【CLグループH総括】“死の組”制したスパーズが首位通過! 2連覇中の王者マドリーは低調ドルト退け2位通過2017.12.13 18:07 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2連覇中の王者レアル・マドリーに加え、決勝トーナメントの常連ドルトムント、昨季プレミアリーグ2位のトッテナムが同居したグループHは、グループCと同様に今大会の“死の組”と評された。その三つ巴の争いを制したのは、3番人気のトッテナムとなった。一方、そのトッテナムの後塵を拝したマドリーだが、低調なドルトムントを退けて2位通過を果たした。■グループH順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.トッテナム[16/5/1/0/11]
2.レアル・マドリー[13/4/1/1/10]
3.ドルトムント[2/0/2/4/-6]
4.アポエル[2/0/2/4/-15]

◆昨季教訓に圧巻の首位通過~トッテナム~
Getty Images
▽昨季、低調な戦いぶりでグループステージ敗退となるなど、ヨーロッパの舞台で経験不足を露呈してきたトッテナムだが、ポチェッティーノ監督の下で着実に成長を続けた若きチームは、5勝1分けの勝ち点16という、今グループステージ出場チーム最多勝ち点で見事な首位通過を果たした。初戦では今季国内リーグで勝利がなかったウェンブリーで難敵ドルトムントを撃破し勢いに乗ると、第2戦のアポエル戦ではエースFWケインのハットトリックで連勝。そして、マドリーとの連戦では敵地での一戦を守備的なアプローチで戦い、互角以上の内容で勝ち点1を奪取。さらに、ウェンブリーでのリターンマッチでは出場停止明けで初出場のMFデレ・アリの2ゴールの活躍で2連覇中の王者を撃破した。その後、第5節ではドルトムント相手のアウェイゲームをきっちり勝ち切り、最終節を前に首位通過を決めた。多士済々なタレントに加え、采配に柔軟性が出てきたアルゼンチン人指揮官の下で躍動するチームは、決勝トーナメント1回戦で昨季のファイナリスト、ユベントスを相手に更なる躍進を目指す。

◆順当突破も3連覇に向け不安要素~レアル・マドリー~
Getty Images
▽前人未踏のCL連覇を達成したマドリーは、更なる偉業を目指す今シーズンも順当に決勝トーナメント進出を果たした。国内リーグではアタッカー陣の不振によって序盤戦から大苦戦を強いられるも、CLの舞台ではその攻撃陣が真価を発揮。とりわけ、エースFWクリスティアーノ・ロナウドの存在感が抜群だった。今季の自身公式戦最初の試合となったアポエルとの初戦で2ゴールを奪ったC・ロナウドは、リーグ戦の不調とは裏腹にまるで打ち出の小槌のようにシュートを放てばゴールを積み重ね、史上初のグループステージ全試合ゴールを達成すると共に、得点ランキング独走の9ゴールを記録した。そのエースにけん引されたチームは、トッテナム相手に敗戦を喫したものの4勝1敗1分けときっちり勝ち点を積み上げた。ただ、2位通過となったことで、先日の組み合わせ抽選会では優勝候補パリ・サンジェルマンという最悪な相手を決勝トーナメント1回戦の対戦相手に引き当ててしまい、3連覇に向けて大きな不安要素を残した。

◆絶不調でまさかの未勝利…~ドルトムント~
Getty Images
▽実績や選手層で2番手という位置付けだったドルトムントだったが、今グループステージ未勝利という低調な戦いぶりで早くも今季CLの戦いを終えることになった。9月中旬まではボス新監督の下で素晴らしい序盤戦を過ごしたドルトムントだが、徐々に歯車が狂い始めると、トッテナムとマドリーとの開幕2試合をいずれも僅差ながら連敗。さらに、国内リーグで泥沼の低迷期に陥ったチームはグループ最弱のアポエルとの連戦を、いずれも1-1のドローで終える体たらく。この連続ドローで突破の可能性がほぼ消滅すると、残りのライバル2チームとの直接対決も無残に連敗。未勝利で勝ち点2という低調な数字となったが、同勝ち点のアポエルを辛くも得失点差で振り切り、EL出場権を獲得。なお、CLと国内リーグでの低迷によってボス監督を解任したチームは前ケルン指揮官のシュティーガー新監督の下、ELラウンド32でアタランタと対戦する。

◆奮闘も我慢し切れず~アポエル~
Getty Images
▽予備予選、プレーオフを制して本大会出場を決めた中、強豪揃いのグループに入ったアポエル。結果的に最下位で大会を去ることになったものの、実りあるグループステージとなった。とりわけ、圧倒的な格上であるドルトムントとの連戦では持ち味の堅守速攻を武器に互角の戦いを披露し、いずれも1-1のドローで終える見事な戦いを披露した。その一方で、トッテナムとマドリー相手には先制点を奪われた後の試合運びに問題を抱え、4試合で3失点以上を喫しての無得点負けとなった。仮に、この4試合でもう少し我慢できていれば、3位フィニッシュも可能だったかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

トッテナムにさらなるダメージか デレ・アリが負傷交代

トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリが負傷した。イギリス『BBC』が報じた。 トッテナムは20日に敵地で行われたプレミアリーグ第23節でフルアムと対戦して、2-1の逆転勝利。先発したデレ・アリは1点ビハインドの51分に貴重な同点弾を決めたが、86分に左ハムストリングを痛めてピッチを退いた。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は試合後、ケガの状態に注目が集まるデレ・アリについて次のように言及。軽傷を願った。 「あの場にした全員、彼が左ハムストリングを痛めたことを目にしたと思う。数日以内にも検査を受ける必要がある。重傷じゃないことを願うばかりだ」 2試合ぶりの白星を手にしたトッテナムは17勝6敗の3位につけているが、イングランド代表FWハリー・ケインとフランス代表MFムサ・シソコを負傷で欠き、韓国代表FWソン・フンミンもアジアカップ参戦で離脱中。デレ・アリも離脱となれば、大ダメージとなる。 2019.01.21 08:05 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ウィンクスのラストプレー弾で劇的逆転勝利! ケインら主力不在にデレ・アリ負傷交代の逆境撥ね退ける!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、フルアムvsトッテナムが20日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのトッテナムが2-1で逆転勝利した。 前節、好調マンチェスター・ユナイテッド相手に2019年初黒星を喫した3位のトッテナムは優勝争いから大きく後退。さらに同試合では絶対的エースのケイン、ムサ・シソコが負傷離脱する最悪の事態となった。 前述の2選手に加え、アジアカップ参戦のためソン・フンミンが離脱と、多くの主力を欠く中で臨んだ19位のフルアムとのダービーに向けてポチェッティーノ監督は先発4人を変更。ケイン、ソン・フンミンの代役に今季プレミア初先発のジョレンテ、ラメラを配したほか、中盤の守備力低下を埋める策としてダビンソン・サンチェスを最終ラインに加えた[3-4-3]の布陣を選択した。 立ち上がりから最前線のジョレンテにボールを預けながら2列目のラメラ、デレ・アリを起点に攻撃を展開するトッテナム。6分と7分にはボックス付近でボールを持ったエリクセンが続けてシュートを放つが、相手のブロックなどに阻まれて枠には飛ばず。 一方、トッテナム戦を得意とするミトロビッチのフィジカルを生かしたカウンターを起点に反撃を試みるフルアムは12分に絶好機。ミトロビッチがスペースに落としたボールに反応したベシクタシュからの新戦力バベルがDFを振り切ってボックス内に侵入し左隅を狙ったシュートもこれはGKロリスのビッグセーブに遭う。 ダービーらしい緊迫感のある攻防が続く中、意外な形から試合が動く。17分、フルアムの右CKの場面でキッカーのセリがアウトスウィングのボールを入れると、ゴール前のジョレンテのクリアミスがゴール右隅に決まり、前節2つのオウンゴールを献上したフルアムが今節は相手のオウンゴールで先制に成功した。 不運な形から先制を許したトッテナムはすぐさま反撃。23分には左サイドを攻め上がったヴェルトンゲンからの絶妙なアーリークロスをゴール前のジョレンテが頭で合わせるが、これは同胞GKセルヒオ・リコの正面を突く。その後は3バックの一角が積極的に攻撃参加するなどリスクを冒して攻勢に出るが、中央を固める相手を崩し切るまでには至らず。逆に、前半終了間際の41分にはバベルの左クロスをボックス右のシュールレに完璧なボレーで合わせられるが、ここはGKロリスがビッグセーブ。このこぼれをミトロビッチに流し込まれるもこれはオフサイドとなった。 主力不在の影響が色濃い苦しい前半を経て巻き返しの後半に臨んだトッテナムは相手のミスを突いて早い時間に追いつく。51分、前線へのロングボールに対するクリアをDFリームが空振ると、これをボックス手前右で回収したエリクセンがすかさずファーへ柔らかなクロスを入れると、デレ・アリが難なく頭で流し込んだ。 後半立ち上がりの同点ゴールで勢いづくアウェイチームは55分にもローズの左クロスをGKリコが何とか弾いたところをエリクセンが右足で狙うが、ここは相手DFの決死のブロックに遭い逆転ゴールとはならず。対してやや流れが悪いフルアムはプレミア再デビューのバベルを下げて55分にライアン・セセニョンを投入した。 攻守の切り替えが激しいオープンな展開の中、60分にはトッテナムに決定機。ロングカウンターからボックス左でボールを受けてカットインしたローズが右足を振り抜くが、DFオドイがわずかに触ったボールはクロスバーを叩く。 その後はトッテナムがやや押し気味に試合を運ぶ一方、フルアムも気迫のこもった球際の勝負を見せて1-1のこう着状態が続く。82分にはセットプレーからローズの好クロスにゴール前のジョレンテが飛び込むが、この決定機をモノにできない。 何とか流れを変えたいトッテナムは盲腸の手術から復帰したダイアーを投入するが、直後には左ハムストリングを痛めたデレ・アリがプレー続行不可能となり、エンクドゥが緊急投入されるアクシデントに見舞われる。 ケイン、ムサ・シソコに続く主力の負傷離脱と逆境に続く逆境を経験するトッテナムだったが、驚異の勝負強さで劇的逆転劇を演出する。3分が加えられた後半アディショナルタイムのラストプレーでカウンターから左サイド深くのエンクドゥにボールが繋がると、エンクドゥが右足に持ち替えて絶妙なインスウィングのクロスを供給。これを170cm代の小兵ウィンクスが気迫のダイビングヘッドで押し込んだ。 そして、デレ・アリの負傷離脱という新たな悲劇に見舞われた中、伏兵の今季初ゴールで苦しいゲームを勝ち切ったトッテナムはユナイテッド戦の敗戦を払拭すると共に4位チェルシーとの勝ち点差を「4」に広げた。 2019.01.21 03:03 Mon
twitterfacebook
thumb

フルアム、32歳バベル獲得の次は岡崎やG・ケーヒル?1部残留に向け補強の年齢制限撤廃

現在、プレミアリーグで2部降格圏の19位に沈んでいるフルアム。先日、オランダ代表FWライアン・バベルを獲得したが、1部残留に向けてさらなるテコ入れを画策しているようだ。<br><br>イギリス『イブニング・スタンダード』が報じたところによると、指揮官クラウディオ・ラニエリ率いるフルアムは、1部残留に向けた緊急事態に伴い、補強条件の方針を大きく拡大させたとのこと。<br><br>フルアムは補強する場合、28歳未満の選手という&ldquo;若さ&rdquo;が一つの制約となっていた。だが、2部降格の危機が迫っていることから、補強の年齢制限を撤廃。それに伴い、ベシクタシュから半年間のレンタルで32歳のバベルを獲得した。バベルはすでにリバプールでも実績があり、即戦力として期待を寄せる。<br><br>記事によると「バベルを獲得したばかりのフルアムは、33歳ガリー・ケーヒルの補強も画策しているようだ」とのこと。<br><br>また「ラニエリ監督はレスター時代の教え子、岡崎慎司とダニー・シンプソン(ともに32歳)も迎え入れるべく動いているようだ」と報道。バベルのほか、即戦力として期待される複数の選手に関心を示しているという。<br><br>「クラブ幹部はラニエリが求める補強にゴーサインを出しており、クレイブンコテージ(フルアムのホームスタジアム)の窓口は忙しくなりそうだ」<br><br>同メディアは、フルアムDFカラム・チャンバースの「ライアン(バベル)は今週合流したけど、彼は本当に素晴らしい選手だね。フィジカルが優れているし、フィニッシュも申し分ない。チームの浮上を目指す上で、冬の移籍市場での新戦力確保はポジティブな方向に動くと思う」という言葉も紹介している。<br><br>フルアムは20日、第23節トッテナム戦が控えている。3位トッテナム相手に、ホームで19位フルアムが勝ち点を奪えるのか。また、冬の移籍市場閉幕までフルアムは大きな立ち回りを見せることが確実視され、引き続きその動向から目が離せなくなりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.19 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ケインが2018年イングランド最優秀選手に! 2年連続受賞

イングランドサッカー協会(FA)は18日、ファン投票による2018年の同国年間最優秀選手賞の受賞者として、トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケイン(25)の選出を発表した。ケインにとって、2年連続の受賞となる。 昨年のケインはイングランド代表の一員としてロシア・ワールドカップに臨み、28年ぶりのベスト4進出に大きく貢献すると共に、個人としても6得点で大会得点王に。1年を通じた代表活動でも公式戦12試合に出場して8得点を記録した。 「2年連続の選出をすごく誇りに思う。この賞はファンに認められた証。誇らしいよ。イングランド代表のガレス・サウスゲイトやスタッフと目標を達成するために努力した。昨年が最高の年にならないように、ユーロ予選やネーションズリーグで継続的に進歩していきたい」 なお、U-21イングランド代表年間最優秀選手賞も発表され、エバートンに所属するFWドミニク・キャルバート=ルーウィン(21)が選ばれた。 2019.01.19 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナムを牽引していたMFムサ・シソコ、2週間の離脱

トッテナムは18日、フランス代表MFムサ・シソコが2週間の離脱となることを発表した。 ムサ・シソコは13日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦(0-1でトッテナムが敗戦)に先発。スプリントの際にハムストリングを負傷し、43分に交代していた。 強靭なフィジカルを武器に中盤のダイナモとしてトッテナムを牽引していたムサ・シソコは今季、公式戦24試合に出場していた。 エースFWハリー・ケインも負傷で不在となるトッテナムは今後、プレミアリーグのフルアム戦(1/20)、EFLカップ準決勝2ndレグのチェルシー戦(1/24)、FAカップ4回戦のクリスタル・パレス戦(1/27)などを控える。 2019.01.19 00:16 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース