【CLグループG総括】完成度際立ったベシクタシュが首位で初突破! 昨季4強モナコが未勝利で敗退…2017.12.13 18:06 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メガクラブ不在も昨季ベスト4のモナコを筆頭に、ベシクタシュ、ポルト、RBライプツィヒと弱小クラブ不在のグループGでは、混戦が予想された中で頭一つ抜け出したトルコ王者が初の決勝トーナメント進出を首位通過で決めた。また、ライプツィヒとの接戦を制したポルトが2位での突破を決めている。

■グループG順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ベシクタシュ[14/4/2/0/6]
2.ポルト[10/3/1/2/5]
3.RBライプツィヒ[7/2/1/3/-1]
4.モナコ[2/0/2/4/-10]

◆史上初の決勝T進出~ベシクタシュ~
Getty Images
▽昨季のグループステージでの経験を礎に、智将ギュネシュ監督の下で攻守に完成度の高さを見せたベシクタシュが本命不在となった実力拮抗のグループを見事に首位通過した。トルコ代表の主力を軸に、百戦錬磨のDFペペ、DFアドリアーノ、FWクアレスマ、FWバベルと実力者を揃えるトルコ王者は、4勝2分けの無敗とグループステージを通じて安定感が光った。これまでトルコ勢は熱狂的なサポーターの後押しを武器にホームでの戦いを得意とする一方、アウェイでの脆さが目立った。しかし、今大会ではペペら百戦錬磨のベテランを中心にアウェイでの巧みな試合運びが目立ち、難敵相手のアウェイゲームを全勝したことが首位通過に繋がった。なお、クラブ史上初の決勝トーナメントでは、2位通過組で最も当たりたくなかったチームの1つであるバイエルンと対戦する。

◆混戦制して2位通過~ポルト~
Getty Images
▽最終節までもつれ込むライプツィヒとの接戦を制して見事に2位通過を果たした。開幕から国内リーグで驚異的な堅守を誇ったチームだが、ホームでのベシクタシュとの初戦では1-3の大敗を喫する厳しいスタートとなった。しかし、2003-04シーズンのCLファイナルの再現カードとなったモナコとの2試合をいずれも大勝し、ライプツィヒとの直接対決を当該得失点差で優位に立ったことが決め手となり、2年連続の決勝トーナメント行きを決めた。決勝トーナメント1回戦ではリバプールとの対戦となるだけに、シーズン序盤の堅守を取り戻せるかが重要となる。

◆初出場で善戦も及ばず~RBライプツィヒ~
Getty Images
▽クラブ創設時以来の悲願となっていた初のCLの舞台は、惜しくも3位フィニッシュに終わった。若手主体のメンバー構成という影響もあり、指揮官、選手を含め初のCLで硬さが見えた序盤2試合を1敗1分けの未勝利で終えたチームは、第3節でポルトとの打ち合いを制して待望のCL初勝利。だが、以降の3試合では相手の自滅に助けられたモナコ戦での大勝を除き、2試合で競り負けるなど、グループステージ全体を通して経験不足が目に付いた。それでも、エースFWヴェルナー、MFフォルスベリ、DFウパメカーノなど若手逸材タレントは要所でそのポテンシャルを発揮しており、今後に繋がる戦いとなったはずだ。なお、同じく初舞台となるELのラウンド32では、CL3位敗退組の強豪ナポリ戦との対戦が決定しており、ここでも難しい試合が待っていそうだ。

◆昨季ベスト4が未勝利で敗退…~モナコ~
Getty Images
▽昨季、躍動感溢れる若きスカッドが痛快な戦いぶりでベスト4進出を果たしたモナコだが、今季はグループステージ未勝利での敗退という屈辱を味わうことになった。昨季の快進撃を支えたDFメンディ、MFバカヨコ、MFベルナルド・シウバ、FWムバッペという若手4人が引き抜かれたモナコは、その後釜にDFコンゴロ、MFティーレマンス、FWヨベティッチ、FWケイタらを獲得したものの、いずれもフィットに時間がかかっており、国内リーグと共にCLの舞台でも苦戦が続いた。また、コンディションに問題を抱える主砲FWファルカオの存在感が希薄だったこともあり、グループステージを通じて精神的に締まらないゲームが目立った。

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ!9月26日はクリスティアーノ・ロナウドの大親友のポルトガルの魔術師の誕生日

◆リカルド・クアレスマ 【Profile】 国籍:ポルトガル 誕生日:1983年9月26日 所属クラブ:ベシクタシュ ポジション:FW 身長:175㎝ 体重:74kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月26日は、ベシクタシュFWリカルド・クアレスマだ。 ▽スポルティング・リスボンの下部組織で育ったクアレスマは2001-02シーズンにプロデビュー。その後、バルセロナ、ポルト、インテル、チェルシー、アル・アハリなどの強豪チームを渡り歩き、2010から2012年まで在籍したベシクタシュに2015年に復帰していた。 ▽また、ポルトガル代表としては、ユーロに3大会連続で出場し、2016年のフランス大会では初制覇に貢献。また、ロシア・ワールドカップ(W杯)のイラン代表戦では1ゴールを記録し、決勝トーナメント進出の立役者の1人になっていた。プライベートではクリスティアーノ・ロナウドと大の仲良しであることも知られている。 ※誕生日が同じ主な著名人 キーラン・ギブス(サッカー選手/WBA) イドリサ・グイエ(サッカー選手/エバートン) 我那覇和樹(サッカー選手/カマタマーレ讃岐) ミヒャエル・バラック(元サッカー選手) 大野雄大(プロ野球選手) 吉谷彩子(女優) 天童よしみ(歌手) 2018.09.26 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルーにベシクタシュが興味!

▽ベシクタシュが、チェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(31)に興味を持っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ジルーがトルコの強豪・ベシクタシュのメインターゲットになっているようだ。同選手は今年1月にアーセナルから加入。ポストプレーの盟主としてチェルシーの攻撃を支えている。先日のプレミアリーグ第6節のカーディフ戦では、2アシストでMFエデン・アザールのハットトリックをお膳立て。欠かせない選手となっている。 ▽だが、1年半契約で加入したジルーの契約は今季限り。そこに目を付けたベシクタシュは来年1月もしくは来夏でのフリー契約を目論んでいるという。ベシクタシュは今年1月にFWシェンク・トスンがエバートンに、今夏にFWアルバロ・ネグレドがフリーでアル・ナスルに移籍したため、新たなストライカーを探しているという。 ▽今月30日に32歳の誕生日を迎えるジルー。チェルシーとは契約延長の交渉をしていると伝えられているが、果たして。 2018.09.23 17:02 Sun
twitterfacebook
thumb

ネグレド、アル・ナスルへ完全移籍…元フランス代表MFキャバイエと同僚に

▽UAEのアル・ナスルは18日、ベシクタシュから元スペイン代表FWアルバロ・ネグレド(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2年間。背番号は「11」を着用する。 ▽スペイン代表として21キャップを誇るネグレドは、これまでアルメリア、セビージャ、マンチェスター・シティ、バレンシア、ミドルズブラなどでプレー。2017年8月に加入したベシクタシュでは、昨シーズン公式戦43試合15ゴール9アシストという成績を残した。また、今シーズンはここまで公式戦6試合に出場して3ゴール1アシストを記録している。 ▽なお、現在アル・ナスルには元フランス代表MFヨアン・キャバイエも所属している。 2018.09.19 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

エジルに来冬トルコ移籍の可能性浮上

▽アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(29)に、フェネルバフチェ移籍の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽エジルは、今年1月にアーセナルと2021年までの3年契約を締結。その際には、週給が推定35万ポンド(約5000万円)に上昇したことが伝えられていた。しかし、今シーズンから指揮を執るウナイ・エメリ新監督の下では、好パフォーマンスを披露することができず。プレミアリーグ第4節終了時点で出場は3試合、そのうちフル出場は1試合のみだ。ゴールやアシストは記録されていない。 ▽トルコ『Fotomac』によると、こうした苦境にあるエジルをフェネルバフチェが注視。1月の獲得を目指しているようだ。なお、エジル当人がアーセナル退団を望んでいるかは確認できていない。『デイリー・メール』は、獲得の場合には少なくとも移籍金4200万ポンド(約60億円)が必要になるだろう、と報じている。 ▽エジルは、3-1で勝利したプレミアリーグ第3節ウェストハム戦ではベンチにも入れず。エメリ監督は病欠と主張していたが、エジルとの関係悪化も疑われている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.11 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リャイッチ、ベシクタシュへ買い取り義務付きレンタル移籍

▽ベシクタシュは8月31日、トリノのセルビア代表FWアデム・リャイッチ(26)を買い取り義務付きレンタルで獲得したことを発表した。 ▽パルチザン出身のアタッカーであるリャイッチは、フィオレンティーナ、ローマ、インテルとセリエAの強豪クラブを経て、2016年夏にトリノへ移籍。トリノでは公式戦65試合に出場して18ゴール24アシストを記録し、主力として活躍していた。 ▽しかし、今年1月にワルテル・マッツァーリ監督が就任して以降はベンチを温める機会が増え、今季もここまでの2試合、ベンチスタートとなっていた。 2018.09.01 00:04 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース