“史上最高のGK”ブッフォン、代表引退2017.11.14 09:28 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスに所属するGKジャンルイジ・ブッフォン(39)がイタリア代表からの引退を表明した。イギリス『インデペンデント』など複数メディアが伝えている。

▽イタリア代表は13日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグのスウェーデン代表戦を0-0で終えた。この結果、2戦合計で0-1と敗れたイタリアは、60年ぶりとなるW杯予選敗退の憂き目に遭った。

▽ロシアW杯後の引退を示唆していたブッフォンは、今回のスウェーデン戦が代表でのラストマッチとなることを明かしている。

「僕たちはゆっくりと立ち上がるよ。僕たちには誇りがあり、強く、頑強だ。僕は代表チームから去ることになるが、イタリア代表は立ち上がる方法を知っている」

▽1997年10月にイタリア代表デビューを飾ったブッフォンは、同国史上最高となる175キャップを記録。2006年のドイツ・ワールドカップを制した。2016年には、フランス『フランス・フットボール』の「サッカー史上最高のGKは?」とのアンケートで数々のレジェンドを抑えて1位に選出されていた。

コメント

関連ニュース

thumb

インモービレ、アズーリの得点力不足の責任負う 「代表でも自分の力を証明する必要がある」

▽イタリア代表は17日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ3のポルトガル代表戦を戦い、0-0のドローで終わった。同試合で幾つかの決定機を逸したラツィオFWチーロ・インモービレは得点力不足の責任を感じているようだ。同選手がイタリア『スカイ・スポルト』で語った。 ▽勝利以外、準決勝進出の望みがないイタリアは試合を通してポルトガルを押し込む展開を見せるが、インモービレを始めアタッカー陣が相手守護神ルイ・パトリシオの牙城を破れず、ゴールレスドローで試合を終えることになった。 ▽同試合でエースストライカーとしての役目を果たせなかったインモービレは試合後、苦しい胸中を明かした。 「試合を通しては良いパフォーマンスだったと思う。だけど、得点力不足が自分に重く圧し掛かってきている。ただ、前を向いて次に臨みたい」 「僕たちは称賛と共に批判を受け入れる必要がある。正直なところ、一番心配しているのはチャンス自体を作れないことだ。だけど、僕たちはチャンスに関しては作れていたし、このままのプレーを続けられれば、次にはもっと良くなっていくと思っている」 「ここ数試合は高いクオリティと共にゴールチャンスも作れている。ただ、それをゴールに結びつけられていないことが大きな課題なんだ」 ▽また、セリエAで2度の得点王に輝くなどクラブレベルでゴールを量産する一方、代表では34試合で7ゴールと精彩を欠くインモービレ。とりわけ、2017年9月のイスラエル代表戦以降、9試合連続でノーゴールが続いている。クラブと異なり、代表で苦戦を強いられている理由に関して問われると、今後の試合で代表でも活躍できることを証明したいと語った。 「僕は自分がもっとできることを知っている。それはラツィオでも証明しているし、イタリア代表でも証明する必要があると思っている。今、僕はとても気合いが入っているし、次の試合では必ずうまくやれるはずだ」 ▽なお、インモービレを筆頭に得点力不足に悩むイタリア代表はロベルト・マンチーニ監督の初陣となった6月のサウジアラビア戦を2-1で勝利して以降、公式戦7試合連続で複数得点を奪うことができていない。 ▽そのため、20日に予定されるアメリカ代表との国際親善試合では攻撃陣の奮起に期待したいところだ。 2018.11.18 21:18 Sun
twitterfacebook
thumb

ボヌッチ、母国サポからのブーイングに「根っからの大馬鹿」

▽ユベントスに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、自身へのブーイングを非難している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽ボヌッチは、昨年の夏に7年間過ごしていたユベントスを離れ、ミランに電撃移籍。ミランではキャプテンも務めており、そのまま新天地でのキャリアを続行するかに思われた。 ▽しかし今夏、わずか1年でユベントスに復帰。この動きに関して、両サポーターから「傭兵」などと野次られることもあるが、クラブでは元通りレギュラーを確保。セリエA第12節ミラン戦こそベンチで90分を過ごしたものの、ユベントスで良い時間を過ごしている。 ▽それでも17日、ジュゼッペ・メアッツァでのUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ3ポルトガル代表戦に先発出場したボヌッチに対して、イタリアサポーターがブーイング。ミランの本拠地で行われたその試合は、ボヌッチにとって心地良い時間とはならなかった。 ▽試合後、ブーイングについて問われたボヌッチは以下のように応じている。 「根っからの大馬鹿者はいつだっている」 「僕は今でもチームメイトの信頼を得ている。それが重要なことだ」 2018.11.18 16:55 Sun
twitterfacebook
thumb

キエッリーニが史上7人目のアズーリ100試合達成!

▽イタリア代表は17日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ3のポルトガル代表戦を戦い、0-0のドローで終わった。同試合ではユベントスDFジョルジョ・キエッリーニ(34)が代表通算100試合出場を達成した。 ▽2004年11月のフィンランド代表戦でフル代表デビューを飾ったキエッリーニは、以降の14年間に渡ってアズーリの最終ラインの一員として活躍。優勝を果たした2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)でのメンバー入りは逃したものの、2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会と2度のW杯出場と、2008年から3大会連続でユーロ本大会も経験していた。 ▽2017年11月のロシアW杯欧州予選プレーオフでスウェーデン代表に敗れた直後、代表引退を示唆したものの今年9月に約10カ月ぶりの代表復帰を果たすと、GKジャンルイジ・ブッフォンに代わる新キャプテンに指名され、今回の快挙達成となった。 ▽なお、イタリア代表ではこれまで通算6人が代表通算100試合出場を達成。最多出場記録の176試合出場のブッフォンを始め、DFファビオ・カンナヴァーロ(136試合)、DFパオロ・マルディーニ(126試合)、MFダニエレ・デ・ロッシ(117試合)、MFアンドレア・ピルロ(116試合)、GKディノ・ゾフ(112試合)と錚々たるレジェンドが並ぶ。そして、今回7人目としてキエッリーニが加わることになった。 2018.11.18 15:01 Sun
twitterfacebook
thumb

マンチーニが決定力不足に嘆き「フットボールで最も重要なことはゴール」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督は、スコアレスドローに終わったポルトガル代表戦後に得点力不足を嘆いた。<br><br>2018年5月からイタリア代表の指揮を執るマンチーニ監督。しかし、ここまで7試合を戦ってわずかに2勝とロシア・ワールドカップ出場権を逃したアッズーリの復権を託された同指揮官が十分な成績を残せているとは言い難い。<br><br>17日に行われたUEFAネーションズリーグのポルトガル代表戦でもホームでチャンスを作りながらもゴールが遠く、スコアレスドローに終わっている。初陣となったサウジアラビア代表戦以降、2得点以上を記録した試合がなく、改めて得点力不足が鮮明になった一戦についてマンチーニ監督はコメントを残した。<br><br>「フットボールで一番に重要なのは得点を挙げることだ。我々はチャンスをものにするということを改善しなければならない。前半にはポルトガルを支配したが、後半は疲労の影響もあり、低調な試合になってしまった。敵陣で90分間を通して戦うことがまだできない」<br><br>「しかし、ポーランドとの試合に比べて我々は前に一歩を踏み出せた。なぜならポーランドよりも優れているポルトガル相手に試合を支配できた。結果を求めてプレーできたし、若い選手たちに貴重な経験を積ませることもできた」<br><br>また、この試合で代表100キャップ目を記録したジョルジョ・キエッリーニは、前線の問題は時間とともに解決するだろうと話した。「ヨーロッパ王者に対して試合を支配した。それに、得点が奪えないという問題はそのうち解決するだろう」<br><br>提供:goal.com 2018.11.18 12:10 Sun
twitterfacebook
thumb

イタリアの攻勢を凌いだポルトガルが準決勝進出一番乗り《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ3のイタリア代表vsポルトガル代表が17日に行われ、0-0で引き分けた。 ▽先月行われたUNL3戦目のポーランド代表戦を勝利した2位イタリア(勝ち点4)は、勝利すれば準決勝進出の望みを残せる中、キエッリーニやボヌッチ、インシーニェにジョルジーニョらがスタメンとなった。 ▽一方、先月のUNL2戦目のポーランド戦を勝利した首位ポルトガル(勝ち点6)は、引き分けでも首位が確定し準決勝進出が決まる中、引き続きC・ロナウドは招集外となり、ベルナルド・シウバやアンドレ・シウバ、カンセロらがスタメンとなった。 ▽共に[4-3-3]を採用した一戦。イタリアはGKにドンナルンマ、4バックに右からフロレンツィ、ボヌッチ、キエッリーニ、ビラギ、中盤アンカーにジョルジーニョ、インサイドにヴェッラッティとバレッラ、3トップに右からキエーザ、インモービレ、インシーニェと並べた。 ▽一方のポルトガルはGKにR・パトリシオ、4バックに右からカンセロ、フォンテ、ルベン・ジアス、マリオ・ルイ、中盤アンカーにネヴェス、インサイドにW・カルバーリョとピッツィ、3トップに右からベルナルド・シウバ、アンドレ・シウバ、ブルマと並べた。 ▽勝利以外、準決勝進出の望みがないイタリアが立ち上がりから仕掛けていった。すると5分、インシーニェの強烈なミドルシュートが枠の左を捉える。しかし、GKルイ・パトリシオのファインセーブに阻まれた。 ▽7分にもフロレンツィがミドルシュートでゴールに迫ったイタリアが攻勢に出る中、ポルトガルはブルマの単騎突破で牽制。しかし、キエッリーニがソリッドな守備で対応すると、その後もイタリアがジョルジーニョとヴェッラッティを軸とするポゼッションでポルトガルを押し込んでいく。 ▽引き続き圧力をかけるイタリアは、35分に決定機。ヴェッラッティのスルーパスに抜け出したインモービレがボックス右に侵入。ダイレクトでシュートを放ったが、再びGKルイ・パトリシオのファインセーブに阻まれた。 ▽続く36分にも右サイドからのFKにボヌッチが頭で合わせたシュートがわずかに枠の左に外れたイタリアが前半を圧倒しながらもゴールレスで終えた。 ▽後半もイタリアが攻勢をかける展開で推移する中、水際で耐えるポルトガルは68分にピッツィに代えてジョアン・マリオを投入する。 ▽押し込むもののシュートに持ち込めずにいたイタリアは、74分にインモービレに代えてラザーニャを投入。 ▽そんな中、後半最初の決定機は76分、ポルトガルに訪れる。ペナルティアーク左のW・カルバーリョがルーズボールを左足ボレーで一閃。強烈なシュートが枠の左隅を捉えたが、GKドンナルンマのビッグセーブに阻まれた。 ▽終盤はオープンな展開となった中、ポルトガルがイタリアの攻勢を凌ぎきってゴールレスドロー。ポーランドとの最終戦を残して準決勝進出を決めた。 2018.11.18 06:40 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース