イタリアが15大会ぶり予選敗退、スウェーデンは3大会ぶり12度目のW杯出場《W杯欧州予選プレーオフ》2017.11.14 06:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、イタリア代表vsスウェーデン代表が13日にサン・シーロで行われ、0-0で終了した。この結果、2戦合計スコアを1-0としたスウェーデンが3大会ぶり12度目のW杯出場を決めている。

▽3日前に敵地で行われた1stレグを0-1で落としたイタリアは、引き分けでは60年ぶりの予選敗退となる中、1stレグのスタメンから3選手を変更。デ・ロッシ、ベロッティ、出場停止のヴェッラッティに代えてジョルジーニョ、ガッビアディーニ、フロレンツィを起用し、[3-5-2]を継続した。

▽一方、途中出場ヨハンソンの一撃で先勝したスウェーデンは、引き分けでも3大会ぶり12度目のW杯出場となる。そのスウェーデンは1stレグのスタメンからクラウスと負傷したエクダルに代えてヨハンソンとルスティグを起用した。

▽満員のスタジアムでキックオフされた大一番。観衆の後押しを受けてテンション高く入ったイタリアが仕掛けていくも、13分にひやりとする。ボックス内のダルミアンの手にボールが当たったが、主審はノーファウルの判定を下した。

▽自陣に引くスウェーデンは17分にアクシデント。1stレグの殊勲者であるヨハンソンが左ヒザを負傷してプレー続行不可能となり、スベンソンが投入された。

▽引き続き押し込むイタリアは、ガッビアディーニがバイタルエリアに下りて起点となると、27分に最初の決定機。ボックス左深くからインモービレが折り返したマイナスのクロスにボックス右のカンドレーバがシュート。しかし、わずかに枠の上に外れた。

▽前半半ば以降もイタリアがボールを持つ流れとなると、40分に決定機。インモービレがジョルジーニョのスルーパスを受けてシュート。しかし、GKオルセンに当たってルーズとなったボールは、ゴールライン前に戻ったグランクビストにクリアされる。さらに45分、ボックス左で抜け出したフロレンツィがシュートに持ち込んだが、ここもGKオルセンにセーブされ、ゴールレスで前半を終えた。

▽迎えた後半もイタリアが圧力をかけると、53分に決定機。ダルミアンの左クロスにフロレンツィがジャンピングボレー。決定的だったが、わずかに枠の右に外れた。

▽その後も攻勢に出るもののゴールを奪えないイタリアは、63分に2枚代えを敢行。ガッビアディーニとダルミアンに代えてベロッティとエル・シャーラウィを投入した。すると64分にはカンドレーバの右クロスにインモービレがボレーで合わせるチャンスを迎えたが、枠を捉えきれない。

▽ストライカータイプの2人を活かすべくサイドからクロスボールを入れるイタリアだったが、スウェーデンを上回ることができない。そこでカンドレーバに代えて最後のカードとなるベルナルデスキを左インサイドに投入。

▽終盤にかけてもイタリアが押し込む流れが続いたが、87分のエル・シャーラウィのボレーシュートはGKオルソンの正面を突いて0-0のままタイムアップ。イタリアが15大会ぶりの予選敗退に終わった。一方、シャットアウトしたスウェーデンは3大会ぶり12度目のW杯出場を決めている。

コメント

関連ニュース

thumb

FIFAがFAに罰金…デレ・アリやスターリングの規則違反が原因に

▽イングランドサッカー協会(FA)が、国際サッカー連盟(FIFA)から罰金を科せられたという。一体なぜなのだろうか。 ▽イギリス『BBC』が伝えるところによると、ロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝のスウェーデン代表vsイングランド代表において、イングランド代表のMFデレ・アリ、MFエリック・ダイアー、FWラヒーム・スターリングの3選手が、イングランドにユニフォームを提供しているナイキのソックスの上に、FIFAの認可を受けていない別のソックスを履いていたようだ。 ▽これに関してFIFAは「メディア・マーケティング規制と、用具規則に違反した」として、FAに対し5万ポンド(約740万円)の罰金を科すことを決定。また、イングランドの何人かの選手が「スウェーデンとイングランドの準々決勝の前と最中にソックスを着用し不正なコマーシャルブランディングを表示し続けた」と述べている。 ▽なお、『BBC』によるとスウェーデンサッカー協会(SvFF)もラウンド16で同様の罰則を受けていたようだ。 ▽また、FIFAはアルゼンチンサッカー協会(AFA)に対し、サポーターによる物の投げ込みや同性愛者を誹謗中傷するチャントを歌ったとして8万ポンド(約1100万円)の罰金を科しており、今回の件はロシアW杯で2番目に高い罰金額となったようだ。 2018.07.13 14:25 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートンがスウェーデン代表MFフォルスベリに興味? 若手FWの去就も影響か

▽スウェーデン代表としてロシア・ワールドカップに出場していたRBライプツィヒのMFエミル・フォルスベリ(26)に、エバートンが注目しているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽背番号10を背負いプレーしたフォルスベリは、5試合に出場。ラウンド16のスイス代表戦ではゴールを決め、チームのベスト8入りに貢献していた。 ▽フォルスベリの評価は今回のワールドカップで上がったとみられており、リバプールやアーセナルも興味を持っている。しかし、フォルスベリはライプツィヒと新契約を結んでおり、移籍金は2500万ポンド(約36億7200万円)に設定されている。 ▽ライプツィヒは、エバートンのFWアデモラ・ルックマン(20)に興味があり、1500万ポンド(約22億300万円)のオファーを準備しているとのこと。昨シーズンはライプツィヒへとレンタル移籍し、ブンデスリーガで11試合に出場し5ゴールを記録していた。なお、エバートンは1200万ポンド(約17億6200万円)のオファーを既に拒否している。 ▽新シーズンからエバートンを率いるマルコ・シウバ監督は、ルックマンがトップチームでポジションを獲得できると確信しているようで、フォルスベリ獲得には利用するつもりがないようだ。 2018.07.09 11:40 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ、ベッカムに敗北で『フィッシュ&チップスを楽しむ義務』が発生

▽ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデンFWズラタン・イブラヒモビッチが、近々イングランドの郷土料理を頬張ることになりそうだ。 ▽7日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝スウェーデン代表vsイングランド代表の開始前、SNS上ではイングランドのレジェンドであるデイヴッド・ベッカム氏とスウェーデンの象徴的な選手であるイブラヒモビッチの間で、以下のようなやり取りが交わされていた。 ◆ズラタン・イブラヒモビッチ 「デイビッド・ベッカム、もしイングランドが勝ったら世界中の望む場所どこかでディナーをご馳走しよう。だが、スウェーデンが勝ったら俺がIKEAで望むものをなんでも買ってもらえないか? 」 ◆デイビッド・ベッカム氏 「ズラタン・イブラヒモビッチ、スウェーデンが勝ったらIKEAでLAの豪邸に君が必要とするものをなんでも買おう。だけど、もしイングランドが勝ったら君にはイングランド代表の試合をイングランドのシャツを着てウェンブリーで観戦してもらいたい。ハーフタイムにはフィッシュ&チップスを楽しみながらね」 ▽スウェーデン発祥の家具量販店『IKEA』を持ち出し、自ら賭けを持ちかけたイブラヒモビッチだったが、結果的にはその試合はイングランドの2-0での勝利で終了。口にすることになるイングランドの郷土料理『フィッシュ&チップス』は、やや塩味が効いたものとなるかもしれない。 2018.07.08 15:55 Sun
twitterfacebook
thumb

スウェーデン撃破の立役者マグワイア、2年前の借りを返す?

▽スウェーデン代表と対戦したイングランド代表DFハリー・マグワイアの2年前のツイートが話題となっている。 ▽イングランド代表は7日、ロシア・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でスウェーデンと対戦した。試合は前半にマグワイアのゴールで先制したイングランドが、後半にもデレ・アリのゴールで追加点を奪い2-0で勝利した。スリーライオンズの1990年のイタリア大会ぶりのベスト4進出に世界が沸いたが、別のところで注目を集めているのがマグワイアだ。 ▽攻守で活躍したマグワイアだが、同選手が2016年6月に発したツイートがここにきて話題に。 「クソ!平らに梱包されたデスクランプを組み立てるのに4時間もかかっちまった!この借りはスウェーデン代表にお返ししてやる。来世までかかってもな」 ▽明言はしていないが、おそらくデスクランプはスウェーデン発祥の家具量販店『IKEA』で買ったものだろう。さほど大きいとは思えないデスクランプの組み立てに4時間もかかってしまうとはIKEAが悪いというよりも本人の手先の不器用さに難があったのではないかと思うが、なにはともあれ“借り?”を返すことができて良かったと言っておくべきなのだろうか。 2018.07.08 14:31 Sun
twitterfacebook
thumb

好守連発ピックフォード「何も僕を慌てさせない」

▽エバートンに所属するイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードが、スウェーデン代表戦後にコメントした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽イングランドは7日、ロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝スウェーデン戦に臨み、2-0で勝利。30分にセットプレーからDFマグワイアがヘディングシュートで先制点を叩き込むと、59分にもMFデレ・アリが頭で沈めて7大会ぶりの準決勝進出を決めた。 ▽試合の中では、良い時間帯に得点を奪い切った攻撃陣もさることながら、GKピックフォードもスウェーデンのシュートを幾度もファインセーブ。目を見張る活躍を披露し、FIFA公式のMOMにも選出されている。 ▽試合後のインタビューに応じたピックフォードは、以下のように活躍の秘訣を語った。 「僕はどんなプレッシャーにも何にも影響を受けない。その瞬間を受け入れて、その瞬間をプレーする。僕は強いと感じるし、何も僕を慌てさせない。ただ自分自身であることを望むんだ」 「ピッチにはいつだって同じラインが敷かれるし、ゴールの高さも同じだ。それがフットボールというゲームなんだ」 ▽イングランドは、11日に準決勝でクロアチア代表と対戦する。 2018.07.08 14:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース