【試合後会見】欧州遠征2試合を振り返りハリルホジッチ「大きなライオンを倒すところまでいった」 2017.11.15 09:39 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インターネットでのスポーツ中継が広まり、サッカー観戦がより身近なものになってきた。試合を見に行けなくてもスマートフォンで簡単に観戦できる。まさにいつでもどこでもサッカーに触れられる時代となった。

▽そんなサッカー中継で欠かせないものの1つが実況ではないだろうか。言葉巧みに目の前で繰り広げられている白熱した試合を伝え、視聴者たちをその場にいるような雰囲気にしてくれる。そんな実況者たちはどんな思いを持って、それを伝えているのだろうか。

▽今回、20年以上もアナウンサーとして活躍し、ワールドカップ決勝でも実況としてその熱量を伝えてきたクラッキーこと倉敷保雄さんにインタビューを実施。第1回はいろいろな人との出会いやあらゆる経験、そして何よりも“他との差別化”を考えて突き進んできた倉敷さんの人物像に迫る。

◆少年期に抱いたラジオへの憧れ
――アナウンサーとして20年以上活躍されている倉敷さんですが、この仕事に興味を持った理由は何だったのでしょうか
「ラジオ局に対する憧れが子供の頃からとても強かったんです。良く言えば控えめな少年。違う言い方なら内向的な少年でした。そんな少年にとってラジオは身近な友達でラジオの中のパーソナリティに強いシンパシーを感じていました。今でもラジオの仕事に就きたい、いきなり仕事は変えられないでしょうが、原点回帰していつかはラジオに戻りたいと思っています」

「学生時代からラジオ放送が好きだったので、しゃべる仕事というよりは放送を作る仕事、制作チームに入りたいという漠然とした思いから、放送局に対する憧れがありました。ラジオ局の職種の中で一番身近に感じている職種は何かな? と考えた時にアナウンサーかな、と感じていました。薄く、ですけれど。これがそもそものスタートでしょうね」

◆スポーツ中継を志すもまさかの留年…さらに入社した福島では…
――幼少から興味を持っていたラジオですが、実際に人前で話す仕事に就くまでには苦労されたことも多いのではないでしょうか
「大学生の頃に大きな時代の変化がありました。フジテレビの黄金期でアナウンサーに対しての考え方、ニュアンス、イメージが大きく変わってきた時でした。それ以前の僕は『ニュース読みはアナウンサーの聖域だ』と思っていました。しかし、ニュースはタレントでも読める時代になり、80年代の時点で、もはやアナウンサーの聖域ではなくなっていました。専門職でありたいと思ってアナウンサー職を志望したのにどうしようか?と悩んでスポーツ中継に行き着くんです。これこそ専門職だろうと思いましたね。そこを目指そうとして方向転換したことですごく遠回りをするんです」

「僕は四年間で大学を卒業できませんでした。でも、もし普通に卒業して、専門学校の恩師の推薦で入社が決まりそうだったラジオ局に行っていたら……。そこはあるFM局でした。自分は音楽も好きなので、そこに入社していたら今とは違った道を歩いていたと思います。しかし、遠回り。追試を受けようとした科目の担当教授が海外に旅立ってしまい……そのまま試験は受けられず、留年となりました(笑)。学生課に出かけて事情を話しましたが『留年しかない、いうことでしょうか?』と尋ねたら、あっさり『そうです』と返されてしまい、『就職できるんですけど』と言っても、『お気の毒ですが…』、『あっそうですか』で、終わり(笑)。しかし、そのお陰でもう少し人生経験を積めたというか、多少ボコボコにされてまともな人間になってきたかなと思います」

「まず一年間、遠回りをするわけですが、当時の専門学校には自分よりもうまい人たちばかりがいました。スポーツの専門職になりたい人達と自分とはすでにこれほどまでに差がついているんだなと感じて勉強するようになりました」

「アプローチとしては、東都大学や六大学野球で野球中継の練習をしようと神宮球場に通いました。これはスポーツアナを目指す者にとってはとてもオーソドックスな練習法です。僕はその年の東都大学の試合は全試合を口に出して実況練習しました。一日2試合、火曜日と水曜日です。400円の一番安いチケットを買って、ネット裏の2階席に行き、小型のテープレーコーダーを持って一試合すべてをしゃべる。自分で聞いていて、ダメなところをチェックする。それから恩師に聞いてもらい、『ここがダメだ』とお小言を貰って、次の週にまたそれを繰り返す。“継続は力なり”ではないですが、自分の中で、人より余計に努力してきたと思えることが、試験の時に自分を支えてくれるものになりました。絶対に野球中継をするぞ、と意気込んでいたんです」

「翌年、ようやく(大学)卒業とアナウンサー試験の合格を手にすることができて、福島のラジオ局に行きました。ところが、入社した局には野球中継がなかった(笑)『神様はたくさんの試練を与えるな』と思いましたね」



◆スポーツから大きく離れるも培われた他と違うことをやる姿勢
(C)CWS Brains,LTD.
――福島ではスポーツ中継ではなくどのようなことをやられていましたか
「スポーツ中継は競馬だけでした。でも視力が悪かったこともあって、中継を楽しむまでには成長できませんでした。年間に数週間しか開催期間はありませんでしたしね。そして代わりに音楽番組の制作にはまっていったんです。入社して半年もすると、このラジオ局は自主制作番組が多かったので君も番組を作って良いよと。これは楽しかった。どんどんのめり込んで、代わりにスポーツ中継からは大きく離れた時代でした」

「入社時からとても生意気な新人と評価されていまして(笑)。当時は確かに機会があれば一刻も早く東京に戻って仕事をしたいと思っていましたし、それを上司にも知られていました。『あいつはどうせすぐにやめる』という雰囲気の中でとても可愛がられました(笑)。音楽はとても好きだし、得意なジャンルだったので、入社してすぐに番組を担当させてもらえたのはいいんですけど、『いくらでもやりたいよな』という先輩たちの好意でどんどん仕事が増えて……勤務時間を過ぎてもなかなか家に帰れないほどの量の番組をもらっていました。いや、すごく勉強になりました。感謝、感謝です」

「で、生意気な新人はさらに先輩を怒らせます。レコード会社のディレクターに会いに東京へ出掛けたんです。もともと休みの日には東京の演劇や舞台を観に上京していました。常に文化を吸収し続けないと良いアナウンサーになれないと思っていたからです。東京へ出掛けた折には主に洋楽のアーチストを抱えているレコード会社の担当ディレクターに名刺を渡しに、就職活動のように会社を回りました。名刺を手に『音楽番組を担当しています』と話すと、『直接、プロモーションのための宣材やレコードを送りましょうか。担当番組のタイトルも入れたアーチストの肉声メッセージも必要ですか?』という仕事の話になり『ぜひお願いします』と。それを重ねていくうちに、僕の机には東京から直々に届くノベルティなどの宣材やレコードが先輩たちのそれの何倍も届くようになっちゃったんですね」すると『おまえは何をやっているんだ』とまた怒られる。こっちは怒られると思っていないので、『何がですか』と言い返すと『先輩は誰もそんなことやっていないだろう』『え? なんでやらないんですか』とまた火に油を注いで……。でも、福島では楽しい思い出ばっかりです。確かに生意気な新人だったけど、結局、すくすくと育てて頂きました。福島はいい人ばかりだったんです。」

◆まだまだ多難なスポーツ中継への道
――福島で音楽番組制作を行われた後はどのように進まれたのですか
「ものを作る楽しさを満喫していましたが、スポーツからは遠く離れた状況です。やがて趣味だった音楽にも番組作りに自身のマンネリを感じて来て……しばらく何か別なことをやりたいなと思っていた時に、母が病気になりました。僕は『死んでしまうならせめて最後は一緒にいよう』といきなり会社を辞める事にしました。ボーナスももらわずに慌ただしく辞めて、仕事もなかったので半年間プー太郎です」

「ただ、母はすぐに回復して、結局なんだよと(笑)。やがて文化放送の報道部が記者を探していると聞き、面接を経て、採用してもらえる事になりました。それから二年間、首都東京の報道記者としてまったく知らない道の世界を経験しました。現在スポーツの実況者で国会、警視庁、裁判所の記者クラブに入って事件現場や法廷での取材経験があるのは僕ぐらいかもしれませんね」

「わずか2年間ですが、とても勉強になりました。日本の報道の中心部の仕組みがどういうものかがよくわかりました。記者クラブの良し悪しもまたよくわかりました(笑)。今の仕事に役立っているのは、記事に関してここまでは取材していて、ここからは取材していないな、と文脈と行間からわかるようになったことです。海外の記事でも同様にこれは取材して書いている、してないというのがわかります。放送で使用するならここまでは割り引かないでコメントして良くて、ここはぼかそうと区別します。ぼかすにしても自分なりのぼかし方をしようと考えます。文化放送時代に覚えたことは今の仕事への汎用性が高くて、地方と東京、日本と海外の違いについて考えるアプローチを学んだ時間でした。みんな優秀で親切で大人が多いのが文化放送報道部だったんです。」

「別の伝手でNHKの仕事もしました。ニュース&スポーツ番組のいわゆる影読み。番組で使うVTR部分で顔出しなしで原稿読みやナレーションを入れるものなのですが、最初に『一回ミスすると二度と呼ばれないからね』なんてプレッシャーをかけられました。で、たまたま間違えなかったので(笑)その仕事は10年以上続けさせてもらえました。日本の報道機関で一番大きなNHKの報道&スポーツの現場を10年にわたって見させてもらえたことも原稿づくりやVTR編集を考える際に、かけがえのない経験になりました。」

「ただ、報道も自分には向いていないと悩み始めるんです(笑)。文化放送では2年間の報道を経て半年間だけスポーツ部に行かせてもらいました。記者ではなくタレントとして『ライオンズナイター』の仕事を手伝ったんです。たが、半年間の契約でその後は延長してもらえないとわかっていました。それでもスポーツの現場に行きたいという思いが再び高まっていたんですね。Jリーグの誕生も近づいていましたからスポーツの制作現場に飛び込むならこのチャンスだと思い、パートタイムでNHKの仕事を手伝いながらも基本はスポーツ中継の勉強に明け暮れるプー太郎になりました」

▽学生時代の留年、福島での音楽番組の作成、国会、警視庁、裁判所での取材経験など、ここまで全くサッカーと関りがない倉敷さんですが、どのようにしてサッカーの実況者となっていくのだろうか? 後編では倉敷さんの転機となった1992年の話、2002年の日韓ワールドカップでの充実感、そしてアナウンサーから離れた倉敷さんに迫る。

◆倉敷保雄さん『スポナビライブ』出演情報
▽11月29日(水)
25:54〜
[LIVE]ストーク・シティ vs. リバプール
解説:ベン・メイブリー 実況:倉敷保雄

コメント

関連ニュース

thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】西野監督ごめんなさい

▽6月21日の日本代表は午後4時から練習をスタート。その前に遠征中のUFAー19日本代表も交えて、JFA(日本サッカー協会)名誉総裁の高円宮妃殿下が2分ほど選手にお話をされて、全員で記念撮影に臨まれた。田嶋幸三JFAのミスマッチ会長によると、皇族のロシア訪問は102年ぶりのことだそうだ。その後、妃殿下はルビン・カザンの執行役員と記念品の交換を行い、妃殿下はJFAのペナントを贈られた。 ▽この日の練習はコロンビア戦に出た主力組とベンチ組に分かれて開始。これまで別メニューの多かった岡崎慎司がベンチ組に合流したものの、コロンビア戦で右太ももを傷めた本田圭佑が別メニューとなり、黙々とランニングしていた。西野朗監督によると、セネガル戦の出場は「厳しいかもしれない」と険しい表情で話していた。 ▽さて、そのコロンビア戦、NHKの視聴率は48パーセントを超えたというから驚きだ。大会前の西野ジャパンの評価は必ずしも高いとは言えず、盛り上がりに欠けた。ファン・サポーターも多くを期待していなかっただろう。 ▽それが高視聴率につながったのは、午後9時キックオフと視聴しやすい開始時間だったのと、早々に先制点を奪ったこと、そして期待してはいないものの、やはりW杯での日本が気になるファン・サポーターが多かったということの裏返しだったかもしれない。 ▽そのコロンビア戦で、あるスポーツ紙のウェブ版を目にして、「やっぱりパクったか」と思うタイトルと内容の記事があった。 ▽タイトルは「西野さん、ごめんなさい」というもので、記事を書いた記者は「正直、勝てると思っていなかった。負けか、よくて引き分けか…。ポジティブな要素を探すのは難しかった。開始早々に相手が10人になっても、前回大会のギリシャ戦を思い出して勝てると思えなかった。根がネガティブなのか、負け癖なのか、コラムも「負け用」ばかりを考えていた」と素直に心情を吐露し、西野監督に謝罪した。 ▽この記者とは40年近い親交があり、サッカー不遇の時代を過ごしただけに心情は理解できる。しかし、それだけに「パクるのは早いだろう」と思わずにはいられなかった。 ▽話は32年前に遡る。86年メキシコW杯でのことだった。アルゼンチンのカルロス・ビラルド監督は、前任者で78年アルゼンチンW杯で母国を初優勝に導いたルイス・メノッティ監督とは対照的に、守備的なスタイルを導入した。チーム一丸となって守備を固め、攻撃はディエゴ・マラドーナ任せ。このため「戦術はマラドーナ」と揶揄された。 ▽ダントツの優勝候補はジーコに加え4年前はケガで出場を逃したカレッカを擁するブラ日で、アルゼンチンはウルグアイと並んで2番手候補だった。しかしマラドーナの伝説となったゴールなどでアルゼンチンは2度目の優勝を果たす。 ▽アステカ・スタジアムで行われた西ドイツ(当時)との決勝戦後、マラドーナを肩車してビクトリーランする選手にまじり、興奮したアルゼンチンのサポーターが乱入。その中の1人、アンチ・ビラルド派のサポーターが「ペルドン(ごめんなさい)、ビラルド、グラシアス(ありがとう)」の横断幕を肩から羽織っていたことが世界中に報道された。 ▽件の記者はもちろんそのことを知っている。だからこそ、劣勢の予想されたコロンビア戦の勝利で32年前のエピソードを拝借したのだろう。しかし、ビラルド監督は世界1になった。対して西野監督は1勝したに過ぎず、まだグループリーグの突破も決めていない。 ▽「だからこそパクるのは早いだろう」とロシアにいたら言いたいのだが、残念ながら彼は日本で昼夜逆転の仕事をしているため、今回の原稿で書かせてもらった次第である。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.06.22 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

米メディアがW杯で起きた“5つのサプライズ”を特集…日本代表の大金星も登場

ロシア・ワールドカップが開幕してまだ1週間しか経っていないが、すでに戦前には予想されていなかったサプライズがいくつか起きた。これを受け、アメリカ『アスロン・スポーツ』は「ワールドカップで早期に起きた5つのサプライズ」と題して特集を組んだ。<br><br>この特集の中には、日本代表の大金星が4番目に登場。同メディアは、前大会ベスト8のコロンビア代表が初戦を落としたことについて「オープニングゲームで予想外のチームに敗れた」とした。この一戦について「コロンビアは日本に1-2で敗れた。アジアのチームに敗れるのはワールドカップの同国の歴史で初めてのこととなった」と大きな衝撃に包まれたと言及し、決勝トーナメント進出に向けて正念場が続くと解説した。<br><br>同メディアが選んだ1番のサプライズは、リオネル・メッシのPK失敗。16日に行われたアイスランド戦、世界最高選手と名高い同選手はPKのキッカーを務めるも失敗に終わり、1-1のドローで試合終了。メッシのPK成功率について「直近の7回のうち、これが4本目の失敗になった。プレッシャーが大きすぎるのか代表では成功を掴めていない」と指摘した。<br><br>続く2番目は前回大会優勝国のドイツ代表の敗戦。17日に行われたメキシコ代表戦でドイツ代表は0-1で敗れ、1982年以来36年ぶりに初戦での黒星を喫した。さらに、3番目はブラジル代表対スイス代表の1-1のドロー。「戦前の予想ではネイマールが復帰したブラジルが圧倒的に有利とされていただけにこの結果は大きなサプライズになった」と選考理由を語った。<br><br>最後の5番目に登場したのは、開催国ロシア代表の躍進。ソビエト連邦解体以降、1994年、2002年、2014年に次ぐ、4回目の出場となったロシア代表は地の利を活かして、最終戦を残して初のグループリーグ突破を決めた。<br><br>わずか1週間でさまざまなことが起きた今大会だが、7月15日までの大会期間のうちにまだまだ多くのサプライズが起こりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2018.06.22 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

策略か、余裕か…西野監督、セネガル戦の先発を予告?「初戦の形で考えている」

日本代表の西野朗監督が、24日に控えるセネガル戦に臨む先発メンバーは「初戦の形で考えている」と予告した。<br><br>19日に行われたロシア・ワールドカップ初戦で南米の強豪、コロンビアに2-1で競り勝ち、絶好の白星スタートを切った西野ジャパン。次戦は圧倒的な身体能力を誇るアフリカの雄、セネガルと対峙する。<br><br>「セネガルに向けてですけど、イメージだけ持って攻守、リスタート、編集したのを見せつつ、3分の2は振り返りをシたいと思う。(コロンビア戦は)10対11のゲームだったので、相手が10人であってもできているところと、狙い通りいってないところがあるので、そこをしっかり把握したい」<br><br>次戦への展望を語った西野監督は、続けてセネガルについて「身体能力が高いとかフィジカルで押してくるだけのチームではない。非常に組織のあるチーム。特にディフェンスがしっかりしている」と分析。「自分たちのストロングな部分、パワーだとかスピードだとか推進力を生かすために、その前提のディフェンスをみんなで取っているところが一番の強みでしょうね」と警戒した。<br><br>難敵セネガルを攻略するためにどこで打開していくのか?指揮官は「フレームでボールが動いているだけでは捕まってしまう。(セネガルは)時間もスペースも与えてくれない」とし、「ボールを早く動かすっていうことを考えないといけない」と対策点を口にした。<br><br>初戦のポーランドvsセネガルをチェックしたうえで、やはりエースのサディオ・マネが中心選手であると語る。<br><br>「やっぱりマネが入ると、他の選手たちがスムーズに動いている。しっかりとしたポジショニングからストロングポイントを出す動きがある」<br><br>そして足を打撲し、別メニューをこなした本田圭佑については「昨日(20日)の状況だと、だいぶ自分の中では良くないという感じがしている。今日チェックしてどうかなっていうところでしたけど、有酸素はかなりやれている」と話すにとどまった。<br><br>最後にセネガル戦の先発メンバーのベースは「初戦の形で考えている」と語った指揮官。グループリーグ突破が懸かる運命の第2戦に向けて着々と準備を進めている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.22 03:33 Fri
twitterfacebook
thumb

コロンビアメディアが歓喜に沸く日本列島の様子を報道「国中が狂気に満ちた熱気に包まれた」

19日に行われたロシア・ワールドカップのグループリーグ初戦でコロンビアを下した日本代表。コロンビアの全国紙『エル・ティエンポ』は、この日本の歴史的勝利に日本列島が歓喜していると報じた。<br><br>日本にとってはW杯で南米のチームから白星を挙げた歴史的な一番となったコロンビア戦。格下相手に黒星スタートとなり落ち込む母国メディアは、対象的な日本の様子を次のように詳しく報じている。<br><br>「日本では『サプライズ』という文字が試合翌日の新聞一面を飾っている。歴史的な勝利は日本中を狂気に包んだ。菅義偉官房長官は『W杯で南米チームを初めて破った歴史的勝利。組織力を発揮したとても日本らしい戦いだった』と発言した」<br><br>さらに「歓喜は日本国内の主要都市に広がり、東京では何千人ものサポーターが狂気に満ちた熱気に包まれた。特に有名な渋谷の交差点は日本の国旗で埋め尽くされた」と、日本国内の様子を事細かく伝えている。<br><br>コロンビア代表は24日に行われる第2節でポーランド代表との大一番を迎える。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.21 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

英メディアがここまでのW杯出場国をランク付け!日本は32カ国中何位に?

イギリス誌『FourFourTwo』は21日、ここまでのロシア・ワールドカップにおける各国代表のパフォーマンスをランク付けした。日本代表は12位にランクされている。<br><br>12位にランク付けした日本について、『FourFourTwo』は「日本は2-1で勝利したが、早い時間帯にコロンビアが自滅したので、どのように評価すべきか少し難しい。3分にPKを決めたサムライブルーは、カルロス・サンチェスの退場により87分にわたって数的優位を手にした。それを最大限に活用し、後半にはタカシ・イヌイとユウヤ・オオサコが輝いた。コロンビアを撃破するという素晴らしい結果を手にしたものの、10人相手に骨を折っており、トップクラスのチームには見えない」と寸評。試合の大半で数的優位を得たこともあり、慎重な評価を下した。<br><br>なお、『FourFourTwo』はメキシコを1位に選出。メキシコは17日に行われた初戦で前回王者のドイツを翻弄し、イルヴィング・ロサノのゴールで1-0の勝利を手にした。2位には、グループAでサウジアラビア、エジプトに2連勝したホスト国のロシアだった。<br><br>3位には、初戦のスペイン戦をドローで終えた後、20日にはモロッコに1-0で勝利したポルトガルを選んでいる。日本と同組の国はそれぞれ、セネガルが11位、コロンビアが21位、ポーランドが26位となっている。<br><br>『FourFourTwo』による、ここまでのロシアW杯における各国代表のパフォーマンスランキング、トップ10は以下の通り。<br><br>1位 メキシコ<br />2位 ロシア<br />3位 ポルトガル<br />4位 スペイン<br />5位 イングランド<br />6位 アイスランド<br />7位 スイス<br />8位 ベルギー<br />9位 セルビア<br />10位 クロアチア<br />11位 セネガル<br />12位 日本<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.21 20:21 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース