心膜の問題から復帰間近のカルバハル「深刻だった場合は引退しなければならないと考えた」2017.11.15 13:39 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽心膜のウィルス感染により離脱を強いられていたレアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルは、現在は回復に向かっているものの、一度は引退を覚悟したと明かしている。スペイン『マルカ』が報じた。▽マドリー不動の右サイドバックとして知られるカルバハルは、9月26日のチャンピオンズリーグ第2節ドルトムント戦に出場した後、9月30日に心膜炎により倒れ、心臓の問題により無期限の離脱が報じられていた。

▽しかし、幸いなことに同選手の治療は成功。11月18日に行われる重要なダービーである、リーガエスパニョーラ第12節アトレティコ・マドリー戦で、約1カ月半ぶりの復帰が見込まれている。

「(病気が)深刻だった場合は、引退しなければならないと考えた」

「最初の3~4週間は何1つとして実際にすることができなかったから、最悪だったよ。どのような方法でも心拍数を上げることができず、(心拍数は)とても低かった」

「身体が活動を欲していたね。特に僕らはアスリートだからさ。できるだけ早期に復帰したいと願っていたけど、最終的に(出場)許可はこのインターナショナルウィークの後になった」

「クリスマス(休暇)前の1カ月半に耐えられるように、僕のプレーリズムを競争力のあるものに戻すためだね。原則的には、僕は医学的にプレーが許されている状態で、再び何か問題が起こることはないと思う」

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、A・サンドロ後釜にマルセロorジョルディ・アルバ?

▽ユベントスが、レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロ(30)か、バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)を獲得する可能性があるようだ。イタリア『Tuttosport』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽ユベントスは左サイドバックを務めるブラジル代表DFアレックス・サンドロとの契約延長が難航している。そのA・サンドロに代わる選手としてリストアップされているのが、スペインの二大巨頭に籍を置くマルセロとJ・アルバだという。 ▽トップターゲットと見られている前者は、今夏ユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドを追ってビアンコネロ入りするのではないかとの憶測が出ている。しかし以前、マルセロは「多くの馬鹿げた話を耳にした。僕は引退するまでここにいる」として、マドリーに忠誠を誓っていた。 ▽一方、後者はバルセロナとの契約が2020年夏までとなっているものの、未だ契約延長の話は出ていない。本人は「クラブの決定に依存することだけど、僕はバルセロナを離れたくない」とコメントしていたが、なかなか新契約を提示してこないクラブに少なからず不満を感じているようだ。 2018.10.18 20:50 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、指揮官交代へ本格化!コンテ氏と接触か

▽レアル・マドリーがイタリア人のアントニオ・コンテ氏(49)と接触したようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽マドリーは今シーズンから元スペイン代表のフレン・ロペテギ監督が就任。しかし、リーガエスパニョーラでは第8節終了時点で4勝2分け2敗の4位と本調子からは程遠い成績だ。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では格下と思われていたCSKAモスクワに0-1で敗れるなど33年ぶりに公式戦4試合無得点、今季の勝率も5割を切るという不振に陥っている。 ▽こうした状況下の中、マドリーは15日にコンテ氏に就任可能かコンタクトを取ったという。同氏は昨季までチェルシーを率いていたが7月中旬に解任。チェルシーに対して契約期間中に解任されたとして違約金1000万ユーロ(約13億円)の支払いを求め係争中の身だ。 ▽マドリーは20日にホームでレバンテと対戦する。5試合ぶりのゴールで勝利することができるのか注目が集まる。 2018.10.18 14:09 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー憧れるアザール残留へ全力を…チェルシー会長「世界中のファンは彼が大好きなんだ」

▽チェルシーのブルース・バック会長が、ベルギー代表MFエデン・アザール(27)の残留に向けて尽力するつもりであることを明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽アザールは今夏レアル・マドリー行きが取り沙汰されながら残留を決断。チェルシーは現在2020年6月末までとなっている同選手の契約延長を望んでいるが、同選手が最近「レアル・マドリーは子どもの頃から夢見るクラブ」と明かしたことが話題に。スペインメディアでは来冬の移籍市場でマドリーがアザール獲得に再び動く可能性があるとも伝えられている。 ▽しかし、チェルシーの会長を務めるブルース・バック会長は、アザールが同クラブファンから愛されている選手だと主張し、残留を望んでいることを明かした。 「ロンドン、そして世界中の全チェルシーファンは、エデン・アザールが大好きなんだ」 「私も彼が偉大なフットボール選手であることだけでなく、素晴らしい若者だと思っている。我々はこのクラブにいて欲しいと思っている。そうするために、我々は彼を魅了しなくてはならない」 2018.10.18 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、ジローナvsバルサのアメリカ開催反対を表明「競争の公平性を欠く」

▽レアル・マドリーが、リーガエスパニョーラのアメリカ開催について反対の立場を明確に表明した。スペイン『アス』が報じている。 ▽ラ・リーガのハビエル・テバス会長が主導して推し進めている、リーガエスパニョーラのアメリカ開催。カードの候補となっているバルセロナとジローナが肯定的な動きを見せている一方で、スペインサッカー協会(RFEF)のルイス・マヌエル・ルビアレス会長や国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長はテバス会長を批判している。 ▽記事によると、未だ実施されるか否かが確定していない中、スペインサッカー界で最も影響力を持つクラブであるマドリーが、反対意見を投じた。マドリーからRFEFに送付した書簡の内容が、スペインのラジオ『カデナ・セル』により以下のように明らかにされている。 「私たちが実際的に参加するものおいて、レアル・マドリーはそのリーグ戦の1つについて賛同できない。中立地でプレーされるということに関しても同意できない」 ▽『アス』は、マドリーが「競争の誠実さと公平性」に及ぼす影響を危惧していると解説。なお、マドリーは米国に4つのサポーターズクラブを置いており、それらはこれまでアメリカ開催に賛成していた。しかし、今回の書簡にはそのサポータズクラブも方針に従う旨が明記されており、完全に反対の立場であることを際立たせている。 2018.10.17 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、ミラン獲得合意のパケタを強奪か

▽レアル・マドリーが、フラメンゴに所属するブラジル代表ルーカス・パケタ(21)の獲得を諦めていないようだ。スペイン『マルカ』の情報をもとにイタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽多くのビッククラブから関心が寄せられていたパケタ。しかし、11日にミランのスポーツディレクター(SD)を務めるレオナルド氏が、「フラメンゴとの基本的な合意に達している」と発言し、ミラン行きが確定的となった。また、公式発表はないものの、既報によると移籍金3500万ユーロ(約45億円)での合意となったようだ。 ▽しかし、関心を示していたマドリーはパケタ獲得を諦めず。ブラジルの同胞であるマルセロやヴィニシウス・ジュニオールが、説得を試みるという。 ▽フラメンゴ下部組織出身のパケタは、ブラジル人独特のしなやかさとテクニックを武器にオフェンシブMFを本職とするゲームメーカーだ。2016年には、トップチームに昇格を果たすと同時に2020年まで契約を延長。プロデビューを飾った昨シーズンはケガに泣き、リーグ戦17試合の出場に留まっていたが、今季はここまでリーグ戦25試合で9ゴールと躍動中だ。また、9月8日に行われたアメリカ代表との国際親善試合で、ブラジル代表デビューも飾った。 2018.10.17 14:06 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース