【CLグループH総括】“死の組”制したスパーズが首位通過! 2連覇中の王者マドリーは低調ドルト退け2位通過2017.12.13 18:07 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2連覇中の王者レアル・マドリーに加え、決勝トーナメントの常連ドルトムント、昨季プレミアリーグ2位のトッテナムが同居したグループHは、グループCと同様に今大会の“死の組”と評された。その三つ巴の争いを制したのは、3番人気のトッテナムとなった。一方、そのトッテナムの後塵を拝したマドリーだが、低調なドルトムントを退けて2位通過を果たした。■グループH順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.トッテナム[16/5/1/0/11]
2.レアル・マドリー[13/4/1/1/10]
3.ドルトムント[2/0/2/4/-6]
4.アポエル[2/0/2/4/-15]

◆昨季教訓に圧巻の首位通過~トッテナム~
Getty Images
▽昨季、低調な戦いぶりでグループステージ敗退となるなど、ヨーロッパの舞台で経験不足を露呈してきたトッテナムだが、ポチェッティーノ監督の下で着実に成長を続けた若きチームは、5勝1分けの勝ち点16という、今グループステージ出場チーム最多勝ち点で見事な首位通過を果たした。初戦では今季国内リーグで勝利がなかったウェンブリーで難敵ドルトムントを撃破し勢いに乗ると、第2戦のアポエル戦ではエースFWケインのハットトリックで連勝。そして、マドリーとの連戦では敵地での一戦を守備的なアプローチで戦い、互角以上の内容で勝ち点1を奪取。さらに、ウェンブリーでのリターンマッチでは出場停止明けで初出場のMFデレ・アリの2ゴールの活躍で2連覇中の王者を撃破した。その後、第5節ではドルトムント相手のアウェイゲームをきっちり勝ち切り、最終節を前に首位通過を決めた。多士済々なタレントに加え、采配に柔軟性が出てきたアルゼンチン人指揮官の下で躍動するチームは、決勝トーナメント1回戦で昨季のファイナリスト、ユベントスを相手に更なる躍進を目指す。

◆順当突破も3連覇に向け不安要素~レアル・マドリー~
Getty Images
▽前人未踏のCL連覇を達成したマドリーは、更なる偉業を目指す今シーズンも順当に決勝トーナメント進出を果たした。国内リーグではアタッカー陣の不振によって序盤戦から大苦戦を強いられるも、CLの舞台ではその攻撃陣が真価を発揮。とりわけ、エースFWクリスティアーノ・ロナウドの存在感が抜群だった。今季の自身公式戦最初の試合となったアポエルとの初戦で2ゴールを奪ったC・ロナウドは、リーグ戦の不調とは裏腹にまるで打ち出の小槌のようにシュートを放てばゴールを積み重ね、史上初のグループステージ全試合ゴールを達成すると共に、得点ランキング独走の9ゴールを記録した。そのエースにけん引されたチームは、トッテナム相手に敗戦を喫したものの4勝1敗1分けときっちり勝ち点を積み上げた。ただ、2位通過となったことで、先日の組み合わせ抽選会では優勝候補パリ・サンジェルマンという最悪な相手を決勝トーナメント1回戦の対戦相手に引き当ててしまい、3連覇に向けて大きな不安要素を残した。

◆絶不調でまさかの未勝利…~ドルトムント~
Getty Images
▽実績や選手層で2番手という位置付けだったドルトムントだったが、今グループステージ未勝利という低調な戦いぶりで早くも今季CLの戦いを終えることになった。9月中旬まではボス新監督の下で素晴らしい序盤戦を過ごしたドルトムントだが、徐々に歯車が狂い始めると、トッテナムとマドリーとの開幕2試合をいずれも僅差ながら連敗。さらに、国内リーグで泥沼の低迷期に陥ったチームはグループ最弱のアポエルとの連戦を、いずれも1-1のドローで終える体たらく。この連続ドローで突破の可能性がほぼ消滅すると、残りのライバル2チームとの直接対決も無残に連敗。未勝利で勝ち点2という低調な数字となったが、同勝ち点のアポエルを辛くも得失点差で振り切り、EL出場権を獲得。なお、CLと国内リーグでの低迷によってボス監督を解任したチームは前ケルン指揮官のシュティーガー新監督の下、ELラウンド32でアタランタと対戦する。

◆奮闘も我慢し切れず~アポエル~
Getty Images
▽予備予選、プレーオフを制して本大会出場を決めた中、強豪揃いのグループに入ったアポエル。結果的に最下位で大会を去ることになったものの、実りあるグループステージとなった。とりわけ、圧倒的な格上であるドルトムントとの連戦では持ち味の堅守速攻を武器に互角の戦いを披露し、いずれも1-1のドローで終える見事な戦いを披露した。その一方で、トッテナムとマドリー相手には先制点を奪われた後の試合運びに問題を抱え、4試合で3失点以上を喫しての無得点負けとなった。仮に、この4試合でもう少し我慢できていれば、3位フィニッシュも可能だったかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

【CLグループB総括】メッシ躍動バルサが首位通過! スパーズが奇跡の逆転突破

▽優勝候補バルセロナとプレミアとセリエAの強豪トッテナム、インテルにオランダ王者PSVが同居する今回のグループステージ屈指の激戦区となったグループB。その“死の組”を突破したのは、本命バルセロナと奇跡のカムバックを見せたトッテナムの2チームとなった。 ■グループB順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.バルセロナ[14/4/2/0/9] 2.トッテナム[8/2/2/2/-1] 3.インテル[8/2/2/2/-1] 4.PSV[2/0/2/4/-7] ◆メッシ躍動で貫録の首位通過~バルセロナ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_28_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季グループステージでレアル・マドリーを圧倒したトッテナム、久々のCL復帰ながら戦力充実のインテル相手に苦戦も予想されたバルセロナだったが、4勝2分けの無敗で格の違いを見せつける首位通過となった。クラブOBのファン・ボメル監督率いるPSVとの初戦をエースFWメッシのハットトリックの活躍で大勝スタートすると、聖地ウェンブリーでのトッテナム戦もそのエースの圧巻の活躍で4-2の勝利。第3節のインテル戦はそのエースを負傷で欠くも、新加入MFアルトゥールら自慢の中盤の構成力を武器にエース不在を感じさせぬ快勝を見せた。 ▽引き続きエース不在となったインテルとのリターンマッチで今大会初のドローも2節を残して決勝トーナメント進出を果たすと、第5節のPSV戦では復帰したエースの全ゴールに絡む活躍で首位通過も決定。最終節のトッテナム戦では主力温存で圧倒されるも1-1のドローで終え、CLでのホーム無敗記録を「29」に更新。決勝トーナメント1回戦では史上最長となる30試合無敗を目指す。 ◆序盤3戦未勝利から奇跡のカムバック~トッテナム~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_28_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽レアル・マドリー、ドルトムントと同居した昨季と同様に厳しい組み分けを強いられた中、今夏の新戦力補強ゼロに終わったチームはロシア・ワールドカップ(W杯)の影響もあり、序盤から大苦戦を強いられた。内容面で圧倒したインテルとの初戦を終盤の連続失点で逆転負けを喫すると、ホームでのバルセロナ戦では驚愕のパフォーマンスを見せたメッシに粉砕され、2連敗スタート。さらに、必勝を期して臨んだ格下PSVとの連戦初戦を痛恨のドローで終え、前半戦を勝ち点1で終える絶望的な状況を強いられた。 ▽誰もが敗退の可能性を口にした中、奇跡を信じ続けたポチェッティーノ監督率いるチームはPSV戦、インテルとの直接対決をいずれも試合終盤の劇的な得点で競り勝ち逆転突破へのわずかな光明を見出すと、28戦無敗を誇るカンプ・ノウでは主力温存の首位チーム相手にビハインドを背負うもFWルーカス・モウラの劇的同点弾と、最下位敗退が決定しながらもインテル相手のアウェイゲームで勇敢な戦いでドローに持ち込んだPSVのアシストもあり、当該成績のアウェイゴール差でインテルを上回り、奇跡のカムバックを果たした。 ◆名門の勝負強さ発揮も最後は経験不足露呈~インテル~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_28_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季、ラツィオとの痺れるセリエA最終節の大一番を制して7シーズンぶりのCL出場を果たしたインテルだったが、期待外れの3位敗退となった。今夏MFナインゴランやDFデ・フライ、DFヴルサリコ、FWケイタら実力者を補強したチームは国内リーグでの序盤戦で苦戦。それでも、トッテナムとのCL初戦では終始劣勢を強いられた中、CL初参戦のエースFWイカルディのスーパーゴールと伏兵MFヴェシーノのゴールで鮮やかな逆転勝利を飾った。この劇的勝利をターニングポイントとしたチームは以降は国内リーグでも復調。CLでは苦戦した第2戦のPSV戦も勝負強い戦いぶりで逆転勝利し、バルセロナとの連戦ではメッシ不在という好機を生かして敵地でこそ敗れたものの、ホームゲームでは再び粘り強い戦いで勝ち点1を手にした。 ▽しかし、7シーズンぶりのCL参戦ということもあり、より重圧のかかる残り2試合で経験不足を露呈したチームはやや腰の引けた戦いぶりでトッテナムとの重要な大一番を落とすと、最終節のPSV戦では他会場の結果を意識し過ぎてかホームで勝ち点3を奪いに行く断固たる態度を示せずドローに終わった結果、無念の3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントに回ることになった。 ◆未勝利も美しき敗者に~PSV~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_28_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ファン・ボメル新監督の下で2シーズンぶりのCLグループステージ参戦となったPSVは今大会未勝利も健闘ぶりが光った。国内リーグで開幕13連勝を飾るなど、エースFWロサーノや守護神ズート、DFアンジェリーノ、FWベルグヴィンと各ポジションに有望な若手を擁するオランダ王者はすべて格上との対戦となったCLの舞台でも躍動。バルセロナ戦ではメッシらに格の違いを見せつけられたが、インテルとトッテナム相手にはズートを中心とする粘り強い守備とロサーノ、ベルグヴィンの両翼の個人技を生かした鋭いカウンターで時に互角以上に渡り合って見せた。主砲ルーク・デ・ヨングも3試合連続ゴールを記録するなど、チームとしてバルセロナとの初戦を除き全試合で得点を記録しており、未勝利での敗退とはいえポジティブな要素が目立っていた。 2018.12.14 09:01 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、主力温存のスパーズ戦で12年ぶり支配率下回る

▽バルセロナが、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージで12年ぶりに支配率を下回ったようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽バルセロナは、11日にチャンピオンズリーグ(CL)グループB第6節でトッテナムと対戦。グループステージ首位突破が決まっていたバルセロナは、FWメッシやMFブスケッツら主力をベンチに置き、CLデビューとなったU-21スペイン代表MFカルレス・アレーニャ、U-19スペイン代表DFフアン・ミランダら若手選手を起用した。 ▽試合では、7分にバルセロナFWデンベレが個人技で打開し先制点を奪取。しかし、終了間際の85分にトッテナムFWルーカス・モウラに同点弾を浴び、試合は1-1で終了。バルセロナのボール支配率は、48.8%で相手を下回っていた。 ▽『フットボール・エスパーニャ』によると、バルセロナがCLのグループステージで支配率を下回るのは、元ブラジル代表のロナウジーニョ氏らが在席していた2006-07シーズンのグループA第6節ブレーメン戦以来。この試合では、ロナウジーニョ氏と元アイスランド代表FWエイドゥル・グジョンセン氏のゴールで2-0の勝利を収めたが、支配率は42.9%と下回っていた。 2018.12.12 14:35 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:バルセロナ 1-1 トッテナム《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループB第6節、バルセロナvsトッテナムが11日にカンプ・ノウで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 シレッセン 6.5 今季CL初出場。ソン・フンミンとの一対一を阻止やルーカスのヘディングシュートを止めるなど再三のビッグセーブを披露 DF 2 N・セメド 6.0 同サイドの守備の強度が低い中、守備面で奮闘を見せた 15 ラングレ 6.0 利き足とは逆の右CBでのプレーだったが、安定したビルドアップと粘り強い守備で急造バックラインをまとめた 24 ヴェルメーレン 5.5 ソン・フンミンのスピードに振り切られるなど、試合勘やコンディション面でやや厳しかった 27 ミランダ 6.0 18歳でCLデビュー。繋ぎや攻撃の局面でマシア出身らしさを見せたが、守備面ではさすがにキツかった MF 26 アレーニャ 5.5 CLデビュー。球際の争いで劣勢を強いられたが、マイボール時はシンプルな捌きでリズムを作った 4 ラキティッチ 5.5 アンカー起用で攻守に上々のプレー。惜しいミドルシュートも放った (→ブスケッツ 5.0) 周囲のレベルや連係の問題もあり相手の勢いを止めきれず 8 アルトゥール 5.5 負傷明けのためやや無理は利かなかったが、コウチーニョと共に左サイドで起点を作った FW 11 デンベレ 6.5 相手のミスを見逃さない抜け目なさと圧倒的な個人技で先制点を奪取。その後も鋭い仕掛けで相手の脅威も守備のルーズさは減点 (→デニス・スアレス -) 19 ムニル 5.5 利他的なプレーで味方を生かしたが、ストライカーとして怖さを見せられず (→メッシ 5.5) 幾度か見せ場は作ったが、かなりの省エネモードだった 7 コウチーニョ 6.0 ウォーカー=ピータース相手に優位性を保ちながら2度のポスト直撃のシュートなど決定機に絡んだ 監督 バルベルデ 5.5 積極的なターンオーバーを敷いた中で最低限の勝ち点1 ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 5.5 失点はノーチャンス。防げるシュートはきっちり防ぎ背後のスペースを冷静にケア DF 16 ウォーカー=ピータース 5.0 CL初先発も痛恨のロストで失点に関与。それでも、後半に入ってからは積極的な仕掛けや決定的なシュートブロックで盛り返す (→ラメラ 6.0) 同点ゴールの起点となるなど、攻守に積極性が光った 4 アルデルヴァイレルト 6.0 早々の失点によって前がかりになったチームを後方からきっちり支えた 5 ヴェルトンゲン 5.5 攻守両面でそつなし。ムニルを全く苦にせず 3 ローズ 6.5 序盤はデンベレの対応に苦慮も後半はソリッドな守備を披露。その中でもチームに推進力を与える攻め上がりを幾度か見せた MF 17 ムサ・シソコ 6.5 豊富な運動量と球際の強さを武器に攻守両面で存在感。後半途中から右サイドバックでもプレー 20 デレ・アリ 5.5 エリクセンと共にライン間でボールを引き出し、局面を変えるプレーを見せた 8 ウィンクス 6.0 シンプルな捌きと機動力を生かした潰しで存在感を示した (→ジョレンテ -) 23 エリクセン 6.5 嫌らしいポジショニングと質の高いパスで再三の好機を演出 FW 7 ソン・フンミン 5.5 前半のGKとの一対一の決定機を逸するが、鋭い仕掛けと背後へのスプリントで相手の脅威となった (→ルーカス・モウラ 6.5) チームを決勝トーナメントに導くゴールを奪った 10 ケイン 6.5 相手センターバックとのフィジカル勝負で優位に。決勝点をアシストするなどエースの役目を果たした 監督 ポチェッティーノ 6.0 勝って自力での突破を逃すも攻撃的な采配で決勝トーナメント進出を決めた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ルーカス・モウラ(トッテナム) ▽再三の好守で立ちはだかったシレッセンの活躍やローズ、ムサ・シソコの両サイドバックの活躍も見事だったが、チームを決勝トーナメントに導いたルーカスをMOMに選出。 バルセロナ 1-1 トッテナム 【バルセロナ】 デンベレ(前7) 【トッテナム】 ルーカス・モウラ(後40) 2018.12.12 07:48 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズがルーカスの終盤同点弾で主力温存のバルサと敵地でドロー! PSVアシストもあり2位通過!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループB第6節、バルセロナvsトッテナムが11日にカンプ・ノウで行われ、1-1のドローに終わった。この結果、トッテナムの2位通過が決定した。 ▽前節、PSVを一蹴して最終節を前に首位通過を確定させたバルセロナ(勝ち点13)と、インテル(勝ち点7)との直接対決を制し、同勝ち点ながら直接対決の戦績で2位に浮上したトッテナム(勝ち点7)によるグループ最終戦。 ▽前節のPSV戦以降、公式戦4連勝と好調を継続するバルセロナは4-0で大勝したエスパニョールとのダービーからラングレ、ネウソン・セメド、ラキティッチ、ウスマーヌ・デンベレを除く先発7人を変更。これがCLデビューとなるミランダ、アレーニャの2人のカンテラーノに第2GKのシレッセンら控え中心のメンバー構成に。3トップはデンベレ、ムニル、コウチーニョが起用され、メッシやブスケッツ、ピケらがベンチスタートとなった。 ▽一方、インテル戦直後のアーセナルとのダービーで公式戦7試合ぶりの敗戦を喫したトッテナムだが、以降のリーグ戦で2連勝を飾りバウンスバックに成功。自力での決勝トーナメント進出に勝ち点3奪取が求められるこの試合に向けては直近のレスター・シティ戦から先発4人を変更。同試合で温存したエリクセン、ケインが復帰した一方、トリッピアーとオーリエの主力2選手を欠く右サイドバックにはこれがCL初先発となるウォーカー=ピータースが起用された。 ▽すでに首位通過を決めているホームチームに対して切実に勝利が必要なアウェイチームが前から圧力をかけていく。開始2分にはケイン、デレ・アリ、エリクセンの見事なダイレクトプレーでボックス内まで侵入を図るが、ここはフィニッシュまで持ち込むことができない。 ▽すると、7分にはバルセロナの絶好調男が相手のミスから見事な個人技でゴールをこじ開ける。トッテナムのFKの場面でムサ・シソコがクリアボールを後方のウォーカー=ピータースに頭でバックパス。ここで処理をもたついたウォーカー=ピータースからボールを奪ったデンベレが高速ドリブルで一気に相手ボックス内に運ぶと、巧みなシュートフェイントで戻った2人のDFを外して左足のシュートを流し込んだ。 ▽敵地でミスから先制を許す厳しい入りとなったトッテナムは失点に絡んだウォーカー=ピータースの右サイドをコウチーニョに再三狙われるなど、失点後もリズムを取り戻せない。前線から積極的にプレスをかけつつマイボール時はショートパスを軸に攻め込むが、相手の素早い切り替えに苦戦。なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めない。 ▽それでも、時間の経過と共にムサ・シソコやウィンクスのところでボールを奪えるようになると、ライン間でうまくボールを引き出すエリクセン、デレ・アリを起点に2トップを生かす精度の高いパスが出始める。32分にはエリクセンのスルーパスに抜け出したソン・フンミンがDFヴェルメーレンを振り切ってボックス内でGKと一対一に。だが、右足で放ったシュートはGKシレッセンの伸ばした足に阻まれる。さらに38分にソン・フンミン、41分にソン・フンミンと良い形でフィニッシュを迎えるがいずれも相手守備陣に防がれる。 ▽一方、30分を過ぎて守勢を強いられたホームチームも前半終了間際に2点目のチャンス。45分、ボックス手前でムニルからパスを受けたコウチーニョがそのままボックス内へ切り込み、DF2枚に寄せられる直前に右足のシュート。だが、これは右ポストの外側を掠めて追加点とはならなかった。 ▽迎えた後半、先に動いたのはバルセロナ。ラキティッチをハーフタイムで下げてブスケッツを頭から投入した。しかし、後半立ち上がりから圧力をかけるトッテナムは48分、ボックス付近でケインが落としたボールをエリクセンが左足で狙うが、これは相手GKシレッセンの好守に遭う。さらに51分には相手の背後に完璧に抜け出したケインがボックス右で右足を振り抜くが、ここは相手DFラングレに後ろから押されてバランスを崩してしまい、枠に飛ばせない。 ▽一方、後半に入って防戦一方の展開が続くバルセロナは63分、ムニルを下げて温存していたメッシをピッチに送り込む。だが、エースの投入でも相手の勢いを止めるまでには至らず。 ▽後半は完全にペースを握るトッテナムはウォーカー=ピータースを下げてラメラ、ソン・フンミンに代えてルーカス・モウラを続けて投入。ムサ・シソコが右サイドバックに回る攻撃的な布陣でゴールを目指す。75分にはそのムサ・シソコの精度の高い右クロスをゴール前のルーカスが頭で合わすが、この至近距離からのシュートはGKシレッセンにゴールラインギリギリではじき出される。 ▽その後、83分にウィンクスを下げて長身FWジョレンテを投入し最後の勝負に出たトッテナムだが、84分にはメッシのお膳立てからボックス左のコウチーニョに決定的なシュートを許すが、再び右ポストに救われる。 ▽すると、このピンチを凌いだアウェイチームは85分、バイタルエリアでボールを持ったラメラのスルーパスに抜け出したケインがボックス左から正確なグラウンダーのクロスを入れると、これをゴール前に走り込んだルーカスが右足ワンタッチで流し込み、土壇場で同点に追いついた。 ▽その後は他会場でインテルが1-1という状況をベンチから伝え聞いたアウェイチームが無理に攻撃に出なかったことで、バルセロナもリスクを冒して勝ち越しゴールを奪いに行くことはなく、互いにけん制する状態が続いたまま試合は1-1でタイムアップ。敵地でバルセロナを破り自力で突破を決めることができなかったトッテナムだが、PSVのアシストによって2年連続での決勝トーナメント進出を決めた。 2018.12.12 07:12 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ最終節プレビュー①】リバプールvsナポリの決勝T進出を懸けた大一番、スパーズとインテルの運命は

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの最終節が11日と12日に開催される。ここではA~Dの最終節のマッチプレビューを紹介していく。 ★CLグループステージ最終節 ▽12/11(火) 《26:55》 ◆グループD ガラタサライ vs ポルト シャルケ vs ロコモティフ・モスクワ 《29:00》 ◆グループA クラブ・ブルージュ vs アトレティコ・マドリー モナコ vs ドルトムント ◆グループB バルセロナ vs トッテナム インテル vs PSV ◆グループC リバプール vs ナポリ ツルヴェナ・ズヴェズダ vs パリ・サンジェルマン ◆グループA:アトレティコが勝利で首位通過へ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181209_31_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2週間前に行われた前節、グループAでは首位アトレティコ・マドリー(勝ち点12)がモナコ(勝ち点1)に順当に勝利した一方、2位ドルトムント(勝ち点10)がクラブ・ブルージュ(勝ち点5)にゴールレスで引き分け、2ポイント差に広がった。最終節、アトレティコは勝利で首位通過が決まる状況となった。 ▽既にクラブ・ブルージュがヨーロッパリーグ(EL)に回れる3位を確定させているため、アトレティコとしては油断さえしなければ勝利できる相手。確実に首位通過を果たし、決勝トーナメントに繋げたい。 ▽一方のドルトムントはモナコに勝利することが逆転での首位通過の条件。さらにアトレティコが引き分け以下に終わる必要があり、2位通過が濃厚だが勝利してアトレティコの結果を待ちたい。 ◆グループB:トッテナムとインテル、勝ち上がるのは<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181209_31_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループBでは前節、首位バルセロナ(勝ち点13)が最下位PSV(勝ち点1)に勝利して最終節を残して首位通過を決めた。そしてトッテナム(勝ち点7)がインテル(勝ち点7)に1-0で競り勝ち、直接対決でのアウェイゴール差により2位に浮上した。迎える最終節、勝利すれば決勝トーナメント進出を決められるトッテナムは首位通過の決まっているバルセロナとカンプ・ノウで対戦する。 ▽主力を温存してくることが予想されるバルセロナに対し、トッテナムは直近のレスター・シティ戦ではケインとエリクセンを先発から外し、温存することができた。万全の状態で臨める中、勝ち点3を持ち帰って2年連続ベスト16進出を決められるか。 ▽対するインテルは最下位が確定しているPSV(勝ち点1)相手にホームで勝利した上でトッテナムが躓くことを願う状況。バルセロナの控え選手たちの頑張りに期待したいところだ。 ◆グループC:追い詰められたリバプールと首位ナポリの激突<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181209_31_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループCでは前節、パリ・サンジェルマン(勝ち点8)がリバプール(勝ち点6)との大一番を制し、2位に浮上した。そしてナポリ(勝ち点9)が最下位ツルヴェナ・ズヴェズダ(勝ち点4)に快勝し首位をキープした。迎える最終節、3位リバプールと首位ナポリの決勝トーナメント進出を懸けた大一番が行われる。 ▽PSGがツルヴェナに勝利することを想定すると、リバプールとしてはナポリを上回ることが決勝トーナメント進出の条件となる。そのためにはナポリと得失点差で並ぶ1-0の勝利か、2点差以上を付けての勝利が必要となる。アウェイゴールを許した場合、1点差での勝利では当該対決でナポリに軍配が上がることから、リバプールとしては失点をせずに試合を進めたいところだ。 ▽対するナポリは引き分けでも死の組を突破できる状況。直近のフロジノーネ戦ではメルテンスやカジェホン、アルビオルらを起用せずに済んでおり、リバプール戦に向けて万全の状態。完全アウェイの中、劣勢が予想されるが、慌てず対応できるか。昨季、グループステージ敗退に終わった悔しさを晴らしたい。 ▽ツルヴェナ相手に引き分けでも決勝トーナメント進出となるPSGは、リーグ戦ではここ2試合引分けと失速しているが、足をすくわれることなくこの難しいグループを突破できるか。 ◆グループD:ELに回るのはガラタサライかロコモティフか<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181209_31_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループDでは前節、首位ポルト(勝ち点13が2位シャルケ(勝ち点8)に快勝し、1試合を残して首位通過を決めた。敗れたシャルケは2位での通過が決まった。よってグループD最終節の見どころは、最下位ロコモティフ・モスクワ(勝ち点3)と、3位ガラタサライ(勝ち点4)によるEL出場権を争う一戦となる。 ▽ガラタサライでは前節、長友が肺気胸から復帰したが、ロコモティフに敗戦してしまった。最終節ではポルトとのホーム戦で勝利すれば自力での3位死守となるが、長友はチームの勝利に貢献できるか。 2018.12.11 17:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース