美しき敗者デ・ロッシ、PO敗退後に同僚やファンの非礼をスウェーデンに謝罪2017.11.16 05:11 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマに所属するイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが、13日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ後に、対戦相手のスウェーデン代表のチームバスを訪問し、同僚選手やサポーターの非礼を詫びていたようだ。スウェーデン『Expressen』が伝えている。

▽共に欧州予選をグループ2位で終えたイタリアとスウェーデンの両チームは、本大会出場を懸けてプレーオフで激突。そのプレーオフでイタリアは、敵地での1stレグを0-1、ホームで行われた2ndレグを0-0で終え、2戦合計0-1のスコアで敗退。1962年大会から14大会連続で本大会に出場し続けていたアズーリにとっては、60年ぶりに予選敗退となる大失態となった。

▽13日の2ndレグでベンチスタートとなったデ・ロッシは、チームスタッフを通じてジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督からウォーミングアップを指示された際、「どうして俺なんだ。この試合でドローは必要ない。勝たなければいけないんだろう」と発言。さらに、傍に座っていたFWロレンツォ・インシーニェを指さし、攻撃的な選手の起用が必要だと示した。

▽それほど、熱い気持ちを見せながらもベンチでチームのプレーオフ敗退を見守り、直後に代表引退を決断したデ・ロッシ。その辛い胸中の中でもフェアプレーの精神を失わない同選手は、荒れ模様となった敵地での1stレグにおける同僚の行動、今回の一戦でスウェーデン国歌斉唱の際にブーイングを行った一部サポーターの非礼を詫びるため、スウェーデン代表のチームバスを訪問した。

▽セリエAでもプレー経験があるDFポントゥス・ヤンセンは、この時のやり取りを以下のように振り返っている。

「彼(デ・ロッシ)はストックホルムの試合(1stレグ)での一部イタリア代表プレーヤーの振る舞い、今回の2ndレグでイタリアサポーターが僕らの国歌斉唱の際にブーイングをしたことについて謝罪してくれたんだ」

「その時のバスの中の雰囲気は『うわー、これは本当の出来事?』ってみんなが思っていたよ。彼は素晴らしい紳士だと思うし、最高の瞬間だったよ」

▽さらに、MFケン・セマは「誰もがなんて器の大きい人なんだって思ったよ。彼は本当にビッグなプレーヤーだ。最後には『君たちはよくやった』とも言ってくれたんだ」と、デ・ロッシの器の大きさを称賛した。

▽また、デ・ロッシの訪問時にチームバスには居なかったものの、選手やチームスタッフを通じてこの一件を伝え聞いたヤンネ・アンデション監督は、同じくイタリア代表MFの行動を絶賛している。

「素晴らしい行動だ。これは最高のスポーツだ。ピッチ上では互いに“小さな戦争”に挑む。しかし、その戦いが終われば、互いを思いやる。私はデ・ロッシの振る舞いに大きな敬意を払いたい」

「そういった彼の素晴らしい話を聞くことは嬉しいよ」

▽最後に、スウェーデン代表でメディア対応の責任者を務めるニクラス・ボデル氏は、改めてデ・ロッシへの感謝を口にしている。

「胸がとても熱くなっているよ。本物の一流アスリートだけが、そういった振る舞いをできる。スウェーデン代表チームとして彼に感謝を伝えたい」

「イタリアを心から歓迎したい。そして、彼らの今後の健闘を祈りたい。今回は我々が突破することになったが、イタリアは本当に大きなフットボールの国なんだ」

▽自身最後の晴れ舞台と目してきたロシアW杯出場を逃し、代表引退という重い決断をした中、歓喜に沸く相手チームバスを訪問するという行動は、決して簡単なことではない。それでも、チームメートやサポーターの非礼を詫び、素直に相手の健闘を称えたデ・ロッシは、まさに美しき敗者だ。

▽指揮官ヴェントゥーラの引き際の悪さや責任逃れに必死なカルロ・タヴェッキオ会長に嫌気がさしているカルチョの国において、今回のデ・ロッシの行動は何も得るものがなかった今回のW杯予選で、唯一誇れるものになったかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月2日はユナイテッドで苦悩する元イタリア代表DFのバースデー

◆マッテオ・ダルミアン 【Profile】 国籍:イタリア 誕生日:1989/12/2 クラブ:マンチェスター・ユナイテッド ポジション:DF 身長:183cm 体重:70kg ▽『今日の誕生日は誰だ! 』12月2日は、元イタリア代表DFマッテオ・ダルミアンだ。 ▽17歳のときにイタリアの名門・ACミランでプロデビューを果たしたダルミアン。その後はパレルモやトリノを経て、2015年にユナイテッドに加入した。当初はセンターバックを本職としていたが、現在は右サイドバックを務めるようになり、ディフェンスラインならどのポジションでもこなす万能プレイヤーだ。 ▽ユナイテッドに加入する前に在籍していたトリノでは、2013-14シーズンにセリエAの年間ベストイレブンにも選ばれる活躍を示し、ユナイテッド入り。ユナイテッドでは、当時ルイス・ファン・ハール監督の下でデビューを果たしたが、モウリーニョ監督就任以降は出場機会が激減。「なぜモウリーニョが自分を使わないのか分からない」と発言するほど、モウリーニョ監督のやり方に不満を持っているようだ。 ▽代表キャリアにおいては2014年のアイルランド戦でデビューを果たし、すぐに自らの地位を確立したが、同年のブラジル・ワールドカップ(W杯)ではグループステージ敗退。ロシア・ワールドカップでも、本戦出場を懸けたプレーオフでスウェーデン代表に敗れて60年ぶりに出場を逃すなど、目に見える実績を残せず。ロシアW杯プレーオフ終了を機に、招集外が続いている。 ※誕生日が同じ主な著名人 フランチェスコ・トルド(元サッカー選手) ガストン・ラミレス(サッカー選手/サンプドリア) 山村和也(サッカー選手/セレッソ大阪) 乾大知(サッカー選手/サガン鳥栖) 田中稔也(サッカー選手/鹿島アントラーズ) 後藤正文(ミュージシャン/ASIAN KUNG-FU GENERATION) ブリトニー・スピアーズ(歌手) 松嶋尚美(お笑い芸人/オセロ) おたけ(お笑い芸人/ジャングルポケット) 清水富美加(女優) 2018.12.02 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ドナドーニ氏、日本代表指揮官就任の噂に言及「Jリーグ6試合を観戦した」

▽ロベルト・ドナドーニ氏(55)は、やはり日本代表指揮官就任に近付いていたようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューを抜粋し、同『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽イタリア代表やナポリ、カリアリなどで監督を歴任したロベルト・ドナドーニ氏。昨シーズンまで率いていたボローニャとは満了を迎えた契約を更新せず、今シーズンはフリーの状態が続いている。 ▽そんな中、今年9月中旬に『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が「ドナドーニが日本代表の話し合いのため、日本にいる」と報道。しかし、正式な発表はされず、その話題は立ち消えとなっていた。 ▽しかし、現在ミランからの関心も取り沙汰されるドナドーニ氏は、自身の去就に関するインタビューの中で日本行きの可能性があったことを明かしている。 「彼らのフットボールが知りたくて、J1リーグの試合を6試合視察した。相互に興味を抱いたりもしたが、契約には至らなかったよ」 「日本国内での代替案として、代表監督の役割も打診された」 2018.11.30 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマの象徴デ・ロッシ、1年間の新契約締結か

▽ローマに所属するイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)に契約延長の可能性が浮上した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽ローマ生まれであり、2000年のプロデビューからローマ一筋という生粋のローマっ子のデ・ロッシ。今シーズンが契約最終年となっており、来シーズンの去就は不透明な状況だ。 ▽だが、ローマは公式戦通算604試合を誇るクラブの“象徴”デ・ロッシに対して、新たに1年間の延長オファーを検討。デ・ロッシ自身も交渉に応じる意向だという。 ▽なお、デ・ロッシは現在、右足半月板損傷で離脱が続いているが、手術を回避。27日に行われるチャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦で復帰する可能性がある模様だ。 2018.11.22 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

インモービレ、アズーリの得点力不足の責任負う 「代表でも自分の力を証明する必要がある」

▽イタリア代表は17日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ3のポルトガル代表戦を戦い、0-0のドローで終わった。同試合で幾つかの決定機を逸したラツィオFWチーロ・インモービレは得点力不足の責任を感じているようだ。同選手がイタリア『スカイ・スポルト』で語った。 ▽勝利以外、準決勝進出の望みがないイタリアは試合を通してポルトガルを押し込む展開を見せるが、インモービレを始めアタッカー陣が相手守護神ルイ・パトリシオの牙城を破れず、ゴールレスドローで試合を終えることになった。 ▽同試合でエースストライカーとしての役目を果たせなかったインモービレは試合後、苦しい胸中を明かした。 「試合を通しては良いパフォーマンスだったと思う。だけど、得点力不足が自分に重く圧し掛かってきている。ただ、前を向いて次に臨みたい」 「僕たちは称賛と共に批判を受け入れる必要がある。正直なところ、一番心配しているのはチャンス自体を作れないことだ。だけど、僕たちはチャンスに関しては作れていたし、このままのプレーを続けられれば、次にはもっと良くなっていくと思っている」 「ここ数試合は高いクオリティと共にゴールチャンスも作れている。ただ、それをゴールに結びつけられていないことが大きな課題なんだ」 ▽また、セリエAで2度の得点王に輝くなどクラブレベルでゴールを量産する一方、代表では34試合で7ゴールと精彩を欠くインモービレ。とりわけ、2017年9月のイスラエル代表戦以降、9試合連続でノーゴールが続いている。クラブと異なり、代表で苦戦を強いられている理由に関して問われると、今後の試合で代表でも活躍できることを証明したいと語った。 「僕は自分がもっとできることを知っている。それはラツィオでも証明しているし、イタリア代表でも証明する必要があると思っている。今、僕はとても気合いが入っているし、次の試合では必ずうまくやれるはずだ」 ▽なお、インモービレを筆頭に得点力不足に悩むイタリア代表はロベルト・マンチーニ監督の初陣となった6月のサウジアラビア戦を2-1で勝利して以降、公式戦7試合連続で複数得点を奪うことができていない。 ▽そのため、20日に予定されるアメリカ代表との国際親善試合では攻撃陣の奮起に期待したいところだ。 2018.11.18 21:18 Sun
twitterfacebook
thumb

ボヌッチ、母国サポからのブーイングに「根っからの大馬鹿」

▽ユベントスに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、自身へのブーイングを非難している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽ボヌッチは、昨年の夏に7年間過ごしていたユベントスを離れ、ミランに電撃移籍。ミランではキャプテンも務めており、そのまま新天地でのキャリアを続行するかに思われた。 ▽しかし今夏、わずか1年でユベントスに復帰。この動きに関して、両サポーターから「傭兵」などと野次られることもあるが、クラブでは元通りレギュラーを確保。セリエA第12節ミラン戦こそベンチで90分を過ごしたものの、ユベントスで良い時間を過ごしている。 ▽それでも17日、ジュゼッペ・メアッツァでのUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ3ポルトガル代表戦に先発出場したボヌッチに対して、イタリアサポーターがブーイング。ミランの本拠地で行われたその試合は、ボヌッチにとって心地良い時間とはならなかった。 ▽試合後、ブーイングについて問われたボヌッチは以下のように応じている。 「根っからの大馬鹿者はいつだっている」 「僕は今でもチームメイトの信頼を得ている。それが重要なことだ」 2018.11.18 16:55 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース