ハットトリックで2大会ぶりW杯出場に導いたデンマークのエリクセン「キャリアと人生において重要な出来事」2017.11.15 10:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場に喜びの声を上げた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽11日に行われたアイルランド代表とのロシアW杯欧州予選プレーオフ1stレグをゴールレスドローで終えたデンマーク代表。迎えた14日の2ndレグ、デンマークはアイルランドに試合開始序盤に先制点を許す。しかし、29分にアンドレアス・クリステンセンが試合を振り出しに戻すと、その後エリクセンがハットトリック。試合終了間際にも追加点を挙げたデンマークが5-1で勝利して、2大会ぶり5度目のW杯出場を決めた。

▽試合後のインタビューに応対したエリクセンは、この1戦に対してとても緊張していたことを告白。そんな中で達成したハットトリックについて「キャリアと人生において重要な出来事」とコメントした。

「自分でも一日中緊張していたのがわかっていたし、この試合を楽しみにしていたんだ。緊張を抑えて試合に集中し、1stレグの時よりもボールを保持しようとした。それにより、ボールを保持することもできたし、1stレグよりも良いプレーができたんだ。チャンスも作ることができたし、幸運にも5ゴールを奪うことができた」

「信じられないほど素晴らしい気持ちだよ。僕らはW杯に出場するために長い間戦ってきた。とても厳しいプレーオフの2試合を戦い、今夜それを達成することができた。W杯が楽しみだよ」

「僕がハットトリックを達成することなんてあまりないよ。だから、アウェイでのプレーオフでW杯出場を決定づける3ゴールを奪えて本当に素晴らしいね。僕のキャリアと人生において重要な出来事になったよ」

「2得点目は他のゴールよりもテクニックが優れていたね。僕はメンタル面でも成長したと思う。(W杯予選で)ゴール数の方がアシスト数よりも上回っているしね」

コメント

関連ニュース

thumb

アイルランド撃破のデンマークが2大会ぶり5度目のW杯出場! エリクセンが圧巻ハットで敵地での大勝に導く《ロシアW杯欧州予選プレーオフ》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、アイルランド代表vsデンマーク代表が14日に行われ、アウェイのデンマークが5-1で勝利した。この結果、2戦合計5-1としたデンマークの2大会ぶり5度目のW杯出場が決定した。 ▽3大会連続4度目の出場を目指すアイルランドは、敵地で行われた1stレグを守護神ランドルフの活躍によって0-0のドローで終えた。ホームで必勝を期すこの試合に向けては1stレグからオドウダに代えてメイラーを復帰させた以外、同じメンバーを採用。引き続き[4-1-4-1]の布陣を採用した。 ▽一方、2大会ぶり5度目のW杯出場を目指すデンマークは先発2選手を変更。アンカーセンとコーネリウスに代えてA・クリステンセン、Y・ポウルセンを同ポジションで起用し、[4-3-3]の布陣で臨んだ ▽1stレグはゴールレスドローに終わったが、この2ndレグは開始早々に動く。6分、ハーフウェイライン付近でFKを得たアイルランドは、キッカーのブレイディがゴール前に向けてボールを入れる。これがDFのクリアミスを誘いゴール前にこぼれると、DFケアーとGKシュマイケルに先んじて浮き球に反応したダフィが打点の高いヘディングで流し込んだ。 ▽敵地で痛恨の失点を喫したものの1点でもアウェイゴールを奪えば、逆転可能なデンマークは、エリクセンを起点にボールを動かしながら反撃を試みる。17分にはボックス手前でクリステンセンから横パスを受けたクヴィストが枠を捉えた強烈なミドルシュートを放つが、これはGKランドルフの好守に遭う。直後にも右サイドからの崩しからボックス中央のN・ヨルゲンセンがワンタッチの浮き球パスでシストの決定機を演出するが、1stレグ同様にGKランドルフの牙城を破れない。 ▽一方、粘り強い守備に加え、素早い守から攻の切り替えでカウンターを狙うアイルランドは、22分に右サイドを破ったクリスティの低いクロスに反応したダリル・マーフィーがニアでワンタッチシュートも枠の右。直後には左サイドを破ったマクレーンがボックス左角度のないところから左足を振り抜くが、わずかに枠の右に外れた。 ▽一進一退の攻防が続く中、再びセットプレーから試合が動く。29分、デンマークの左CKの場面でショートコーナーからシストがドリブルでボックス左ライン際に抜け出したクロス。これをファーに走り込んだクリステンセンがワンタッチで合わすと、やや当たり損ねたボールは右ポストを叩く。しかし、この跳ね返りが相手DFクリスティに当たってゴールネットに吸い込まれた。 ▽幸運な形で追いついたデンマークは、2戦合計でも優位に立つ。畳みかけるアウェイチームは32分、右サイドでY・ポウルセンがウォードからボールを奪いカウンターを発動。Y・ポウルセンの折り返しを中央のN・ヨルゲンセンがワンタッチでファーに流すと、ボックス手前左でエリクセンが見事な右足のダイレクトシュート。これがクロスバーの内側を叩いてゴールネットに吸い込まれた。そして、エースのゴールで勝ち越したデンマークが、その後も安定した試合運びをみせ、1点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、メイラーに代えてフーラハンを投入してより攻撃的な布陣で前がかるアイルランド。しかし、攻め切れない展開が続く中、徐々にデンマークのカウンターの脅威にさらされ始める。 ▽すると63分、バイタルエリア左でボールを持ったシストから横パスを受けたエリクセンが巧みなボールコントロールから左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺した。 ▽痛恨の3失点目を喫したアイルランドは、DFクラークに代えて切り札のロングをピッチに送り出し、リスクを冒して前に出る。だが、球際と守備の局面で集中力を切らさないデンマークの守備を前にフィニッシュの形を作り出せない。 ▽一方、2点リードにも気を抜かないデンマークは、その後も攻め気を失わずに試合の主導権を渡さない。74分にはN・ヨルゲンセンの左サイドからのクロスを相手DFがクリアミス。これをボックス中央に走り込んだエリクセンが豪快な右足のシュートで突き刺し、この大一番でプロキャリア初のハットトリックを達成した。 ▽その後、試合終了間際の90分にもベントナーが自ら得たPKをきっちり決め、5点目を奪ったデンマークが敵地で5-1の大勝。エースの圧巻のハットトリックで勝ち切ったデンマークが2大会ぶり5度目のW杯出場を決めた。 2017.11.15 06:46 Wed
twitterfacebook
thumb

【W杯欧州予選POプレビュー】ゴールをこじ開けるのは《アイルランドvsデンマーク》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグのアイルランド代表vsデンマーク代表が日本時間14日の28:45にキックオフされる。3日前に行われた1stレグでは互いに譲らずゴールレスドロー決着に終わっていた。 ▽GKランドルフの活躍もあって敵地での1stレグを引き分けに持ち込んだアイルランドは、勝利すれば3大会連続4度目のW杯出場を決められる状況となった。ホームでの2ndレグではゴールを奪う必要があり、1stレグほど守備を固めてくることは予想しにくいが、引き続きカウンターに活路を見いだす戦い方に変わりはないはずだ。堅守からのカウンターでデンマークとの戦力差を埋めたい。 ▽一方、0-0以外の引き分け、勝利で2大会ぶり5度目のW杯出場となるデンマークは、1stレグ同様のアプローチで臨むのが最善策だろう。アウェイゴールを奪えればアイルランドは2点を奪う必要が出てくるため、デンマークとしては相手のカウンターを警戒しつつ、果敢にゴールを狙っていきたい。 ★注目選手 ◆アイルランド:GKダレン・ランドルフ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171112_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ゴールが必要なアイルランドではあるが、失点すれば得点力が乏しいだけに一気に苦しい展開に追い込まれる。そのため1stレグ同様、失点せずに時間を進めるのが突破に向けての最善策だと思われる。そこで鍵を握るのが1stレグでも活躍した守護神のランドルフだ。1stレグではゴール至近距離からのシュートを2本止めて2ndレグに可能性をつなげた。2ndレグでも彼の好セーブが必ず必要となる場面が予想されるだけに、ランドルフのゴールキーピングに注目したい。 ◆デンマーク: MFピオネ・シスト<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171112_52_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽デンマークの注目選手にはシストを推したい。1stレグではエリクセンと共に攻撃を牽引した左ウイングのシストは、ボールスキルと打開力に優れたアタッカー。所属先のセルタでは今季のリーガで11試合に先発して2ゴール8アシストと活躍している。1stレグでは決定機を1本逸したが、チャンスメークの面では存在感を発揮しており、アウェイゴールを奪いたいデンマークとしては、エリクセンと共にシストのチャンスメークが鍵を握りそうだ。 2017.11.14 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

GKランドルフ活躍のアイルランドがデンマークをシャットアウト《ロシアW杯欧州予選プレーオフ》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ1stレグ、デンマーク代表vsアイルランド代表が11日に行われ、0-0で引き分けた。 ▽グループEでポーランド代表に及ばなかったものの、モンテネグロ代表との争いを制して2位となった2大会ぶり5度目のW杯出場を目指すデンマークは、エリクセンやGKシュマイケル、ケアーらを先発で起用した。 ▽一方、グループDでセルビア代表には及ばなかったものの、ウェールズ代表との2位争いを制した3大会連続4度目の出場を目指すアイルランドは、ブレイディやヘンドリック、マクレーンらを先発で起用した。 ▽[4-3-3]で臨んだデンマークはGKにシュマイケル、4バックに右からアンカーセン、ケアー、ビランド、ラーセン、中盤アンカーにクヴィストと両インサイドにデラネイとエリクセン、3トップに右からコーネリウス、N・ヨルゲンセン、シストと並べた。 ▽一方、[4-1-4-1]で臨んだアイルランドは、GKにランドルフ、4バックに右からクリスティ、ダフィ、クラーク、ウォード、中盤アンカーにアーター、2列目に右からオドウダ、ヘンドリック、ブレイディ、マクレーンと並べ、最前線にダリル・マーフィーを置いた。 ▽立ち上がりからデンマークがアグレッシブに仕掛けると、11分に決定機。ケアーのロングフィードをボックス左で受けたラーセンが絶妙なトラップからハーフボレー。枠を捉えた強烈なシュートはGKを強襲し、ルーズボールをボックス右のコーネリウスが押し込みにかかるも、ここもGKランドルフの好セーブに阻まれた。 ▽その後も左サイドのシストを起点に押し込むデンマークは、22分にエリクセンがミドルシュートでオンターゲットを記録すると、32分にビッグチャンス。エリクセンの強烈なミドルシュートをGKが弾くと、ルーズボールをボックス左のシストが狙いすましてボレー。しかし、枠の右に外してしまった。終始、押し込んだデンマークだったが、前半はゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もボールを持ったデンマークだったが、守備を固めるアイルランドを崩せずにいたことから、64分にコーネリウスに代えてY・ポウルセンを投入した。すると69分、そのY・ポウルセンがミドルシュート。しかし、枠を捉えるには至らない。 ▽さらに72分、シストに代えてベントナーを投入。パワープレーに転じると、終盤の90分に決定機。左サイドからのラーセンのクロスにY・ポウルセンがヘッド。枠を捉えていたが、GKランドルフのセーブに阻まれ、0-0のままタイムアップ。14日に行われる2ndレグに決着は委ねられることとなった。 2017.11.12 06:37 Sun
twitterfacebook
thumb

【W杯欧州予選POプレビュー】組織を打ち破るのは《デンマークvsアイルランド》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ1stレグが11日28:45にキックオフされる。2大会ぶり5度目のW杯出場を目指すデンマークと、3大会連続4度目の出場を目指すアイルランドの対戦だ。 ▽グループEでポーランド代表に及ばず、モンテネグロ代表との争いを制して2位となったデンマークは、グループ最小の8失点だったことからもわかるようにこれまでのイメージ同様、組織的な守備が売りのチームだ。そんな中にあって現チームには卓越した攻撃センスを持つエリクセンがおり、変化を付けられる存在となっている。組織力とエリクセンの個の力でW杯出場の切符を掴み取りにかかる。 ▽一方、グループDでセルビア代表には及ばなかったものの、ウェールズ代表との2位争いを制したアイルランドも組織的な堅守が売りのチームだ。今予選ではわずか6失点しか喫しておらず、名将オニール監督の手腕が遺憾なく発揮されている。スター選手こそいないものの、選手たちの戦う姿勢と、サポーターの声援は世界屈指。まずは敵地での1stレグを切り抜け、ホームで行われる2ndレグに臨みたい。 ★注目選手 ◆デンマーク:クリスティアン・エリクセン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171108_50_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽デンマークの注目選手は今予選で8ゴールを叩き出したエリクセンで決まりだ。卓越した戦術眼とそれを実行する確かなボールスキルを持つ攻撃的MFは、デンマークにおいて代えの利かない存在。彼が封じ込められるようだと、デンマークの攻撃は機能不全に陥る可能性が高いだけに、彼の出来がデンマークの命運を握っていると言っていいだろう。 ◆アイルランド:ジェフ・ヘンドリック<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171108_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽地味目な選手の多いアイルランドだが、ヘンドリックは攻撃センスに優れたスタイリッシュなプレーメーカーだと言える。代表のチームメートが多いバーンリーでも主軸を担い、プレミアリーグの舞台で着実に結果を残している。アイルランドが得点を奪うとすれば、彼が絡んでくることが予想されるだけに、ヘンドリックのプレーに注目だ。 2017.11.11 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

デンマーク代表、アイルランドとのプレーオフに臨む25名のメンバーを発表《W杯》

▽デンマークサッカー協会(DFA)は10月31日、11月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)プレーオフのアイルランド戦に向けた、予備選手2名を含む25名のメンバーを発表した。 ▽デンマーク代表を率いるオーゲ・ハレイデ監督は、GKカスパー・シュマイケル(レスター・シティ)やDFアンドレアス・クリステンセン(チェルシー)、MFクリスティアン・エリクセン(トッテナム)、FWニクラス・ベントナー(ローゼンボリ)ら主力を順当に選出した。なお、FWカスパー・ドルベリ(アヤックス)と、FWマルティン・ブライスワイト(ミドルスブラ)は予備選手として登録された。 ▽W杯欧州予選グループEを2位で終えたデンマーク代表は、グループDで同じく2位のアイルランドと代表、本戦出場をかけたプレーオフを11日にホームで、14日にアウェイで戦う。今回発表されたデンマーク代表は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">デンマーク代表25名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">カスパー・シュマイケル</span> (レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヨナス・ロスル</span> (ハダースフィールド・タウン/イングランド) <span style="font-weight:700;">フレデリク・レノウ</span> (ブレンビー) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;"> ペーター・アンカーセン</span>(コペンハーゲン) <span style="font-weight:700;">マティアス・ヨルゲンセン</span> (ハダースフィールド・タウン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヘンリク・ダルスゴーア</span>(ブレントフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">アンドレアス・ビェラン</span>(ブレントフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">アンドレアス・クリステンセン</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヤンニク・ヴェスターゴーア</span>(ボルシアMG/ドイツ) <span style="font-weight:700;">イェンス・ストリガー・ラーセン</span>(ウディネーゼ/イタリア) <span style="font-weight:700;">シモン・ケアー</span>(セビージャ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ウィリアム・クヴィスト</span>(コペンハーゲン) <span style="font-weight:700;">ミケ・イェンセン</span>(ローゼンボリ) <span style="font-weight:700;">ルーカス・レラガー</span>(ボルドー/フランス) <span style="font-weight:700;">ラッセ・シェーネ</span>(アヤックス/オランダ) <span style="font-weight:700;">ピオネ・シスト</span>(セルタ/スペイン) <span style="font-weight:700;">トーマス・デラネイ</span>(ブレーメン/ドイツ) <span style="font-weight:700;"> クリスティアン・エリクセン</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ユスフ・ポウルセン</span>(ライプツィヒ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ビクトル・フィッシャー</span>(マインツ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンドレアス・コルネリウス</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ニコライ・ヨルゲンセン</span>(フェイエノールト/オランダ) <span style="font-weight:700;">ニクラス・ベントナー</span>(ローゼンボリ) <span style="font-weight:700;">カスパー・ドルベリ</span>(アヤックス/オランダ) <span style="font-weight:700;">マルティン・ブライスワイト</span>(ミドルスブラ/イングランド) 2017.11.02 00:47 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース