ドルトムント、"規律違反"のオーバメヤンに出場停止処分! 今後の去就に影響も…2017.11.17 04:24 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは16日、規律違反を犯したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンに対して、出場停止処分を科したことを発表した。これにより、同選手は翌日に行われるブンデスリーガ第12節のシュツットガルト戦の招集メンバーから外れることになった。

▽ドルトムントは今回の一件に関して、「オーバメヤンは規律違反を犯したため、シュツットガルト戦のメンバーから外れた」と、招集外になった大まかな理由のみを明かした。

▽これに対してドイツ『ビルト』は、オーバメヤンが試合の前日練習に大幅に遅刻したことが理由であると主張。さらに、同選手が以前から数分の遅刻を繰り返していたことも明かしている。

▽また、同メディアはオーバメヤンがトーマス・トゥヘル監督時代にもクラブの許可を取らずに母国ガボンに旅行したことや、シャルケとのレヴィア・ダービーでのゴールセレブレーションで自身の個人スポンサーのロゴの入ったマスクを着用して処分を受けていたことも紹介している。

▽直近では今回の代表ウィーク中の休暇期間にオーバメヤンが、元同僚のバルセロナMFウスマーヌ・デンベレを訪問するため、バルセロナに旅立っていたと伝えているが、この旅行に関してもクラブ側に何も伝えておらず、ドルトムントは不快感を示しているようだ。

▽今季ここまで公式戦17試合に出場で15ゴールを記録しているオーバメヤンだが、中国資本を手にした古巣ミランや長期離脱となったFWアルカディウシュ・ミリクの後釜を探すナポリ、ストライカー不足に悩むチェルシーらが関心を示しており、今回の一件が尾を引けば、来冬の去就に影響するかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

南野拓実の同僚ザルツブルクDF、EL16強でのドルトムント戦を歓迎「飛んで喜んだ」

現地時間23日、UEFAヨーロッパリーグ・ラウンド16の組み合わせ抽選会が行われ、オーストリアのザルツブルクはドイツのドルトムントと戦うことが決定した。ドイツ屈指の強豪チームとの対戦が決まったことについて、ザルツブルクのクロアチア代表DFドゥイェ・チャレタ・ツァルは「飛んで喜んだ」と『Goal』の記者に明かしている。<br><br>「僕らは組み合わせ抽選会をトレーニング後に見ていたんだ。アーセナル、ミラン、ドルトムントといったビッグクラブと戦う可能性があったから、(対戦相手に)決まるといいなって思っていたんだ」<br><br>チャレタ・ツァルは「オーストリアリーグではビッグマッチがほとんどないし、これはザルツブルクにとって大きなチャンスになると思ったんだ。だから、ドルトムントとの抽選が決まった瞬間、飛んで喜んだよ」と続け、強豪との対戦を熱望していたことを明かした。<br><br>ドルトムントについては、「ドルトムントの攻撃陣はとても危険だし、気を抜くことはできないね。彼らが相手となると、ペナルティーエリア近くで不用意なミスをすることは許されない。ちょっとしたミスがチームにとって致命傷になるだろう」と述べ、決戦を前に早くも警戒心を示している。<br><br>ザルツブルクはラウンド32の第1戦、南野拓実が同点ゴールを決めた活躍もあり、2戦合計でレアル・ソシエダを上回って勝ち上がりを決めた。チャレタ・ツァルは、ラウンド16でのビッグクラブとの対戦をチャンスと捉えているようだ。<br><br提供:goal.com 2018.02.25 18:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント監督、EL対戦相手のザルツブルクを警戒「オーストリアのチームでなければ…」

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはUEFAヨーロッパリーグ(EL)ベスト16で南野拓実が所属するRBザルツブルクと当たることが決定。ドルトムント率いるペーター・シュテーガー監督は母国クラブとの試合は「特別な対戦となる」と語っている。<br><br>決勝ラウンド1回戦のセカンドレグでは敵地でアタランタと1-1で引き分け、苦戦しながらも勝ち上がったドルトムント。3月8日に行われるベスト16のファーストレグではレアル・ソシエダを下したザルツブルクをホームに迎えることになった。<br><br>シュテーガー監督はこの組み合わせについて「楽しみにしている。オーストリア人の監督として、オーストリアのチームと試合ができることは特別」と心待ちにしている様子で、次のように言葉を続けた。<br><br>「競技の観点からも面白い相手だと思う。勝てない相手ではないかもしれないが、かなり難しいタスクとなるだろう。若いチームで、とても活発なプレーを見せる。彼らはグループステージでは1度マルセイユに勝って、1度引き分けた」<br><br>ザルツブルクは自国では圧倒的な強さを見せるが、ここ数年あと一歩のところでチャンピオンズリーグ(CL)本選への出場を逃している。<br><br>「もちろん、彼らが何度もCL出場権の獲得を逃してきたことは指摘できるだろう。だが、その中にはとても強い相手とのタイトな試合も数多く含まれ、それにELではアヤックスを下すなど良い結果も何度か出してきた」<br><br>「RBライプツィヒに似たサッカー哲学で、前方からアグレッシブな守備をするプレーを見せる。当然オーストリアでの競争状況は異なるが、最近10年間で 8、9度も国内リーグで優勝した。UEFAユースリーグを制した監督が指揮を執っている。おそらくオーストリアのチームでなければ、人々はこのカードはとても難しいと考えただろう」<br><br>現役時代はオーストリア代表MFとして活躍したシュテーガー監督は、2007~13年にオーストリア1部リーグでアウストリア・ウィーンなど4チームを指導。ドイツでは格下と見られがちのザルツブルクだが、オーストリア人指揮官は警戒心を覗かせた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.25 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランvsアーセナル&香川ドルトvs南野ザルツ! ラウンド16のカード決定《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の組み合わせ抽選会が23日に行われ、対戦カードが決定した。 ▽優勝候補でありMF香川真司が所属するドルトムントは、MF南野拓実が所属するザルツブルクと対戦。また、イタリアの名門であるミランと、初のEL参戦で優勝でのチャンピオンズリーグ出場権獲得を狙うアーセナルが激突する好カードが実現した。 ▽そのほか、スペインの強豪であるアトレティコ・マドリーは、ロシアのロコモティフ・モスクワと対戦。DF酒井宏樹が所属するマルセイユはビルバオと相まみえる。 ▽ラウンド16は1stレグが3月8日に、2ndレグが同15日に行われる。 ◆ELラウンド16対戦カード ※左側のチームが1stレグのホームチーム ラツィオ(イタリア)vsディナモ・キエフ(ウクライナ) RBライプツィヒ(ドイツ)vsゼニト(ロシア) アトレティコ・マドリー(スペイン)vsロコモティフ・モスクワ(ロシア) CSKAモスクワ(ロシア)vsリヨン(フランス) マルセイユ(フランス)vsアスレティック・ビルバオ(スペイン) スポルティング・リスボン(ポルトガル)vsビクトリア・プルゼニ(チェコ) ドルトムント(ドイツ)vsザルツブルク(オーストリア) ミラン(イタリア)vsアーセナル(イングランド) 2018.02.23 21:21 Fri
twitterfacebook
thumb

EL敗退のアタランタ指揮官「互角だったが、ドルトムントに勝つのは夢のようなもの」

22日、ヨーロッパリーグ(EL)敗退が決まったアタランタの指揮官ジャン・ピエロ・ガスペリーニは苦い思いを語った。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えた。<br><br>アタランタは22日、ELラウンド32でドルトムントとの第2戦に挑んだものの1-1で引き分け、2試合合計3-4で敗退が決定した。<br><br>「2試合とも非常に良いパフォーマンスだった。1tsレグは途中、勝てるとも思ったが91分に(失点して)負けが決まってしまった。2試合とも均衡のとれた試合だったが、終盤の2つのゴールが勝敗を分けた。サポーターには感謝したい。苦かったが最高の経験だった。ドルトムントに勝つのは夢のようなものだったと思う。両試合において相手と互角、いやそれ以上にプレーできていた。選手も責任感が増し、成長できたと思う。シンデレラのように素晴らしいシーズンだった。ここで気落ちするわけにはいかない。残りのシーズンに向けて再出発したい」<br><br>先制したアタランタは追加点のチャンスを逃した挙句、83分にDFマルセル・シュメルツァーの同点弾を許し、敗退につながった。このため交代の遅れが指摘されている。アタランタ指揮官は采配の理由を説明した。<br><br>「持ちこたえていたし、決定的な時間帯だった。カウンターは良かったし、相手を脅かしていた。ゴールが入れば試合を決めることができた。当初、目標としていたようにイタリアの代表として良いプレーを見せることはできたが、後悔は残る」<br><br>提供:goal.com 2018.02.23 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

バチュアイが差別に痛快反撃! 敗退のアタランタサポに「残りのELを楽しんで」

▽今冬にチェルシーからドルトムントにレンタル加入したベルギー代表FWミッチー・バチュアイが差別主義者に反撃した。 ▽ドルトムントは22日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の2ndレグでアタランタと敵地で対戦。DFマルセル・シュメルツァーの同点弾で1-1に持ち込み、2戦合計4-3で勝ち上がりを決めた。 ▽しかし、この試合、アタランタサポーターの差別行為が横暴。フル出場のバチュアイは、差別的なチャントに晒されている。試合後、ベルギー人FWは、ツイッター(@mbatshuayi)で次のように仕返した。 「もう2018年だっていうのに、なぜ差別的なモンキーチャント? あり得ない。まあ、僕らが勝ち進んだELの残り試合を観て楽しんでもらいたいね。#差別反対 #黒豹を見ろ」 2018.02.23 13:10 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース