美しき敗者デ・ロッシ、PO敗退後に同僚やファンの非礼をスウェーデンに謝罪2017.11.16 05:11 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマに所属するイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが、13日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ後に、対戦相手のスウェーデン代表のチームバスを訪問し、同僚選手やサポーターの非礼を詫びていたようだ。スウェーデン『Expressen』が伝えている。

▽共に欧州予選をグループ2位で終えたイタリアとスウェーデンの両チームは、本大会出場を懸けてプレーオフで激突。そのプレーオフでイタリアは、敵地での1stレグを0-1、ホームで行われた2ndレグを0-0で終え、2戦合計0-1のスコアで敗退。1962年大会から14大会連続で本大会に出場し続けていたアズーリにとっては、60年ぶりに予選敗退となる大失態となった。

▽13日の2ndレグでベンチスタートとなったデ・ロッシは、チームスタッフを通じてジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督からウォーミングアップを指示された際、「どうして俺なんだ。この試合でドローは必要ない。勝たなければいけないんだろう」と発言。さらに、傍に座っていたFWロレンツォ・インシーニェを指さし、攻撃的な選手の起用が必要だと示した。

▽それほど、熱い気持ちを見せながらもベンチでチームのプレーオフ敗退を見守り、直後に代表引退を決断したデ・ロッシ。その辛い胸中の中でもフェアプレーの精神を失わない同選手は、荒れ模様となった敵地での1stレグにおける同僚の行動、今回の一戦でスウェーデン国歌斉唱の際にブーイングを行った一部サポーターの非礼を詫びるため、スウェーデン代表のチームバスを訪問した。

▽セリエAでもプレー経験があるDFポントゥス・ヤンセンは、この時のやり取りを以下のように振り返っている。

「彼(デ・ロッシ)はストックホルムの試合(1stレグ)での一部イタリア代表プレーヤーの振る舞い、今回の2ndレグでイタリアサポーターが僕らの国歌斉唱の際にブーイングをしたことについて謝罪してくれたんだ」

「その時のバスの中の雰囲気は『うわー、これは本当の出来事?』ってみんなが思っていたよ。彼は素晴らしい紳士だと思うし、最高の瞬間だったよ」

▽さらに、MFケン・セマは「誰もがなんて器の大きい人なんだって思ったよ。彼は本当にビッグなプレーヤーだ。最後には『君たちはよくやった』とも言ってくれたんだ」と、デ・ロッシの器の大きさを称賛した。

▽また、デ・ロッシの訪問時にチームバスには居なかったものの、選手やチームスタッフを通じてこの一件を伝え聞いたヤンネ・アンデション監督は、同じくイタリア代表MFの行動を絶賛している。

「素晴らしい行動だ。これは最高のスポーツだ。ピッチ上では互いに“小さな戦争”に挑む。しかし、その戦いが終われば、互いを思いやる。私はデ・ロッシの振る舞いに大きな敬意を払いたい」

「そういった彼の素晴らしい話を聞くことは嬉しいよ」

▽最後に、スウェーデン代表でメディア対応の責任者を務めるニクラス・ボデル氏は、改めてデ・ロッシへの感謝を口にしている。

「胸がとても熱くなっているよ。本物の一流アスリートだけが、そういった振る舞いをできる。スウェーデン代表チームとして彼に感謝を伝えたい」

「イタリアを心から歓迎したい。そして、彼らの今後の健闘を祈りたい。今回は我々が突破することになったが、イタリアは本当に大きなフットボールの国なんだ」

▽自身最後の晴れ舞台と目してきたロシアW杯出場を逃し、代表引退という重い決断をした中、歓喜に沸く相手チームバスを訪問するという行動は、決して簡単なことではない。それでも、チームメートやサポーターの非礼を詫び、素直に相手の健闘を称えたデ・ロッシは、まさに美しき敗者だ。

▽指揮官ヴェントゥーラの引き際の悪さや責任逃れに必死なカルロ・タヴェッキオ会長に嫌気がさしているカルチョの国において、今回のデ・ロッシの行動は何も得るものがなかった今回のW杯予選で、唯一誇れるものになったかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

ラニエリ、伊代表監督就任に意欲「もしオファーがきたら…」

▽ナントを率いるクラウディオ・ラニエリ監督が、イタリア代表指揮官就任の意思を明かした。イタリア『スカイ』に対して語っている。 ▽イタリア代表はロシア・ワールドカップの出場権を逃した事により、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督を解任。2022年のカタール・ワールドカップに向け、現在新指揮官を探している。ロシア・ワールドカップ出場を逃した失望のあとということもあり、経験豊富な名将を連れてくるものと思われているところだ。 ▽ラニエリ監督は、イタリア人として代表監督の座に興味があるという。同指揮官は「イタリア人監督なら、誰でもイタリア代表監督になりたいものだろう」とコメント。「私はナントと2年の契約がある。だが、もしオファーがきたら、会長のところへ言ってクラブを去りたいとお願いするよ」と、代表監督就任への意欲をアピールした。 2018.02.21 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

4年ぶりバロテッリ招集を否定しないイタリア暫定代表監督

▽ニースに所属するFWマリオ・バロテッリのイタリア代表復帰が現実になりそうだ。3月の代表戦でイタリア代表を指揮するルイジ・ディ・ビアージョ暫定監督がイタリア『メディアセット』で示唆している。 ▽10代の頃から注目を集めてきたバロテッリだが、ピッチ外での問題が絶えず、イタリア中が期待したような成長を遂げられなかった。それでも、今シーズンはニースでコンスタントにゴールを決めており、キャリアハイの得点数を記録している。 ▽ロシア・ワールドカップ出場を逃したイタリア代表は、まだ新監督が決まっていない。そこで、3月の代表戦はU-21代表指揮官のディ・ビアージョ監督が担当することが決まっている。 ▽暫定監督がバロテッリを試すのではないかという声は以前からあった。これについて同指揮官は「マリオは素晴らしい男だ」と好意的に語り、「今は再構築の時期だ」と述べた。 ▽バロテッリが最後に招集を受けたのは2014年。ポテンシャルに疑いの余地はないだけに、成熟したところを示せれば、復権を目指すアッズーリに定着するかもしれない。 2018.02.21 08:20 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 2月18日は、「偉大なるポニーテール」と称された“ファンタジスタ”

◆ロベルト・バッジョ 【Profile】 国籍: イタリア 誕生日:1967/2/18 クラブ:ユベントス、ミラン、インテルetc ポジション:FW 身長:174㎝ 体重:73kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、2月18日は元イタリア代表FWロベルト・バッジョだ。 ▽イタリアのカルドーニョで8人兄弟の6番目として誕生したバッジョは、1981年にセリエC1のヴィチェンツァで15歳にしてプロデビュー。その後、1985ねんにフィオレンティーナへと移籍。しかし、ここでこの先のキャリアでも悩まされる“ケガ”との付き合いが始まる。契約した2日後に右ヒザ十字じん帯断裂の大けがに見舞われ、移籍したシーズンは欠場。翌シーズンも活躍がままならず、4シーズン目で15ゴールを記録しついに花開く。 ▽その後、1990年に当時最高額の150億リラ(約16億5000万円)でユベントスへと移籍。これは、多額の移籍金に対して移籍せざるを得なくなった状況であり、バッジョとしても「望ましくない」移籍だったという。それでも実力を発揮し、ゴールを量産。1992-93シーズンはユベントスをUEFAカップ優勝に導くと、FIFA最優秀選手賞とバロンドールを同時受賞した。 ▽キャリア絶頂期だったバッジョだが、ユベントス側がインテルとの移籍交渉をスタート。これに腹を立てたバッジョは、インテルのライバルであるミランへと移籍。しかし、アリゴ・サッキ監督就任とともに出場機会が激減すると、1997年にはボローニャへ、1998年にはインテルへ移籍。2000年にはブレシアへと移籍し、2004年に現役を引退した。 ▽“ファンタジスタ”の象徴的な存在として知られるバッジョのキャリアにおいて、切っても切れないのが「PK」だろう。1990年のイタリア、1994年のアメリカ、1998年のフランスと、3度のワールドカップに出場したバッジョは、すべての大会でPK戦を経験。特に1994年のアメリカ・ワールドカップでは、決勝のブラジル戦がPK戦にもつれ込むと、最後のキッカーであるバッジョが大きく枠を外し試合終了。優勝を逃したあのシーンは、誰もが1度は目にしているはずだ。なお、3度のワールドカップを経験しながらも、ユーロへの出場は1度もなかった。 ※誕生日が同じ主な著名人 上杉謙信(大名) 斎藤一(武士/新撰組) エンツォ・フェラーリ(フェラーリ創設者) オノ・ヨーコ(芸術家) 影山ヒロノブ(シンガーソングライター) 斎藤雅樹(元プロ野球選手/巨人) 馳星周(作家/『不夜城』など) ジョン・トラボルタ(俳優) 田中哲司(俳優) ねづっち(お笑い芸人) 高島彩(アナウンサー) TETSUYA(パフォーマー/EXILE) 安藤サクラ(女優) 久松郁実(モデル、グラビアアイドル) 木山隆之(サッカー監督/モンテディオ山形) クロード・マケレレ(サッカー監督/KASオイペン) ギャリー・ネビル(元サッカー選手/マンチェスター・ユナイテッド) 2018.02.18 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

なぜ? ブッフォン、泣くことのススメ「よく一人っきりで泣いている」

▽ユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、自身の感情の表現方法について語った。『ESPN』が伝えた。 ▽フットボールの歴史上におけるレジェンドと言える実績を残し、現在も一線で活躍し続けるブッフォン。昨年のワールドカップ欧州予選プレーオフ、スウェーデンを前に敗退を喫した試合後にも涙していたブッフォンは、泣くことへのポジティブな持論を展開した。 「僕はよく、一人っきりで泣いている。泣くことは助けになるんだ。涙を流すことによって、自分の人間らしさを実感することができる」 「フットボールでは感動することがあるけど、泣いたりするのは単に負けたからということじゃない。それは、より複雑でロマンティックな何かなんだ」 2018.02.17 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

「アッレグリかサッリを代表監督に? 悪くない」。コスタクルタの選択肢に

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)のサブコミッショナーを務めるアレッサンドロ・コスタクルタ氏が、同国の代表監督選びについて話した。 ▽現役時代にミランで活躍したコスタクルタ氏は、ロシア・ワールドカップ出場を逃して解任されたジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督の後任を探している。 ▽イタリア代表は大きな失望のあとで実績のある監督を招へいするつもりだ。同氏は最近、候補者が「6、7人」と話していたが、「新しいことは何もない」と語り、まだ進展はないと述べた。 ▽それでも、セリエAで結果を残す2チームの指揮官に興味があるようで、「(ナポリのマウリツィオ・)サッリと(ユベントスのマッシミリアーノ・)アッレグリ? そうなったら悪くないね。私はイタリア人監督というのが、世界で最も準備のできたものだと考えている」と語った。 ▽3月の代表戦ではU-21代表を指揮するルイジ・ディ・ビアージョ氏が監督を務めることが決まったアッズーリ。正式な監督は誰になるだろうか。 2018.02.13 23:35 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース