【CLグループH総括】“死の組”制したスパーズが首位通過! 2連覇中の王者マドリーは低調ドルト退け2位通過2017.12.13 18:07 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2連覇中の王者レアル・マドリーに加え、決勝トーナメントの常連ドルトムント、昨季プレミアリーグ2位のトッテナムが同居したグループHは、グループCと同様に今大会の“死の組”と評された。その三つ巴の争いを制したのは、3番人気のトッテナムとなった。一方、そのトッテナムの後塵を拝したマドリーだが、低調なドルトムントを退けて2位通過を果たした。

■グループH順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.トッテナム[16/5/1/0/11]
2.レアル・マドリー[13/4/1/1/10]
3.ドルトムント[2/0/2/4/-6]
4.アポエル[2/0/2/4/-15]

◆昨季教訓に圧巻の首位通過~トッテナム~
Getty Images
▽昨季、低調な戦いぶりでグループステージ敗退となるなど、ヨーロッパの舞台で経験不足を露呈してきたトッテナムだが、ポチェッティーノ監督の下で着実に成長を続けた若きチームは、5勝1分けの勝ち点16という、今グループステージ出場チーム最多勝ち点で見事な首位通過を果たした。初戦では今季国内リーグで勝利がなかったウェンブリーで難敵ドルトムントを撃破し勢いに乗ると、第2戦のアポエル戦ではエースFWケインのハットトリックで連勝。そして、マドリーとの連戦では敵地での一戦を守備的なアプローチで戦い、互角以上の内容で勝ち点1を奪取。さらに、ウェンブリーでのリターンマッチでは出場停止明けで初出場のMFデレ・アリの2ゴールの活躍で2連覇中の王者を撃破した。その後、第5節ではドルトムント相手のアウェイゲームをきっちり勝ち切り、最終節を前に首位通過を決めた。多士済々なタレントに加え、采配に柔軟性が出てきたアルゼンチン人指揮官の下で躍動するチームは、決勝トーナメント1回戦で昨季のファイナリスト、ユベントスを相手に更なる躍進を目指す。

◆順当突破も3連覇に向け不安要素~レアル・マドリー~
Getty Images
▽前人未踏のCL連覇を達成したマドリーは、更なる偉業を目指す今シーズンも順当に決勝トーナメント進出を果たした。国内リーグではアタッカー陣の不振によって序盤戦から大苦戦を強いられるも、CLの舞台ではその攻撃陣が真価を発揮。とりわけ、エースFWクリスティアーノ・ロナウドの存在感が抜群だった。今季の自身公式戦最初の試合となったアポエルとの初戦で2ゴールを奪ったC・ロナウドは、リーグ戦の不調とは裏腹にまるで打ち出の小槌のようにシュートを放てばゴールを積み重ね、史上初のグループステージ全試合ゴールを達成すると共に、得点ランキング独走の9ゴールを記録した。そのエースにけん引されたチームは、トッテナム相手に敗戦を喫したものの4勝1敗1分けときっちり勝ち点を積み上げた。ただ、2位通過となったことで、先日の組み合わせ抽選会では優勝候補パリ・サンジェルマンという最悪な相手を決勝トーナメント1回戦の対戦相手に引き当ててしまい、3連覇に向けて大きな不安要素を残した。

◆絶不調でまさかの未勝利…~ドルトムント~
Getty Images
▽実績や選手層で2番手という位置付けだったドルトムントだったが、今グループステージ未勝利という低調な戦いぶりで早くも今季CLの戦いを終えることになった。9月中旬まではボス新監督の下で素晴らしい序盤戦を過ごしたドルトムントだが、徐々に歯車が狂い始めると、トッテナムとマドリーとの開幕2試合をいずれも僅差ながら連敗。さらに、国内リーグで泥沼の低迷期に陥ったチームはグループ最弱のアポエルとの連戦を、いずれも1-1のドローで終える体たらく。この連続ドローで突破の可能性がほぼ消滅すると、残りのライバル2チームとの直接対決も無残に連敗。未勝利で勝ち点2という低調な数字となったが、同勝ち点のアポエルを辛くも得失点差で振り切り、EL出場権を獲得。なお、CLと国内リーグでの低迷によってボス監督を解任したチームは前ケルン指揮官のシュティーガー新監督の下、ELラウンド32でアタランタと対戦する。

◆奮闘も我慢し切れず~アポエル~
Getty Images
▽予備予選、プレーオフを制して本大会出場を決めた中、強豪揃いのグループに入ったアポエル。結果的に最下位で大会を去ることになったものの、実りあるグループステージとなった。とりわけ、圧倒的な格上であるドルトムントとの連戦では持ち味の堅守速攻を武器に互角の戦いを披露し、いずれも1-1のドローで終える見事な戦いを披露した。その一方で、トッテナムとマドリー相手には先制点を奪われた後の試合運びに問題を抱え、4試合で3失点以上を喫しての無得点負けとなった。仮に、この4試合でもう少し我慢できていれば、3位フィニッシュも可能だったかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

韓国代表ソン・フンミンがトッテナムと2023年まで契約延長

▽トッテナムは20日、韓国代表FWソン・フンミン(26)と2023年まで契約延長したことを発表した。 ▽2015年にレバークーゼンから加入したソン・フンミンは、これまで公式戦140試合に出場し47ゴールを記録。3度の韓国サッカー協会年間最優秀選手に選出されるなど、同国史上最高傑作の呼び声も高い。 ▽韓国代表でのデビューは2010年12月のシリア代表戦。通算キャップ数は70を数え23ゴールを奪っている。今回のロシア・ワールドカップでは全3試合に出場し、メキシコ代表戦とドイツ代表戦でゴールを挙げた。 ▽ソン・フンミンは現在、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)参加のためにアメリカツアーに帯同中。来月11日にプレミアリーグ開幕節のニューカッスル戦を戦った後、インドネシアで行われるアジア競技大会のため、韓国代表に合流する予定となっている。 2018.07.20 21:21 Fri
twitterfacebook
thumb

文句なしでイングランドのベストプレーヤー! トリッピアーが今大会出場選手最多の決定機演出

▽イングランド代表は14日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)3位決定戦でベルギー代表に0-2で敗れ、今大会を4位でフィニッシュした。下馬評はそこまで高くなかったイングランドの健闘の中でトッテナムDFキーラン・トリッピアーの貢献度は非常に高かった。 ▽今大会右ウイングバックのレギュラーとしてプレーしたトリッピアーは、グループリーグ最終節のベルギー戦を除く6試合に出場。豊富な運動量と安定した守備に加え、ビルドアップの局面では正確なパスを散らした。さらに、チュニジア代表との開幕戦では先制点をアシストし、準決勝のクロアチア代表戦では見事な直接FKで今大会初ゴールを記録した。 ▽さらにイギリス『BBC』のサッカー番組『Match of the Day』の伝えるところによれば、トリッピアーは今大会を通じて24回の決定機を演出しており、これは今大会出場選手中最多の記録となったという。 ▽今回のW杯では得点ランキングトップの6ゴールを記録したエースでキャプテンのトッテナムFWハリー・ケイン、再三の好守を連発した若き守護神のエバートンGKジョーダン・ピックフォードの活躍も見事だったが、攻守両面で異次元の働きぶりを見せたトリッピアーこそスリーライオンズのベストプレーヤーに相応しいのかもしれない。 2018.07.15 14:49 Sun
twitterfacebook
thumb

トッテナム、アルデルヴァイレルト退団ならフランス代表の注目株パヴァール獲得か

▽トッテナムがシュツットガルトに所属するフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(22)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。 ▽トッテナムは現在、センターバックを務めるベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)が契約延長交渉が難航していることやマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナからの関心を寄せられていることが伝えられている。そこでトッテナムはアルデルヴァイレルトの退団に備え、パヴァールをリストアップしたようだ。 ▽2016年にリールからシュツットガルトに加入したパヴァールは、フランス代表では右サイドバックをこなしているものの、クラブではセンターバックを主戦場としている。2017-18シーズンではリーグ戦36試合1ゴールを記録した。現在開催されているロシア・ワールドカップ(W杯)でもここまで5試合に出場。決勝トーナメントラウンド16のアルゼンチン戦では、難易度の高いダイレクトボレーシュートを叩き込むなど攻守でフランスの決勝進出に貢献している。 ▽そんなパヴァールにはバイエルンやユベントス、アーセナルといったビッグクラブからの関心が伝えられている。ロシアW杯で注目を集めていることもあり、今夏の移籍市場では争奪戦が繰り広げられることになりそうだ。 2018.07.15 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

マウコム獲得レースでスパーズがポールポジションに! 代理人と交渉

▽ボルドーのブラジル人FWマウコム(21)の獲得レースでトッテナムがポールポジションに躍り出たようだ。フランス『Le 10 Sport』、『フランス・フットボール』が伝えている。 ▽セレソンの次代を担う逸材レフティと評されるマウコム。2016年1月にコリンチャンスからボルドーに移籍を果たすと、昨季はリーグ戦35試合に出場し12ゴール7アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮している。 ▽これまでは加入報道が盛んに出ていたバイエルンを始め、チェルシーやアーセナル、リバプールが新天地候補として挙げられていた。さらに、先日にはヨーロッパ屈指の著名ジャーナリスト、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏がインテル加入が決定的と報じたが、買い取りオプション付きのレンタル移籍での獲得を望むインテルの要求をボルドー側が拒否したことで、交渉が完全に停滞している。 ▽そんな中『Le 10 Sport』、『フランス・フットボール』はトッテナムがマウコムの代理人と移籍に向けた交渉を行ったと報道。そして、現時点でそのほかのクラブに目立った動きがない中、同クラブが最も獲得に近づいているクラブだと主張している。 ▽なお、英語を学習するなど、以前からプレミアリーグ移籍を望むマウコムだが、2列目に豊富な人材を誇るトッテナムでのポジション争いを受け入れるかが、移籍成立のカギを握っているようだ。 2018.07.11 15:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯はスパーズが席巻! ベスト4進出チームに最多9選手を送り込む

▽先日、ロシア・ワールドカップ(W杯)で準決勝に進出する4チームが出揃った。フランス、ベルギー、イングランド、クロアチアという顔ぶれになった中、このベスト4進出チームに最も所属選手を送り込んでいるのがトッテナムだ。 ▽今回のW杯でもヨーロッパ主要リーグのビッグクラブでプレーする選手の多くが大会に参加してきたが、ここまでドイツやスペイン、ブラジル、アルゼンチンといった優勝経験のある強豪が敗退したことで、現時点で勝ち残っている選手を抱える所属クラブの顔ぶれも少し変わってきている。 ▽その中で最も優秀な戦績を残しているのがプレミアリーグの強豪トッテナムだ。トッテナムは今大会に12選手を送り出したが、そのうち敗退を強いられたのは韓国FWソン・フンミンとデンマークMFクリスティアン・エリクセン、コロンビアDFダビンソン・サンチェスの3人のみ。 ▽現時点でクロアチアを除く3チームに9選手が入っており、フランスはキャプテンのGKウーゴ・ロリス、ベルギーはDFトビー・アルデルヴァイレルト、DFヤン・ヴェルトンゲン、MFムサ・デンベレの3人、イングランドはエースでキャプテンのFWハリー・ケイン、DFダニー・ローズ、DFエリック・ダイアー、DFキーラン・トリッピアー、MFデレ・アリの5人がいる。 ▽なお、トッテナムに次ぐ7選手が残っているのは同じプレミア勢のマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティだ。ユナイテッドではベルギーにFWロメル・ルカクとMFマルアン・フェライニの2人、イングランドにDFフィル・ジョーンズ、MFジェシー・リンガード、MFアシュリー・ヤング、FWマーカス・ラッシュフォードの4人、フランスにMFポール・ポグバがいる。 ▽一方、シティではベルギーにDFヴァンサン・コンパニとMFケビン・デ・ブライネの2人、イングランドにDFジョン・ストーンズ、DFカイル・ウォーカー、MFファビアン・デルフ、FWラヒーム・スターリングの4人、フランスにDFバンジャマン・メンディがいる。 ▽3番手には5選手を送り出しているチェルシー、4番手は4選手を送り込んでいるバルセロナとリバプール、モナコ、パリ・サンジェルマン。5番手は3選手を送り込んでいるアトレティコ・マドリー、レアル・マドリー、マルセイユとなっている。 ▽なお、今回の内訳に関しては登録最終期限時点の所属クラブで換算しており、チェルシーからレンタル中のクリスタル・パレスMFルベン・ロフタス=チーク、ユベントスからレンタル中のシャルケFWマルコ・ピアツァ、W杯期間中にアトレティコ移籍が決まったモナコFWトマ・レマルなどは前所属先でカウントしている。 ◆ロシアW杯所属選手輩出クラブランキング(準決勝) 1.トッテナム(9人) 2.マンチェスター・ユナイテッド(7人) -.マンチェスター・シティ(7人) 3.チェルシー(5人) 4.バルセロナ(4人) -.リバプール(4人) -.モナコ(4人) -.パリ・サンジェルマン(4人) 5.アトレティコ・マドリー(3人) -.レアル・マドリー(3人) -.マルセイユ(3人) 2018.07.09 15:30 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース