【CLグループG総括】完成度際立ったベシクタシュが首位で初突破! 昨季4強モナコが未勝利で敗退…2017.12.13 18:06 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メガクラブ不在も昨季ベスト4のモナコを筆頭に、ベシクタシュ、ポルト、RBライプツィヒと弱小クラブ不在のグループGでは、混戦が予想された中で頭一つ抜け出したトルコ王者が初の決勝トーナメント進出を首位通過で決めた。また、ライプツィヒとの接戦を制したポルトが2位での突破を決めている。

■グループG順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ベシクタシュ[14/4/2/0/6]
2.ポルト[10/3/1/2/5]
3.RBライプツィヒ[7/2/1/3/-1]
4.モナコ[2/0/2/4/-10]

◆史上初の決勝T進出~ベシクタシュ~
Getty Images
▽昨季のグループステージでの経験を礎に、智将ギュネシュ監督の下で攻守に完成度の高さを見せたベシクタシュが本命不在となった実力拮抗のグループを見事に首位通過した。トルコ代表の主力を軸に、百戦錬磨のDFペペ、DFアドリアーノ、FWクアレスマ、FWバベルと実力者を揃えるトルコ王者は、4勝2分けの無敗とグループステージを通じて安定感が光った。これまでトルコ勢は熱狂的なサポーターの後押しを武器にホームでの戦いを得意とする一方、アウェイでの脆さが目立った。しかし、今大会ではペペら百戦錬磨のベテランを中心にアウェイでの巧みな試合運びが目立ち、難敵相手のアウェイゲームを全勝したことが首位通過に繋がった。なお、クラブ史上初の決勝トーナメントでは、2位通過組で最も当たりたくなかったチームの1つであるバイエルンと対戦する。

◆混戦制して2位通過~ポルト~
Getty Images
▽最終節までもつれ込むライプツィヒとの接戦を制して見事に2位通過を果たした。開幕から国内リーグで驚異的な堅守を誇ったチームだが、ホームでのベシクタシュとの初戦では1-3の大敗を喫する厳しいスタートとなった。しかし、2003-04シーズンのCLファイナルの再現カードとなったモナコとの2試合をいずれも大勝し、ライプツィヒとの直接対決を当該得失点差で優位に立ったことが決め手となり、2年連続の決勝トーナメント行きを決めた。決勝トーナメント1回戦ではリバプールとの対戦となるだけに、シーズン序盤の堅守を取り戻せるかが重要となる。

◆初出場で善戦も及ばず~RBライプツィヒ~
Getty Images
▽クラブ創設時以来の悲願となっていた初のCLの舞台は、惜しくも3位フィニッシュに終わった。若手主体のメンバー構成という影響もあり、指揮官、選手を含め初のCLで硬さが見えた序盤2試合を1敗1分けの未勝利で終えたチームは、第3節でポルトとの打ち合いを制して待望のCL初勝利。だが、以降の3試合では相手の自滅に助けられたモナコ戦での大勝を除き、2試合で競り負けるなど、グループステージ全体を通して経験不足が目に付いた。それでも、エースFWヴェルナー、MFフォルスベリ、DFウパメカーノなど若手逸材タレントは要所でそのポテンシャルを発揮しており、今後に繋がる戦いとなったはずだ。なお、同じく初舞台となるELのラウンド32では、CL3位敗退組の強豪ナポリ戦との対戦が決定しており、ここでも難しい試合が待っていそうだ。

◆昨季ベスト4が未勝利で敗退…~モナコ~
Getty Images
▽昨季、躍動感溢れる若きスカッドが痛快な戦いぶりでベスト4進出を果たしたモナコだが、今季はグループステージ未勝利での敗退という屈辱を味わうことになった。昨季の快進撃を支えたDFメンディ、MFバカヨコ、MFベルナルド・シウバ、FWムバッペという若手4人が引き抜かれたモナコは、その後釜にDFコンゴロ、MFティーレマンス、FWヨベティッチ、FWケイタらを獲得したものの、いずれもフィットに時間がかかっており、国内リーグと共にCLの舞台でも苦戦が続いた。また、コンディションに問題を抱える主砲FWファルカオの存在感が希薄だったこともあり、グループステージを通じて精神的に締まらないゲームが目立った。

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月11日は、日本代表MF本田圭祐の元同僚ストライカーのバースデー!

◆ヴァグネル・ラブ 【Profile】 国籍:ブラジル 誕生日:1984/6/11 ポジション:FW クラブ:ベシクタシュ 身長:171㎝ 体重:72kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月11日は、ベシクタシュの元ブラジル代表FWヴァグネル・ラブだ。 ▽リオデジャネイロ出身のラブはパルメイラスでプロとしてのキャリアをスタートさせた点取り屋は、2004年夏にCSKAモスクワに完全移籍。合間に母国クラブへのレンタル移籍などを挟みつつも、2013年夏に山東魯能に完全移籍するまで公式戦244試合120ゴール52アシストを記録し、UEFAカップ(旧ヨーロッパリーグ)での優勝1度を含む14度のタイトル獲得に大きく貢献した。2010年冬からの3年間は日本代表MF本田圭佑の同僚であったことでも有名だ。 ▽ブラジル人選手に頻繁にみられる例に漏れず、この選手の登録名『ヴァグネル・ラブ』は本名ではない。『ヴァグネル・シウヴァ・デ・ソウザ』というのが正式な名前だが、登録名に付いている“ラブ”にはある理由が存在している。パルメイラスのユース時代、合宿所に居た同選手は女性を連れ込み、そのことが監督に露見。チームメイトが会長に懇願してくれたためにクビは回避したものの、このエピソードがあったためにセクシャルな意味合いを込めて“ラブ”の愛称で呼ばれるようになった。 ※誕生日が同じ主な著名人 カイ・ハフェルツ(サッカー選手/レバークーゼン) ダビデ・ザッパコスタ(サッカー選手/チェルシー) ゴンサロ・カストロ(サッカー選手/ドルトムント) 太田吉彰(サッカー選手/ジュビロ磐田) 脇坂泰斗(サッカー選手/川崎フロンターレ) 松田天馬(サッカー選手/湘南ベルマーレ) 西本雅崇(サッカー選手/セレッソ大阪) チェ・ジウ(女優) 沢口靖子(女優) 新垣結衣(女優) 山口もえ(タレント) 田中理恵(体操選手) アンディ・オロゴン(格闘家) 佐々木彩夏(アイドル/ももいろクローバーZ) ムーディ勝山(お笑い芸人) 2018.06.11 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュに罰金…理由の1つは「猫」

▽トルコの名門・ベシクタシュが、思わぬ理由で罰金を科されてしまったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽罰金の対象となったのは、3月に行われたチャンピオンズリーグの試合。ラウンド16のバイエルン戦での出来事だった。 ▽ベシクタシュのホームで行われた試合では、物がピッチに投げ込まれるなど、様々な問題行為があり、3万ポンド(約443万円)の罰金が科されることとなった。 ▽その中の理由の1つが、猫の乱入だ。試合の後半、ピッチ内に一匹の猫が乱入。これにより、試合が一時中断される事態となっていた。 ▽ちなみに、3月のチャンピオンズリーグでは、ローマも罰金を科されている。シャフタール・ドネツク戦にて、ローマがリードしている時にボールボーイが時間を浪費し、プレーを侵害した件が問題となった。 2018.06.07 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア希望じゃないの? タリスカ、同僚にローマ移籍を宣言

▽ベシクタシュに所属するブラジル代表MFアンデルソン・タリスカ(24)の移籍先はローマで落ち着く様相だ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽今シーズン限りでのベシクタシュ退団が明るみになったタリスカ。以前からプレミアリーグ行きを希望しているとみられ、リバプールを筆頭にイングランドの数クラブが行き先の候補として取り沙汰されてきた。 ▽だが、そのタリスカはベシクタシュ同僚に対して「僕はイタリアでキャリアを続ける。ローマ移籍の条件に目を通した。ここで素晴らしい2年間を過ごしたが、今こそ別れを告げるときだ」と話したという。 ▽タリスカは、2016年夏にベンフィカからベシクタシュにローン移籍。ロシア・ワールドカップのブラジル代表こそら落選したものの、今シーズンもベシクタシュで主力を張り、公式戦47試合20得点8アシストを記録した。 2018.05.25 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

タリスカ、リバプール移籍で決まり?

▽ベシクタシュに所属するブラジル代表MFアンデルソン・タリスカ(24)にリバプール移籍の可能性が高まった。 ▽タリスカは2016年夏にベンフィカからベシクタシュにローン移籍。ロシア・ワールドカップに臨むブラジル代表入りこそ逃したものの、今シーズンはリーグ優勝を争うチームの主力として、公式戦47試合20得点8アシストを記録した。 ▽ポルトガル『Record』によれば、シェノル・ギュネシュ監督は19日に行われたトルコ・スーパーリーグ最終節終了後、「タリスカの退団は冬の中断期間中に決まったこと。残念に思う。彼は(他クラブと)もう合意してしまった」と話したという。 ▽さらに、タリスカの移籍先についても「(今冬の移籍市場でベシクタシュからエバートンに移籍した)シェンク・トスンのライバルになるかもしれない」と述べ、エバートンの宿敵リバプール行きを示唆した模様だ。 2018.05.20 11:55 Sun
twitterfacebook
thumb

広州富力がベシクタシュのセルビア代表DFトシッチと2年半契約

▽中国スーパーリーグの広州富力は18日、ベシクタシュのセルビア代表DFデュシュコ・トシッチ(33)の獲得を発表した。契約期間は2年半とのことだ。 ▽D・トシッチは、ソショーやブレーメン、ポーツマス、QPR、レッドスター・ベオグラード、レアル・ベティスなど多くのクラブを渡り歩き、2012年7月にトルコのゲンチレルビルリイへと移籍。2015年7月にベシクタシュへと移籍していた。 ▽ベシクタシュでは、センターバックのレギュラーとして活躍。今シーズンはトルコ・スーパーリーグで25試合に出場し5ゴール1アシスト、チャンピオンズリーグでも7試合に出場していた。 ▽広州富力は、同じセルビアのドラガン・ストイコビッチ監督が指揮を執っており、今シーズンはここまで中国スーパーリーグで7位につけている。 2018.05.19 09:40 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース