元イングランド代表FWシンクレアが飲酒運転&交通事故で逮捕2017.11.14 00:44 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イングランド代表FWトレバー・シンクレア氏(44)が13日、飲酒運転と歩行者を負傷させたことにより逮捕された。▽シンクレア氏は12日の夜に飲酒運転をしている際、女性の歩行者と接触。女性に軽傷を負わせていた。この一連の違法行為によって、ランカシャー警察に逮捕されていた。

▽現在、BBCの解説者を務めるシンクレア氏は現役時代、ウェストハムやQPR、マンチェスター・シティなどでウインガーとして活躍。イングランド代表としては12試合に出場し、2002年の日韓ワールドカップメンバーにも選出されていた。

コメント

関連ニュース

thumb

「もちろん誇りに思う」ポチェッティーノ、S・ラモスに強烈タックルのトッテナムMFを称賛

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、セルヒオ・ラモスに激しいスライディングを見舞ったエリック・ダイアーを誇りに思うと称賛した。<br><br>15日に行われたイングランド代表が3-2で勝利したUEFAネーションズリーグのスペイン代表戦に先発で出場したダイアー。安定したプレーを見せ、トッテナムのチームメイトであるハリー・ケインらとともに勝利に貢献した。<br><br>トッテナム勢が活躍したこの一戦を受け、ポチェッティーノ監督はイギリス『スカイスポーツ』のインタビューで選手たちに賛辞を送った。「彼らは素晴らしかった。プレーがどれだけ素晴らしかったかについて話したい」<br><br>「エリック、ハリー・ウィンクス、ケイン、キーラン・トリッピアーが最高だっとは言わないが、チームとして素晴らしかった。スペインよりも良い姿勢で試合に挑めていた。戦う上でこの姿勢は重要で、若い選手たちにとって最も大切なことだ。将来的にイングランドに成功をもたらせるだけのポテンシャルが彼らにあると信じている」<br><br>ダイアーはこの試合の開始早々にスペイン代表主将のラモス対して激しいタックルを見舞い、イエローカードを受けていた。本来なら危険なタックルに対して批判的な意見が集まるところだが、イングランドでは強豪相手に見せた選手の姿勢を称賛する声が多く、中でも昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でS・ラモスに苦杯をなめたリヴァプールサポーターからは同選手を英雄視する声まで上がっている。<br><br>S・ラモスにスライディングを仕掛けたダイアーの姿勢を誇りに思うかと問われたポチェッティーノ監督は「もちろんだ。彼のことをとても誇りに感じている」と評価するコメントを残した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.18 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ポグバへの評価が不公正だ! 同胞ロリス「彼のクラブでのパフォーマンスは悪いと思わない」

▽トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスは、同胞MFポール・ポグバがマンチェスター・ユナイテッドで公正に評価されていないと主張した。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽2016年夏にユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに当時史上最額となる移籍金で復帰したポグバ。しかし、その金額に見合った活躍を見せることができていないことを主因にポール・スコールズ氏のほか、ユナイテッドのOBから批判を受けている。 ▽この状況についてフランス代表でポグバとチームメイトであるロリスは、不当であると主張し、ポグバを擁護している。 「彼が現在イングランドで置かれている立場は、おそらく莫大な移籍金が原因となっているだろう」 「人々はたまに彼を公正に評価していない時がある。さらに成熟しようとしている今、彼は何をすべきかを理解している。彼はそれを僕らと証明するよ」 「僕は、彼のユナイテッドでのパフォーマンスが言われているほど悪いと思わない」 「僕らが予想していたよりも良い結果を残せていないチーム(ユナイテッド)の一員であることは確かだ。ただ、彼らはとても強いチームだ」 2018.10.18 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ウィガンやスワンズでプレーした元ウェールズ代表MFコッテリルが30歳で現役引退

▽元ウェールズ代表MFデイビッド・コッテリル(30)が17日、自身のツイッターで現役引退を発表した。 ▽2006-07シーズンにウィガンでプレミアリーグを戦った経験のあるウインガーのコッテリルは、スウォンジーやバーミンガムなど、主にチャンピオンシップ(イングランド2部)でプレー。公式戦通算では400試合以上に出場し、ウェールズ代表としては24試合に出場していた。 ▽そのコッテリルは現役引退について以下のように述べている。 「プロサッカー選手として14年間プレーし、スパイクを脱ぐことを決めた。子供の頃に描いた夢を生きることがこれまでは楽しかったが、新たな人生を始める時が来た」 2018.10.18 03:59 Thu
twitterfacebook
thumb

マネの左手手術が成功、経過次第でハダースフィールド戦出場へ

▽リバプールは17日、セネガル代表FWサディオ・マネの左手の手術が成功したことを発表した。 ▽マネは13日に行われたアフリカ・ネーションズカップ(ANC)予選第3節のスーダン代表戦にフル出場していたが、その試合で相手選手と接触した際に左手を負傷していた。 ▽リバプールによれば今後数日経過を見た後、20日に行われるプレミアリーグ第9節ハダースフィールド戦の出場可否を決めるとのことだ。 ▽リバプールではマネの他、代表ウィーク中にギニア代表MFナビ・ケイタ、エジプト代表FWモハメド・サラー、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが負傷している。 2018.10.18 01:15 Thu
twitterfacebook
thumb

フルアム会長、900億円での聖地ウェンブリー買収を白紙に

▽フルアムの会長を務めるシャヒド・カーン氏がウェンブリー・スタジアムの買収を白紙に戻したとのことだ。イギリス『スカイ・スポーツ』や『BBC』が報じている。 ▽先月25日、カーン氏は6億ポンド(約900億円)でイングランドサッカー協会(FA)とウェンブリーの買収で合意に至ったと報じられていた。しかし、FAの理事に反対勢力があったことからカーン氏は一転して考えを変え、買収を撤回したとのことだ。 ▽カーン氏はNFLの『ジャクソンビル・ジャガース』も保有するパキスタン系アメリカ人の富豪。同チームのイギリスツアーでウェンブリーを使用する計画があったとのことだ。 ▽“聖地”と呼ばれるウェンブリーは9万人の収容人数を誇る巨大スタジアムで、イングラド代表のホームスタジアムとなっている。 2018.10.18 00:30 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース