ELラウンド32進出チームが決定! 南野と酒井にCL敗退組の香川の3選手が決勝Tへ《EL》2017.12.08 07:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽7日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ全日程が終了した。この結果、ラウンド32に進出する32チームが決定した。▽例年、混戦模様のグループステージにおいて12の厳しいグループを首位で制したのは、優勝候補のアーセナルやミラン、アタランタ、ラツィオのイタリア勢、ビジャレアルとアスレティック・ビルバオのスペイン勢、ディナモ・キエフ、ゼニトといったチャンピオンズリーグ(CL)やEL常連チームらとなった。

▽日本人選手が所属するクラブでは、MF南野拓実が在籍するザルツブルクが唯一の首位通過。さらに、そのザルツブルクと同じグループIに入ったDF酒井宏樹が所属するマルセイユが2位通過を果たした。一方、FW大迫勇也の所属するケルン、MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンのドイツ勢2チームはグループステージ敗退となった。

▽2位通過チームでは、リヨンやニース、レアル・ソシエダといった5大リーグに所属する名門チームが順当に突破を決めた。また、パルチザンとレッドスター・ベオグラードのセルビア勢や初出場のエステルスンド(スウェーデン)といった伏兵も見事に突破を決めている。

Getty Images
▽また、ELラウンド32には今回のグループステージを突破した24チームに加え、CLグループステージ3位敗退組のMF香川真司擁するドルトムントやナポリ、アトレティコ・マドリーといった強豪8チームが新たに参戦することになる。

▽なお、ELラウンド32の対戦カードを決める組み合わせ抽選会は12月11日にスイスのニヨンで行われる。また、1stレグは来年2月15日に。2ndレグは同月22日に開催される。

▽ELラウンド32ではグループステージ首位通過12チームとCL3位敗退組の上位4チームによるシードチーム、グループステージ2位通過の12チームとCL3位敗退組の下位4チームによるノンシードチームが必ず対戦する。しかし、同じグループに同居したチーム、同一リーグ協会(同国)に所属するチーム同士が対戦することはない。ELラウンド32進出チームは以下のとおり。

◆EL決勝トーナメント進出チーム
▽グループA
1.ビジャレアル(スペイン)
2.アスタナ(カザフスタン)

▽グループB
1.ディナモ・キエフ(ウクライナ)
2.パルチザン(セルビア)

▽グループC
1.ブラガ(ポルトガル)
2.ルドゴレツ(ブルガリア)

▽グループD
1.ミラン(イタリア)
2.AEKアテネ(ギリシャ)

▽グループE
1.アタランタ(イタリア)
2.リヨン(フランス)

▽グループF
1.ロコモティフ・モスクワ(ロシア)
2.コペンハーゲン(デンマーク)

▽グループG
1.ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
2.ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)

▽グループH
1.アーセナル(イングランド)
2.レッドスター・ベオグラード(セルビア)

▽グループI
1.ザルツブルク(オーストリア)
2.マルセイユ(フランス)

▽グループJ
1.アスレティック・ビルバオ(スペイン)
2.エステルスンド(スウェーデン)

▽グループK
1.ラツィオ(イタリア)
2.ニース(フランス)

▽グループL
1.ゼニト(ロシア)
2.レアル・ソシエダ(スペイン)

◆CLグループステージ3位敗退チーム
CSKAモスクワ(ロシア)※
アトレティコ・マドリー(スペイン)※
RBライプツィヒ(ドイツ)※
スポルティング・リスボン(ポルトガル)※

スパルタク・モスクワ(ロシア)
ナポリ(イタリア)
ドルトムント(ドイツ)
セルティック(スコットランド)

※はシードチーム
コメント
関連ニュース
thumb

モウリーニョ、エメリにエジルの指導法を伝授「愛情と厳しさの均衡を見つけなければ」

前マンチェスター・ユナイテッド監督のジョゼ・モウリーニョ氏が、アーセナルのウナイ・エメリ監督がMFメスト・エジルの起用を控えている状況について、自身の見解を述べた。<br><br>エメリ監督は直近4試合でベンチ外とするなど、エジルをまるで構想外のように扱っている。レアル・マドリーでエジルを指導した経験があるモウリーニョ監督は、この状況についてイギリス『Beinスポーツ』でコメントした。<br><br>ポルトガル人指揮官曰く、エジルを生かすには「愛情と厳しさの均衡」、つまりは飴と鞭が必要であるという。<br><br>「彼は私と一緒にいたとき、信じられないほど良いプレーを見せた。ウナイとはそういうプレーができないのだろう。おそらく、エメリとは並外れたプレーを見せ、私とはそうできない選手だっているはずだ」<br><br>「エジルは均衡が必要なタイプの選手だ。彼に対しては厳しいだけではダメで、愛情だって与えなくてはいけない。しかし愛情だけでもダメで、厳しさだって必要だ。均衡を見つける必要があるんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.21 23:41 Mon
twitterfacebook
thumb

出場機会が与えられないエジル、エメリ監督「他の選手と同じように信頼している」

アーセナルのウナイ・エメリ監督はドイツ代表MFメスト・エジルについてチームのプランに含まれていることを強調した。<br><br>エジルは今シーズン、エメリ監督の信頼を得られず、プレミアリーグでわずか155分間の出場にとどまっている。最後にプレー機会を得たのは11月11日のウォルヴァーハンプトン戦となっている。しかし、19日のチェルシー戦ではエジルをベンチ入りさせ、エメリ監督はこのように話す。<br><br>「彼はプレーする準備はできていたが、私が出さない決断を下した。彼とも話し、チェルシー戦のために準備させたかった。他の選手と同じように次の試合にもね。彼がチェルシー戦でプレーしていれば、信頼していたと思うし、私が求めるプレーができただろう。これからの数試合ですべての選手が必要になるし、彼のクオリティもそうだ」<br><br>移籍のうわさも流れる一方で、エジルはアーセナルを離れることを求めていないとも伝えられる。エメリ監督の信頼を勝ち取り、再びチームにとって不可欠な存在となれるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.21 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ハメス、今季はバイエルンでプレーか

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの今冬移籍は実現しなさそうだ。『ESPN』が報じた。 バイエルン加入2年目の今シーズン、ここまでブンデスリーガ5試合の先発機会にとどまり、ニコ・コバチ新監督に対する不満報道が錯綜するハメス。そうした状況を受け、かつてレアル・マドリーやバイエルンで指導したカルロ・アンチェロッティ監督率いるナポリのほか、アーセナルの関心が取り沙汰され、今冬の去就に注目が集まっている。 だが、『ESPN』が選手に近しい人物の証言として報じたところによれば、渦中のハメスは今冬の移籍を考えてない様子。レンタル期間満了となる今シーズンいっぱいはバイエルンにとどまる意向を示しており、さらに2019-20シーズン以降も残留するプランがあるという。 バイエルンと保有権を持つレアル・マドリーは2017年夏、ハメスの移籍に関して、2年間のレンタル契約で合意。この契約には4200万ユーロ(約52億3000万円)の買取オプションが付随している。 2019.01.21 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー戦負傷のベジェリン、今季絶望か

アーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリンに残りのシーズンを棒に振る可能性が浮上している。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。 19日に行われたプレミアリーグ第23節のチェルシー戦で先発出場し、1カ月ぶりに復帰したベジェリン。しかし、70分手前に球際で競り合った際に左ヒザを痛めたようで、ストレッチャーに乗せられてピッチを後に。試合後、ウナイ・エメリ監督は「負傷はおそらく深刻なものだろう」と語っていた。 公式の診断結果についてはまだ未発表だが、今回伝えられるところによると、ベジェリンは前十字じん帯を損傷した可能性がある模様。その場合、6カ月から9カ月間の離脱を余儀なくされ、来シーズン開幕にも間に合わない可能性があるようだ。最良の結果だったとしても、半月板の損傷である可能性が高く、長期間離脱することに変わりはなさそうだ。 ベジェリンは今シーズンここまでプレミアリーグ19試合に出場しており、同選手の離脱はアーセナルに大きな影響を与えることになりそうだ。 2019.01.21 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

エジルはガナーズ愛忘れず! チェルシー戦後に「素晴らしいプレーをした」

アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジルが、チームメイトの戦いぶりを喜んでいる。イギリス『メトロ』が伝えた。 アーセナルは19日、プレミアリーグ第23節でチェルシーとの“ロンドン・ダービー”に臨み、2-0で勝利。退団も噂されるMFラムジーを中心とした高いインテンシティを維持してチェルシーMFジョルジーニョにゲームを作らせずに勝ち点を「44」まで積み上げ、4位チェルシー(勝ち点47)との勝ち点差を「3」まで縮めた。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けての大きな一勝だ。 しかし、その試合ではまたしてもエジルに出場機会は与えられず。周囲から売却を議論されながらも残留を決断したとされる同選手に、ウナイ・エメリ監督はチャンスを与えなかった。 それでも、世代屈指のプレーメーカーはチームへの愛情を忘れてはいないようだ。アーセナル戦直後に自身インスタグラム(m10_official)を更新し、以下のように勝利を喜んでいる。 「今夜、チームの全員におめでとうを言うよ。ガナーズは素晴らしいプレーをした」 「エクトル・ベジェリンが早期に回復することを祈るよ」 なお、この投稿には自身が写っていないチームメイトが得点を喜んでいる様子の写真を添付。実際の心中がどのようなものかは定かではないが、チームの和を重んじる姿勢を見せた10番の再起を期待したいところだ。 2019.01.20 19:00 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース