レジェンドDFラームに新たな栄誉! 歴代6人目のドイツ代表名誉主将に!2017.12.09 02:21 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドイツサッカー連盟(DFB)は8日、2016-17シーズン限りで現役を引退したDFフィリップ・ラーム氏(34)にドイツ代表名誉主将の称号を贈ることを発表した。

▽現役時代にバイエルンとドイツ代表で輝かしい活躍を披露してきたラーム氏は、クラブレベルではブンデスリーガで8度の優勝。DFBポカールで6度、チャンピオンズリーグで1度優勝するなど、獲得可能な多くのタイトルを獲得。さらに、今年7月には2017年のドイツ年間最優秀選手を初受賞していた。

▽さらに、ドイツ代表では通算113試合に出場し5ゴールを記録。2014年に行われたブラジル・ワールドカップ(W杯)ではキャプテンとして、同国に通算4度目のW杯優勝をもたらした。

▽DFBのラインハルト・グリンデル会長は、8日に開催された会合の場でラーム氏に名誉主将の称号を贈ることになった理由に関して以下のように説明している。

「彼はフットボーラーとしても、人間としても偉大な存在だ。常に明確な意見を示し、その言葉を忠実に守ってみせる。フィリップ・ラームは素晴らしいアスリートであり、チームプレーヤーであり、そして社会奉仕にも積極的に取り組む素晴らしい人物だ。したがって、今回の決定に関しては、2014年のブラジル・ワールドカップで彼が示した見事なキャプテンシーによるものだけではないことを強調したい」

▽なお、ラーム氏はドイツ代表名誉主将の称号を与えられた歴代6人目の元選手となる。過去には1954年のスイスW杯で“ベルンの奇跡”と評された初優勝時のキャプテンである、フリッツ・ヴァルター氏、1954~1970年まで活躍した伝説的ストライカーのウーヴェ・ゼーラー氏、“皇帝”フランツ・ベッケンバウアー氏、“闘将”ローター・マテウス氏、1990年のイタリアW杯、ユーロ1996での優勝に貢献したユルゲン・クリンスマン氏の5人が同称号を与えられていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ドイツ代表MFルディが鼻骨骨折で手術を実施! 離脱はせず今後はフェイスマスク着用でプレーか

▽ドイツサッカー協会(DFB)は24日、MFセバスティアン・ルディが鼻骨の手術を受けたことを発表した。 ▽ルディは23日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループF第2節のスウェーデン戦に先発出場。しかし、25分にオラ・トイヴォネンのスパイクのかかとが顔面に直撃すると、ルディは鼻から激しく出血。 ▽その後、治療を受けてプレー続行を試みたルディだが、31分にイルカイ・ギュンドアンとの交代を余儀なくされた。 ▽DFBの発表によると、ルディは鼻骨骨折と診断されたとのこと。なお、ルディはすでに鼻骨の手術を受けており、代表メンバーから離脱はせずに今後はフェイスマスクを着用してプレーするという。 2018.06.25 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

劇的勝利も辛口評価?英『BBC』が白熱のドイツvsスウェーデンを採点

ロシア・ワールドカップは23日にグループFの試合が行われ、ドイツはスウェーデンに2-1と勝利した。この試合を、イギリス『BBC』が採点している。<br><br>初戦黒星スタートとなった前回大会王者ドイツは、負ければ敗退が決定するという状況でスウェーデン戦に臨んだ。前半に失点して苦しい状態が続いたが、後半開始早々にFWマルコ・ロイスが同点弾。退場者を出し、このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにクロースがFKからネットを揺らし、劇的な逆転勝利を収めた。<br><br>この試合を受け、『BBC』は各選手を採点。マン・オブ・ザ・マッチには、先制点を挙げたスウェーデンFWオラ・トイヴォネンを選出した。採点は「7.86」となっている。また、次点は同国GKロビン・オルセンの「7.41」。敗れたスウェーデンだが、6人が7点を超える高評価となった。<br><br>一方ドイツは、最高点が逆転弾のクロース。しかし、採点は「6.56」にとどまった。次点はロイスの「5.94」となっており、6点台は1人だけに。退場したジェローム・ボアテングには「3.31」と、厳しい評価を下している。<br><br>『BBC』は、ドイツが勝利したものの、良い戦いを見せたのはスウェーデンと評価しているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.06.24 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「最後にはドイツが勝つ」リネカー氏が名言をアップデート!

▽元イングランド代表で現在はイギリス『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるギャリー・リネカー氏が、独特の言い回しでドイツ代表を称えた。自身のツイッター公式アカウント(@GaryLineker)上に投稿している。 ▽23日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループF第2節のドイツ代表vsスウェーデン代表が行われ、ドイツが2-1で勝利した。初戦を落としており負ければ敗戦濃厚、引き分けても自力突破消滅という崖っぷちの状況で試合に臨んだドイツ。試合開始直後の攻勢が実らずスウェーデンに痛恨の先制点を許すと、後半初めにMFマルコ・ロイスの得点で追いついたものの試合終了間際にDFジェローム・ボアテングが退場してしまう事態に。しかし、アディショナルタイムに入った95分にMFトニ・クロースが決勝点を沈め、劇的な生還を果たした。 ▽この試合を観戦していたリネカー氏は、以下のようにドイツの強さを表現した。 「フットボールはシンプルなゲームだ。22人の男たちが82分間ボールを追いかけて、ドイツ人たちが退場者を出して13分間は21人がボールを追いかける。そして、最後にはドイツがこうやってクソ勝ちやがる」 ▽リネカー氏は、現役選手として参加した1990年のイタリアW杯準決勝ドイツ戦でPK戦の末に敗れた際にも、「フットボールというのは単純なスポーツだ。22人の男たちが90分間ボールを追いかける。そして、最後にはドイツが勝つ」というコメントを残していた。今回のドイツの試合を目の当たりして、自身の過去の名言をアップデートせざるを得なかったようだ。 2018.06.24 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ロイスもびっくり! 起死回生弾のクロースをあがめる

▽ドルトムントに所属するドイツ代表MFマルコ・ロイスがスウェーデン代表戦後にコメントを残した。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽初戦で黒星を喫する波乱スタートのドイツ代表は23日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループF第2節でスウェーデン代表と対戦。ロイスの得点で同点に追いついた中で退場者を出す苦境に立たされたが、後半アディショナルタイムのラストプレーからMFトニ・クロースのFK弾が決まり、劇的勝利を飾った。 ▽ロイスは試合後、今大会初白星に安堵の様子を見せつつ、渾身の直接FKから決勝点をマークしたクロースについて次のように話した。 「純粋に興奮したよ。今大会を通じて、試合終盤の得点がいくつか生まれている。僕らは何としても勝ちたかった」 「トニ・クロースの得点はすごかったね。ラストプレーで勝利をもたらすなんてアメージングさ。敬意を表するよ」 2018.06.24 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

劇的勝利のドイツ代表レーブ監督、運も味方に付けた「妥当な勝利」と評価

「自分たちを信じ、前方へと向かい続けた。妥当な勝利だ」<br><br>23日に行われた201FIFAワールドカップ・ロシア、グループFの第2節でドイツ代表とスウェーデン代表が対戦。ヨーロッパ勢同士の一戦は、2-1でドイツに軍配が上がった。劇的勝利を飾ったヨアヒム・レーブ監督の言葉を、ドイツ『ARD』が伝えている。<br><br>同点で迎えた後半アディショナルタイム。FKのチャンスを得たドイツは、MFトニ・クロースがFWマルコ・ロイスを使ってタイミングをずらし、鮮やかなシュートをゴールに沈めた。監督は「アディショナルタイムでのゴール、退場者を出した状況で勝てた。運に助けられたと言えるだろう」と総括する。<br><br>「スウェーデンには2つのチャンスしかなかったが、そのうち1つが彼らのゴールにつながった。いずれも我々のミスが彼らの好機の起点となっている」と失点の要因を分析。それでも「メキシコ代表戦(0-1で敗戦)に比べて、ミスの数がだいぶ減った」と評価する。<br><br>「攻撃的なスタイルのチームなので、もちろんリスクは常にある。だが、スウェーデン戦に関しては(メキシコ戦より)うまくゲームメイクができたし、ファイナルサードに入れたんだ。それに相手を圧倒することにも成功した」<br><br>MFメスト・エジルは、この試合をベンチから見守ることに。今回、主要大会において、自身初めてのスタメン落ちを経験することになった。<br><br>「それが何を示しているのか? 全試合を同じメンバーで戦い抜くのは難しいということだよ。だが、メスト・エジル、彼の創造性は、この大会で絶対にまた必要になってくると信じている」<br><br>スウェーデン戦で負傷交代を強いられたMFセバスティアン・ルディについて、レーブ監督は「鼻を骨折したみたいだ」と認め、グループリーグ第3節・韓国代表戦への出場を懸念。一方、スウェーデン戦を欠場したDFマッツ・フンメルスは「高い確率で」次戦には出場できるようだ。<br><br>ドイツ代表は、2試合を終えて勝ち点3の2位。27日に運命の韓国戦を迎える。<br><br>提供:goal.com 2018.06.24 12:35 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース