元イングランド代表FWシンクレアが飲酒運転&交通事故で逮捕2017.11.14 00:44 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イングランド代表FWトレバー・シンクレア氏(44)が13日、飲酒運転と歩行者を負傷させたことにより逮捕された。

▽シンクレア氏は12日の夜に飲酒運転をしている際、女性の歩行者と接触。女性に軽傷を負わせていた。この一連の違法行為によって、ランカシャー警察に逮捕されていた。

▽現在、BBCの解説者を務めるシンクレア氏は現役時代、ウェストハムやQPR、マンチェスター・シティなどでウインガーとして活躍。イングランド代表としては12試合に出場し、2002年の日韓ワールドカップメンバーにも選出されていた。

コメント

関連ニュース

thumb

アグエロのハットで快勝シティが優勝に向けて再スタート!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第24節、マンチェスター・シティvsニューカッスルが20日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが3-1で快勝した。 ▽前節、リバプールとの打ち合いに敗れ23戦目にして今季リーグ戦初黒星を喫した首位のシティ(勝ち点62)。仕切り直しを図る今節は15位のニューカッスル(勝ち点23)をホームで迎え撃った。リバプール戦からは先発2人を変更。デルフとギュンドアンに代わってジンチェンコ、シルバを起用した。 ▽開始直後の相手のリスタートで決定機を許すなど、ややバタつく入りとなったシティだが、時間の経過と共にボールを保持して相手を押し込んでいく。18分には中央でデ・ブライネ、ザネと繋ぎ左サイドに流れたシルバからファーサイドでフリーのスターリングにグラウンダーのクロスが通り、これをスターリングがネットに流し込む。しかし、わずかにオフサイドラインを越えており、ゴールは認められない。 ▽最初の決定機を逸したシティは徐々に攻めあぐねる場面が目立ち始めるが、30分過ぎに先制点を奪う。34分、左サイド深くでキープしたデ・ブライネがファーポストを狙ったインスウィングのクロスを入れると、ゴール前に飛び込んだアグエロがわずかに頭で触ったボールがゴール右隅に吸い込まれた。その後、前半終了間際にデ・ブライネ、アグエロのシュートでゴールに迫ったシティは1点リードで試合を折り返した。 ▽後半も危なげなく試合を運ぶシティは63分、左サイドで仕掛けたスターリングがボックス内でDFマンキージョに倒されてPKを獲得。これをキッカーのアグエロが冷静に決めて貴重な追加点を奪う。 ▽この2点目で敗色濃厚となったニューカッスルだが、失点から5分後の67分に1点を返す。最終ラインのクラークから相手の背後を狙うマーフィーにスルーパスが通ると、ジンチェンコを振り切ったマーフィーが冷静なチップキックでGKエデルソンとの一対一を制した。 ▽やや緩慢な対応でクリーンシートを逃したシティは71分、左サイドを突破したザネからの低いクロスをゴール前に飛び込んだスターリングがワンタッチシュート。これは相手GKの鋭い反応に弾き出されて左ポストを叩く。このこぼれ球をアグエロが押し込みにかかるが、今度はサイドネットを叩いた。 ▽その後は一進一退の攻防が続くが、ここまで2得点のシティのエースが試合を決める。83分、相手陣内中央左からDF3枚を引き連れてボックス内に侵攻したザネが中央のアグエロに短い横パスを通す。これを冷静にトラップしたアグエロが反転しながらゴールネットへ流し込み、ハットトリックを達成した。 ▽その後、スターリング、ザネの両翼を下げてベルナルド・シウバ、ディアスをピッチに送り出したシティが危なげなく試合をクローズ。エースのハットトリックの活躍で仕切り直しの一戦を制した首位シティが優勝に向けて再スタートを切った。 2018.01.21 04:35 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートンMFマッカーシーに悲劇…相手の蹴りを受けて腓骨と脛骨を骨折…1年以上の長期離脱か

▽20日に行われたプレミアリーグ第24節のWBA戦でエバートンのアイルランド代表MFジェームズ・マッカーシーに悲劇が起きた。イギリス『BBC』など複数メディアが伝えている。 ▽20日に行われたWBA戦(1-1のドロー)に先発出場したマッカーシーは、後半立ち上がりに自陣ボックス付近で相手FWサロモン・ロンドンのシュートブロックに入った際に、ロンドンの渾身の左足のキックを右足脛でもろに受けてしまい、ピッチに倒れ込んだ。 ▽すると、明らかな骨折で変形した脛を抑えながら悶絶するマッカーシーの様子を確認したチームメートや対戦相手が只ならぬ雰囲気を察し、主審にプレーを止めるように要求。すぐさまメディカルスタッフがピッチ上で応急処置を行い、ストレッチャーに乗せられた同選手はそのまま病院へ緊急搬送されることになった。 ▽そして、不可抗力ながらマッカーシーに大ケガを負わせてしまったロンドンは、ショックから涙を浮かべて呆然自失となり、アラン・パーデュー監督やチームメートからの呼びかけで何とかプレーに復帰する、事態となっていた。 ▽同試合後、エバートンを率いるサム・アラダイス監督はマッカーシーの負傷状況について説明。現時点で腓骨と脛骨を骨折していることを明かした。 「ジェームズは腓骨と脛骨を骨折した。彼の勇敢さとチームへの忠誠心が大き過ぎる代償を払うことになった。今回の出来事は彼と我々にとって大きな痛手だ」 ▽現時点でマッカーシーの詳しい負傷状況や離脱期間はわからないものの、復帰までに1年以上を要する重傷の可能性が高い。 ▽なお、エバートンでは昨年3月のロシア・ワールドカップ予選で右足首を骨折する重傷を負ったアイルランド代表DFシェイマス・コールマンがようやくトップチームのトレーニングに復帰したばかりだった。その中でのマッカーシーの負傷は、アイルランド代表、エバートン双方にとって悲劇的なニュースとなった。 2018.01.21 03:17 Sun
twitterfacebook
thumb

マルシャル3試合連続弾で辛勝! 低調ユナイテッドが3連勝で2位死守《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第24節、バーンリーvsマンチェスター・ユナイテッドが20日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのユナイテッドが1-0で勝利した。 ▽前節、ストーク・シティに快勝した2位のユナイテッド(勝ち点50)が7位のバーンリー(勝ち点34)のホームに乗り込んだ一戦。リーグ戦3連勝を目指すユナイテッドはストーク戦から先発1人を変更。ショーに代わって出場停止明けのアシュリー・ヤングが復帰を果たした。なお、サンチェスとのトレードでアーセナル行きが噂されるムヒタリアンはベンチ外となった。 ▽試合は立ち上がりからホームのバーンリーペースで進む。スペースをきっちり埋める堅守と球際の強さでユナイテッドに決定機を許さないバーンリーは攻撃に手数をかけられないものの、アルフィールドやヘンドリックがフィニッシュに絡むなど、上々の戦いぶりを見せる。 ▽一方、攻守の切り替えの鈍さやマイボール時の動き出しに乏しいアウェイチームは、相手の組織的な守備を前に攻撃の形を見いだせない。それでも、マルシャルとヤングの左サイドを起点に攻撃を組み立て始めると、前半終了間際の42分にはボックス左でDFをかわしたヤングがファーポストを狙ったシュートを放つが、これはわずかに巻き切れず、枠の右に外れる。そして、大苦戦のユナイテッドは枠内シュート0で前半を終えることになった。 ▽後半も低調なパフォーマンスに終始するユナイテッドだが、サンチェス加入報道で尻に火が付くマルシャルがチームを救う。54分、ハーフウェイライン付近で粘ったルカクが右サイドに流れたルーズボールを拾って逆サイドでフリーのマルシャルへサイドチェンジ。これを冷静にトラップしてボックス左に持ち込んだマルシャルがニア上のクロスバーの内側を叩くシュートでネットを揺らした。 ▽この試合最初の枠内シュートとなったマルシャルのリーグ戦3試合連続ゴールで先手を奪ったユナイテッドだったが、いまひとつリズムに乗り切れない。57分には自陣ボックス手前で与えたFKからグデュムンドソンにクロスバー直撃のシュートを許す。さらに70分には自陣でのルカクのボールロストからショートカウンターを浴び、ボックス右のグデュムンドソンに決定的なグラウンダーのクロスを許すが、ここはDFが何とか触ってコースを変えて凌ぐ。 ▽何とか流れを変えたいユナイテッドは72分、マタを下げてフェライニを投入。マティッチ、ポグバ、フェライニの屈強な3センターハーフで中央を固めトップ下のリンガードが右ウイングに移る。75分には自陣からのロングカウンターで中央を持ち上がったポグバが並走するルカク、マルシャルをオトリに強引にシュートを狙うが、これは相手のシュートブロックに遭う。 ▽その後、リンガード、マルシャルを下げてラッシュフォード、エレーラを投入し1点を守り切る選択肢を選んだユナイテッドは終盤に相手のパワープレーであわやというピンチを幾度も招くが、粘り強い守りで凌ぎ切った。低調なパフォーマンスながらも持ち味の勝負強さで勝ち切ったユナイテッドが3連勝で2位を死守した。 2018.01.21 02:13 Sun
twitterfacebook
thumb

前半圧巻4発のアーセナルが公式戦6試合ぶり勝利で2018年初白星!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第24節、アーセナルvsクリスタル・パレスが20日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが4-1で快勝した。 ▽リーグ戦6位のアーセナル(勝ち点39)と、12位のパレス(勝ち点25)によるロンドン・ダービー。前節、ボーンマス相手に逆転負けしたアーセナルは公式戦5戦未勝利と泥沼の状況が続く。2018年初勝利を目指す今節は2017年の年末に対戦して勝利したパレスをホームで迎え撃った。ボーンマス戦からのメンバー変更は4点。負傷明けのコシエルニーとモンレアルが最終ラインに戻り、ナイルズとウェルベックに代わってエルネニー、エジルがスタメンに入った。なお、マンチェスターユナイテッド移籍が報じられるサンチェスはベンチを外れた。 ▽アンカーにエルネニー、2列目にエジル、ウィルシャー、ジャカ、イウォビが並ぶ攻撃的な布陣で臨んだアーセナルは、ここ最近の不振がまるで嘘のような圧巻のゴールラッシュを見せる。まずは6分、右CKの場面でマッカーサーのマンマークを振り切ったファーのモンレアルがジャカのクロスを頭で流し込み、先制に成功する。 ▽勢い付くホームチームは10分、バイタルエリアでパスを受けたラカゼットの仕掛けからルーズボールを回収したモンレアルがボックス左ライン際まで運んで入れたマイナスクロスをゴール前のイウォビがワンタッチで流し込む。続く13分には先制点と同じ右CKのシチュエーションからマッカーサーを振り切ったファーのモンレアルが左足ダイレクトでゴール前に折り返すと、今度はコシエルニーが押し込んだ。さらに22分には再びらしい繋ぎで中央を完璧に崩すと、最後はエジルの足裏を使った巧みな落としをラカゼットが精度の高い右足のシュートでゴール右隅に流し込み、20分過ぎまでに大量4点を奪った。 ▽この立て続けの4ゴールによって勝利をほぼ手中に収めたアーセナルだったが、30分過ぎにアクシデントが発生。ここまで3点に絡む活躍を見せていたモンレアルが負傷を再発させたか、34分にナイルズとの交代を強いられる。それでも、試合の主導権を譲らないホームチームは前半終盤に訪れたザハの決定機をGKチェフの好守などで凌ぎ、前半を4-0で終えた。 ▽前半のうちに大勢の決した試合は後半に入ってより拮抗した展開に。パレスが前がかりになったことで、やや行ったり来たりの状況が続く。56分にはイウォビ、60分にはベンテケと互いにボックス内でGKと一対一の決定機を迎えるが決め切れない。 ▽4-0のまま試合終盤へと突入する中、ヴェンゲル監督は71分にエジルを下げてネルソンを投入。さらに82分にはイウォビを下げてコラシナツを投入。78分にはキャバイエの右CKの流れからミリボイェビッチに巧みな反転ボレーシュートを決められ、クリーンシートを逃がす。 ▽それでも、パレス意地のゴールも試合の大勢に影響を与えることはなくホームで完勝のアーセナルが、公式戦6試合ぶりとなる2018年初勝利を手にした。 2018.01.21 02:07 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴァーディ&マフレズ弾でレスターが完勝! 岡崎は65分までプレー《プレミアリーグ》

▽日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは20日、プレミアリーグ第24節でワトフォードと対戦し、2-0で勝利した。岡崎は65分までプレーした。 ▽前節のチェルシー戦をゴールレスドローで終えた8位レスター(勝ち点31)が、ホームに10位ワトフォード(勝ち点26)を迎えた一戦。ミッドウィークにFA杯3回戦再試合でフリートウッド・タウンと対戦したレスターは、その試合の先発からマフレズとアマルテイ以外の9人を変更。岡崎はリーグ3戦連続の先発出場となった。 ▽試合は開始6分、岡崎のロングパスでDFの裏に抜け出したヴァーディがボックス中央まで切り込みシュート。これがGKカルネジスに弾かれると、こぼれ球を駆け上がった岡崎がダイビングヘッドで詰めたが、ジャストミートできない。 ▽一進一退の展開が続く中、ワトフォードは34分に決定機。ドゥクレのパスをボックス手前でカバセレが頭で繋ぐと、DFの裏に抜け出したディーニーがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定で取り消された。 ▽ピンチを凌いだレスターは38分、M・ジェームズの縦パスをボックス内で受けたヴァーディがワゲに倒され、PKを獲得。このPKをヴァーディがゴール右隅に決め、レスターが先制に成功した。 ▽迎えた後半、最初のチャンスはリードするレスターに生まれる。51分、チルウェルのパスで左サイドを抜け出したヴァーディがボックス左まで侵攻。マイナスの折り返しを岡崎が左足で合わせたが、これはGKカルネジスに正面でキャッチされる。 ▽膠着状態が続く中、レスターは65分に岡崎を下げてグレイを投入。さらに89分にヴァーディを下げてアドリエン・シウバをピッチに送り出した。 ▽すると91分、アドリエン・シウバのパスをバイタルエリア手前で受けたマフレズが、ゴールエリア左付近まで切り込みシュート。これがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽結局、試合はそのまま2-0で終了。ヴァーディ&マフレズ弾でリーグ3戦無敗のレスターが、7位に順位を上げている。 2018.01.21 02:02 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース