ELラウンド32進出チームが決定! 南野と酒井にCL敗退組の香川の3選手が決勝Tへ《EL》2017.12.08 07:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽7日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ全日程が終了した。この結果、ラウンド32に進出する32チームが決定した。

▽例年、混戦模様のグループステージにおいて12の厳しいグループを首位で制したのは、優勝候補のアーセナルやミラン、アタランタ、ラツィオのイタリア勢、ビジャレアルとアスレティック・ビルバオのスペイン勢、ディナモ・キエフ、ゼニトといったチャンピオンズリーグ(CL)やEL常連チームらとなった。

▽日本人選手が所属するクラブでは、MF南野拓実が在籍するザルツブルクが唯一の首位通過。さらに、そのザルツブルクと同じグループIに入ったDF酒井宏樹が所属するマルセイユが2位通過を果たした。一方、FW大迫勇也の所属するケルン、MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンのドイツ勢2チームはグループステージ敗退となった。

▽2位通過チームでは、リヨンやニース、レアル・ソシエダといった5大リーグに所属する名門チームが順当に突破を決めた。また、パルチザンとレッドスター・ベオグラードのセルビア勢や初出場のエステルンド(スウェーデン)といった伏兵も見事に突破を決めている。

Getty Images
▽また、ELラウンド32には今回のグループステージを突破した24チームに加え、CLグループステージ3位敗退組のMF香川真司擁するドルトムントやナポリ、アトレティコ・マドリーといった強豪8チームが新たに参戦することになる。

▽なお、ELラウンド32の対戦カードを決める組み合わせ抽選会は12月11日にスイスのニヨンで行われる。また、1stレグは来年2月15日に。2ndレグは同月22日に開催される。

▽ELラウンド32ではグループステージ首位通過12チームとCL3位敗退組の上位4チームによるシードチーム、グループステージ2位通過の12チームとCL3位敗退組の下位4チームによるノンシードチームが必ず対戦する。しかし、同じグループに同居したチーム、同一リーグ協会(同国)に所属するチーム同士が対戦することはない。ELラウンド32進出チームは以下のとおり。

◆EL決勝トーナメント進出チーム
▽グループA
1.ビジャレアル(スペイン)
2.アスタナ(カザフスタン)

▽グループB
1.ディナモ・キエフ(ウクライナ)
2.パルチザン(セルビア)

▽グループC
1.ブラガ(ポルトガル)
2.ルドゴレツ(ブルガリア)

▽グループD
1.ミラン(イタリア)
2.AEKアテネ(ギリシャ)

▽グループE
1.アタランタ(イタリア)
2.リヨン(フランス)

▽グループF
1.ロコモティフ・モスクワ(ロシア)
2.コペンハーゲン(デンマーク)

▽グループG
1.ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
2.ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)

▽グループH
1.アーセナル(イングランド)
2.レッドスター・ベオグラード(セルビア)

▽グループI
1.ザルツブルク(オーストリア)
2.マルセイユ(フランス)

▽グループJ
1.アスレティック・ビルバオ(スペイン)
2.エステルンド(スウェーデン)

▽グループK
1.ラツィオ(イタリア)
2.ニース(フランス)

▽グループL
1.ゼニト(ロシア)
2.レアル・ソシエダ(スペイン)

◆CLグループステージ3位敗退チーム
CSKAモスクワ(ロシア)※
アトレティコ・マドリー(スペイン)※
RBライプツィヒ(ドイツ)※
スポルティング・リスボン(ポルトガル)※

スパルタク・モスクワ(ロシア)
ナポリ(イタリア)
ドルトムント(ドイツ)
セルティック(スコットランド)

※はシードチーム

コメント

関連ニュース

thumb

サンチェス、マンチェスター・Uへの移籍理由を明かす「クラブからの愛、勝利に飢えた監督」

マンチェスター・ユナイテッドへの加入が決まったアレクシス・サンチェスが、アーセナルからの移籍の理由を明かした。『MUTV』のインタビューに応えている。<br><br>ヘンリク・ムヒタリアンとのトレードでマンチェスター・Uへ移籍することとなったサンチェス。週給は、プレミアリーグ史上最高の45万ポンド(約7000万円)に上るとみられる。マンチェスター・Uでは、エリック・カントナ、デイヴィッド・ベッカム、クリスティアーノ・ロナウドなどの錚々たるメンバーが袖を通した伝統ある7番を与えられ、チームからの期待の高さが伺える。<br><br>長らくアーセナルからの移籍を志願していたと言われ、終盤の態度に非難が集まっていたサンチェス。移籍の理由にジョゼ・モウリーニョ監督の影響が大きいことを明かした。<br><br>「モウリーニョ監督は僕が必要だと言ってくれた。クラブからもその意志を感じることができた。7番のユニフォームを用意してくれていると聞いてとても感動したんだ。選手はチームから愛され、必要とされていることを実感する必要があるんだ。また、イタリア・スペインで優勝を収め、勝利に飢えている監督にも惹かれたのさ」<br><br>元バルセロナのチリ代表ストライカーは、伝統ある7番を背負ってプレーすることにとても興奮しているようだ。<br><br>「7番を与えられると聞いたときから様々なことを想像するようになったよ。チャンピオンズリーグのトロフィーを掲げて、プレミアリーグで優勝することをね。今は夢で溢れているんだ。このクラブにトロフィーを持ってくるために全力を尽くすよ」<br>提供:goal.com 2018.01.23 23:31 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル移籍のムヒタリアン、ユナイテッドに感謝「心からありがとう、みんなの幸運を祈っている」

▽アーセナルに移籍したアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(29)が、マンチェスター・ユナイテッドに感謝を告げた。 ▽2013年にシャフタールからドルトムント入りしたムヒタリアンは、その後の3シーズンで公式戦140試合に出場。特に2015-16シーズンはハイパフォーマンスを披露し、出場52試合で23ゴール32アシストの記録した。この活躍が認められて2016年7月にユナイテッドに加入。しかし、ユナイテッドでは一貫性のあるパフォーマンスを発揮できず、ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得ることができていない状況が続き、22日にチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)とのトレードという形でのアーセナル移籍が発表された。 ▽マンチェスター・ユナイテッドを退団したムヒタリアンは、自身のインスタグラム(micki_taryan)を更新。約1年半過ごしたクラブに感謝の言葉を送り、「心からありがとう」とメッセージを送った。 「マンチェスター・ユナイテッドの選手たち、スタッフ、そして特にファンの皆さんの愛情、情熱、サポートに対して心からありがとうと言いたい」 「ヨーロッパ・リーグを制覇したことで偉大なクラブの歴史に貢献することができ、その名誉を満喫することができた。僕はいつまでもその瞬間、試合の記憶を大事にするよ。ボクシングデーに決めたスコーピオンキック、自分のチャントを聴きながらピッチに足を踏み入れたことも」 「もっと多くの思い出を挙げることだってできるし、共有し、共に喜んだ全ての瞬間を楽しんだ。僕のキャリアのこの段階では、純粋にピッチに立ち、プレーを楽しまなくてはいけない。心からありがとう、そしてみんなの幸運を祈っている。これからも人生は続いていくよ」 2018.01.23 20:06 Tue
twitterfacebook
thumb

オーバメヤン噂のアーセナル、入れ替わりでジルーがドルトムントへ?

▽ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)を狙っていると噂されるアーセナル。一方、ドルトムントはアーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(31)に関心を持っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽2012年の夏にモンペリエからアーセナル入りしたジルーは、その後5シーズンにわたってレギュラー級の扱いで活躍していたものの、今シーズンは立場が変化。クラブが昨年の夏にFWアレクサンドル・ラカゼットを獲得したこともあり、ここまでのリーグ戦出場試合数は1試合にとどまっている。 ▽アーセナルは、22日にFWアレクシス・サンチェスがマンチェスター・ユナイテッドに移籍したことに伴うトレードとして、MFヘンリク・ムヒタリアンを獲得。しかし、アーセン・ヴェンゲル監督はさらなる補強を試みているとみられており、オーバメヤンの名前が頻繁に挙がっている。 ▽一方のドルトムントは、冬の移籍市場でジルーの獲得を目指している模様。しかし、アーセナルとドルトムントは、オーバメヤンとジルーは別々の交渉として考えているとのことだ。 ▽なお、アーセナルはオーバメヤン獲得に向けて既に4400万ポンド(約68億円)を提示したものの断られたと伝えられているが、5300万ポンド(約81億8000万円)前後の移籍金で数日以内に合意するのではないかとみられている。 2018.01.23 18:56 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍のサンチェス、アーセナルに感謝のメッセージ「ガナーズ全てをありがとう!」

▽マンチェスター・ユナイテッドに移籍したチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)が、アーセナルに感謝の言葉を送った。 ▽2006年に加入したウディネーゼでヨーロッパでのキャリアをスタートしたサンチェスは、バルセロナでの成功を経て2014年にアーセナルに加入。同クラブでは公式戦166試合に出場し、80ゴール46アシストを記録するなど絶対的な主力として活躍。2度のFAカップ制覇にも貢献した。しかし、今季終了までとなっていた現行契約の延長を固辞した末、22日にユナイテッドへの移籍が発表された。 ▽アーセナルを退団したサンチェスは、自身のインスタグラム(alexis_officia1)を更新。約3年半プレーした同クラブ、自身を支えてくれた全ての人に感謝を告げ、「彼らがいなければ何も成し遂げることはできなかった」とメッセージを送った。 「テクニカルスタッフ、メディカルチーム、クラブで多くの素晴らしい時を分かち合えたチームメイト、陰で支えてくれた人たちに感謝を伝えたい。毎日食事を準備してくれたり、シューズを綺麗に保ち、芝生を最高の状態に保ってくれた。彼らがいなければ何も成し遂げることはできなかった。僕らが良くなるために毎日助けてくれた。本当にありがとう」 「僕は最後までチームに貢献したいと思っていて、監督には最後までチームに残してくれるようお願いしていた。そして、100%の全力を尽くしたと言わなくてはいけなかった」 「ガナーズ全てをありがとう! 僕らが達成してきたこと、素晴らしい瞬間をクラブ、ファンに捧げたい。彼らの存在が最も重要だった。いつもAlexis Sanchez Babyを歌ってくれてありがとう!」 2018.01.23 09:48 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、サンチェスとのトレードでムヒタリアンを獲得! 「アーセナルでプレーは僕の長年の夢」

▽アーセナルは22日、マンチェスター・ユナイテッドからアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は長期とのみ記載されている。 ▽チリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)との等価トレードでアーセナルに加入したムヒタリアンは、クラブの公式サイトで移籍の喜びを語った。 「今回アーセナルとの契約を結ぶことができてとても嬉しいよ。アーセナルでプレーすることは僕の長年の夢だったんだ。僕はここでクラブの歴史に名を刻めるように最善を尽くすよ」 ▽また、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、ムヒタリアンについて以下のように語っている。 「ムヒタリアンは非常に完璧な選手だ。彼は多くのチャンスを演出するだけでなく、守備でも献身的なプレーでチームに貢献できる。私は彼がプレーヤーとして素質をすべて兼ね備えていると思っているよ」 ▽2013年にシャフタールからドルトムント入りしたムヒタリアンは、その後の3シーズンで公式戦140試合に出場。特に2015-16シーズンはハイパフォーマンスを披露し、出場52試合で23ゴール32アシストの記録した。この活躍が認められて2016年7月にユナイテッドに加入。しかし、ユナイテッドでは一貫性のあるパフォーマンスを発揮できず、ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得ることができていない状況だった。 2018.01.23 03:57 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース