山形DF加賀健一が左ハムストリングス肉離れ…全治は2週間から3週間2017.11.12 18:11 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽モンテディオ山形は12日、試合中に負傷したDF加賀健一がチームドクターによる検査を受けた結果、左ハムストリングス肉離れと診断されたことを発表した。全治は2週間から3週間。▽秋田県出身の加賀は、今シーズンに浦和レッズから山形に加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグでここまで20試合に出場して1ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

山形MF松岡亮輔が契約満了…2014年にはJ1昇格に貢献

▽モンテディオ山形は15日、MF松岡亮輔(34)の来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽2007年に阪南大学からヴィッセル神戸に入団してプロキャリアをスタートさせた松岡。ジュビロ磐田を経て、2014年に山形に加入し、同シーズンにはJ2リーグで34試合1得点を記録してチームのJ1昇格に貢献した。今シーズンは明治安田生命J2リーグに3試合、天皇杯に2試合出場している。 ▽山形退団が決定した松岡は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「5年間在籍させていただいたモンテディオ山形を、今シーズンを持ちまして退団することになりました。チームの力になれず、本当に申し訳なく思っています」 「5年間を振り返ると、怪我で長期間の離脱やJ1昇格、J2降格など、個人としてもクラブとしても浮き沈みのあった時でした。そんな中、皆さまの変わらない前向きな声援が、僕たちへの後押しとなり、前へ歩ませて頂く力になりました。本当にありがとうございました」 「背番号7を背負わせていただいたことも感謝しています。背番号7の価値を十分に分かったつもりで着用を承諾しましたが、加入して歴代の選手達の素晴らしさを見聞きするたびに、身の引き締まる思いを更に感じました。この背番号には、自分一人だけが幸せになればいいのではなく、モンテディオに関わるすべての人達に影響を与え、幸せを分配しなくてはいけない。そんな責務があるのだと思うようになりました」 「山形での5年間は、地域にプロスポーツクラブが存在することの大切さを知ることが出来ました。それと同時に、地域に対してプロスポーツ選手が果たすべき役割を、自分なりに考え行動してきました」 「2014年の天皇杯決勝では試合前の国歌斉唱で、身震いするほど気持ちが高揚したのを覚えています。あのときの気持ちを、もう一度体感出来るチャンスがまだあります。引き続き、皆さまのご声援を宜しくお願い致します」 2018.11.15 10:55 Thu
twitterfacebook
thumb

山形、森谷俊雄代表取締役社長の退任を発表

▽モンテディオ山形は13日、森谷俊雄代表取締役社長の退任を発表。17日のホーム最終戦大分トリニータ戦以降に開催される、臨時取締役会にて正式に決定する見込みであることを伝えた。 ▽また、後任決定までの期間は、取締役、管理部担当・指定管理事業本部担当の渡邉修氏が暫定的に代表取締役社長の任にあたる。 ▽森谷氏は、2015年11月に株式会社モンテディオ山形の取締役に就任。同年12月に代表取締役社長の職に就いていた森谷氏は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆森谷俊雄代表取締役社長 「モンテディオ山形に熱いご声援、ご支援をいただき心から感謝申し上げます」 「クラブ代表に就任以来、J1昇格と新スタジアム構想を胸に、多くの皆様のご支援、ご協力、励ましをいただきながら、微力ではありましたが懸命に経営を担ってまいりました。特に、この2018シーズンは、クラブ創立20周年という節目、新スタジアム実現に向けた道筋をつける重要なシーズンであり、特別な思いを持って臨んだ一年でした。しかし、皆様の熱い心強い応援にもかかわらずJ1昇格を果たすことができませんでした。モンテディオ山形に期待を寄せ、最後まで諦めずに応援してくださった全ての皆様にお詫びと心からの感謝を申し上げます」 「一方、Jリーグクラブを取り巻く環境は、大きく変わりました。リーグは、各クラブが着実に成長を遂げている中で、『各地域に裾野を広げること』を重視した方針から、『クラブ間競争を促す』方針に舵が切られ、クラブ間の競争が激化しています。モンテディオ山形が将来に向かって成長を続け、J1のステージで戦い続けることができるクラブになるためには、地域に根差した経営に加え、J1仕様の戦略構想力・実行力のある経営体制を築いていくことが不可欠であると痛感しています」 「これまで2年11か月余り全力を傾注してまいりましたが、予算編成やチーム編成など来季に向けた諸準備に着手する時期を迎えるにあたり、J1昇格に向けより強固な新しい経営体制に道筋をつけるべく、今季リーグ戦終了後に社長職を退任することを決意いたしました。後任には、プロスポーツを中心に様々な形でスポーツビジネスを経験されている方を、外部から招聘すべく調整を進めており、前向きに検討いただいております。新たな風を吹き込み、情熱を持ってこれからのモンテディオ山形をリードしていただけると確信しております」 「モンテディオ山形は、木山監督のもとで、皆様と一緒に、天皇杯優勝につなぐ戦い、来季につなげる戦いを続けてまいります。どうか、モンテディオ山形に、一層のご支援、ご声援を賜りますよう、心からお願い申し上げます」 「お陰様で、就任して3シーズン、観客数、スポンサー・会員数ともに着実に伸び、その結果、黒字経営を継続するなど安定した経営を確保することができました。ひとえに、スポンサー・会員各位、スタジアムに足を運んでくださった皆様のお力添え、チーム・フロント全員の努力の賜物に他なりません。また、お会いするたびに温かい励ましの言葉をかけてくださった皆様に心から感謝申し上げます。チーム・フロント、ご協力いただいた関係各位に感謝申し上げます」 「最後に、皆様のご厚情は生涯の宝物です。皆様と一緒にモンテディオ山形を応援してまいります。ありがとうございました」 ▽今シーズンの山形は、明治安田生命J2リーグ第41節終了時点で14勝13分け14敗の12位。しかし、天皇杯ではベスト4に残っており、12月16日(鹿島アントラーズがベスト4入りした場合は12月5日に変更)に準決勝のベガルタ仙台戦を戦う予定となっている。 2018.11.13 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

山形、木山隆之監督続投を発表! 天皇杯ではJ1連破で2014年以来ベスト4!

▽モンテディオ山形は11日、木山隆之監督(46)の続投を発表した。 ▽水戸ホーリーホック、ジェフユナイテッド千葉、愛媛FCを指揮した経験を持つ木山監督は、2017年に山形の監督に就任。1年目となった昨シーズンは11位に終わり、今シーズンも現時点で14勝3分け14敗の11位に位置し、来シーズンもJ2で戦うことが決定している。しかし、天皇杯では2回戦でFC岐阜(J2)、3回戦で柏レイソル(J1)、ラウンド16でFC東京(J1)、準々決勝で川崎フロンターレ(J1)を連破。2014年以来のベスト4入りを果たしている。 ▽その天皇杯では、12月16日に行われる準決勝でベガルタ仙台(J1)とユアテックスタジアム仙台で対戦する。 2018.11.11 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

山形、MF中村駿が一般女性と入籍 「二人で素晴らしい家庭を」

▽モンテディオ山形は25日、MF中村駿(24)が17日に一般女性と入籍したと発表した。 ▽中村は、2016年に駒澤大学からザスパクサツ群馬に入団。2017年から山形に加わり、今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ35試合2得点を記録している。 ▽クラブの発表を受け、中村は次のようにコメントしている。 「この度入籍いたしました。これからは、これまで以上に責任感を持ち、二人で素晴らしい家庭を築いていきたいと思います。また、サッカー選手として、そして一人の人間として一日一日を大切にし、成長していけるように頑張ります。ファン、サポーターの方々、これからも変わらず声援を送っていただけたら嬉しく思います」 2018.10.25 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

J2・山形が川崎Fに3発! 仙台は磐田とのPK戦を制しベスト4! 浦和は鳥栖に快勝《天皇杯》

▽24日、第98回天皇杯全日本サッカー選手権準々決勝の3試合が行われた。 ▽J1で首位に立ち、連覇が近づく川崎フロンターレは、J2のモンテディオ山形とアウェイのNDソフトスタジアム山形で対戦した。 ▽試合はいきなり動き出す。2分、山形は右CKを得ると、安西のクロスをニアサイドで中村憲がクリア。こぼれ球を味方がヘッドで送ると、最後は小林成がダイレクトで合わせ、ホームの山形が先制する。 ▽リードを許した川崎Fは5分、小林悠が持ち込みシュート。GKの正面に飛ぶと、弾いたボールに守田が詰めるも、相手DFが先にクリアしゴールとはならない。 ▽その後も、川崎Fは前からプレスをかけ、得意のパスワークで山形ゴールに迫るが、集中した山形の最終ラインの前にオフサイドを多く取られ、決定機を作れない展開が続く。 ▽すると36分、山形はボックス右で得たFKから安西がゴール前にクロス。これをボックス中央で坂井がヘッドで合わせ、山形がリードを2点に広げる。 ▽2点ビハインドの川崎Fは、守田に代えて知念を投入。ゴールを目指し、メンバーをテコ入れする。しかし、山形の勢いは止まらない。 ▽49分、谷口のルーズなパスに反応した汰木が奪ってドリブルで持ち上がると、グラウンダーのクロスを走り込んだ阪野がダイレクトで合わせてゴール。山形が3点目を奪いリードを広げる。 ▽後がない川崎Fは齋藤に代えて長谷川を投入。すると60分、右CKのクロスを相手DFがクリアミス。こぼれ球を知念が蹴り込み、1点を返す。 ▽前節のJ1・ヴィッセル神戸戦同様に逆転劇を目指す川崎Fだったが、65分にアクシデント。山形がカウンターを仕掛けると、抜け出した汰木をGKチョン・ソンリョンが倒してしまいレッドカード。大島を下げてGK新井を投入する。 ▽数的不利となった川崎Fだが再び反撃。70分、左サイドからの長谷川のクロスを、飛び込んだ知念がヘッドで合わせ、スコアを3-2とする。 ▽勢いに乗る川崎は73分、ボックス左から長谷川がクロス。これに知念が飛び込んで合わせるも、わずかに枠を外れてしまう。77分にはボックス左でFKを得ると、中村憲がクロス。これに奈良が飛び込んで合わせようとするが、わずかに届かない。 ▽山形は80分、パス交換で抜け出した汰木がGk新井の裏をかくループシュート。しかし、これはクロスバーに嫌われ、4点目とはならない。 ▽その後は川崎Fが攻め込み、山形が守る構図が続くが、最後まで粘りのプレーを見せた山形が逃げ切り、2-3で勝利。山形は準優勝となった2014年以来のベスト4入りを果たした。敗れた川崎FはJ1リーグとの2冠の可能性が潰えた。 ◆浦和レッズvsサガン鳥栖 ▽J1で上位進出を目指す浦和レッズと残留争い中のサガン鳥栖の対戦は熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、2-0で浦和が勝利した。 ▽5分、味方のパスに抜け出した興梠がフリーでシュート。しかし、これは枠を超えていく。さらに7分、浦和はカウンターを仕掛けると、武藤が持ち出し柏木にパス。しかし、これは相手にカットされてしまう。 ▽10分にも浦和が決定機。裏に出されたパスに反応した興梠が、飛び出したGK権田をうまくかわす。ゴールは無人となったが、相手DFが戻っており、興梠はシュートを打てずに終わった。 ▽それでも浦和は16分、左サイドでパスを受けた宇賀神がカットインから右足一閃。これが吉田の肩に触れてコースが変わり、ゴール右隅に吸い込まれ先制に成功する。 ▽攻める浦和は31分、興梠がパスを出すと、槙野が遠目の位置から右足でダイレクトシュート。弧を描いたシュートが、ゴール右隅に決まり、リードを2点に広げる。 ▽浦和の2点リードで迎えた後半、鳥栖は安在に代えて趙東建、福田に代えて高橋秀を投入する。徐々に攻撃の形を作っていた鳥栖だったがアクシデント。57分、キム・ミンヒョクが主審へ異議を唱えると、2枚目のイエローカードをもらってしまい退場処分となってしまう。 ▽それでも諦めない鳥栖は、ハーフウェイライン付近でボールを持った小野がドリブルで持ち込み、ボックス内からシュート。しかし、シュートは枠を外れてしまう。 ▽74分、浦和は武藤の横パスを興梠がダイレクトシュート。これは右ポストに嫌われるも、最後は青木が合わせる。しかし、オフサイドの判定でノーゴールとなる。 ▽鳥栖は、76分にトーレスを下げて河野を投入。浦和は森脇に代えてアンドリュー・ナバウトを投入する。数的不利な鳥栖は、その後も良い形を作れず。88分には小野が足をつってプレー続行が不可能となり、9人となってしまう。 ▽浦和はその後も危なげなくリードを守り切り、2-0で勝利。ベスト4に駒を進めた。 ◆ジュビロ磐田vsベガルタ仙台 ▽J1勢同士の対戦となったジュビロ磐田vsベガルタ仙台は、1-1のドロー。PK戦までもつれた結果、3-4で仙台が勝利した。 ▽J1ではここ4試合勝利がない磐田。仙台は残留争い中の鳥栖に敗れ、この一戦を迎えた。 ▽試合は9分、相手のパスを奪った小川大がフリーでボックス右に進入。シュート性のクロスを上げると、小川航が滑り込んでコースを変え、磐田が先制する。 ▽先制を許した仙台は、右サイドからの蜂須賀のクロスをファーサイドに走り込んだ中野が合わせるが、GK三浦がなんとかセーブする。 ▽磐田の1点リードで迎えた後半、仙台が攻勢に出る。64分には、矢島、富田に代えて椎橋、ジャーメイン良を投入する。それでも攻撃の形が作れない仙台は、阿部に代えてハーフナー・マイクを投入。対する磐田は、松本に代えて上原と投入する。 ▽仙台は77分、右CKから野津田がクロス。これをハーフナーが合わせるも、シュートは枠を捉えられない。ハーフナー、ジャーメインの高さを利用して攻める仙台が徐々にペースを握る。 ▽すると86分、野津田のパスを受けたジャーメインがボックス手前正面で左足シュート。枠を大きく外していたが、DFに当たったボールはゴールに吸い込まれ、仙台が同点に追いつく。 ▽追いつかれた磐田は88分、こぼれ球を森下がシュート。野津田がブロックに入ったが、シュートは枠に飛んだものの、GKシュミット・ダニエルが右手一本でかき出し、ゴールを許さない。 ▽攻め立てる磐田は、89分にFKからのクロスを森下がヘッド。枠を捕らえるが、再びGKシュミット・ダニエルがセーブ。右CKからのクロスをヘッドで合わせるも、またしてもGKシュミット・ダニエルが指先で触ってゴールを許さない。 ▽1-1のまま90分間を終了し、延長戦に突入した両者。磐田は小川が遠目の位置から右足一閃。ブレ球のミドルシュートは枠を捉えるが、GKシュミット・ダニエルが再び好セーブで防ぐ。 ▽延長後半、仙台は平岡に代えて永戸を、磐田は山本に代えて大井を投入する。磐田、仙台共に苦しいながらもゴールに迫るが、ネットを揺らせず。試合はPK戦に突入する。 ▽ABBA方式で行われるPK戦は、仙台が先行に。1人目の永戸が成功すると、磐田の1人目の小川航もしっかりと決める。磐田は2人目の荒木もしっかりと決めると、仙台の2人目を務めた野津田も落ちついて決める。仙台の3人目を務める石原は決めるが、磐田の3人目の大井が中央を狙ったシュートはGKシュミット・ダニエルが足でセーブ。その後は互いに成功を重ねるが、仙台の5人目を務めたハーフナー・マイクが大きく枠を外し決着はつかない。それでも、磐田の5人目を務めた宮崎も大きく外し勝負あり。仙台が9年ぶりのベスト4進出を決めた。 ▽なお、AFCチャンピオンズリーグの準決勝に勝ち進んでいる鹿島アントラーズとヴァンフォーレ甲府の試合は、11月21日に行われる。鹿島は準決勝で水原三星ブルーウィングスに2戦合計5-6で勝利し、クラブ史上初の決勝進出を果たしている。 ▽なお、準決勝では、仙台と山形のみちのくダービーが実現。また浦和は鹿島vs甲府の勝者と対戦する。 ◆第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会準々決勝結果 ▽10/24(水) 川崎フロンターレ 2-<span style="color:#ff0000">3 モンテディオ山形</span> <span style="color:#ff0000">浦和レッズ 2</span>-0 サガン鳥栖 ジュビロ磐田 1-1(3 PK 4) <span style="color:#ff0000">ベガルタ仙台</span> ▽11/21(水) 鹿島アントラーズ vs ヴァンフォーレ甲府 ◆準決勝(※日程変更の可能性あり) ▽12/16(日) ベガルタ仙台 vs モンテディオ山形 浦和レッズ vs 鹿島アントラーズorヴァンフォーレ甲府 2018.10.24 21:52 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース