【CLグループG総括】完成度際立ったベシクタシュが首位で初突破! 昨季4強モナコが未勝利で敗退…2017.12.13 18:06 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メガクラブ不在も昨季ベスト4のモナコを筆頭に、ベシクタシュ、ポルト、RBライプツィヒと弱小クラブ不在のグループGでは、混戦が予想された中で頭一つ抜け出したトルコ王者が初の決勝トーナメント進出を首位通過で決めた。また、ライプツィヒとの接戦を制したポルトが2位での突破を決めている。

■グループG順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ベシクタシュ[14/4/2/0/6]
2.ポルト[10/3/1/2/5]
3.RBライプツィヒ[7/2/1/3/-1]
4.モナコ[2/0/2/4/-10]

◆史上初の決勝T進出~ベシクタシュ~
Getty Images
▽昨季のグループステージでの経験を礎に、智将ギュネシュ監督の下で攻守に完成度の高さを見せたベシクタシュが本命不在となった実力拮抗のグループを見事に首位通過した。トルコ代表の主力を軸に、百戦錬磨のDFペペ、DFアドリアーノ、FWクアレスマ、FWバベルと実力者を揃えるトルコ王者は、4勝2分けの無敗とグループステージを通じて安定感が光った。これまでトルコ勢は熱狂的なサポーターの後押しを武器にホームでの戦いを得意とする一方、アウェイでの脆さが目立った。しかし、今大会ではペペら百戦錬磨のベテランを中心にアウェイでの巧みな試合運びが目立ち、難敵相手のアウェイゲームを全勝したことが首位通過に繋がった。なお、クラブ史上初の決勝トーナメントでは、2位通過組で最も当たりたくなかったチームの1つであるバイエルンと対戦する。

◆混戦制して2位通過~ポルト~
Getty Images
▽最終節までもつれ込むライプツィヒとの接戦を制して見事に2位通過を果たした。開幕から国内リーグで驚異的な堅守を誇ったチームだが、ホームでのベシクタシュとの初戦では1-3の大敗を喫する厳しいスタートとなった。しかし、2003-04シーズンのCLファイナルの再現カードとなったモナコとの2試合をいずれも大勝し、ライプツィヒとの直接対決を当該得失点差で優位に立ったことが決め手となり、2年連続の決勝トーナメント行きを決めた。決勝トーナメント1回戦ではリバプールとの対戦となるだけに、シーズン序盤の堅守を取り戻せるかが重要となる。

◆初出場で善戦も及ばず~RBライプツィヒ~
Getty Images
▽クラブ創設時以来の悲願となっていた初のCLの舞台は、惜しくも3位フィニッシュに終わった。若手主体のメンバー構成という影響もあり、指揮官、選手を含め初のCLで硬さが見えた序盤2試合を1敗1分けの未勝利で終えたチームは、第3節でポルトとの打ち合いを制して待望のCL初勝利。だが、以降の3試合では相手の自滅に助けられたモナコ戦での大勝を除き、2試合で競り負けるなど、グループステージ全体を通して経験不足が目に付いた。それでも、エースFWヴェルナー、MFフォルスベリ、DFウパメカーノなど若手逸材タレントは要所でそのポテンシャルを発揮しており、今後に繋がる戦いとなったはずだ。なお、同じく初舞台となるELのラウンド32では、CL3位敗退組の強豪ナポリ戦との対戦が決定しており、ここでも難しい試合が待っていそうだ。

◆昨季ベスト4が未勝利で敗退…~モナコ~
Getty Images
▽昨季、躍動感溢れる若きスカッドが痛快な戦いぶりでベスト4進出を果たしたモナコだが、今季はグループステージ未勝利での敗退という屈辱を味わうことになった。昨季の快進撃を支えたDFメンディ、MFバカヨコ、MFベルナルド・シウバ、FWムバッペという若手4人が引き抜かれたモナコは、その後釜にDFコンゴロ、MFティーレマンス、FWヨベティッチ、FWケイタらを獲得したものの、いずれもフィットに時間がかかっており、国内リーグと共にCLの舞台でも苦戦が続いた。また、コンディションに問題を抱える主砲FWファルカオの存在感が希薄だったこともあり、グループステージを通じて精神的に締まらないゲームが目立った。

コメント

関連ニュース

thumb

イブラヒモビッチにトルコ方面からの誘いあり?

▽マンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(36)に、トルコ行きの可能性があるようだ。トルコ『fotoMac』が報じている。 ▽イブラヒモビッチは昨シーズンにパリ・サンジェルマンからユナイテッドに加入。契約を延長して迎えた今シーズンは、序盤は昨季からのケガの影響でスタートが遅れ、昨年11月に復帰したものの、今度はヒザの負傷で戦線から離脱している。そのため、今季はここまで公式戦7試合の出場にとどまっている。 ▽そんなイブラヒモビッチに興味を示しているとされるのが、ベシクタシュとガラタサライだ。特にガラタサライのドゥルスン・ウズベク会長は、今月20日に開かれる会長選に向けて、イブラヒモビッチの獲得に熱を注いでいる模様。同選手をクラブに引き連れてくることで、来る会長選での圧倒的多数の支持を得られると考えているようだ。 ▽その他メディアによると、イブラヒモビッチに関心を寄せているのはトルコのクラブだけではないようで、アメリカや中国のクラブも動きをみせているという。いずれにせよ、今後のイブラヒモビッチの動向には注目だ。 2018.01.14 05:45 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートン、泣き所のストライカー確保 ベシクタシュから41億円でトルコ代表FWを獲得

▽エバートンは5日、ベシクタシュからトルコ代表FWシェンク・トスン(26)の加入を発表した。契約期間は2022年6月末までの4年半。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、移籍金は2700万ポンド(約41億4000万円)程度とみられる。 ▽トルコ代表として25試合8ゴールを誇るトスンは、 フランクフルトでプロキャリアをスタートさせると、ガズィアンテプスポルを経て、2014年からベシクタシュでプレー。そのガラタサライで公式戦通算142試合64ゴールをマークした。 ▽エバートンは昨夏、ベルギー代表FWロメル・ルカクをマンチェスター・ユナイテッドに放出。同時期にFWサンドロ・ラミレスを迎え入れたものの、はまらず、ストライカーのやりくりに苦労していた。 2018.01.06 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ、クロアチア代表DFヴィダ獲得へ! 同選手の現地入りを発表

▽ベシクタシュは2日、ディナモ・キエフに所属するクロアチア代表DFドマゴイ・ヴィダ(28)が移籍交渉およびメディカルチェックのため現地入りしたことを発表した。 ▽母国のオシエクでプロキャリアをスタートしたヴィダは、レバークーゼン、ディナモ・キエフを経て2013年からディナモ・キエフに加入。センターバックと右サイドバックを主戦場に堅実なプレーで最終ラインに安定をもたらす玄人好みのスタイルで、ここまで公式戦160試合に出場し13ゴールを記録していた。 ▽また、2010年にデビューを飾ったクロアチア代表では、ここまで通算55試合に出場し2ゴールを記録。ロシア・ワールドカップ(W杯)予選でも主力センターバックとして活躍しており、W杯本大会メンバー入りも確実視されている。 2018.01.03 06:04 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサで冷遇のアルダ、今冬にも母国ベシクタシュに移籍か

▽バルセロナのトルコ代表MFアルダ・トゥラン(30)が、今冬のベシクタシュ移籍に近づいているようだ。トルコメディアの報道を基に、スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アルダは、2015年夏に3400万ユーロ(現在のレートで約45億6600万円)の移籍金でアトレティコ・マドリーからバルセロナに加入。バルセロナは当時、国際サッカー連盟(FIFA)から補強禁止処分を受けていたため、選手登録は2016年1月からとなったが、登録後はコンスタントに出場機会を得ていた。2年目となった昨シーズンはさらにチームにフィットし、最終的に公式戦30試合13得点7アシストを記録した。 ▽しかし、エルネスト・バルベルデ新監督を迎えた今シーズンは状況が一転。完全に戦力外の扱いをされており、試合出場はなくベンチ入りをしたのもリーガエスパニョーラ開幕節のベティス戦のみとなっていた。 ▽記事によればアルダが1月にバルセロナを去ることはほぼ規定事項となっており、これまではアーセナルやガラタサライへの移籍が囁かれてきた。しかし、トルコメディアの報道によると、ベシクタシュが獲得に近づいているとのことだ。 ▽アルダは今にも契約を締結することができる状況であり、バルセロナでチャンピオンズリーグ(CL)のメンバーに招集されていないため、ベスト16でバイエルンとの対戦が決まっているベシクタシュで、同大会に出場することが可能となっている。また、同クラブのセニョル・ギュネス監督がアルダの獲得を希望しており、クラブの許可も得ている模様だ。 2017.12.25 02:29 Mon
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュが首位でクラブ史上初の決勝トーナメント進出! ポルトは2位キープで最終節へ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループG第5節、ベシクタシュvsポルトが21日にイニョニュ・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。この結果、グループ首位を確定させたベシクタシュがクラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たした。 ▽ここまで唯一無敗の首位ベシクタシュ(勝ち点10)は、前節のモナコ相手のドローによって2節を残しての突破を逃したが、今節での突破が濃厚だ。引き分け以上で首位通過が決定するこの一戦に向けては、ペペやアドリアーノ、クアレスマ、バベル、トスンなど現状のベストメンバーを起用した。 ▽一方、ベシクタシュと共に混戦のグループGを抜け出したい2位ポルト(勝ち点6)は今節での勝利と、3位のライプツィヒ(勝ち点4)が敗戦した場合、最終節を残しての突破が決まる。最低でも勝ち点1を持ち帰りたいこの一戦では、カシージャスを引き続きベンチに置きジョゼ・サを起用。また、古巣対戦のアブバカルやブラヒミ、ダニーロ、エクトル・エレーラなど、主力が揃ってスタメン入りした。 ▽ホームの大歓声を後押しに立ち上がりからバベルとクアレスマの両翼の個人技を生かして相手を押し込むベシクタシュ。19分にはバベルが無回転の強烈なミドルシュートを放つが、枠を捉えたボールはGKジョゼ・サが何とか弾き出す。 ▽一方、守勢が続くポルトだったが、セットプレーからファーストチャンスをゴールに結びつける。29分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でサインプレーから右サイドのスペースに抜け出したリカルド・ペレイラがグラウンダーで折り返す。これをゴール前のフェリペが右足のダイレクトシュートで突き刺した。 ▽ホームで先制を許す厳しい展開を強いられたベシクタシュだが、33分にアドリアーノからのクロスをボックス右で巧みなトラップで収めたクアレスマが右足のシュート。だが、これは相手GKの好守に遭う。それでも、41分には左サイドでDF2枚をドリブルで抜き去ったトスンがボックス左に持ち込み、ゴール前にフリーで走り込んだタリスカにラストパス。これをポルトガル代表FWが難なく流し込んだ。 ▽1-1のイーブンで折り返した試合は、後半に入って完全にホームチームのペースに。前半同様にバベルとクアレスマの個人技が猛威を振るうが、やや後方に重心を置いたポルトも水際で失点を防ぐ。 ▽58分には左サイドからカットインしたバベルが見事なミドルシュートを放つが、これはクロスバーを叩く。さらに61分には同じくボックス左で仕掛けたクアレスマがゴール左隅を捉えた強烈なシュートを放つが、今度はGKジョゼ・サの好守に阻まれた。 ▽一方、前半以上に押し込まれる展開でもカウンターから幾度かチャンスを作るポルトは、 58分にリカルド・ペレイラの折り返しからゴール前のアブバカルが古巣のゴールに迫るが、右足アウトにかけたシュートは枠の左に外れた。 ▽60分過ぎまでは互いに攻め合うオープンな展開が続いた試合だったが、時間の経過と共に互いの利点を考えてか、1-1のスコアをキープしようと、やや消極的なプレーが目立ち始める。試合終盤には互いに交代カードを切っていくが、流れに変化はなし。 ▽結局、試合は1-1のままタイムアップを迎え、勝ち点を11ポイントに積み上げたベシクタシュの首位が確定。最終節を残して決勝トーナメント進出を果たしたベシクタシュは、ガラタサライ、フェネルバフチェに続きトルコ勢として3チーム目となるCL決勝トーナメント進出チームとなった。一方、敵地で最低限の勝ち点1を手にしたポルトは2位の座をキープしたまま、最終節のモナコ戦での決勝トーナメント進出を目指すことになった。 2017.11.22 04:07 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース