壮絶な打ち合いとなったロシアvsスペインは3-3のドロー《国際親善試合》2017.11.15 06:54 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のロシア代表vsスペイン代表が14日に行われ、3-3の引き分けに終わった。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)ホスト国のロシアと、W杯欧州予選グループGを無敗で首位通過したスペインの一戦。先日、コスタリカ代表を5発大勝で屠ったスペインは、その試合と同じく[4-3-3]のフォーメーションを採用。ゴールマウスを守るデ・ヘアに、ディフェンスラインは右からナチョ、ピケ、セルヒオ・ラモス、アルバが並んだ。アンカーにブスケッツが入り、インサイドハーフにチアゴとイニエスタ、3トップには右ウイングにスソ、左にアセンシオ、そしてトップにはバレンシアで調子を高めるロドリゴが起用された。

▽序盤からスペインがボールを保持する展開だが、それを冷静に対処するロシアは6分にクジャイェフがミドルレンジからこの試合最初のシュート。直後には右サイドからのグラウンダーのクロスにスモロフが飛び込みチャンスを迎えるが、うまく合わせられずシュートを打てなかった。

▽いい入りを見せたロシアだったが、スペインが格の違いを見せつける。9分、左サイドに開いたアセンシオにボールが渡ると、左足で丁寧なクロスを上げる。そこに飛び込んだのがジョルディ・アルバ。ジョルディ・アルバの珍しいヘディングシュートでスペインが先制に成功した。

▽失点後のロシアは肩を落とすことなく積極的にスペインを攻め立てていく。そんな中スペインは25分にFKの流れからピケがバックヒールで枠内シュート。しかし、ここはGKの正面に飛んでしまう。28分には、グルシャコフがボックス中央からシュートを放つが、DFのブロックに遭う。

▽善戦していたロシアだったが、35分にクジャイェフがペナルティエリア内でハンドを犯してしまい、スペインにPKを献上。セルヒオ・ラモスがこれを落ち着いて決めて、キャプテンがスペインに2点目をもたらした。

▽だがロシアも前半のうちに点差を縮める。41分、クドリャショフのラストパスをボックス中央で受けたスモロフは、シュートフェイントからの鋭い切り返しでスペインDF陣を欺くと、最後は左足でゴール右隅を突いたシュートを突き刺しスコアを1-2とした。

▽迎えた後半、ロシアは早々に同点に追いつく。51分、敵陣左サイドのスローインの流れから味方とのパス交換からボックス左深くに侵入したジルコフはGKの脇を突くシュートを決めた。だが、その2分後の53分、再びスペインにPKを与えてしまったロシアは、セルヒオ・ラモスに決められ勝ち越しを許してしまった。

▽それでも果敢に攻めるロシアは70分、ボックス手前中央でココリンのパスを受けたスモロフが、右足を豪快に振り抜き、GKデ・ヘアの守るゴールを破った。

▽その後、ロシアGKルニョフが負傷退場するアクシデントに見舞われたが、このままスコアは動くことなくタイムアップ。壮絶な打ち合いとなった試合は3-3で引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

強すぎるスペイン、2017年を無敗で終える...10戦負け知らずで5年ぶりの記録を達成

スペイン代表は、ワールドカップ(W杯)前年を最高の形で締めくくっている。<br><br>14日の国際親善試合でロシアに3-3と引き分けたスペイン。2017年に行われた10試合を8勝2分けで終えることとなった。<br><br>スペインはその間イスラエル、フランス、マケドニア、イタリア、リヒテンシュタイン、アルバニア、イスラエル、コスタリカから勝利を挙げた。コロンビア、ロシアに引き分けている。<br><br>2014年のブラジルW杯でグループステージ敗退という屈辱を味わったスペインは、その2年後に行われたユーロ2016でも負の連鎖を断ち切れず、イタリアに敗れてベスト16敗退に終わっている。ユーロ2016終了後、ビセンテ・デル・ボスケ前監督からフレン・ロペテギ監督へと監督交代を行い、再起を図った。<br><br>ロペテギ政権で持ち直したスペインは、同監督指揮下で16試合12勝4分けと無敗を維持している。スペインは来年3月23日に親善試合でドイツ、27日にオランダと対戦する予定だ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.15 23:38 Wed
twitterfacebook
thumb

1試合平均3.25得点という破壊力を見せるスペイン代表...ロシア戦ではDF陣が全得点を記録

スペイン代表が、ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会に向け、圧倒的な攻撃力を世界に見せ付けている。<br><br>スペインは14日の国際親善試合でロシアと対戦。DFジョルディ・アルバのゴールとDFセルヒオ・ラモスのPKによる2得点で、敵地の一戦を3-3で終えた。<br><br>2得点を挙げたS・ラモスだが、1試合PK2得点は1927年5月22日のフランス戦でドミンゴ・サルドゥア氏以来、90年ぶりの記録だ。S・ラモスは代表通算得点数を「13」に伸ばした。これはMFアンドレス・イニエスタと同じ得点数である。<br><br>スペインはフレン・ロペテギ政権で16試合を行い、52得点を記録している。1試合平均3.25得点という驚異的な数字だ。惨敗したブラジルW杯を乗り越え、無敵艦隊が着々と準備を整えている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.15 22:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ピケ、ロシア戦で試合中に主将を託され...敵地の一戦ながら拍手喝采を浴びる

バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケは、14日に行われた国際親善試合ロシア戦(3-3)で試合中にキャプテンマークを巻いた。<br><br>カタルーニャ独立擁護派であるピケの言動は、スペイン代表サポーターの意見を真っ二つに分けている。ホームの試合では、いまだ同選手がボールを保持する度にブーイングが浴びせられる。<br><br>だが代表戦98試合に出場しているピケは、ロシア戦の58分にDFセルヒオ・ラモス、MFセルジ・ブスケッツが交代でベンチに下がると、キャプテンマークを託されている。その間、プレーが止まった際にロシア代表サポーターがピッチに乱入してピケとの&ldquo;セルフィー&rdquo;を試みて、観衆から拍手喝采が沸き起こった。<br><br>ピケは数分後、セットプレーの場面で後半から途中出場していたダビド・シルバにキャプテンマークを譲った。シルバは代表戦118試合に出場しており、代表キャップ数でピケを上回る選手だ。<br><br>ただ、ピケが代表でキャプテンマークを巻くのは、これが初めてではない。ピケは今年6月に行われたコロンビア代表との親善試合においても、試合中にキャプテンマークを巻いており、今回が2度目となった。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.15 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

躍進バレンシアの原動力ロドリゴ「折り返しですらない」「メンタリティを継続しなければ」

▽リーガエスパニョーラとスペイン代表で好調をアピールしているバレンシアのFWロドリゴ・モレノが、自身のフットボールに対する考えを明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2014年夏からバレンシアでのプレーを開始したロドリゴは、1年目の2014-15シーズンに公式戦32試合4ゴール5アシストを記録。その後のシーズンも初年度と近い数字を記録し続けると、昨シーズンは公式戦21試合で7ゴール5アシストをマークしている。 ▽安定した数字を残していながらも、爆発的な活躍をみせることはできていなかったロドリゴだったが、今シーズンはリーガ第11節終了時点で公式戦12試合8ゴール4アシストと大きく飛躍。クラブもバルセロナに次いでリーガ2位と、レアル・マドリー(3位)、アトレティコ・マドリー(4位)よりも上の順位につける快進撃をみせているが、「まだ折り返しですらない」と冷静な考えを語った。 「どのようなフットボールをプレーするか忘れてはいけない。僕は、今では明らかに以前よりも自信を持っている。色々なことが改善されたけど、悪いときは誰にでもあるんだ。フットボールでは、悪いときも良いときも経験するものだ」 「僕は(得点数など)そういった数字に満足している。僕たちはチームとして動くし、とても良くやっているよ。結果として、個人的な質(の高さ)がより明らかになり、クラブでの重要な変化があった」 「僕らの目的は明確で、次の試合に勝利することだ。シーズンの始まりから信じられないようなものとなっているけど、僕らはまだ折り返し地点にも達していない。このメンタリティを継続しなければね」 ▽また、ロドリゴは2014年10月にスペイン代表としてデビューを飾ったものの、その後は声がかからず。今シーズンに入り10月に招集されると、ロシア・ワールドカップ欧州予選のアルバニア戦で実に3年ぶり2回目の出場を果たし、フレン・ロペテギ監督の下で初ゴールを決めた。 「僕のベストポジション? [4-4-2]のセカンドストライカーだ。その役割なら、(前線での)パートナーとポジションを入れ替えることが常に可能だ。だから、そこが最も快適だと感じるし、僕のベストなフットボールができるんだ」 「複雑だけど、フレン(・ロペテギ監督)は、大勢のプレーヤーに機会を与えている。もちろん、僕は出場したい。でも、それは負傷状況や(好不調の)状態に依存していることなんだろうね」 「僕が続けなくてはならないことは、今までも行ってきたこのポイントだ。良いプレーをしてゴールを記録する、というね」 2017.11.14 14:57 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリッド・ダービー出場にも影響か、イスコがスペイン代表離脱

▽レアル・マドリーに所属するMFイスコが、スペイン代表を離脱したようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽スペイン代表は11日、国際親善試合でコスタリカ代表(5-0)と対戦。同試合に先発出場したイスコだったが62分、チアゴのスルーパスに反応した際にワストンのスライディングを受けて左足を負傷。直後に立ち上がりはしたものの、イスコは自ら交代を要求して65分に退いた。 ▽今回伝えられるところによると、イスコは14日に行われる国際親善試合のロシア戦のメンバーには帯同せず、マドリーに戻ってクラブドクターの診断を受けるとのことだ。 ▽レアル・マドリーは、18日に行われるリーガエスパニョーラ第12節で敵地でのアトレティコ・マドリー戦を控えているが、イスコはこの試合も欠場する可能性があるとのことだ。 2017.11.12 20:22 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース