美しき敗者デ・ロッシ、PO敗退後に同僚やファンの非礼をスウェーデンに謝罪2017.11.16 05:11 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマに所属するイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが、13日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ後に、対戦相手のスウェーデン代表のチームバスを訪問し、同僚選手やサポーターの非礼を詫びていたようだ。スウェーデン『Expressen』が伝えている。

▽共に欧州予選をグループ2位で終えたイタリアとスウェーデンの両チームは、本大会出場を懸けてプレーオフで激突。そのプレーオフでイタリアは、敵地での1stレグを0-1、ホームで行われた2ndレグを0-0で終え、2戦合計0-1のスコアで敗退。1962年大会から14大会連続で本大会に出場し続けていたアズーリにとっては、60年ぶりに予選敗退となる大失態となった。

▽13日の2ndレグでベンチスタートとなったデ・ロッシは、チームスタッフを通じてジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督からウォーミングアップを指示された際、「どうして俺なんだ。この試合でドローは必要ない。勝たなければいけないんだろう」と発言。さらに、傍に座っていたFWロレンツォ・インシーニェを指さし、攻撃的な選手の起用が必要だと示した。

▽それほど、熱い気持ちを見せながらもベンチでチームのプレーオフ敗退を見守り、直後に代表引退を決断したデ・ロッシ。その辛い胸中の中でもフェアプレーの精神を失わない同選手は、荒れ模様となった敵地での1stレグにおける同僚の行動、今回の一戦でスウェーデン国歌斉唱の際にブーイングを行った一部サポーターの非礼を詫びるため、スウェーデン代表のチームバスを訪問した。

▽セリエAでもプレー経験があるDFポントゥス・ヤンセンは、この時のやり取りを以下のように振り返っている。

「彼(デ・ロッシ)はストックホルムの試合(1stレグ)での一部イタリア代表プレーヤーの振る舞い、今回の2ndレグでイタリアサポーターが僕らの国歌斉唱の際にブーイングをしたことについて謝罪してくれたんだ」

「その時のバスの中の雰囲気は『うわー、これは本当の出来事?』ってみんなが思っていたよ。彼は素晴らしい紳士だと思うし、最高の瞬間だったよ」

▽さらに、MFケン・セマは「誰もがなんて器の大きい人なんだって思ったよ。彼は本当にビッグなプレーヤーだ。最後には『君たちはよくやった』とも言ってくれたんだ」と、デ・ロッシの器の大きさを称賛した。

▽また、デ・ロッシの訪問時にチームバスには居なかったものの、選手やチームスタッフを通じてこの一件を伝え聞いたヤンネ・アンデション監督は、同じくイタリア代表MFの行動を絶賛している。

「素晴らしい行動だ。これは最高のスポーツだ。ピッチ上では互いに“小さな戦争”に挑む。しかし、その戦いが終われば、互いを思いやる。私はデ・ロッシの振る舞いに大きな敬意を払いたい」

「そういった彼の素晴らしい話を聞くことは嬉しいよ」

▽最後に、スウェーデン代表でメディア対応の責任者を務めるニクラス・ボデル氏は、改めてデ・ロッシへの感謝を口にしている。

「胸がとても熱くなっているよ。本物の一流アスリートだけが、そういった振る舞いをできる。スウェーデン代表チームとして彼に感謝を伝えたい」

「イタリアを心から歓迎したい。そして、彼らの今後の健闘を祈りたい。今回は我々が突破することになったが、イタリアは本当に大きなフットボールの国なんだ」

▽自身最後の晴れ舞台と目してきたロシアW杯出場を逃し、代表引退という重い決断をした中、歓喜に沸く相手チームバスを訪問するという行動は、決して簡単なことではない。それでも、チームメートやサポーターの非礼を詫び、素直に相手の健闘を称えたデ・ロッシは、まさに美しき敗者だ。

▽指揮官ヴェントゥーラの引き際の悪さや責任逃れに必死なカルロ・タヴェッキオ会長に嫌気がさしているカルチョの国において、今回のデ・ロッシの行動は何も得るものがなかった今回のW杯予選で、唯一誇れるものになったかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 8月14日は、ユベントス新主将のバースデー!

◆ジョルジョ・キエッリーニ 【Profile】 国籍:イタリア 現役時クラブ:ユベントス 誕生日:1984年8月14日 ポジション:DF 身長:187㎝ 体重:78kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 8月14日は、ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニだ。 ▽地元のクラブ、リヴォルノでキャリアをスタートさせたキエッリーニは、当初はサイドバックとしてブレイク。しかし、ユベントス移籍後にセンターバックとしての才能を開花させ、現在では同ポジションでの世界最高の1人と目されるまでになった。ユベントスでセリエA7連覇を含む15度のタイトルに獲得しているキエッリーニは、退団したGKジャンルイジ・ブッフォンの後を継ぎ、2018-19シーズンから新主将に任命されている。 ▽また、ゴールパフォーマンスの際にはゴリラのドラミングを真似するなどお茶目な人柄でも知られているが、実は多数のノーベル賞受賞者を輩出しているイタリアの名門トリノ大学を卒業済み。サッカー選手を続けつつ経営管理学科で経済学を学び、110満点中109点を獲得している。また、卒論のテーマは『国際基準におけるユベントスのビジネス』だったそうだ。 ※誕生日が同じ主な著名人 ジェイ=ジェイ・オコチャ(元サッカー選手) アンデル・エレーラ(サッカー選手/マンチェスター・ユナイテッド) マキシミリアーノ・ゴメス(サッカー選手/セルタ) リュボミール・フェイサ(サッカー選手/ベンフィカ) 小倉純二(JFA第12代会長) 都並敏史(サッカー解説者) 石原直樹(サッカー選手/ベガルタ仙台) 奥埜博亮(サッカー選手/ベガルタ仙台) 桂歌丸(落語家) ラリー・グラハム(ベーシスト) サラ・ブライトマン(歌手) 2018.08.14 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ピルロ氏のイタリア代表入りが一転、立ち消えに?

▽スタッフとしてのイタリア代表入りが噂されていた元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏だが、どうやら話が立ち消えになる可能性があるようだ。イタリア『ANSA通信』が報じた。 ▽ピルロ氏は、現役時代はミランやユベントスで活躍。イタリア代表としても116試合に出場し13ゴールを記録。2006年のドイツ・ワールドカップでは優勝に大きく貢献したレジェンドだ。 ▽2018年1月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティFCで選手生活にピリオドを打ち、再建を目指すイタリアサッカー連盟(FIGC)と交渉。新生イタリア代表のアシスタントコーチに就任すると見られていた。 ▽しかし、ここに来て1つの障壁があると報道。ピルロ氏は、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグのコメンテータとして、『スカイ・スポーツ・イタリア』と契約。イタリア代表に入閣するために辞退することにしたと報じられていたが、ロベルト・マンチーニ監督の下でのアシスタントコーチ就任が立ち消えになったとのこと。果たして、ピルロ氏はどちらの道を選択するのだろうか。 2018.08.09 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

マンチーニがバロテッリにエール「マリオは大人になった…過去は過去だと証明して」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督は、26日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、ニースに所属するFWマリオ・バロテッリについて語った。<br><br>■教え子バロテッリを高く評価バロテッリは長らく、ピッチ外での行動が問題視され、イタリア代表から遠ざかっていたが、恩師であるマンチーニが指揮官に就任したことで今年5月、4年ぶりに代表復帰を果たした。新生イタリアの初陣となった親善試合サウジアラビア戦では、いきなりゴールを挙げ、インパクトを残した。<br><br>マンチーニは、インテルやマンチェスター・シティでも指導した愛弟子バロテッリの能力を高く評価している。<br><br>「マリオは大きな潜在能力を持っている。2012年ユーロでイタリアを決勝に導いたときのように、決定的な仕事をする可能性がある。フィジカル、テクニック、シュート、ヘッドでの一撃も優れていて、万能なCFだ」<br><br>ピッチ外でメディアに晒され、話題となることの多かったバロテッリだが、マンチーニは近年の成長を認め、エールを送った。<br><br>「彼は28歳だし、成長した。若い頃は、愚かな行為を何度もしてしまうことはある。私もそうだった。重要なのは、自分の過ちを理解し、教訓とすることだ。前回の合宿では、マリオは大人になったように見えたし、再びアッズーリでも重要な選手になりたいという意欲が見て取れた。プレーを続けて、過去は過去だということを証明して欲しい。私は信じている」<br><br>■ピルロの入閣を熱望するマンチーニまたマンチーニは、イタリア代表スタッフ入りの可能性が報じられているアンドレア・ピルロ氏についても言及している。<br><br>「公式発表を待とう。いずれにせよアンドレアは監督を志望している。だからこれこそ彼が進むべき道だよ。スタートとしては、良いと思う。それに彼のようなクオリティのある人物なら、ピッチでも必要なんだけど&hellip; 冗談は別として静観してみよう。我々のチームに加わってくれることは重要だよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.28 15:05 Sat
twitterfacebook
thumb

イタリア代表、マンチーニのアシスタントに天才レジスタが就任へ

▽元イタリア代表のアンドレア・ピルロ氏が、同国代表のスタッフに加わる見通しとなった。イタリア『ANSA通信』が伝えている。 ▽報道によると、ピルロ氏はロベルト・マンチーニ監督のアシスタントとしてイタリア代表入りする。すでに連盟との交渉は事実上完了している。 ▽ただ、ピルロ氏はイタリア『スカイ』でチャンピオンズリーグの解説者を務めているため、これを両立することに問題がないかを検証しなければいけないようだ。 ▽いずれにしても、ピルロ氏と連盟はすでに合意に達しているようで、正式な発表は時間の問題とみられている。 2018.07.25 23:10 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョが各リーグの魅力語る! 伊は「C・ロナウド」、西は「メッシ」で英は…

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、プレミアリーグこそ最高だと語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記事を、スペイン『マルカ』が引用している。 ▽母国のベンフィカで指揮官としてのキャリアをスタートさせたモウリーニョ監督は、2003-04シーズンにポルトを率いてチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成し、世界的名将として知られることに。続くチェルシー時代はCLこそ優勝できなかったもののプレミアを連覇、インテル時代の2009-10シーズンにはイタリア史上初の三冠(CL、セリエA、コッパ・イタリア)にチームを導いた。 ▽2010年夏に就任したレアル・マドリーでは、2011-12シーズンにリーガエスパニョーラを制覇。欧州3大リーグで優勝を成し遂げた史上初の監督となった。マドリー指揮官退任後、チェルシーでの2度目の政権を経て、現在ではマンチェスター・ユナイテッドで采配を振るっている。 ▽数々のリーグで優勝を経験しているモウリーニョ監督が、どのリーグが最高かという質問に以下のような見解を示した。 「プレミアリーグは、ベストの選手たちが同居する最も競争力のあるリーグだ」 「3つの次元がある。人々は(クリスティアーノ・)ロナウドを目的にイタリアを観るし、プレミアリーグを観るならばベストのリーグであることが理由だ。そしてスペインなら(リオネル・)メッシのためだね」 「ユベントスの今回の(C・ロナウドの)移籍を祝福する。フットボール面でも、広告面でも、そしてマーケティング面でもね」 ▽なお、今回話に挙がっていないブンデスリーグについては、モウリーニョ監督は2013年に「興味がない。私がドイツで指揮を執ることはない」とコメントしていた。 2018.07.17 22:45 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース