衝撃! 28年以内にメッシの技術を上回るロボットが誕生か2017.11.14 18:06 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2045年までにバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを上回る技術を持つロボットが誕生するかもしれないという。イギリス『デイリー・スター』が報じた。▽メッシと言えば誰もが認める現代フットボール界最高峰の選手。しかし、AIの専門家で未来学者であるイアン・ピアソン氏によれば、メッシの能力を上回るロボットが28年以内につくられる可能性があるという。

「スポーツ面において、どんなロボットもより高く、より速くなることができる。サッカーでもより強くキックできるロボットができる」

「基本的なルールをロボットに覚えさせる。ロボットはベストな方法で学んでいくだろう。キックの方法を教え、そして、2つのポストの間にボールを蹴ることを覚える。ロボットは上手にできるまで覚えることになる」

▽2045年までにメッシよりも能力が高いロボットが誕生するのだろうか。

「私は、彼ら(ロボット)が(メッシ)より良いと思うよ」

「私はあなたと話さない限り、考えていることを伝達してもらうことはできない。しかし、ロボットはそれができる。電子信号を飛ばすことができるからだ。ロボットは正確に同じ記憶、筋肉の記憶や技術を共有していくことができる」

「ロボット1人を訓練すれば、全員を訓練することになるんだ」

▽だが、ピアソン氏によれば、ロボットたちが人間と共にプレーすることはないだろうと見ている。

「ロボットが200mph(約322km/時)で走り、ボールを蹴っているのを見ても楽しくないだろう」

※画像のロボットはイメージです。

コメント

関連ニュース

thumb

バルベルデ政権は来季も続く? バルサ会長が発言

▽バルセロナのエルネスト・バルベルデ(54)政権は来シーズンも続くようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽昨シーズンからバルセロナの指揮を執るバルベルデ監督は、初年度からリーガエスパニョーラとコパ・デル・レイの2冠を達成。とりわけ、リーガエスパニョーラでは無敗優勝まであとわずかまで迫ったことが話題を呼んだ。 ▽2年目の今シーズン、一時はリーガ4試合勝ち無しという不調に陥りながらも、20日に行われた第9節でセビージャに4-2で勝利。首位攻防戦を制し、リーグテーブルのトップに立っている。 ▽不調時には、伝統的な[4-3-3]のフォーメーションを崩し[4-4-2]を採用している点やポゼッションを重視しない試合内容から、クラブの哲学を崩しているとの批判もあり、解任論も噴出。同監督が今シーズン限りの退任を考慮しているとも囁かれていた。 ▽しかし、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が22日にカタルーニャのラジオで「バルベルデは今シーズンと来シーズンの契約を結んでいる」と発言。クラブ側が来夏の時点で一定額で解任できるオプションを設定しているものの、依然として契約は2019-20シーズン終了まで結ばれている。 2018.10.23 10:40 Tue
twitterfacebook
thumb

あなたの忘れられないクラシコは? 超WSが劇的マッチをピックアップ!

▽リーガエスパニョーラ第10節バルセロナvsレアル・マドリー、今シーズン初めての伝統の一戦“エル・クラシコ”が、10月28日(日)の24時15分にカンプ・ノウでキックオフを迎える。 ▽シーズンの成績に関係なく、両チームのファン・メディア・関係者を熱くする“クラシコ”に備え、本稿では過去のクラシコから両クラブにとって思い出深い一戦をそれぞれピックアップ。当時の状況を整理しつつ、脈々と続く因縁の一端を垣間見ていく。 ◆スペインの盟主はバルセロナ! 衝撃のマニータ 試合日:2010年11月29日 2010-11シーズン リーガエスパニョーラ第13節 会場:カンプ・ノウ バルセロナ 5-0 レアル・マドリー 【バルセロナ】 シャビ(前10) ペドロ(前18) ビジャ(後10) ビジャ(後13) ジェフレン(後46)※下記文中には、87分という表記となっております。 ◆バルセロナ出場メンバー[4-3-3] 監督:グアルディオラ GK:バルデス DF:ダニエウ・アウベス、ピケ、プジョル、アビダル MF:シャビ(後42分/セイドゥ・ケイタ)、ブスケッツ、イニエスタ FW:ペドロ(後42分/ジェフレン)、メッシ、ビジャ(後31分/ボージャン) ◆レアル・マドリー出場メンバー[4-2-3-1] 監督:モウリーニョ GK:カシージャス DF:セルヒオ・ラモス、ペペ、カルバリョ、マルセロ(後15分/アルベロア) MF:クリスティアーノ・ロナウド、ケディラ、エジル(後0分/ラッサナ・ディアラ)、シャビ・アロンソ、ディ・マリア FW:ベンゼマ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://www.wowow.co.jp/sports/liga/bestofclasico_vote/&c=wowow_app_20181019_2" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">ベスト・オブ・クラシコは!?<br />記憶に残る“クラシコ”を投票しよう!</span></br></a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第12節を消化した時点で1位レアル・マドリー(勝ち点32)、2位バルセロナ(勝ち点31)の順位で並び、両者の勝ち点差は「1」。前シーズンにリーガ制覇を成し遂げたバルセロナから王座を奪還すべく、ジョゼ・モウリーニョを新指揮官に招へいしたマドリーが勇んで敵地に乗り込んだ。なお、名将モウリーニョにとっては、初の“エル・クラシコ”となる。 ▽雨の中で始まった試合、バルセロナはパスサッカーで序盤からマドリーを圧倒。イニエスタのスルーパスを受けたシャビが屈辱を与えるチップキックでカシージャスの頭上を抜いて易々と先制すると、完全に主導権を握る。18分にペドロが追加点を決めスコアが2点差に広がる中、マドリーは全く反撃の形を見出せずに前半を終えた。 ▽劣勢で迎えた後半、マドリーはエジルとの交代でより守備的なL・ディアラを投入し、まずはバルセロナの攻撃を鎮静化させにいく。しかし、相手の策を全く意に介さないホームチームはその後も悠々とパスを回し続け、55分にメッシのスルーパスに反応したビジャが3点目を奪取。ビジャは、直後の58分にもメッシのロングスルーパスからこの試合2得点目を記録した。 ▽4点差を付けられた後のマドリーはフラストレーションを溜め、イエローカードを4枚提示されるほどの荒々しいプレーに終始。試合終了間際の91分には、ペドロに代わって投入された若手FWジェフレンが、出場からわずか4分でダメ押しの5点目を記録。加えて、92分には激しくコンタクトしたS・ラモスが一発退場と散々な結末に。バルセロナが「マニータ(1試合5得点を奪うこと)」のスコア以上に内容でも完全勝利を飾った。 ▽このクラシコ完勝でさらに勢いを増したバルセロナはチャンピオンズリーグ(CL)、スーペル・コパのタイトルに加え、リーガエスパニョーラ3連覇を達成。タイトルがコパ・デル・レイのみに留まった白い巨人を置き去り、スペインの盟主として名を轟かせた。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=6A92YCES%26ai=a5bc8416a02665&c=wowow_app_20181019_1" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">気になるマドリー編は!?<br />続きはこちらでチェック!</span></a><hr></div> 2018.10.23 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナの哲学を壊しているのはGM?スカウティングの条件に“高身長”が含まれている模様

かつて栄華を誇ったポゼッションに重きを置くプレーコンセプトを捨て始めているのではないかと指摘されるバルセロナだが、そこにはペップ・セグラGM(ゼネラルマネージャー)による方針も関わっているのかもしれない。スペイン『アス』が報じている。<br><br>2017年6月にバルセロナのGM職に就いたセグラ氏は、バルセロナの哲学を捨て去ることを望んでいる、フィジカル重視のフットボールを好んでいるとの噂をこれまで何度も否定してきた。だが『アス』によれば、セグラ氏は下部組織に加える選手たちを探すスカウトに対し、条件の一つとして高身長の選手であることを挙げているという。実際的に、バルセロナが獲得を狙っているとされるパリ・サンジェルマンMFアドリアン・ラビオ、アヤックスMFフレンキー・デ・ヨング、同DFマタイス・デ・リフトは、全員が180センチを超えている。<br><br>『アス』曰く、セグラGMの方針や振る舞いに対しては、バルセロナ内部でも不満の声が挙がっている模様。今夏にMFチャビ・エルナンデスなどの才能を磨き上げたバルセロナの名コーチ、ジョアン・ビラ氏との契約を打ち切ったセグラGMだが、ビラ氏が提唱した「プレシオン(プレッシング)」「ポセシオン(ポゼッション)」「ポシシオン(ポジション)」の三つのPからなるプレーコンセプトを、実際にはないがしろにしているにもかかわらず、さも自分が発案したコンセプトであるかのようにその重要性について説いているという。<br><br>『アス』によると、セグラ氏に不満を持つバルセロナの関係者たちは「彼には四つ目のPがある。『ペロタッソ(ロングボール)』だ」との皮肉すら漏らしているとのこと。その人物たちが言うには、セグラ氏はラファ・ベニテス監督やジョゼ・モウリーニョ監督などバルセロナの哲学とは正反対のプレーコンセプトを信条とする指揮官たちを好んでいるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.23 02:47 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラノ・ダービーで負傷のナインゴラン、左足首の捻挫でCLバルサ戦の欠場が決定…

▽インテルは22日、ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが左足首を負傷したことを発表した。 ▽ナインゴランは、21日に行われたセリエA第9節のミラン戦(1-0でインテルが勝利)に先発。だが、30分にミランのアルゼンチン代表MFルーカス・ビリアとの交錯でプレーに復帰できず、そのままピッチを退いていた。 ▽インテルによれば、ナインゴランは22日の朝に検査を受診。この結果、左足首の捻挫と診断された。なお、詳細な離脱期間は明かされていないが、インテルは数週間後にナインゴランの再検査を行うと明かしている。 ▽ナインゴランは、今回のケガによって24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦を欠場することが決定した。 2018.10.23 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ会長「冬の補強は考えない。下部組織の選手を引き上げる余白残したい」

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、冬の移籍市場で選手補強に動く考えないことを明らかにした。<br><br>スペイン『カタルーニャ・ラディオ』とのインタビューに応じたバルトメウ会長は、外部からの選手補強をできるだけ控えることを明言。その理由は、トップチームで存在感が薄れつつある下部組織出身選手の居場所を確保するためという。<br><br>「現時点では、1月の補強は何も予定していない。コーチ陣が反対のことを言わなければ、獲得はないね。今季のプロジェクトは、過去よりも少数のチームを形づくることにあった。下部組織の選手たちを引き上げる余白を残すためだ」<br><br>バルトメウ会長はまた、バルセロナ復帰を望んでいるとの噂があったパリ・サンジェルマンFWネイマールについても言及している。<br><br>「彼からの電話はなかった。彼は違うチームで未来を描くことを決め、契約解除金を支払い、パリへと去った。私たちにとって好ましい形ではなかった。彼が戻ってくる可能性があるとすれば、その決定は会長だけで下すのではなく、スポーツ部門全体に関わることとなる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.22 21:45 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース