【質疑応答】ハリル監督「(金崎夢生のクラブ内での衝突は)もう忘れました」「私は(PKやFKを獲得する)スペシャリスト」《E-1サッカー選手権》2017.11.29 19:38 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は29日、12月8日〜16日まで行われるEAFF E-1サッカー選手権2017に向けた同国代表メンバー23名を発表した。

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はメンバー発表後、質疑に応じた。

――金崎夢生選手は所属クラブ内で衝突があり、ハリルホジッチ監督自身も厳しい発言をしていたが、評価の変化は?
「金崎に関して、クラブでの不適切な行動は確かにありました。もちろん代表監督としてもそこはあまり評価できないと思います。しかし、それは過去のことであり私も忘れております。今現在、文句の付けようのないパフォーマンスをみせているので招集しました。そして、前招集しなかったのもクラブの監督との衝突があったからという理由ではありません。杉本(健勇)、興梠(慎三)、小林(悠)などとポジション争いをしているわけですが、他の選手の方が得点しているという状況です。もちろん、そういった行動が良くないということは彼自身と話しています。しかし、そういったところも許しながら前進し続けていかなくてはならないと思います」

「優勝する可能性のあるチームで良いパフォーマンスをみせているということで、招集しています。そして、先ほども言いましたが相手とのデュエルでアグレッシブにいける珍しいタイプの選手です。私は小林も、杉本も、興梠も夢生のようなアグレッシブさを身に着けてもらいたいと思っております」

――代表として具体的には何が必要で何が足りない?
「代表に何が足りないのかということでは、ディフェンスにも前線にも中盤にもあります。例えばディフェンスに足りないもの、中盤に足りないもの、前線に足りないもの、ブラジル戦、ベルギー戦の2つのテストで、そこははっきりとみられたと思います。分析すれば沢山のものがみられます。全ての面で、そして全てのポジションで成長、改善は必要だと思います。来年のワールドカップに向けての6カ月間は非常に重要な期間です」

「精神面といったところにも、この2試合で沢山のフィードバックを得ることができました。そしてワールドカップを戦う時、弱点があればそれが試合で出てしまいます。だから、我々も改善しないといけません。例えばアグレッシブさが足りないといった部分があったりします。それは前線でも最終ラインでも同じです。あとはコミュニケーションも改善しなければなりませんし、メンタル面ではより自信を持ってプレーしてもらいたいと思っています。例えば、ブラジル戦でも立ち上がりの20分間と後半では全く選手たちの姿が違いました。立ち上がりが酷いとは言いませんが。もちろんブラジルに勝つというのは非常に難しいことですが、後半の戦いであと2得点していてもおかしくなかったと思います。取り消された2点目はゴールだったのではないかとも思います」

「このようなチームと対戦する時でも『今日は負ける』というのは言ってはいけないことだと思いますし、勝ちに行くということを考えなくてはなりません。そして、ベルギー戦では全く違った姿がみられました。非常に冷静にプレーできていたと思います。ただ決定力のところに問題があるかなと思いました。沢山の決定機があったのですが、そこでの決意あるいは自身が欠けていたからなのか、最終的には相手にとって危険な場面とはなりませんでした。ワールドカップでは5回、6回の決定機が訪れるわけではありません。2回、3回のチャンスで取らなくてはなりません。だからこそ、攻撃の時に点が取れる決定力のある選手が必要なのです。ストライカーというのは、どのチームにとっても不可欠です。特に格上と言えるような相手と対戦したときはそういった選手が必要になります。シンガポール戦、カンボジア戦のように20回も決定機を作れるわけではありません。それよりずっと少ないチャンスで決めなければなりません」

「そして、先ほどこの23人のリストを作る中で色々考えたという話をしていましたが、そういったところも私はみていきたいと思います。例えば長谷部(誠)は以前にケガをしていて、その影響でワールドカップに出られないということがあれば、ということを想定して、最悪の事態を考えて用意しないといけません。長谷部はサッカーの面だけでなく人間としてもこのチームにとって非常に重要な存在ですから、誰かがその代わりをできるのか、といったことも考えていかなければなりません。このようにリストを作成する時に我々は沢山のことを考えています。そして今、海外でゲームに出続けている選手が少ない状況です。つまり、最終的なリストを作成するには、今はまだ不確定要素が多いと思います」

――メンバーが毎試合大きく変わるといったことは?
「8日間で3試合戦う大会です。選手たちが代表に集合した時には、疲労のテストなどを行います。彼らの健康状態や疲労を把握したいからです。また、初めて代表に招集されている選手たちもいます。試合ごとにある程度メンバーが変わるということは、予想されます。しかし、何人入れ替えるかということは現時点では明かすというのは難しいですね」

「また、いくつかのゲームプランやシステムなどを考えています。しかし、それが全てこの大会中にみられるのかというと、難しいかもしれません。もちろん、選手たちにはベストなプレーを要求し、どの試合も勝ちに行くことを求めます。そして、自らA代表候補に名乗り出ることを期待しています。常にチームのための精神を持ち続けながら、チームとして日本が力を付けていくという流れの中で行われていきます。選手個人で状況を打開するという、1人でそういったことをできる選手がいませんので、組織として発展していかなければなりません」

「そのためには、このチームのアイデンティティーという資料を選手たちに渡しています。守備の時、攻撃の時、どういったことをしなければならないのか、そこには書いてあります。セットプレーではどういったことをするのか。そういったメッセージを選手たちに伝え、説明し、我々の見たいサッカーを彼らに身に着けてもらっています。また、フィジカルコンディションが現時点で分からない選手たちもいます。色々とテストしていきながら、改善していくところがあると思います。この3試合からも沢山の情報を得ることができると思います」

――キックの質が高い選手が多く選出されましたが、プレースキッカーはどう決めますか?
「直接フリーキックで日本代表が最後に得点を決めたのがいつだったか、ご存知ですか? もう数年経っています。また、ペナルティーエリア付近でどれだけ我々がフリーキックを得ることができているか。我々がきてから30試合プレーして、3本です。どのチームも、1試合で少なくとも3回はペナルティーエリア付近でのフリーキックをゲットします」

「ブラジル戦ではそういった所でフリーキックを得ることができ、(吉田)麻也がバーに当てました。そういった惜しいキックもありましたから、良いキッカーは既にいるのかもしれません。ただ、フリーキックを得ることができていません。そして、PKもブラジルがあの1試合で2回ゲットしました。我々はこの30試合で3回か4回くらいです。ブラジルは同じ期間で15回、20回のPKを蹴ることができています。そういったデータを変えるためにも選手たちとしっかりトレーニングして、彼らにも進化してもらいたいと思います」

「南アフリカワールドカップでも日本が突破できたのはフリーキックでの得点が2得点あったからだと思います。PK、フリーキックはもっと沢山ゲットしないといけません。30試合で、ペナルティーエリア付近のフリーキックが3つ4つしかないというのは、少なすぎると思います。もちろん、そういったトレーニングをする時間も、もっと欲しいと思っています。選手たちと過ごす8日間、9日間で、私は選手たちに沢山のメッセージをピッチ外でも伝えていきたいと思います」

「私はフォワードでしたから、どういう風にすればPKやフリーキックを得ることができるのか分かっています。私はそのスペシャリストといっても過言ではないと思います。そういった経験を選手たちにも伝えていきたいと思っています。そしてもちろん、ワールドカップ直前の準備期間ではより長い時間そういったトレーニングもできます。フリーキックが無ければ、フリーキックを蹴ることはできません。そして、試合前のミーティングでも毎回、ペナルティーエリア付近でフリーキックをゲットしようということを言っています。ただ、まだ私が希望しているところまでフリーキックを得ることはできていません。そういった細かいこともしっかり分析し、改善するトライをしていきたいと思います」

――新しいキッカーは決まっていますか?
「例えば、初瀬(亮)は右足でも左足でも蹴れます。清武(弘嗣)もキッカーに慣れる選手ですが、クラブでは蹴っていませんね。また、井手口(陽介)も蹴れます。そのようなスペシャリストがいますが、これは個人でトレーニングしてもらわなくてはならないものでもあります。例えば井手口の場合は、1本目のキックは低すぎるボールになってしまいます。2本目、3本目で良いキックをみせています。そういった細かいところも、我々は見ながら考えています。もちろん、キッカーになる選手には居残りで練習してもらっても良いと思います」

――新しいメンバーも多いですが、誰にリーダーシップを期待しますか?
「リーダーシップをとる選手は基本的に経験のある選手になったりします。このチームに1つ弱点があるとしたら、もしかしたらコミュニケーションかもしれません。特に、中央の選手たちにそれは期待しています。長谷部がいれば、彼がチームの中心となって声を出しています。しかし長谷部がいない時、そういった問題が出てきます。私は毎日そういったところを励まし、ウォーミングアップの中でも、選手たちが声を掛け合いながらトレーニングするものを取り入れたりしています」

「しかし、ゲームではあまり選手たちの声が聞こえてきません。叫ぶ選手、呼ぶ選手。そういったことがあまりありません。その中でも経験のある選手にはそういった役割を期待しています。しかし、年齢はあまり重要ではありません。20歳であっても30歳であっても。ポジションがコミュニケーションを要求することもあります。声を出さなくてはならないというところであれば、しっかり声を出して改善していかなくてはなりません。まだ、キャプテンは決まっていません。もちろん、キャプテンに値する選手を見極めたいと思っていますが、キャプテンになるための素質には色々とあります。例えば、沢山ゲームに出ていても声が出ていない選手もいれば、より声の出ている若い選手もいます。チームでは声を出す選手が必要です。練習の中でも誰がキャプテンになるべきか、誰がコミュニケーションを取るべきかといったことも、しっかりと見ながらやっていきたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

【超WSTV】今夜21時から豪華ゲストを招いて『ロシアW杯総括番組』をライブ配信!

▽『超ワールドサッカーTV』では、19日(木)21時から「超WSTV討論会」として、ロシア・ワールドカップを振り返る番組をライブ配信する。 ▽フランス代表の20年ぶり2度目の優勝で幕を閉じたロシア・ワールドカップ。日本代表のベスト16進出や、ドイツ代表のグループステージ敗退といった、様々なサプライズが起きた大会でもあった。 ▽今回は、ワールドカップ期間中に『超ワールドサッカーTV』の裏実況にご出演いただいたゲストの方を迎え、ワールドカップを振り返ると共に、4年後の日本代表についても語っていきたいと思います!なんと、4年後のスタメン予想までしちゃいますよ! ▽是非、『超ワールドサッカーTV』のライブ配信をお楽しみください!! 【出演者】 安永聡太郎さん ベン・メイブリーさん 野村明弘さん 磯佳奈江さん(NMB48) MC(超ワールドサッカー編集部・菅野剛史) 【配信先】 ・Youtube『超ワールドサッカーTV』 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/hZ90WJvbuFE?controls=0&amp;ecver=1" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe></div> ・Twitter『超ワールドサッカー』 https://twitter.com/ultrasoccer 2018.07.19 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシだろうと関係ない! ポグバの演説が同僚のハートを鷲掴み

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバのチームメートに対する演説が話題に挙がっている。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ポグバを擁するフランス代表は15日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝でクロアチア代表を4-2で撃破。グループステージから無敗を続け、90分で勝負をつける強さも安定して見せ、1998年大会以来20年ぶり2度目の優勝を果たした。 ▽ポグバ個人を見ても、1得点を記録するなど持ち前のダイナモぶりが随所で光った今大会。だが、ピッチ外でも抜群の存在感を解き放っていたことが明らかになった。 ▽フランス『TF1』のドキュメンタリー番組は、ラウンド16のアルゼンチン代表戦(4-3でフランス代表が勝利)前のロッカールームでポグバが行ったスピーチを次のように伝えた。 「家に帰るつもりなんてない! 幸せに終わろう! 僕は今夜、パーティーがしたい。みんなとピッチで死にたい! 男、戦士、兵士を求む」 「今日、僕らが彼らをやっつける。相手が(リオネル・)メッシだろうが、そうじゃなかろうが、関係ない! W杯を獲りに行く!」 2018.07.18 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

クロアチア指揮官、母国愛をアピール「ブラジルやバルサだって指揮できるが…」

クロアチア代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督は、常に好きなところで指揮を執り続けるとスピーチで明かしている。<br><br>クロアチアはロシア・ワールドカップで史上初の決勝へと進出。決勝では惜しくもフランスに敗れ、初優勝を逃したが、小国の躍進にクロアチアのサポーターも沸き、英雄たちの帰還に熱狂した。パレードではクロアチア国民の7分の1が訪れたとも伝えられ、その中でダリッチは以下のようなスピーチをしている。<br><br>「私はブラジルやバルセロナだって指揮できるが、クロアチアを率いるということは常にとても好きな仕事なんだ。我々はトロフィーを取らなければならなかったし、まだ深い悲しみがある。しかし、W杯が始まる前に、誰かが決勝に行けるオファーを私に来れたとしたら、それを迷わず取っただろう」<br><br>優勝する必要があったとしながら、決勝進出という偉業にも一定の満足感を示したダリッチ。今後の去就についてはいまだ明かしていないが、引き続きクロアチアを率いる可能性は高いと言えそうだ。<br><br>なお、ダリッチ監督はW杯欧州予選最終節を前に就任。それから本大会出場に導き、準優勝という快挙を成し遂げている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.18 16:34 Wed
twitterfacebook
thumb

FIFA公式がロシアW杯ベストイレブンを発表! ヤングやパウリーニョら“クセがすごい”選出も…

▽国際サッカー連盟(FIFA)は17日、ロシア・ワールドカップ(W杯)のチーム・オブ・ザ・トーナメント(ベストイレブン)を発表した。 ▽6月14日から7月15日までの約1カ月間に渡って開催されていたロシア・ワールドカップ(W杯)は、フランスの20年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。大会を通じて多くの選手が輝いた中、FIFAは今大会のベストイレブンを選出した。 ▽[4-2-3-1]の布陣が採用された中、GKにはフランス代表キャプテンのGKウーゴ・ロリスがベルギー代表GKティボー・クルトワ、イングランド代表GKジョーダン・ピックフォードらを抑えて選出された。 ▽最終ラインでは今大会最多のチャンスクリエイトを見せたイングランド代表DFキーラン・トリッピアー、決勝に進出したフランスとクロアチアのディフェンスリーダーのDFラファエル・ヴァラン、DFデヤン・ロブレンが選出。さらに、サプライズとなったのがイングランド代表MFアシュリー・ヤングが左サイドバックで選出されたことだった。 ▽中盤では2セントラルハーフに大会MVPのクロアチア代表MFルカ・モドリッチとブラジル代表MFパウリーニョ、2列目は右からベルギー歴代最高位の立役者のMFエデン・アザール、フランスのエースFWアントワーヌ・グリーズマン、ブラジル代表のエースFWネイマールが選出された。 ▽そして、1トップには今大会最優秀若手選手に選出されたフランス代表FWキリアン・ムバッペが選出された。 ▽通常、こういったベストイレブンなどの各賞の選出には多くの異論が出るものだが、今回に関してはロリス、パウリーニョ、ネイマール、ヤングの選出に批判が集まっている。大会最優秀GKのクルトワを抑えての選出となったロリスに関しては決勝戦の信じがたいミスがなければ、優勝チームのキャプテンという事情もあり選出に異論が出ることはなかったかもしれない。 ▽その一方で、フランス代表MFエンゴロ・カンテや同MFポール・ポグバ、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ、同FWイバン・ペリシッチ、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネを抑えてパウリーニョ、ネイマールが選出されたのも解せないところだ。 ▽それ以上にサプライズとなったのは今大会を通じてセットプレーのキッカーとしてまずまずの存在感を見せたものの、流れの中ではさほど目立たなかったヤングの選出だ。左サイドバックに関してはフランスの優勝に貢献したDFリュカ・エルナンデスやブラジル代表DFマルセロらもいただけに、“クセがすごい”選出と言わざるを得ないだろう。 ◆FIFA公式ロシアW杯ベストイレブン GK ウーゴ・ロリス(フランス) DF キーラン・トリッピアー(イングランド) ラファエル・ヴァラン(フランス) デヤン・ロブレン(クロアチア) アシュリー・ヤング(イングランド) MF エデン・アザール(ベルギー) パウリーニョ(ブラジル) アントワーヌ・グリーズマン(フランス) ルカ・モドリッチ(クロアチア) ネイマール(ブラジル) FW キリアン・ムバッペ(フランス) 2018.07.18 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

フランス代表は多国籍チームにあらず! メンディがSNSで絶妙な反応

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で20年ぶり2度目の優勝を果たしたフランス。移民大国として知られる同国には様々なルーツを持つ選手がおり、今大会でもアフリカやフランス以外のヨーロッパの国々にルーツを持つ選手が目立った。 ▽そのフランスの今大会の面々に関して、スポーツファンを主役にしたプラットフォーム『sporf』が各選手のルーツを明示し、その選手たちの融合が優勝に繋がった称賛する内容の趣旨の投稿を『ツイッター@Sporf』で行った。 ▽だが、この投稿に対してメンディがダイレクトメッセージを使って絶妙な反応を見せた。 ▽『sporf』の投稿では純粋なフランス人であるGKアルフォンス・アレオラ、DFラファエル・ヴァラン、DFバンジャマン・パヴァール、FWフロリアン・トヴァンの4選手を除く19人の優勝メンバーのルーツを紹介すると共に、「フランスのためにすべてがひとつに」とチームの一体感を称賛した。 ▽しかし、メンディはこの投稿に対して、各選手のルーツを表す各国の国旗をすべてフランスの国旗に変更し、「修正しておいたよ」とコメント。前述の選手のルーツは関係なく全員がフランス人としてフランス代表のために戦ったとの主張を見せた。 ▽なお、参考までにフランス代表のロシアW杯優勝メンバー19人のルーツを以下に紹介する。 ◆国外にルーツを持つロシアW杯フランス代表19人 ポール・ポグバ(ギニア) コランタン・トリッソ(トーゴ) バンジャマン・メンディ(コートジボワール) サミュエル・ユムティティ(カメルーン) アディル・ラミ(モロッコ) ナビル・フェキル(アルジェリア) キリアン・ムバッペ(アルジェリア) エンゴロ・カンテ(セネガル) ジブリル・シディベ(セネガル) トマ・レマル(ナイジェリア) ウスマーヌ・デンベレ(セネガル) プレスネル・キンペンベ(DRコンゴ) ステファン・エンゾンジ(DRコンゴ) ブレーズ・マテュイディ(DRコンゴ) スティーブ・マンダンダ(DRコンゴ) ウーゴ・ロリス(スペイン) リュカ・エルナンデス(スペイン) アントワーヌ・グリーズマン(ドイツ) オリヴィエ・ジルー(イタリア) 2018.07.18 13:30 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース