壮絶な打ち合いとなったロシアvsスペインは3-3のドロー《国際親善試合》2017.11.15 06:54 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のロシア代表vsスペイン代表が14日に行われ、3-3の引き分けに終わった。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)ホスト国のロシアと、W杯欧州予選グループGを無敗で首位通過したスペインの一戦。先日、コスタリカ代表を5発大勝で屠ったスペインは、その試合と同じく[4-3-3]のフォーメーションを採用。ゴールマウスを守るデ・ヘアに、ディフェンスラインは右からナチョ、ピケ、セルヒオ・ラモス、アルバが並んだ。アンカーにブスケッツが入り、インサイドハーフにチアゴとイニエスタ、3トップには右ウイングにスソ、左にアセンシオ、そしてトップにはバレンシアで調子を高めるロドリゴが起用された。

▽序盤からスペインがボールを保持する展開だが、それを冷静に対処するロシアは6分にクジャイェフがミドルレンジからこの試合最初のシュート。直後には右サイドからのグラウンダーのクロスにスモロフが飛び込みチャンスを迎えるが、うまく合わせられずシュートを打てなかった。

▽いい入りを見せたロシアだったが、スペインが格の違いを見せつける。9分、左サイドに開いたアセンシオにボールが渡ると、左足で丁寧なクロスを上げる。そこに飛び込んだのがジョルディ・アルバ。ジョルディ・アルバの珍しいヘディングシュートでスペインが先制に成功した。

▽失点後のロシアは肩を落とすことなく積極的にスペインを攻め立てていく。そんな中スペインは25分にFKの流れからピケがバックヒールで枠内シュート。しかし、ここはGKの正面に飛んでしまう。28分には、グルシャコフがボックス中央からシュートを放つが、DFのブロックに遭う。

▽善戦していたロシアだったが、35分にクジャイェフがペナルティエリア内でハンドを犯してしまい、スペインにPKを献上。セルヒオ・ラモスがこれを落ち着いて決めて、キャプテンがスペインに2点目をもたらした。

▽だがロシアも前半のうちに点差を縮める。41分、クドリャショフのラストパスをボックス中央で受けたスモロフは、シュートフェイントからの鋭い切り返しでスペインDF陣を欺くと、最後は左足でゴール右隅を突いたシュートを突き刺しスコアを1-2とした。

▽迎えた後半、ロシアは早々に同点に追いつく。51分、敵陣左サイドのスローインの流れから味方とのパス交換からボックス左深くに侵入したジルコフはGKの脇を突くシュートを決めた。だが、その2分後の53分、再びスペインにPKを与えてしまったロシアは、セルヒオ・ラモスに決められ勝ち越しを許してしまった。

▽それでも果敢に攻めるロシアは70分、ボックス手前中央でココリンのパスを受けたスモロフが、右足を豪快に振り抜き、GKデ・ヘアの守るゴールを破った。

▽その後、ロシアGKルニョフが負傷退場するアクシデントに見舞われたが、このままスコアは動くことなくタイムアップ。壮絶な打ち合いとなった試合は3-3で引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ、百戦錬磨の若手SBジョニー・カストロ獲得迫る!

▽アトレティコ・マドリーが、セルタのスペイン人DFジョニー・カストロ(24)獲得に迫っている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽セルタの下部組織出身のジョニーは、2011-12シーズン後半からトップチームでのプレーを始め、2013年冬に正式に昇格。以来、セルタの攻撃的なサッカーを支え続け、24歳にして既にリーガエスパニョーラ183試合3ゴール12アシストの記録を残している。ちなみに、若くから才能を発揮していたことで知られる1歳年上のレアル・マドリーDFラファエル・ヴァランですら、リーガに限定した出場記録は141試合2ゴール4アシストと及ばない。 ▽2016年夏にはルイス・エンリケ前監督(現スペイン代表)が率いたバルセロナが興味を示していたとも報じられた、トップレベルでの経験が豊富な若手サイドバックだ。 ▽『マルカ』によれば、アトレティコは22日にもジョニーを迎える予定である模様。なお、入団後は本人が希望するプレミアリーグにレンタルで加入し、更なる経験を積む可能性も伝えられている。 2018.07.21 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 7月21日は、日本代表MF乾加入のベティスで輝き続ける大ベテランのバースデー

◆ホアキン・サンチェス 【Profile】 国籍:スペイン クラブ:ベティス 誕生日:1981年7月21日 ポジション:MF 身長:180㎝ 体重:75㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 7月21日は、ベティスの元スペイン代表MFホアキン・サンチェスだ。 ▽ベティスの下部組織で育ったサンチェスは、2000-01シーズンにトップチームデビュー。独特の間合いのドリブルで人気を博すと、翌2001-02シーズンにはスペイン『ドン・バロン』の選出するブレイクスルー選手賞を獲得した。その後、バレンシア、マラガ、フィオレンティーナと渡り歩き、2015年夏にベティスに復帰。36歳で迎えた2017-18シーズンには年齢から衰えが心配されたが、リーガエスパニョーラ35試合に出場して4ゴール8アシストの数字を残し、6位フィニッシュでのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に大きく貢献していた。37歳で迎える2018-19シーズンも、新加入の日本代表MF乾貴士と共に魅力的なフットボールの中心となることだろう。 ※誕生日が同じ主な著名人 マルセロ・ビエルサ(サッカー監督/リーズ) オメル・トプラク(サッカー選手/ドルトムント) マルコ・ファビアン(サッカー選手/フランクフルト) ワルテル・モントーヤ(サッカー選手/クルス・アスル) アーネスト・ヘミングウェイ(小説家) 岩崎恭子(元水泳選手) 藤川球児(野球選手) オコエ瑠偉(野球選手) はるな愛(タレント) 2018.07.21 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

“次代のネイマール”ヴィニシウスが入団会見! 今季初めはカスティージャでプレーか

▽レアル・マドリーは20日、フラメンゴのブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオール(18)が今シーズンから正式に入団することを発表した。 ▽マドリーは、昨年5月に当時16歳だったヴィニシウスと契約したことを発表。移籍そのものは、国際サッカー連盟(FIFA)の定めた国外移籍が認められる満18歳の誕生日を迎えた後の2018年7月以降でないと行えず、内定扱いとなっていた。 ▽20日、ヴィニシウスはフロレンティーノ・ペレス会長と共に、サンティアゴ・ベルナベウの貴賓室で行われた入団会見に出席して契約書にサイン。ユニフォームを手にして写真を撮影した後、ピッチに移動してファンの前でリフティングを披露した。 ▽なお、入団以降の扱いについて、レンタルという形で2019年7月まではフラメンゴに残る可能性が伝えられていた。しかし、スペイン『マルカ』によれば、スペインでの生活に慣れるため、Bチームであるレアル・マドリー・カスティージャでプレーする可能性も浮上。また、順調に適応することができれば、カスティージャでのプレーは最初の数カ月になるだろうということも伝えられている。 ▽“次代のネイマール”とも称され、ブラジル国民からも大きな期待を背負っているヴィニシウス。チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を果たしたクラブに入団した18歳は、厳しいレギュラー争いに勝利してスーパースターの仲間入りを果たすことができるのだろうか。 2018.07.20 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スペイン代表再建に意気込むルイス・エンリケ「多くの情報を集め、多くの決断を下す」

▽スペイン代表の新指揮官に就任したルイス・エンリケ監督が、スペインサッカー連盟(RFEF)の公式プレゼンテーションに出席。改めてスペイン代表監督への意気込みを語った。 ▽スペイン代表は、ロシア・ワールドカップに出場。しかし、フレン・ロペテギ監督が2018-19シーズンからレアル・マドリーの新指揮官に就任すると大会直前に発表。この発表に怒りを見せた協会はロペテギ監督を解任し、フェルナンド・イエロ監督を招へいした。 ▽開幕直前の監督交代に見舞われたスペインだったが、グループステージを突破。決勝トーナメントでは強豪国が少ない山に入ったものの、ラウンド16のロシア代表戦で苦戦。PK戦の末に敗れ、高いを後にしていた。 ▽大会後イエロ監督が退任し、新指揮官に就任したルイス・エンリケ監督は、前任の監督2名のやり方を継続しつつ、良いチームを作っていくと意気込んだ。 「今日は限りない喜びの日だ。代表チームの状況に関しては分析をするが、イエロ氏、ロペテギ氏が成し遂げてきた素晴らしい仕事を継続したいと思う」 「ナショナルチームがとてもプロフェッショナルな働きをしていることは理解している。この職を受けられたことをとても感謝している」 「サッカーはとても進化しており、スペインには非常に良い選手たちがいるが、タイトルを獲得するのは非常に難しくなっている 」 「アイデアは絶え間なく進化することであり、私の役割は多くの情報を集めた後に、多くの決定を下すことだ。競争力がある視点において、ベストな選抜をするために、我々は評価しなければならない」 2018.07.20 11:10 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョが各リーグの魅力語る! 伊は「C・ロナウド」、西は「メッシ」で英は…

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、プレミアリーグこそ最高だと語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記事を、スペイン『マルカ』が引用している。 ▽母国のベンフィカで指揮官としてのキャリアをスタートさせたモウリーニョ監督は、2003-04シーズンにポルトを率いてチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成し、世界的名将として知られることに。続くチェルシー時代はCLこそ優勝できなかったもののプレミアを連覇、インテル時代の2009-10シーズンにはイタリア史上初の三冠(CL、セリエA、コッパ・イタリア)にチームを導いた。 ▽2010年夏に就任したレアル・マドリーでは、2011-12シーズンにリーガエスパニョーラを制覇。欧州3大リーグで優勝を成し遂げた史上初の監督となった。マドリー指揮官退任後、チェルシーでの2度目の政権を経て、現在ではマンチェスター・ユナイテッドで采配を振るっている。 ▽数々のリーグで優勝を経験しているモウリーニョ監督が、どのリーグが最高かという質問に以下のような見解を示した。 「プレミアリーグは、ベストの選手たちが同居する最も競争力のあるリーグだ」 「3つの次元がある。人々は(クリスティアーノ・)ロナウドを目的にイタリアを観るし、プレミアリーグを観るならばベストのリーグであることが理由だ。そしてスペインなら(リオネル・)メッシのためだね」 「ユベントスの今回の(C・ロナウドの)移籍を祝福する。フットボール面でも、広告面でも、そしてマーケティング面でもね」 ▽なお、今回話に挙がっていないブンデスリーグについては、モウリーニョ監督は2013年に「興味がない。私がドイツで指揮を執ることはない」とコメントしていた。 2018.07.17 22:45 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース