日本代表のロシアW杯キャンプ地がカザンに決定…西野朗技術委員長「施設が充実」「全会場の中心にある」2017.12.14 22:34 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は14日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表のキャンプ地がカザンに決定したことを発表した。西野朗技術委員長が明かした。

▽カザンは、首都のモスクワから東へ800kmに位置する都市。ロシア国内でも十指に入る大都市で、世界遺産に登録されている城塞カザン・クレムリンがある。

▽西野技術委員長はキャンプ地の決定について、ルビン・カザンの施設を使うことを明言。施設面の充実や移動のしやすさなどが理由であると語った。

◆西野技術委員長
「ロシア・ワールドカップも抽選会が終わり、マッチスケジュールと会場もまとまりました。それに向けて代表チームのベースキャンプがルビン・カザンのトップチームが使っている施設を利用させてもらうことに決定しましたので、ご報告させていただきます」

──理由は
「まずチームの視点から宿舎とトレーニング環境が同じ施設内にあり、プラスして施設が充実しています。日々のトレーニングの環境を第一に考えた時に整っているということと、全会場の中心にあることで各会場への移動がスムーズで負担が軽くなるという立地面が理由です」

──試合会場から遠い位置を選んだブラジル・ワールドカップでの反省を生かした結果か
「前回は私が携わっていないですが、決してロケーションの問題だけではないです」

──試合が終わる度にカザンに戻る形か
「そうなると思います」

──カザンに入るまでは近隣のヨーロッパの国でトレーニングするのか
「今はまだご報告はできません。違うキャンプ地でやってから入ることになるとは思いますけど、そこでの活動や場所についてはまだ調整中です。カザンに入る期間もまだお伝えはできません」

▽カザンは、ロシアW杯の試合も開催され、グループステージではフランスvsオーストラリア、イランvsスペイン、ポーランドvsコロンビア、韓国vsドイツが行われる。

▽地元のクラブは、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグにも出場するルビン・カザンがあり、2008年、2009年はロシア・プレミアリーグを連覇している。

コメント

関連ニュース

thumb

日本代表、ロシアW杯前に行われるスイス代表との国際親善試合は26時キックオフ…NHKで生中継

▽日本サッカー協会(JFA)は19日、6月8日(金)に行われる国際親善試合のスイス代表戦のキックオフ時間を発表した。 ▽ロシア・ワールドカップに向けた貴重な親善試合となる試合は、スイスのルガーノにあるスタディオ・コルナレドで開催。キックオフ時間は8日の26時となる。 ▽また、テレビ中継はNHK総合で全国生中継となる。 ▽西野朗監督を迎えた日本代表は、スイス戦の後、12日にパラグアイ代表と国際親善試合で対戦。その後、19日にコロンビア代表戦、24日にセネガル代表選、28日にポーランド代表戦を迎える。 2018.04.19 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

吉田麻也の自叙伝が緊急出版! 日英同時刊行は日本人サッカー選手初

▽サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、自叙伝を日英同時刊行することが発表された。株式会社ハーパーコリンズ・ジャパンがグループ企業ハーパーコリンズ・ブリッシャーズのイギリス本社と協働で刊行する。 ▽日本代表でも不動のセンターバックであり、サウサンプトンでも守備の要として活躍する吉田。プレミアリーグで6シーズン目となる今シーズンの戦いや知られざるその素顔について、赤裸々に語った自叙伝となっている。 ▽イギリスの版元は、デイビッド・ベッカムやウェイン・ルーニーら数多くの名選手の書籍を刊行しているハーパーコリンズUK。一般書籍部門世界第2位を誇る大手出版社グループのグローバル共同企画として、日本支社でも緊急刊行が決定、日英同時刊行は、日本人サッカー選手として初となる。 ▽吉田は長崎県で生まれ、12歳で名古屋グランパスのユースに入団。その後プロデビューをすると、オランダのVVVフェンロを経て、サウサンプトンに移籍。これまで語られなかったエピソードや、サッカーへの熱い想いとともに、プレミアリーガー吉田麻也を構成するレジリエンス(折れない心、負けない力)が詰まった初の書き下ろし自叙伝となっている。 ▽英国版『Unbeatable Mind:My Autobiography』は5月17日刊行予定。日本版の『吉田麻也 レジリエンス──負けない力』は6月1日に刊行予定となっている。価格は1400円(税別)。256ページが予定されている。 2018.04.18 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】西野監督の性格

▽4月15日のスポーツ紙の写真を見て驚いた。日本代表の監督に就任した西野朗氏が、長居でのC大阪対FC東京戦を視察した。スタジアムに入る際だったのだろうが、背景に愛車のベンツ・ゲレンデバーゲンが映っていたからだ。 ▽話は2011年に遡る。G大阪の監督を辞めた西野さんに、当時創っていた柏レイソルのDVD付ムックの解説をお願いした。1999年にナビスコ杯で初優勝した試合を振り返りながら、当時の出来事を振り返ってもらった。 ▽取材後、収録スタジオの近くにあるコインパーキングまで西野さんを見送ると、そこには愛車のゲレンデバーゲンが止まっていた。その愛車を見ながら、西野さんはこんなエピソードを教えてくれた。 ▽「これは2001年7月に、娘の誕生日に納車されたんですよ。そして、これに乗って柏に言ったところ、久米(柏GM)から『西野、悪いが監督を辞めてくれ』と言われたんです」と当時の真相を教えてくれた。 ▽01年の第1ステージは6位と、それほど悪い成績ではなかっただけに、西野監督にとっても予想外の解任だったのだろう。その後はG大阪の監督として数々のタイトルを獲得したが、大阪でも愛車に乗り続けたそうだ。G大阪の監督を辞めて自宅のある埼玉に戻った際は、奥さんから「大きいし古いから、もう廃車にしたら」と言われたそうだ。 ▽それでも現在も乗り続けているあたり、よほど愛着があるのだろう。柏で解任された悔しさと、G大阪での成功など、様々な思い出が詰まっているだけに、手放せないのかもしれない。 ▽ちょっと前置きが長くなってしまったが、果たして西野監督はロシアW杯でどのように戦うのか予想してみたい。まず、準備時間はほとんどないに等しい。監督に就任したものの、5月のキャンプまでJリーグは連戦のため、海外組を含めて視察によりコンディションをチェックするだけだ。ただ、就任会見で招集選手のラージグループはハリルホジッチ元監督と変わらないと言ったように、メンバーに大きなサプライズはないと予想される。 ▽西野監督は、一言で表現するなら「勝負師」だ。96年のアトランタ五輪第2戦のナイジェリア戦で、守備的なスタイルを批判し攻撃的に行きたいと訴えた中田英寿を、第3戦のハンガリー戦でスタメンから外した決断は有名だ。 ▽ハリルホジッチ元監督の縦に速いサッカーが機能しないため、3月のベルギー遠征では選手から監督に対し不満が漏れた。それが解任につながったものの、ハリルホジッチ元監督と西野監督には共通する部分も多い。自身の信念に揺るぎがないだけに、異を唱える選手はためらわずに外すだろう。 ▽一見するとダンディーで柔和な印象を受けるが、それは表面だけで、かなり頑固でもある。そんな西野監督だが、W杯までは時間がない。となると、できることは限られる。ザック・ジャパンのメンバーを軸にすればボールポゼッションはできる。川島、吉田、長谷部、本田、長友、岡崎を軸にしたメンバーだ(ケガが治れば香川と清武も入るだろう)。 ▽そして戦術だが、これもハリルホジッチ元監督と共通する部分は多い。「自分たちのサッカー」ではなく、対戦相手を分析して「負けない試合」をするからだ。柏時代は3-5-2と当時流行のシステムを採用し、ホン・ミョンボやユ・サンチョルら韓国代表を起用し、G大阪時代は遠藤保仁を軸にマグノ・アウベスやルーカスというストライカーを擁して攻撃的なサッカーを展開した。 ▽しかし、そうしたサッカーをする上で欠かせない選手が明神智和であり今野泰幸といった守備のオールラウンダーだった。現在の代表チームなら、長谷部は欠かせないピースであり、ケガが治れば今野の復帰も十分にありえる。さらに監督就任後、C大阪対FC東京戦を視察したのは山口蛍と橋本拳人をチェックしたのかもしれない。 ▽指揮官としてW杯の3試合を分析し、どのような選手を選択するのか。ラージグループは決まっているだけに、あとは各試合に応じたチョイスになる。ただ、いずれにせよ西野監督の性格からすれば、(繊細な)テクニシャンではなく戦闘能力の高い選手を優先的に選ぶだろう。 ▽柏の監督時代、西野監督と同じタイプの天才的MF大野敏隆や、期待のFW北嶋秀朗をサブチームに降格したこともある。人気のあるルーキーといえども特別待遇はしなかった。結果を出さなければ情け容赦しない。それだけドライに勝負にこだわることを、代表候補の選手たちは肝に銘じた方がいい。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.04.18 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 4月16日は、ミラクル・レスターの“影のヒーロー”!

◆岡崎慎司 【Profile】 出身:兵庫県 誕生日:1986/4/16 クラブ:レスター・シティ ポジション:FW 身長:174㎝ 体重:76kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、4月16日はレスター・シティの日本代表FW岡崎慎司だ。 ▽高卒後、清水エスパルスに入団した岡崎は当初フォワードの序列の最下位に置かれていたが、豊富な運動量と献身的な動きが評価され、次第に存在感を高めた。2010年には、日本代表として南アフリカワールドカップに参加。グループリーグ第3戦のデンマーク戦では途中出場からネットを揺らして評価を高めると、大会の半年後にシュツットガルトに移籍して欧州デビューを果たした。 ▽シュツットガルトでは守備面での貢献が高かった岡崎は、2013年夏にマインツに活躍の場を移して得点能力が開花。初年度にブンデスリーガで15ゴール(日本人最多)を記録すると、翌シーズンも12ゴールを決め、2015-16シーズンからプレミアリーグに羽ばたくこととなった。 ▽レスター・シティに加入した岡崎は、初年度から得点能力に優れたFWジェイミー・ヴァーディとコンビを組み、“奇跡のプレミアリーグ優勝”に大きく貢献。イギリス『スカイ・スポーツ』には“影のヒーロー”と賞賛された。 ▽岡崎はこれまで日本代表として111試合に出場しており、釜本邦茂氏、三浦知良(横浜FC)らレジェンドに続き、通算50ゴールを記録した史上3人目の選手だ。“一生ダイビングヘッド”という言葉を座右の銘にしていることは有名であり、どれだけ泥臭くとも最後の一瞬までゴールを諦めない姿勢は、その言葉の表れだろう。 ※誕生日が同じ主な著名人 ピエール・リトバルスキー(元サッカー選手) ヘルマン・ブルゴス(元サッカー選手) ラファエル・ベニテス(サッカー監督/ニューカッスル) ダニ・パレホ(サッカー選手/バレンシア) ルイス・ムリエル(サッカー選手/セビージャ) アーロン・レノン(サッカー選手/バーンリー) 趙東建(サッカー選手/サガン鳥栖) 三竿雄斗(サッカー選手/鹿島アントラーズ) 三竿健斗(サッカー選手/鹿島アントラーズ) ウィルバー・ライト(ライト兄弟の兄) チャールズ・チャップリン(喜劇俳優) なぎら健壱(俳優) BONNIE PINK(歌手) 湯浅将平(ギタリスト) 笹崎里菜(アナウンサー) 夏目花実(タレント) 徳井義実(お笑い芸人/チュートリアル) 2018.04.16 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

元浦和指揮官のブッフバルト氏がHSVのFW伊藤達哉に太鼓判「W杯に行くチャンスがある」

▽かつては浦和レッズで選手、監督として活躍した元ドイツ代表DFギド・ブッフバルト氏が、評価を上げているU-21日本代表FW伊藤達哉について語った。ドイツ『ビルト』が報じた。 ▽今シーズン、ハンブルガーSVでブンデスリーガデビューを果たした伊藤。小柄ながら、切れ味鋭いドリブルで攻撃にアクセントをつけ、“リオネル・イトウ”とファンから賞賛されるほどだ。 ▽ハンブルガーSVはクラブ史上初の2部降格が迫っているが、評価を高める伊藤は日本代表入りの可能性があるとのこと。ブッフバルト氏も伊藤がワールドカップに出場する可能性は現実的であると語った。 「タツヤはワールドカップに行くチャンスを得ることができると思う」 「ワールドカップでは、一対一を仕掛ける彼の戦い方は武器になる。イトウのような選手は、すべてのチームが必要とする」 ▽伊藤は、今シーズンのブンデスリーガで16試合に出場。ここ2試合は先発出場を果たしており、残り4試合で初ゴールが期待される。 2018.04.15 12:30 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース