王者・ドイツ、連覇を目指すロシアW杯の選手支給ボーナスを発表2017.12.13 22:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドイツサッカー連盟(DFB)は、2018年に行われるロシア・ワールドカップのボーナスについて発表した。公式サイトで発表した。

▽ドイツ代表は、2014年に行われた前回大会のブラジル・ワールドカップを制覇。来年のロシア大会は連覇を目指して挑むことになる。仮に連覇となれば、1962年にブラジルが達成して以来の連覇となる。

▽選手たちは、ロシア・ワールドカップで優勝した場合に35万ユーロ(約4660万円)のボーナスを得られるとのこと。準優勝の場合は20万ユーロ(約2660万円)、3位の場合は15万ユーロ(約2000万円)となる。

▽また、準決勝進出の場合には12万5000ユーロ(約1660万円)、準々決勝進出で7万5000ユーロ(約1000万円)のボーナスを得ることができることになったようだ。

▽ドイツは、グループFに入り、メキシコ、スウェーデン、そして韓国と同居している。

コメント

関連ニュース

thumb

ロブレン、乱入者にブチ切れ 「本当にムカつく」

▽リバプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロブレンがご乱心だ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽クロアチア代表は15日、ロシア・ワールドカップ決勝戦でフランス代表と対戦(2-4でクロアチア代表が敗戦)。この試合の途中に数名の観客がピッチに乱入すると、ロブレンはすかさず1人の男を引き倒して怒鳴りつけた。 ▽その後、乱入者は反プーチンの抗議活動で有名なロシアのパンクロックバンド『プッシー・ライオット』だったことが判明している。ロブレンは試合後、当時の心境について次のように振り返った。 「本当にムカつくよ。僕らの時間帯だったのだからね。良いフットボールを展開する流れを切られ、僕は我を失った。男の頭を掴み、スタジアムから追い出したかったんだ」 2018.07.16 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯得点王のケインに伊紙が皮肉「称賛のない得点王。急速に勢力失ったハリケーン」

ロシア・ワールドカップの得点王に輝いたイングランド代表FWハリー・ケインについて、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』は15日、「光より影が多かった」と皮肉に綴っている。<br><br>ロシアW杯では、6ゴールを挙げたイングランドのエース、ケインが得点王に輝いた。ケインは、グループリーグ初戦のチュニジア戦で2ゴールを挙げたほか、第2戦のパナマ戦ではハットトリック(うちPK2点)を達成。さらに決勝トーナメント1回戦コロンビア戦で1ゴール(PK)をマークした。だが得点の大部分がグループリーグであったことから、イタリア紙は「ケイン、悪評もなければ称賛もない得点王。ハリケーンは急速に勢力を失った。閃光のように大会のスタートを切ったが、グループリーグ以降消えてしまった」と皮肉を綴った。<br><br>イングランド代表としては、ギャリー・リネカー氏以来の32年ぶりの快挙だが、パフォーマンスには物足りないものがあったと指摘されている。<br><br>「イングランド代表では1986年W杯のギャリー・リネカー氏以来となる得点王となったが、トッテナムFWは、光より影が目立った。ロシアでストライカーの王座を獲得したという満足感は残るが、イングランド代表FWの大会は、スタートは良くても終わりはむしろ酷いものだったことは否定できない」<br><br>「最初の2試合では圧倒したが、その後、ほとんどレーダーから消えてしまったのは残念だ。ラウンド16のコロンビア戦で1ゴールを決めただけで、それもPKだ。最後にイングランドのサポーターの記憶に残ったのは、準々決勝スウェーデン戦でのケインの色あせたパフォーマンスや、準決勝クロアチア戦での大きな2つのミスだろう。これにより(ギャレス)サウスゲート率いるチームは決勝進出を逃してしまった」<br><br>そして最後に、「偉大なアタッカーであるケインだけに、もっと結果が期待されていたのは当然だ」と結論付けた。<br><br>提供:goal.com 2018.07.16 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表DFフォンテが大連一方を退団…チームは降格圏に低迷

▽中国スーパーリーグの大連一方は15日、ポルトガル代表DFジョゼ・フォンテ(34)の退団を発表した。中国版ツイッターWeiboのクラブ公式アカウントで発表した。 ▽フォンテは、スポルティング・リスボンの下部組織出身で、 ヴィトーリア・セトゥバルやベンフィカなどポルトガルのクラブでプレー。2007年7月にクリスタル・パレスへと完全移籍しプレミアリーグに挑戦した。 ▽2010年1月にサウサンプトンへと移籍すると、日本代表DF吉田麻也とポジションを争うことに。2017年1月にウェストハムへと移籍すると、2018年2月に大連一方へと加入。中国スーパーリーグでは7試合に出場していた。 ▽また、ロシア・ワールドカップにもポルトガル代表として出場。4試合に出場していた。 ▽フォンテは、自身のインスタグラム(f6nte)でも退団を報告。感謝の気持ちを述べている。 「大連、そして中国スーパーリーグでの私の時間は終わった。私はあった全ての人に大きな感謝をし、友好を築けたと思う」 「僕は永遠に全ての大連のファンと中国という偉大な国に感謝している。少なくとも何か用意ものを残したと願っている」 「もう一度ありがとう。そして成功を祈っている」 ▽大連一方は、フォンテの他、ベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(24)やFWニコラ・ガイタン(30)を獲得。かつてレアル・マドリーを指揮したベルント・シュスター監督を招へいしていたが、15位と降格圏に低迷している。 2018.07.16 14:33 Mon
twitterfacebook
thumb

同僚称えるクロース、ヴァランを祝福! モドリッチ&コバチッチには「顔を上げろ!」

▽レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、決勝を戦った同僚にメッセージを送った。 ▽15日にロシア・ワールドカップ(W杯)決勝のフランス代表vsクロアチア代表が行われ、4-2でフランスが勝利。同国の5大会ぶり2度目のW杯優勝で大会は幕を閉じた。 ▽連覇を目指すもまさかのグループステージ敗退で大会を去ったドイツ代表MFトニ・クロースはツイッター(@ToniKroos)を更新。決勝の舞台を戦ったマドリーのチームメイトであるフランス代表DFラファエル・ヴァラン、クロアチア代表MFルカ・モドリッチとMFマテオ・コバチッチ、それぞれにメッセージを送っている。 「フランス代表、そしてヴァラン、優勝おめでとう! 君たちは僕らの次のワールドカップ王者に値する! モドリッチとコバチッチは顔を上げるんだ! とても良くやったよ! クロアチアは今大会素晴らしい戦いをしたよ」 2018.07.16 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ルーヴル美術館、仏代表ユニ着用のモナ・リザでW杯優勝を祝福もイタリアから批判殺到

ルーヴル美術館が15日、公式ツイッターでロシア・ワールドカップを制覇したフランス代表を祝福した。しかしイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた『モナ・リザ』を使用したことで、一部のファンから反発の声が上がった。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』などが15日、伝えている。<br><br>15日に行われたW杯決勝で、フランスはクロアチアと対戦。オウンゴールで先制したフランスは、一時は同点にされるも、アントワーヌ・グリーズマン、ポール・ポグバ、キリアン・ムバッペが得点を挙げて4-2でクロアチアを下し、20年ぶり2回目の優勝を飾った。<br><br>するとフランスの首都パリにあるルーヴル美術館も公式ツイッターを更新し、代表チームに賛辞を送った。「フランス代表チーム、2018年W杯優勝おめでとう」と綴るとともに、美術館を代表する名画『モナ・リザ』を加工し、フランス代表のユニフォームを着せた画像を投稿した。<br><br>しかしイタリアのルネサンス期を代表する巨匠ダ・ヴィンチが制作し、フランスに持ち込んだ作品であることから、ロシアW杯出場を逃したイタリアのファンから非難が相次いだ。「この作品は僕らの物だから触るな。むしろ返せ」、「僕らのモナ・リザの写真を投稿してお祝いか?イタリアのことがいつも忘れられないんだな。まったく」などの意見が記事では紹介されている。<br><br>イタリアからの投稿が押し寄せたことで、ルーヴル美術館はイタリア語で返答。「豆情報だが、モナ・リザは、レオナルド・ダ・ヴィンチがフランソワI世に売却したものだ」と綴っている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.16 12:30 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース