バルサとグリーズマンが合意間近か2017.11.15 14:07 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナとアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)の合意が近づいているようだ。フランス『le10sport』が報じた。

▽今夏にマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が報じられながらも、アトレティコが補強禁止処分となっていたため残留を決断したグリーズマン。シーズン中も引き続きユナイテッドとの関連が伝えられているが、ここにきてバルセロナが同選手に接近しているようだ。

▽バルセロナはこの数週間でグリーズマン側とコンタクトを取り、話し合いは順調に進展しているとのことだ。来シーズンの契約へ原則合意に近づいている模様だ。

▽なお、グリーズマンに関してはアトレティコとの現行契約に解除条項が設けられており、現状の2億ユーロ(約267億円)から来年1月に1億ユーロ(約133億5000万円)に減額されるとみられている。そのため、バルセロナがグリーズマンと合意し、解除金を支払えば移籍が実現することになる。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ、カリニッチ&ジェルソン獲得間近に…クラブ間交渉が合意すれば発表へ

アトレティコ・マドリーが、ミランFWニコラ・カリニッチ、スポルティング・リスボンFWジェウソン・マルティンスの獲得に迫っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>同紙曰く、アトレティコのカリニッチ&ジェルソンの獲得発表は、すでに時間の問題となっている模様。同クラブはすでに両選手と個人合意に至っており、クラブ間交渉がまとまり次第、獲得を発表するとのことだ。<br><br>ロシア・ワールドカップで出場拒否を理由に、クロアチア代表から追放されたことで話題となったカリニッチは、今週にもアトレティコ加入が発表される見通しという。アトレティコとミランの交渉は、1800万ユーロの買い取り義務付きの1年レンタルで合意に至る見通しとされる。<br><br>その一方でポルトガル代表のジェルソンは、スポルティングとの間に問題を抱えたことで契約を一方的に解除したが、アトレティコはスポルティングとの友好的な関係を維持するためにも同クラブと交渉を行っているようだ。<br><br>スポルティングはFWルシアーノ・ビエットのレンタル移籍を望んでいるようだが、同選手の完全移籍での売却を急がず進めていく方針のアトレティコは難色を示している様子。いずれにしろアトレティコは、ジェルソンをすでに確保したものと考えながらスポルティングと話し合い、交渉がまとまらない場合にはフリーで同選手を引き入れる方針とみられる。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.17 10:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ベナティア流出覚悟のユーベ、ゴディン獲得へ本腰

▽ユベントスがアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(32)の獲得に本腰を入れるようだ。イタリア『メディアセット』や『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ユベントスではモロッコ代表DFメディ・ベナティア(31)が残り2年となっている契約延長を拒否し、イングランドやフランス方面への移籍が報じられている。 ▽昨季ディフェンスリーダーとしてユベントスの守備を支えたベナティアの流出に備え、ユベントスはアトレティコの守備の要であるゴディンの獲得に本腰を入れたようだ。同メディアによれば移籍金2500万ユーロ(約32億8000万円)を用意しているとのことだ。 ▽なお、ゴディンの移籍に備え、アトレティコはフライブルクのトルコ代表DFチャグラル・ソユンク(22)の獲得に迫っているという。 2018.07.16 04:32 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ新加入のロドリが意気込み! 「大物選手にならなくては」

▽新シーズンからアトレティコ・マドリーに加入したスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスが、意気込みを語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽首都マドリードで生まれアトレティコの下部組織で育った“ロドリ”の愛称で知られるロドリゴ・エルナンデスは、低身長や体力不足を理由に出場機会を与えられず、2013年にビジャレアルへ完全移籍した。 ▽その後、同クラブでトップチーム昇格を果たしたロドリゴ・エルナンデスは現在では190cmの偉丈夫となり、卓越した身体能力と戦術眼を武器にバルセロナMFセルヒオ・ブスケッツの後継者と目されるまでのトッププレーヤーに成長。今夏に、アトレティコとの5年契約を勝ち取ることとなった。 ▽プレシーズンを開始させたロドリゴ・エルナンデスは、以下のようにアトレティコ加入に際しての抱負を述べた。 「これは僕の人生の中でも重要な一歩だ。なぜなら、家から離れれば戻るチャンスが得られるかどうかは分からないからだ」 「僕はビッグクラブで大物選手にならなくてはいけない」 「同い年で、一緒にいくつかのタイトルを勝ち取った仲間と再会できることは喜びだよ」 「彼(ディエゴ・シメオネ監督)はここで最も誠実な人物の1人だ。このクラブに来て以来ね」 「彼ら(サポーター)は非常に重要だよ。フィールドの上で大きな自信を与えてくれるんだ」 「ホームでのプレー、ファンからの後押し、そして彼らに多くの勝利を捧げることができるのを楽しみにしている」 2018.07.14 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコのU-23アルゼンチン代表GKウェルネルが昇格ウエスカにレンタル移籍

▽リーガエスパニョーラに昇格したウエスカは11日、アトレティコ・マドリーのU-23アルゼンチン代表GKアクセル・ウェルネル(22)をレンタルで獲得したことを発表した。 ▽2016年夏に母国のクラブからアトレティコに加入したウェルネルは、正GKヤン・オブラクと第2GKを務めていたミゲル・アンヘル・モジャに阻まれ、これまで公式戦3試合の出場に留まっていた。アルゼンチンの世代別代表では2016年のリオデジャネイロ・オリンピックのU-23代表に選出された経歴を持っている。 ▽アトレティコではモジャがレアル・ソシエダに移籍したものの、ベティスからアントニオ・アダンを獲得しており、ウェルネルの出場機会が引き続き限られることが予想されていた。 2018.07.11 23:20 Wed
twitterfacebook
thumb

トーレス獲得を最後まで争ったクラブは? 9日朝に元同僚から勧誘も鳥栖行き決断

▽サガン鳥栖への加入が決定した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの獲得を最後まで争っていたのは、メジャーリーグサッカー(MLS)のシカゴ・ファイアのようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2015年冬に幼少期から過ごす古巣アトレティコ・マドリーに復帰したトーレスは、ヨーロッパリーグ(EL)優勝を置き土産に2017-18シーズン限りで退団した。シドニーFCや北京人和、シカゴ・ファイアーの名前も取り沙汰された中、一時破談が囁かれた鳥栖行きを決断。 10日に鳥栖への加入が発表された。『マルカ』によると、同クラブと1年間の契約延長オプション付きの1年半契約を結んだようだ。 ▽同メディアによると、トーレスには上記のクラブを含めて、フランス、イングランド、ドイツ、スペインといった欧州クラブからもオファーがあった中で、最後まで獲得を粘っていたのがシカゴ・ファイアだったという。同クラブで現在指揮を執っているのは、元セルビア・モンテネグロ(現在はセルビアとモンテネグロに分裂)代表のFWヴェリコ・パウノビッチ監督。同監督は現役時代に1996年から2002年、2003年から2005年までアトレティコ・マドリーでプレーしており、下部組織在籍時も含めて1995年から2007年まで所属していた頃のトーレスとチームメイトだった。 ▽この繋がりもありシカゴ・ファイアへの移籍が有力視されていたが、1カ月以上の間関心を寄せていた同クラブは最後まで契約を結ぶことができず。9日の朝にはパウノビッチ監督が最後の勧誘をしたようだが、その時にはすでにトーレスが鳥栖行きを決断していたようだ。 2018.07.11 16:45 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース