乾不出場のエイバルがセルタに敗れコパ敗退…《コパ・デル・レイ》2017.11.29 07:49 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コパ・デル・レイ4回戦2ndレグ、セルタvsエイバルが28日にバライードスで行われ、ホームのセルタが1-0で勝利した。この結果、2戦合計スコアを3-1としたセルタの5回戦進出が決定した。なお、エイバルのMF乾貴士はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽先月にホームで行われた初戦を1-2で落としたエイバルは、敵地での2ndレグで逆転突破を目指す。直近のリーグ戦で今季初の連勝を飾った上り調子のチームは、アラベス戦から先発7人を変更。乾やダニ・ガルシア、セルジ・エンリクら主力を温存した。

▽試合は立ち上がりからエイバルが押し込む展開に。勝ち抜けには最低でも2点が必要なアウェイチームは、ホルダンやベベが起点を作りながら攻撃の終着点となるキケ・ガルシアが再三のシュートチャンスに絡むが、相手GKの好守に阻まれ、なかなかゴールをこじ開けられない。

▽迎えた後半も54分にペーニャのパスからベベに決定機も、枠を捉えたシュートは再びGKのビッグセーブに遭う。

▽何とかゴールをこじ開けたいエイバルは、その後アスケ、アルビージャ、セルジ・エンリクと次々に交代カードを切っていく。しかし、前半から好セーブを連発していたセルヒオ・アルバレスの牙城をあと一歩で破れない。

▽すると、試合はこのままゴールレスで終了と思われた終盤にセルタが動かす。カウンターからボックス内に抜け出したアスパスがDFに倒されてPKを獲得。これをアスパスが自ら決め、ベスト16進出を決定付ける先制点を奪った。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、2戦共にエイバルを退けたセルタが5回戦進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

東京V、乾の古巣エイバルと戦略的協定締結! 要因はスペインでの認知度向上

▽東京ヴェルディは11日、リーガエスパニョーラのエイバルと戦略的協定を締結することが決定したことを発表した。 ▽今回東京Vとエイバルは2年間の戦略的協定を締結。双方のクラブのサッカー部門、マーケティング部門、女子サッカー部門、eスポーツ部門の強化を目的としている。直近の取り組みとしては東京Vの代表者が7月に現地を訪れて、エイバルのプレシーズンスタートを視察する予定となっており、この訪問を皮切りに、日本とスペインにおける両クラブの発展を目指しているようだ。 ▽東京Vを率いるミゲル・アンヘル・ロティーナ監督はスペイン出身。ヘッドコーチにはイバン・パランコ・サンチアゴ氏、フィジカルコーチにトニ・ヒル・プエルトを迎えている。ロティーナ監督の日本での活躍は現地でも報じられ、スペインとのつながりでチーム強化を図る東京Vの名前がスペイン国内でも認知されたことで今回の協定締結につながったことを説明している。 ▽Jリーグクラブとリーガ・エスパニョーラのクラブ間初の国際協定を結んだ東京Vの羽生英之代表取締役社長と、エイバルのパトリシア・ロドリゲスCEOは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆羽生英之代表取締役社長(東京ヴェルディ) 「この度は、日本とスペインのクラブ間で初めて協定を締結することができ、非常に嬉しく思っています。我々は昨シーズン、スペインからロティーナ監督とイバンコーチを招聘しました」 「現在、ふたりがスペインで培ってきたプレーモデルをベースにした先進的フットボールに取り組んでおり、まさにスペインのエッセンスを採り入れながらチームを強化している真っ只中にいます。そうした時期に、スペインのラ・リーガ1部で戦うクラブと協定を締結できることは、競技面でもビジネス面でも大きなメリットがあると信じています。SDエイバルはロティーナ監督の故郷があるバスク州に本拠地があり、その点でも縁を感じています」 「SDエイバルは古い歴史を持ちながらも、ビッグクラブが多いラ・リーガの中では地方の小さいクラブかもしれません。しかし、2014年にクラブ史上初の1部昇格を成し遂げてからピッチ内外で様々な施策を講じ、ビッグクラブと伍して1部に残留し、常に成長を続けている稀有なクラブでもあります。彼らと同じように我々も、経営規模が決して大きくない市民クラブであり、協定締結に向けた作業の中で、同じビジョンを共有できると確信しました。両者が持つクラブ運営の知見を共有し、ともに継続的な成長を実現していきたいと思います」 ◆パトリシア・ロドリゲスCEO(エイバル) 「我々SDエイバルは今回の協定締結を契機に、東京ヴェルディの強みを学び、日本のサッカークラブ、日本の文化についての知見を深め、これまで以上に日本サッカーへのコミットメントを強化したいと考えます。さらにエイバルがこれまで培ってきた経験やビジネスモデルを共有することで、両クラブのさらなる発展、また、両国のサッカーの質を高めるための相乗効果へとつなげていきたいと考えます」 「今回のパートナーシップは、ラ・リーガとJリーグ間で昨年締結されたパートナーシップをさらに強固なものにし、日本の首都である東京にとってバスク文化がより身近なものとなることを期待しています」 「私たちは同じ価値観とビジョンを共有でき、さらに日本でもっとも伝統のある東京ヴェルディを選択しました。東京ヴェルディは、アジアでもっとも優れた普及・育成活動に取り組んでおり、さらに女子サッカー界においてももっとも先進的なチーム作りを行っているクラブです。これらの取組は、エイバルにとっても重要事項であり、東京ヴェルディとエイバルはともに同じゴールを目指すことができると考えています」 ▽エイバルは2014-15シーズンから初めてスペイン1部リーグで戦うバスク州にあるクラブ。昇格初年度こそ残留争いに巻き込まれたが、翌シーズンから徐々に順位を上げ、クラブ史上初の昇格以降、残留し続けている。日本代表MF乾貴士は2015年に加入。2018年6月にベティスへの移籍が発表されたが、乾退団後も日本との繋がりを維持することとなった。 2018.07.11 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

エイバル元同僚が語る乾貴士の凄さ「プレーコンセプトをすぐ理解できる」…課題は「シュートの精度」

元エイバルFWダニ・ガルシアが、同チームでともに過ごした日本代表MF乾貴士の凄さについて語っている。<br><br>ダニ・ガルシアと乾は、乾がエイバル加入した2015&minus;16シーズンから2017&minus;18シーズンまで一緒にプレー。そして今夏の移籍市場で、ダニ・ガルシアがアスレティック・ビルバオ、乾がベティスに移籍と、異なる道を歩んでいる。<br><br>スペイン『ABC』のセビージャ版は、今後ベティスの選手としてプレーする乾の印象をダニ・ガルシアに尋ねた。乾が加わるベティスは堅守速攻のエイバルとは異なり、ポゼッションを重視しているが、ダニ・ガルシアは日本人MFが問題なく適応できると説く。その理由は、乾の戦術理解力の高さにあるようだ。<br><br>「タカシは質が高く、賢い選手だ。1日目や2日目は苦労するかもしれないが、凄まじい早さでプレーコンセプトを理解する。(ベティスにも)見事に適応するはずだよ」<br><br>外国語に明るくないともされる乾。それでもエイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督が「誰よりも私の考えを理解していた」と語るなど、プレー面におけるコミュニケーション面で問題はなかったようだが、ダニ・ガルシアも同樣の意見を口にする。<br><br>「確かに、乾はそこまで話をしない。でも、ここの人間よりも理解力があると、僕は断言できる」<br><br>頑固で真面目な人々が多いバスクで過ごしていた乾はこれから、同地とは正反対に、情熱的な人々が多いアンダルシアの地で新たな挑戦に臨む。ダニ・ガルシアは、アンダルシア人の気質が彼の集中を妨げることにはならないとの見解も述べた。<br><br>「彼はそういうやかましさを避けることを常としている。実際、彼は皮肉っぽい冗談が交わされる、ご機嫌な土地に赴くわけだ。だけど彼は大人しいし、いつもフットボールのことだけに集中している」<br><br>ダニ・ガルシアはその一方で、この日本人MFにはまだ課題が残されているとも語る。それは日本でも度々指摘されている、シュートの精度だった。<br><br>「得点面がもっと良くなればね&hellip;&hellip;。シュートは、彼の課題の一つなんだよ」<br><br> <br><br><br>提供:goal.com 2018.07.01 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

エイバル、バルセロナの下部組織から左利きCBホセ・アントニオ・マルティネスを獲得

▽エイバルは7月1日、バルセロナからスペイン人DFホセ・アントニオ・マルティネス(25)を獲得したことを発表した。契約は2021年6月30日まで。 ▽2016年にセビージャの下部組織からバルセロナBに移籍したマルティネスは188cmの身長を持つ左利きのセンターバック。バルセロナBでは公式戦56試合に出場したものの、トップチームでの出番はなかった。 2018.07.01 21:34 Sun
twitterfacebook
thumb

ビルバオがエイバル退団のMFダニ・ガルシアを獲得

▽アスレティック・ビルバオは3日、エイバルを退団していたスペイン人MFダニ・ガルシア(27)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。契約解除金は7000万ユーロ(約89億5000万円)となっている。 ▽レアル・ソシエダの下部組織出身で、2012年7月からエイバルでプレーしていたセントラルMFのダニ・ガルシアは、エイバルで公式戦221試合に出場して3ゴール5アシストを記録。主将を務め、3部に在籍していたクラブを1部にまで昇格させた立役者で、エイバルを1部に定着させる原動力ともなった。 2018.06.04 02:23 Mon
twitterfacebook
thumb

エイバルSD、乾貴士退団の経緯を語る「契約延長で合意していたが、急に意見変えた」

エイバルのフラン・ガラガルサSD(スポーツディレクター)が、日本代表MF乾貴士が同クラブからベティス移籍に傾いた経緯を説明している。スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が伝えている。<br><br>エイバルと今季まで契約を結んでいた乾は、一時期同クラブと契約延長で合意したと報じられたが、結局はベティスへと移籍。ガラガルサSD(スポーツディレクター)は乾のベティス移籍が発表される1日前に会見に出席し、同選手との契約延長交渉が、どのようにして破談となったのかを説明していた。<br><br>「昨年10月29日に彼との契約延長に関する交渉がスタートし、1月4日には返答を待っている状況となった。2月17日、エイバル対バルセロナの前に彼のエージェンシーたちと話をしたよ。エイバルの新たなプランニングは、彼らにとって良いものに映ったようだ」<br><br>「その翌日、私は出張をキャンセルした。乾と新たな契約を結ぶはずだったからね。だが、彼らからは待ってほしいと言われた。乾は私たちにも、チームメートたちにも契約を延長すると言っていたのだが&hellip;&hellip;。しかしその後、彼は新しい挑戦に臨む意思を私たちに伝えたんだよ」<br><br>「おそらく、私たちはもう少し何かができたはずだった。しかし、選手からは口頭合意を得られていたんだよ」<br><br>乾は3年間在籍したエイバル94試合に出場し、11ゴール12アシストを記録。ベティスとも3年契約を結んでいる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.02 23:43 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース