【CLグループD総括】バルサとユーベが順当に突破、スポルティングは一歩及ばず2017.12.13 18:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽本命と目されていたバルセロナとユベントスが順当にグループステージ突破を決めた。スポルティング・リスボンは最終節までユベントスと突破を争う粘りを見せたものの及ばず、オリンピアコスはバルセロナに引き分ける健闘を見せたが、勝ち点1獲得に終わった。

■グループD順位表■
[勝ち点/得失点]
1:バルセロナ[14/8]
2:ユベントス[11/2]
3:スポルティング・リスボン[7/-1]
4:オリンピアコス[1/-9]

◆ユーベにリベンジし最終節を前に首位通過~バルセロナ~
Getty Images
▽昨季準々決勝で敗れたユベントスに初戦で3-0と完勝して好スタートを切ったバルセロナは、その後スポルティング、オリンピコアスを確実に退けて3連勝と危なげない戦いを見せた。そしてオリンピアコスに引き分けた後、ユベントスとのアウェイ戦でゴールレスドローに持ち込んで、最終節を残して首位通過を決めた。ネイマール流出に始まり、新戦力のデンベレ負傷というアクシデントに見舞われたものの、メッシとスアレスの2トップ移行やフラットな[4-4-2]へのシステム変更など、バルベルデ監督の巧みな手腕で、終始隙のない戦いを見せた。

◆バルサに及ばずもノルマの2位通過~ユベントス~
Getty Images
▽バルセロナに初戦で完敗する厳しいスタートを切ったユベントスだったが、オリンピアコスとスポルティングに勝負強く競り勝ち、勝ち点を積み上げていった。決して楽な戦いではなかったものの、最終節で2位通過を決めた。ボヌッチ流出により堅守に乱れがあったが、ベナティアやルガーニの活躍でバルセロナとのリターンマッチではゴールレスドローに持ち込み、持ち前の堅守が復活。最終節のオリンピアコス戦もシャットアウトしてノルマのグループステージ突破を果たした。

◆最終節まで突破の可能性を残すも及ばず~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽2年ぶりのCL参戦となったジョルジェ・ジェズス体制3季目のスポルティングは、2強に割って入れるだけのポテンシャルを十分に示した。バルセロナやユベントスに善戦し、オリンピアコスに2勝するなど、ユベントスを脅かす存在となった。痛かったのはユベントスとの直接対決2連戦で互角以上に渡り合いながらも、結果は1分け1敗と下回った点だ。

◆バルセロナとのドローが唯一の見せ場~オリンピアコス~
Getty Images
▽スポルティングと共にグループをかき回す存在と目されたギリシャ王者だったが、見せ場は第4節でバルセロナに引き分けた試合のみだった。それ以外の試合は全敗に終わり、勝ち点1獲得で今大会を終えた。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナがマスチェラーノの退団を発表…7年半の在籍で18のタイトル獲得に貢献

▽バルセロナは23日、アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ(33)が、退団することを発表した。 ▽2010年8月30日にリバプールからバルセロナに加入したマスチェラーノは、当初はスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの控えだったがバルセロナのサッカーに適応できず出場機会を多くは得られなかった。 ▽しかし2010-11シーズンに、チームがセンターバックに多くの負傷者を抱えていたことからセンターバックでの起用が増えると、その後は欠かせない選手となり在籍した7年半で公式戦334試合に出場。また、2017年4月26日に行われたオサスナ戦ではPKを決めて、公式戦319試合目にして移籍後初ゴールをマークした。 ▽在籍中にはリーガエスパニョーラを4回、チャンピオンズリーグを2回、コパ・デル・レイを4回獲得するなど、18のタイトル獲得に貢献してきた。 ▽なお、バルセロナは退団するマスチェラーノのお別れ会を24日に実施すると発表。ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長をはじめ、バルセロナのトップチームに所属する選手も参加。翌25日に行われるコパ・デル・レイのエスパニョール戦で、マスチェラーノはカンプ・ノウのピッチに立ってサポーターを前に最後の挨拶を行う。 2018.01.24 08:25 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 1月24日はサッカー界に“噛み跡”を刻み続けているNo.1野生児ストライカー

◆ルイス・スアレス 【Profile】 国籍:ウルグアイ 誕生日:1987/1/24 クラブ:バルセロナ ポジション:FW 身長:181㎝ 体重:81㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、1月24日はバルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスだ。 ▽この天性のストライカーは、母国ウルグアイでプロデビューを果たした後、フローニンヘンを経てアヤックスで爆発。公式戦通算110試合81ゴールを記録し、ビッグクラブ注目の人気銘柄に。しかし、有名な“野生児”のイメージもここから始まっている。アヤックスでリーグ35ゴールを決めて得点王に輝いた年の翌シーズンである2010-11シーズン、ライバルであるPSVとの試合に出場したスアレスは、終了間際に対戦相手の左肩に噛み付く暴挙に出る。当然ながら7試合の出場停止という重い処分が下ったが、評価には影響を与えず。直後である2011年冬にプレミアリーグの強豪・リバプールへと羽ばたくこととなった。 ▽さほど汚名が尾を引くことなく移籍を完了させたスアレスは、リバプールでも抜群の決定力とポテンシャルを発揮。加入直後から出色の活躍を披露し、通算では公式戦110試合69ゴールをマークした。しかしその派手な活躍の裏で、スアレスは違った話題も提供。2011-12シーズンのマンチェスター・ユナイテッド戦でDFパトリス・エブラに対する人種差別行為で8試合出場停止処分を下されれば、翌2012-13シーズンにはチェルシー戦で自身2度目となる噛み付きをDFブラニスラフ・イバノビッチにお見舞いして10試合の出場停止処分を受けた。 ▽さらにスアレスは、代表レベルでも多々悪癖を露呈。2010年南アフリカW杯準々決勝ガーナ戦では、延長戦後半終了間際に相手の決定的なシュートをハンドで阻止。当然ながらレッドカードを受けて退場したものの、その後のPKを相手選手が外し、挙句の果てにはPK戦までもつれ込んでウルグアイ代表が勝利を手にした。そして2014年ブラジルW杯では、GLイタリア戦でDFジョルジュ・キエッリーニにお馴染みの噛み付き攻撃。自身の歯を抑えて痛がるジェスチャーをしたスアレスだったが、情状酌量はされず4カ月間のサッカー活動禁止処分を受けた。 ▽それでもピッチ上では圧倒的パフォーマンスをみせるスアレスは、ブラジルW杯後にバルセロナに移籍。真偽の程は定かではないが、契約に“噛み付き禁止条項”なるものが盛り込まれたとも噂されており、現在ではその悪癖は鳴りを潜めている。 ※誕生日が同じ主な著名人 キ・ソンヨン(サッカー選手/スウォンジー) ギド・ブッフバルト(サッカー指導者/元浦和レッズ) 明神智和(サッカー選手/AC長野パルセイロ) 杉山浩太(元サッカー選手/清水エスパルス) ジュディ・オング(歌手) 樋口豊(ベーシスト/BUCK-TICK) 渡辺正行(タレント) 入江陵介(水泳選手) 阿部真央(歌手) 2018.01.24 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル加入のラフィーニャ「歴史的なクラブに来た」

▽バルセロナからインテルへのレンタル移籍が決まったMFラフィーニャが、自身のSNSで意気込みを語った。 ▽インテルは22日、ラフィーニャの加入がバルセロナと合意に達したと発表。完全移籍オプションは3500万ユーロ(約47億円)+出来高300万ユーロ(約4億円)と発表された。 ▽ラフィーニャは自身のインスタグラムにインテルのユニフォームを持った写真を掲載。「僕のキャリアの新しい挑戦がスタートだ。歴史的なクラブに来るのは子どものころから願ってきたことで、モチベーションにあふれている。言葉を行動に変える準備はできているよ」と記した。 ▽また、クラブの公式テレビでは、ピッチでの目標についても話している。「できるだけ多くの試合でプレーして、チャンピオンズリーグ出場権獲得というチームの目標達成に貢献したい。右でも左でも、複数のポジションをこなせるよ」とアピールした。 2018.01.24 02:39 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシに脱帽するホアキン「もはや彼を表現する言葉が見つからない」

ベティスMFホアキン・サンチェスが、バルセロナFWリオネル・メッシを絶賛している。<br><br>バルセロナは20日のリーガエスパニョーラ第20節でベティスに5-0と大勝した。メッシはこの試合で2得点1アシストを記録している。<br><br>終盤にはベティスの選手4人に囲まれながらドリブルで突破したメッシに、ベティスの本拠地ベニト・ビジャマリンの観衆はスタンディングオベーションで拍手喝采を浴びせた。ホアキンは敗れた後、メッシについて次のように話した。<br><br>「もはや、メッシを表現する言葉が見つからないよ。負ける可能性は常にあるわけだけど、僕たちはたった10分ですべてを台無しにしてしまった。集中力を欠けば、バルセロナのようなチームは簡単に5点くらい取ってしまう」<br><br>「僕たちの調子は良かった。でも、起こり得ることだ。バルセロナは最小限の力で試合を決めてしまう。高い位置からプレスを掛けても、彼らのようにポゼッションできなければ...。10分で片が付いてしまうよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.24 02:22 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャ、A・ビダル獲得が困難に...移籍金16億円の要求に応えられず

セビージャは、今冬のバルセロナMFアレイシス・ビダル獲得を断念することになりそうだ。<br><br>A・ビダルは2015年夏に固定額1800万ユーロ(約24億円)+ボーナス400万ユーロ(約5億円)の移籍金でセビージャからバルセロナに移籍した。だが今季エルネスト・バルベルデ監督の下で定位置を確保できておらず、1月に退団するのではないかと噂されていた。<br><br>そのA・ビダルに、セビージャが関心を寄せた。セビージャは今季終了時までのレンタルに買い取りオプションを付けての同選手獲得を希望。セビージャがチャンピオンズリーグ出場権を獲得した場合、600万ユーロ(約8億円)+ボーナス200万ユーロ(約2億円)の買い取りOPを行使する考えだった。<br><br>だがバルセロナは、1200万ユーロ(約16億円)+ボーナス300万ユーロ(約4億円)でのA・ビダル売却を望んでいた。セビージャのオファーに納得できず、交渉はほぼ決裂したものとみられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 23:35 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース