壮絶な打ち合いとなったロシアvsスペインは3-3のドロー《国際親善試合》2017.11.15 06:54 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のロシア代表vsスペイン代表が14日に行われ、3-3の引き分けに終わった。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)ホスト国のロシアと、W杯欧州予選グループGを無敗で首位通過したスペインの一戦。先日、コスタリカ代表を5発大勝で屠ったスペインは、その試合と同じく[4-3-3]のフォーメーションを採用。ゴールマウスを守るデ・ヘアに、ディフェンスラインは右からナチョ、ピケ、セルヒオ・ラモス、アルバが並んだ。アンカーにブスケッツが入り、インサイドハーフにチアゴとイニエスタ、3トップには右ウイングにスソ、左にアセンシオ、そしてトップにはバレンシアで調子を高めるロドリゴが起用された。

▽序盤からスペインがボールを保持する展開だが、それを冷静に対処するロシアは6分にクジャイェフがミドルレンジからこの試合最初のシュート。直後には右サイドからのグラウンダーのクロスにスモロフが飛び込みチャンスを迎えるが、うまく合わせられずシュートを打てなかった。

▽いい入りを見せたロシアだったが、スペインが格の違いを見せつける。9分、左サイドに開いたアセンシオにボールが渡ると、左足で丁寧なクロスを上げる。そこに飛び込んだのがジョルディ・アルバ。ジョルディ・アルバの珍しいヘディングシュートでスペインが先制に成功した。

▽失点後のロシアは肩を落とすことなく積極的にスペインを攻め立てていく。そんな中スペインは25分にFKの流れからピケがバックヒールで枠内シュート。しかし、ここはGKの正面に飛んでしまう。28分には、グルシャコフがボックス中央からシュートを放つが、DFのブロックに遭う。

▽善戦していたロシアだったが、35分にクジャイェフがペナルティエリア内でハンドを犯してしまい、スペインにPKを献上。セルヒオ・ラモスがこれを落ち着いて決めて、キャプテンがスペインに2点目をもたらした。

▽だがロシアも前半のうちに点差を縮める。41分、クドリャショフのラストパスをボックス中央で受けたスモロフは、シュートフェイントからの鋭い切り返しでスペインDF陣を欺くと、最後は左足でゴール右隅を突いたシュートを突き刺しスコアを1-2とした。

▽迎えた後半、ロシアは早々に同点に追いつく。51分、敵陣左サイドのスローインの流れから味方とのパス交換からボックス左深くに侵入したジルコフはGKの脇を突くシュートを決めた。だが、その2分後の53分、再びスペインにPKを与えてしまったロシアは、セルヒオ・ラモスに決められ勝ち越しを許してしまった。

▽それでも果敢に攻めるロシアは70分、ボックス手前中央でココリンのパスを受けたスモロフが、右足を豪快に振り抜き、GKデ・ヘアの守るゴールを破った。

▽その後、ロシアGKルニョフが負傷退場するアクシデントに見舞われたが、このままスコアは動くことなくタイムアップ。壮絶な打ち合いとなった試合は3-3で引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

イランに苦戦も初白星のスペイン代表イエロ監督「改善することで勝ち続ける」

▽スペイン代表のフェルナンド・イエロ監督が、20日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節のイラン代表戦を振り返った。『FIFA.com』がコメントを伝えた。 ▽スペインは、初戦でポルトガル代表と対戦し、終盤の失点で3-3のドローに終わっていた。 ▽今大会初勝利を目指したスペインは、前半こそイランの堅守の前に苦しい展開が続いたが、50分にジエゴ・コスタが2戦連続のゴール。1-0で今大会初勝利を収めた。 ▽イエロ監督は、イラン戦が非常に難しかったとコメント。しかし、最終戦のモロッコ代表戦で勝利できると自身をのぞかせた。 「私が言いたいことは、もう3ポイント獲れるということだ。我々は非常に難しいものになることを知っていた。そして、確かにとても難しい試合になった。非常にタフな時間が前後半とも続いた」 「ハーフタイムに我々はプランがあり、それが実行できたと思う。選手たちは、やらなければいけないことをやった」 「イランは強いチームであり、得点することはとても難しい。我々はそれがどれだけ難しいことかを分かっていた。しかし、我々の選手たちはもう一度すべてを捧げた」 「23人のグループとして、非常にコミットしている。我々は1つのチームであり、ここで全てを果たそうとしている。まだ改善する必要があると思っているが、改善が進むことで勝ち続けることを望んでいる」 2018.06.21 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン相手に健闘のイラン代表指揮官「この試合から多くを学ぶ」

▽イラン代表のカルロス・ケイロス監督が、20日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節のスペイン代表戦を振り返った。『FIFA.com』がコメントを伝えた。 ▽イランは、初戦のモロッコ代表戦を1-0で勝利。1998年のフランスW杯以来となる、20年ぶりのW杯勝利を記録した。 ▽初戦をポルトガル代表と引き分けたスペインとの一戦。前半は固い守備でスペインにゴールを許さず、ゴールレスドローで終えたものの、後半に入りジエゴ・コスタに得点を許し、0-1で敗戦となった。 ▽ケイロス監督は、スペイン戦に向けた準備がしっかりできていたと語り、チームの戦いに手応えを感じている様子。グループステージ突破をかけて戦う最終節のポルトガル戦に向けて意気込みを語った。 「我々は我慢して耐えること、そして競い合うための準備ができていることを示した。私はより良い結果を得られたと感じている。スペインが素晴らしいスタイリッシュなサッカーをしていることは間違いないが、我々がプレーした方法はとても価値のあるものだと思っている」 「フェルナンド・イエロとスペイン代表におめでとうと言いたい。我々はこの試合から多くを学ぶだろう。テニスのように考えるのならば、今日はマッチポイントが1つあった。そして、我々はポルトガルと対戦する。全ての可能性がある。我々はまだ生きており、まだ夢を見ている」 2018.06.21 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

イニエスタは「終わった選手」?W杯イラン戦のプレーにスペイン国内から批判殺到

スペイン代表は、20日に行われたロシア・ワールドカップのグループB第2節で、イランに1-0と勝利した。しかし、この試合で先発したMFアンドレス・イニエスタに対し、スペイン国内から批判が相次いでいる。<br><br>初戦でポルトガルに3-3と引き分けていたスペイン。グループリーグ突破のために勝利が欲しい一戦で、イランと対戦した。立ち上がりから自陣で徹底した守備ブロックを組むイラン相手に苦しんだが、54分にジエゴ・コスタがゴールを奪い、なんとか勝ち点3を獲得した。<br><br>しかし、この試合で先発したイニエスタに批判が集まっている。スペインのマノロ・ラマ記者は、試合終了後に選手を評価。イニエスタは「落第」と酷評した。<br><br>さらに、スペイン2大紙も低評価。『マルカ』は、監督を含めたこの試合の出場メンバー15人中11位とし、「D・コスタのゴールをお膳立てしたが、最高のパフォーマンスからは程遠い。見たこともないようなパスミスをし、疲れているように見えた」と評価している。<br /><br />一方『as』も、「アンドレスはよくなかった。いつものようなプレーができなかった。後半、チームはボール周辺でペースとインテンシティを上げたが、彼はそのレベルについていけない」と評している。<br><br>また、SNSでも「イニエスタはもうレギュラーでプレーすべきでない」との意見がトレンドに。「もう終わった」や、「違う選手をプレーさせて、イニエスタを途中出場にすべき」との厳しい評価が相次いでいる。<br><br>4大会連続でW杯のピッチに立つ34歳MFだが、スペインでは先発から外すべきとの意見が大多数のようだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.21 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:イラン 0-1 スペイン《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節、イラン代表vsスペイン代表が20日にカザン・アリーナで行われ、0-1でスペインが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽イラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180621_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ビランヴァンド 5.5 ミドルシュートを防ぐなど、終始安定したゴールキーピング DF 23 レザイーアン 5.5 不運な失点を献上したが、ソリッドな守備を続けた 8 プーラリガンジ 6.0 身体を張った守備が効いていた 19 マジド・ホセイニ 5.5 プーラリガンジと共に水際でよく耐えていた 3 エーサン・ハサフィ 5.5 L・バスケスにスペースを与えなかった (→ミラド・モハマディ 5.5) 守備に徹した MF 17 タレミ 5.5 ヘディングシュートで2度ゴールに迫った 9 イブラヒミ 5.5 守備のバランスを取った 6 エザトラヒ 6.0 バイタルエリアのスペースを消した。オフサイドで幻のゴールに泣く 11 アミリ 5.5 守備をこなしつつ、機を見て攻撃に顔を出した (→ゴッドス -) 10 アンサリファルド 5.5 左サイドのスペースを埋める。惜しいボレーシュートがあった (→ヤハンバクフシュ 5.0) 目立った働きはなし FW 20 アズムーン 5.5 献身的なチェイスを続けた 監督 カルロス・ケイロス 5.5 徹底した守備でスペインに応戦も一歩及ばなかった ▽スペイン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180621_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 5.5 難しい枠内シュートは飛んでこなかった DF 2 カルバハル 5.5 高い位置を取って攻撃参加を図るもL・バスケスとの連係がなかった 3 ピケ 6.0 代表キャップ100試合。終始、安定していた。攻撃時のセットプレーで存在感 15 セルヒオ・ラモス 6.0 アズムーンへのタイトなマークで応戦 18 ジョルディ・アルバ 5.5 効果的な攻撃参加は少なかった MF 11 L・バスケス 5.0 ほとんどボールに絡めなかったが、スペースが生まれて顔を出した (→アセンシオ -) 21 シルバ 6.0 うまくDFを剥がしてシュートに持ち込んでいた 5 ブスケッツ 5.5 無難にパスを捌いていた 6 イニエスタ 6.0 決勝点につながるパスを供給 (→コケ -) 22 イスコ 6.0 後半にドリブルを増やして守備を剥がす役割を担った FW 19 ジエゴ・コスタ 6.0 厳しいマークに遭った中、幸運ながらも2試合連続ゴール (→ロドリゴ -) 監督 イエロ 5.5 L・バスケスの起用はハマらなかったが、何とか勝利を手に ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ジエゴ・コスタ(スペイン) ▽イランの守備がタイトだった中、幸運ながらも2戦連続ゴールでチームを勝利に導いたジエゴ・コスタを選出。 イラン 0-1 スペイン 【スペイン】 ジエゴ・コスタ(後9) 2018.06.21 05:08 Thu
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタの幸運弾でスペインが堅守イラン撃破《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節、イラン代表vsスペイン代表が20日にカザン・アリーナで行われ、0-1でスペインが勝利した。 ▽第1節でモロッコ代表に試合終了間際のオウンゴールで辛勝し、W杯20年ぶりの勝利を飾ったイランは、勝利すれば決勝トーナメント進出となる中、モロッコ戦のスタメンから3選手を変更。ショジャエイやヤハンバクフシュ、チェンミに代えて、タレミやエザトラヒ、マジド・ホセイニを起用した。 ▽一方、第1節でポルトガルに3-3と壮絶なドロー試合を演じたスペインは、ポルトガル戦のスタメンから2選手を変更。コケとナチョに代えてL・バスケスと負傷明けのカルバハルを起用した。 ▽両サイドハーフが最終ラインまで下がり6バックを形成するイランに対し、立ち上がりからスペインが攻勢に出る展開で推移していく。相手守備ブロックの前でボールを動かして隙を窺うスペインは、人海戦術を採るイランをなかなか崩せずにいた中、25分にシルバが直接FKでオンターゲットを記録。 ▽その後もアタッキングサードでボールを持つスペインが仕掛けていくと、30分にはシルバがバイシクルシュートを狙えば、42分にも左クロスを受けたボックス内のシルバがシュートに持ち込んだが、ゴールを割るには至らない。結局、追加タイム2分のシルバのミドルシュートもDFに当たって枠を外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽イランの堅守に苦戦して0-0で迎えた後半、スペインは開始4分にチャンス。左CKからピケのシュートが枠に飛んだが、ゴールライン上でクリアされてしまう。直後にもブスケッツのミドルシュートが枠を捉えるも、GKビランヴァンドのファインセーブに阻まれた。 ▽ギアを上げて打開を図るスペインに対し、イランは53分にビッグチャンス。ロングスローの流れからアンサリファルドがボレーシュートを狙ったが、わずかに枠の左に外れた。 ▽すると助かったスペインは54分に均衡を破る。インターセプトしたイニエスタのクサビのパスをボックス中央で受けたジエゴ・コスタが反転してシュートに持ち込みかけると、レザイーアンのクリアボールがジエゴ・コスタの足に当たってゴールに吸い込まれた。 ▽不運な形でゴールを許したイランが重心を上げて前がかると、60分にタレミのヘディングシュートでゴールに迫れば、62分にはFKの流れからエザトラヒがネットを揺らしたが、VARの末にオフサイドと判定され同点ゴールとはならなかった。 ▽終盤にかけてはスペインがボールを動かして時間を消化する中、イランは82分にビッグチャンス。左サイドを個人技で突破したアミリのクロスに、ファーサイドのタレミがヘッドで合わせたが、枠の上に外れた。 ▽このまま1-0で何とか逃げ切ったスペインが初勝利。最終節でスペインはグループステージ敗退が決まっているモロッコと対戦し、惜敗したイランはポルトガルと対戦する。 2018.06.21 05:07 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース