ベッカム氏、イングランド代表に警鐘「ありきたりな言葉だけど…」2017.12.04 12:09 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が、ワールドカップについて言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽1日にモスクワで行われたロシア・ワールドカップの抽選会で、グループGに振り分けられた6大会連続15度目の出場となるイングランド代表。同グループには2大会連続13回目の出場となるベルギー代表、初出場のパナマ代表、2006年大会以来の本戦出場となるチュニジア代表が同居している。ベルギーを除いてパナマ、チュニジアと格下2チームが属すグループに入ったことで複数メディアは、イングランド代表の2大会ぶり決勝トーナメント進出が間違いないことが報じられている。

▽しかし、3度のワールドカップに出場したベッカム氏は、「簡単な試合などない」と注意を喚起している。

「ワールドカップでは、どんなチームが相手であっても簡単な試合などない。ありきたりな言葉だけど、これが真実なんだ」

「すべての試合が厳しい展開になる。それは5年前や10年前もそうだったし、今も変わらない」

「ここまで来ると全てのことが重要になってくる。今回の抽選は良いドローだったかもしれない。それでもタフな戦いになるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

デレ・アリは大腿部の軽微な筋損傷

▽イングランドサッカー協会(FA)は20日、イングランド代表MFデレ・アリの検査結果を発表した。 ▽デレ・アリは、18日に行われたロシア・ワールドカップの初戦となったチュニジア代表戦に出場。80分に、MFルベン・ロフタス=チークと交代していた。 ▽試合はFWハリー・ケインの活躍で勝利したイングランドだったが、19日のトレーニングにデレ・アリの姿はなく負傷と見られていた。 ▽FAの発表によると、デレ・アリは大腿部の筋肉に軽微な損傷があったとのこと。しかし、大事には至らず、経過を見守ることとなるようだ。 ▽イングランドは、24日に第2節でパナマ代表と、28日に第3節でベルギー代表と対戦する。 2018.06.20 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

デレ・アリ、太もも負傷で検査へ

▽イングランド代表のMFデレ・アリが、負傷した太ももの検査を受けるようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽イングランドは18日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループG第1節でチュニジア代表と対戦し、2-1で勝利した。先発出場したデレ・アリは前半に太ももを痛めたようだが、80分までプレー。これについてイングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督は「アリは続けて見守っていく必要がある。ハーフタイムの直前にほんの少し違和感を感じていたようだが、後半もプレーが可能だと思った」とコメントしていた。 ▽初戦を白星で飾ったイングランドは24日にパナマ代表と対戦。デレ・アリの状態は気がかりだが、果たして出場できるのだろうか。 2018.06.20 11:40 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月20日は、8年前“幻のゴール”で判定に泣かされた世界屈指のセンターハーフ

◆フランク・ランパード 【Profile】 国籍:イングランド 現役時代所属チーム:ウェストハム、チェルシー、マンチェスター・シティ etc 誕生日:1978年6月20日 ポジション:MF 身長:184㎝ 体重:88㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月20日は、元イングランド代表のMFフランク・ランパード氏だ。 ▽1995年にウェストハムでプロキャリアをスタートさせたランパード氏は、スウォンジー・シティへのレンタル移籍を経験しながら成長。1999年にはイングランド代表に初招集された。2001年にチェルシーへ移籍すると、すぐさまレギュラーの座を獲得。世界屈指のセンターハーフとして3度のプレミア制覇、チャンピオンズリーグ優勝に貢献した。チェルシーの黄金期を築いた同氏は、マンチェスター・シティとニューヨーク・シティでプレーした後、2017年2月に現役を引退。新シーズンからはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属するダービー・カウンティの監督を務めることが決定している。 ▽ランパード氏は、現在行われているW杯にドイツ大会から3度出場。その中でも印象に強い出来事の一つが2010年に行われた南アフリカW杯での“幻のゴール"だろう。決勝トーナメント1回戦のドイツ戦、1点リードされて迎えた前半38分にランパード氏の放ったボックス手前からのシュートがバーに直撃。そのままボールは下に落ち、ゴールラインを越えたかに見えたが、ゴールが認められず。結局イングランドは1-4で敗れた。 ▽不運に見舞われたランパード氏は「4万人(の観客)がゴールだと分かり、それが分からなかった人が2人いた」と主審と副審を遠回しに批判し、科学的に判断するための「ゴールライン・テクノロジー(GLT)」導入に賛同した。その出来事から4年後、ブラジル大会で初めてGLTが導入。そして今大会では、スタジアム外で常に数台のモニターで試合を監視するリプレーオペレーター4人と、主審がモニターで映像を観ながらプレーを確認できる「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」を初導入。今大会ではすでに両システムが活躍し、誤審の減少や判定の精度向上に役立っている。きっと今大会であればランパード氏のあのシュートはゴールと認められていただろう。しかし、あの不運がなければ、現在GLTもVARも使われていなかったかもしれない…。 ※誕生日が同じ主な著名人 ハビエル・パストーレ(サッカー選手/パリ・サンジェルマン) アスミル・ベゴビッチ(サッカー選手/チェルシー) 椎橋慧也(サッカー選手/ベガルタ仙台) 富田晋伍(サッカー選手/ベガルタ仙台) 本山雅志(サッカー選手/ギラヴァンツ北九州) 内村莉彩(アイドル/SUPER☆GiRLS) 水野由結(アイドル/元さくら学院・BABYMETAL) May J.(歌手) 相武紗季(女優) 鬼龍院翔(ミュージシャン/ゴールデンボンバー) 2018.06.20 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

サウスゲイト「あれがPKなら興味深い大会になる」チュニジア戦の判定に皮肉

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は、チュニジア戦で失点につながったPKの判定に疑問を呈した。<br><br>イングランド代表は18日、ロシア・ワールドカップのグループリーグ初戦でチュニジア代表と対戦。ハリー・ケインのゴールで先制に成功するも、カイル・ウォーカーがファハルディン・ベン・ユセフをつかんだとしてPKの判定。これをフェルヤニ・サーシが決め、同点に追いつかれた。しかし、ケインのこの日2点目となる決勝ゴールでイングランドが2-1で勝利を収めた。<br><br>無事に勝ち点3を獲得したイングランド代表だが、指揮官はチュニジアに与えられたPKの判定について記者会見で不満を露わにした。<br><br>「我々は酷い判定からうまく立て直し、冷静さを保つことができた。あるプレーでPKの判定をしたら、その後もPKを与えるべきだ。最初にファウルの判定をしたら、次に同じプレーが起きた時に(VARで)覆すことはできない。なぜならそれは明確なミスではないからだ」<br><br>すでに多くのPK判定が物議を醸している今大会だが、指揮官は皮肉混じりに次のように語った。<br><br>「もしあのようなプレーでPKを与えられるのなら興味深い大会になるだろう。相手側でも同じようなプレーが複数あったさ」<br><br>提供:goal.com 2018.06.19 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:チュニジア 1-2 イングランド《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループG第1節、チュニジア代表vsイングランド代表が18日にヴォルゴグラード・アリーナで行われ、2-1でイングランドが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽チュニジア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180619_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 22 ハッセン 5.0 2度のファインセーブを見せるも、15分足らずで無念の負傷交代 (→ファルーク・ベン・ムスタファ 5.5) 安定したセービングだったが最後の最後に失点 DF 11 ブロン 5.5 積極的に攻撃参加 2 ベン・ユセフ 6.0 試合を通してケインを押さえ続けたが、最後にやられてしまった 4 メリアー 5.5 相手FWに対して厳しくマークに付いていたがファウルを取られてもおかしくない場面も 12 マールル 5.0 攻守で目立った活躍は無かった MF 17 スクヒリ 5.0 中盤で相手を自由にさせ過ぎたか。より効果的なプレーが求められた 9 バドリ 5.5 トップ下で先発出場したパドリはこの日はチュニジアの頭脳として攻撃を組み立てた 13 サッシ 5.5 熱いプレーを見せた。PK弾でチュニジアに一時的に勢いをもたらした FW 8 ファハレディン 5.5 何度か突破を試みるも… 10 ハズリ 5.0 屈強なイングランドの守備陣を前に何もできず (→サベール・ハリファ -) 23 スリティ 5.5 効果的なプレーは見せられず (→ベン・アモール 5.0) 交代起用の期待に応えられなかった 監督 ナビル・マールル 5.5 組織的な守備を築いたが攻撃面では乏しく、守備も最後まで持たなかった ▽イングランド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180619_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ピックフォード 5.5 PKは右手で触れるも惜しくも止められなかった DF 2 ウォーカー 5.0 痛恨のPK献上。その後は無難なプレー 5 ストーンズ 5.5 ディフェンスリーダーとして堅守を見せた 6 マグワイア 6.0 守備では若干の不安要素はあったものの、セットプレーでは相手の脅威に MF 8 ヘンダーソン 6.0 中盤を縦横無尽に動き回りイングランドの流動性を生み出した 12 トリッピアー 6.0 右サイドをほぼ制圧。パスやクロスの質も良かった 7 リンガード 5.5 先発起用に応える働きぶり。チャンスの数を考えると無得点が悔やまれる (→E・ダイアー -) 20 デレ・アリ 5.5 なかな味方との呼吸が合わず (→ロフタス=チーク 5.0) 一度ゴール前でチャンスを得たがそれまでだった 18 A・ヤング 5.5 豊富な運動量で左サイドで存在感を示し続けた FW 9 ケイン 6.5 チームを救う2ゴールで、初戦勝利に導いた 10 スターリング 5.5 積極的に攻撃に絡んだがなかなかチャンスが回ってこなかった (→ラッシュフォード 5.0) 結果を残すには時間が足りなかったか 監督 サウスゲイト 5.5 前半は良かったが、試合が進むにつれて勢いはフェードアウト。テコ入れが必要だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ケイン(イングランド) ▽スリーライオンズのキャプテンが流石の仕事ぶりを見せた。今日の2ゴールがエースたる所以か チュニジア1-2イングランド 【チュニジア】 サッシ(前35[PK]) 【イングランド】 ケイン(前11) ケイン(後46) 2018.06.19 05:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース