ELラウンド32進出チームが決定! 南野と酒井にCL敗退組の香川の3選手が決勝Tへ《EL》2017.12.08 07:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽7日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ全日程が終了した。この結果、ラウンド32に進出する32チームが決定した。

▽例年、混戦模様のグループステージにおいて12の厳しいグループを首位で制したのは、優勝候補のアーセナルやミラン、アタランタ、ラツィオのイタリア勢、ビジャレアルとアスレティック・ビルバオのスペイン勢、ディナモ・キエフ、ゼニトといったチャンピオンズリーグ(CL)やEL常連チームらとなった。

▽日本人選手が所属するクラブでは、MF南野拓実が在籍するザルツブルクが唯一の首位通過。さらに、そのザルツブルクと同じグループIに入ったDF酒井宏樹が所属するマルセイユが2位通過を果たした。一方、FW大迫勇也の所属するケルン、MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンのドイツ勢2チームはグループステージ敗退となった。

▽2位通過チームでは、リヨンやニース、レアル・ソシエダといった5大リーグに所属する名門チームが順当に突破を決めた。また、パルチザンとレッドスター・ベオグラードのセルビア勢や初出場のエステルスンド(スウェーデン)といった伏兵も見事に突破を決めている。

Getty Images
▽また、ELラウンド32には今回のグループステージを突破した24チームに加え、CLグループステージ3位敗退組のMF香川真司擁するドルトムントやナポリ、アトレティコ・マドリーといった強豪8チームが新たに参戦することになる。

▽なお、ELラウンド32の対戦カードを決める組み合わせ抽選会は12月11日にスイスのニヨンで行われる。また、1stレグは来年2月15日に。2ndレグは同月22日に開催される。

▽ELラウンド32ではグループステージ首位通過12チームとCL3位敗退組の上位4チームによるシードチーム、グループステージ2位通過の12チームとCL3位敗退組の下位4チームによるノンシードチームが必ず対戦する。しかし、同じグループに同居したチーム、同一リーグ協会(同国)に所属するチーム同士が対戦することはない。ELラウンド32進出チームは以下のとおり。

◆EL決勝トーナメント進出チーム
▽グループA
1.ビジャレアル(スペイン)
2.アスタナ(カザフスタン)

▽グループB
1.ディナモ・キエフ(ウクライナ)
2.パルチザン(セルビア)

▽グループC
1.ブラガ(ポルトガル)
2.ルドゴレツ(ブルガリア)

▽グループD
1.ミラン(イタリア)
2.AEKアテネ(ギリシャ)

▽グループE
1.アタランタ(イタリア)
2.リヨン(フランス)

▽グループF
1.ロコモティフ・モスクワ(ロシア)
2.コペンハーゲン(デンマーク)

▽グループG
1.ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
2.ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)

▽グループH
1.アーセナル(イングランド)
2.レッドスター・ベオグラード(セルビア)

▽グループI
1.ザルツブルク(オーストリア)
2.マルセイユ(フランス)

▽グループJ
1.アスレティック・ビルバオ(スペイン)
2.エステルスンド(スウェーデン)

▽グループK
1.ラツィオ(イタリア)
2.ニース(フランス)

▽グループL
1.ゼニト(ロシア)
2.レアル・ソシエダ(スペイン)

◆CLグループステージ3位敗退チーム
CSKAモスクワ(ロシア)※
アトレティコ・マドリー(スペイン)※
RBライプツィヒ(ドイツ)※
スポルティング・リスボン(ポルトガル)※

スパルタク・モスクワ(ロシア)
ナポリ(イタリア)
ドルトムント(ドイツ)
セルティック(スコットランド)

※はシードチーム

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、ウェストハム戦で負傷したエルネニーの左ヒザじん帯損傷を発表

▽アーセナルは23日、エジプト代表MFモハメド・エルネニーが負傷したことを発表した。 ▽エルネニーは22日に行われたプレミアリーグ第35節のウェストハム戦(4-1でアーセナルが勝利)に先発出場したが、前半終了間際の45分に負傷交代。23日に行われた検査の結果、左ヒザじん帯損傷と診断された。 ▽現時点でイルザンカーの離脱期間は不明なものの、フランス『レキップ』によると、エルネニーの全治は3週間程度になり、リハビリが順調に進めば、2カ月後に控えるロシア・ワールドカップ本大会の出場は十分に可能だという。 ▽2016年1月にバーゼルから500万ポンドで加入したエルネニーは、これまでアーセナルで公式戦71試合に出場し、今季はここまで公式戦31試合に出場している。 2018.04.24 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

担架で運び出されたエルネニーについてヴェンゲル「あまり良い状態には思えない」

▽アーセナルのエジプト代表MFモハメド・エルネニーだが、ロシア・ワールドカップ出場に黄信号かもしれない。試合後にアーセン・ヴェンゲル監督が状態を明かした。 ▽エルネニーは、22日に行われたプレミアリーグ第35節のウェストハム戦に先発出場。しかし45分、ルーズボールを処理しようとしたエルネニーとノーブルのスパイク同士が接触。エルネニーはその場に倒れ込み、ストレッチャーで運びだされて交代となった。 ▽試合後、ヴェンゲル監督はエルネニーの状態についてコメント。足首を負傷したと見られており、ワールドカップに関する明言は避けたものの、良い状態ではないと明かした。 「残念なことにあまり良い状態には思えない。彼はX線検査を受けることになる。どれほど悪いのかは分からないが、良い状態とは思えない」 ▽エルネニーは、エジプト代表としてロシア・ワールドカップのアフリカ予選を戦っており、2017年には予選を含む14試合中11試合でプレー。ロシア・ワールドカップ出場も濃厚と見られていた。アーセナルにとっても、エジプト代表にとっても、重傷でないことを願うばかりだろう。 2018.04.23 11:33 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、アーセナル退団決断の真相…「ファンの団結力低下」が一因に

▽今シーズン限りでアーセナルを去るアーセン・ヴェンゲル監督がその決断に至った経緯を明かした。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽在任22年間でプレミアリーグ3回、FAカップ7回のタイトル獲得を誇るヴェンゲル監督。プレミアリーグ優勝から14年も遠ざかり、今シーズンも6位と在任中で最低の成績に終わる可能性も高まる中、20日にクラブを通じて今シーズン終了後の退任を発表した。 ▽68歳のフランス人指揮官は、退任発表後初の指揮となる22日に行われたプレミアリーグ第35節のウェストハム戦後、退く理由について次のように言及。ファンの団結力低下を一因に挙げた。 「このクラブはイングランド国内に限らず、世界中で支持されるべきだ」 「我々のファンには団結してもらいたかったのだが、そうじゃなかった。傷ついた」 「怒ってはいない。愚かな見出しを付けられたくもない」 「私のキャラクターがクラブの歩むべき道を妨げているのかもしれないと感じただけだ」 「それが私の言いたいことだ。ファンについては何もない」 「私はこのクラブを率いてたくさんの国に赴き、尊敬されていると思った」 「私はそういった状況を守っていきたい」 2018.04.23 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ヴェンゲル最後のロンドン・ダービーで4発大勝! ELアトレティコ戦に弾み《プレミアリーグ》

▽アーセナルは22日、プレミアリーグ第35節でウェストハムとホームで対戦し、4-1で勝利した。 ▽先日、アーセン・ヴェンゲル監督の退任を発表したアーセナル。1996年の就任以来、実に22年もの間指揮を執った名将に残されたリーグ戦が5試合となった中、今節は残留争いを強いられているウェストハムをホームに迎えた。 ▽前節ニューカッスルに競り負けリーグ戦連勝が「3」でストップしたアーセナル。公式戦3試合ぶりの勝利と、4日後に控えるヨーロッパリーグのアトレティコ・マドリー戦を見据えて、前節から5選手を変更。GKオスピナ、コシエルニー、ベジェリン、ラムジー、ウェルベックらが先発に名を連ねた。 ▽試合は大方の予想通りアーセナルが支配する展開に。次々とゴールに迫るアーセナルは9分に左CKからコシエルニーがヘディングシュート。これは左に外れる。対してウェストハムも13分、自陣からのパスに抜け出したアルナウトビッチがボックス左に侵入しシュートを放つ。厳しい角度からのシュートはGKオスピナが横っ飛びで弾き出した。 ▽高い支配率を誇るアーセナルだがなかなか決定的なチャンスが作り出せない。25分には、ウェルベックがボックス外左からシュートを放つがわずかに枠の右へ。35分にはベジェリンのクロスから再びウェルベックがヘディングでゴールに迫るがネットを揺らせない。 ▽そんな中、アーセナルにアクシデントが襲う。45分にエルネニーがノーブルとの接触で続行不可能に。担架で運ばれ、ナイルズとの交代を余儀なくされた。前半はウェストハムの粘り強い守備も光り、ゴールレスで試合を折り返すことになった。 ▽迎えた後半、アーセナルは51分に左CKを獲得すると、ジャカのクロスに合わせたのがモンレアル。ムスタフィが相手を引きつけたことによって生まれたスペースに入り込み、左足を丁寧に合わせて先制点を奪った。 ▽失点したウェストハムは60分にジョアン・マリオとE・フェルナンデスを下げてエルナンデスとランシーニを投入。するとこの交代から4分後の64分、クヤテのミドルシュートのこぼれ球を自らランシーニに繋げると、ランシーニはボックス左に展開。フリーで受けたアルナウトビッチはそこから左足を振り抜きゴール右隅へシュートを突き刺した。 ▽同点とされたアーセナルは70分に、イウォビを下げてオーバメヤンをピッチへ送り込む。72分にはジャカがボックス左からシュートを放つが、GKハートがファインセーブ。79分にもウェルベックが際どいコースを狙ったシュートを見舞うがここでもGKハートが立ちはだかった。 ▽なかなかゴールが遠いアーセナルだったが82分、右サイドのクロスの流れ球を逆サイドでラムジーが回収すると右足でクロスを供給。ゴール前のオーバメヤンは、このボールをあえて見送ると、クロスはそのままゴールに流れ込みアーセナルが勝ち越し点を奪った。 ▽アーセナルはさらに、85分にウェルベックの突破からオーバメヤンを経由してボックス右のラカゼットに渡ると、ここから豪快なシュートを突き刺して3-1に。89分には、ボックス左を突破したラムジーのパスを再びラカゼットが押し込んで試合を決定づける4点目を沈めた。 ▽試合はここで終了。ヴェンゲル監督にとってアーセナルで最後のロンドン・ダービーを4-1の快勝で締めくくった。 2018.04.22 23:32 Sun
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、ヴェンゲルの後任候補のヴィエラに言及「すでにトップレベルの監督」

マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は、退任が発表されたアーセン・ヴェンゲル監督の後任として名前の挙がっているパトリック・ヴィエラはすでにトップレベルの監督だと語った。<br><br>ヴィエラは現役時代、ヴェンゲル監督の下でアーセナルの黄金期を支え、03-04シーズンのプレミアリーグ無敗優勝達成時にはキャプテンを務めていた。引退後はマンチェスター・シティでのエリート育成マネージャーを経て、2016年よりMLSのニューヨーク・シティを指揮。今季は7試合を消化した時点で首位に立っている。<br><br>ニューヨーク・シティと同じシティ・フットボール・グループ傘下であるマンチェスター・シティのグアルディオラは、ヴィエラがトップレベルの監督になれるかとの質問に「すでになっている」と答えた。<br><br>「(ヴェンゲルの退任発表後)多くの名前が挙がっているが、アーセナルは最善の選択をするだろう。そして、もちろん彼は準備ができている。これから名前が挙がってくるであろう全員がその準備ができていると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 20:53 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース