【CLグループH総括】“死の組”制したスパーズが首位通過! 2連覇中の王者マドリーは低調ドルト退け2位通過2017.12.13 18:07 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2連覇中の王者レアル・マドリーに加え、決勝トーナメントの常連ドルトムント、昨季プレミアリーグ2位のトッテナムが同居したグループHは、グループCと同様に今大会の“死の組”と評された。その三つ巴の争いを制したのは、3番人気のトッテナムとなった。一方、そのトッテナムの後塵を拝したマドリーだが、低調なドルトムントを退けて2位通過を果たした。■グループH順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.トッテナム[16/5/1/0/11]
2.レアル・マドリー[13/4/1/1/10]
3.ドルトムント[2/0/2/4/-6]
4.アポエル[2/0/2/4/-15]

◆昨季教訓に圧巻の首位通過~トッテナム~
Getty Images
▽昨季、低調な戦いぶりでグループステージ敗退となるなど、ヨーロッパの舞台で経験不足を露呈してきたトッテナムだが、ポチェッティーノ監督の下で着実に成長を続けた若きチームは、5勝1分けの勝ち点16という、今グループステージ出場チーム最多勝ち点で見事な首位通過を果たした。初戦では今季国内リーグで勝利がなかったウェンブリーで難敵ドルトムントを撃破し勢いに乗ると、第2戦のアポエル戦ではエースFWケインのハットトリックで連勝。そして、マドリーとの連戦では敵地での一戦を守備的なアプローチで戦い、互角以上の内容で勝ち点1を奪取。さらに、ウェンブリーでのリターンマッチでは出場停止明けで初出場のMFデレ・アリの2ゴールの活躍で2連覇中の王者を撃破した。その後、第5節ではドルトムント相手のアウェイゲームをきっちり勝ち切り、最終節を前に首位通過を決めた。多士済々なタレントに加え、采配に柔軟性が出てきたアルゼンチン人指揮官の下で躍動するチームは、決勝トーナメント1回戦で昨季のファイナリスト、ユベントスを相手に更なる躍進を目指す。

◆順当突破も3連覇に向け不安要素~レアル・マドリー~
Getty Images
▽前人未踏のCL連覇を達成したマドリーは、更なる偉業を目指す今シーズンも順当に決勝トーナメント進出を果たした。国内リーグではアタッカー陣の不振によって序盤戦から大苦戦を強いられるも、CLの舞台ではその攻撃陣が真価を発揮。とりわけ、エースFWクリスティアーノ・ロナウドの存在感が抜群だった。今季の自身公式戦最初の試合となったアポエルとの初戦で2ゴールを奪ったC・ロナウドは、リーグ戦の不調とは裏腹にまるで打ち出の小槌のようにシュートを放てばゴールを積み重ね、史上初のグループステージ全試合ゴールを達成すると共に、得点ランキング独走の9ゴールを記録した。そのエースにけん引されたチームは、トッテナム相手に敗戦を喫したものの4勝1敗1分けときっちり勝ち点を積み上げた。ただ、2位通過となったことで、先日の組み合わせ抽選会では優勝候補パリ・サンジェルマンという最悪な相手を決勝トーナメント1回戦の対戦相手に引き当ててしまい、3連覇に向けて大きな不安要素を残した。

◆絶不調でまさかの未勝利…~ドルトムント~
Getty Images
▽実績や選手層で2番手という位置付けだったドルトムントだったが、今グループステージ未勝利という低調な戦いぶりで早くも今季CLの戦いを終えることになった。9月中旬まではボス新監督の下で素晴らしい序盤戦を過ごしたドルトムントだが、徐々に歯車が狂い始めると、トッテナムとマドリーとの開幕2試合をいずれも僅差ながら連敗。さらに、国内リーグで泥沼の低迷期に陥ったチームはグループ最弱のアポエルとの連戦を、いずれも1-1のドローで終える体たらく。この連続ドローで突破の可能性がほぼ消滅すると、残りのライバル2チームとの直接対決も無残に連敗。未勝利で勝ち点2という低調な数字となったが、同勝ち点のアポエルを辛くも得失点差で振り切り、EL出場権を獲得。なお、CLと国内リーグでの低迷によってボス監督を解任したチームは前ケルン指揮官のシュティーガー新監督の下、ELラウンド32でアタランタと対戦する。

◆奮闘も我慢し切れず~アポエル~
Getty Images
▽予備予選、プレーオフを制して本大会出場を決めた中、強豪揃いのグループに入ったアポエル。結果的に最下位で大会を去ることになったものの、実りあるグループステージとなった。とりわけ、圧倒的な格上であるドルトムントとの連戦では持ち味の堅守速攻を武器に互角の戦いを披露し、いずれも1-1のドローで終える見事な戦いを披露した。その一方で、トッテナムとマドリー相手には先制点を奪われた後の試合運びに問題を抱え、4試合で3失点以上を喫しての無得点負けとなった。仮に、この4試合でもう少し我慢できていれば、3位フィニッシュも可能だったかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

「もちろん誇りに思う」ポチェッティーノ、S・ラモスに強烈タックルのトッテナムMFを称賛

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、セルヒオ・ラモスに激しいスライディングを見舞ったエリック・ダイアーを誇りに思うと称賛した。<br><br>15日に行われたイングランド代表が3-2で勝利したUEFAネーションズリーグのスペイン代表戦に先発で出場したダイアー。安定したプレーを見せ、トッテナムのチームメイトであるハリー・ケインらとともに勝利に貢献した。<br><br>トッテナム勢が活躍したこの一戦を受け、ポチェッティーノ監督はイギリス『スカイスポーツ』のインタビューで選手たちに賛辞を送った。「彼らは素晴らしかった。プレーがどれだけ素晴らしかったかについて話したい」<br><br>「エリック、ハリー・ウィンクス、ケイン、キーラン・トリッピアーが最高だっとは言わないが、チームとして素晴らしかった。スペインよりも良い姿勢で試合に挑めていた。戦う上でこの姿勢は重要で、若い選手たちにとって最も大切なことだ。将来的にイングランドに成功をもたらせるだけのポテンシャルが彼らにあると信じている」<br><br>ダイアーはこの試合の開始早々にスペイン代表主将のラモス対して激しいタックルを見舞い、イエローカードを受けていた。本来なら危険なタックルに対して批判的な意見が集まるところだが、イングランドでは強豪相手に見せた選手の姿勢を称賛する声が多く、中でも昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でS・ラモスに苦杯をなめたリヴァプールサポーターからは同選手を英雄視する声まで上がっている。<br><br>S・ラモスにスライディングを仕掛けたダイアーの姿勢を誇りに思うかと問われたポチェッティーノ監督は「もちろんだ。彼のことをとても誇りに感じている」と評価するコメントを残した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.18 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アルデルヴァイレルト巡りユナイテッドとバルセロナが争奪戦か

▽バルセロナはトッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)の獲得を画策しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』の情報をもとにスペイン『fichajes』が伝えた。 ▽バルセロナはフランス代表DFサミュエル・ユムティティとベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンが負傷離脱を強いられ、センターバックが手薄な状態に。この状況下の中、新戦力補強が急務となっている同クラブはアルデルヴァイレルトの獲得に興味を示しているという。 ▽アルデルヴァイレルトとトッテナムの現行契約は今シーズン限りまでとなっており、クラブ側は1年間の契約延長オプションを持っているが、そのオプションを行使した場合、来夏に2800万ユーロ(約36億円)の金額で移籍を許可しなければならない条項が組み込まれている。そのため、来シーズンでの退団が有力視されている。 ▽ただ、バルセロナの他にマンチェスター・ユナイテッドも以前から関心を寄せているため争奪戦になる可能性があるようだ。 ▽なお、昨季は負傷明けのシーズン終盤戦でベンチを温める機会が多かったアルデルヴァイレルトだが、今季はここまでプレミアリーグ7試合に出場している 2018.10.16 22:57 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズ、サンプドリアの新星DFアンデルセンの獲得に興味か

▽トッテナムはサンプドリアに所属するU-21デンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(22)の獲得に動きだしているようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽デンマーク出身もオランダのトゥベンテでプロキャリアをスタートしたアンデルセンは192cmの長身センターバック。2015-16シーズンからトップチームで出場機会を増やすと、2017年にサンプドリアに加入。加入1年目となった昨シーズンはリーグ戦8試合の出場に留まったが、今季はマルコ・ジャンパオロ監督の採用する特殊なゾーンディフェンスに順応。持ち味のパワフルな対人守備や守備的MFでもプレー可能な足下の技術を生かしてリーグ戦全試合に出場している。 ▽今回伝えられるところによると、トッテナムはアンデルセン獲得に向けて既に8月に行われたセリエA第2節のウディネーゼ戦にスカウトを派遣していたという。そして、同選手を高く評価するクラブは今冬の移籍市場で獲得に動くようだ。 ▽今シーズン、サンプドリアはセリエAで最少失点(4点)の堅守を誇っており、アンデルセンはチームに欠かせない存在になっている。サンプドリアはセリエAで屈指の若手DFと評される逸材を安売りするつもりはないが、トッテナム側は相手の要求する金額を十分に支払えると考えている模様だ。 ▽その一方で、イタリア『トゥットスポルト』によれば、ユベントスもアンデルセンの獲得に興味を示しているようだ。 2018.10.16 21:06 Tue
twitterfacebook
thumb

「ダイアーはリバプールのレジェンド」 リバプールファンがスペイン戦でトッテナムDFを絶賛?

▽トッテナムに所属するイングランド代表DFエリック・ダイアーが15日に行われたスペイン代表戦で見せた“あるプレー”をリバプールファンが絶賛した。イギリス『Caught offside』がリバプールファンのSNS上のリアクションを伝えている。 ▽UEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4、スペインvsイングランドが15日に行われ、イングランドが3-2で勝利した。同試合では前半にFWラヒーム・スターリングの2ゴールと、FWマーカス・ラッシュフォードのゴールで3点を先行したイングランドが後半のホームチームの反撃を凌ぎ切って見事に今大会初勝利を飾っていた。 ▽同試合で[4-3-3]のアンカーポジションに入ったダイアーは、持ち味の球際の強さを生かしたソリッドな守備とシンプルなボール捌きをみせ、中盤に安定感をもたらすなど上々のパフォーマンスだった。 ▽しかし、今回リバプールファンが絶賛したプレーは前半にスペイン代表DFセルヒオ・ラモス相手に見せたハードタックルだった。自陣ボックス内で味方からのバックパスを受けたセルヒオ・ラモスに対して、ダイアーは猛然とプレッシャーをかけてやや大きくなったトラップ際に強烈なタックルを敢行。そのタックルはきっちりボールを捉えたものの、ついでにセルヒオ・ラモスの身体を巻き込み厳しいチャレンジとなった。 ▽そして、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝でエースFWモハメド・サラーを負傷退場に追いやったレアル・マドリーDFを目の敵とするリバプールファンは、ダイアーのこのハードチャージを絶賛。「彼はリバプールのレジェンド」、「リバプールとエジプトのナイト」、「このプレーで一気に彼のファンになった」、「アンフィールドの新たなアイドルが現れた」など、称賛のコメントがSNS上から発信された。 ◆リバプールファンは爽快? https://twitter.com/CheapPanini/status/1051910641433399296 2018.10.16 13:58 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーに移籍するの? ケイン、記者の突撃質問に…

▽トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケイン(25)がレアル・マドリー移籍説に沈黙を貫いた。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽今夏の移籍市場でユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの抜けた穴を埋め切れず、今シーズンのここまで得点力不足に喘ぐレアル・マドリー。その打開策として、プレミアリーグ屈指の決定力を誇るケインが今冬の有力ターゲットとして浮上している。 ▽渦中のケインは15日、イングランド代表の一員としてUEFAネーションズリーグのスペイン代表戦にフル出場。3-2の勝利に貢献した。その試合後、ミックスゾーンからスタジアムを外に向かうケインに対して、記者が直撃。レアル・マドリー移籍の可能性を問うと、次のようにあしらった。 「ごめん。また別の日にしてくれ」 2018.10.16 10:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース