の2015-16シーズンにサッリ監督の下でセリエA36ゴールを記録し、得点王に輝いたイグアイン。その翌年にユベントスに旅立った同選手だが、今夏ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの電撃加入に伴い、クラブを追われることに。そして、有力な新天地には恩師サッリ監督が新指揮官を務めるチェルシーと思われたが、最終的にミランへの移籍を決断した。 ▽サッリ監督はその教え子に関して今でも未練を感じていることを認めている。 「私はあまり深く考えずに時折間違ったことを口に出してしまう。だから、ゴンサロに関してはあまりに早くナポリを出てしまったとだけしか言えない。恐らく、彼が翌シーズンも残っていれば、我々はスクデットを獲得する状態を整えられたと思う」 「イグアインは我々が作り出した素晴らしいメカニズムの一部だったし、互いをよく理解し合っていた。それは完璧な同調性であったと思うし、後悔は我々の中で強く残っている」 「イグアインの獲得を逃したのは残念だ。彼が恋しいよ。彼は死ぬまでゴールを決め続ける、ゴールマシーンだからね」 2018.10.15 16:11 Mon
twitterfacebook
thumb

「なぜガットゥーゾは分からない?」ミラン元会長ベルルスコーニ氏が不満を吐露

セリエC(イタリア3部)モンツァのオーナーのシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が、古巣であるミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾを批判した。イタリアメディア『ANSA通信』が伝えている。<br><br>ベルルスコーニ氏は先日、ミラノ近郊に拠点を置くモンツァを買収。約1年半ぶりにサッカークラブ経営へと乗り出した。しかし今でも31年間にわたり名物会長として活躍した古巣ミランのことが頭を離れないようだ。2トップの後ろにトップ下の選手を置くフォーメーションを好む元会長は、1トップが主流のガットゥーゾの戦術に物申した。<br><br>「ガットゥーゾのミランは1トップでプレーしていても好きか? いや、私は嫌いだ。(ゴンサロ)イグアインは、ミランが長年、必要としていたストライカーと言える。だがなぜ、スソのようなセカンドトップのサポートをつけないのか理解に苦しむ」<br><br>ベルルスコーニ氏はセリエAへの興味を否定しつつ、21日に行われるインテルとのミラノダービーを観戦するようだ。<br><br>「私はサッカーが大好きなんだが、セリエC限定だよ。今はセリエAについて何も分からない。興味があるのはモンツァだけだ。ダービーは、ミランのフォーメーションや戦術にガッカリしながらテレビで観戦するつもりだよ。(2トップが良いことは)私でも分かる。(カルロ)アンチェロッティや(ファビオ)カペッロでもわかることなのに、なぜ現指揮官には理解できないのだろうね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.15 15:35 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース