【CLグループH総括】“死の組”制したスパーズが首位通過! 2連覇中の王者マドリーは低調ドルト退け2位通過2017.12.13 18:07 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2連覇中の王者レアル・マドリーに加え、決勝トーナメントの常連ドルトムント、昨季プレミアリーグ2位のトッテナムが同居したグループHは、グループCと同様に今大会の“死の組”と評された。その三つ巴の争いを制したのは、3番人気のトッテナムとなった。一方、そのトッテナムの後塵を拝したマドリーだが、低調なドルトムントを退けて2位通過を果たした。

■グループH順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.トッテナム[16/5/1/0/11]
2.レアル・マドリー[13/4/1/1/10]
3.ドルトムント[2/0/2/4/-6]
4.アポエル[2/0/2/4/-15]

◆昨季教訓に圧巻の首位通過~トッテナム~
Getty Images
▽昨季、低調な戦いぶりでグループステージ敗退となるなど、ヨーロッパの舞台で経験不足を露呈してきたトッテナムだが、ポチェッティーノ監督の下で着実に成長を続けた若きチームは、5勝1分けの勝ち点16という、今グループステージ出場チーム最多勝ち点で見事な首位通過を果たした。初戦では今季国内リーグで勝利がなかったウェンブリーで難敵ドルトムントを撃破し勢いに乗ると、第2戦のアポエル戦ではエースFWケインのハットトリックで連勝。そして、マドリーとの連戦では敵地での一戦を守備的なアプローチで戦い、互角以上の内容で勝ち点1を奪取。さらに、ウェンブリーでのリターンマッチでは出場停止明けで初出場のMFデレ・アリの2ゴールの活躍で2連覇中の王者を撃破した。その後、第5節ではドルトムント相手のアウェイゲームをきっちり勝ち切り、最終節を前に首位通過を決めた。多士済々なタレントに加え、采配に柔軟性が出てきたアルゼンチン人指揮官の下で躍動するチームは、決勝トーナメント1回戦で昨季のファイナリスト、ユベントスを相手に更なる躍進を目指す。

◆順当突破も3連覇に向け不安要素~レアル・マドリー~
Getty Images
▽前人未踏のCL連覇を達成したマドリーは、更なる偉業を目指す今シーズンも順当に決勝トーナメント進出を果たした。国内リーグではアタッカー陣の不振によって序盤戦から大苦戦を強いられるも、CLの舞台ではその攻撃陣が真価を発揮。とりわけ、エースFWクリスティアーノ・ロナウドの存在感が抜群だった。今季の自身公式戦最初の試合となったアポエルとの初戦で2ゴールを奪ったC・ロナウドは、リーグ戦の不調とは裏腹にまるで打ち出の小槌のようにシュートを放てばゴールを積み重ね、史上初のグループステージ全試合ゴールを達成すると共に、得点ランキング独走の9ゴールを記録した。そのエースにけん引されたチームは、トッテナム相手に敗戦を喫したものの4勝1敗1分けときっちり勝ち点を積み上げた。ただ、2位通過となったことで、先日の組み合わせ抽選会では優勝候補パリ・サンジェルマンという最悪な相手を決勝トーナメント1回戦の対戦相手に引き当ててしまい、3連覇に向けて大きな不安要素を残した。

◆絶不調でまさかの未勝利…~ドルトムント~
Getty Images
▽実績や選手層で2番手という位置付けだったドルトムントだったが、今グループステージ未勝利という低調な戦いぶりで早くも今季CLの戦いを終えることになった。9月中旬まではボス新監督の下で素晴らしい序盤戦を過ごしたドルトムントだが、徐々に歯車が狂い始めると、トッテナムとマドリーとの開幕2試合をいずれも僅差ながら連敗。さらに、国内リーグで泥沼の低迷期に陥ったチームはグループ最弱のアポエルとの連戦を、いずれも1-1のドローで終える体たらく。この連続ドローで突破の可能性がほぼ消滅すると、残りのライバル2チームとの直接対決も無残に連敗。未勝利で勝ち点2という低調な数字となったが、同勝ち点のアポエルを辛くも得失点差で振り切り、EL出場権を獲得。なお、CLと国内リーグでの低迷によってボス監督を解任したチームは前ケルン指揮官のシュティーガー新監督の下、ELラウンド32でアタランタと対戦する。

◆奮闘も我慢し切れず~アポエル~
Getty Images
▽予備予選、プレーオフを制して本大会出場を決めた中、強豪揃いのグループに入ったアポエル。結果的に最下位で大会を去ることになったものの、実りあるグループステージとなった。とりわけ、圧倒的な格上であるドルトムントとの連戦では持ち味の堅守速攻を武器に互角の戦いを披露し、いずれも1-1のドローで終える見事な戦いを披露した。その一方で、トッテナムとマドリー相手には先制点を奪われた後の試合運びに問題を抱え、4試合で3失点以上を喫しての無得点負けとなった。仮に、この4試合でもう少し我慢できていれば、3位フィニッシュも可能だったかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

2戦連発ケインがプレミア100得点王手も攻め手欠いたスパーズが痛恨ドロー…吉田欠場のセインツは11戦勝ちなし《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第24節、サウサンプトンvsトッテナムが21日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はケガの影響でベンチ外となった。 ▽10戦未勝利で降格圏と勝ち点1差の17位に沈むサウサンプトン(勝ち点21)と、直近4勝1分けと好調を維持する4位のトッテナム(勝ち点42)の一戦。前節、エバートンに4-0の大勝を収めたトッテナムはポチェッティーノ体制恒例行事となっているバルセロナでのミニキャンプを行い、心身ともにリフレッシュ。連勝を目指す今節はエバートン戦から先発2人を変更。体調不良の守護神ロリスとエリクセンがベンチ外となり、控えGKフォルムとムサ・シッソコが先発に入った。 ▽前回対戦で5失点大敗を喫したホームのサウサンプトンが開始直後にガッビアディーニがファーストシュートを放つなど、アグレッシブな入りを見せる。 ▽その後はトッテナムがボールを保持して主導権を握るが、効果的にハイラインの背後を狙うサウサンプトンの攻撃が先制点をもたらす。15分、カウンターから左サイド深くに抜け出したバートランドがグラウンダーの高速クロスを供給。これをニアでクリアに行ったDFダビンソン・サンチェスがクリアし切れず、ボールは左ポストの内側を叩いてネットに吸い込まれた。 ▽思わぬ形で先制を許したトッテナムはすぐさま反撃を開始。すると、失点からわずか3分後にエースが同点ゴールを奪う。18分、右CKの場面でキッカーのベン・デイビスのクロスをゴール前でDFホードを外したケインが頭で合わせ、2試合連続ゴールを決めた。なお、この得点でケインはプレミアリーグ通算99点目となり、100ゴール達成に王手をかけた。 ▽ここから試合は一気にトッテナムペースと思われたが、エリクセン不在とスリッピーなピッチに苦戦するアウェイチームに対して、球際の強さと鋭いカウンターで応戦するホームチームが互角以上に渡り合う。 ▽前半半ばから終盤にかけてはトッテナムがB・デイビスの高速クロスからムサ・シッソコのワンタッチシュート、エリック・ダイアーの強烈なミドルシュートでチャンスを作れば、サウサンプトンもセットプレーからスティーブンス、カウンターからレミナと決定機を創出。しかし、互いに勝ち越しゴールを奪うまでには至らず、試合は1-1のイーブンで折り返した。 ▽迎えた後半も拮抗した展開が続き、互いになかなか決定機を作り出すことができない。今節上位陣が揃って勝利しているため、取りこぼしは許されないトッテナムは、65分にデレ・アリ、70分にヴェルトンゲンとミドルレンジからの鋭いシュートでゴールに迫るが、いずれも枠を捉え切れない。 ▽流れを変えたいポチェッティーノ監督は71分、珍しく存在感を欠いたソン・フンミンを諦めてラメラ、その直後の72分には左足のふくらはぎを痛めたオーリエに代えてトリッピアーを続けて投入。対するサウサンプトンはホイビュルク、レミナ、ガッビアディーニを下げて、ブファル、デイビス、これがトップチームデビューとなる17歳FWオバフェミを続けてピッチに送り出した。 ▽試合終盤にかけてはトッテナムが押し込む展開の中で84分にはボックス右で粘ったムサ・シッソコからゴール前でパスを受けたラメラに絶好機も、ここはDFスティーブンスの身体を張ったブロックに阻まれる。直後の86分には右サイドで入れ替わったタディッチの絶妙な折り返しからオバフェミに絶好機も、ここはうまくシュートをミートできない。 ▽その後も最後まで勝ち点3を目指して攻め合った両者だが、前半同様に勝ち越し点を奪うことができず、試合は1-1のままタイムアップ。エリクセン不在やミニキャンプの影響が響いたトッテナムは、上位陣の背中が遠のく痛恨のドロー。一方、前回対戦で大敗した相手に善戦もドロー止まりのサウサンプトンはリーグ戦11試合勝ちなしとなった。 2018.01.22 02:56 Mon
twitterfacebook
thumb

トッテナムがプレミア移籍希望のルーカス・モウラ獲得に興味?

▽トッテナムがパリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表MFルーカス・モウラ(25)の獲得に興味を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽若くして将来を嘱望されるアタッカーとして名を轟かせたルーカス・モウラは、2012年夏にサンパウロからPSGに移籍。以降、主力として活躍し、昨シーズンでもリーグ・アンで37試合12ゴール5アシストを記録するなど結果を残していた。しかし、今シーズンはFWネイマールとFWキリアン・ムバッペといったタレントの加入に伴い、ここまでリーグ・アン5試合の出場機会と出番が減り、移籍の可能性が取り沙汰されている。 ▽そんな中、トッテナムはルーカス・モウラを今冬の移籍市場で獲得する選手の選択肢の一つとして考えている模様。一方、ルーカス自身も今冬での移籍を希望しており、フランス『Le Parisien』に 「パリにとどまる可能性? そうは考えてない」 「パリでの僕の物語は終わりだ。僕はイングランドのフットボールが好きだ。世界でも最高峰のリーグの1つだよ」 とプレミアリーグへの憧れを口にしている。 ▽最近ルーカスは、以前から関心を寄せられているマンチェスター・ユナイテッドと個人間合意に至ったことが報じられた。しかし、『スカイ・スポーツ』はユナイテッドがアーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)の獲得に迫っていることで、ルーカスのユナイテッド加入の可能性が低くなっていると見解を示している。 ▽また、同メディアによるとトッテナムは同じウインガーの選手であるボルドーのU-23ブラジル代表FWマウコム(20)にも興味を持っているようだ。 2018.01.20 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ユーベも狙う北朝鮮代表FW獲得に関心! ソン・フンミンとの朝鮮半島ユニット誕生も

▽トッテナムが、ペルージャに所属する北朝鮮代表FWハン・グァンソン(19)の獲得に向かっているようだ。イタリア『Tuttomercato』が伝えている。 ▽19歳のハン・グァンソンは、昨年2月にカリアリのトライアルに参加。実力を認められて契約を交わすと、セリエAデビューも果たし、北朝鮮人選手として初めてイタリア1部リーグでプレーした選手となった。 ▽昨年夏、カリアリからセリエBのペルージャへレンタル移籍すると、今シーズンは2部で活躍。ここまでリーグ戦17試合に出場して7得点3アシストと結果を残している。 ▽『Tuttomercato』の伝えるところによれば、トッテナムは先日にユベントスからの関心も報じられたハン・グァンソンの獲得に関心を示しており、すでに代理人とコンタクトも取っているようだ。 ▽なお、現在トッテナムには韓国代表FWソン・フンミンが主力として活躍しており、仮にハン・グァンソンの加入が決定すれば、韓国代表のエースと近未来の北朝鮮代表のエースによる、朝鮮半島ユニットの誕生も期待されるところだ。 2018.01.17 05:46 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ノリッジの逸材MF獲得に動く! 競合はリバプールやシティ

▽トッテナムがノリッジに所属するU-21イングランド代表MFジェームズ・マディソン(21)の獲得に動いているようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽近年、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の下で多くのイングランド代表選手を輩出しているトッテナムは、今冬の移籍市場でリバプールやマンチェスター・シティ、レスター・シティも獲得を狙う逸材マディソンの獲得に乗り出しているようだ。 ▽コヴェントリーの下部組織出身のマディソンは、2016年冬にノリッジに加入。卓越した右足のキック精度やパスセンス、エレガントな身のこなしはトッテナムMFクリスティアン・エリクセンを髣髴とさせ、今季のチャンピオンシップ(イングランド2部)では25試合に出場し、7ゴール5アシストの活躍を見せている。 ▽現在、2000万ポンド(約30億5000万円)の移籍金が設定しているといわれているマディソンの獲得レースを制するのは難しいと思われるが、トッテナムは先日にU-20イングランド代表MFマーカス・エドワーズ(20)をノリッジに貸し出しており、その友好な関係を武器に獲得にこぎ着けたいところだ。 ▽また、トッテナムは2015年1月にMKドンズからイングランド代表MFデレ・アリを獲得したときと同様に、今冬の移籍市場でマディソンを獲得した後、今季終了まではノリッジにレンタルという形で残留させることを検討しているとのことだ。 2018.01.17 04:45 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズに朗報、DFアルデルヴァイレルトの復帰が迫る

▽トッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトの復帰が迫っているようだ。ベルギー『HLN』が伝えている。 ▽卓越した守備センスと世界屈指のフィードを武器に、スパーズの最終ラインを支えてきたアルデルヴァイレルトは、今季ここまでの公式戦15試合に出場。しかし、11月1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦でハムストリングを負傷。以降、2カ月以上に渡って戦線離脱が続いている。 ▽しかし、『HLN』が伝えるところによれば、現在別メニュー調整が続くアルデルヴァイレルトが来週中にもチーム練習への復帰を果たし、来月初めには完璧な状態で復帰できる見込みだという。 ▽トッテナムは今季、アルデルヴァイレルトが出場したリーグ戦10試合ではわずか7失点の堅守を築いていたものの、同選手が不在となった13試合では14失点を喫しており、頼れるディフェンスリーダーの復帰によって再び持ち味の堅守復活を目論む。 2018.01.17 03:22 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース