復帰のベイルが2G演出! マドリーが3部相手にドローも16強進出《コパ・デル・レイ》2017.11.29 07:37 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コパ・デル・レイ4回戦2ndレグ、レアル・マドリーvsフエンラブラダが28日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、2-2のドローに終わった。この結果、2戦合計スコアを4-2としたマドリーの5回戦進出が決定した。

▽4シーズンぶりのコパ・デル・レイ制覇を狙うマドリーは、先月に敵地で行われたセグンダB(スペイン3部)に所属するフエンラブラダとの初戦を2-0で快勝。アドバンテージを得て臨んだホームでの2ndレグに向けては、3-2で勝利した直近のマラガ戦から先発全員を変更。守護神ケイロル・ナバス、コバチッチが負傷明け初の先発復帰を果たしたほか、フランチュ、オスカル、A・テヘロなどのカンテラーノが抜擢された。また、負傷明けのベイルが久々のベンチ入りを果たした。

▽控え選手とカンテラーノというメンバー構成の影響でややもたつく入りとなったマドリーは、サンティアゴ・ベルナベウでのプレーで高いモチベーションを見せるフエンラブラダの攻勢に晒される。それでも、時間の経過と共に押し返すと、19分にアクウラフ・ハキミのクロスからオスカルがシュートを放つなど、流れを掴み始める。

▽だが、先制点を奪ったのはフエンラブラダだった。25分、セットプレーの流れからペナルティアーク付近でクリアボールに反応したミジャが右足で弾丸ミドルシュート。ややコースは甘かったもののGKケイロル・ナバスの手を弾いたボールはクロスバー、ナバスの身体に続けて当たりネットに吸い込まれた。

▽3部相手にホームで先制を許すまさかの展開となったマドリーは、ここから攻勢を強めていく。40分過ぎにはダニ・セバージョスが続けてシュートを放てば、41分にはボックス手前中央でマジョラルからパスを受けたフランチュがゴール右隅を捉えたシュートを放つが、ここは相手GKの好守に遭い、前半のうちに追いつくことはできなかった。

▽迎えた後半も相手に押し込まれる入りとなったマドリーは、57分にM・バローゾに決定的なシュートを許すが、これはGKナバスのビッグセーブで凌ぐ。さらに60分には相手のCKからカタ・ディアスにクロスバー直撃のヘディングシュートを許す。

▽あわや2戦合計スコアで追いつかれるような展開が続くマドリーは62分、フランチュを下げて負傷明けのベイルを投入。すると、ウェールズ代表MFが投入直後に早速仕事を果たす。右サイドで味方からのサイドチェンジを受けたベイルが左足アウトにかけた絶妙なクロスを供給。これをゴール前のマジョラルが頭で合わすと、クロスバーの内側を叩いたボールがゴールラインを割った。

▽投入直後のアシストでいきなり魅せたベイルは、70分にもゴールを演出する。ボックス中央でルーズボールに反応すると、やや後方に落ちたボールを巧みな左足のタッチで自身の頭上を通し、ゴール至近距離から左足でシュート。これはGKに阻まれるも、こぼれ球を回収したマジョラルが冷静に流し込み、逆転に成功した。

▽ベイルが格の違いを見せ付ける活躍で試合を引っくり返したマドリーは、81分にコバチッチを下げて試合を締めにかかる。だが、試合終了間際の89分にはそのコバチッチに代わって入ったセオアネの自陣でのボールロストからカウンターを許し、最後はポルティージャに同点ゴールを許した。それでも、1stレグのリードを守り切ったマドリーが2戦合計4-2でベスト16進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

名将の年俸トップ5は? 仏誌が発表

▽フランス『フランス・フットボール』が、高額年俸を受け取っている名将たちのトップ5を発表した。 ▽現在最も多くの年俸を受け取っているのがマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督だ。昨シーズンから赤い悪魔の指揮を執るポルトガル人指揮官は今年1月に2020年まで契約を延長。その際に200万ユ―ロ増加の年俸2600万ユ―ロ(約34億5000万円)の契約を結んだようだ。 ▽それに次ぐのが中国代表マルチェロ・リッピ監督だ。2016年10月に広州恒大から中国代表に籍を移した元イタリア代表監督の年俸は2300万ユ―ロ(30億5000万円)とのこと。中国バブルの恩恵を受け取っている形だ。 ▽3番目は、意外(?)にも思えるかもしれないが、ディエゴ・シメオネ監督となっている。アトレティコ・マドリーで7シーズン目を迎えているアルゼンチン人監督は、昨年9月に2020年まで契約を延長。現在は2200万ユ―ロ(約29億2000万円)もの年俸になっており、後に続くジネディーヌ・ジダン監督やジョゼップ・グアルディオラ監督を凌ぐ報酬を受け取っている。 ▽レアル・マドリーのジダン監督とマンチェスター・シティのグアルディオラ監督は、それぞれ年俸2100万ユ―ロ(約27億9000万円)と2000万ユ―ロ(約26億6000万円)となっている。今季シティをプレミアリーグ優勝に導いたグアルディオラ監督に関しては契約延長も囁かれており、新契約ではモウリーニョ監督を超える額を受け取ることも予想される。 2018.04.24 22:25 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドを警戒するバイエルン...ボアテングは「彼より完全なFWは存在しない」

バイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに警戒心を示している。<br><br>バイエルンはチャンピオンズリーグ準決勝でレアル・マドリーと対戦。第1戦は現t時間25日にバイエルンの本拠地アリアンツ・アレナで行われるが、バイエルンが注視すべきはC・ロナウドだろう。C・ロナウドは今季公式戦34試合で42得点を挙げており、マドリーの得点源となっている。<br><br>ボアテングはドイツ『キッカー』で「クリスティアーノ・ロナウドより完全なFWは存在しないよ。右足、左足、頭...。どんな形でもゴールを奪える。彼はまるで機械のようだ」と語り、マドリーのエースを称賛した。バイエルンとしては、チームとしてC・ロナウドを止められるかが鍵を握りそうだ。<br><br>一方、マドリーとバイエルンでプレーした経験があるシャビ・アロンソ氏は次のように話している。スペイン『アス』がコメントを伝えた。<br><br>「レアル・マドリーは少しのチャンスでゴールを取ってしまう。特に、クリスティアーノだ。彼は素晴らしい状態にある。だがバイエルンはホームで緊張感の高い試合をする。1試合目が重要になるだろうね。マドリーはそこで苦しむことになる」<br><br>提供:goal.com 2018.04.24 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

“マドリーキラー”が集中! 「優勝候補だからといって僕らに勝てるわけじゃない」

▽バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、レアル・マドリーとの対戦について語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽バイエルンは、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝で25日にマドリーをホームに迎える。クラブの得点源であり、今シーズンもここまで公式戦43試合39ゴールを記録しているレヴァンドフスキは、マドリーのミスを見逃さないことが必須だと考えているようだ。 「チャンピオンズリーグを連覇したし、明らかに優勝候補だ。でも、だからといってそれが僕らを倒せるという意味にはならないよ」 「最近の試合では、僕らは良い状態であることを示していると思う。今こそ、レアル・マドリーのことを考える時なんだ」 「僕らは完璧に集中しなくてはならない。もしレアル・マドリーがミスを犯したら、その問題を利用しなければならない」 「今年は彼(クリスティアーノ・ロナウド)が得点しないことを願っている。でも、マドリーはロナウドだけじゃないんだ」 ▽レヴァンドフスキは、ドルトムント所属当時の2013-14シーズンにCL準決勝でマドリーと対戦し、1stレグで4ゴールを決めた。マドリディスタの脳裏にその時の姿が焼き付いていることは間違いなく、今回の対戦でも厳しいマークに晒されることは予想に難くない。王者マドリーを悪夢に誘い、敗退に追い込むことはできるのだろうか。 2018.04.24 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ジダンに一発食らわせろ! 燃える復讐者ハメス・ロドリゲス

▽バイエルンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、レアル・マドリーにリベンジを果たすことができるのだろうか。スペイン『マルカ』が注目している。 ▽ハメス・ロドリゲスは、2014年夏にマドリーに移籍。10番を背負い、在籍3シーズンで公式戦111試合36ゴール41アシストと上々の成績を残したが、2016年1月から指揮官に就任したジネディーヌ・ジダン監督の信頼を勝ち取ることはできず。スペイン代表MFイスコらとのポジション争いに敗れ、今シーズンから2年間のレンタルでバイエルンに放出となった。 ▽バイエルンでのハメス・ロドリゲスは、幾度か負傷離脱に泣かされたものの公式戦34試合6ゴール12アシストを記録。クラブの高評価を得ており、4200万ユーロ(約55億8000万円)に設定されている買取オプションが行使される見込みだと、各紙に伝えられている。 ▽しかし、セビージャを下してチャンピオンズリーグ準決勝に進出したバイエルンは、連覇中の王者マドリーと激突。現所属クラブで幸せを得ているハメス・ロドリゲスに、またしても白い巨人が立ちはだかった。 ▽この組み合わせに関して、ハメス・ロドリゲスは「レアル・マドリーは全てのポジションに偉大な選手が揃っている」と警戒。しかしながら、今回の対戦は自らを退団に追いやる当事者となったジダン監督をノックアウトするチャンスであり、重要な役目を果たすに違いない、と『マルカ』は予測している。 ▽バイエルンとマドリーが対戦するCL準決勝1stレグは、25日27時45分にアリアンツ・アレナでキックオフを迎える。 2018.04.24 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー、サラーに本気! プレーヤー+186億円オファー

▽レアル・マドリーが、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(25)獲得に向けてビッグオファーを計画しているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 ▽今シーズン、ここまでプレミアリーグ33試合31ゴールと大爆発しているサラーは、22日にイングランドプロサッカー協会(PFA)選出のPFA年間最優秀選手賞を受賞した。かねてより獲得に動いていると噂されるマドリーが、栄誉に輝いた同選手の確保を目指して本腰を入れている。 ▽伝えられるところでは、1億2300万ポンド(約186億5000万円)+MFダニ・セバージョス(21)を差し出す用意があるという。今シーズンからマドリーに加入したセバージョスは出場機会に苦しみ、公式戦20試合の出場に留まっている。 ▽しかし、リバプールのユルゲン・クロップ監督は先月末に「そんな(サラーが出ていく)状況になるなんて考えてもいないよ」と発言。エースを手放す気はないと語っていた。 2018.04.24 18:40 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース