フランス先行もドイツが2度追いつく! 強豪同士のハイレベルな戦いは2-2のドロー!《国際親善試合》2017.11.15 06:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のドイツ代表vsフランス代表が14日に行われ、2-2の引き分けに終わった。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループCを首位通過したドイツと、グループAを首位通過したフランスの一戦。ドイツは[4-2-3-1]の布陣を採用し、GKトラップ、守備陣は右からジャン、ジューレ、フンメルス、プラッテンハールトが並び、ダブルボランチにケディラとクロース。2列目にはエジル、ギュンドアン、ドラクスラーが配置され、ワントップにはヴェルナーが起用された。

▽一方のフランスは[4-3-3]を採用。ゴールマウスを守るのはマンダンダ。ディフェンスラインに右からジャレ、ヴァラン、ユムティティ、ディーニュ。中盤はラビオがアンカーに入り、トリッソとマテュイディがインサイドハーフに。3トップはムバッペ、ラカゼット、マルシャルが並んだ。

▽強豪国同士の一戦となったこの試合。マルシャルやムバッペら若いタレントが躍動したフランスが主導権を握る。19分、DF2人に阻まれながらも、ボックス右に侵攻したラカゼットがそこからゴールを狙うが、GKトラップがファインセーブでゴールを許さない。

▽ヤングスターの勢いとテクニックで攻めるフランスは33分、マルシャルが個人技でDFをかわし、さらにはGKまでかわしながらゴール前のラカゼットにラストパス。フリーのラカゼットはこれを冷静に押し込んでフランスが先制した。

▽迎えた後半はドイツが盛り返す。53分、ドラクスラーの左サイドの突破から、途中出場のリュディガーがクロスに合わせるが、うまくミートできず枠を外れてしまう。その直後、カウンター場面でペナルティアーク付近のエジルからのスルーパスに抜け出したヴェルナーがGKとの一対一を制し同点に。

▽勢いに乗るドイツはさらに、70分にもボックス手前右の位置でFKを獲得。キッカーのクロースがクロスバー直撃の際どいシュートを浴びせ逆転の予感を漂わせる。

▽しかし、ドイツは一瞬の隙を許しフランスの勝ち越し弾を許してしまう。71分、敵陣中央でボールを持ったムバッペが、ドイツのディフェンスラインがずれて空いたスペースにスルーパスを通すと、そこに走り込んだのはラカゼット。1本のパスで最終ラインを抜け出したラカゼットが冷静にGKトラップの守るゴールマウスを破った。

▽試合もこのまま進み、後半アディショナルタイムに入った93分、敵陣中央右でボールを持ったエジルは、ボックス右のゲッツェにパスを送る。ゲッツェはワンタッチでこれをはたくと、それに反応したシュティンドルがニアを突くシュートを流し込んでドイツが土壇場で追いついた。

▽そして試合終了の笛。フランスの流れで始まった試合も終わってみれば2-2。ドイツvsフランスの好カードはドローに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

ミュラー、ドイツ代表への高まるプレッシャー認めつつ「異なる戦い見せる」

ドイツ代表FWトーマス・ミュラーは、ロシア・ワールドカップグループステージ第2節スウェーデン戦を前に前日会見に出席した。<br><br>前回王者ドイツは初戦のメキシコ戦でまさかの黒星。メディアには「危機」と報じられ、圧力も強まっている。ミュラー自身もそれを肌で感じているようだ。<br><br>「世界王者ドイツに何が起きるんだって注目が集まっている。だからフレンドリーマッチで勝てない時心配されただろう? メディアからこのような圧力を感じたことはない。僕らは自己批判的だし、2試合は大きなタスクになる。プレッシャーもある。だが互いにいがみ合っては、勝利はつかめない」<br><br>ドイツは大会前のテストマッチでも不振に陥り、直前のサウジアラビア戦でも勝利をつかみながら、多くの課題が露呈した。ミュラーはチームの取り組みを反省しつつ、スウェーデン戦では切り替えることを誓った。<br><br>「大会が始まる時、テストマッチを考慮していなかったんだ。始まればフレッシュさもあり、強さも戻ってくるだろうってね。でも誤った判断だった。結局初戦はサウジアラビア戦と同じようなミスを犯した。スウェーデン戦では異なる試合を見せるよ」<br><br>提供:goal.com 2018.06.21 00:14 Thu
twitterfacebook
thumb

【超WS美女ワールドカップ】前回王者ドイツが圧倒的強さを見せつける!

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)と連動して、超ワールドサッカーで企画がスタートした『超WS美女ワールドカップ』。今回はグループF第1節の結果発表です。 ▽超WSのツイッターアカウントでユーザーの皆様に向けてアンケートを行ったところ、グループFは55%と大半の票を集めたドイツが1位に。2位はメキシコでこちらは38%の票を得ました。3位韓国、4位スウェーデンはそれぞれ4%、3%と上位2カ国に差を開けられてしまう結果となりました。 ▽前回王者のドイツはやはり強かった。メキシコも善戦しましたが手が届きませんでした。しかし、本戦でもメキシコがドイツを破ったようにまだまだ波乱が起こる可能性も残されています。新たな美女たちに期待しましょう。 ◆超WS美女ワールドカップ・グループF第1節結果 1.ドイツ 55% 2.メキシコ 38% 3.韓国 4% 4.スウェーデン 3% 投票数:746 ◆美女ワールドカップトップ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><a href="http://web.ultra-soccer.jp/index/index/c/WC2018_bijo/id/WC2018_bijo_top" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/bijo_wcup1.png" style="max-width: 100%;"></a></div> ◆ツイッター <div id="cws_ad" style="text-align:left;"><a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">https://twitter.com/ultrasoccer</a></div> 2018.06.20 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

元独代表GKカーン氏、ドイツの戦いに痛烈批判「点差がもっと開かなかったことを喜ぶべき」

元ドイツ代表で現在はコメンテーターを務めるオリバー・カーン氏は、メキシコ戦でのチームの守備を強い口調で批判した。<br><br>17日に行われたメキシコ戦を0-1で落としたドイツは、1982年ワールドカップ以来となる黒星スタートとなった。35分、カウンターからメキシコのFWイルビング・ロサノが決め、スコアはそのまま動かず。カーン氏は、ドイツ『ZDF』で次のように語った。<br><br>「メキシコは素晴らしい前半の代償を払い、後半には我々のチャンスが必然的に増えた。それでもメキシコは、より多くのゴールを決めてもおかしくなかった。我々は、点差が開かなかったことを喜ぶべきだろう」<br><br>「特に前半、メキシコに躊躇なく弱点を突かれた。W杯前から明らかになっていた弱点をね。メキシコのプレーはシンプルだった。我々のボールロストを待ち、我々が空け渡すスペースを利用しながらプレーすればいいのだからね」<br><br>カーン氏は、そのスペースをケアしなかったことがドイツにとって致命的だったと述べている。<br><br>「左右のスペースに関して連携ができていなかった。攻撃的サイドハーフやサイドバックは前半、中央のトニー・クロースやサミ・ケディラを守備においてまったくサポートしなかった」<br><br>DFマッツ・フンメルスは試合後のインタビューで「ジェローム(・ボアテング)と僕しか後ろにいないことが何度もあった」などチームの守備意識への不満をあらわに。その様子を受け、カーン氏はこのように話している。<br><br>「マッツ・フンメルスがこれほど強く訴えるのもあまり見たことがないね。でも彼が言っている通りだよ。彼もジェローム・ボアテングも何度も一対一のデュエルを強いられるはめになった。失点の場面でもそうだったが、前に出て寄せていくのか、それとも相手FWとの競走に入るのか、判断を悩む様子もうかがえた。それは、このチームにはお互い助け合う意識が足りていないからだ」<br><br>提供:goal.com 2018.06.19 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「このドイツは何かがおかしい」落胆のバラック氏、フンメルスのチーム批判を支持

世界王者のドイツは17日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)での初戦を0-1で落とし、黒星スタート。元ドイツ代表MFのミヒャエル・バラック氏は、自身のツイッターでその低調な戦いぶりに苦言を呈し、試合後にDFマッツ・フンメルスが展開したチーム全体に対する批判に賛同した。<br><br>ドイツはこの試合の35分、カウンターからメキシコのFWイルビング・ロサノにゴールを奪われると、得点を返せないまま0-1の敗戦を喫することに。大会前からマンチェスター・シティFWリロイ・サネの招集を見送る決断をめぐってヨアヒム・レーブ監督に対して批判的なコメントを残していたバラック氏だが、初戦でのチームのパフォーマンスに首を傾げている。<br><br>2010年W杯前にケガを負い、代表でのキャリアを終えた同氏は、メキシコ戦翌日に自身のツイッターにビデオメッセージを投稿。その中でこのように述べている。<br><br>「みんなは今回のW杯についてどう思う? 優勝候補のフランスやブラジル、スペインやドイツの試合を見られたね。フランスのみが勝ち点3を確保したが、ドイツにはどれほど失望したか。このチームはなにかがおかしい。サウジアラビア戦を除いて親善試合を6~7試合にも勝てなかったんだ」<br><br>また試合後のインタビューでフンメルスが「ジェローム(ボアテング)と僕しか後ろにいないことが何度もあった」とチームに守備意識が不足していると言及。「チーム内では何度も指摘してきたんだけど、まだ理解してもらえていないのかもしれない」とも発言したことがドイツでは大きな話題を呼んだが、その言葉にバラック氏も賛同しているようだ。<br><br>「マッツ・フンメルス、好きだね。課題に関してちゃんと声を上げた。彼にその調子で続けて、ほかのプレーヤーたちとも話してほしいね。問題を解決するためにお互い話をすることが必要。監督がすべてを対応できないときもあるからね。なので、試合に向けて選手同士がコミュニケーションを取り、攻守のバランスを確かめてほしい」<br><br>一方、バラック氏はこの敗戦を「警鐘として受け止めればいい」と続け、「まだ獲得できる勝ち点は6残っている」と代表チームが以前の姿を取り戻せることに太鼓判を押した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.19 03:13 Tue
twitterfacebook
thumb

クローゼ、ドイツの黒星発進に…「クローゼが足りなかったわけじゃない」

▽ドイツ代表のコーチングスタッフであるミロスラフ・クローゼ氏が、ロシア・ワールドカップ初戦でメキシコに敗れた同国代表について語った。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽過去にラツィオでプレーした経験があるクローゼ氏は、ドイツがメキシコに敗れたあと、イタリアメディアの前でのみ足を止めて取材に応じたという。 「こういった初戦は説明が難しい。ハードな試合だった。こちらはすぐにメンタリティーを変えなければいけないね」 ▽クローゼ氏のような決定力ある選手が必要だったのではないかと問われると、「いや、クローゼのような選手が足りなかったということはないよ…」と返答した。 ▽ドイツの第2戦は、23日のスウェーデン戦だ。 2018.06.19 02:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース