心膜の問題から復帰間近のカルバハル「深刻だった場合は引退しなければならないと考えた」2017.11.15 13:39 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽心膜のウィルス感染により離脱を強いられていたレアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルは、現在は回復に向かっているものの、一度は引退を覚悟したと明かしている。スペイン『マルカ』が報じた。

▽マドリー不動の右サイドバックとして知られるカルバハルは、9月26日のチャンピオンズリーグ第2節ドルトムント戦に出場した後、9月30日に心膜炎により倒れ、心臓の問題により無期限の離脱が報じられていた。

▽しかし、幸いなことに同選手の治療は成功。11月18日に行われる重要なダービーである、リーガエスパニョーラ第12節アトレティコ・マドリー戦で、約1カ月半ぶりの復帰が見込まれている。

「(病気が)深刻だった場合は、引退しなければならないと考えた」

「最初の3~4週間は何1つとして実際にすることができなかったから、最悪だったよ。どのような方法でも心拍数を上げることができず、(心拍数は)とても低かった」

「身体が活動を欲していたね。特に僕らはアスリートだからさ。できるだけ早期に復帰したいと願っていたけど、最終的に(出場)許可はこのインターナショナルウィークの後になった」

「クリスマス(休暇)前の1カ月半に耐えられるように、僕のプレーリズムを競争力のあるものに戻すためだね。原則的には、僕は医学的にプレーが許されている状態で、再び何か問題が起こることはないと思う」

コメント

関連ニュース

thumb

センターバック不足のマドリ―がナチョの警告を上訴へ

▽レアル・マドリーが、スペイン代表DFナチョ・フェルナンデスへの警告が不当なものだったとして上訴する構えを見せているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ナチョは、18日に行われたリーガエスパニョーラ第12節、アトレティコ・マドリーとの“マドリッド・ダービー”で負傷したスペイン代表DFセルヒオ・ラモスに変わって後半からピッチに登場。すると82分、セットプレー時にアトレティコのフランス人DFリュカ・エルナンデスとの接触から両者にイエローカードが提示されていた。 ▽この結果、ナチョは次節のマラガ戦に累積警告により出場停止となった。さらにマドリ―は、前半でピッチを退いていたセルヒオ・ラモスが鼻骨を骨折しており、マラガ戦での起用は不透明となっている。 ▽センターバックでプレーできるのがフランス代表DFラファエル・ヴァランのみという危機的な状況のマドリ―だが、クラブ側はそもそもナチョへの警告は不当なもので、イエローカードが提示されるようなプレーではなかったと考えているようだ。 ▽現在クラブは、大会委員会からの意見を待っている状況で、警告が取り下げられない場合は、上訴する考えがあるという。 2017.11.20 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ダービーの審判に不満…「彼が審判ならば分かっていたことだった」

レアル・マドリーが、18日のリーガエスパニョーラ第12節アトレティコ・マドリー戦の審判に対して不満を漏らしている模様だ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>『マルカ』によると、レアル・マドリーの選手たちと責任者は「分かっていた。この審判であれば、こういうことが起こると分かり切っていたんだ」と、今回のダービーをレフェリングしたフェルナンデス・ボルバラン主審に対する不満を口にしているという。<br><br>ボルバラン主審はリーガ第2節レアル・マドリー対バレンシアのレフェリングも担当したが、その際にレアル・マドリーの選手たちはMFダニ・パレホがFWカリム・ベンゼマを引っ張ったにもかかわらず、PKが取られなかったと主張していた。レアル・マドリーは、ボルバラン主審が正当なジャッジが下されないとの見解を以前から有していた様子だ。<br><br>レアル・マドリーは今回のダービーにおいて、四つのプレーを問題視している模様。『マルカ』は、その四つのプレーに関する同クラブの主張を次のように伝えている。<br><br>・DFルーカス・エルナンデスがDFセルヒオ・ラモスの顔面を蹴り上げながらも、PKが取られなかった。<br><br>・FWアンヘル・コレアがベンゼマに向けてボールを蹴ったにもかかわらず、イエローカードが提示されなかった。<br><br>・DFステファン・サヴィッチのMFトニ・クロース対するタックルが一発レッドではなく、イエローカードの提示のみだった。<br><br>・ペナルティーエリア内でゴディンがハンドを犯していたが、またもPKが取られなかった。<br><br>レアル・マドリーの選手たちは、ピッチからロッカールームへと戻る際にボルバラン主審に対して以上のプレーについて抗議をしたようだが、同主審は笑顔を浮かべるなど真剣に受け止めていない様子であったという。選手たちはその態度に、最も憤りを感じているようだ。<br><br>レアル・マドリーは今季に入ってからPKを1回も獲得していないなど、リーガの審判に対して不満を抱え続けてきた。『マルカ』によると同クラブは、ボルバラン主審とは「二度と巡り会うことがないよう願っている」とのことだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.20 10:05 Mon
twitterfacebook
thumb

イスコ、マドリーダービーの主審に「君はとても酷い」

レアル・マドリーMFイスコが、18日のリーガエスパニョーラ第12節アトレティコ・マドリー戦で主審に対して侮辱するような言葉を口にしていた模様だ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>イスコはこの試合をレフェリングしたフェルナンデス・ボルバラン主審が、アトレティコの選手たちが仕掛けるタックルに対してファウルを取らなかったことに不満を抱えていた様子。そしてロングボールを肩でトラップした際にハンドを取られ、憤りの言葉を発したようだ。<br><br>イスコはその際、ボルバラン主審に対して右手で肩を指しながら抗議。そして「君はとても酷い」という言葉を口にしたと見られる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.20 00:39 Mon
twitterfacebook
thumb

鼻骨骨折のS・ラモス「レアル・マドリーのためならば何度だって血を流す」

18日のリーガエスパニョーラ第12節アトレティコ・マドリー戦で鼻骨を骨折したレアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスが、ファンにメッセージを送っている。<br><br>S・ラモスはアトレティコ戦の前半、DFリュカ・エルナンデスの蹴り上げた足が顔に当たり、鼻から出血。ハーフタイムにDFナチョと交代していた。翌日にレアル・マドリーは、同選手が鼻骨を骨折していたことを発表している。<br><br>S・ラモスはレアル・マドリーが容態を発表した後に、自身の『ツイッター』アカウントを更新。心配していたファンに感謝を告げた。<br><br>「このエンブレム、このユニフォームのためならば何度だって血を流す。愛情と支持を表明してくれた皆に感謝を。すぐに戻る」<br><br>レアル・マドリー主将は、次節以降フェイスガードを着用して試合に臨む見込みだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.20 00:03 Mon
twitterfacebook
thumb

カルバハル、ダービーのドローに「憤りを感じる。勝ち点2を逃した」

18日のリーガエスパニョーラ第12節、レアル・マドリーは敵地ワンダ・メトロポリターノでのアトレティコ・マドリー戦をスコアレスドローで終えた。DFダニ・カルバハルは試合後、自チームが勝利に値したとの見解を示している。<br><br>「憤りを感じるよ。勝利できなかった、勝ち点2を落としたわけだからね。アトレティコは守備を強みとするチームで、彼らも僕たちもチャンスを手にしていた。最後には疲労が試合を壊したが、僕たちは1-0とすることができなかった」<br><br>これで首位バルセロナとの勝ち点差は10に広がったが、カルバハルは逆転優勝をあきらめていない。<br><br>「意識すべき差ではある。が、チームがすべてを出し尽くしてプレーすれば、差を縮めていけるはずだ」<br><br>カルバハルにとってこのダービーは、心膜炎から復帰後、初の試合となった。<br><br>「良い調子だよ。早く復帰したかったし、ピッチに立てる喜びをかみしめている」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.19 23:33 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース