山形DF加賀健一が左ハムストリングス肉離れ…全治は2週間から3週間2017.11.12 18:11 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽モンテディオ山形は12日、試合中に負傷したDF加賀健一がチームドクターによる検査を受けた結果、左ハムストリングス肉離れと診断されたことを発表した。全治は2週間から3週間。

▽秋田県出身の加賀は、今シーズンに浦和レッズから山形に加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグでここまで20試合に出場して1ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

山形DF西村竜馬が一般女性と入籍「素晴らしい家庭を作っていきたい」

▽モンテディオ山形は14日、DF西村竜馬が一般女性との入籍を発表した。西村はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このたび入籍いたしました。二人で互いに支えながら、素晴らしい家庭を作っていきたいと思います。これから一層頑張っていきますので、引き続き応援頂きますよう、宜しくお願いします!」 ▽2017年8月に山形に期限付き移籍で加入した西村。今シーズンは明治安田生命J2リーグでここまで1試合出場している。 2018.04.14 10:02 Sat
twitterfacebook
thumb

山形、ユース所属のU-17日本代表DF半田陸を2種登録

▽モンテディオ山形は6日、ユースチームに所属するU-17日本代表DF半田陸(16)を2種登録したことを発表した。背番号は「41」に決定している。 ▽地元山形県出身の半田は、U-15代表から世代別の日本代表でプレーしている山形ユース期待のDFだ。今年2月にはUAE遠征に臨むU-17日本代表メンバーにも選出されていた。 2018.04.06 18:47 Fri
twitterfacebook
thumb

山口が高木のゴールで山形を下し今季4勝目! 京都と讃岐は1-1のドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第7節の2試合が31日に各地で行われた。 ▽17位のモンテディオ山形(勝ち点6)と4位のレノファ山口(勝ち点11)の一戦は、開幕3連勝以降の4試合ぶりとなる勝利を目指す山口が先制する。25分、前からのロングボールに抜け出した高木。相手最終ラインの背後を取ると、ボックス手前から見事なループシュートを決めて、山口に先制点をもたらした。 ▽前半終了間際の44分にも、右サイドのクロスをファーサイドで受けた山下がゴール至近距離からシュートを見舞うなど、前半の45分は山口が攻め立てた。 ▽迎えた後半も先にチャンスを迎えたのは山口だった。48分にオナイウ阿道がボックス内からのシュートでチャンスを得ると、直後のCKには山下がヘディングでゴールに迫る。 ▽60分には疑惑の判定が生まれる。山形の松岡が放ったシュートのクリアを試みた瀬川だったが、これが手に当たってしまう。山形の選手はハンドをアピールしたものの、判定はCK。山口は命拾いした格好となった。 ▽結局、前半の得点以降スコアが動くことはなく山口の1点リードのまま試合終了。アウェイ戦に臨んだ山口が4試合ぶりの勝利で今季4勝目を手にした。 ▽一方、京都サンガS.C.vsカマタマーレ讃岐は、19位の京都(勝ち点5)がやや優勢に進めながらも、試合を動かしたのは最下位に沈む讃岐(勝ち点3)。33分、ボックス手前やや左寄りという絶好の位置でFKを得ると、原がこれを直接叩き込み先制。 ▽しかし京都は、その直後の34分、湯澤のパスを受けた沼がボックス左からシュートを放つと、これをGKパク・チョニャンがブロック。その跳ね返りを小屋松が頭で押し込んで同点に追いついた。 ▽後半は互いに攻め手を欠きスコアは動かず1-1のドロー。勝ち点1を分け合った。 2018.03.31 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

東京Vvs山形はドロー! 前半互いのゴール取り消しも攻め手欠き共に3戦未勝利《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第6節、東京ヴェルディvsモンテディオ山形が25日に行われ、0-0のドローに終わった。 ▽開幕2勝3分けで無敗の東京Vと、1勝2敗2分けの山形による3連戦の最終戦。前節、アビスパ福岡とドローに終わり2戦連続ドロー中の東京Vは前節から先発2人を変更。菅嶋、林陵平に代わって前節途中で存在感を示した林昇吾とカルロス・マルティネスが先発に入った。一方、前節横浜FCに敗れた山形はその試合から4選手を変更。三鬼、茂木、南、アルヴァロ・ロドリゲスに代わって加賀、古部、松岡、汰木を起用した。 ▽共に3試合ぶりの勝利を目指す一戦。[3-5-2]と[4-4-2]の可変システムで後方からの丁寧な繋ぎを見せる東京Vが序盤からボールの主導権を得る。しかし、引き気味の中盤と5バックで構成される山形のコンパクトな守備に苦戦を強いられ、なかなか中盤から前にボールを運べない。 ▽それでも、ホームチームは立ち上がりから中盤と2トップの選手が積極的に相手最終ラインと駆け引きしていた中、後方と前線の選手の呼吸が合い始めて縦パス一本で裏を取る場面が増える。すると29分、左サイドからのクロスをボックス左に走り込んだドウグラス・ヴィエイラが左足ワンタッチで折り返す。これをファーに詰めた林昇吾がゴールに流し込む。しかし、先制点と思われたこのゴールはドウグラスと相手DFの競り合いの中でファウルがあったとの微妙な判定でノーゴールに。 ▽この判定の余波で落ち着かない状況が続く中、37分には再び物議を醸す場面が訪れる。山形の右サイドからのクロスに対してGK上福元と阪野が交錯。この交錯で上福元がファンブルしたボールがゴールラインを割ると、審判団は一度山形のゴールを認める。しかし、東京V陣営の猛抗議の結果、最終的にノーゴールの判定に。互いにゴールが取り消される波乱の展開となった前半はやや消化不良という形で終了した。 ▽迎えた後半、立ち上がりは山形が右サイドの山田を起点にチャンスを作り出す。52分には山田のグラウンダーの折り返しからゴール前に飛び出した中村に決定機も、シュートを枠に飛ばせない。 ▽一方、後半もリズムが出ない東京Vは55分にカルロスを下げてアラン・ピニェイロ、60分には林昇吾を下げて梶川を投入。ここから攻撃にエンジンをかけたいところだが、前半同様に2トップへの長いボール以外に攻め手を見いだせない。 ▽その後も互いにフィニッシュまで持ち込めないこう着状況が続く中、山形は古巣初対戦の南やフェリペ・アウベスと攻撃的なカードを投入。対して東京Vは最後の交代カードで橋本を投入し、攻守のバランスを整える。 ▽その流れの中で78分にはオフサイドラインをかいくぐった山形の阪野がボックス内でシュートを狙うが、これはDFに触られて枠の左に外れる。84分には奈良輪のクロスからホームチームに決定機も、ドウグラスのヘディングシュートはGK児玉に阻まれた。 ▽結局、互いにフィニッシュの形を見いだせない塩試合の様相を呈した一戦はゴールレスで決着。共に3戦未勝利と微妙な形で3連戦を終えることになった。 2018.03.25 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

山形試合終盤の怒涛の追い上げも実らず…守り切った横浜FCが今季3勝目《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第5節、モンテディオ山形vs横浜FCが21日にNDソフトスタジアム山形で行われ、3-2で横浜FCが勝利した。 ▽12位の山形(勝ち点5)と8位の横浜FC(勝ち点7)の一戦。 ▽前節3バックで挑んだ山形は今節は4バックを採用。栗山や三鬼、山田、熊本らが固め、中盤より前には中村や茂木、阪野、アルヴァロ・ロドリゲスらが起用された。 ▽一方の横浜FCは、前節のアルビレックス新潟戦で今季初黒星。これまで同じスタメンを組んできたが、今節は野村、佐藤を代えて、石井とレアンドロ・ドミンゲスを先発起用した。 ▽イバを中心にアタッキングサードで攻撃を組み立てる横浜FCは6分、そのイバを起点に先制点を挙げる。右サイドを突破したイバからジョン・チュングン、渡邊一に繋がる。その渡邊一のクロスを中里が頭で合わせ、横浜FCが幸先良く1点を奪った。 ▽なおも攻撃の主導権を握る横浜FCは14分に追加点。ボックス手前中央の位置でFKを得ると、レアンドロ・ドミンゲスが鮮やかなカーブを描いたシュートを決めた。 ▽2-0とリードを広げた横浜FCはさらに3分後、左サイドに流れたレアンドロ・ドミンゲスのクロスにイバが反応。打点の高いヘディングシュートを突き刺し、横浜FCが早くも3点目を決めた。 ▽まさかの展開となった山形も18分、阪野がボックス左からこの試合初シュートを放つ。29分には茂木がボックスの外から狙うがゴールの左に外れる。 ▽徐々に攻めることが出来るようになった山形は33分に、中村がゴール前に侵入しシュートを試みるが、GK山本が足に当てて阻止。山形はここまでで最大のビッグチャンスをモノにすることが出来なかった。 ▽迎えた後半、早く1点でも返したい山形は50分にCKの流れからDFの三鬼がボックスの外からトライ。積極的な攻撃参加を見せる。 ▽横浜FCはエースのイバが追加点を奪おうと奮闘。54分にボックス左からゴールに迫るがシュートはGKの正面に。63分には山形にチャンス。三鬼のクロスから阪野がヘディングシュートを放つがGKがセーブ。 ▽横浜FCが3点リードのまま迎えた83分、山形は思わぬ形で1点を返す。山形のCKの場面。味方のヘディングシュートを横浜の石井が手を使って止めてしまい、山形にPKが与えられる。さらにこのプレーで石井は一発退場。横浜FCは残り時間を10人で戦うことになった。 ▽山形はこのPKを後半頭から入ったフェリペ・アウヴェスがきっちり決めて1点を返す。ホームチームはさらにこの流れを味方に付ける。後半アディショナルタイムの91分、左サイドの松本のクロスを阪野が頭で押し込んで1点差に迫った。 ▽しかし山形の反撃もここまで。5分の後半アディショナルタイムも生かせず、あと1点及ばず。結局前半の3点を守り切った横浜FCが3-2で勝利。リーグ戦3勝目を手にした。 2018.03.21 16:10 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース