イタリアが15大会ぶり予選敗退、スウェーデンは3大会ぶり12度目のW杯出場《W杯欧州予選プレーオフ》2017.11.14 06:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、イタリア代表vsスウェーデン代表が13日にサン・シーロで行われ、0-0で終了した。この結果、2戦合計スコアを1-0としたスウェーデンが3大会ぶり12度目のW杯出場を決めている。

▽3日前に敵地で行われた1stレグを0-1で落としたイタリアは、引き分けでは60年ぶりの予選敗退となる中、1stレグのスタメンから3選手を変更。デ・ロッシ、ベロッティ、出場停止のヴェッラッティに代えてジョルジーニョ、ガッビアディーニ、フロレンツィを起用し、[3-5-2]を継続した。

▽一方、途中出場ヨハンソンの一撃で先勝したスウェーデンは、引き分けでも3大会ぶり12度目のW杯出場となる。そのスウェーデンは1stレグのスタメンからクラウスと負傷したエクダルに代えてヨハンソンとルスティグを起用した。

▽満員のスタジアムでキックオフされた大一番。観衆の後押しを受けてテンション高く入ったイタリアが仕掛けていくも、13分にひやりとする。ボックス内のダルミアンの手にボールが当たったが、主審はノーファウルの判定を下した。

▽自陣に引くスウェーデンは17分にアクシデント。1stレグの殊勲者であるヨハンソンが左ヒザを負傷してプレー続行不可能となり、スベンソンが投入された。

▽引き続き押し込むイタリアは、ガッビアディーニがバイタルエリアに下りて起点となると、27分に最初の決定機。ボックス左深くからインモービレが折り返したマイナスのクロスにボックス右のカンドレーバがシュート。しかし、わずかに枠の上に外れた。

▽前半半ば以降もイタリアがボールを持つ流れとなると、40分に決定機。インモービレがジョルジーニョのスルーパスを受けてシュート。しかし、GKオルセンに当たってルーズとなったボールは、ゴールライン前に戻ったグランクビストにクリアされる。さらに45分、ボックス左で抜け出したフロレンツィがシュートに持ち込んだが、ここもGKオルセンにセーブされ、ゴールレスで前半を終えた。

▽迎えた後半もイタリアが圧力をかけると、53分に決定機。ダルミアンの左クロスにフロレンツィがジャンピングボレー。決定的だったが、わずかに枠の右に外れた。

▽その後も攻勢に出るもののゴールを奪えないイタリアは、63分に2枚代えを敢行。ガッビアディーニとダルミアンに代えてベロッティとエル・シャーラウィを投入した。すると64分にはカンドレーバの右クロスにインモービレがボレーで合わせるチャンスを迎えたが、枠を捉えきれない。

▽ストライカータイプの2人を活かすべくサイドからクロスボールを入れるイタリアだったが、スウェーデンを上回ることができない。そこでカンドレーバに代えて最後のカードとなるベルナルデスキを左インサイドに投入。

▽終盤にかけてもイタリアが押し込む流れが続いたが、87分のエル・シャーラウィのボレーシュートはGKオルソンの正面を突いて0-0のままタイムアップ。イタリアが15大会ぶりの予選敗退に終わった。一方、シャットアウトしたスウェーデンは3大会ぶり12度目のW杯出場を決めている。

コメント

関連ニュース

thumb

「俺がいないW杯はW杯ではない」イブラ、ロシア行きを豪語

▽ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を豪語している。『ESPN』が伝えた。 ▽今冬にLAギャラクシーに加入し、新天地でもストライカーとして活躍し続けるイブラヒモビッチ。2016年6月に代表から退いているが、ここに来て、「俺がW杯でプレーする可能性が急上昇している」と自身のツイッター(@Ibra_official)で明かすなど、3大会ぶり12度目のW杯出場となるスウェーデン代表復帰を示唆していた。 ▽そんなイブラヒモビッチはアメリカの放送局『ABC』の番組に出演すると、「俺のいないW杯はW杯ではない」と強く語り、ロシア行きを豪語した。 「俺はワールドカップに行くだろう。今は多くを語ることはできないが、俺のいないワールドカップはワールドカップではない」 2018.04.19 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ、ロシアW杯降臨を予告か

▽ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが代表電撃復帰をほのめかした。 ▽今冬に渡った新天地アメリカでも出色のストライカーとして活躍を続けるイブラヒモビッチ。2016年6月に代表から一線を引いた36歳のストライカーだが、スウェーデン代表が3大会ぶり12度目のワールドカップ行きを決めた現在、代表通算116試合62ゴールの男に対する復帰待望論が後を絶えない。 ▽そして、渦中のイブラヒモビッチは15日、自身のツイッター(@Ibra_official)を更新。注目が集まる代表復帰の可能性について、次のように含みをもたせている。 「俺がワールドカップでプレーする可能性が急上昇している。#FifaWorldCup2018」 2018.04.16 12:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ついにスウェーデン代表に神降臨か…イブラ「行きたいと思ったら行く」

▽“神の思し召し”により、スウェーデン代表に幸運が訪れるかもしれない。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽LAギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を決めている母国代表への復帰を示唆している。 「FIFA(国際サッカー連盟)には俺がワールドカップに行くのを止めることができない」 「俺が行きたいと思ったら、行くんだよ」 ▽“神”を自称するイブラヒモビッチが復帰するとなれば、スウェーデンや世界中の“ズラタニスタ”とっては朗報だ。しかし、同選手は賭博企業である『BetHard』とパートナーシップを結んでおり、これがFIFAの倫理規定第25条に抵触する可能性があるという。 ▽それでも、イブラヒモビッチはそのことを問題視していない。 「もしズラタンがワールドカップでのプレーを望むなら、俺たちの主要オーナーだろうと契約を終了するはずだ」 「プレーを望んだら、プレーする。FIFAの決定じゃない。これは俺がプレーしたいかどうかだけの問題だ」 ▽イブラヒモビッチは2001年のスウェーデン代表デビュー以降、通算116試合のキャップ数を誇り、得点数においても代表歴代最多の62ゴールを記録。2016年6月に代表引退を表明するまで、偉大なフィニッシャーとして、自国の絶対的エースに君臨した。 ▽復帰となれば12年ぶりにW杯のピッチに“降臨”することに。その動向に注目が集まっている。 2018.04.10 14:45 Tue
twitterfacebook
thumb

代表で大活躍も…イスコ「ジダンからの信頼の勝ち取り方が分からない」

▽スペイン代表で真価を発揮したレアル・マドリーのMFイスコが、クラブでの現状を嘆いた。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽スペインは、27日に国際親善試合のアルゼンチン代表戦に臨み、6-1と圧勝。この日先発したイスコはハットトリックを記録し、バルセロナのFWリオネル・メッシ不在の優勝候補・アルゼンチン代表を粉砕する立役者となった。 ▽世界最高峰の選手であることを証明したイスコだったが、マドリーでは出場機会の減少に悩んでいる。アルゼンチン戦後の会見では、スペインのフレン・ロペテギ監督を引き合いに出しつつ、マドリーのジネディーヌ・ジダン監督からの信頼を得られていない現状について明かした。 「僕はマドリーで、プレーヤーにとって必要な自信を与えられていない」 「代表チームでの試合では、生き生きとさせてもらえるんだ。ここでは(フレン・ロペテギ)監督からの信頼を感じるね」 「自分が良いプレーヤーであることを見せつけたいんだ」 「ロペテギは僕に時間をくれて信頼を示してくれる。もしかしたら、僕はマドリーで問題があるのかもしれない」 「ジダンからの信頼の勝ち取り方が分からないよ」 ▽昨年末、リーガエスパニョーラ第17節でバルセロナとの“クラシコ”に出場することが叶わなかったイスコ。年明けからのリーグ戦13試合で総出場時間は539分と半数に満たない約6試合相当だ。代表での好調をクラブに持ち込み、ジダン監督の寵愛を取り戻すことはできるのだろうか 2018.03.28 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

スウェーデンがW杯不出場のチリに終盤被弾で敗戦《国際親善試合》

▽スウェーデン代表は24日、国際親善試合でチリ代表をホームに迎え、1-2で敗れた。 ▽イタリア代表とのプレーオフを制してロシア・ワールドカップ(W杯)出場を決めたスウェーデンは、フォルスベリやリンデロフ、ベリらを先発で起用。一方、W杯出場を逃したチリはサンチェスやビダル、アランギスらを先発で起用した。 ▽フラットな[4-4-2]の布陣を自陣に敷いて待ち構えるスウェーデンに対し、仕掛けていったチリが23分に先制する。左CKの流れからルーズボールをボックス中央のビダルがジャンピングボレー。これがゴール左上に決まった。 ▽しかし直後、スウェーデンがすかさず追いつく。フォルスベリを起点にボールを動かし、クラーソンの落としに反応したボックス中央のトイヴォネンがダイレクトシュート。これがゴール右に決まった。 ▽ハーフタイムにかけてはチリが引き続き押し込む展開としたものの、チャンスを生み出すには至らず1-1で前半を終えた。 ▽後半もサンチェスのミドルシュートなどでゴールに迫ったチリが流れを引き寄せる展開とする。61分には2枚代えを敢行し、攻撃に変化を付けると、終盤にかけてもチリが攻勢を続ける状況が続いた。 ▽そして終了間際の90分、チリが押し切る。カスティージョの浮き球パスに抜け出したボックス左のサンチェスのシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールを途中出場のバルデスが蹴り込んだ。これが決勝点となってチリが勝利している。勝利したチリは27日にデンマーク代表と、敗れたスウェーデンはルーマニア代表と対戦する。 スウェーデン 1-2 チリ 【スウェーデン】 トイヴォネン(前24) 【チリ】 ビダル(前22) ディエゴ・バルデス(後45) 2018.03.25 04:01 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース