フランス先行もドイツが2度追いつく! 強豪同士のハイレベルな戦いは2-2のドロー!《国際親善試合》2017.11.15 06:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のドイツ代表vsフランス代表が14日に行われ、2-2の引き分けに終わった。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループCを首位通過したドイツと、グループAを首位通過したフランスの一戦。ドイツは[4-2-3-1]の布陣を採用し、GKトラップ、守備陣は右からジャン、ジューレ、フンメルス、プラッテンハールトが並び、ダブルボランチにケディラとクロース。2列目にはエジル、ギュンドアン、ドラクスラーが配置され、ワントップにはヴェルナーが起用された。

▽一方のフランスは[4-3-3]を採用。ゴールマウスを守るのはマンダンダ。ディフェンスラインに右からジャレ、ヴァラン、ユムティティ、ディーニュ。中盤はラビオがアンカーに入り、トリッソとマテュイディがインサイドハーフに。3トップはムバッペ、ラカゼット、マルシャルが並んだ。

▽強豪国同士の一戦となったこの試合。マルシャルやムバッペら若いタレントが躍動したフランスが主導権を握る。19分、DF2人に阻まれながらも、ボックス右に侵攻したラカゼットがそこからゴールを狙うが、GKトラップがファインセーブでゴールを許さない。

▽ヤングスターの勢いとテクニックで攻めるフランスは33分、マルシャルが個人技でDFをかわし、さらにはGKまでかわしながらゴール前のラカゼットにラストパス。フリーのラカゼットはこれを冷静に押し込んでフランスが先制した。

▽迎えた後半はドイツが盛り返す。53分、ドラクスラーの左サイドの突破から、途中出場のリュディガーがクロスに合わせるが、うまくミートできず枠を外れてしまう。その直後、カウンター場面でペナルティアーク付近のエジルからのスルーパスに抜け出したヴェルナーがGKとの一対一を制し同点に。

▽勢いに乗るドイツはさらに、70分にもボックス手前右の位置でFKを獲得。キッカーのクロースがクロスバー直撃の際どいシュートを浴びせ逆転の予感を漂わせる。

▽しかし、ドイツは一瞬の隙を許しフランスの勝ち越し弾を許してしまう。71分、敵陣中央でボールを持ったムバッペが、ドイツのディフェンスラインがずれて空いたスペースにスルーパスを通すと、そこに走り込んだのはラカゼット。1本のパスで最終ラインを抜け出したラカゼットが冷静にGKトラップの守るゴールマウスを破った。

▽試合もこのまま進み、後半アディショナルタイムに入った93分、敵陣中央右でボールを持ったエジルは、ボックス右のゲッツェにパスを送る。ゲッツェはワンタッチでこれをはたくと、それに反応したシュティンドルがニアを突くシュートを流し込んでドイツが土壇場で追いついた。

▽そして試合終了の笛。フランスの流れで始まった試合も終わってみれば2-2。ドイツvsフランスの好カードはドローに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

“エルドアン写真問題”で批判のエジルが声明を発表…「僕の胸には2つのハートがある」

ドイツ代表は今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)でまさかのグループステージ敗退。大会前の行動による騒動がチームに影響を及ぼしたと、ドイツサッカー連盟(DFB)関係者から批判を受けたメスト・エジルだが、22日に自身のSNSを通じて、初めてこの件に関する声明を出している。<br><br>トルコ系ドイツ人のドイツ代表エジルとイルカイ・ギュンドアンは今年5月、ロンドンでトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と写真を撮り、それぞれのSNSにアップ。ドイツメディアの間では、人権問題などで批判される同大統領の政権を支持していると受け取られた。ギュンドアンはこの件についてすでにW杯前に声明を出した一方で、エジルは無言を貫いていた。<br><br>しかし、ドイツが代表史上最低の成績でW杯から敗退すると、この&ldquo;エルドアン写真問題&ldquo;に関する国内での論争が再燃。チームマネージャーのオリバー・ビアホフ氏やドイツサッカー連盟(DFB)のラインハルト・グリンデル会長はそれぞれ、エジルの行動に苦言を呈し、同選手に対して公のコメントを求めていた。<br><br>そしてエジルは22日、自身のツイッターで声明文を発表。冒頭で「ここ数週間、自分について熟考する時間と、最近数カ月間の出来事について考える時間が与えられた。何が起きたかについての僕の考えや思いを伝えたい」と切り出した声明は、次のように続けられた。<br><br>「多くの人たちと同じく、僕は一つ以上の国に先祖がいる。僕はドイツ育ちだが、家族はトルコにしっかりと根を下ろしている。僕の胸には2つのハートがあり、一つはドイツ人、もう一つはトルコ人のものだ。母親には子供のとき、常に敬意を表すこと、自分がどこから来たのか忘れないことを教わり、今もその価値観を大事にしている」<br><br>「エルドアン大統領とは5月にロンドンで行われた教育関連の慈善イベントで会った。初めて会ったのは彼が2010年、アンゲラ・メルケル首相とともにベルリンでドイツ対トルコの試合を観戦したあとのことだ。それ以来、世界中のあらゆる場所で何度も再会している。彼と撮った写真がドイツメディアで大きな反響を呼んだことは理解している。僕のことを嘘つきや詐欺師と呼ぶ声もあるが、あの写真に政治的意図はなかった」<br><br>「エルドアン大統領との写真は、政治や選挙とは関係がなく、家族の故郷である国の最高官職に敬意を払ったものだった。僕の仕事は政治家ではなくサッカー選手であり、どんな政治においても賛同したわけではない。実際、彼とは会う度にいつも同じこと、サッカーについて話しているんだ。彼もユース時代はプレーヤーだったのでね」<br><br>エジルはさらに「トルコの大統領であろうと、ドイツの大統領であろうと、自分は同じ行動を取っていただろう」とも主張。「前回の選挙、それ以前の選挙の結果も問わず、この写真を撮っていたはずだ」と記して、声明文を締めくくっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.23 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯落選のザネ、ドイツ代表指揮官との遺恨なし「十分な説明があった」

ロシア・ワールドカップのドイツ代表メンバーから落選していたマンチェスター・シティFWレロイ・ザネは、ヨアヒム・レーヴ監督から説明を受けていたことを『スカイ・スポーツ』に明かしている。<br><br>22歳の若きアタッカーは昨季、プレミアリーグで10ゴール15アシストを記録。圧倒的な強さでプレミアリーグを制覇したシティの攻撃の一翼を担った。しかしロシアでW杯連覇を目指していたドイツ代表の最終メンバーから漏れ、世界中に大きな驚きを与えた。<br><br>ロシアではまさかのグループステージ敗退となったドイツだが、指揮官は続投となることを発表。ザネは、今後も代表で共に戦っていくことになるであろう監督との間に遺恨はないと語った。<br><br>「レーヴ監督と話をしたよ。もちろん、その決断は受け入れたさ。納得できる理由を説明してくれた。だからすべて問題ないさ」<br><br>そして出場は叶わなかったものの、母国の敗退には大きな衝撃を受けたようだ。<br><br>「グループステージ敗退はとても悲しいことだった。気持ちの整理をつけるのはと少し難しいと思うよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.22 17:28 Sun
twitterfacebook
thumb

ペップ、教え子ザネのドイツ代表落選にも文句なし「レーブの決断を尊重する」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、教え子であるレロイ・ザネがロシア・ワールドカップへ行けなかったことに関して文句を言うつもりはないようだ。『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。<br><br>ザネは昨シーズン、プレミアリーグの年間最優秀若手選手に輝きながら、ロシアW杯に臨むドイツ代表のメンバーから落選。結果的に、グループリーグ最下位での敗退が決まったため、ヨアヒム・レーブ監督の決断には非難の声が寄せられた。しかし、グアルディオラは「終わったこと」と話し、レーブの決断を尊重する姿勢を見せている。<br><br>「レーブは代表監督で、チームにとってベストだと思う選択をしただけだ。リロイはより強くなるため、この決断を受け入れなければならない。彼は若く、ユーロまでは2年、次のワールドカップまでまだ4年あるからね。昨季のレベルを続けるためにさらに改善する必要がある。我々は彼がここにいてくれた幸せだよ」<br><br>また、同じ監督という職業であるレーブに対して改めてリスペクトを示し、自身の決断に口を挟まれることが苦手だとも明かした。<br><br>「私は全ての監督の決断を尊重しているし、レーブが正しいと思うからそうしたんだ。言うことは何もないよ。他の監督から、私の決断に関して意見を言われるのは好きではない。残念ながら、そうされたこともあるけどね」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.21 19:58 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョが各リーグの魅力語る! 伊は「C・ロナウド」、西は「メッシ」で英は…

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、プレミアリーグこそ最高だと語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記事を、スペイン『マルカ』が引用している。 ▽母国のベンフィカで指揮官としてのキャリアをスタートさせたモウリーニョ監督は、2003-04シーズンにポルトを率いてチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成し、世界的名将として知られることに。続くチェルシー時代はCLこそ優勝できなかったもののプレミアを連覇、インテル時代の2009-10シーズンにはイタリア史上初の三冠(CL、セリエA、コッパ・イタリア)にチームを導いた。 ▽2010年夏に就任したレアル・マドリーでは、2011-12シーズンにリーガエスパニョーラを制覇。欧州3大リーグで優勝を成し遂げた史上初の監督となった。マドリー指揮官退任後、チェルシーでの2度目の政権を経て、現在ではマンチェスター・ユナイテッドで采配を振るっている。 ▽数々のリーグで優勝を経験しているモウリーニョ監督が、どのリーグが最高かという質問に以下のような見解を示した。 「プレミアリーグは、ベストの選手たちが同居する最も競争力のあるリーグだ」 「3つの次元がある。人々は(クリスティアーノ・)ロナウドを目的にイタリアを観るし、プレミアリーグを観るならばベストのリーグであることが理由だ。そしてスペインなら(リオネル・)メッシのためだね」 「ユベントスの今回の(C・ロナウドの)移籍を祝福する。フットボール面でも、広告面でも、そしてマーケティング面でもね」 ▽なお、今回話に挙がっていないブンデスリーグについては、モウリーニョ監督は2013年に「興味がない。私がドイツで指揮を執ることはない」とコメントしていた。 2018.07.17 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【超WS選定ロシアW杯ワーストイレブン】連覇逃したドイツから最多4選手…ポーランドのエースFWも

▽ロシア・ワールドカップの準決勝が終了し、残すは決勝と3位決定戦の2試合のみに。超WS編集部が今大会を通じて期待を大きく裏切ったワーストイレブンを紹介する。 ◆寸評 GKダビド・デ・ヘア(スペイン) ▽ユナイテッドとは別人の低調な出来に。ユナイテッドでは聖ダビドと評される圧巻のパフォーマンスを披露するデ・ヘアだが、ラ・ロハでは大会直前からミスが目立つと、ポルトガル戦では失点に絡む痛恨のミスを犯した。その後も細かいミスが目立つ一方、ユナイテッドで見せるような神通力は一度も発揮できず、多くの批判に晒される中で大会を終えることに。アルゼンチンGKカバジェロも酷かったが、期待値を考えればワーストはスペインの守護神で致し方ない。 DFジェローム・ボアテング(ドイツ) ▽コンディション不良顕著で精彩欠く。バイエルンでのシーズン終盤に痛めた筋肉系のケガの影響か、メキシコ戦、スウェーデン戦共に無理が利かない様子が散見。加えて、前線や中盤の守備のリスク管理の甘さから難しいカウンターへの対応を強いられ、スウェーデン戦では退場する散々な内容だった。 DFチャン・ヒョンス(韓国) ▽最終節で意地を見せたが低調なパフォーマンスで批判の的に。センターバックでプレーした初戦と第2戦では不用意なハンドによるPK献上など、著しく安定感を欠くプレーで戦犯に。中盤でプレーした最終節のドイツ戦ではまずまずのプレーを見せたが、全体的なパフォーマンスを考えれば厳しい評価は避けられないところだ。 DFニコラス・タグリアフィコ(アルゼンチン) ▽サンパオリ監督の抜擢に応えられず。今大会全試合でプレーをしたものの、攻守両面で説得力のあるパフォーマンスを見せることができなかった。なかなか特長が分かり辛かった中、ラウンド16のフランス戦では対面のムバッペに為すすべなく蹂躙された。 MFサミ・ケディラ(ドイツ) ▽攻守両面でクオリティを欠く。前回大会の主力として大きな期待を集めたものの、攻守両面で低調なプレーに終始。ボールを持てばミスや意図のないプレーが目立ち、守備では切り替えやリスク管理を怠るプレーで最終ラインに余計な負担をかけるなど、チームの足を大いに引っ張った。 MFハビエル・マスチェラーノ(アルゼンチン) ▽気迫を見せるも身体と技術が付いてこなかった。今大会のためにバルセロナを離れて中国行きを決断したものの、レベルの落ちるリーグでプレーした影響か全盛期からは程遠いプレーに。ナイジェリア戦ではPKこそ与えたものの良いパフォーマンスを見せられたが、それ以外の試合では不用意なパスミスや相手のスピードに振り切られる場面が目立った。 MFメスト・エジル(ドイツ) ▽今大会のワーストプレーヤー。元々のコンディション不良に加え、ギュンドアンと共に起こした政治的な問題の影響で心身ともに戦える状況ではなかった。90分間存在感を示すタイプのプレーヤーではないが、消えている時間の多さに加えて攻撃面でほぼ何の見せ場も作れなかった。 MFピオトル・ジエリンスキ(ポーランド) ▽今大会のブレイク候補も全く輝けず。レヴァンドフスキと共に攻撃面の中心を担うことが期待されたものの、チーム全体の不調に引きずられる形で低調な出来に終始。持ち味のダイナミズムや攻撃センスは全く影を潜めたうえ、守備の局面での淡白さも目立った。 FWニコラ・カリニッチ(クロアチア) ▽今大会大躍進のクロアチアで蚊帳の外に。予選ではマンジュキッチと共に前線の主軸を担うもミランでの不振の影響もあって大会直前に控えに転落。そして、ナイジェリアとの初戦では交代出場を拒否して代表追放に。決勝トーナメントに入って3戦連続延長戦を戦い疲労困憊のチームにあって重要な登録枠を無駄にした罪は重すぎる。 FWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド) ▽大会得点王はおろか1ゴールも奪えず。今大会得点王候補として挙げられたものの、相手の徹底マークに遭い、グループリーグを通じてほぼ何もできなかった。もちろん、チーム全体の機能不全で孤立を強いられた面はあったが、日本DF吉田に「やる気が感じられなかった」と指摘されたように覇気のなさも目に付いた。 FWティモ・ヴェルナー(ドイツ) ▽エースストライカーの役目を果たせず。今大会でエースの役割を期待された若きストライカーだったが、スペースを必要とするプレースタイルの影響もあって徹底的に引いてスペースを消す相手の守備を前に存在感を示せず。左ウイングへのポジション変更で見せ場は作ったものの、相手に脅威を与えるようなプレーはほとんど出せなかった。 2018.07.13 18:01 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース