【CLグループG総括】完成度際立ったベシクタシュが首位で初突破! 昨季4強モナコが未勝利で敗退…2017.12.13 18:06 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メガクラブ不在も昨季ベスト4のモナコを筆頭に、ベシクタシュ、ポルト、RBライプツィヒと弱小クラブ不在のグループGでは、混戦が予想された中で頭一つ抜け出したトルコ王者が初の決勝トーナメント進出を首位通過で決めた。また、ライプツィヒとの接戦を制したポルトが2位での突破を決めている。■グループG順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ベシクタシュ[14/4/2/0/6]
2.ポルト[10/3/1/2/5]
3.RBライプツィヒ[7/2/1/3/-1]
4.モナコ[2/0/2/4/-10]

◆史上初の決勝T進出~ベシクタシュ~
Getty Images
▽昨季のグループステージでの経験を礎に、智将ギュネシュ監督の下で攻守に完成度の高さを見せたベシクタシュが本命不在となった実力拮抗のグループを見事に首位通過した。トルコ代表の主力を軸に、百戦錬磨のDFペペ、DFアドリアーノ、FWクアレスマ、FWバベルと実力者を揃えるトルコ王者は、4勝2分けの無敗とグループステージを通じて安定感が光った。これまでトルコ勢は熱狂的なサポーターの後押しを武器にホームでの戦いを得意とする一方、アウェイでの脆さが目立った。しかし、今大会ではペペら百戦錬磨のベテランを中心にアウェイでの巧みな試合運びが目立ち、難敵相手のアウェイゲームを全勝したことが首位通過に繋がった。なお、クラブ史上初の決勝トーナメントでは、2位通過組で最も当たりたくなかったチームの1つであるバイエルンと対戦する。

◆混戦制して2位通過~ポルト~
Getty Images
▽最終節までもつれ込むライプツィヒとの接戦を制して見事に2位通過を果たした。開幕から国内リーグで驚異的な堅守を誇ったチームだが、ホームでのベシクタシュとの初戦では1-3の大敗を喫する厳しいスタートとなった。しかし、2003-04シーズンのCLファイナルの再現カードとなったモナコとの2試合をいずれも大勝し、ライプツィヒとの直接対決を当該得失点差で優位に立ったことが決め手となり、2年連続の決勝トーナメント行きを決めた。決勝トーナメント1回戦ではリバプールとの対戦となるだけに、シーズン序盤の堅守を取り戻せるかが重要となる。

◆初出場で善戦も及ばず~RBライプツィヒ~
Getty Images
▽クラブ創設時以来の悲願となっていた初のCLの舞台は、惜しくも3位フィニッシュに終わった。若手主体のメンバー構成という影響もあり、指揮官、選手を含め初のCLで硬さが見えた序盤2試合を1敗1分けの未勝利で終えたチームは、第3節でポルトとの打ち合いを制して待望のCL初勝利。だが、以降の3試合では相手の自滅に助けられたモナコ戦での大勝を除き、2試合で競り負けるなど、グループステージ全体を通して経験不足が目に付いた。それでも、エースFWヴェルナー、MFフォルスベリ、DFウパメカーノなど若手逸材タレントは要所でそのポテンシャルを発揮しており、今後に繋がる戦いとなったはずだ。なお、同じく初舞台となるELのラウンド32では、CL3位敗退組の強豪ナポリ戦との対戦が決定しており、ここでも難しい試合が待っていそうだ。

◆昨季ベスト4が未勝利で敗退…~モナコ~
Getty Images
▽昨季、躍動感溢れる若きスカッドが痛快な戦いぶりでベスト4進出を果たしたモナコだが、今季はグループステージ未勝利での敗退という屈辱を味わうことになった。昨季の快進撃を支えたDFメンディ、MFバカヨコ、MFベルナルド・シウバ、FWムバッペという若手4人が引き抜かれたモナコは、その後釜にDFコンゴロ、MFティーレマンス、FWヨベティッチ、FWケイタらを獲得したものの、いずれもフィットに時間がかかっており、国内リーグと共にCLの舞台でも苦戦が続いた。また、コンディションに問題を抱える主砲FWファルカオの存在感が希薄だったこともあり、グループステージを通じて精神的に締まらないゲームが目立った。
コメント
関連ニュース
thumb

長友もびっくり! ダービーマッチ前日にガラタサライサポ4万人が集結!

▽ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、ダービーマッチ前に行った公開練習での光景に驚愕している。 ▽トルコ・スーパーリーグで現在3位に位置するガラタサライ(勝ち点24)は2日、6位・ベシクタシュ(勝ち点21)とのダービーマッチを迎える。この一戦に向けてガラタサライは、ホームスタジアムでの公開練習を実施。すると、スタジアムは4万人以上のファン・サポーターで埋め尽くされ、多くの発煙筒で真っ赤に染まった。 ▽これには長友も驚きを隠せず。自身のツイッター(@YutoNagatomo5)でその光景と共に「試合前日の公開練習に4万人のファンが集まった。熱量が異次元。選手冥利に尽きる」と投稿している。 <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">試合前日の公開練習に4万人のファンが集まった。<br>熱量が異次元。<br>選手冥利に尽きる。<br>Hepinize çok teşekkürler,mükemmel bir anı oldu hepimiz için...Thanks to all,was a perfect memory for all of us...<a href="https://twitter.com/Galatasaray?ref_src=twsrc%5Etfw">@Galatasaray</a> <a href="https://twitter.com/GalatasaraySK?ref_src=twsrc%5Etfw">@GalatasaraySK</a> <a href="https://t.co/yFTulyJ9pg">pic.twitter.com/yFTulyJ9pg</a></p>&mdash; Yuto Nagatomo | 長友佑都 (@YutoNagatomo5) <a href="https://twitter.com/YutoNagatomo5/status/1068945053463257088?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年12月1日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2018.12.02 08:50 Sun
twitterfacebook
thumb

アドリアーノの神戸入りが成立か? トルコメディアが報じる

▽トルコ『ハベル』が、かつてバルセロナでプレーしベシクタシュに所属するブラジル代表DFアドリアーノ(34)が、ヴィッセル神戸と契約を結んだと発表した。 ▽アドリアーノはコリチーバでキャリアをスタートさせると、2005年1月にセビージャへと移籍。2010年7月にバルセロナへと完全移籍した。バルセロナでは、左サイドバックとしてチャンピオンズリーグ2回、リーガエスパニョーラ4回、コパ・デル・レイ3回の優勝を経験。2016年7月にベシクタシュへと完全移籍していた。 ▽ベシクタシュでも2016-17シーズンにトルコ・スーパーリーグを制し、公式戦94試合に出場し4ゴール9アシストを記録。しかし、今シーズン限りで契約が満了を迎えることとなっていた。 ▽『ハベル』によると、契約満了前の2019年1月にアドリアーノは神戸に加入するとのこと。神戸は100万ユーロ(約1億3000万円)の移籍金を支払うことになるとのことだ。 ▽神戸の左サイドバックは、ムアントン・ユナイテッドから期限付き移籍中のタイ代表DFティーラトン・ブンマタン(28)がレギュラーとしてプレーしている。バルセロナ時代のチームメイトである元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの存在も、移籍の後押しになったようだ。 2018.11.15 20:40 Thu
twitterfacebook
thumb

トルコでも批判集中のカリウスをベジクタシュ会長が擁護…完全移籍での買い取りも示唆

リバプールからベジクタシュにレンタル移籍中のドイツ人GKロリス・カリウスは、トルコで不用意なプレーを見せたことで、批判の声が集中。だが、ベジクタシュ幹部がカリウスを擁護しているようだ。『スカイスポーツ』が報じた。<br><br>ベジクタシュ会長のフィクレ・オルマン氏はトルコメディアのインタビューを介して「カリウスについて、我々がレンタルの打ち切りを検討しているといった報道はナンセンスだ」と述べている。<br><br>「カリウスは素晴らしい仕事をしているし、ゴールを守ってもらうにふさわしい内容のプレーを見せている。完全移籍で迎え入れることも一つの選択肢として考えているよ」<br><br>昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝、レアル・マドリーvsリバプール戦ではスタメン出場したカリウス。だが、この試合では51分にボール処理をミスし、カリム・ベンゼマに先制ゴールを献上した。カリウスは83分にギャレス・ベイルの無回転ミドルをディフレクトできず、大舞台で2失点に絡むという失態を見せていた。<br><br>今季はベジクタシュに期限付き移籍を果たしたカリウスだったが、10月に行われたUEFAヨーロッパリーグ、マルメvsベジクタシュでは、スコアレスで迎えた53分にはポジショニングミスから失点を招いてしまう。0-2で敗れる一因になったとして、批判が集中していた。<br><br>カリウスはここまで8試合に先発し、クリーンシートで終えたのはわずか1試合。直近のシヴァスポル戦では負傷離脱していたこともあり、GKトルガ・ゼンギンが正GKを務めた。<br><br>トルコでも十分なパフォーマンスを見せられず、批判が集中しているカリウス。だが、ベジクタシュ陣営はカリウスを擁護する姿勢を見せており、長い目でカリウスを見守っていく意向を示している。カリウスは2年間のレンタルでベジクタシュに加わったが、トルコで自身の評価を改めて高めることができるのか、真価が問われる状況が続いている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.13 22:31 Tue
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュGKカリウスのリバプール返却噂は「全くのでたらめ」 代理人が一蹴

▽ベシクタシュにレンタル加入中のドイツ人GKロリス・カリウス(25)が、来年1月のリバプール復帰の噂を一蹴した。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽昨シーズンにリバプールの守護神を務めていたカリウスは、リバプールが今夏に新守護神としてブラジル代表GKアリソン・ベッカーを獲得したことで、押し出される形でベシクタシュへのレンタル移籍が決まった。契約期間は2年間で記事によると給与の50%をベシクタシュが負担し、買取オプションも付けられているようだ。 ▽そのカリウスは、4日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループI第2節のマルメ戦で2得点を許し、低調なパフォーマンスを披露。これにより、トルコ『Fotomac』はベシクタシュが忍耐力を失い、来年1月の移籍市場でカリウスの返却を画策していることが浮上した。また、リバプールでここまで公式戦出場がないベルギー代表FWディヴォク・オリジ(23)を迎え入れたい意向があることも伝えられている。 ▽しかし、カリウスの代理人を務めるフロリアン・ゴル氏は「全くのでたらめだ」この噂を真っ向から否定している。 「全くのでたらめだ」 「そんなニュースがどこから出てくるのかわからない。このニュースは嘘だね」 「ロリス(・カリウス)は、2年間のレンタル契約がある。クラブも早まって契約を終えるつもりはないよ」 「彼がベシクタシュのナンバー1であることは明確だ。彼はあらゆるゲームをプレーし、良いパフォーマンスを見せている」 2018.10.31 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

GKカリウスが冬にリバプール帰還へ? 理由はベシクタシュの忍耐力

▽ベシクタシュにレンタル加入中のドイツ人GKロリス・カリウス(25)が、来年1月に所属元のリバプールに復帰する可能性が浮上した。トルコ『Fotomac』の情報を基に、イギリス『ミラー』が報じている。 ▽昨シーズンにリバプールの守護神を務めていたカリウスは、チャンピオンズリーグ(CL)決勝という大舞台でレアル・マドリーを相手に2失点に絡むミスを犯し、評価が急落。また、リバプールが今夏に新守護神としてブラジル代表GKアリソン・ベッカーを獲得したことにより、押し出されるような形でベシクタシュへのローン移籍が決まった。 ▽契約期間は2年間で、記事によると給与の50%をベシクタシュが負担。買い取りオプションも付けられている。 ▽スターとしてトルコの強豪に到着したカリウスだが、4日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループI第2節でマルメに2得点を許し敗北。驚くほど低調なパフォーマンスを披露してしまい、ベシクタシュが忍耐力を失ったと伝えられている。 ▽『Fotomac』によると、ベシクタシュは来年1月の移籍市場でのカリウスの返却を画策。代わりに、現在のカリウスとの契約のままベルギー代表FWディヴォク・オリジ(23)を迎え入れることを狙っているようだ。オリジには今夏にもベシクタシュからの関心が報じられており、今シーズンここまでトップチームでの出場が全くない状況だ。 ▽そのため、ユルゲン・クロップ監督がオリジのレンタルを受け入れる可能性は高いとも。一方で、GKアリソンが定位置を確保している現在、カリウスの帰還は求められていないだろう、と推測されている。 2018.10.30 17:25 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース