ELラウンド32進出チームが決定! 南野と酒井にCL敗退組の香川の3選手が決勝Tへ《EL》2017.12.08 07:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽7日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ全日程が終了した。この結果、ラウンド32に進出する32チームが決定した。

▽例年、混戦模様のグループステージにおいて12の厳しいグループを首位で制したのは、優勝候補のアーセナルやミラン、アタランタ、ラツィオのイタリア勢、ビジャレアルとアスレティック・ビルバオのスペイン勢、ディナモ・キエフ、ゼニトといったチャンピオンズリーグ(CL)やEL常連チームらとなった。

▽日本人選手が所属するクラブでは、MF南野拓実が在籍するザルツブルクが唯一の首位通過。さらに、そのザルツブルクと同じグループIに入ったDF酒井宏樹が所属するマルセイユが2位通過を果たした。一方、FW大迫勇也の所属するケルン、MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンのドイツ勢2チームはグループステージ敗退となった。

▽2位通過チームでは、リヨンやニース、レアル・ソシエダといった5大リーグに所属する名門チームが順当に突破を決めた。また、パルチザンとレッドスター・ベオグラードのセルビア勢や初出場のエステルスンド(スウェーデン)といった伏兵も見事に突破を決めている。

Getty Images
▽また、ELラウンド32には今回のグループステージを突破した24チームに加え、CLグループステージ3位敗退組のMF香川真司擁するドルトムントやナポリ、アトレティコ・マドリーといった強豪8チームが新たに参戦することになる。

▽なお、ELラウンド32の対戦カードを決める組み合わせ抽選会は12月11日にスイスのニヨンで行われる。また、1stレグは来年2月15日に。2ndレグは同月22日に開催される。

▽ELラウンド32ではグループステージ首位通過12チームとCL3位敗退組の上位4チームによるシードチーム、グループステージ2位通過の12チームとCL3位敗退組の下位4チームによるノンシードチームが必ず対戦する。しかし、同じグループに同居したチーム、同一リーグ協会(同国)に所属するチーム同士が対戦することはない。ELラウンド32進出チームは以下のとおり。

◆EL決勝トーナメント進出チーム
▽グループA
1.ビジャレアル(スペイン)
2.アスタナ(カザフスタン)

▽グループB
1.ディナモ・キエフ(ウクライナ)
2.パルチザン(セルビア)

▽グループC
1.ブラガ(ポルトガル)
2.ルドゴレツ(ブルガリア)

▽グループD
1.ミラン(イタリア)
2.AEKアテネ(ギリシャ)

▽グループE
1.アタランタ(イタリア)
2.リヨン(フランス)

▽グループF
1.ロコモティフ・モスクワ(ロシア)
2.コペンハーゲン(デンマーク)

▽グループG
1.ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
2.ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)

▽グループH
1.アーセナル(イングランド)
2.レッドスター・ベオグラード(セルビア)

▽グループI
1.ザルツブルク(オーストリア)
2.マルセイユ(フランス)

▽グループJ
1.アスレティック・ビルバオ(スペイン)
2.エステルスンド(スウェーデン)

▽グループK
1.ラツィオ(イタリア)
2.ニース(フランス)

▽グループL
1.ゼニト(ロシア)
2.レアル・ソシエダ(スペイン)

◆CLグループステージ3位敗退チーム
CSKAモスクワ(ロシア)※
アトレティコ・マドリー(スペイン)※
RBライプツィヒ(ドイツ)※
スポルティング・リスボン(ポルトガル)※

スパルタク・モスクワ(ロシア)
ナポリ(イタリア)
ドルトムント(ドイツ)
セルティック(スコットランド)

※はシードチーム

コメント

関連ニュース

thumb

次期日本代表監督筆頭にヴェンゲル 英紙報道

▽イギリス『デイリー・メール』は、アーセン・ヴェンゲル氏(68)が日本代表監督に就任する可能性を報じた。 ▽かつて名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)を率いたことで知られるヴェンゲル氏は、2017-18シーズンを最後に22年間指揮を執ったアーセナルを退団。今後も指導者業の続投を示唆していることから、新天地に注目が集まっている。 ▽東京五輪世代を率いる森保一監督にA代表監督のポストを託す可能性が囁かれる日本サッカー協会(JFA)だが、『デイリー・メール』によれば、ヴェンゲル氏を次期同国代表監督の筆頭に挙げ、長期の指揮を視野に招へいに動いている模様だ。 ▽伝えられるところによると、ヴェンゲル氏は代表ではなく、クラブを率いることを希望している様子。しかし、ヨーロッパでそれを叶える機会は限られており、日本に対する愛着が代表監督就任に突き動かす可能性があるという。 2018.07.20 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルと“キャンクラ”の融合? 有能サイエンティストがケガを減らす?

▽今夏の移籍市場で順調に補強を進めるアーセナルが一風変わった補強を行ったようだ。イギリス『Training Ground Guru』が伝えている。 ▽アーセン・ヴェンゲル体制からウナイ・エメリ新体制に移行したアーセナルは、今夏ここまでDFシュテファン・リヒトシュタイナー、GKベルント・レノ、DFソクラティス・パパスタソプーロス、MFルーカス・トレイラ、MFマッテオ・グエンドウジの5選手を獲得している。 ▽さらに、クラブは新たなチームスタッフとして一風変わった経歴を持つ有能なサイエンティストを獲得した。 ▽『Training Ground Guru』によると、アーセナルは今月からバックルームのスタッフとしてロシア人サイエンティストのミハイル・ジルキン氏を雇用したという。 ▽世界最大級のビジネス特化型SNS『LinkedIn』の経歴によると、ジルキン氏はモスクワ物理工科大学の大学院を卒業し、応用物理学と数学の修士号を取得している。また、興味のある分野として合理的思考、自動化、データ視覚化、機械学習、フットボールを挙げているデータサイエンティストだ。 ▽さらに特筆すべきは同氏がスマートフォン向けの人気アプリゲーム『キャンディークラッシュ』のシニア・データ・サイエンティストとして活躍していたという点だ。 ▽これまでフットボール界とは無縁の職歴を築いてきたジルキン氏だが、アーセナルではそのデータ分析力を生かしてケガやフィジカルデータなどに関する仕事に携わるようだ。 ▽なお、ヴェンゲル体制では毎年のように多くの負傷者に悩まされたアーセナルだが、有能サイエンティストの加入は負傷者減少に繋がるのか注目したいところだ。 2018.07.19 19:06 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルトがアーセナルから2015年U-17W杯MVPのMFヌワカリをレンタルで獲得

▽ポルトは18日、アーセナルからナイジェリア人MFケレチ・ヌワカリ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2015年に行われたFIFA U-17ワールドカップで大会連覇を果たし、最優秀選手賞に当たるゴールデンボールを受賞したヌワカリは、2016年にナイジェリアのダイアモンド・フットボール・アカデミーからアーセナルに加入した。その後はオランダのMVVマーストリヒト、VVVフェンロへの武者修行に出ていた。 ▽昨季はMVVマーストリヒトで公式戦14試合に出場し1ゴール1アシストの数字を残している。 2018.07.19 14:34 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、補強6人目はバイエルンFWコマンか

▽アーセナルが、バイエルンに所属するフランス代表FWキングスレイ・コマン(22)獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽ウナイ・エメリ新体制を迎えるアーセナルはこれまで、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナー、ドイツ代表GKベルント・レノ、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイ、U-20フランス代表MFマッテオ・グエンドウジと次々と新戦力を獲得している。そんなガナーズが次なる補強に向けて注目しているのが、コマンだという。 ▽2017年にユベントスからバイエルンに完全移籍したコマンは、2017-18シーズンで公式戦33試合7ゴール8アシストを記録。アーセナルはそんな同選手獲得に向けて4400万ポンド(約64億円)を準備しているとのこと。 ▽同選手の補強については、アーセナルサポーターたちが運営するYouTubeチャンネル「Arsenal Fan TV」でも支持されており、同チャンネルの創設者であるロビーライル氏は、「アーセナルにとって完璧な選手だと」評価されているようだ。 2018.07.19 10:48 Thu
twitterfacebook
thumb

「自身の挑戦に囚われていた」ヴェンゲル氏がアーセナルでの22年間を後悔

元アーセナルのアーセン・ヴェンゲル氏は、22年間もの長期政権を築いたことは誤りだったと明かした。<br><br>1996年にアーセナルの指揮官に就任して以降、3度のプレミアリーグ優勝などクラブに数々のタイトルをもたらしたヴェンゲル氏。しかし、近年はチャンピオンズリーグ出場権を逃すなど低迷が続き、2017-18シーズンをもって22年間のアーセナルでのキャリアに終止符を打った。<br><br>アーセナルを退団して2カ月が経つものの、ヴェンゲル氏の新天地は依然として決まっていない。そんな中、フランス『RTL』の番組に出演した同氏はイングランドで長期政権を築いたことへの後悔を語った。<br><br>「1つのクラブに22年間も居続けたことが最大の誤りだった。私は新しいことや変化を好む人間で、挑戦することも好きだ。しかし、この間私は自分自身のチャレンジの囚人になっていた」<br><br>さらに、指揮官時代の苦悩について「多くの人を傷つけてきたことを後悔している。本当に多くの人を無視したし、家族や私に近い人のこともないがしろにした」と言及するも「しかし深く考えてみれば何かに熱中した人間は自分勝手で、好きなことばかりを追いかけている。多くのことを失ってでも骨を追いかけ続けるんだ」と持論を展開した。<br><br>そして、今後についての質問にも回答。「まだ何も決めていない。自分自身にも同様の質問を投げかけている。今までやってきたことをこれからも続けるのか? それとも今まで経験してきたことを別の方法で伝えていくのか? これは2、3カ月以内に答えを出す必要のあることだ」<br><br>将来についてはまだ何もわからないと話したヴェンゲル氏だが、1996年までいた日本に戻り、代表指揮官に就任するのではないのかとも報じられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.18 17:29 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース