歴史上で8人! メッシ&C・ロナウドも未達成…カカ以外にW杯、CL、バロンドールを獲った選手2017.12.20 10:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元ブラジル代表MFカカ(35)が17日、現役引退を発表した。カカはそのキャリアの中で数々の栄光を手にしてきたが、ワールドカップ(W杯)、チャンピオンズリーグ(CL)、そしてバロンドールを受賞した選手は、フットボール史上でわずか8選手となっている。『B/R Football』が伝えている。

▽サンパウロやミラン、レアル・マドリーなどでプレーし、オーランド・シティとの契約が満了した今シーズンの現役引退を先日に発表したカカ。同選手は2002年の日韓W杯で優勝を経験し、2006-07シーズンにはミランでCLを制覇。2007年にバロンドールを達成した。この3タイトルの獲得は、W杯優勝を経験していないFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドも未達成だ。

▽カカ以外に3つのタイトルを獲得した選手は以下のとおり。

FWボビー・チャールトン(イングランド)
・W杯(1966年)
・CL(1967-68)
・バロンドール(1966年)

FWパオロ・ロッシ(イタリア)
・W杯(1982年)
・CL(1984-85)
・バロンドール(1982年)

FWゲルト・ミュラー(ドイツ)
・W杯(1974年)
・CL(1973-74、1974-75、1975-76)
・バロンドール(1970年)

DFフランツ・ベッケンバウアー(ドイツ)
・W杯(1974年)
・CL(1973-74、1974-75、1975-76)
・バロンドール(1972年、1976年)

MFジネディーヌ・ジダン(フランス)
・W杯(1998年)
・CL(2001-02)
・バロンドール(1998年)

FWリバウド(ブラジル)
・W杯(2002年)
・CL(2002-03)
・バロンドール(1999年)

FWロナウジーニョ(ブラジル)
・W杯(2002年)
・CL(2005-06)
・バロンドール(2005年)

コメント

関連ニュース

thumb

低調ミラン、降格目前の最下位ベネヴェントに敗戦で6戦勝利なし… EL圏外転落の可能性《セリエA》

▽ミランは21日、セリエA第34節でベネヴェントをホームに迎え、0-1で敗れた。 ▽前節トリノ戦を引き分けるのが精いっぱいで4試合連続ドロー中と足踏みが続く6位ミラン(勝ち点54)は、アタランタ(勝ち点52)、サンプドリア(勝ち点51)、フィオレンティーナ(勝ち点51)ら後続に迫られている。最低でもヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得は果たしたいミランは、スソとカリニッチをベンチスタートとし、クトローネとアンドレ・シウバの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだ。 ▽勝ち点を得られなければ降格が決まる最下位ベネヴェント(勝ち点14)に対し、一進一退の攻防で立ち上がったミランは16分に自らピンチを招く。R・ロドリゲスのバックパスがそのままゴールラインを割りかけたが、GKドンナルンマがぎりぎりで蹴り出した。 ▽新システムが機能しない低調なミランは、29分にまさかの失点を喫する。ヴィオラのスルーパスに抜け出したイエメッロにボックス右に進入され、GKドンナルンマとの一対一を制された。 ▽失点後もサイドから単調なクロスボールを入れるだけのミランだったが、37分にようやく最初のチャンスを生み出す。ケシエの浮き球パスをボックス左で受けたクトローネが胸トラップからシュート。しかし、枠を捉えるには至らなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半開始4分にボリーニを諦めてスソをそのまま右サイドに投入したミランだったが、カタルディの際どいミドルシュートを浴びると、62分にはアンドレ・シウバも諦めてカリニッチを投入した。 ▽それでも一向にギアの上がらないミランは、66分にヴィオラのミドルシュートでけん制される始末。72分には負傷したビリアがプレー続行不可能となり、ロカテッリを投入。3枚の交代枠を使いきってしまった。 ▽流れの悪いミランは73分にようやく決定機。ボックス手前右からのスソのクロスをファーサイドのクトローネがヘッド。しかし、GKプッジョーニのファインセーブに阻まれ、ルーズボールをボナヴェントゥーラが狙ったが、枠を捉えていたシュートはDFにブロックされた。 ▽追うミランは80分に追い風が吹く。ディアバテがボヌッチとの競り合いの際にヒジを入れ、2枚目のイエローカードで退場となった。 ▽終盤にかけて数的優位となったミランが押し込む流れとなったが、7分の追加タイムでもチャンスは作れずに敗戦。降格目前の最下位相手にホームで敗戦する失態を演じ、6戦勝利から見放されることとなった。 2018.04.22 05:41 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランが新たなヒットマンとしてマンジュキッチに興味?

▽ユベントスに所属するクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(31)に対して、ミランが目を光らせているようだ。 ▽マンジュキッチは、アトレティコ・マドリーを経て、2015年夏からユベントスでプレー。本来ストライカーポジションを主戦場としているが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下、サイドハーフとして新たな才能を開花させ、今やユベントスにとって欠かせない選手の1人だ。 ▽イタリア『カルチョメルカート』によれば、ミランでスポーツ・ディレクターを務めるマッシミリアーノ・ミラベッリ氏は、中国方面からも関心が取り沙汰されるマンジュキッチを来シーズンの新たなヒットマンとして今夏の獲得に興味を示しているという。 ▽だが、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触した疑いがある浮上する現在のミランにおいて、マンジュキッチの引き入れに向けた給与を用意できるかどうか不透明。マンジュキッチ自身が望めばミラン入りの可能性が高まるとみられているが、果たして…。 2018.04.21 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ベロッティ獲得に向けミランが金銭+クトローネを差し出すもトリノが拒否

▽トリノは、イタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(24)に対するミランからのオファーを拒否したとのことだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽トリノのエースとして活躍し、今シーズンはセリエAで27試合に出場し9ゴールを記録しているベロッティ。かねてから、多くのクラブが獲得に興味を示してきた。 ▽ベロッティには、1億ユーロ(約132億5000万円)の契約解除条項があるものの、これは海外クラブへの移籍にのみ適用されるとのこと。イタリア国内での移籍には適用されない。 ▽ミランは、ベロッティ獲得に向けてFWパトリック・クトローネの保有権と5000万ユーロ(約66億3000万円)を支払う予定だったが、トリノはこれを拒否したとのことだ。 ▽ベロッティは幼少期からミランファンであることを公言。ミランはそのことも踏まえて、獲得に自信を持っているとのこと。トリノが放出することは考えにくいが、今夏の市場では何らかの動きがあるかもしれない。 2018.04.21 14:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、このままなら32年ぶり不名誉記録…チーム内得点王がまだ7得点

▽ミランのエース不在は深刻だ。32年ぶりに不名誉な記録が生まれるかもしれない。イタリア『ミランニュース』が伝えている。 ▽これによると、ミランは2ケタ得点を挙げた選手がいないままリーグ戦を終えたのが1985/86シーズンが最後だ。これが32年ぶりに起こるかもしれない。 ▽ミランは現在、チーム内得点王がFWパトリック・クトローネで7得点。FWスソとMFジャコモ・ボナベントゥーラが6得点で並んでいる。このままのペースだと、2ケタには届きそうにない。 ▽FWアンドレ・シウバの不振でエースを決めきれなかったこともあるが、はっきりとした得点源がいなかったことは今季のミランの戦績に影響した。ここ4試合で2得点という数字にもそれは表れている。誰かがシーズン終盤に奮起して2ケタに達することができるだろうか。 ▽なお、1985/86シーズンのチームトップスコアラーは、FWマーク・ヘイトリーで8得点だった。 2018.04.20 00:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランがリーグ戦4試合連続ドロー… 来季ELを争うアタランタとの勝ち点差は“2”に《セリエA》

▽ミランは18日、セリエA第33節でトリノと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 ▽15日に行われたナポリ戦をゴールレスで終えた6位ミラン(勝ち点53)が、10位トリノ(勝ち点46)のホームに乗り込んだ一戦。中2日での一戦に向けミランは、ナポリ戦から先発を3人変更。チャノハノール、ムサッキオ、カラブリアに代えてボリーニ、ボヌッチ、アバーテを先発で起用した。 ▽ミランは開始早々の2分にミスからピンチを招く。ドリブルでボックス左から侵入したアンサルディをケシエが後ろから倒し、PKを献上。しかし、ベロッティのPKは、クロスバーを直撃し、難を逃れた。 ▽ピンチを凌いだミランは9分、相手DFのクリアボールをバイタルエリアのビリアが頭で落とすと、ペナルティアーク手前で受けたボナヴェントゥーラがワントラップからシュート。これがゴール左に突き刺さり、先制に成功した。 ▽先制を許したトリノは32分、デ・シルベストリの右クロスをベロッティが頭で合わせたが、これはGKドンナルンマが好セーブ。直後のCKでもサインプレーからファルケに決定機を迎えたが、シュートはゴール左に外れた。 ▽迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の攻防が続く。そんな中、先にチャンスを生かしたのはトリノだった。71分、リャイッチの左CKをニアに走り込んだデ・シルベストリがヘディングで流し込み、試合は振り出しに戻した。 ▽同点弾を許したミランは、74分にカリニッチを下げてクトローネ、78分にスソを下げてアンドレ・シウバを投入する2枚替えを敢行。すると87分、ケシエのスルーパスからボックス右に抜け出したクトローネがダイレクトシュート。しかし、これは相手GKがファインセーブ。 ▽試合終了間際の93分、トリノはデ・シルベストリが2枚目のイエローカードで退場。数的優位となったミランは96分、左FKのセカンドボールをボックス右手前で拾ったアバーテがワントラップからハーフボレーでゴールを狙ったが、これもわずかにゴール左に外れた。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。リーグ戦4試合連続の引き分けのミランは、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場圏外の7位アタランタとの勝ち点差が2に縮まった。 2018.04.19 06:17 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース