復帰のベイルが2G演出! マドリーが3部相手にドローも16強進出《コパ・デル・レイ》2017.11.29 07:37 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コパ・デル・レイ4回戦2ndレグ、レアル・マドリーvsフエンラブラダが28日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、2-2のドローに終わった。この結果、2戦合計スコアを4-2としたマドリーの5回戦進出が決定した。

▽4シーズンぶりのコパ・デル・レイ制覇を狙うマドリーは、先月に敵地で行われたセグンダB(スペイン3部)に所属するフエンラブラダとの初戦を2-0で快勝。アドバンテージを得て臨んだホームでの2ndレグに向けては、3-2で勝利した直近のマラガ戦から先発全員を変更。守護神ケイロル・ナバス、コバチッチが負傷明け初の先発復帰を果たしたほか、フランチュ、オスカル、A・テヘロなどのカンテラーノが抜擢された。また、負傷明けのベイルが久々のベンチ入りを果たした。

▽控え選手とカンテラーノというメンバー構成の影響でややもたつく入りとなったマドリーは、サンティアゴ・ベルナベウでのプレーで高いモチベーションを見せるフエンラブラダの攻勢に晒される。それでも、時間の経過と共に押し返すと、19分にアクウラフ・ハキミのクロスからオスカルがシュートを放つなど、流れを掴み始める。

▽だが、先制点を奪ったのはフエンラブラダだった。25分、セットプレーの流れからペナルティアーク付近でクリアボールに反応したミジャが右足で弾丸ミドルシュート。ややコースは甘かったもののGKケイロル・ナバスの手を弾いたボールはクロスバー、ナバスの身体に続けて当たりネットに吸い込まれた。

▽3部相手にホームで先制を許すまさかの展開となったマドリーは、ここから攻勢を強めていく。40分過ぎにはダニ・セバージョスが続けてシュートを放てば、41分にはボックス手前中央でマジョラルからパスを受けたフランチュがゴール右隅を捉えたシュートを放つが、ここは相手GKの好守に遭い、前半のうちに追いつくことはできなかった。

▽迎えた後半も相手に押し込まれる入りとなったマドリーは、57分にM・バローゾに決定的なシュートを許すが、これはGKナバスのビッグセーブで凌ぐ。さらに60分には相手のCKからカタ・ディアスにクロスバー直撃のヘディングシュートを許す。

▽あわや2戦合計スコアで追いつかれるような展開が続くマドリーは62分、フランチュを下げて負傷明けのベイルを投入。すると、ウェールズ代表MFが投入直後に早速仕事を果たす。右サイドで味方からのサイドチェンジを受けたベイルが左足アウトにかけた絶妙なクロスを供給。これをゴール前のマジョラルが頭で合わすと、クロスバーの内側を叩いたボールがゴールラインを割った。

▽投入直後のアシストでいきなり魅せたベイルは、70分にもゴールを演出する。ボックス中央でルーズボールに反応すると、やや後方に落ちたボールを巧みな左足のタッチで自身の頭上を通し、ゴール至近距離から左足でシュート。これはGKに阻まれるも、こぼれ球を回収したマジョラルが冷静に流し込み、逆転に成功した。

▽ベイルが格の違いを見せ付ける活躍で試合を引っくり返したマドリーは、81分にコバチッチを下げて試合を締めにかかる。だが、試合終了間際の89分にはそのコバチッチに代わって入ったセオアネの自陣でのボールロストからカウンターを許し、最後はポルティージャに同点ゴールを許した。それでも、1stレグのリードを守り切ったマドリーが2戦合計4-2でベスト16進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

“次代のネイマール”ヴィニシウスが入団会見! 今季初めはカスティージャでプレーか

▽レアル・マドリーは20日、フラメンゴのブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオール(18)が今シーズンから正式に入団することを発表した。 ▽マドリーは、昨年5月に当時16歳だったヴィニシウスと契約したことを発表。移籍そのものは、国際サッカー連盟(FIFA)の定めた国外移籍が認められる満18歳の誕生日を迎えた後の2018年7月以降でないと行えず、内定扱いとなっていた。 ▽20日、ヴィニシウスはフロレンティーノ・ペレス会長と共に、サンティアゴ・ベルナベウの貴賓室で行われた入団会見に出席して契約書にサイン。ユニフォームを手にして写真を撮影した後、ピッチに移動してファンの前でリフティングを披露した。 ▽なお、入団以降の扱いについて、レンタルという形で2019年7月まではフラメンゴに残る可能性が伝えられていた。しかし、スペイン『マルカ』によれば、スペインでの生活に慣れるため、Bチームであるレアル・マドリー・カスティージャでプレーする可能性も浮上。また、順調に適応することができれば、カスティージャでのプレーは最初の数カ月になるだろうということも伝えられている。 ▽“次代のネイマール”とも称され、ブラジル国民からも大きな期待を背負っているヴィニシウス。チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を果たしたクラブに入団した18歳は、厳しいレギュラー争いに勝利してスーパースターの仲間入りを果たすことができるのだろうか。 2018.07.20 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アザールとクルトワを狙うレアル・マドリー、248億円のオファーで初期段階の合意か

レアル・マドリーが、チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールと同代表GKティボー・クルトワの獲得交渉を進展させているようだ。<br><br>かねてからアザールとクルトワへの関心が伝えられるレアル・マドリー。フランスメディア『le10sport』によれば、レアル・マドリーはここ数日でアザールの獲得交渉を進めようとしており、チェルシーに対して問い合わせを実施。1億9000万ユーロ(約248億円)という巨額のオファーを提案し、初期段階での合意を取り付けた可能性が伝えられている。この1億9000万ユーロという数字が、アザールだけの移籍金なのか、クルトワの移籍金も含められているのかは定かではないという。<br><br>一方、欧州移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によれば、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はFWクリスティアーノ・ロナウドの後釜としてアザールを欲しており、獲得交渉を進めようとしているものの、1億2500万ユーロ(約164億円)以上のオファーを提示する意思はないという。また、アザールとクルトゥワの獲得オペレーションは分離させると主張している。また、土曜日(21日)にアザールの父親と弁護士を交え、マドリーで会合が行われるとみられている。<br><br>今夏のロシア・ワールドカップでもベルギー代表として活躍し、さらに株を上げたアザールとクルトワ。新シーズンはどこでプレーすることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール、PSG残留を高らかに 「僕は残る」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)が残留を宣言した。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽現フットボール界におけるベストプレーヤーの1人として注目を集めるネイマール。昨夏にPSG入りを果たしたばかりだが、今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに手放したレアル・マドリー行きの噂が後を絶えない。 ▽しかし、ロシア・ワールドカップ後初めて公の場に登場したネイマールは、『Fox Sports』のインタビューで去就について次のように応えたという。 「僕は残る。PSGとの契約もあって、新しい挑戦や高い目標のために、ここを選んだ。移籍なんて考えていない。成功することしかね。次から次に噂が飛び交っているけど、周りのみんなは僕がどれほどPSGのことを考えているのかを知っている」 2018.07.20 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン新指揮官、ハメスの残留を明言「2019年までのレンタルだ」

バイエルンのニコ・コバチ監督が、記者会見でコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは新シーズンもバイエルンでプレーすることになると認めている。<br><br>ハメスは昨夏、レアル・マドリーから2年のレンタルで加入。バイエルン側に買い取りオプションも付随した状態でチームに加わった。しかし今夏、古巣レアルのジネディーヌ・ジダン監督、クリスティアーノ・ロナウドが去ったため、再び重要な役割を担うことが可能と考え、復帰を望んでいると、スペイン紙『マルカ』によって伝えられた。一方で、ドイツ『シュポルト1』では、今季の残留を決めたとも報じられ、情報が錯綜している状態だ。<br><br>そんな中、コバチ監督はハメスの去就に言及。少なくとも新シーズンはバイエルンの選手として迎えると話す。<br><br>「ハメスは2019年までのレンタルだ。それ以降も彼を残したいのなら決めないといけない。しかし、まだ話し合いはない。新シーズンも彼はバイエルンでプレーするよ」<br><br>なお、バイエルンはコバチ監督の初陣としてトーマス・トゥヘル率いるパリ・サンジェルマンとICC(インターナショナル・チャンピオンズカップ)で21日に対戦する。<br><br>提供:goal.com 2018.07.20 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

レアル、今夏の新戦力獲得に向け400億円を準備か…アザール、クルトワら4選手の移籍を目指す

レアル・マドリーは、今夏の移籍市場で最大3億ユーロ(約400億円)を拠出する準備をしているようだ。スペイン『ドン・バロン』が伝えた。<br><br>2017-18シーズンにチャンピオンズリーグ3連覇を達成したレアル・マドリーだが、シーズン終了後にジネディーヌ・ジダン監督が退任。さらにエースのクリスティアーノ・ロナウドもユベントスに移籍するなど過渡期を迎える。<br><br>そして、ワールドカップ直前までスペイン代表を率いていたフレン・ロペテギ監督を新たに迎えたレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、巨額の資金を準備し、この移籍市場で複数の大物獲りを目指している。<br><br>最初の新戦力として獲得に近づいているのがチェルシーに所属し、ワールドカップでゴールデン・グローブ賞を獲得したティボー・クルトワ。これまで数シーズンにわたりレアル・マドリーの守護神を務めてきたケイロル・ナバスの代役にベルギー代表GKを据え置くことは既定路線のようだ。守備陣にはミランに所属するレオナルド・ボヌッチの獲得にペレス会長が興味を持っており、パリ・サンジェルマンとの争奪戦に発展する可能性がある。<br><br>続いて、ペレス会長が獲得を優先すると考えられているのはユベントスに所属するミラレム・ピャニッチ。しかし、同選手に関してはマンチェスター・シティなども関心を寄せると報じられており、移籍実現のためには巨額の資金が必要になるようだ。<br><br>そして最後に、エースC・ロナウドの穴を埋める存在としてレアル・マドリーが狙うのは、ワールドカップでベルギー代表の3位に貢献したエデン・アザール。同選手に関しては、ロシアでの大会で大活躍した影響で市場価値が急上昇しており、他の3選手以上の金額が必要になると考えられている。<br><br>昨シーズン、リーグ戦で苦しんだレアル・マドリーのペレス会長は、国内での復権を目指し、ロペテギ監督に大きなプレゼントを贈る準備をしているようだが、はたしてこの目論みは成功するのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.07.20 10:20 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース