イタリアが15大会ぶり予選敗退、スウェーデンは3大会ぶり12度目のW杯出場《W杯欧州予選プレーオフ》2017.11.14 06:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、イタリア代表vsスウェーデン代表が13日にサン・シーロで行われ、0-0で終了した。この結果、2戦合計スコアを1-0としたスウェーデンが3大会ぶり12度目のW杯出場を決めている。

▽3日前に敵地で行われた1stレグを0-1で落としたイタリアは、引き分けでは60年ぶりの予選敗退となる中、1stレグのスタメンから3選手を変更。デ・ロッシ、ベロッティ、出場停止のヴェッラッティに代えてジョルジーニョ、ガッビアディーニ、フロレンツィを起用し、[3-5-2]を継続した。

▽一方、途中出場ヨハンソンの一撃で先勝したスウェーデンは、引き分けでも3大会ぶり12度目のW杯出場となる。そのスウェーデンは1stレグのスタメンからクラウスと負傷したエクダルに代えてヨハンソンとルスティグを起用した。

▽満員のスタジアムでキックオフされた大一番。観衆の後押しを受けてテンション高く入ったイタリアが仕掛けていくも、13分にひやりとする。ボックス内のダルミアンの手にボールが当たったが、主審はノーファウルの判定を下した。

▽自陣に引くスウェーデンは17分にアクシデント。1stレグの殊勲者であるヨハンソンが左ヒザを負傷してプレー続行不可能となり、スベンソンが投入された。

▽引き続き押し込むイタリアは、ガッビアディーニがバイタルエリアに下りて起点となると、27分に最初の決定機。ボックス左深くからインモービレが折り返したマイナスのクロスにボックス右のカンドレーバがシュート。しかし、わずかに枠の上に外れた。

▽前半半ば以降もイタリアがボールを持つ流れとなると、40分に決定機。インモービレがジョルジーニョのスルーパスを受けてシュート。しかし、GKオルセンに当たってルーズとなったボールは、ゴールライン前に戻ったグランクビストにクリアされる。さらに45分、ボックス左で抜け出したフロレンツィがシュートに持ち込んだが、ここもGKオルセンにセーブされ、ゴールレスで前半を終えた。

▽迎えた後半もイタリアが圧力をかけると、53分に決定機。ダルミアンの左クロスにフロレンツィがジャンピングボレー。決定的だったが、わずかに枠の右に外れた。

▽その後も攻勢に出るもののゴールを奪えないイタリアは、63分に2枚代えを敢行。ガッビアディーニとダルミアンに代えてベロッティとエル・シャーラウィを投入した。すると64分にはカンドレーバの右クロスにインモービレがボレーで合わせるチャンスを迎えたが、枠を捉えきれない。

▽ストライカータイプの2人を活かすべくサイドからクロスボールを入れるイタリアだったが、スウェーデンを上回ることができない。そこでカンドレーバに代えて最後のカードとなるベルナルデスキを左インサイドに投入。

▽終盤にかけてもイタリアが押し込む流れが続いたが、87分のエル・シャーラウィのボレーシュートはGKオルソンの正面を突いて0-0のままタイムアップ。イタリアが15大会ぶりの予選敗退に終わった。一方、シャットアウトしたスウェーデンは3大会ぶり12度目のW杯出場を決めている。

コメント

関連ニュース

thumb

ロシア戦に向けたスウェーデン代表メンバー発表、フォルスベリやオルセンが選出《UEFAネーションズリーグ》

▽スウェーデンサッカー協会(SvFF)は3日、11日に行われるUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ2のロシア代表戦と、16日に行われるスロバキア代表との国際親善試合に向けたメンバー25名を発表した。 ▽先月行われたUNL初戦ではトルコ代表に2-3と競り負けて黒星スタートとなったスウェーデンは、MFエミル・フォルスベリ(ライプツィヒ)やGKロビン・オルセン(ローマ)、DFビクトル・リンデロフ(マンチェスター・ユナイテッド)といった主力を順当に選出した。 ▽今回発表された25名のメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆スウェーデン代表メンバー25名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ロビン・オルセン</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">カール=ヨハン・ヨハンソン</span>(ギャンガン/フランス) <span style="font-weight:700;">クリストファー・ノードフェルト</span>(スウォンジー/イングランド) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">アンドレアス・グランクビスト</span>(ヘルシンボリ) <span style="font-weight:700;">エミル・クラウス</span>(アミアン/フランス) <span style="font-weight:700;">ミカエル・ルスティグ</span>(セルティック/スコットランド) <span style="font-weight:700;">マルティン・オルソン</span>(スウォンジー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ポントゥス・ヤンソン</span>(リーズ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ビクトル・リンデロフ</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ルドヴィグ・アウグスティンション</span>(ブレーメン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">セバスティアン・ラーション</span>(AIK) <span style="font-weight:700;">クリストファー・オルソン</span>(AIK) <span style="font-weight:700;">グスタヴ・スベンソン</span>(シアトル・サウンダース/アメリカ) <span style="font-weight:700;">ビクトル・クレッソン</span>(クラスノダール/ロシア) <span style="font-weight:700;">クリストファー・ペーターソン</span>(ヘラクレス/オランダ) <span style="font-weight:700;">ジェミー・ドゥルマズ</span>(トゥールーズ/フランス) <span style="font-weight:700;">マルクス・ローデン</span>(クロトーネ/イタリア) <span style="font-weight:700;">オスカル・ヒリェマルク</span>(ジェノア/イタリア) <span style="font-weight:700;">アルビン・エクダル</span>(サンプドリア/イタリア) <span style="font-weight:700;">エミル・フォルスベリ</span>(ライプツィヒ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ヨン・グイデッティ</span>(アラベス/スペイン) <span style="font-weight:700;">イサーク・キエセ・テリン</span>(レバークーゼン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">セバスチャン・アンデション</span>(ウニオン・ベルリン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ミカエル・イシャク</span>(ニュルンベルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">マルクス・ベリ</span>(アル・アイン/UAE) 2018.10.04 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月3日は、勝利を体現する元スウェーデン代表FWのバースデー

◆ズラタン・イブラヒモビッチ 【Profile】 国籍:スウェーデン 誕生日:1981年10月3日 所属クラブ:ロサンゼルス・ギャラクシー ポジション:FW 身長:195㎝ 体重:95kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月3日は、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだ。 ▽母国のマルメで育ったイブラヒモビッチ。本人談によると幼少期は小柄であり、ドリブラーとしてプレーしていたために長身ながら足元にも秀でる現在のスタイルが完成したという。少年時代から、6点ビハインドから途中出場して9得点を奪い勝利をもたらすなど、破格の伝説を残している。 ▽母国リーグで活躍したイブラヒモビッチは、新天地にアヤックスを選びマルコ・ファン・バステン氏やパトリック・クライファート氏らが身に着けた背番号9を継承。入団後は印象的なゴールを多く決め“ファン・バステン2世”と称されるようになったが、2004年にユベントス、2006年にインテルと渡り歩き個人でセリエA5連覇を経験する頃には“ズラタン・イブラヒモビッチ1世”と認識されるようになっていった。 ▽また、バルセロナ時代でプレーした2009-10シーズンには、ジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)の下で不遇を味わったものの、公式戦45試合21ゴール13アシストをマーク。その後、ミラン、パリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッド、LAギャラクシーと転々とする中で、どのクラブでも衝撃的なゴールをサポーターにプレゼントしている。 ※誕生日が同じ主な著名人 クラウディオ・ピサーロ(サッカー選手/ブレーメン) ケパ・アリサバラガ(サッカー選手/チェルシー) ケレチ・イヘアナチョ(サッカー選手/レスター・シティ) ジャクソン・マルティネス(サッカー選手/ポルティモネンセ) エディ・コクラン(ギタリスト) tetsuya(ベーシスト/L'Arc〜en〜Ciel) 蛯原友里(モデル) 高橋朱里(アイドル/AKB48) 2018.10.03 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ズラタン節炸裂!「俺はスウェーデン史上最高の選手だ」…異論なし

▽元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ節が炸裂している。 ▽20日に自身のインスタグラムを更新したイブラヒモビッチは「オレは絶対に嘘をつかないよう教えられた。だからいつも真実しか言わない」というコメントと共に、一枚の画像を投稿。そこにはこう書かれてあった。 「オレはスウェーデンで最高の選手だ。傲慢か?問題はそこじゃない。オレがベストだ!!」 ▽この投稿には多くの「いいね!」が殺到。フォロワーのコメントの中には「ズラタンがベストプレイヤーなんじゃない。世界のベストプレイヤーがスラタンなんだ」と哲学じみたコメントや、「違う、あなたはスウェーデンの神なんだ」といった崇拝のコメントも。 ▽これまでにも数多くの“名言”を残してきたイブラヒモビッチは、現在のロサンゼルス・ギャラクシーへの移籍が決まった際には、「ロサンゼルス、ズラタンへようこそ」、「親愛なるロサンゼルス、歓迎するよ」と立場が全く逆転したメッセージを残している。また、ロシア・ワールドカップの際には、母国のスウェーデン代表に対し、「オレはアイツらよりも上手い」と豪語。それでも批判の声が少ないのは、実績と実力があってこそ。 ▽これまでアヤックスやインテル、ミラン、バルセロナ、パリ・サンジェルマンといった世界のビッグクラブで活躍してきたイブラヒモビッチはこれまでに35個ものタイトルを獲得。先日にはLAギャラクシーでキャリア通算500得点を達成した。なおこのときにも、対戦相手だったトロントに対し、「トロントに祝辞を送るよ。俺の500ゴール目で奴らは記憶に刻まれるだろう」と、試合には敗れながらも、絶対的勝者のコメントを残している。 2018.09.21 14:25 Fri
twitterfacebook
thumb

LAギャラクシー公式「マジかよ? 」イブラ通算500点目は衝撃弾!

▽ロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、16日のメジャーリーグサッカー(MLS)第29節トロントFC戦でキャリア通算500点目を決めた。クラブ公式ツイッター(@LAGalaxy)が伝えている。 ▽先発メンバーに名を連ねたイブラヒモビッチは、前半終了間際の43分に味方からのフィードに反応してボックス内に走り込むと、体を反転させて右足のアウトサイドで回し蹴り。右ポストを叩いたシュートがネットを揺らした。 ▽結局、チームは3-5で敗北してしまったものの、これがイブラヒモビッチにとってのクラブキャリア通算500点目に。クラブは、ツイッター上にゴールシーンの動画を投稿。「マジかよ? 」という文言を添え、その衝撃を伝えている。 ▽また、敵地で行われたその一戦、イブラヒモビッチはトロントサポーターからスタンディングオベーションによる祝福を受けたという。しかし、そのことの感想について問われると、「アウェイチームからのスタンディングオベーションを受けるのは初めてじゃない」と“イブラ節”たっぷりに返答した。 ▽更に、試合後には「トロントに祝辞を送るよ。俺の500ゴール目で奴らは記憶に刻まれるだろう」とコメント。新たな名言を生み出した。 2018.09.16 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

アクババの2発でトルコがスウェーデンに劇的逆転勝利!《UEFAネイションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグB・グループ2のスウェーデン代表vsトルコ代表が10日に行われ、2-3でトルコが勝利した。 ▽6日に行われた国際親善試合でオーストリア代表に完敗したスウェーデンは、その試合からテリンとヤンソン以外のスタメン9人を変更。GKオルセンやベリ、ラーション、リンデロフら多くのW杯出場メンバーがスタメンに名を連ねた。 ▽一方、7日に行われたUEFAネイションズリーグのロシア代表戦を惜敗したトルコは、その一戦からスタメンを5人変更。GKセルカン・クルントゥルやヤズジュ、オズバイラクリらに代えてGKボラトやバイラム、オズヤクプらをスタメンに起用した。 ▽立ち上がりから一進一退の展開が続いたが、互いにフィニッシュ手前での精度を欠き決定機が訪れない。そんな中、最初の決定機を迎えたのはスウェーデン。29分、GKオルセンからのロングボールをテリンが頭でつなぐと、このボールに反応したベリがワンタッチで相手DFの裏に抜け出し、相手GKとの一対一を迎えたがシュートは飛び出したGKのブロックに阻まれた。 ▽さらにスウェーデンは34分、ラーションのロングパスをボックス左に駆け上がったアウグスティンションが頭で折り返すと、ニアサイドのテリンがヘディングシュート。これは左ポストに弾かれたが、こぼれ球をテリンが右足で押し込み、先制に成功した。 ▽先制点で攻勢を強めるスウェーデンは、43分にもエクダルのラストパスをボックス右で受けたベリがフリーでシュートを放ったが、これは大きく枠の上に外れた。 ▽リードするスウェーデンは、後半開始早々に追加点を奪う。49分、左サイドでハイプレスを掛けたクラーソンがチェリクのコントロールミスを誘うと、こぼれ球に反応したテリンがワンタッチで前線にパス。これを受けたクラーソンがバイタルエリア中央まで切り込み、豪快なミドルシュートをゴール左に突き刺した。 ▽痛恨の追加点を許したトルコだが、すぐに反撃に転じる。51分、メフメト・トパルのサイドチェンジをボックス左で受けたチャルハノールがカットインから素早く右足を振り抜くと、わずかに相手DFにディフレクトしたボールがそのままゴール右隅に吸い込まれた。 ▽試合も終盤に差し掛かり、このまま終了かと思われた88分にスコアが動く。ボックス左手前のアクババが中央にボールを送るとオズヤクプがボックス中央のトスンへワンタッチパスを供給。これを受けたトスンもワンタッチではたくと、ボックス内に駆け上がったアクババがダイレクトシュートをゴール左に突き刺し、トルコが同点に追いつく。 ▽同点弾で勢いづくトルコは、後半アディショナルタイム2分にもセルダル・ギュレルの左クロスをアクババがバックヘッド気味に合わすと、これがそのままゴール右隅に吸い込まれ、土壇場で逆転に成功した。 ▽結局、試合はそのまま2-3で終了。アクババの劇的弾で逆転勝利したトルコが、敵地でUEFAネイションズリーグ初勝利を飾った。 ▽また、同日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグC・グループ1のスコットランド代表vsアルバニア代表は、2-0でスコットランドが勝利した。その他、リーグC・グループ4のモンテネグロ代表vsリトアニア代表は2-0でモンテネグロが勝利。セルビア代表vsルーマニア代表は、2-2のドローに終わった。 2018.09.11 06:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース